【初心者必見】ネット証券の始め方やオススメの証券会社を解説!

【ネット証券】といえば、近年よく耳にする事が多くなっていて、CMでも見かけるので知名度も上がってきています。

興味はあるけど、何から始めるのかがわからない…
そんな方のために今回の記事では以下の項目をご紹介します。
この記事でわかること
  • ネット証券はそもそも何なのか、基本的な知識
  • 初心者におすすめの証券会社
  • ネット証券の始め方・勉強方法

これからネット証券を始めてみたいと考えている人は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

まずは基本から!ネット証券で重要な用語を5つ紹介

投資家デビューされる年代で最も多いのが、30代〜40代と言われています。30代と言えば、仕事で昇進、結婚や出産・育児、マイホーム購入といった、さまざまなライフイベントにが起こる時期でもあります。

そこで今回は、資産運用について考え始めた方へ向けて、まずは基本的なところから、ネット証券で重要な用語5つ取り上げてみました!

1投資信託

初めにご紹介するのは、「投資信託」です。投資信託は、初心者でも比較的取り組みやすい資産運用方法になります。

投資信託とは?

投資家によって集められた資金を運用会社に所属しているプロの運用担当者が投資。国内外の株式をはじめ、債券、先物、コモディティ(金や原油など日常に必要な資源)、不動産などでリターン獲得を狙った金融商品

投資信託は、運用対象の資産を証券化することで、大勢の投資家が少額で売買できるようにしているのです。

投資の世界に「リスク」は付き物なので、投資信託だから絶対に成功するというわけではありませんが、素人の勘のみを頼りに投資商品を選択・運用していくよりは、リスクが少ない方法と言えるでしょう。

 専門家に託す資金額も、投資商品によってさまざまで、1万円から始められる小口なものから、不動産投資信託(REIT)といった、100万円前後から始められるものもあります。

経済状況や目標金額は、人によって異なると思いますが、投資信託なら幅広く対応可能です。

NISA

次にご紹介するのが、NISA(少額投資非課税制度)です。

NISAとは?

特に20代・30代からの、資産形成の普及に向け2014年から始まった、少額投資が非課税となるお得な節税制度になります。

株式や投資信託を購入した際には、通常投資から得られる収益「分配金・配当金・譲渡益」に対し、約20%の税率で課税されるのですが、NISAを利用した際は、所定の期間内であれば、非課税となるのです。

 課税される場合に比べて、お金を効率よく増やせる可能性が高いので、資産形成をサポートする制度と言えるでしょう。

またNISAには3種類「一般NISA・ジュニアNISA・つみたてNISA」があり、それぞれ非課税投資額や非課税期間も異なります。

iDeCo

続いてご紹介するのが、「iDeCo(イデコ)」です。

iDeCoとは?

正式名称は「個人型確定拠出年金」で、毎月5,000円ずつコツコツと老後資金を積み立てることができます。「いま支払っている年金&貯金だけでは、老後の生活が心配」といった方向けの資産運用方法です。

iDeCoの資産運用方法で優れている点は、運用期間中の利益についてはNISAと同じ非課税で、さらには所得税・住民税も軽減できる点です。

お金を莫大に増やす資産運用法ではありませんが、老後資金づくりに役立つうえに、節税対策にもなるので、「賭け事のような資産運用は苦手…」といった方に受け入れられやすい傾向があります。

国債

次にご紹介するのは、「国債」です。

国債とは?

国債はさまざまある債券取引の中でも、元本割れする可能性が非常に少なく安定している、個人国債運用になります。

国債といえば、債券の発行元が「日本」なので、倒産する可能性のある企業が発行する債券よりも、低リスクです。銀行に預けるよりも、わずかに利率が良い程ではありますが、長期的な目で見れば決して少ない収益ではありません。

長期で運用する為には、運用を早くに始めることが大きな収益を得るためのポイントとなるので、若い時から始める資産運用方法として多く選ばれています。

手続きにあたっては、ベ直接相談・手続きがベストですが、店舗が近くにない場合などは、国債が購入できるネット証券について調べてみましょう。

株式投資

最後にご紹介するのが、「株式投資」です。

株式投資とは?

