三井住友カード

三井住友カードは、「先進と安心を備えた充実の一枚」がキャッチフレーズのクレジットカードです。

初めてのクレカとしておすすめと言われているけど、実際どんなカードなんだろう……?

そんな方のために今回は以下の項目について解説します。

この記事でわかること
  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 審査について
  • キャンペーン情報
  • ナンバーレスとの違い
  • 解約方法

セキュリティを重視したい方におすすめのナンバーレスタイプとの比較も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

三井住友カードの基本情報!締め日・支払日はいつ?

三井住友カードの基本情報!締め日・支払日はいつ?

国際ブランドは、Visa・Mastercardを用意しており、日本はもちろん海外でも幅広く活用できます。買い物時の決済に使うと、Vポイントが獲得可能です。

申し込み条件 満18歳以上(高校生は除く)
年会費 1,375円(税込)
ポイント Vポイント
基本ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Visa・Mastercard
付帯保険 海外旅行傷害保険
締め日・引き落とし日
  • 毎月15日締め翌月10日払い
  • 毎月末日締め翌月26日払い
キャッシング 可能

出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/card/classic.jsp

申し込み対象者

申し込み対象は、高校生を除く満18歳以上の方です。

未成年の場合は親権者の同意が必要となります。

ポイント還元率

ポイント還元率は、基本0.5%です。

200円(税込)につき1ポイントが貯まりますので、日々の支払いに活用していきましょう。

締め日・支払い日

三井住友カードの締め日・支払い日は次のとおりです。

締め日 支払い日
毎月15日 翌月10日(土日祝日の場合は翌営業日)
毎月末日 翌月26日(土日祝日の場合は翌営業日)

上記の通り、締め日は2パターンあり支払い日も異なるので、自分にとって都合の良い方を選択しましょう。

給料日に合わせて選ぶと支払い負担を抑えられそうですね。

三井住友カードの年会費はいくら?割引特典とは?

三井住友カードの年会費割引特典

三井住友カードの年会費は、通常1,375円(税込)となります。インターネットから入会をすると初年度の年会費が無料となるため、オンラインでの申し込みがおすすめです。

また、次の年会費割引特典が用意されています。

年会費割引特典
  • WEB明細の利用で550円(税込)割引
  • マイ・ペイすリボの申し込み&利用で翌年度無料または半額

WEB明細利用割引

三井住友カードの年会費割引特典

WEB明細を利用することで、翌年度の年会費が550円(税込)割引となります。

 過去1年間に6回以上請求のある方が対象です。

WEB明細とは、紙の利用明細書に代えてEメールで送られてくるサービスになり、次のようなメリットがあります。

WEB明細のメリット
  • 年会費割引が受けられる
  • 郵送より早く明細を確認できる
  • 最大15ヶ月分の明細を確認でき印刷も可能
  • 個人情報を捨てる必要がなく安心

なお、WEB明細の利用方法は次のとおりです。

利用方法
  1. Vpassに登録
  2. WEB明細利用規約を確認して問題なければ同意
  3. メールアドレスとハンドルネームを入力
  4. 申し込み完了

マイ・ペイすリボの申し込み&利用割引

三井住友カードの年会費割引特典

 マイ・ペイすリボとは、ショッピング1回払い利用分が自動的にリボ払いになるサービスです。

マイ・ペイすリボの申し込みをして、年に1回以上利用(リボ払い手数料の支払)をすることで年会費が半額または無料になります。

半額または無料の利用条件は次のとおりです。

前年度支払い累計金額 割引
100万円以上300万円未満 次回年会費が半額
300万円以上 次回年会費が無料

年会費は所持するうえでランニングコストとなるため、お得に使い続けるための方法として知っておくと良いですね。

三井住友カードの還元率・ポイントの貯め方

三井住友カードの還元率・ポイントの貯め方

上述した通り、三井住友カードの基本還元率は0.5%です。ここでは、還元率をアップさせる方法について順番に解説していきましょう。

還元率アップの方法
  1. コンビニ3社とマクドナルドで決済に使う
  2. 特定加盟店を3店選んで登録する
  3. 友だち・家族を紹介してポイントをもらう
  4. ポイントUPモールで買い物をする
  5. ココイコ!を活用する

①コンビニ3社とマクドナルドで決済に使う

三井住友カードの還元率・ポイントの貯め方

下記の対象店舗で決済に利用すると、いつでも基本還元率の2倍となるポイントを獲得できます。

対象店舗
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

全国展開している身近な店舗での利用で効率良くポイントを貯められます。積極的に活用していきましょう。

 ただし、百貨店や駅ビル、あるいはショッピングセンターなどの施設内にある店舗では、ポイント加算の対象外となる場合があります。

なお、対象店舗ではカード決済だけでなく次の支払い方法も対象です。

支払い方法
  • Visaタッチ決済
  • Mastercardコンタクトレス
  • iD
  • Apple Pay
  • Google Pay

②特定加盟店を3店選んで登録する

三井住友カードの還元率・ポイントの貯め方

対象加盟店を3つ選び登録し、支払いに三井住友カードを使うといつでもプラス0.5%還元が受けられます。

主な対象加盟店には、次のような店舗があります。

主な対象店舗
  • ライフ
  • すき家
  • デイリーヤマザキ
  • ドトールコーヒー
  • マツモトキヨシ
  • イズミヤ
  • 平和堂
  • ココカラファイン
  • スターバックスカードオンラインチャージ
  • モスバーガー

