LINE Payはクレジットカードでチャージできる?方法やメリットを解説

スマホ決済として新しく導入されたLINE Payは、多くのユーザーが利用しています。しかし、チャージ方法が限定されているなど、使う前の準備が難しい傾向にあります。

チャージ方法がわからないと使うのは難しいでしょう。

そこで、この記事ではLINE Payがクレジットカードでチャージできるのか説明します。

この記事でわかること
  • LINE Payのチャージ方法
  • LINE Payがクレジットカードに対応しているか
  • チャージに対応していない理由
  • Visa LINE Payクレジットカードの解説
  • おすすめのクレジットカード

これからLINE Payを利用したいと考えているなら、この記事を読んでチャージできるカードを覚えましょう。

LINE Payのチャージ方法は?

まずはLINE Payのチャージ方法について説明します。多数のチャージ方法を採用しているLine Payですが、ユーザーによってはチャージできる方法が限定されている場合もあります。具体的には以下の方法が使えます。

チャージ方法
  • 銀行振込
  • セブン銀行ATM
  • Line Payカード
  • Famiポート
  • 東急線券売機
  • QRコード
  • オートチャージ

これらの方法でチャージできます。用意されている方法は多くなっていますが、ユーザーによっては対応できる方法が少ないため注意してください。特に東急線券売機は該当している地域以外は利用できません。

銀行振込は一般的な方法ではあるものの、一部銀行は利用できるのにチャージ手続きに移行できないなど、問題を抱えている部分があります。銀行振込でチャージできない場合、別の方法を検討しなければなりません。

銀行振込が一番便利ですが、対応していない銀行も多くあります。

コンビニでチャージする方法はいくつかあります。セブン銀行ATMを活用してチャージする方法、ファミリーマートに置かれているFamiポートを利用する方法が使えます。また、QRコードやバーコード決済を活用してチャージする方法もあります。

一定額を下回ると自動的にチャージする、オートチャージも採用されています。常にLINE Payを利用したいと考えているなら、オートチャージも併用していくといいでしょう。

 ただ、オートチャージが可能な支払い方法は限られている点に注意してください。

紹介した方法以外のチャージはできない

紹介した方法以外はチャージできないルールとなっていますので、LINE Payでチャージしたい場合は利用できるチャージ方法から選んでください。

他のスマホ決済ではチャージに対応している方法が使えない場合もあるため、利用できる方法はしっかり見ておきましょう。

対象外の方法ではチャージできないことをしっかり覚えておきましょう。

特に銀行振込の対象銀行コンビニでチャージできる場所が限定されている点に気をつけ、対応している場所でしっかりチャージするように心がけてください。常にチャージできる方法を1つ持っておくと安心できます。

LINE Payはクレジットカードでチャージできる?

LINE Payはクレジットカードでチャージできる?

先ほど紹介したチャージ方法の中にクレジットカード系サービスが入っていません。実はLINE Payですがクレジットカード決済に対応していません。

先程記載されていたLINE Payカードというのは、プリペイドカードのことです。クレジットカードでのチャージは残念ながらできません。

LINE Payはプリペイドカードが発行されており、これをコンビニでチャージ額を提示すればチャージできるようにしています。

外部へ持っていけばチャージできるような方法ですので、一見するとクレジットカードのように思われますがプリペイドカードです。

 このLINE Payカードも2020年に発行が停止され、カード形式でチャージできる方法は利用できなくなりました。クレジットカードも対象外なので、自宅でのチャージには銀行振込による決済を利用するしかありません。

しかし、LINE Payへクレジットカードを登録できる方法は用意されています。登録できるクレジットカードを準備しておけば、チャージ以外の方法で決済できるため、こちらを利用するようにしましょう。

なお、クレカが利用できるサービスは限定されています。下記のサービス以外ではクレカ決済が使えないので気をつけてください。

クレカが対応しているサービス
  • LINE STORE
  • LINEモバイル
  • LINEほけん

この他のサービスを利用する際は、必ずチャージしたLINE Payを利用することとなります。カードが使えるからという理由で適当に考えていると、必要なタイミングでお金が足りないという問題が発生してしまいます。