株式会社から発行される、「株式」と呼ばれる「証券」を購入して、より多くのお金を投資した会社に、生み出してもらうための方法です。

「株式」の発行は、企業側が事業資金を集める1つの方法で、株式を購入した人のことを「株主」といい、株主は株式を購入すると、権利や配当金・株主優待といったさまざまな対価を受けることができるようになります。

株式の値段を株価といい、企業の業績により株価は絶えず変動します。

 株価が安い時に購入し、高くなったタイミングで売却することで差額を儲けたり、一定期間株式を保有し配当金を得ることにより利益が発生します。

株価の変動するタイミングを予想するのは、簡単ではありませんが、株式投資の仕組みさえきちんと理解し情報収集すれば、株式投資は誰でも簡単に行える投資法です。

初心者におすすめ!ネット証券ランキング

1SBI証券

SBI証券のココがお得!
  • 売買手数料が業界最安値
  • 取扱い商品の多さは業界トップクラス
  • 少額からでも投資OK
  • 取引・投資信託でTポイントが貯まる&使える
  • すぐに口座開設できる

SBI証券は、ネット証券会社のなかでも、有名な大手であるだけではなく、顧客満足度」で5年連続1位を獲得しています。

 特に初心者の方におすすめなのが、売買手数料の安さです!

SBI証券の国内株式の現物取引「アクティブプラン」では、取引合計額が1日50万円までなら売買手数料が無料。つまり無料で取引できる、ということになります。

口座開設数 約570万口座
主な取扱商品
  • 国内株式
  • 外国株式
  • 投資信託
  • NISA
  • iDeCo
国内株式現物取引手数料
  • 10万:0円
  • 50万:0円
  • 100万:0円
国内株式信用取引手数料
  • 10万:0円
  • 50万:0円
  • 100万:0円
米国株取扱数 約3,400銘柄
IPO実績(2019年) 82社
投資信託本数 2,636本
ポイント投資 可能(Tポイント)
NISA 対応
iDeCo 対応

※ 最安プラン利用時

2LINE証券

LINE証券のココがお得!
  • LINEから手軽に利用可能
  • 一口100円から始められる少額投資が可能
  • 投資信託手数料は0円
  • LINEポイントで投資もできる

現代の連絡ツールとして、必須なLINE。そのアプリから利用できるのが「LINE証券」です。初心者でも安心して利用できる点が、わずか「100円」から投資信託が買えることです。

取引はスマホに特化しており、スマホユーザーに扱いやすい仕様となっています。とくに初心者にとっては、少額から始められるのは、かなり魅力的です。

口座開設数
主な取扱商品
  • 国内株式
  • 投資信託
国内株式現物取引手数料
  • 10万:176円
  • 50万:484円
  • 100万:869円
国内株式信用取引手数料
  • 10万:0円
  • 50万:0円
  • 100万:0円
米国株取扱数
IPO実績(2019年)
投資信託本数 28本
ポイント投資 可能(LINEポイント)
NISA 未対応
iDeCo 未対応

※買付手数料0円

3楽天証券

楽天証券のココがお得!
  • 少額から利用可能
  • 購入方法を選べる
  • 楽天市場での買い物がお得になる

楽天証券は、自身の好きなタイミングで購入できる「スポット購入」という方法と、毎月積み立てていく「積立購入」の2種類の方法があります。

 初心者にとっては、購入方法が選べる点が「安心ポイント」として、人気を得ている理由です。

また楽天証券では、500円以上のポイント投資をすることで、楽天市場での買い物ポイントがプラス1倍となるので、普段から楽天を利用している方には大きなメリットになります。

口座開設数 約410万口座
主な取扱商品
  • 国内株式
  • 外国株式
  • 投資信託
  • NISA
  • iDeCo
国内株式現物取引手数料
  • 10万:0円
  • 50万:0円
  • 100万:535円
国内株式信用取引手数料
  • 10万:0円
  • 50万:0円
  • 100万:385円
米国株取扱数 約3,500銘柄
IPO実績(2019年) 26社
投資信託本数 2,679本
ポイント投資 可能(楽天ポイント)
NISA 対応
iDeCo 対応

