キャッシングが使えるおすすめクレジットカードと利用の注意点など

「キャッシング機能を使えばすぐにお金が借りられるって本当?」「クレジットのキャッシング枠って何のためにあるの?」と、クレジットカードのキャッシング機能について、疑問を持つ人も多いでしょう。

キャッシング機能とは、クレジットカードに付帯しているお金を借りられるサービスです。借り入れ時に審査がないため、すぐにお金が必要になった場合に便利に活用できます。

ただし、キャッシング機能にはデメリットもあるので、利用には注意が必要です。そこで今回は、キャッシングできるおすすめのクレジットカードを6つ紹介します。

キャッシングの利用方法やメリット・注意点なども解説するので、ぜひ参考にしてください。

キャッシングできるクレジットカードおすすめ6選

JCBカードW

JCB CARD W

JCBカードWの特徴
  • 年会費永年無料
  • 18歳から39歳入会限定
  • 女性にはJCBカードW plus Lがおすすめ

JCBカードWは、18歳から39歳限定で入会できる若年層向けのクレジットカードです。入会後、40歳を超えても年会費は永年無料になります。

 Oki Dokiポイントがいつでも2倍たまるのが大きなメリット。通常のJCBカードよりもポイントがたまりやすいため、ポイ活している人によいでしょう。

また家族会員の年会費も無料で、家族でポイントをためられるのも魅力です。ディズニーリゾートで使える特典があり、ディズニーランドやディズニーシーが好きな人にもよいでしょう。

女性にはJCBカードW plus Lがおすすめ!格安で「女性のための保険サポート」など女性に向けたサービスが受けられます。
年会費 永年無料
国際ブランド JCB
ポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 1.0%~5.5%
追加カード 家族カード、QUICPay、ETCカード
入会条件 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。

※JCBカードW公式ホームページ

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
  • 年会費永年無料
  • 18歳以上なら申し込める
  • 対象店舗はポイント最大5%還元

三井住友カード(NL)は、最短5分で審査が終わり、即時発行も可能なクレジットカードです。

 カード番号などが印字されていないナンバーレスカードなので、盗み見を防止でき、セキュリティ性が高いといえます。

Vpassという専用アプリをダウンロードする必要があり、カード番号や有効期限だけでなく、支払い金額やポイント残高、利用明細も手軽に確認できます。

セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなどで利用すると、最大でポイント5%還元!よく使う人は要チェックですよ。
年会費 永年無料
国際ブランド VISA、Mastercard
ポイント Vポイント
ポイント還元率 0.5%〜5.0%
追加カード 家族カード、ETCカード、バーチャルカード
入会条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

※三井住友カード(NL)公式ホームページ

ライフカード

ライフカード

ライフカードの特徴
  • 年会費永年無料
  • 最短3営業日でカード発行が可能
  • 学生専用カードがある

ライフカードは、オンラインでかんたんに申し込みができるクレジットカードです。最短3営業日でカード発行されるため、比較的早くカードを入手できます。

 家族カードやETCカードも無料なので、家族でポイントを貯めたい、クレジットカードに紐づいたETCカードが欲しいという人にも向いています。

カード申し込み初年度はポイントが1.5倍になり、2年後以降にもポイントがざくざく貯まるポイントプログラムがあるので、ポイントをためるのが好きな人にも良いでしょう。

年会費はずっと無料!使えば使うほどポイントが貯まりやすいので、メインカードにもおすすめですよ。
年会費 永年無料
国際ブランド Mastercard、JCB、VISA
ポイント ライフサンクスポイント
ポイント還元率 0.5%
追加カード 家族カード、ライフETCカード
入会条件

日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。

※ライフカード公式ホームページ

エポスカード

エポスカード 

エポスカードの特徴
  • コラボレーションカードやデザインが豊富
  • 即時発行可能
  • 入会金・年会費無料

エポスカードは、マルイやモディでポイントをためたり使ったりできるため、近くにお店がある人におすすめです。ゴールドカードは通常年会費5,000円ですが、年間50万円以上の利用でそれ以降は年会費が永年無料です。

 優待サービスや特典が多く、特に海外旅行傷害保険はもっているだけで利用できます。

エポスカードはカードのデザインが豊富なのも特徴で、特にアニメキャラクターのカードが充実しているのも嬉しいポイントです。

状況に応じて盗難や紛失時に全額保証されるので、もしものときにも安心ですね。
年会費 永年無料
国際ブランド VISA
ポイント エポスポイント
ポイント還元率 0.5%
追加カード 家族カード、ETCカード
入会条件

日本国内在住の満18歳以上の方(高校生の方を除く)

