モナコイン(MONA)の今後を予想!将来性や価格・展望を徹底解説

暗号資産(仮想通貨)の種類は年々増え続け、現時点では世界で1,900種類も流通しているといわれています。中でも日本発祥のモナコインは、モチーフのかわいさと特徴的な利用方法で注目を浴びています。

取扱取引所も増えて、現在では6取引所でモナコインの売買が可能です。(2022年5月時点)

そこで今回は、モナコインの特徴や将来性モナコインを購入できるおすすめの取引所についてご紹介していきます。

この記事でわかること
  • モナコインの特徴
  • モナコインの将来性や今後
  • モナコインの現在価格やチャート
  • モナコインの取扱取引所

モナコインの今後に影響を与える要因についても解説しているため、モナコインに興味のある人は、ぜひ参考にしてください。

モナコインの購入にはコインチェックがおすすめ!
コインチェック
  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数第1位を獲得している取引所!
  • 取引所の取引手数料が無料!
  • モナコインをはじめ、取扱仮想通貨が豊富!
  • マネックスグループ傘下なので、セキュリティも強固で安心!

※出典:公式サイトの文言より。2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)

コインチェックの基本情報
取扱仮想通貨数(暗号資産) 17種類
レバレッジ なし
販売所手数料 無料(スプレッドはあり)
取引所手数料 無料
入金手数料(税込) 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金770円~
出金手数料(税込) 407円

仮想通貨(暗号資産)のモナコイン(MONA)とは?

モナコイン

モナコインとは、Mr.Watanabeと名乗るエンジニアによって開発された、日本生まれの仮想通貨です。通貨の単位を開発者であるWatanabeで表すこともあり、独特な文化を持つ仮想通貨として知られています。

電子掲示板サイトの「2ちゃんねる」発祥のため、2ちゃんねるのキャラクターである「モナ―」が名前の由来となっています。

モナコインの特徴
  • 日本生まれの仮想通貨
  • 完全分散型の決済システム
  • コアな支持者が多い

モナコインは管理、運営を集約した中央集権型ではなく、各ユーザーによって維持される完全分散型の決済システムです。

ユーザーによってサービスが展開されており、モナコインユーザーが企画するイベントで決済手段として利用されることもあります。

 仮想通貨の中でもモナコインは投資目的だけでなく、サービス開発や投げ銭、神社建立など独特な使われ方が定着しているのが特徴です。

日本発祥のためコイン保有者も日本人が多く、特に秋葉原を中心に普及しています。

秋葉原ではコミケやパソコンショップ、飲食店の支払い通貨として利用されるケースもありますよ。

モナコインは、元々インターネット上でのコミュニケーションの手段として広く活用されていました。最近では、コミュニティの盛り上がりやコアな支持者の普及活動の継続によって、実店舗での決済手段としても利用されています。

 モナコインは取引スピードの速さと発行上限枚数の多さによって、流動性の高い取引が可能です。

また、ホワイトリスト入りしている数少ない仮想通貨のひとつとしても知られています。金融庁による監視をクリアした仮想通貨は、リスク管理がしやすく扱いやすいため、安心して取引ができるでしょう。

通貨名 モナコイン
通貨単位 0.00000001モナ
時価総額 約55億円(2022年5月19日時点)
時価総額ランキング 426位(2022年5月19日時点)
発行上限枚数 1億512万モナ
現在の値段※2022年5月24日時点 84.60 JPY
国内取引所
  • Coin check
  • DMM Bitcoin
  • bitbank
  • bitFlyer
  • Zaif
  • GMOコイン

出典:モナコイン

モナコイン(MONA)の今後や将来性を予想

考える人

コアなファンに支えられ、安定した人気があるモナコインですが、今後や将来の動きはどのように予想されているのでしょうか?

