マクドナルドでクレジットカードは使える?ポイント二重取り方法も解説

マクドナルドはさまざまな支払い方法に対応しており、クレジットカードでの決済も可能です。しかし「どのクレジットカードが使えるのか分からない」「支払い方法がわからない」悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

マクドナルドで使用するとお得になるクレジットカードは多く存在します。よくマクドナルドに行くなら、特典が受けられるカードがおすすめです。そこで今回は、マクドナルドでの決済におすすめのクレジットカードと使い方を解説します。

ポイントが二重取りできるカードも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

マクドナルドでクレジットカードは使える?使えない?

マクドナルドでクレジットカードは使える?

マクドナルドでは、2017年より全店舗でのクレジットカード決済に対応しています。

 利用方法も他のお店と同様に、スタッフに「カード払いでお願いします」と伝えるだけです。

対応しているクレジットカードは、日本で発行されているクレジットカードはもちろん、アメリカなどの海外で発行されている一部のクレジットカードも使用可能となっています。

以下、マクドナルドで使用できるクレジットカードの国際ブランドです。

マクドナルドで使用できるクレジットカードの国際ブランド一覧
  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
  • ダイナースクラブカード
  • アメリカン・エキスプレス
  • ディスカバー

マクドナルドでは、中国が提供しているユニオンペイ以外、ほぼ全ての国際ブランドの使用ができるといえます。

マクドナルドで使えるおすすめクレジットカード5選

JCB CARD W/W plus L

JCB CARD W/W plus Lのおすすめポイント
  • ポイント還元率は、JCBの一般カードの2倍
  • ショッピングカード保険が付帯されているため、日常使いしやすい
  • デザインを3つの中から選べる

JCB CARD W/W plus Lは、満18歳から39歳の方を対象に申し込みを受け付けているクレジットカードです。39歳までの入会であれば、40歳以降も無料で利用することができます。

 通常のJCBが発行しているカードよりも2倍のポイントがたまるため、ポイントを効率よく貯められるカードです。

通常、現金払いではポイントは貯まらないカードが多いですが、JCB CARD W/W plus Lはマクドナルド利用時に1,000円分の商品を購入すれば2ポイント貯まります。

また、「JCB ORIJGINAL SERIESパートナー」の提携している店舗で買い物をした場合は、最大21倍のポイントが還元されることもあります。

キャンペーン実施をしたりプレゼントの抽選の特典が充実していたりと、女性に嬉しいサービスも魅力です。
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~5.5%
ポイント還元率(マクドナルド利用時) 1.00%
国際ブランド JCB
発行スピード 最短3営業日
付帯保険
  • 海外旅行
  • ショッピング
追加カード
  • ETCカード
  • 家族カード
申し込み年齢 満18歳〜満39歳

※出典:公式サイト

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)のおすすめポイント
  • 年会費が無料のため、気軽に契約ができる
  • ナンバーレスに対応しており、カード番号の流出の心配がない
  • マクドナルドなどの対象店舗を利用すると、最大5%ポイント還元される

三井住友カード(NL)は年会費が永年無料のため、学生や主婦(夫)にもおすすめのクレジットカードです。

 クレジットカードにカード番号やセキュリティセキュリティコード、有効期限が表記されていないため、万が一失くしてしまっても情報の流出リスクが少ないでしょう。

マクドナルドをはじめ、セブン-イレブンやローソンなどがポイント還元の対象となり、通常のポイント(200円で0.5%)に加え、+2%のポイントが還元されます。

また、「Visaのタッチ決済」「Mastercardコンタクトレス決済」のいずれかで支払った場合は、ポイント還元がさらに+2.5%され、全て合わせると最大で5%の還元を受けられます。

一部ポイント還元の対象とならない店舗もあるため、事前に確認しておきましょう。
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
ポイント還元率(マクドナルド利用時) 最大5.00%
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
発行スピード 最短5分
付帯保険
  • 海外旅行
  • ショッピング
追加カード
  • ETCカード
  • 家族カード
申し込み年齢 高校生を除く、満18歳以上

※出典:公式サイト

楽天カード

楽天カード

楽天カードのおすすめポイント
  • ポイントの還元率が高い
  • 貯まったポイントの使い道が豊富にある
  • 不正検知システムや本人認証サービスなど、セキュリティが万全

楽天カードは、楽天カード株式会社が運営していることから、高い知名度のあるクレジットカードです。

マクドナルドやミスタードーナツ、サンドラックなど、提携する店舗が豊富にあるため、ポイントを貯めやくす使いやすい点が特徴です。

 楽天カードでポイントを貯める場合は200円で1ポイント、使う場合は1ポイント1円として使用可能です。

不審な利用がないかを確認する24時間体制の不正認知システムや、なりすましを未然に防止する本人認証サービスなど、セキュリティ対策の整っているため、緊急の事態にも素早く対応できます。