登録可能なクレジットカードは限られている

登録可能なクレジットカードは限られている

LINE Payへクレジットカードを登録しておけば、登録したカードを利用して決済できるサービスもあります。ただ、登録可能なカードは限られています。

理由はブランドが制限されているためで、対応しているブランドを持っていなければ登録もできないのです。実際に登録できるブランドは以下の通りです。

登録できるブランド
  • VISA
  • MASTER
  • JCB

上記の3つが対応しています。ブランドとしては定番とされるものが中心となりますので、対象外のブランドしか持っていなければあまり問題にはならないでしょう。

 ただ、AMEXが対応していないため、普段からAMEXを利用している場合は注意が必要です。

クレジットカードの登録制限はあるものの、LINE Pay用にカードを登録する方法を使っておけば、チャージ以外の方法で決済できるようになります。

ただ、LINE Payをチャージ以外の方法で使うのは少し難しいため、使い方には気をつけてください。

LINE Payへクレジットカードを登録するメリット

ほけんの窓口のメリット

LINE Payへカードを登録するメリットとしては以下の要素があります。

カードを登録するメリット
  • クレカのポイントを獲得できる
  • 毎回情報入力をする必要なし
  • デビットカードも対応

こうしたメリットがあります。チャージする以外の方法で決済することで、クレカのポイントを増やせるメリットが得られるため、普段からカードのポイントを貯めている人には使いやすいでしょう。

登録した時のメリットは覚えておくと便利です。

ここからは、LINE Payへクレジットカードを登録するメリットについて詳しく説明します。

クレカのポイントを獲得できる

一番のメリットは、クレカのポイントが獲得できる点にあります。LINE Payの決済にカードを利用すると、クレカを利用したと判断されてポイントが獲得できます。

普段からポイントを貯めているユーザーには、簡単にポイントを増やせる方法です。

ポイントを多く獲得するためには、クレカを大量に利用することとなりますが、カードの決済が増えないことにはポイントの獲得量も期待できません。

LINE Payで使うことにより、利用回数を増やし大量にポイントを獲得できる可能性があります。

 ただ、カードの使いすぎによって返済が難しくなる可能性もありますので、あまり頻繁に利用すると将来的に厳しい状況に置かれる可能性があります。決済情報などはしっかり覚えておく必要があるでしょう。

毎回情報入力をする必要なし

登録したカードの情報はLINE Pay内に残されていますので、毎回カードの情報を登録する必要がありません。クレカの情報は登録するのが結構面倒ですし、毎回カードを出して確認するのも時間がかかりますので便利な機能です。

カード情報の入力は非常に時間がかかる部分ですので、この時間を短縮できるのは大きなメリットと言えるでしょう。普段から使っているカードを登録してすぐに情報を出せるようになれば、LINE Payの決済も容易です。

カード情報の入力は手間がかかるので楽になります。

カードは複数登録できるようにしていますので、必要であれば複数のカードを登録するなどの対応を検討しておきましょう。登録したカードの中から、一番使いやすいものを選んで利用していくのがおすすめです。

デビットカードも対応

デビットカードも対応

LINE Payはクレジットカード以外にデビットカードの登録も可能にしています。デビットカードであれば銀行口座に入っている金額以上には利用しないため、利用額を制限して使えるメリットが得られます。

デビットカードは利用額を抑制する効果も期待できます。

デビットカードは審査基準も厳しくないため、すぐにカードを利用したいと考えている人におすすめです。ただ、クレジットカードと違い銀行口座に余裕がなければ生活に多大な影響を及ぼす恐れもあるため気をつけてください。

LINE Payへ登録する際におすすめできるカード

LINE Payへ登録できるクレジットカードは多数ありますが、その中でもおすすめできるのがVISA LINE Payカードです。このカードはLINEと提携したことで発行されたもので、ポイントもLINEポイントで還元されます。

最大のメリットは、チャージしなければ利用できないLINE Payをチャージせずに利用できる点にあります。チャージ&ペイという機能を利用することにより、LINE Payはチャージすることなく利用可能になります。

他のカードではできないことが可能になっています。

チャージせずに支払いができるのは非常に大きなメリットとなりますし、銀行口座やコンビニを利用してチャージする手続きをしなくても使える点で利便性が大きく向上します。

手軽にLINE Payを利用したいと考えているなら検討してもいいでしょう。

VISA LINE Payカードのスペック

年会費 1,375円(税込)

1回以上の利用で年会費無料

基本ポイント還元率 1.0%~3.0%
最大ポイント還元率 10.0%
ポイント種類 LINEポイント
発行までの時間 最短3営業日
対応ブランド VISA
保険 ショッピング補償(100万円)
追加カード 家族カード、ETCカード発行可能

家族カードは1人目無料、2人目以降440円(税込)

支払い方法 分割払い、リボ払い、ボーナス払い可能

年会費は1回以上の利用で無料となりますので、どこかでカードを利用して決済して無料の状態を作り上げるといいでしょう。1回も利用しなければ年会費の負担が大きくなり、使いづらいカードになってしまいます。

 還元されるLINEポイントは、LINEのサービスに使える便利なポイントです。普段からLINEを利用している人は、還元されるポイントを有効に使えばよりLINEを有効に使えるでしょう。還元されたポイントでスタンプも購入可能です。