ここでは、モナコインの将来性などについてご紹介します。

決済手段としての可能性を秘めている

モナコインは「Segwit」を実装しているため、仮想通貨を利用した決済における「スケーラビリティ問題」をクリアしているのも特徴です。

一般的な仮想通貨の多くはビットコインをベースに設計されているため、決済利用増加にともなう処理速度の低下という問題を抱えています。

 モナコインはSegwit実装によって処理速度が上昇し、データ容量不足による決済トラブルが解決されています。

さらに、モナコインは総発行枚数が多く、スムーズな取引が可能です。

頻繁な決済が可能なことや多くの決済の集中時にもトラブルが起きないことから、利用しやすい仮想通貨として人気が高まる可能性があります。

決済手段としての利用価値が高まればモナコインの価格上昇にも期待が持てますね。

ビットコインの値動きに連動

チャート

海外の仮想通貨取引所では、ビットコイン建てでアルトコイン取引がされています。

つまり、アルトコイン売買のためにビットコインを利用する仕組みとなっているため、必然的にビットコインの価格変動にアルトコインが連動します。

モナコインも例外ではなく、ビットコインに買いが集中するタイミングでモナコインも買われるケースが多いため、ビットコインの動きを見極めた取引も多くおこなわれています。

 海外の仮想通貨取引所でのビットコイン建てがある限り、この先もビットコインの動きにモナコインは連動するでしょう。

モナコインを投資目的で活用する場合は、ビットコインの動きに注目する必要があります。

モナコインを購入するならコインチェックがおすすめ!
コインチェック
  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数第1位を獲得している取引所!
  • 取引所の取引手数料が無料!
  • スマホから最短1日で取引できる!
  • マネックスグループ傘下なので、セキュリティも強固で安心!

※出典:公式サイトの文言より。2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)

コインチェックの基本情報
取扱仮想通貨数(暗号資産) 17種類
レバレッジ なし
販売所手数料 無料(スプレッドはあり)
取引所手数料 無料
入金手数料(税込) 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金770円~
出金手数料(税込) 407円

他のアルトコインとは違う使用用途が広がる

モナコインは仮想通貨の中では投資色が薄く、ほかのコインとは違う使われ方でユーザーを増やしています。

元々SNS上でお気に入りのクリエイターや投稿に対して「投げ銭」をするために利用するユーザーが多く、現在でも多くの人がモナコインの「語呂合わせ投げ銭」などでクリエイターサポートを行っています。

4,649モナを「よろしく」、114モナを「いいよ」と語呂合わせして投げ銭をすることから「語呂合わせ投げ銭」と呼ばれるようです。

ほかの仮想通貨とは違い、根強いファンが常に一定量の取引をすることが想定されるため、価格の安定が見込めます。

また、モナコインの管理者はユーザー一人ひとりで、各ユーザーのアイデアによって大きく価値が変動する可能性を秘めています。

実際に、モナコインユーザーが多く集まる秋葉原では実店舗での決済手段として利用されていて、モナコインが利用できるお店を「MONAMAP(モナマップ)」という地図にまとめて一般ユーザーが紹介をしています。

 クリエイターサポートの「投げ銭」や、ユーザー発信のイベントでの利用など、完全分散型の仮想通貨ならではの可能性を秘めたコインといえるでしょう。

【2022年最新】モナコイン(MONA)のニュースを紹介

ADAのニュース

2022年に発表されているモナコインのニュースを紹介しましょう。

2022年のモナコインの最新ニュース
  • Coincheckが高機能トレードシステムでモナコインの取り扱いを開始
  • もなちぇんを利用して取引できる金額が500円にアップ

Coincheckが高機能トレードシステムでモナコインの取り扱いを開始

Coincheckは高機能トレードシステムとしてトレードビューというシステムを採用しています。FXに近いようなサービスとなっており、様々な情報を確認できるようにしている点は非常に魅力的です。

取引システムで対象となっている仮想通貨は限定されていましたが、モナコインに対応するようになりました。

 モナコインへ対応したことにより、これまで一般的な方法でしか購入できなかったモナコインがより簡単に購入できるようになります。

高機能トレードシステムによって生み出される情報は非常にいいものばかりですし、安定して取引できる状況も生み出します。

また、トレードシステムの情報によって、モナコインを購入してもいいのか判断しやすくなっていますので、安心してトレードできるという観点でも有効です。

もなちぇんを利用して取引できる金額が500円にアップ

暗号資産の取引

もなちぇんと呼ばれるサービスを利用して、JPYCとモナコインを取引できるようにしています。

サービスとしては非常に優秀ではありましたが、サービスを利用して購入できる金額が制限されており使いづらい状況もありました。その状況を改善するため、500円の購入に対応しました。