ポイントが貯まりやすいので、マクドナルド以外でも日常的に使えば非常にお得でしょう。
年会費 無料
ポイント還元率 1.00%~3.00%
ポイント還元率(マクドナルド利用時) 2.00%
国際ブランド
  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
  • アメリカン・エキスプレス
発行スピード 最短即日
付帯保険
  • 海外旅行
  • ショッピング
追加カード
  • ETCカード
  • 家族カード
申し込み年齢 高校生を除く、満18歳以上

※出典:公式サイト

リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードのおすすめポイント
  • ポイント還元率は常に1.20%
  • 貯まったポイントをdポイントに交換できる
  • 3つの付帯保険に対応している

リクルートカードは、ポイント還元率が常に1.20%で非常に高水準であることが特徴のクレジットカードです。

 貯まったポイントは、dポイントやPontaポイントとして交換もできます。

交換したポイントは、マクドナルドやドコモの携帯料金などに支払いできる点も魅力です。

国内旅行によく行くなら、じゃらんnetで予約するとポイント2%、リクルートカードで決済すると3.2%が還元されるので、利用しやすいでしょう。

国内・海外旅行などの付帯保証も充実しており、万能のクレジットカードといえるでしょう。
年会費 無料
ポイント還元率 1.20%~4.20%
ポイント還元率(マクドナルド利用時) 1.20%
国際ブランド
  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
発行スピード 最短1週間
付帯保険
  • 国内旅行
  • 海外旅行
  • ショッピング
追加カード
  • ETCカード
  • 家族カード
申し込み年齢 満18歳〜満25歳

※出典:公式サイト

dカード

dカード

dカードのおすすめポイント
  • 発行手数料や入会手数料が一切かからない
  • 買い物の際、100円ごとに1ポイント還元される
  • dポイントを使える利用方法がたくさんある

dカードは、マクドナルドで商品を購入した際、「dポイントカードの提示」と「dカードの利用」により、2%が還元されるクレジットカードです。

 マクドナルドでは、貯まったdポイントを1ポイント1円として使うことができます。

マクドナルドではdポイントを使う際は、「購入した全額を支払い」または「現金+dポイントで支払い」から状況に応じて選択することができます。

dポイントはローソンやファミリーマート、マツモトキヨシなどでもポイントを貯めることが可能です。またdカードに貯まったポイントは、マクドナルド以外でも使えるため、ポイントが貯まりやすいです。

dカードは利用できる場面が多く、ポイント自体も貯めやすいので、持っておいて損のないクレジットカードといえるでしょう。
年会費 無料
ポイント還元率 1.00%~4.50%
ポイント還元率(マクドナルド利用時) 2.00%
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
発行スピード 最短即日
付帯保険
  • 海外旅行
  • ショッピング
追加カード
  • ETCカード
  • 家族カード
申し込み年齢 高校生を除く、満18歳以上

※出典:公式サイト

ドライブスルーOK!マクドナルドでのクレジットカードの使い方

マクドナルドでのクレジットカードは、レジをはじめ、ドライブスルーやデリバリーでも使用可能となっています。購入した状況によって支払い方法が異なるため、それぞれの支払い方法を比較して最善の方法で決済しましょう。

マクドナルドでのクレジットカードの使い方
  1. レジでの支払い方法
  2. ドライブスルーでの支払い方法
  3. デリバリーサービスでの支払い方法
  4. モバイルオーダーでの支払い方法

1.レジでの支払い方法

レジで精算するイメージ

レジで支払いをする場合は、クレジットカード・電子マネー・交通系電子マネー・タッチ決済に対応しています。以下、レジでの支払い方法一覧です。

支払い方法 種類
クレジットカード
  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
  • ダイナースクラブカード
  • アメリカン・エキスプレス
  • ディスカバー
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • nanaco
  • WAON
  • 楽天Edy
交通系電子マネー
  • PASMO
  • Suica
  • manaca
  • Kitaca
  • ICOCA
  • nimoca
  • SUGOCA
  • TOICA
  • はやかけん
タッチ決済
  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
  • アメリカン・エキスプレス

