生命保険とは?|種類やメリット、選び方をわかりやすく解説

「生命保険とはどういうもの?」「どの生命保険に加入していいかわからない」という人も少なくありません。生命保険の内容は複雑で難しいと感じ、勧められるままに加入しているケースも多いです。

しかし、生命保険はもしもの時に役立つものなので、基本はしっかり把握しておく必要があるでしょう。そこで今回は、生命保険について種類やメリット簡単にわかりやすく解説します。

加入するタイミングや保険商品の選び方についても紹介しているので、参考にしてください。

生命保険とは

生命保険とは

「生命保険」とはあらゆるリスクにおいて、お金が必要になった場合に備えておくものです。

 「あらゆるリスク」とは、死亡・病気・ケガなどを指します。

また「収入がない状態で生きるリスク」として老後に備えるものや「学費を準備できないリスク」として教育資金に備える保険もあります。

契約者が保険料を負担して保険会社が管理し、リスクを負った場合に保険金が支払われる仕組みです。

生命保険の役割は3つ

生命保険の役割は3つ

生命保険で備えられるリスクは、3つに分類できます。

生命保険が持つ役割
  • 万が一に備える
  • 病気やケガに備える
  • 将来に備える

万が一に備える

人が死亡や高度障害状態になった場合に、葬儀費用や、遺された家族の生活費の不足に備える役割を持つ保険のことを「死亡保険」といいます。

 高度障害とは病気やケガによって、身体の機能が重度に低下している状態です。

人は病気だけでなく、不慮の事故によって急逝してしまう可能性もゼロではありません。家庭を持つ人は、万が一に備えて死亡保険に加入しておくべきでしょう。

病気やケガに備える

生命保険の役割は3つ

生きていれば、誰にでも病気やケガのリスクがあります。病気やケガをした場合には、以下の費用が必要です。

病気やケガの際に必要な費用
  • 入院費・治療費
  • 働けない間の生活費

病気やケガのリスクには、医療保険やがん保険、収入保障保険などに加入して備えます。

将来に備える

生命保険の役割は3つ

ケガや病気をせず健康に暮らしていても、人はいつかは病気になる可能性があります。死亡や病気・ケガ以外にも、「長生きする」ことがリスクとも言えるのです。

 少子高齢化に伴い年金受給額は年々減少しているので、老後の生活資金は自分でも備えておかなければなりません。

日本年金機構によると、令和3年度の年金受給額は以下のとおりです。

国民年金 65,075円
厚生年金(夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額) 220,496円

老後資金とあわせて「人生の3大支出」といわれている、教育資金や住宅資金も準備しておくべきでしょう。

将来に備えるには、個人年金保険や学資保険、返戻金を受け取れる保険などに加入します。

参考:令和3年4月分からの年金額等について

生命保険の種類

生命保険の種類生命保険は、保障内容によって大きく4つの種類に分けられます。

生命保険の種類
  • 死亡保険
  • 生存保険
  • 生死混合保険
  • 3つの分類以外の保険

死亡保険

死亡保険は「死亡・高度障害のリスク」に対して、生活を共にする家族が困らないように備えておくものです。

保険期間によって定期保険と終身保険に分けられ、一定期間だけ保障が手厚くできる「定期付き終身保険」という商品もあります。

また被保険者が死亡・高度障害となった場合に、毎月定額を年金方式で受け取れる「収入保障保険」も加入者が増加してます。

生存保険

生命保険の種類

生存保険は「生きている状態でのリスク」に対して、大きな出費や収入がないときの生活費に備えておくものです。代表的な保険商品として学資保険、個人年金保険などが挙げられます。