LINEポイントはLINE Payでも使えますので、大量にポイントを貯めてLINE Payで決済する方法も可能です。ポイントを多く持っていればカードの決済額を減らせるメリットもあるため、より少ない金額で買い物ができるでしょう。

VISA LINE Payカードの特典

VISA LINE Payカードには特典が用意されており、会員ランクによって配布されるクーポンがあります。配布されるクーポンが多ければ多いほど、お得な買い物ができるようになります。

また、会員ランク上昇によってLINEポイントの還元率も高くなります。通常は1%の還元率となっていますが、最高ランクであるプラチナまで上昇させれば3%まで還元率は高まります。

チャージ&ペイを活用する場合は積極的にランク上昇を狙いましょう。

特典を多く獲得する際には、VISA LINE Payカードを多く利用していく必要があります。少しでも決済回数を増やすか、LINE Payで使うように心がけるなどの対応を検討していきましょう。

 この他にVISA LINE Payカードを発行し、マイ・ペイすリボへ登録した上で6万円以上の買い物をすると2,000LINEポイントが支給されます。このポイントを有効に使ってLINE Payを使い、支払額を減らしていくのもいい方法です。

VISA LINE Payカードのメリット

VISA LINE Payカードのメリットは以下の通りです。

VISA LINE Payカードのメリット
  • サポート体制が充実している
  • ショッピング保険が比較的高い
  • カードのカラーを4種類から選べる
  • 電子マネーにも対応

こうしたメリットがあります。サポート体制が充実しており、困った時に相談できる体制がしっかり整えられています。また、ショッピング保険についても100万円まで用意されており、買い物で問題が起きた時も補償を受けられます。

 VISA LINE Payカードは4種類のカラーを提供していますので、自分が好きなカラーでカードを発行できます。

限定デザインとして特殊カラーも提供した時期もありますが、現在は通常カラーの4種類のみ対応しています。

様々なメリットを得られるカードに仕上がっています。

この他に電子マネー決済も可能になっていますので、幅広い決済に対応できるクレジットカードと言えます。1度使えば年会費永年無料と変わらない使い勝手が期待できるため、一般カードとしては使いやすい分類に入るでしょう。

VISA LINE Payカードのデメリット

メリットの多いVISA LINE Payカードですが、デメリットとしては利用可能枠があまり高くない点です。利用可能枠は最大80万円と、クレジットカードの中では金額の制限が大きくなっています。

また、キャッシングについても他のクレジットカードと同じように対応していますが、こちらも最大50万円に制限されます。

クレカでお金を借りたいと考えている人には制限が厳しく、使いづらいと感じる傾向が見られるでしょう。

他にも家族カードで年会費440円(税込)が必要となります。他のクレジットカードでは年会費無料としているケースが多い点を考えると、年会費を請求されるのは少し使いづらいポイントと言えます。

LINE Payがクレジットカードでチャージできないのは昔から?

LINE Payは2014年からサービスを提供していますが、クレジットカードでチャージできないのは最初から行われていることで、近年サービスを停止しているわけではありません。以前から同様の問題は発生しているのです。

スマホ決済のサービスは、クレカでのチャージができないサービスもあります。

 有名なサービスはクレカチャージに対応しているケースが多くなっており、利用しやすくなっていますが、LINE Payは全てのカードを対象外としています。

こうした問題により、クレカでチャージしたいと思ってもできない、チャージ無しで対応できるカードを見つけたもののカードの発行に時間がかかるといった状況に置かれてしまうかもしれません。

しかし、クレカでチャージできないものの、VISA LINE Payカードのようにチャージ&ペイ機能が使えるものもありますので、対応しているカードを手に入れれば負担は軽減されます。

クレジットカードのチャージは可能となる?

クレジットカードのチャージはVISA LINE Payカードで認める可能性はあります。

自社のカードを優遇しているケースが多いLINEは、将来的に対応しているカードさえ持っていれば普通にチャージできる状況を作り出す期待感があります。

もしVISA LINE Payカードでチャージできるようになれば、このカードを持っているだけでLINE Payはかなり使いやすくなるでしょう。

 しかし、クレジットカードでのチャージは認めないという方針をこのまま続けているようであれば、VISA LINE Payカードを利用してもチャージできないという状況は続き、LINE Payの使いやすさにも影響していく可能性があります。

合わせてチェックしたいおすすめクレジットカード

LINE Payのチャージ等では使えないものの、おすすめとされるクレジットカードは多数あります。色々なカードをしっておけば、より使い勝手のいいカードに巡り会える可能性があります。

これから紹介するカードは使いやすいものばかりです。

これから紹介するカードは、使い勝手などの部分で非常におすすめできる商品となります。クレカ選びに悩んでいる場合は自分が使い方に合わせていいカードを見つけておきましょう。なお、紹介するカードは以下の4枚です。