※エポスカード公式ホームページ

三菱UFJカード VIASOカード

viasoカード

三菱UFJカード VIASOカードの特徴
  • 年会費永年無料
  • オンラインで申し込み可能
  • ためたポイントが自動で還元される

三菱UFJカード VIASOカードは、貯まったポイントが自動で取引口座に還元される「オートキャッシュバック機能」が特徴のクレジットカードです。

 年1回1ポイント1円で自動キャッシュバックされ、ポイントの有効期限切れを心配する必要がありません。
優待サービスも充実しており「ファイナンシャルプランナー無料保険相談サービス」や「レンタカーサービス」など、幅広いです。

申し込み手続きはオンラインで約10分で完了!最短翌営業日発行なので、なるべく早く使いたい人にもおすすめできます。

年会費 永年無料
国際ブランド Mastercard
ポイント VIASOポイント
ポイント還元率 0.5%
追加カード 家族カード、ETCカード、銀聯カード
入会条件

18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)

※VIASO公式ホームページ

dカード

dカードの特徴
  • 年会費永年無料
  • 100円でdポイントが1ptたまる
  • 最短5分で審査が完了

dカードは、ポイント還元率がいつでもどこでも1%と高水準なのが特徴のクレジットカードです。最短5分で入会審査完了のため、スムーズにカードを作りたい人に向いています。

携帯電話の紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損)の際に、同一機種・同一カラーの携帯電話再購入費用の一部を最大1万円補償してくれる「dカードケータイ補償」が特徴です。

 キャッシングはWEBから申し込みが可能で、全国にある提携銀行やATMで利用できます。

メール配信サービスもあるので、活用すればカードの引き落とし日に残高不足で支払えなかったというミスも防げます。

dカードGOLDであれば、ドコモのケータイ料金やドコモ光料金でポイント10%還元されるため、ドコモユーザーにはdカードGOLDがおすすめです。
年会費 永年無料
国際ブランド Mastercard、VISA
ポイント dポイント
ポイント還元率 1.0%
追加カード 家族カード、プリペイドカード、ETCカード
入会条件

満18歳以上であること(高校生を除く)、個人名義であること、ご本人名義の口座をお支払い口座として設定すること、その他カード会社が定める条件を満たすこと

※dカード公式ホームページ

クレジットカードのキャッシングとは|利用方法・返済方法

クレジットカードが入った財布

クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードを使ってお金を借りることです。無限にお金を借りることができるわけではなく、キャッシングには限度額があり、限度額の範囲内で借入れができます。

限度額が30万円であれば、35万円借りることはできません。また、ショッピング枠と限度額が共有されるので、仮に限度額30万円でショッピングで25万円使用していた場合には、キャッシング枠は5万円しか利用できません。

限度額はカード会社の審査によって決まるので、希望の限度額にならない場合もあります。

クレジットカードでのキャッシング利用方法・やり方

キャッシング機能付きのクレジットカードであれば、コンビニATM、提携銀行、口座振り込みでお金を借りることができます。

ATMであれば、現金を下ろす手順とほぼ同じです。クレジットカードを持ってATMに行き、カードを入れます。「借入れ」というボタンを押し、返済方法を指定してください。

返済方法はリボ払い、1回払いなどがあります。返済方法を選択したら、借りたい金額を入力しましょう。

クレジットカードのキャッシングの返済方法

クレジットカードを利用する女性

クレジットカードを使ってキャッシングした場合の返済方法は、リボ払いと一回払いがほとんどです。

 リボ払いは毎月支払日に一定額を支払う方法で、一回払いは借りた分を支払日に一括で支払う方法です。

リボ払いは毎月の出費が一定になるため、安定した生活ができますが、一括で返済しない分、利息がかかります。一回払いはリボ払いと比べると利息はかかりませんが、まとめて返済する分、負担が大きいと言えるでしょう。

返済方法はATM・銀行振り込み・口座引き落としがほとんどです。カード会社によって返済方法が異なるため、申し込み前にチェックしておきましょう。

キャッシングとカードローンの違いは?