生存保険

学資保険…将来の学費のために貯蓄しておく保険

個人年金保険…老後働けなくなった場合・年金が足りない場合に備えて貯蓄しておく保険

これらの生存保険を受け取る前に死亡した場合には、死亡保険金が支払われます。

生死混合保険

生死混合保険とは、死亡保険・生存保険を組み合わせた保険です。

被保険者が死亡すれば死亡保険金を、満期時に生きていた場合には満期保険金を受け取れます。

代表的な商品として、養老保険が挙げられます。

3つの分類以外の保険

生命保険の種類ケガや病気のリスクに備えておく保険もあり、代表として医療保険やがん保険が挙げられます。医療保険は、公的医療保険と民間医療保険の2種類に分類されます。

 公的医療保険とは、会社で加入する健康保険や自営業者や学生が加入する国民健康保険のことを指します。

保険が適用されると費用の7割を負担してもらえ、条件によっては高額医療制度や傷病手当金など制度も受けられます。

一方で民間の医療保険は公的医療保険で補えない部分をサポートしてもらえるもので、入院給付金や手術給付金、通院給付金などを受け取れます。

また、働けなくなった場合に備える「就業不能保険」もこの分類です。

生命保険に加入するメリット

生命保険に加入するメリット

生命保険に加入するメリットは、2つあります。

生命保険に加入するメリット
  • 思わぬリスクに備えられる
  • 節税対策になる

    人は生きている間にさまざまなリスクに遭遇し、多くの人に将来働けなくなる可能性や病気で大きな費用が必要になる日が訪れます。

    生命保険に加入すると、思わぬリスクに備えておけるので安心です。

    生命保険に加入すると、税金の控除を受けられます。保険料控除には一般生命保険料控除、介護医療保険料控除、個人年金保険料控除の3つがあり、所得税や住民税の減額が可能です。

     会社員なら年末調整、フリーランスや自営業なら確定申告で控除されます。

    生命保険に加入するデメリット

    生命保険に加入するデメリット生命保険に加入すると、保険料の支払いがあり普段の生活では負担となります。

     支払いを途中でやめると損をする商品もあるので、満期まで払い続けられるか慎重に検討すべきです。

    掛け捨て型の保険に加入した場合、保険金の受け取りをせず保険期間を終えたときに、払い損だと感じる場合もあるでしょう。

    とはいえ、いつ何が起こるかわからないので、少しでも不安がある方は加入しておくべきです。

    生命保険の選び方

    必要な生命保険は、家族構成や収入、ライフステージなどによってさまざまです。ここでは、生命保険の選び方を4つのポイントで解説します。

    生命保険の選び方
    1. 備えるべきリスクを把握
    2. 保険料予算の設定
    3. 保険期間の設定
    4. 保障内容の設定

    1.備えるべきリスクを把握

    生命保険の選び方ますはライフステージに合わせて備えるべきリスクを把握しましょう。

    家族がいなければ死亡保障は不要ですし、持病が無いなら若いうちから手厚い医療保険に加入する必要はありません。

    また働けなくなっても自己資産で対応できるという場合は、手厚い保障は不要です。病気やケガをした場合の生活費は、約6ヶ月分準備しておくべきだといわれています。

     各リスクに対して、「リスクが起こった場合に必要な自己負担額」から「預金で対応できる金額」を差し引いて、必要な保障額を計算するとよいでしょう。

    2.保険料予算の設定

    備えるべきリスクを把握できたら、毎月支払える保険料の予算を決定しましょう。途中で保険料の支払いができなくなり解約すれば、損をしてしまう商品もあります。

    たとえば個人年金保険は、解約のタイミングが早いほど返戻金は保険料払込よりも少なく設定されています。

    保険に加入する前に収入と支出のバランスを把握して、負担できる保険料を概算しておくと良いでしょう。

     保険相談窓口を利用する場合にも、「このくらいの保険料で考えています」と先に伝えておけば、スムーズな提案を受けられます。

    3.保険期間の設定

    生命保険の選び方

    「保障を受けられる期間」を設定しましょう。保険期間によって「定期保険」と「終身保険」に分類され、それぞれの特徴は以下のとおりです。

    定期保険
    • 掛け捨てで保険料が安い
    • 更新によって保険料は高くなっていく
    終身保険
    • 保険料は一生涯変わらない
    • 解約返戻金を受け取れるので保険料は高い