 対応したことによりもなちぇんを利用して購入しやすい状況が生み出されているのは事実です。モナコインを購入する際の参考にしてみましょう。

JPYCをモナコインに交換していくサービスは貴重な存在となりますし、仮想通貨取引所以外のサービスを利用して手に入れる方法として今までにない手法となっています。

今後利用する可能性があれば、もなちぇんを利用していく方法についても検討していいでしょう。

モナコイン(MONA)のチャートと現在価格


モナコインは2021年11月末の200円台から下降傾向にあります。

 下降トレンドは年明けも止まらず、2022年初頭の130円台から現在まで徐々に値下げを続けています。

中でも4月、5月は仮想通貨全般の価格が下落したことはご存じの方も多いでしょう。

2022年2月のロシアのウクライナ侵攻開始によりビットコインが乱高下し、モナコインをはじめ、ほかの仮想通貨も影響を受けていましたが、現在は仮想通貨市場が全体的に低迷しています。

2022年の仮想通貨市場は、明るいニュースが少なく弱気相場であり、モナコインも例外ではありません。

しかし、投資の側面からみると、安値の内に購入して高く売るチャンスでもあります。情勢を見ながら購入を検討するのがおすすめです。

モナコイン(MONA)の今後に影響を与える2つの要因

ビットコイン

取引所への新規上場

取引所への新規上場は、取扱販売所が増えることを意味します。

そのため、モナコインが仮想通貨取引所に新たに上場すれば新規の顧客、利用シーンが増加して価格が高騰しやすいでしょう。

  モナコインは日本生まれの仮想通貨であり、サービス内容も日本の一部地域に由来するものが多いため、現時点では海外の取引所ではほとんど取扱いがありません。

日本での新規上場でも値動きがありますが、海外の大手取引所などでモナコインが上場することが決まれば、価値が見直され価格の大幅上昇が見込めます。

モナコインは、現在「Coincheck」などの信頼度の高い取引所で上場しているため、海外での上場も夢ではありません。

半減期

暗号資産

半減期とは「マイニング報酬」が半分になる時期のことです。半減期にはモナコインの発行量を制限するため、仮想通貨取引市場に出回る通貨数が減少し、希少価値がアップします。

モナコインは、定期的に半減期を設けてコインの市場流通をある程度制限しており、行き過ぎたインフレが予防できます。

半減期は前後のコインの値動きが予測しやすいのが特徴です。

モナコインの半減期は2017年7月と2020年8月に行われました。どちらも半減期後には価格が上昇しています。過去の実績から、3回目の半減期にもモナコインの価格上昇が予想されるため、次回の半減期がいつなのか注目を集めています。

モナコインを購入するならコインチェックがおすすめ!
コインチェック
  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数第1位を獲得している取引所!
  • 取引所の取引手数料が無料!
  • スマホから最短1日で取引できる!
  • マネックスグループ傘下なので、セキュリティも強固で安心!

※出典:公式サイトの文言より。2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)

コインチェックの基本情報
取扱仮想通貨数(暗号資産) 17種類
レバレッジ なし
販売所手数料 無料(スプレッドはあり)
取引所手数料 無料
入金手数料(税込) 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金770円~
出金手数料(税込) 407円

モナコイン(MONA)の買い方を解説

仮想通貨と手

モナコインの買い方としては、以下のタイミングを検討してください。

モナコインの買い方
  • モナコインのレートが暴落している時
  • モナコインのニュースが発表されている時
  • ビットコインなどのレートが上昇している時

基本的にはモナコインのレートが落ちているタイミングを有効に狙っていくといいでしょう。

明らかに落ちていると思われているタイミングがあれば、そのタイミングを狙って購入して安く手に入れるのが一番です。他にもニュース等によって上昇が期待できる場面を狙ってもいいでしょう。

