ライトコイン(LTC)とは?特徴や今後の価格予想、将来性も徹底解説!

アルトコインの中でも、高い知名度と人気を誇るのがライトコインです。ビットコインと比較されることも多いため、今後の動向が気になる人も多いでしょう。

仮想通貨市場が低迷する今、ライトコインは買い時といえるのでしょうか?

そこで今回は、ライトコインの特徴や今後の展開について分かりやすく解説していきます。

この記事でわかること
  • ライトコイン(LTC)の基本情報・特徴
  • ライトコイン(LTC)の今後
  • ライトコイン(LTC)の買い時
  • 取引通貨にライトコイン(LTC)を選ぶメリット・デメリット
  • ライトコイン(LTC)での取引に向いている人の特徴
  • ライトコイン(LTC)を購入できる取引所

仮想通貨取引初心者はもちろん、新たな投資先を探している人もぜひ参考にしてみてください。

ライトコインを購入するならコインチェック
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

ライトコイン(LTC)とは?基本情報を解説

重ねたコイン

ライトコインは、2011年に暗号資産の代表格ビットコインをベースとして開発された仮想通貨です。主な仮想通貨の中ではビットコインの次に歴史があり、投資家からの認知度も高いコインです。

2014年以降、数多くのアルトコインが開発され、人気通貨の入れ替わりが激化しています。ライトコインは誕生から11年経過していますが、現在でもビットコイン同様に仮想通貨市場では高い人気をキープし続けています。

比較されることの多い両者の関係性を「金と銀の関係」と例える人も多いですよ。

両者を似たような仮想通貨と捉える向きもありますが、ビットコイン・ライトコインにはそれぞれ使用目的において明確な違いがあります。

 ビットコインの用途は「価値の保存」、ライトコインは「決済」に重点を置いています。将来的に、決済手段として使用することを目的として設計されており、取引をスムーズにおこなうための機能を積極的に取り入れています。

そのため、ライトコインは他のアルトコインよりも実用性において優れているのが特徴です。

近年その実用性が認められ、ライトコインの決済システムに対応しているショップが増えています。

名称 ライトコイン
シンボル LTC
現在価格(2022年6月24日時点) 7,356円
時価総額(2022年6月24日時点) 519,057,534,715円
時価総額ランキング(2022年6月24日時点) 19位
購入できる取引所
  • bitFliyer
  • Coincheck
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin

出典:bitFliyer

ライトコインを購入するならコインチェック
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

ライトコイン(LTC)の4つの特徴

メモ

特徴①Googleの元エンジニアが開発

ライトコインは、Googleの元エンジニアである「チャーリー・リー氏」によって開発された仮想通貨です。

 チャーリー・リー氏の実兄は、「BTCC」という中国のビットコイン交換会社の創設者であることも、投資家の中では有名な話です。

チャーリー・リー氏の目指した先がビットコインとの競合ではなく共存であったことが、今日のライトコイン人気の礎となっています。また、チャーリー・リー氏が2017年に保有していたライトコインを全額売却したこともご存じの人は多いかもしれません。

売却されたライトコインの数量や、売却で得た利益は公表されていませんが、巨額であったことは予想がつきます。リー氏はライトコイン売却利益を全額寄付したことでも話題となりました。

リー氏は売却の理由について、自身のSNSでのコメントが、ライトコインの価格に影響を与えることを想定し、利益相反を割けるためと言及しています。

ライトコイン売却後も、プロジェクトには参加し続けていますよ。

特徴②素早いトランザクションの承認

クレジットカード決済

ライトコインは素早いトランザクションの承認を実現するために「Segwit(セグウィット)」を採用しています。

Segwitはスケーラビリティ問題の解決策として使用される、取引情報をコンパクトに圧縮する技術です。

Segwitは現在ほかのコインにも実装されています。しかしライトコインはいち早くSegwitを導入し、コインの実用性アップに積極的な姿勢が高く評価されました。

 また、ビットコインの4倍の速度でブロック生成するのも特徴の一つです。

ビットコインの抱えるスケーラビリティ問題を解決するために開発されたライトコインならではの特徴といえるでしょう。

特徴③poWによるマイニング

ライトコインのマイニングはPoWが採用されています。PoWとはマイニングにおけるコンセンサスアルゴリズムのひとつです。現在、仮想通貨の多くがPoWによるマイニングとなっています。

