生命保険の4種類の特徴をわかりやすく解説|加入の必要性と目的

「生命保険って種類が多すぎてよく分からない」と、保険は難しくてなんとなく加入していませんか?たしかに生命保険には豊富な種類があり難しいです。

そのため、あまり理解せずに加入して、本当に自分に必要なのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、生命保険4種類を一覧表にし、それぞれをわかりやすく解説します。

生命保険に加入すべき人、加入が必要ない人についてもそれぞれまとめているので、保険加入に迷っている人にとって必見の内容ですよ。

生命保険とは?わかりやすく解説

生命保険とは?わかりやすく解説

生命保険とは、人生において何かしらのリスクが発生した際に備えて、保険金や給付金を支払ってもらう約束をしておくものです。

人生におけるリスク
  • 交通事故で急死
  • がんを罹患
  • 老後の生活費がない
  • 家族の介護が必要  など

人は生きていると、上記のようにあらゆる場面でまとまったお金が急に必要となります。

 お葬式代や手術代などは、いつどのタイミングで必要になるかわからないお金です。

「1年後に100万円必要」などあらかじめ把握できていれば用意も可能ですが、そうでないケースも多くあります。

自分や家族が急な出費に困らないように、あらかじめ準備しておけるのが生命保険です。

生命保険は4種類|特徴と種類別一覧表

生命保険は4種類|特徴と種類別一覧表

生命保険は「どのようなリスクに対して保険金や給付金がもらえるか」という条件によって、以下の4種類に分類できます。

生命保険の種類
  1. 死亡保険
  2. 生存保険
  3. 生死混合保険
  4. それ以外の保険

    ここからは、それぞれの生命保険の特徴と該当する保険商品について解説します。

    1.死亡保険

    生命保険は4種類|特徴と種類別一覧表

    死亡保険とは、その名のとおり自分や家族の「死亡」に備えておく保険です。以下のような場合に、保険金が支払われます。

    死亡保険の対象となるリスク
    • 自分や配偶者などの家族が亡くなった
    • 自分が交通事故に遭い、高度障害認定を受けた

    死亡保険は、死亡時だけでなく高度障害状態になった際にも備えておけます。

    高度障害状態とは?
    高度障害とは病気やケガによって、身体の機能が重度に低下している状態のこと。

    死亡保険に加入する際は、かならず被保険者と保険金受取人を決めます。被保険者が自分、保険金受取人が配偶者の場合、「自分が死亡・高度障害状態になった時、配偶者が保険金を受け取れる」という仕組みです。

     死亡保険は、「自分や家族が死亡することで生活に支障が出る人がいる」という場合に、加入への検討が必要な保険と言えます。

    なお死亡保険は、保険期間やお金の受け取り方によって種類が分かれます。

    保険期間が5・10年など決まっている定期保険、一生涯保障が受けられる終身保険、年金形式で毎月同じ額を受け取れる収入保障保険などがあります。

    死亡保険の種類一覧表

    定期死亡保険
    • 保険期間が決まっている
    • 解約しても返戻金はほとんどない掛け捨て型
    • 保険料は安い
    終身死亡保険
    • 保険期間は一生涯
    • 解約すると解約返戻金を受け取れるので貯蓄性あり
    定期保険特約付終身死亡保険
    • 定期保険と終身保険を組み合わせた
    • 一定期間保障を厚くできる
    収入保障保険
    • 年金形式で毎月同じ額を受け取れる
    • 一括での受け取りも可能
    • 受取額は年々減少していくものが多い
    定期死亡保険の種類

    定期死亡保険は、保険金額(受け取れる金額)によって、3種類に分けられます。

    平準定期保険 保険金額が一定
    逓減定期保険 保険金額が一定金額ごとに減少
    逓増定期保険 保険金額が一定金額ごとに増加
    定期保険特約付き終身保険の種類