※最安プラン利用時

4マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券のココがお得!
  • 100円からでも購入可能
  • 取り扱う投資信託の種類が豊富

マネックス証券は、たくさんの投資信託を取り扱っているうえに、100円から購入できるお手軽さは初心者に非常におすすめです。

「高額投資はちょっと、、、」と感じる人も少なくないので、100円から挑戦できるのは、非常に大きなメリットであり魅力といえます。

口座開設数 約187万口座
主な取扱商品
  • 国内株式
  • 外国株式
  • 投資信託
  • NISA
  • iDeCo
国内株式現物取引手数料
  • 10万:110円
  • 50万:495円
  • 100万:1,000円
国内株式信用取引手数料
  • 10万:95円
  • 50万:190円
  • 100万:355円
米国株取扱数 約3,500銘柄
IPO実績(2019年) 45社
投資信託本数 1,162本
ポイント投資 不可
NISA 対応
iDeCo 対応

※最安プラン利用時

5岡三オンライン証券

岡三オンライン証券のココがお得!
  • サポート体制が手厚い
  • 手数料が安い

【岡三オンライン証券】では、サポート体制がしっかかり整っているので、申し込み段階からフォロー体制はバッチリです。コールセンターのサポート体制もあり、初心者の方にはとても喜ばれています。

 50万円まで0円と手数料も安いので、初心者でも無駄な出費を抑えられ、チャレンジしやすくておすすめです。

また「投資情報コーナー」といって、最新ニュースが入ってくるので、注目すべき銘柄などをリサーチもしやすいので、初心者の方には最適です。

口座開設数 約80万口座
主な取扱商品
  • 国内株式
  • 先物・オプション取引
  • 投資信託
  • NISA
  • iDeCo
国内株式現物取引手数料
  • 10万:0円
  • 50万:0円
  • 100万:880円
国内株式信用取引手数料
  • 10万:0円
  • 50万:0円
  • 100万:770円
米国株取扱数
IPO実績(2019年) 37社
投資信託本数 550本
ポイント投資 不可
NISA 対応
iDeCo 対応

※最安プラン利用時

6DMM株

DMM株

DMM株のココがお得!
  • テキスト最短即日取引可能!やりたい時にすぐできる!
  • 米国株取引は手数料0円など、手数料の安さが魅力
  • 取引ツールが充実しているから初心者から上級者まで満足度が高い!

※『スマホでスピード本人確認』利用時に限る

DMM株は『スマホでスピード本人確認』の利用で、最短即日取引が可能です。オンラインでの本人確認が可能なので、面倒な郵送での本人確認手続きをスキップすることができます。

「株が急騰した」といったニュースをみて急いで取引したい!という方にぴったりです!
また、手数料の安さも魅力の一つです。米国株式は取引手数料が常に0円ですので、お得に取引することができます!特に長期の取引になると、やはり手数料は安い方が断然コスパが良いです。

 

取引ツールはパソコン版は2種類、スマホ版はアプリで2モード用意されています。自分の取引経験に応じて使い分けることができますので、初心者の方でも安心です。
口座開設数
主な取扱商品
  • 株式(現物取引)
  • 株式(信用取引)
  • NISA/ジュニアNISA
  • 米国株式
国内株式現物取引手数料
  • 〜10万円以下:88円
  • ~20万円以下:106円
  • ~50万円以下:198円
  • ~100万円以下:374円
国内株式信用取引手数料
  • ~300万円以下:88円
  • 300万円超:0円
米国株取扱数 930
IPO実績(2019年) 3社
投資信託本数
ポイント投資 可能
NISA 対応
iDeCo 不可

初心者向け!ネット証券を選ぶポイント

「これから株取引を始めてみたい!」という初心者にこそおすすめなのが「ネット証券」です。口座開設や取引などがネット上でできる手数料も安い少額からでも始められるなど、多くのメリットがあります。