 PoWを採用するメリットは、データの改ざんが困難なことです。

PoWはデータの改ざんに費やす労力や時間を考えると、マイニング報酬を得る方が得する仕組みになっています。

また、多くの仮想通貨がPoWを採用することで、コイン自体の価値が生まれやすいと言われています。ただし、今後PoSを導入する仮想通貨も増えると予想されているのも事実です。

PoWがメリットとして機能し続けることができるかどうかは、不確かな状況でもあります。実際、PoWの電力コストや安全性について懸念を持つ投資家も一定数存在します。

今後の仮想通貨のトレンドがPoS、PoWのどちらに有利に働くか注視が必要です。

特徴④ライトニングネットワークに対応

ネットワーク

「ライトニングネットワーク」を利用し、送金時間、送金手数料を少なくすることに成功しています。

 ライトニングネットワークとはメインチェーンの外(オフチェーン)で一時的に取引データを記録し、集計されたデータのみメインチェーンに記録することで処理効率をアップする仕組みのことです。

ライトニングネットワーク利用によって、少額の頻繁な決済がスムーズになります。スケーラビリティ問題を抱えるほかの通貨よりも日常使いしやすいのがライトコインの特徴です。

ライトニングネットワークはまだ発展途上のシステムであるため解決するべき課題も多く、今後も課題の克服や新たなユースケースが誕生する可能性も秘めています。

ライトニングネットワークはオープンソースで、分散型開発が現在でもおこなわれています。
ライトコインを購入するならコインチェック
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

ライトコイン(LTC)の価格はどうなる?動向をチェック!

ライトコインを検討されている人は、近年の価格動向をチェックしておきましょう。ここでは、ライトコインのチャートをご紹介します。

現在の価格動向


 2022年に入って1万円台で推移していたライトコインですが、5月の急落以降価格が戻らず、現時点では7,175円となっています。

バブルがはじけて以降、ライトコインや仮想通貨市場にポジティブなニュースがなく、今は様子を見ている投資家が多い状況です。

しかし、ライトコインは一度上昇トレンドに乗ってしまえば一気に価格が高騰します。

過去にも4万円台をマークしたことのあるライトコインは、市場が盛り上がれば一気に価格が跳ね上がると予想されます。ライトコインの動向や仮想通貨全体の市場の動きには細心の注意が必要です。

これまでの価格動向

LTC今までのチャート出典:GMOコイン

それでは、2020年のライトコインのチャートをチェックしてみましょう。ライトコインは2020年の3月から11月まで3,000円~6,000円台を推移し、大きな動きはみられませんでした。しかし12月に入ると、ライトコインの価格が急上昇をはじめます。

3,000円台だったライトコインは、わずか1か月で4倍の13,000円台に到達しました!

2021年も価格上昇が継続し、2万円台、3万円台となり、5月には4万円台にまで価格は上昇します。

 2022年は仮想通貨市場に閉塞感があり、ライトコインをはじめとする仮想通貨はおおむね値段を下げています。

ライトコインはその後価格の乱高下があったものの、年末には下降しはじめ、2022年も徐々に価格を下げています

ライトコイン(LTC)の半減期とは?

重ねて置いたコイン

ライトコインはビットコイン同様に、4年に1度の周期で「半減期」を迎えます。

 半減期とは、仮想通貨の種類によって設定されている通貨枚数が半減する期間で、市場に流通する通貨数が減ることによって希少性が増したコインが値上がりする仕組みです。

2011年に運用スタートしたライトコインは4年後の2015年8月に一度目の半減期を迎えました。

半減期への期待感から、一時ライトコインは3倍にまで価格を上げています。

2度目の半減期は、2019年の8月5日です。2度目は1度目の半減期の価格上昇が話題となっており、半減期の3カ月前から値上がりをはじめています。

ただし、2度目の半減期の特徴は、利益確定売りが大きく先行したことです。市場が上向いていた1度目よりも2度目の利益確定売りは加熱した様子で、半減期の約1か月半前には価格を下げています

2度の半減期の値動きから、ライトコインは半減期前の早い段階から価格上昇が始まることが予想されます。

ライトコイン(LTC)の今後はどうなる?