    定期保険特約付き終身保険は、更新の有無によって2種類に分けられます。

    全期型 契約時の保険料が全期間に適用
    更新型 更新事に保険料が高くなる

    2.生存保険

    生命保険は4種類|特徴と種類別一覧表

    生存保険とは、「生きているリスク」に対する保険商品をいいます。保険といえば、死亡時やケガ・病気の際に備えておくものと思いがちですが、実は「生きていること」自体がリスクとなる可能性があるのです。

    生きていることがリスクになる事例

    80歳で無職。家族はおらずこれまで毎月10万円程度の年金と貯金で生活していたが、貯金が尽き、生活費が苦しくなる。

    このように、人は生活するだけでもお金が足りなくなる場合があります。

     特に老後資金や教育資金は、長期的にコツコツと準備しておくべきお金です。

    また生存保険は毎月「保険料」という形で保険会社に積み立てをして、契約条件のタイミングでお金が給付される仕組みとなっています。

    保険金が支払われる前に死亡した場合、払込保険料分が死亡保険金として支払われます。

    生存保険の種類一覧表

    個人年金保険
    • 60歳・65歳など年金生活がスタートするタイミングに合わせて準備できる
    • 払込金額より多く受け取れる場合もある
    変額保険
    • 死亡保険金はあらかじめ決められた金額、満期保険金は運用益によって増減する
    学資保険
    • 大学入学などに合わせて資金を準備できる
    • 払込金額より多く受け取れる場合もある
    個人年金保険の種類

    個人保険は、保証期間によって6種類に分類されます。

    終身保険 生存している間は受給される
    保証期間付終身保険 保証期間中は生死に関係なく、保証期間後は生存している間受給される
    有期年金 生存している間の一定期間受給される
    保証期間付有期保険 保証期間中は生死に関係なく、保証期間後は生存中の一定期間受給される
    確定年金 生死に関係なく一定期間受給される
    夫婦年金 夫婦いずれかが生存している限り受給される
    変額保険の種類

    変額保険は、保険期間によって2種類に分けられます。

    終身型 一生涯保障が続く
    有期型 保険期間が決まっている

    3.生死混合保険

    生命保険は4種類|特徴と種類別一覧表

    生死混合保険とは、死亡・生存保険それぞれを組み合わせた保険のことです。毎月保険料を払い、満期を迎える前に死亡・高度障害状態になると死亡保険金が受け取れます。

    生存したまま満期を迎えた場合は、満期保険金を受け取れます。

    老後資金などに備えつつ、万が一の際の死亡保障にも準備しておけますが、満期を迎えた場合は別途死亡保険に入りなおす必要があります。

    生死混合保険の種類一覧表

    養老保険 死亡保険金の額と満期保険金の額が同額
    定期保険特約付養老保険 主契約の養老保険に定期保険を特約として付けられる

    4.それ以外の保険

    生命保険は4種類|特徴と種類別一覧表

    それ以外の保険とは「生きているうちに起こるトラブル」に備える保険で、「医療保険」や「がん保険」などが該当します。

    なお、医療保険には「公的医療保険」と「民間医療保険」の2種類があります。

     公的医療保険は会社で加入する健康保険や、自営業者や学生が加入する国民健康保険のことです。

    保険が適用されると、一般に費用の7割を負担してもらえます。また高額医療制度や傷病手当金などの制度も、公的医療保険の一部です。

    一方で民間の医療保険は、公的医療保険で補えない部分をサポートしてくれるもので、入院給付金や手術給付金、通院給付金などを受け取れます

    働けなくなった場合に備える「就業不能保険」も民間の医療保険です。

    種類一覧表

    医療保険 病気やケガによる入院・治療・通院に備える
    がん保険 がんに対する治療・入院・通院に備える
    就業不能保険 働けなくなった際に保険金を受け取れる
    特定疾病保障保険 がん・急性心筋梗塞・脳卒中の3大疾病で所定の状態になると死亡保険金と同額を受け取れる

    生命保険に加入する必要性|必要な人と不要な人

    生命保険にはさまざまな種類があり、それぞれ備えられるリスクは異なります。実際に起こるか分からない出来事に備えて、すべての種類の生命保険に加入しておく必要はあるのでしょうか?