情報源を参考にしつつ、現在のレートを見て判断するといいでしょう。

ここからは、モナコインの買い方を詳しく説明します。

モナコインのレートが暴落している時

モナコインのレートが暴落しているタイミングでは、将来的な上昇に期待して購入したいと考えるユーザーがそれなりに出てきます。

モナコインのレートの上昇に期待して、落ちているタイミングで購入するのが一番いい方法です。レートが暴落しているタイミングは有効に使いましょう。

 暴落しているタイミングは一番安く購入できることを示しています。モナコインを少しでも安く購入したいと思っている時は落ちているタイミングを狙いましょう。

暴落しているタイミングは、購入する際に多少リスクを考えなければならないポイントです。

暴落し続ける可能性も十分にあるため、レートが安定しない問題があるためです。

レートの安定性を重視するのであれば、少し落ち着きを取り戻してから狙っていくのもいいでしょう。

モナコインのニュースが発表されている時

チャートとPC

モナコインには色々なニュースが発表されています。様々なニュースが発表されているタイミングを狙えば、モナコインのレートが上昇して利益を出せる可能性があります。

ニュースが発表されているタイミングを有効に利用して、よりレートが上昇しやすいタイミングで購入しましょう。

 ニュースが発表されていると言っても、悪いニュースが発表されているタイミングを狙ってしまうとレートが暴落してしまいます。

ニュースによってモナコインを購入したいと考えるユーザーが増えてくれれば、一気に利益を得られるようになります。

同じ考えを持っている人が集まってくれると、モナコインのレートが上昇するようになります。

購入してくれる人が多くなるタイミングをじっくり狙いましょう。

ビットコインなどのレートが上昇している時

モナコイン以外の情報を見て判断していく方法もあります。ビットコインなどのレートが上昇しているタイミングで購入しておけば、連れて上昇してくれる可能性があります。

少しでもレートの上昇に期待したいと思っているなら、ビットコインなどのレートをチェックしておくのが一番です。

 特にビットコインとイーサリアムのレートに気をつけましょう。2つのレートが上昇している時は狙いやすくなります。

モナコインのレートが上昇する背景には、他の仮想通貨が上昇しているタイミングもあります。

他の仮想通貨で代表的とされているのがビットコインとイーサリアムになります。

2つの銘柄を有効に利用していくためにも、現時点でのレートをしっかり見ておくのです。

モナコインと合わせてチェックしたいおすすめ銘柄

仮想通貨

モナコインと合わせてチェックしたい銘柄として、以下の3つを見ておきましょう。

モナコインと合わせてチェックしたい銘柄
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • バイナンスコイン

モナコインのレートを考慮すると、将来的にレートが上昇するか判断するための材料として主要な銘柄はチェックしておいたほうがいいでしょう。

また、近年順調に上昇している銘柄は、モナコインと一緒に保有して利益を出せる可能性があるなど、期待値が高くなっています。

ここからは、モナコインと合わせてチェックしたい銘柄を詳しく説明します。

ビットコイン

ビットコインはすべての仮想通貨に影響を与えている銘柄で、モナコインに対しても影響が非常に強く出てきます。

チェックしないで放置していると、モナコインのレートに多大な影響が及んでしまう可能性もあります。出来る限りチェックした方がいい銘柄となります。

 ビットコインが変動しているタイミングは非常に重要となり、変動に合わせて他の仮想通貨も同時に変動する傾向があります。

すべての仮想通貨に影響を与え、更にレートにも影響を及ぼしていくビットコインは、レートのチェックを的確に行ってください。

レートが下がり始めるとモナコインもレートが落ちていく可能性が高まり、損失を出す恐れもあるのでチェックを欠かさず行っていくのです。

ビットコインを購入するならコインチェックがおすすめ!
コインチェック
  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数第1位を獲得している取引所!
  • 500円からビットコインが買える!
  • 取引所の取引手数料が無料!
  • マネックスグループ傘下なので、セキュリティも強固で安心!

※出典:公式サイトの文言より。2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)

コインチェックの基本情報
取扱仮想通貨数(暗号資産) 17種類
レバレッジ なし
販売所手数料 無料(スプレッドはあり)
取引所手数料 無料
入金手数料(税込) 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金770円~
出金手数料(税込) 407円

イーサリアム

仮想通貨

ビットコインほど影響は多くありませんが、仮想通貨第2位とされている影響力を持っているのがイーサリアムです。

現時点でもそれなりに高いレートを持っている仮想通貨であり、他の銘柄に与える影響もそれなりに多くなっているのが特徴です。

 イーサリアムはニュースが飛び交っていることもあり、レートの変動が急激に起こりやすくなっています。できる限りニュースと合わせてチェックしてください。

レートの変動に影響する可能性もあるため、少しでもイーサリアムの情報はチェックしておき、悪い情報が出ている時はモナコインに影響が及んでいないかチェックする癖をつけるといいでしょう。

しっかり確認できていれば、モナコインの価値を確保できる可能性もあります。
イーサリアムを購入するならコインチェックがおすすめ!
コインチェック
  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数第1位を獲得している取引所!
  • イーサリアムをはじめ、取扱通貨が豊富!
  • 取引所の取引手数料が無料!
  • マネックスグループ傘下なので、セキュリティも強固で安心!