    それぞれの特徴を理解して、保険期間を選択しましょう。たとえば20代などの若いうちは定期保険のほうが安いです。しかし、更新によって年々保険料は上がっていきます。

     終身保険に加入しておけば保険料は上がりませんが、最初のうちは定期保険より高くなります。

    保障内容だけでなく、「保険料予算」で設定した金額と相談して決定するのがおすすめです。

    将来の負担を考えると、なるべく早い段階で終身保険に加入しておくべきでしょう。

    4.保障内容の設定

    生命保険の選び方

    保険期間が設定できたら、保障内容も細かく検討しましょう。保障内容とは、「死亡したらいくらもらえるのか」「がんで入院したらいくらもらえるのか」などの契約内容です。

     同じ医療保険であっても、1日の入院給付日額や手術給付金の金額を自分で選べる場合があります。

    保障が手厚いほど保険料は高くなるので、設定した予算と相談しながら保障内容を決めると良いでしょう。

    必要な保障はライフステージによって異なるので、随時見直しが必要です。

    生命保険を見直すタイミング

    生命保険の保障内容は、ライフステージによって随時見直す必要があります。その理由としては、大きく2つ挙げられます。

    生命保険を随時見直すべき理由
    • 収入・支出のバランスが変わるから
    • 備えるべきリスクが変わるから

    つまり「いつどんなリスクがあっても、困らないように準備しておく」という心がけが重要です。ここでは、生命保険を見直すべきタイミングをご紹介します。

    就職

    生命保険を見直すタイミング

    大学を卒業して就職したときが、最初の見直しタイミングだといえます。

     ひとりで生活している場合は、「病気やケガで働けなくなった場合」に備えておきましょう。

    20代ではがんのリスクは低いですが、若くてもかかる病気はありますし、骨折などのケガもいつ起こるかわかりません。

    がん保険などの特化型ではなく、種類を問わず保険金を受け取れる医療保険をおすすめします。

    若いうちは収入もそこまで多くないので、持病がなく健康なら保険料を3,000円程度に抑えておくと良いでしょう。

    結婚

    結婚して家庭を持った場合には、医療保険に追加して死亡保険の加入も検討しましょう。

     20~30代で共働き、子どもがいないのであれば、そこまで手厚くする必要はありません。

    どちらかが働ける状態にあれば、生活には困らないからです。

    妊娠・出産

    生命保険を見直すタイミング

    妊娠や出産のタイミングでは、必ず生命保険の見直しをする良い機会です。子どもが生まれると、生活費や教育費などこれまで以上にお金が必要となります

    夫婦のどちらかが死亡・高度障害になった場合や病気・ケガをした場合、収入が減少すると生活に大きく影響します。毎月負担できる範囲内で、医療保険や死亡保険をこれまで以上に手厚く設定しましょう。

     生活費だけでなく、教育資金に備える学資保険なども検討すると安心です。

    妊娠中だと医療保険に加入できない場合があるので、なるべく早いタイミングで見直しましょう。

    帝王切開や切迫相談も対象となる医療保険に備えておけるとよいですね。

    マイホーム購入

    生命保険を見直すタイミングマイホームを購入した場合には、死亡保障をこれまでより薄くしてもよいでしょう。

    もしもの時に売却できますし、ローンを組んでいれば購入者の死亡によって返済がなくなる「団体信用生命保険」の加入が義務化されている場合が多いからです。

    ただし「解約返戻金を教育費・老後に充てたい」という場合には、そのまま継続して加入しておくのもひとつの方法です。

     住宅を購入すると、税金や修繕費などこれまで以上にお金が必要となるので、保険料が負担できる範囲内であるか見直すタイミングだといえます。

    子どもの独立

    生命保険を見直すタイミング

    子どもが就職して独立した場合は、死亡保障や収入保障保険の保障をこれまでより薄くしてもよいでしょう。また子ども名義の医療保険は解約するなどして、貯蓄を増やし老後のために備えておくのがおすすめです。