上記はあくまでも一例です。

約60もの対象店舗があるため公式ホームページをご確認ください。
 商業施設やガソリンスタンドに併設されている店舗は、加算対象とならない場合があります。

③友だち・家族を紹介してポイントをもらう

三井住友カードの還元率・ポイントの貯め方

入会をしてから友達や家族などに三井住友カードを紹介し、紹介された方が新規入会すると最大10,000ポイント何度でもプレゼントされます。

 紹介した方だけでなく、された方にも一律2,000ポイントがプレゼントされるため、双方がお得になる嬉しい制度です。

紹介制度に登録をすると紹介用URLが発行されるため、そちらから入会手続きを進めてください。

ただし、次に該当する場合は紹介制度の対象外となるため注意が必要です。

対象外となるケース
  • 紹介された方がすでに三井住友カード会員である場合
  • 同じ方を紹介された場合
  • 特典付与時点で、紹介する方が紹介制度登録カードを解約または会員資格が停止している場合

上に挙げた事項に注意しつつ、ぜひお得にポイントを獲得してください。

④ポイントUPモールで買い物をする

三井住友カードの還元率・ポイントの貯め方

ポイントUPモールで買い物をすると、プラス0.5%から9.5%の還元が受けられるため大変お得になります。

お得に使えるクーポンやSALE情報なども配信されているため要チェックです。

ポイントUPモールには、主に次のショップが入っています。

ポイントUPモールの主なショップ
  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!Japanショッピング
  • ふるさと納税
  • DHC
  • ビックカメラ.com
  • Apple公式サイト
  • Joshin Webショップ
  • GAP
  • AOKI公式オンラインショップ

上に挙げたもののほかにもさまざまなショップが加盟しているため、ぜひサイトにアクセスして検索してみてください。

⑤ココイコ!を活用する

三井住友カードの還元率・ポイントの貯め方

ココイコ!とは事前にエントリーをすると、街で買い物をした際にポイント増量やキャッシュバックが受けられるサービスです。主なショップとして次のものがあります。

ココイコ!の主なショップ
  • ヤマダデンキ
  • タカシマヤ
  • 大丸・松坂屋
  • ビックカメラ・ソフマップ
  • Joshin
  • びっくりドンキー
  • 紀伊国屋書店
  • 洋服の青山

各ショップでポイント還元率は異なるため、サイトへアクセスしてリサーチしておきましょう。

三井住友カードの審査基準

三井住友カードの審査

三井住友カードを発行するにあたり、必ず審査が実施されます。

 気になる基準については、残念ながら公表されていないため分かりません。

しかし、申し込み条件から推測するに決してそこまで厳しいものではないと予想できます。改めて、三井住友カードの申し込み対象となる人の条件は次のとおりです。

申し込み条件
  • 満18歳以上の方(高校生は除く)
  • 未成年の場合は親権者の同意が必要

上記の通り、特に収入に関しての記載がないため、幅広い方を対象にしていることが分かります。

条件を満たしていれば、審査に通る可能性はありますね。

三井住友カードナンバーレス(NL)との違い

三井住友カードナンバーレスとの違い

三井住友カードでは、券面に番号が記されていない「ナンバーレス」のカードが提供されています。

三井住友ナンバーレスとは

ナンバーレスカードの主な特徴は次のとおりです。

ナンバーレスの特徴
  • カード番号がないため盗み見を防止できる
  • カード情報はアプリに集約
  • 年会費が永年無料
  • 最短5分で即時発行が可能
  • タッチ決済でプラス2.5%還元が受けられる

タッチ決済については、還元率がアップする大手コンビニ3社(セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン)とマクドナルドにて使用するとプラス2.5%還元が受けられます。

つまり、基本還元率0.5%に対象店舗での利用2%がプラス、さらに2.5%が加算され最大5%還元となるのです。

基本還元率 0.5%
対象店舗での利用 +2.0%
タッチ決済 +2.5%
合計 最大5%

Visaタッチ決済、もしくはMastercardコンタクトレスを使い支払いましょう。

違い①年会費

ナンバーレスカードの年会費は永年無料です。家族カードも永年無料であり、人数制限もありません。

ナンバーレスカードと三井住友カードの年会費比較は次のとおりです。

ナンバーレス 三井住友カード(一般)
初年度年会費 無料 無料
※インターネット申込の場合
通常年会費 無料 1,375円(税込)
※年会費割引制度あり
家族カード年会費 無料 440円(税込)
※1人目は初年度無料

無条件で年会費無料のナンバーレスカードがお得です!