※出典:公式サイトの文言より。2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)

コインチェックの基本情報
取扱仮想通貨数(暗号資産) 17種類
レバレッジ なし
販売所手数料 無料(スプレッドはあり)
取引所手数料 無料
入金手数料(税込) 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金770円~
出金手数料(税込) 407円

バイナンスコイン

近年伸びている仮想通貨の1つとなっています。仮想通貨取引所の1つであるバイナンスが発行しているコインであり、バイナンス上で利用できるものとして提供されています。

 仮想通貨の運用として利用できるメリットもありますが、実用性という観点でもそれなりに優れた銘柄です。

知名度はそれなりに高くなってきていますが、バイナンス以外で利用できる方法が用意されていないこともあり、現時点では伸びはまだまだ不足している状態です。

モナコインと合わせて保有しておけば、2つの動き方をしっかり見て利益を出せるようになる可能性を秘めています。

モナコイン(MONA)を購入できるおすすめの取引所6選

Coin check

コインチェック

おすすめポイント
  • ダウンロード数No.1※1
  • 取扱通貨数国内最大級※2
  • 取引所の取引手数料無料

コインチェックは、関東財務局登録済みの国内大手仮想通貨取引所です。強固なセキュリティーで知られており、初めて利用する人も安心して仮想通貨取引ができます。

取引できる仮想通貨の種類が多いのが特徴で、モナコインを含めて17種類の通貨取引が可能です。

 まだ知名度の低い仮想通貨にスポットを当てて取引をしたい、ベテラントレーダーにも向いています。

シンプルで使いやすいサイトは、板取引に慣れていない初心者もわかりやすく、難しいチャートをチェックすることなく取引が可能です。

運用方法もさまざまで、積立てやレンディング、ステーキングなど幅広く対応しています。

また、コインチェックは口座開設のステップが簡単で、入金の反映も速く使いやすい取引所として知られています。

コンビニ入金などは手数料が発生しますが、銀行振込なら振込手数料が無料です!

取扱仮想通貨(暗号資産) 17通貨
レバレッジ なし
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料
  • コンビニ入金
    ・3万円未満:770円
    ・3万円以上30万円以下:1,018円
  • クイック入金
    ・3万円未満770円(3万円以上は金額による)
出金手数料 407円

出典:コインチェック
※1:公式サイトの文言による(2020年1月-12月/データ協力:App Annie)
※2:公式サイトの文言による(自社調べ)

DMM Bitcoin

DMMビットコイン

おすすめポイント
  • レバレッジ取引の取扱暗号資産種類国内No.1(2022年3月時点)
  • 取引スタイルに合わせて選べるシステムアプリ
  • 各種手数料が無料

DMM Bitcoinは、FXや金融サービス事業も手掛ける大手企業、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。

さまざまな事業で培った技術を活かして設計されたアプリやツールは、利便性が高く、初心者から上級者まで幅広い顧客を獲得しています。

 スマートフォン版アプリはシンプルで初心者にも使いやすく、PC版取引システムはカスタマイズ性が高く上級者向けの本格的な取引が可能です。

セキュリティー対策も万全で、顧客資産の95%以上をコールドウォレットに保管しています。コールドウォレットは、毎営業日ごとにチェックする耐性で運用されています。

顧客サポートにも力を注いでおり、土日を含む365日24時間対応で問い合わせフォームやLINEで対応が可能です。

LINEで気軽に問い合わせられるので、初心者も気軽に仮想通貨取引ができますね。

取扱仮想通貨(暗号資産)
22種類
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
  • トロン(TRX)
  • カルダノ(ADA)
  • ポルカドット(DOT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ジパングコイン(ZPG)
  • チリーズ(CHZ)
  • アバランチ(AVAX)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料(一部例外あり)
入金手数料 無料(銀行手数料は顧客負担)
出金手数料 無料