お金を貸すイメージ

キャッシングとカードローンの違いは以下の通りです。

キャッシングとカードローンの違い
  • 金利
  • 融資までにかかる時間
  • 収入に関する規定

キャッシングはすぐに融資されるメリットを持っていますが、低金利で融資されない業者が提供しているサービスです。

カードローンは金利が低いものの、融資までには相当な時間が必要となるため、余裕を持って審査を受けなければなりません。

それぞれのメリットを理解してサービスを利用していくといいでしょう。

ここからは、キャッシングとカードローンの違いを詳しく説明します。

金利

金利はキャッシングとカードローンで大きな違いが生じ、キャッシングは基本的に高い金利を適用する方針を採用しており、少しでも多くの利息確保に動きます。

貸金を専門としているサービスである以上、金利を上げなければ経営が成り立たない部分があるためです。

 キャッシングは無利息サービスで一時的に金利が適用されない時期もありますが、大半の場合は無利息期間に返済できないため、高金利を適用されてしまいます。

銀行が提供しているカードローンは、基本的に銀行が利息収入に頼っているような業者ではないため、金利面では低く設定できるようにしています。

また、限度額が多ければ多いほど、低金利のサービスして適用される可能性が高まる面もあります。

融資までにかかる時間

談笑

融資までにかかる時間もかなり違います。キャッシングは即日融資を可能にしていることもあり、当日中に融資を受けられる可能性があります。

 すぐに融資ができる背景には、キャッシングだけに警察のデータベース照会という作業が含まれていないためです。

銀行のカードローンでは、反社会的勢力に融資させないため、警察のデータベース照会が義務として用意されています。

この照会作業にかなりの時間がかかることから、融資までに時間がかかってしまいます。また、それ以外の作業もゆっくり進めている傾向があります。

確認作業を減らせるため、審査時間も大幅に減少します。

収入に関する規定

キャッシングは収入に関連する規定が設けられており、必ず利用者が収入を持っていなければなりません。

利用者が収入を持っていないと判断された場合、その時点で利用不可能になります。いわゆる総量規制というルールが適用される以上、収入の確保は必須となります。

 総量規制は収入の3分の1以上となる借入を禁止する法律です。キャッシングにはこのルールが適用されてしまいます。

カードローンは銀行側が信頼できると判断した場合のみ、利用者が収入を持っていなくても融資されます。

ただ、配偶者が収入を持っているなどの条件が必須となりますので、条件としてはかなり厳しくなっています。

また、一部の業者は総量規制を自主的に設けている場合があります。

クレジットカードのキャッシングのメリット・デメリット

クレジットカードキャッシングのメリット

クレジットカードのキャッシング機能を利用するメリットは、主に以下の4つです。

クレジットカードキャッシングのメリット
  1. いつでもお金を借りられる
  2. 海外でもお金を借りられる
  3. 新たなカード発行の必要がない
  4. 限度内なら何度でも借りられる

クレジットカードのキャッシングのメリットとして、いつでもお金を借りられることが挙げられます。

 新たなカードを発行する手間を省け、コンビニATMですぐに借り入れや返済ができるので利便性の高さが魅力です。

海外で現地のお金を借りたい時にも活用できます。海外旅行では現金を大量に持ち歩くのはリスクが高いです。クレジットカードならセキュリティ面でも安心でしょう。

限度額内であれば何度でも借りることができるのが、キャッシング機能つきクレジットカードのメリットです。

クレジットカードには限度額が設定されています。限度額以内であれば、いつでもお金を借りられますよ。

クレジットカードキャッシングのデメリット

貯金箱からコインが溢れお金が流出しているイメージ

クレジットカードのキャッシング機能を利用するデメリットは、主に以下の2つです。

クレジットカードキャッシングのデメリット
  1. 借り癖が付きやすい
  2. ショッピング枠で使える金額の上限が低くなる

キャッシング枠つきクレジットカードのデメリットは、借り癖が付きやすいことです。自分の銀行口座からお金を引き出す感覚で気軽に借りられるため、つい何度も借りてしまう人も珍しくありません。

 クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠がある点にも注意が必要です。

ほとんどのクレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠の限度額が共有されるので、キャッシング枠を利用しすぎるとショッピング枠で使える金額の上限が低くなり、必要な支払いができなくなるリスクがあります。

キャッシング枠が20万円、ショッピング枠が40万円だったとします。キャッシング枠を5万円を利用すると、ショッピング枠の上限が35万円に下がります。そのため、35万円以上の買い物をしたくても、限度額によりカードは使えません。

気が付いたら借入れ金が増えていることも!利用は計画的に行いましょう。

キャッシングの注意点

キャッシング付きクレジットカードの注意点を説明する人

キャッシングは、お金を借りる際に審査を受ける必要がないため、すぐに借りられるのが大きなメリットです。しかし、利用には以下の4つに注意する必要があります。

「キャッシングを利用しすぎて返済が追いつかない」という事態にならないよう、以下の項目についてしっかり把握しておきましょう。

キャッシングの注意点
  1. 計画的に返済する
  2. 目的を明確にする
  3. 自分に合ったカードを見つける
  4. 手数料や利息に注意する

キャッシングを利用する際には必ず返済についても考えておく必要があります。「いつまでに返せるのか」「月々の返済額に無理がないか」などを確認しましょう。

 キャッシングを計画的に利用するためには、お金を借りる目的を明確にすることも大切です。

お金が足りないからと安易にキャッシングを利用すると、クセがついてしまい、常に借金をしている状態になりかねません。

借りたお金には利息がつくので、なるべく早く返済するのがおすすめです。返済しやすいカードを選ぶのも良い手段と言えるでしょう。

ATMを使ってお金を借りたり返済する場合には、手数料がかかります。利息と手数料には注意を払いましょう。

キャッシングの審査は厳しい?