チャート

過去の動向や現状以上に気になるのが、ライトコインの今後についてではないでしょうか。ここでは、いくつかライトコインの価格に影響を与える要素をご紹介します。

決済サービスの普及

ライトコインは、取引の処理スピードにおいて大きなアドバンテージをもつコインです。今後もクレジットカードやデビットカード同様に、ライトコインを決済手段として使える店舗が拡大する可能性もあるでしょう。

実際、「Paypal(ペイパル)社」などの大企業がライトコインによる決済サービスを導入しています。

市場の状況に価格が連動するライトコインにとって仮想通貨の利用価値が高まり、一般に受け入れられることは追い風になるでしょう。

なお、海外には仮想通貨専用のATM設置が進んでいることもあり、国内だけでなく海外での利用がしやすくなる点も期待できそうです。

 また、競合となるVISAがステーブルコインのUSDコインを使った決済機能がテスト段階まできていると発表しています。

オンラインでは仮想通貨で決済できる店が増えており、実店舗でも利用できるお店が増えれば、より実用性の高い仮想通貨にスポットが当てられるはずです。

市場の状況に価格が連動するライトコインにとって、仮想通貨の利用価値が高まり一般に受け入れられることは、大きな追い風になるでしょう。

※出典:paypal

ライトコインを購入するならコインチェック
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

2023年8月に半減期が予想

天秤にかけられた仮想通貨

現在の価格は7,000円台とやや弱気相場ですが、次回の半減期への期待感から今後大きく価格上昇する可能性があります。

 次回のライトコインの半減期は来年、2023年夏頃という見方が強まっています。

仮想通貨市場の2023年の動向にもよりますが、2回目の半減期同様に半減期の数か月前からライトコインが大きく値上がりする可能性は高いでしょう。

ライトコインの半減期に向けて資金調達などの準備を早めに開始するのがおすすめです。

また、利益確定売りの加速にも注意が必要です。過去のデータから、半減期前にライトコインの価格は乱高下することが予想できます。

 半減期は相場が読みやすいという特徴がありますが、売買のタイミングを逃せば大きな損失を負ってしまうかもしれません。

過去にない値動きにトレードスタイルを崩されないよう、事前にライトコインの値動きのパターンをいくつか想定して対策をたてておきましょう。その後また価格を戻していますが、次回の半減期でも同様の値動きをする保証はありません

ビットコインの影響を受ける

並んだ仮想通貨

ライトコインの価格は、おおむねビットコインの値動きに連動します。ビットコインの価値が高まれば、ライトコインも追随する形で価格を上げる可能性が高いでしょう。

 ビットコインには今後の上昇を予想できるいくつかの動きがあります。

主に「2024年の半減期」「ライトニングネットワークによる高速で安価な取引の実現」「ビットコインETFの普及」などです。

いずれもビットコインの価格上昇の鍵となり、ライトコインの今後を予想するポイントでもあります。

現在、仮想通貨市場は低迷期を迎えていると言われています。仮想通貨市場をリードする存在のビットコインに明るいニュースがあれば、ライトコインのみならずほかのアルトコインの価格も上昇気流に乗れるでしょう。

価格の上昇があれば一気に高騰するのがライトコインの特徴です。ビットコインの動きから早めに値上がりを予想して取引をおこないましょう。

ライトコイン(LTC)の買い時はいつ?