出典:DMM Bitcoin
※公式サイトの文言による(2022年3月現在、国内暗号資産交換業者WEBサイト調べ)

bitFlyer

ビットフライヤー

おすすめポイント
  • 業界最長7年以上ハッキング0件の高いセキュリティー
  • Tポイントとの連携でTポイントをビットコインに交換可能
  • 各種手数料無料

bitFlyerは、取引量、資本金ともに国内トップレベルの大手仮想通貨取引所です。ユーザー数も多く、好きなときに売買を成立させられるのも魅力です。

 取引量が多いため、ビットコインに比べて知名度の劣るモナコインでも売買が成立しやすいでしょう。

セキュリティーの高さにも定評があり、2014年の創業から7年以上ハッキング被害の報告がありません

多くの仮想通貨取引所がハッキング被害を経験してセキュリティーを強化させているのに対し、bitFlyerは一度もハッキング被害を受けずに顧客の資産を守っています。

また、bitFlyerは100円から仮想通貨購入ができるため、気軽に仮想通貨取引をスタートできます。

Tポイントをビットコインに交換ができるため、Tポイントでモナコインを入手することも可能です!

取扱仮想通貨(暗号資産) 15通貨
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料(スプレッドは顧客負担)
取引所手数料 約定数量×0.01~0.15 %(単位:BTC)
入金手数料
  • 各銀行所定額
  • クイック入金1件につき330円(税込)※住信SBIネット銀行の場合は無料
出金手数料
  • 三井住友銀行の場合220円~440円(税込)
  • 三井住友銀行以外の場合550円~770円(税込)

出典:bitFlyer

Zaif(ザイフ)

Zaif

おすすめポイント
  • 自動売買可能
  • レバレッジをかけて暗号資産取引を行える
  • ユーザー間で取引ができる

Zaif(ザイフ)は、事前に設定した値に基づき、基準価格より下落したら購入、購入後上昇したら売却を自動で行ってくれる取引所です。

 月々一定額を自動で引き落としして、暗号資産を自動で購入もしてくれるため、コイン積立も行ってくれます。暗号資産について知識がない初心者でも始めやすい特徴があります。

通知機能を設定すると、設定した価格になったり、売買が成立したときにお知らせが届きます。自動取引はしたくないけどしっかり利益を出したいという方にも安心して取引ができる機能が充実しています。

レバレッジをかけて暗号資産取引も可能なので、暗号資産取引で稼ぎたいという方にもおすすめです。

珍しい通過も取り扱っており、フィスココイン(FSCO)で取引ができるのはZaifのみです。
取扱通貨 15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • ポルカドット(DOT)
  • イーサリアム(ETH)
  • シンボル(XYM)
  • ネム(XEM)
  • フィスココイン(FSCC)
  • カイカコイン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • コスプレトークン(COT)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ザイフ(ZAIF)
  • コムサ・ネム(CMS(X))
  • コムサ・イーサリアム(CMS(E))
  • カウンターパーティー(XCP)
レバレッジ 最大2倍
取引所手数料 ・1万円未満:100円

・1万円〜10万円未満:3%

・10万円〜50万円未満:5%

・50万円〜100万円未満:7%

・100万円〜:10%

入出金手数料 ・銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
・コンビニ:495円(3万円未満)/605円(3万円以上)
・ペイジー入金:495円(3万円未満)/605円(3万円以上)
出金手数料 銀行振込:385円(3万円未満)/770円(3万円以上)

出典:公式サイト

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント
  • 2022年オリコン顧客満足度第1位の実績※1
  • 幅広いサービスの提供
  • GMOインターネットで培ったサイバー攻撃対策で安心の取引環境

GMOコインは、GMOインターネット(東証プライム上場)グループが運営する取引所です。

ビットコインやモナコイン、イーサリアム、リップルなど21種類の仮想通貨を取り扱っており、現時点で取引できる仮想通貨の銘柄は国内最多※2となっています。(2022年5月時点)

 公式HPでは取扱仮想通貨について詳しく説明があり、モナコインも送付や決済に利用しやすいコインとして紹介されています。

GMOコインはセキュリティが強固なことで有名です。特にサイバー攻撃対策は厳重で「顧客アカウントの乗っ取り」「システムへの侵入」2つの観点で対策を講じています。

24時間体制のシステム侵入対策や外部の専門家による定期的なセキュリティシステムの診断、グループ会社と連携したシステムの脆弱性情報の収集など、徹底したハッキング対策で安心して取引が可能です。