    ここでは生命保険に加入するメリットを踏まえて、加入すべき人と必要ない人それぞれの特徴を解説します。

    生命保険が必要な人

    生命保険に加入する必要性|必要な人と不要な人

    生命保険の必要性は、「リスクに対して必要となる自己負担額と貯金のバランス」によって異なります。生命保険に加入すると、まとまったお金が急に必要となったり収入がなくなったりした場合に備えておけます。

     これまでに貯金ができておらず、自己資金に余裕がなければ保険に加入しておく必要性が大きいです。

    たとえば、もし家族が急に死亡してしまった場合、葬儀費用は120万円前後が相場というデータがあります(※)

    その後の生活費なども加味して必要となる金額を計算し、少しでも不安を感じる場合にはあらかじめ死亡保険に加入しておくと安心でしょう。

    また保険の種類によって必要性は異なります。以下では、それぞれの保険に対して加入すべき人をまとめました。

    死亡保険
    • 生活を共にする家族がいる人
    • 家族の葬儀費用を貯金で補えない人
    • これから子育てにお金がかかる人 など
    生存保険
    • 自営業など厚生年金がもらえない人
    • 老後や教育資金に対して貯蓄ができていない人 など
    医療保険
    • 手術や入院に対して公的医療保険だけでは補えない人
    • 病気・ケガの間の収入がないと生活できない人 など

    ※参考:https://www.e-sogi.com/guide/29463/

    生命保険が不要な人

    生命保険に加入する必要性|必要な人と不要な人

    生命保険に加入すべき人がいる一方で、「自己資金に余裕がある人」は生命保険の加入が不要である可能性が高いです。

     ここで言う「自己資金に余裕がある」とは、「使う予定がない資金がどの程度あるか」という点になります。

    教育費や住宅の購入など生活しているうえで大きなお金が必要となる場合、貯金額が多くても自己資金に余裕があるとは言えません。

    保険に加入しない分、家族の死亡や病気・ケガをしたときなどあらゆるリスクに備えて貯金を確保しておきましょう。

    以下では、それぞれの保険に対して加入の必要がない人についてまとめます。

    死亡保険
    • 生活を共にする家族がいない
    • 葬儀代や被保険者死亡後の生活費などの出費に対応できる貯金がある
    • 共働きの夫婦で子育ての余裕がない など
    生存保険
    • 厚生年金で生活できる人
    • 老後や教育における資金準備ができている人 など
    医療保険
    • 公的医療保険だけ利用すればあとは自己負担で対応できる人
    • 治療中に収入がなくなっても生活できる人 など

    生命保険に加入するなら目的を明確にしよう

    生命保険に加入するなら目的を明確にしよう

    生命保険は目的によって加入する商品、保障内容は大きく異なります。ここでは3つのリスクに分類して、それぞれに備えるべき保険について解説していきます。

    生命保険に加入する目的
    • 万が一に備える
    • 病気やケガに備える
    • 将来に備える

      万が一に備える

      人は病気や交通事故、事件などによって死亡のリスクは常にあります。また一命を取り留めたとしても、高度障害状態に陥る可能性もないとは言えません。万が一のリスクには、死亡保険が適しています。

       被保険者が死亡した場合にかかる出費と自己資金で補える金額を算出し、残り必要な額を保険金額に設定すると保険料も最低限に抑えられます。

      たとえば会社員の夫と専業主婦の妻、子どもがいる家庭において、夫が死亡した場合について考えてみましょう。この場合、妻は遺族基礎年金や遺族厚生年金といった国からの保障と、団体定期保険など会社からの保障を受けられます。

      受け取れる金額は年収や家族構成などで異なるため、一度シミュレーションで計算し、残りの必要な金額を死亡保険でカバーする方法がベストです。

      病気やケガに備える

      生命保険に加入するなら目的を明確にしよう

      病気やケガのリスクは年齢によって差はありますが、若くても思わぬ病気にかかる可能性もあります。もしも病気やケガをしてしまった場合、以下のような費用がかかります。

      病気やケガの治療中にかかる費用
      • 入院費
      • 手術代
      • 通院費
      • 治療中の生活費
      • 働けない間の生活費
      • 働けない間の教育資金