 

 

違い②ショッピング補償

三井住友カードナンバーレスとの違い

三井住友カードには、年間100万円までのお買い物安心保険が付帯しています。ただし補償の対象となる利用が限定されていて、次に該当する利用のみが補償の対象となります。

お買い物安心保険の対象
  • 海外での利用
  • 国内でのリボ払い・3回以上の分割払い

一方で、ナンバーレスカードにはショッピング補償は付帯しません。しかし、三井住友カードとナンバーレスカードは2枚持ちが可能です。2枚持ちをすることで、両方のカードの特典を受けられます。

2枚持ちなら、大手コンビニでの最大5%還元を受けつつ、ショッピング補償も付帯しますよ。

違い③カード情報の確認方法

三井住友カードナンバーレスとの違い

ナンバーレスカードは、カード番号だけでなく有効期限セキュリティコードも券面に記載がありません。ナンバーレスカードの券面に記載される情報は次のとおりです。

ナンバーレスカードの券面
  • 表面:記載なし
  • 裏面:カード名義人、発効日、サイン欄、QRコードのみ

ナンバーレスカードの場合、カード情報は専用アプリ”Vpass”にて確認します。そのため、ネットショッピングで利用する場合はVpassアプリのダウンロードが必須です。

三井住友カードのキャンペーン

三井住友カードでは、次のキャンペーンを開催しています。

開催中のキャンペーン
  • 新規入会&利用で最大5,000円相当のVポイントプレゼント

新規入会&利用で最大5,000円相当のVポイントプレゼント

三井住友カードのキャンペーン

カード入会月プラス2ヶ月後末までを対象期間として、利用金額を毎月集計し、20%を乗じた金額相当のVポイントが利用月の翌月末頃にプレゼントされます。

なお、キャンペーン対象期間は次のとおりです。

申し込み期間 2021年2月1日(月)9:00~
発行期間 カード申し込み月+2ヶ月後末まで

iDやETC利用、家族カード利用なども対象です。

ただし、リボ払いやローンの返済金などは対象とならないため、詳細を公式ホームページにて確認しておきましょう。

三井住友カードの解約方法

三井住友カードの解約方法

三井住友カードを解約する際は、WEBから手続きをしてください。

 一度解約手続きをすると、取り消しはできません。

なお、解約前は次の注意事項にも目を通し、確認しておきましょう。

解約手続き前の主な注意事項
  • 公共料金などの自動引き落とし設定の変更をする
  • 本会員カードを解約すると家族カードも解約となるため所持者への確認
  • iD・WAONなど電子マネーも同時に解約となる
  • Apple Pay・Google Payに登録している場合はカード情報を削除する
  • ETCカード利用がある場合は同時に解約となる
  • 交通系ICのPiTaPaもあわせて解約となる(Suica・nimoca・PASMOは大会後も有効期限までは現金チャージで利用可能)
  • 各種保険サービスが利用できなくなる
  • 三井住友カード発行のVポイント対象カードを持っていなければ、解約するカードのポイントは利用できなくなる

また、解約手続きの際はカード番号有効期限セキュリティコードも必要となります。

スムーズに手続きをすすめるためにも、事前に準備しておきましょう。

よくある質問

三井住友カードとは?
三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードです。Visa・Mastercardの国際ブランドがあり、日本はもちろん世界各国で使えるサービスを提供しています。
三井住友カードの年会費は?
1,375円(税込)です。ただし、インターネットから入会すると、初年度無料になります。また、WEB明細やマイ・ペイすリボの利用で割引されるなど特典もあるためチェックしておいてください。
三井住友カードの締め日・支払い日は?

毎月15日締めの場合は翌月10日払い、毎月末日締めの場合は翌月26日払いです。2パターンから選択できるため、自分の給料日に合わせるなどライフスタイルに寄り添った使い方ができます。

三井住友カードのお得なポイントの貯め方は?
日々の支払いに使うことはもちろん、大手コンビニチェーン(セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン)やマクドナルドで決済するとプラス2%の還元が受けられます。ネットショッピングの場合は、ポイントUPモールを経由することで還元率がアップするためぜひご活用ください。
三井住友カードの審査は厳しい?
基準が公表されていないためわかりませんが、18歳以上から申し込みが可能・年収について特に記載なしという点から、決してそこまで厳しいものではないと推測できます。ただし、あくまで一つの目安として考えてください。
三井住友カードのナンバーレスとは?
券面にカード番号が記載されていないため、盗み見を防止できます。カード情報はアプリに集約されるため、安心・安全なクレジットカードといえるでしょう。
三井住友カードのキャンペーンは開催されている?
新規入会や特定のサービス利用で、Vポイントがプレゼントされるキャンペーンを開催しています。詳細については、公式ホームページにアクセスしてご確認ください。

まとめ

この記事では、三井住友カードについて年会費やキャンペーン情報、締め日、カードローンなどを幅広く解説しました。

基本還元率は0.5%ですが、大手コンビニなどプラス還元を受けられる対象店舗もあるため、日々の支払いに使えばより効率的にポイントが貯まるでしょう。

また、セキュリティ面を考慮したナンバーレスカードも提供されているため、カードの不正利用や盗難のリスクを押さえたい方はぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事