仮想通貨

ライトコインの買い時は以下のタイミングを検討してみましょう。

ライトコインの買い時
  • ライトコインが暴落して安くなっている時
  • ライトコインに関連するニュースが発表された時
  • 仮想通貨全体が上昇傾向にある時

ライトコインに関連している情報は重要になりますので、日々のチェックを欠かさず行っておきましょう。

同時に仮想通貨の動向についてもチェックしておく必要があります。仮想通貨がどのようにレートを変動させているかを含めてライトコインを見ていきましょう。

様々な情報を基にして買い時をしっかり見つけておきましょう。

ここからは、ライトコインの買い時を詳しく説明します。

ライトコインが暴落して安くなっている時

ライトコインが暴落しているタイミングでは、本来では得られないような金額でライトコインを購入できる可能性があります。

暴落しているタイミングを有効に利用して、安いうちにライトコインを手に入れておくのは非常にいいことです。暴落しているタイミングは狙っていきましょう。

 暴落しているタイミングは、ライトコインが安く販売されていることを意味しています。安くなっているうちに手に入れれば得をします。

暴落するタイミングとしては、ライトコイン以外にも仮想通貨の暴落によって発生するケースがあります。

ライトコインが暴落しているタイミングをしっかり確認しておき、チャートがに到達している時点で購入に踏み切るなどの対応をしておきましょう。

上手く行けばかなり安くなります。

ライトコインに関連するニュースが発表された時

暗号資産の取引

ライトコインに関連するニュースは定期的に発信されています。

現時点でどのような使われて方が検討されているのか、サービスを利用することができるのかなど、本当にライトコインを利用していける状態を作り出せるのかニュースで知る必要があります。

 ニュースで発表されている情報は一部だけになります。将来的に色々な情報をしっかり調べておけば買い時が見つけられます。

ライトコインのニュースが発表されているタイミングを有効に利用して購入し、ライトコインを購入してくれるユーザーが増えてくれればレートが上昇します。

ニュースによって将来性が一気に向上しているなどのメリットを得られているようであれば、チャンスがあると言えるでしょう。

仮想通貨全体が上昇傾向にある時

ライトコインが上昇しているわけではないものの、仮想通貨全体が上昇しているような状態を作り出しているのであれば、ライトコインを購入しても構いません。

ライトコイン以外の仮想通貨が上昇していることは、将来的にライトコインにも波及して購入しやすい状態が作られる可能性があります。

 ライトコイン以外の仮想通貨では、特にビットコインの情報を見ておきましょう。ビットコインはかなりチャートに影響します。

購入したライトコインを上手に運用していくためには、チャートを見ながらレートが変動している情報をしっかり見ていく必要があります。

他の仮想通貨が上昇している時に、ライトコインが上昇していないケースは少ないため、他の通貨をしっかり見ておけば安心して買い時がわかります。

ライトコイン(LTC)のメリット・デメリット

男性

ライトコインのメリット

ライトコインのメリットは主に3つあります。

ライトコインのメリット
  • ビットコインの約4倍の発行上限枚数
  • 安価で高速な決済手段
  • スクリプトの採用

ライトコインの発行上限枚数は、ビットコインの約4倍にあたる8,100万枚に設定されています。ビットコインは発行上限枚数が少ないことで資産としての価値を高めています。

 もともと決済手段としての需要を想定して設計されているため発行上限枚数が多く、将来ライトコインが決済手段として広く普及した際にも、インフレを招く可能性はかなり低いでしょう。

また、ライトコインは処理結果のみをメインチェーンに戻す仕組みのため、少額で頻繁な決済の場合もブロックチェーンへの負荷が軽減され、取引の高速化、低コスト化が実現しています。

スクリプトとは、ハッシュの計算方式の種類です。現在の仮想通貨は「Scrypt」「SHA-256」のどちらかのハッシュを採用しています。

ScryptはSHA-256より複雑に暗号化されていますよ。
ライトコインを購入するならコインチェック
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

ライトコインのデメリット

3枚の仮想通貨

ライトコインのデメリット
  • ビットコインの影響を受けやすい
  • ほかのアルトコインが台頭する可能性

ビットコインに足りない部分を補うために開発され、今ではビットコインの保険的立場となっています。そのため、ライトコインはほかのアルトコイン以上にビットコインの値動きに影響されます。

また、ビットコインと比べると取引量が少ない仮想通貨です。取引量が少ないと、ひとつの取引による価格への影響が大きくなります

 そのため、ライトコインの値動きは高低差が激しい傾向があります。仮想通貨は現在もどんどん新しく開発されており、いつライトコイン以上の仮想通貨が誕生してもおかしくない状況です。

実際、システム開発はイーサリアム優位で、送金速度はリップルに抜かれています。

ライトコイン取引を検討している人は決済手段としての将来性や、時価総額の変化に注意を払いましょう。

ライトコイン(LTC)の取引に向いているのはどんな人?