紹介するクレジットカード
  • JCB W
  • VIASOカード
  • ライフカード
  • 三井住友カードNL

上記のカードは様々な場面で活躍してくれるため、初心者でも使いやすく感じられるでしょう。初めてクレジットカードを発行する人やカードを切り替えたいと考えている人は検討してみましょう。

 注目のカードをしっかり見ておきましょう。

JCB W

JCB CARD W

おすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • ポイント還元率がJCBカードの2倍!
  • 定期的なキャンペーン実施

JCBが発行しているカードで、39歳までの若い人に提供されているカードになります。1度発行すれば40歳以上でもカードは使えるようになるため、同じカードを長く使い続けることも可能です。

 若い人に便利なクレジットカードです。

女性用に作られているJCB W Plus Lは、通常のJCB Wに加えて女性用の特典が追加されているカードです。また、カードのカラーもピンクに変更されているため、女性に持ちやすいカードとなっています。

年会費 永年無料
基本ポイント還元率 1.0%~3.0%
最大ポイント還元率 20.0%
ポイント種類 Oki Dokiポイント
発行までの時間 最短3営業日
対応ブランド JCB
保険 海外旅行傷害保険
追加カード 家族カード、ETCカード発行可能
支払い方法 分割払い、リボ払い可能

※JCB W Plus Lも同じスペックで発行されます。

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカードVIASOカード

おすすめポイント
  • 海外旅行傷害保険の充実
  • オートキャッシュバックでの割引
  • 初回特典キャッシュバック

三菱UFJカード VIASOカードは初回特典で最大10,000円のキャッシュバックが受けられます。条件は厳しいものの、キャッシュバックでお得な買い物が可能となります。

 オートキャッシュバックが便利なカードです。

ポイントをオートキャッシュバックできる機能も用意されており、ポイントを貯めていたけど失効したといった問題が発生しません。ポイントを有効活用したい人にもおすすめのカードです。

年会費 永年無料
基本ポイント還元率 0.5%
最大ポイント還元率 10.0%
ポイント種類 VIASOポイント
発行までの時間 最短翌営業日
対応ブランド MASTER
保険 海外旅行傷害保険、携行品
追加カード 家族カード、ETCカード発行可能
支払い方法 分割払い、リボ払い、ボーナス払い可能

ライフカード

ライフカード

おすすめポイント
  • 充実したポイントプログラム
  • カードデザインの自由選択
  • ランク制度によるポイント還元率アップ

ライフカードはポイントプログラムが充実しています。発行した初年度は1.5倍のポイントを獲得できる他、誕生月には3倍までポイントが増えます。他にもステージプログラムで最高ランクを獲得すると2倍のポイントを得られます。

 ポイントサービスが充実しているカードです。

カードデザインを選択できる他、カードブランドも自由に選べます。カードのカラーを変更しつつ、自分が希望しているブランドでカードを発行する、カスタムできるカードであるのは大きなメリットです。

年会費 永年無料
基本ポイント還元率 0.5%
最大ポイント還元率 12.5%
ポイント種類 LIFEサンクスポイント
発行までの時間 最短1週間程度
対応ブランド JCB,VISA,MASTER
保険 盗難保険
追加カード 家族カード、ETCカード発行可能
支払い方法 分割払い、リボ払い、ボーナス払い可能

三井住友カードNL

三井住友カードナンバーレスマスターカード

おすすめポイント
  • ナンバーレスでカード番号を見られる心配なし
  • 充実したキャンペーン
  • カード利用開始までの時間が短い

三井住友カードが発行しているナンバーレスのカードです。カード番号が記載されていないため、他の人に番号を知られる心配がない他、盗難時などで不正利用を抑制できるメリットを持っています。

 セキュリティ面での安定性が高いカードです。

キャンペーンも充実しており、三井住友カードから提供されるキャンペーンへエントリーすればより多くのポイント獲得が期待できます。カード発行から利用までも早く、すぐにカードが欲しい人におすすめです。

年会費 永年無料
基本ポイント還元率 0.5%
最大ポイント還元率 10.0%
ポイント種類 Vポイント
発行までの時間 最短5分程度
対応ブランド VISA,MASTER
保険 海外旅行傷害保険
追加カード 家族カード、ETCカード発行可能
支払い方法 分割払い、リボ払い、ボーナス払い可能

まとめ

ここまでLINE Payをクレジットカードでチャージできるか、そしてLINEが発行しているカードについて説明しました。

LINE Payとクレジットカードの関係を理解できたでしょうか。

LINE Payはクレジットカードチャージが不可能となっていますが、チャージ&ペイ機能を持っているVISA LINE Payカードを使えば似たような状況は作れます。

ただ、大半のカードでは一部の決済以外は利用できないため、チャージできる方法を覚えたほうがいいでしょう。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事