    50~60代はがんのリスクが増加するので、医療保険やがん保険の保障は少し手厚くしておくとよいですね。

    国の制度改正

    時代によって、年金に関する保障制度・子どもの保障制度は変化します。制度改正には敏感に対応し、改悪した場合には備えを厚くしておかなければなりません。

     改正内容がイマイチ理解できていないときや、どのように対処したらわからない場合は保険相談窓口を利用しましょう。

    自営業・フリーランスになったとき

    生命保険を見直すタイミング

    会社を退職し自営業やフリーランスで働き始める場合にも保険の見直しが必要です。自営業やフリーランスが加入する国民健康保険は、会社員の健康保険よりも保障が薄いからです。

    会社員は働けなくなると給与の3分の2を傷病手当金として受け取れますが、国民健康保険では受け取れません。

    就業不能保険や医療保険をこれまで以上に手厚くしておくと安心です。

     自営業やフリーランスは厚生年金もなくなるので、個人年金保険など老後の見直しもする必要があります。

    保険料の更新

    定期保険には更新があり、年齢とともに保険料は上がります

     更新後の保険料負担が大きすぎる場合や、保障を減らしたいという場合には見直しが必要です。

    保険商品によっては自動更新の場合もあるので、注意しておきましょう。

    おすすめ無料保険相談窓口4選!生命保険の加入に迷ったら

    保険市場

    保険市場

    おすすめポイント
    • 全国に714店舗あるので、全国どこからでも相談可能!
    • 訪問相談もできるので、自宅や近くのカフェ・ファミレスに来てもらえる!
    • 取り扱っている保険会社は91社!ニーズに合わせてご紹介
    保険市場は株式会社アドバンスクリエイトが運営する保険のコンサルティングサービスです。

    全国に714店舗展開しており、近くの店舗に相談へ行くこともできますし、訪問相談を利用し、自宅や近所のカフェに来てもらうこともできます。
     オンラインでの相談も可能ですので、コロナ禍で外出を控えたいという方にもおすすめです。
    取り扱っている保険会社は業界最大級の91社です。選択肢が多いので、自分にぴったりの保険が見つかるでしょう。
    取り扱い保険商品 91社
    受付時間 9時~21時(年末年始以外)
    店舗数 714店舗
    キッズルーム 有り
    オンライン面談 可能
    出典:https://www.hokende.com/

    ほけんのぜんぶ

    ほけんのぜんぶ

    おすすめポイント
    • お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが200人以上在籍!
    • 相談実績は15万件以上!
    • 相談は24時間365日受け付けているので、忙しくてもOK!
    ほけんのぜんぶはお金のプロフェッショナルに気軽に相談ができる相談窓口です。保険の見直しだけでなく、住宅ローンなど、お金の悩み全般を相談できるので、心強いですね。

     忙しくて時間が取れない方でも、相談は24時間365日受け付けていますし、近くのカフェや自宅まで訪問してくれる出張相談も対応していますので、利用しやすいでしょう。
    今までの相談実績は累計15万件以上。取り扱っている保険会社は30社以上になります。

    資産に不安がある高齢者や、子育て資金への悩みが多い子育て世代からも支持を得ています!
    取り扱い保険商品 30社以上
    受付時間 24時間365日
    店舗数 無し(訪問型)
    キッズルーム 無し
    オンライン面談 可能
    出典:https://hoken-all.net/cont/soudan_ad3/#section-office-site