チャート

ライトコインの取引が向いている人の特徴を以下にまとめました。

ライトコインの取り引きが向いている人
  • メジャー通貨で安定した取引をしたい人
  • チャート分析がしやすい通貨で取引をしたい人
  • 少額から仮想通貨取引をはじめたい人
  • 仮想通貨を送金手段にしたい人

ライトコインは多くの仮想通貨の中でも一定の出来高を出している優等生です。時価総額も上位で比較的メジャーな通貨として知られています。

価格もビットコインと連動する安定した動きが多く、チャート分析がしやすいのが特徴です。少額取引も可能で、最低取引金額が約2円となる取引所もあります。

仮想通貨取引の初心者は、取引に慣れるためにライトコインの少額取引からはじめるのも良いでしょう。

また、ライトコインは送金手段としても優れています。特に海外への送金の場合は、銀行よりも安価な手数料でスピーディーに送金できます。

海外に頻繁に送金する人は、送金手段としても利用できるライトコインで資産運用するのもおすすめです。

ライトコイン(LTC)の取引ができるおすすめ仮想通貨(暗号資産)取引所5選

コインチェック(Coincheck)

コインチェック

おすすめポイント
  • 約500円から暗号資産を購入できる
  • 最短翌営業日に取引スタート!
  • 初心者でもわかりやすい取引ツール

コインチェックは上場企業であるマネックスグループ傘下の暗号資産取引所です。ハッキングなどセキュリティ面でのリスクも心配することなく使うことができます。

約500円から仮想通貨を購入することができるので、多額の投資は抵抗があるから少額から始めたいという初心者にもおすすめです。

最短翌営業日から取引開始できるため、すぐに取引したい方にもおすすめな暗号資産取引所になります。
取扱仮想通貨(暗号資産) 17種類

  • BTC(ビットコイン)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
販売所・取引所手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
出金手数料 407円(税込)

bitflyer

ビットフライヤー

おすすめポイント
  • Tポイントを利用したポイント投資ができる
  • 大手銀行が出資!
  • ビットコイン取引量が日本国内でナンバー1

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitflyer(ビットフライヤー)はビットコインの取引量が日本国内でナンバー1を誇る暗号資産取引所です。ビットコインは暗号資産を始めるならまず取引したい暗号資産です。

 みずほキャピタルなど大手銀行が出資しており、世間からの信頼度も高い取引所となっています。

ビットコインだけでなく、草コインと呼ばれる将来性の高い暗号資産の取引も盛んです。DOTやXTZといった注目度の高い暗号資産の取引もできます。

取扱仮想通貨(暗号資産) 15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • リスク(LSK)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
レバレッジ 2倍
販売所・取引所手数料 無料・0.01%〜0.15%
入金手数料 銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり

クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料

クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)

出金手数料 220円~770円(税込)

ビットポイント(BITPOINT)

BITPOINT

おすすめポイント
  • 各種手数料が0円!
  • ADA・ジャスミーなど注目度の高いアルトコインの取引ができる
  • 最短当日から取引開始

ビットポイント(BITPOINT)は最短当日から取引可能な暗号資産取引所です。各種手数料が0円で、他の取引所に比べてもランニングコストをかなり抑えて取引することができます。

日本生まれの暗号資産、ジャスミーなど注目度の高いアルトコインを取り扱っているので、だんだん取引に慣れてきた中級者〜上級者におすすめな取引所です。

最短当日から取引スタートできるので、今すぐに取引したいならぜひ口座開設しましょう!
取扱仮想通貨(暗号資産) 12種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
レバレッジ 2倍
販売所・取引所手数料

入金・出金手数料

無料

DMM Bitcoin

DMMビットコイン

おすすめポイント
  • 業界最大級の20種類の暗号資産を取引できる
  • スマホでの取引ツールが使いやすく、初心者にもおすすめ
  • 出金手数料が0円!