      手術や入院に関する費用は、公的医療保険が適用されると多くの人の自己負担額は3割であり、医療費が高額である場合は高額医療制度を利用できます。

      病気やケガにおけるリスクは国の保障も充実しているので、自己資金に余裕があればそこまで過度に備えておく必要はないでしょう。

      ただし公的医療保険が利用できない出費もあるので、少しでも不安がある方は医療保険やがん保険、収入保障保険などに加入しておくのがおすすめです。

      将来に備える

      生命保険に加入するなら目的を明確にしよう

      ケガや病気をせずに暮らしていても、働けなくなった老後に備えておかなければなりません。日本年金機構(※)によると、令和3年度の公的年金受給額(月額)は以下のとおりです。

      国民年金 65,075円
      厚生年金(夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額) 220,496円

      少子高齢化に伴い受給額は年々減少しているので、公的年金だけを頼らずに老後に必要な資金は自分で準備しておきましょう。

       老後までに貯金ができるか不安な人は、個人年金保険などへの加入を検討するのがおすすめです。

      また老後資金以外に、「教育資金」「住宅資金」が人生の3大支出だといわれています。

      学資保険や、満期返戻金を受け取れる保険などに加入して、大きな支出に備えることも必要です。

      ※参考:日本年金機構「令和3年4月分からの年金額等について」

      おすすめの保険相談窓口3選|生命保険に迷ったら

      保険市場

      保険市場

      おすすめポイント
      • 全国に714店舗あるので、全国どこからでも相談可能!
      • 訪問相談もできるので、自宅や近くのカフェ・ファミレスに来てもらえる!
      • 取り扱っている保険会社は91社!ニーズに合わせてご紹介
      保険市場は株式会社アドバンスクリエイトが運営する保険のコンサルティングサービスです。

      全国に714店舗展開しており、近くの店舗に相談へ行くこともできますし、訪問相談を利用し、自宅や近所のカフェに来てもらうこともできます。
       オンラインでの相談も可能ですので、コロナ禍で外出を控えたいという方にもおすすめです。
      取り扱っている保険会社は業界最大級の91社です。選択肢が多いので、自分にぴったりの保険が見つかるでしょう。
      取り扱い保険商品 91社
      受付時間 9時~21時(年末年始以外)
      店舗数 714店舗
      キッズルーム 有り
      オンライン面談 可能
      出典:https://www.hokende.com/

      ほけんのぜんぶ

      ほけんのぜんぶ

      おすすめポイント
      • お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが200人以上在籍!
      • 相談実績は15万件以上!
      • 相談は24時間365日受け付けているので、忙しくてもOK!
      ほけんのぜんぶはお金のプロフェッショナルに気軽に相談ができる相談窓口です。保険の見直しだけでなく、住宅ローンなど、お金の悩み全般を相談できるので、心強いですね。

       忙しくて時間が取れない方でも、相談は24時間365日受け付けていますし、近くのカフェや自宅まで訪問してくれる出張相談も対応していますので、利用しやすいでしょう。
      今までの相談実績は累計15万件以上。取り扱っている保険会社は30社以上になります。

      資産に不安がある高齢者や、子育て資金への悩みが多い子育て世代からも支持を得ています!
      取り扱い保険商品 30社以上
      受付時間 24時間365日
      店舗数 無し(訪問型)
      キッズルーム 無し
      オンライン面談 可能
      出典:https://hoken-all.net/cont/soudan_ad3/#section-office-site

      マネードクター

      マネードクター

      おすすめポイント
      • 1,200人以上のFP(お金のプロフェッショナル)が在籍!
      • 利用者の状況へのヒアリングを丁寧に行うので、アドバイスが的確!
      • 相談は何回しても無料!
      マネードクターは保険・家計の見直し・資産運用の相談ができる窓口です。FPが1,200人以上在籍しているので、利用者一人ひとりに丁寧に向き合ってくれます。