「取引所」「販売所」「暗号資産FX」「積立暗号資産」などの取引から選べます。

取扱仮想通貨(暗号資産) 21通貨
レバレッジ 最大2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料
  • メイカー手数料:-0.01%
  • テイカー手数料:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:GMOコイン
※1:2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 
※2:JVCEA 「取扱暗号資産及び暗号資産概要説明書」をもとに自社で算出

bitbank

bitbank

おすすめポイント
  • 国内取引所最大級の仮想通貨取引量
  • 土日を含め24時間リアルタイムで日本円の入金が可能
  • シンプルで高機能なトレードツール

bitbankは、国内最大級の仮想通貨取引量を誇る取引所です。取引が成立しやすく、わずかな値動きをみて即時取引をしたい仮想通貨トレーダーにおすすめの環境が整っています。

取り扱っている仮想通貨の価格やチャートのほか、関連情報などもチェックできます。

 モナコイン公式Twitter「monacoinproject」のリンクも貼られており、モナコインの情報やユーザーのツイートもチェック可能です。

また、bitbankの特徴のひとつに、モナコインを含むアルトコインの取引所売買が挙げられます。

アルトコインは高額なスプレッドの支払いがある販売所売買のみに限定している取引所が多いため、モナコインの取引のみであれば手数料が抑えられるbitbankがおすすめです。

bitbankはモナコイン以外の仮想通貨も全て取引所対応ができます!

取扱仮想通貨(暗号資産) 15通貨
レバレッジ なし
販売所手数料 無料(一部銘柄を除く)
取引所手数料
  • メイカー:-0.02%
  • テイカー:0.12%

(一部銘柄を除く)

入金手数料 無料
出金手数料
  • 日本円:550円~770円
  • モナコイン:0.001モナ

出典:bitbank

よくある質問

モナコインは日本以外で利用されているところはありますか?
モナコインは世界中で利用できるようにしているため、日本以外でも海外でサービスを利用する目的で利用されています。国内で作られている仮想通貨であるのは間違いありませんが、日本以外でも十分利用されるための力を持っている仮想通貨と言えるでしょう。
モナコインを取り扱っているのはどこですか?
モナコインは国内の仮想通貨取引所で扱われています。主にCoincheckやDMMビットコインといったところで販売されているため、手に入れようと思えばすぐに購入できます。比較的日本の取引所では扱っているところが多いため、手に入れるまでの難易度は高くありません。
モナコインは現時点でレートが高い状態を維持しているのですか?
モナコインはレートの高い状態を維持できているとは言えず、最高のレートからは大分落ちています。一時期200円以上に到達している時期もありましたが、現在は100円を切っている状態にまで落ち込んでおり、価値としては半分以上減らしているのが現状です。
モナコインが利用されるような環境というのはどのようなものですか?
モナコインは投げ銭として利用されているケースがあるため、現時点で実用化という形では投げ銭などのサービスで用いられる可能性があります。利用されるためには、投げ銭として使いたいと感じられるサービスを増やしていく必要があるでしょう。
モナコインの安全性に問題はないのですか?
安全性に問題はありません。流出しているなどの情報はありませんし、これまでに目立ったトラブルも引き起こされているわけではありません。セキュリティ面では非常に安定していると言える仮想通貨ですので、保有しても問題なく利用し続けられるでしょう。
これからのモナコインに期待してもいいのでしょうか?
モナコインは多くの人に利用されるために、開発やサービスの運用を検討しています。今後は何らかの形で実用化することができれば、より多くのレートを得られる可能性があるでしょう。モナコインの今後には十分期待できるものですので、今から購入しても遅くはありません。

まとめ

今回は、モナコインの今後について詳しく解説しました。ほかの仮想通貨にはない自由な発想で発展しているモナコインは、今後も期待されるコインのひとつです。

日本発祥ということから、親近感を持つ日本人ユーザーや日本のサブカルチャーに興味を持つ外国人からも注目されています。

海外の仮想通貨取引所への上場も、今後の展望としてあり得ますね。

今回紹介した取引所では、随時お得なキャンペーンも行っています。仮想通貨取引を始めたい人や、取引所を新規開拓したい人は、サイトをチェックしてお得な情報を見逃さないようにしましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事