DMMビットコインはFXや証券も提供するDMMグループ内の暗号資産取引所です。業界内でも最大級の20種類の暗号資産を取引することができます。

レバレッジ取引も対応しているため、あまり多額の資金はかけられないという方でも充実した取引をすることができます。

初心者から上級者まで使いやすい取引ツールが魅力の取引所です。
取扱仮想通貨(暗号資産) 20種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
  • トロン(TRX)
  • カルダノ(ADA)
  • ポルカドット(DOT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ジパングコイン(ZPG)
レバレッジ 2倍
販売所手数料・入出金手数料 無料※BitMatch注文は取引単位あたり2円(BTC/JPY)

GMOコイン

GMOクリック証券

おすすめポイント
  • GMOインターネットグループ運営の取引所でセキュリティが強固
  • 最低取引額が低く設定されているので少額から始められる
  • 22種類の暗号資産を取り扱い中!

GMOコインはGMOクリック証券などを運営しているGMOインターネットグループが提供する暗号資産取引所です。大手証券会社ですので、セキュリティが強固でハッキングなどのリスクを最小限に抑えることができます。

 国内取引所の中でも最大クラスの22種類の暗号資産を取り扱い中です。
ライトコインを始め、さまざまなアルトコインの取引を試していきたいという方におすすめの取引所です。
取扱仮想通貨(暗号資産) 22種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • オーエムジー(OMG)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • リンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01% Taker:0.05%(BTC,ETH,XRP)

Maker:-0.03% Taker:0.09%(その他)

入出金手数料 無料

よくある質問

ライトコインはレートが急激に変動している仮想通貨ですか?
ライトコインも急激な変動を起こしている仮想通貨です。暴落しているタイミングでは暴落を起こしていますし、上昇しているときにはしっかり上昇している仮想通貨となります。停滞しているような状況を作り出していないため、しっかりとチャートを見ていく必要があります。
ライトコインは将来的に実用化される可能性があるのですか?
実用化に向けた動きは進んでいます。実用化を前提としたサービスを行っていくことも発表していますが、なかなか知名度などの影響により実用化に向けた動きはそこまで進んでいません。今後実用化していくようであれば、更にライトコインのレートは上昇するでしょう。
ライトコインを運用するためには何に気をつければいいですか?
ライトコインに関連しているニュースがどのように発表されているか、しっかり見ていく必要があります。チャートの情報をしっかり読み取るようにして、ニュースが発表されて暴落しているのかなどを情報として知っておく必要があります。安定した運用が求められるでしょう。
ライトコインを購入するためにはどのような手順を取る必要がありますか?
ライトコインを購入する前には仮想通貨取引所のアカウントを手に入れる必要があります。アカウントを保有していない状態ではウォレットがありませんので、預けられるサービスがありません。まずは仮想通貨取引所のアカウントを作り、ウォレットを手に入れてください。
ライトコインの半減期はどのような問題を起こしているのですか?
ライトコインの半減期により、レートが暴騰するようになります。半分に減ってしまったライトコインは、単純に外部に流出している数量が減少していることになりますので、ライトコインの数が減っていることで希少性が高くなっていると言えます。購入している人はチェックしておきましょう。
ライトコインは日本でも手に入りますか?
ライトコインは販売されているところが多数ありますので、日本でも簡単に手に入ります。日本の仮想通貨取引所のアカウントを手に入れておくことにより、日本でもすぐ購入できるようになります。気になっているようであれば購入してみるのもいいでしょう。

まとめ

今回は、仮想通貨のひとつであるライトコインの特徴についてご紹介しました。ライトコインは実用性が高く、仮想通貨の決済サービス普及にも一役買っています。

価格に関してはまだビットコインの影響を大きく受けるため、ビットコインと併用で資産運用するのもおすすめです。

ライトコインだけでなく、ビットコインの半減期にも期待大ですね!

安定した人気がありますが、ライトコインは短時間の価格変動の幅が大きいという特徴もあります。取引の際には周辺情報を集めて慎重に売買をおこないましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事