    マネードクター

    マネードクター

    おすすめポイント
    • 1,200人以上のFP(お金のプロフェッショナル)が在籍!
    • 利用者の状況へのヒアリングを丁寧に行うので、アドバイスが的確!
    • 相談は何回しても無料!
    マネードクターは保険・家計の見直し・資産運用の相談ができる窓口です。FPが1,200人以上在籍しているので、利用者一人ひとりに丁寧に向き合ってくれます。

    相談は何回しても無料なので、納得がいくまでじっくり相談することができます。
    マネードクターの保険の見直しでは、利用者の生活状況・家計バランス・将来設計を丁寧にヒアリングを行います。そのため、的確なアドバイス自分にぴったりの保険商品を紹介してもらえます。
    取り扱い保険商品 29社
    受付時間 [平日]9:00~20:00 [土日祝]9:00~18:00
    店舗数 100拠点以上
    キッズルーム あり
    オンライン面談 可能
    出典:https://fp-moneydoctor.com/

    保険無料相談.com

    保険無料相談.com

    おすすめポイント
    • お客様満足度97.6%!
    • 担当者の希望を出せる!
    • 紹介した商品への加入の強要は一切なし!
    保険無料相談.comはオンラインでの相談も可能な相談窓口です。「デリケートなお金の話だからできれば同性の人に相談したい...」といった担当者の希望を出すことができますよ。


     オンライン面談は一部地域に対応していない場合があります。利用の前に対応地域をご確認ください。
    保険無料相談.comを利用した方の口コミの中には、保険の相談をして、いくつか商品を紹介されたが、あくまでも紹介で、加入を強要されるようなことはなかった、という評価がされています。


    まずは話を聞きたい!という方におすすめの窓口です。お客様満足度の高さも魅力の一つですね。
    取り扱い保険商品 34社
    受付時間 10時~20時(GW・夏季休業・年末年始以外)
    店舗数 無し(訪問型)
    キッズルーム 無し
    オンライン面談 可能(一部地域)

    よくある質問

    生命保険とは?
    「生命保険」とは死亡や病気・ケガで、お金が必要になった場合に備えておくものです。また老後資金や教育資金などの大きな出費にも備えておける商品もあります。
    生命保険の種類は?
    生命保険は、死亡や高度障害状態に備える「死亡保険」、老後や教育資金に備える「生存保険」、死亡と生存の両方に備える「生死混合保険」の他に、医療保険やがん保険などがあります。
    生命保険に加入するメリットを教えてください。
    生命保険に加入すると、思わぬリスクや大きな出費に対して備えておけます。また保険料の支払いは所得控除の対象なので節税効果もあります。
    生命保険に加入するデメリットを教えてください
    毎月の保険料が生活費を圧迫し負担に感じる場合があるでしょう。また掛け捨て保険の場合は保険金を受け取らないと損をしてしまいますが、安心代だと思えば無駄な出費とは言えません。
    生命保険の選び方は?
    まずはライフステージによって備えるべきリスクを把握し、毎月負担できる保険料を設定しましょう。それらに沿って保険期間や保障内容を決めていく方法が良いでしょう。
    生命保険を見直すタイミングは?
    ライフステージの変化や国の制度が改正した場合、必要な保障が足りているか見直しましょう。また会社を退職して自営業になると国から受けられる保障が薄くなるので、必要な保険に加入する必要があります。
    どの生命保険に加入するべきか悩んでいます。

    保険相談窓口を利用してみてください。お金に関する資格を持つ相談員が在籍しているので、適切な生命保険を紹介してくれます。

    まとめ

    今回は、生命保険とはどのような保険なのか、種類やメリット、選び方のポイントについてわかりやすく解説しました。ライフステージによって、人はさまざまなリスクに備えておく必要があります。

    必要な生命保険に適切なタイミングで加入・見直しをし、万が一に備えておくと安心です。

    国の制度だけでは不十分な場合もあるので、安心して生活できるように生命保険で未来に備えておきましょう。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事