      相談は何回しても無料なので、納得がいくまでじっくり相談することができます。
      マネードクターの保険の見直しでは、利用者の生活状況・家計バランス・将来設計を丁寧にヒアリングを行います。そのため、的確なアドバイス自分にぴったりの保険商品を紹介してもらえます。
      取り扱い保険商品 29社
      受付時間 [平日]9:00~20:00 [土日祝]9:00~18:00
      店舗数 100拠点以上
      キッズルーム あり
      オンライン面談 可能
      出典:https://fp-moneydoctor.com/

      保険無料相談.com

      保険無料相談.com

      おすすめポイント
      • お客様満足度97.6%!
      • 担当者の希望を出せる!
      • 紹介した商品への加入の強要は一切なし!
      保険無料相談.comはオンラインでの相談も可能な相談窓口です。「デリケートなお金の話だからできれば同性の人に相談したい...」といった担当者の希望を出すことができますよ。


       オンライン面談は一部地域に対応していない場合があります。利用の前に対応地域をご確認ください。
      保険無料相談.comを利用した方の口コミの中には、保険の相談をして、いくつか商品を紹介されたが、あくまでも紹介で、加入を強要されるようなことはなかった、という評価がされています。


      まずは話を聞きたい!という方におすすめの窓口です。お客様満足度の高さも魅力の一つですね。
      取り扱い保険商品 34社
      受付時間 10時~20時(GW・夏季休業・年末年始以外)
      店舗数 無し(訪問型)
      キッズルーム 無し
      オンライン面談 可能(一部地域)

      よくある質問

      生命保険とは?
      生命保険とは人生において何かしらのリスクが発生した際に備えて、給付金を支払ってもらう約束をしておくものです。契約時には、「どんなリスクに対して」「どのくらいの保険金額が支払われるか」を決めます。
      生命保険の種類は?

      生命保険は、死亡リスクに備えた「死亡保険」、老後や教育資金など生きているうちに必要な資金に備える「生存保険」、死亡保険と生存保険をかけ合わせた「生死混合保険」に分けられます。またそれ以外にも医療保険やがん保険など、ケガや病気に備えるための保険もあります。

      「死亡保険」にはどんな種類がありますか?

      死亡保険には、保険期間が決まっている「定期死亡保険」や保険期間が一生涯続く「終身死亡保険」のほかに、定期保険特約付終身保険や年金形式で受給を受けられる「収入保障保険」などがあります。

      「生存保険」にはどんな種類がありますか?

      生存保険には、保険料を積み立てて老後に備える「個人年金保険」や「変額保険」、教育資金に備える「学資保険」などがあります。

      「生死混合保険」にはどんな商品がありますか?

      生死混合保険には、死亡時には死亡保険金を、満期時には満期保険金を受け取れる「養老保険」が挙げられます。また定期保険を付け足した「定期保険特約付養老保険」も生死混合保険に該当します。

      「それ以外の保険」にはどんな商品がありますか?

      病気やケガの治療や働けない間の生活費に備えて、「医療保険」「がん保険」「就業不能保険」「特定疾病保障保険」などが挙げられます。

      生命保険に加入する必要がある人は?
      生命保険は、リスクに対して必要となる負担額を自己資金で補えない人に必要でしょう。
      生命保険に加入する必要がない人は?

      生命保険は、リスクに対して必要な負担額を自己資金で補える人は必要ありません。また死亡保険に関しては、生活を共にする家族がいなければ必要ないといえます。

      まとめ

      今回は生命保険の概要と、4種類の特徴について解説しました。備えるリスクによって、加入すべき保険商品は大きく異なります。

      自己資金や家族の有無など人によって保険の必要性は異なるので、保険に加入する目的を明確にして、自分にとって必要な種類の保険に加入することが大切です。

      生命保険にどのような種類があるのかを把握して、自分にメリットが大きい保険への加入を検討しましょう。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事