レジから購入する際は、豊富な支払い方法がありますが、楽天ペイやLINE Pay、PayPayなどの支払い方法には対応していません。

 上記以外には、マクドナルドが発行している商品券での購入も可能です。

キャッシュレス決済をする場合は、ポイント還元を受けられるクレジットカードがお得でしょう。

スマホアプリ決済は、レジでの支払いに対応していないため注意が必要です。

2.ドライブスルーでの支払い方法

ドライブスルーのイメージ

ドライブスルーはお店の中に入らずに、車からスムーズに購入できる便利なサービスです。

ドライブスルーで支払いをする場合は、レジでの支払いと同様のクレジットカード・電子マネー・交通系電子マネー・タッチ決済に対応しています。

支払い方法 種類
クレジットカード
  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
  • Diners Club
  • アメリカン・エキスプレス
  • ディスカバー
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • nanaco
  • WAON
  • 楽天Edy
交通系電子マネー
  • PASMO
  • Suica
  • manaca
  • Kitaca
  • ICOCA
  • nimoca
  • SUGOCA
  • TOICA
  • はやかけん
タッチ決済
  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
  • アメリカン・エキスプレス
ドライブスルーでも豊富な支払い方法があります。ドライブスルーのメリットはスムーズに商品を受け取れることなので、クレジットカードなどを活用すれば、よりスピーディに決済できるでしょう。

ドライブスルーの場合も、楽天ペイやLINE Pay、PayPayなどのQRコード・バーコード決済には対応していないため注意しましょう。

3.デリバリーサービスでの支払い方法

デリバリーでマクドナルドの商品を運んでいる男性

デリバリーサービスを活用すれば、自宅にいながらマクドナルドを食べられます。デリバリーサービスには、マックデリバリー・出前館・ウーバーイーツ・Woltなど、多くの方法があります。

デリバリーサービスごとに利用できる決済方法をまとめたので、ご参照ください。

デリバリーサービス 種類
マックデリバリー
  • クレジットカード
  • 現金
  • マックカード
  • ダイナースクラブカード
出前館
  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • PayPay
  • Apple Pay
  • Amazon Pay
  • 現金
  • 請求書払い
  • キャリア決済
  • ポイント払い
ウーバーイーツ
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • LINE Pay
  • PayPay
  • Apple Pay
  • 現金
Wolt
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • スマホ決済

デリバリーサービスごとに支払い方法が異なるため、利用する前に「自分が希望する支払い方法に対応しているのか」しっかり確認しましょう。

クレジットカードであれば、全てのデリバリーサービスでの利用が可能なのでおすすめです。

4.モバイルオーダーでの支払い方法

モバイルオーダーしているイメージ画像

モバイルオーダーは、マクドナルドが提供している公式アプリをインストールすることで利用できるサービスです。

 公式アプリから事前に商品を注文しておけるので、店舗でスムーズに受け取れます。

注文と支払いがスマホアプリで完結するため、店舗での待ち時間を軽減するできるでしょう。モバイルオーダーでは、クレジットカード・QRコード決済に対応しています。

支払い方法 種類
クレジットカード
  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
  • Diners Club
QRコード決済
  • LINE Pay
  • PayPay
モバイルオーダーでは、現金での支払いには対応していません。アプリ上での支払いになるので、注意しましょう。

クレジットカードを使用すれば、モバイルオーダーでの支払いでもポイントを貯めることが可能となっています。

マクドナルドでカード決済すると二重取りできるカードは?

マクドナルドでポイント二重取りできるカード

マクドナルドでの支払いの際に、クレジットカードを利用すればカード自体のポイントが貯まります。さらに、楽天カード・dカードを持っている場合は、どちらかを一緒に提示すればポイントの二重取りが可能となるため、非常にお得です。

ポイントの二重取りをするためには、必ず支払いの前にカードを提示し、そのカードで支払いましょう。

 楽天カード・dカードは、購入金額200円(税込)につき1ポイントが貯まります。

ただし、楽天カード・dカードとの併用はできません。1ポイント1円としてマクドナルドの会計にも使えます。よくマクドナルドを利用する人にとっては、お得なサービスといえるでしょう。

差額分でポイントを使う場合は、現金・マックカードの利用のみ可能となっているため注意が必要です。

まとめ

この記事では、マクドナルドでのクレジットカードの使い方・レジでの支払い方法や、おすすめのクレジットカードなどを紹介しました。

マクドナルドで利用するとポイント還元率が高くなるクレジットカードが存在します。マクドナルドによく行くなら、マクドナルドの利用で特典が受け取れるクレジットカードを選びましょう。

なお、決済するときに楽天カードやdカードを提示すれば、楽天ポイント・dカードポイントがたまり、さらに決済した価格分のポイントも加算されるので、二重取りが可能です。

マクドナルドの決済にはクレジットカードの利用が断然お得!本記事おすすめのカードはよりお得になるので、ぜひ検討してみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事