ATMとお金

キャッシングの審査は厳しいとは言えません。業者によって判断は異なりますが、キャッシングは多くの人に利用してもらいたいという施策のもと、審査基準を厳しくしない方向性です。

そのためキャッシングの審査は厳しいものではないのです。

 キャッシングの審査を厳しくすると、利用者が大幅に減少することにより、貸金業者はサービスを提供し続けられなくなります。

審査を通過するための難易度は厳しいものではありませんし、希望する限度額を下げれば下げるほど審査基準は緩くなっていきます。

審査を通過するだけであれば、最低限の限度額に設定した上で、安定した収入を確保していれば問題なく通過できます。

審査を通過するためには限界まで限度額を下げる方法もあります。

ただ、高額な融資を希望する場合は、そう簡単に審査を通過できるわけではありません。

キャッシングには総量規制が適用されていることもあり、希望している限度額に対して3倍以上の収入を確保している必要があります。

 総量規制のルールは例外を除き必ず適用されてしまいます。基本的にはほぼ全てのキャッシングに適用されているものと判断して審査を受けましょう。

高額融資を回避すれば審査基準は厳しいものではなくなりますが、キャッシングで融資を受けられる金額が下がり、金利も大幅に上昇してしまうデメリットがあります。

より安心して融資を受けたいと考えているなら、厳しい状況でも審査を受け、キャッシングで高額融資を狙う必要があるでしょう。

条件をクリアできていなければ審査に落とされてしまいます。

キャッシングでも審査が厳しい会社がある

楽天カードキャッシング

大手のキャッシングを中心に、低金利に設定されているキャッシングが存在します。通常のキャッシングサービスに比べて、低金利で借りられるように調整されているもので、利用する側としては利息の支払いを大幅に避けられるメリットがあります。

 通常のキャッシングは金利が18.0%を上限としているものであり、低金利のサービスはこの数字よりかなり低くなっている傾向があります。

しかし、低金利のサービスは審査が厳しくなっていることもあり、キャッシングだと思って適当に審査を受けると落とされてしまう場合があります。

審査を通過したいと考えているなら、金利の状態に合わせてしっかり審査を通過できる状況を作らなければなりません。

低金利のキャッシングは審査が厳しくなります。

審査を通過する際の参考として、金利というのは重要な役割を果たしています。

金利が高ければ審査基準は緩くなっていきますが、金利を下げると審査基準は厳しくなっていきます。

キャッシングでも低金利であれば、審査を通過するのは厳しくなっていくのです。

クレジットカードのキャッシングに関するよくある質問

おすすめのキャッシングつきクレジットカードはどれですか?
JCBカードWです。年会費無料で、ポイント還元率も1%と高水準のクレジットカードとなります。ただし年齢制限があり、18歳から39歳までが対象です。
この年齢の時期に入会していれば40歳以降になっても年会費がかかりません。
年会費無料のキャッシングつきクレジットカードはありますか?
はい、あります。本記事で紹介したJCBカードWなどは永年年会費無料です。
クレジットカードはどうやって選べばよいですか?
年会費や信頼性、対応しているポイントで選ぶとよいでしょう。自分がよく行くお店やよく利用するサービスで特典や優待を受けられるカードであれば、よりお得に利用できます。
クレジットカードでキャッシングはいくらでもできますか?
いいえ、できません。キャッシング枠には限度額があります。限度額を超えてお金を借りることはできませんのでご注意ください。
なお、限度額は人によって異なります。
クレジットカードのキャッシングの利用はどうしたらいいですか?
銀行やコンビニATMでキャッシング利用ができます。
ATMにカードを入れて「借入れ」を選択し、希望する返済方法を選択してから、金額を入力するとお金が借りられます。
クレジットカードでのキャッシングの返済方法を教えてください。
一回払いとリボ払いが多いです。返済方法はATMでの返済、口座引き落とし、銀行振り込みがあります。
自分にとって一番便利で利用しやすい方法で返済しましょう。
クレジットカードのキャッシングのデメリットはありますか?
人によっては借り癖がつきやすい、ショッピング枠が減るといったデメリットがあります。
キャッシングするときは、デメリットも理解してから利用しましょう。

まとめ

今回は、クレジットカードのキャッシング機能について、メリット・デメリットを含めくわしく解説しました。キャッシングが利用できるおすすめのクレジットカードも6つ紹介したので、クレジットカード選びの参考にしてください。

キャッシングは借り入れ時に審査の必要がなく、スムーズにお金を借りられます。しかし多用すると返済が滞ったり利息が膨らんだりするデメリットもあるので、利用には注意しましょう。

借入れの前には、キャッシングのメリットだけでなくデメリットも理解した上で利用し、計画的に返済しましょう。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事