ですが対面証券とは異なり、全て自分で考えて、行う必要があるので、初心者にとっては、お得であり、手厚いサポートがついている証券会社を選びたいですよね。

そこで今回は、初心者がネット証券を選ぶ際の、ポイントについてご紹介していきましょう。

手数料

株を売買することで成立する「約定」には、手数料が掛かってきます。

これはもちろん、安い方がいいですよね。「ネット証券」の手数料は、圧倒的に安いのですが、それは証券会社により異なります。しかもこの少しの違いが、大きな金額になっていくのです。

「SBI証券」では、10万円まであれば、1約定毎の手数料は150円となっていますが、「マネックス証券」だと、10万円までは1約定毎の手数料が108円と安くなっています。

しかし一方で、50万円から100万円だと、SBI証券は525円に、マネックス証券だと1080円(PC成功注文)となっていて、このように金額によって異なってくることが分かります。

 また、約定毎ではなく、1日の約定合計に対し、手数料が発生する定額プランのようなものもあります。

初心者の場合は、まだ取引も少ないので「約定ごと」のパターンにし、少ない取引額で比較するのがいいかと思います。

シェア

シェア数が多い会社は、それだけ多くの方から信頼されているという証拠です。

主なネット証券として、SBI証券・楽天証券・GMOクリック証券・カブドットコム証券などが挙げられます。そして、それら証券会社の口座開設数が下記の表になります。

各社のHPから引用。2017年3月末時点でのデータ

口座開設数はSBI証券が圧倒的トップに君臨しており、他の証券会社もかなりの口座数が開設されています。万が一、上記以外のネット証券会社から口座を開設したい場合は、これら主要のネット証券と比較してみるといいでしょう。

取扱商品

初心者は、初めのうちは株の取引や、投資信託の購入だけでいっぱいいっぱいかもしれませんが、慣れてきたら外国株・債権・IPOに手を伸ばしてみるのもいいかもしれません。

以下、主要ネット証券が取り扱う外国株の一例です。

SBI証券・楽天証券 米国株・中国株・アセアン株など
マネックス証券 米国株
GMOクリック証券 米国株と中国株

取り扱う商品は証券会社によって異なります。

 その一方で、松井証券・カブドットコム証券など、外国株の取扱がないネット証券もあります。

海外の株を、将来的に取引したいのであれば、外国株をちゃんと取り扱っている証券会社で口座を開設するのがいいかもしれません。

また「IPO(新規公開株)」は、比較的利益を得やすく、人気株なのでその取り扱いの豊富さで注目すべき点です。

サービス・ツール

最後にネット証券を始めるうえで注目すべき点が、サービス&ツールです。ネット証券は対面証券とは違って、株や投資を教えてくれる人はいないので、下記のサービスを利用します。

ネット証券のサービス一覧
  • ネット上でセミナー動画が視聴できる
  • スマホアプリでの情報収集できる
  • レポートやマーケット情報が閲覧できる
  • チャットorコールセンターによるサポートが充実している

これらのサービスが提供されていますが、こちらも証券会社によって異なります。主要なネット証券会社では、基本的にはツールは、パソコン・スマホ・タブレットに対応可で、どのネット証券でも遜色はありません。

 SBI証券、楽天証券、マネックス証券では、「ポイントプログラム」も導入しています。例えば、楽天では楽天ポイントを獲得できます。

主要なネット証券では、ロボアドバイザーだったり、無料セミナーでの解説をしています。特にセミナーだとネットですぐ見られる証券会社もあるので、視聴してから決めることも可能です。

初心者は手数料のみならず、シェア、手数料、サービスなどで比較して、自分に合ったネット証券を選ぶようにしましょう!もし迷ったなら、複数の口座を持つのもオススメです。

ネット証券の始め方・やり方をやさしく紹介!

証券口座の開設手続きですが、初心者でもとても簡単に始められます。口座開設の流れは、手続きは大きく三つに分けることができます。

開設方法

1.口座開設したい証券会社を選ぶ
2.口座開設に必要な書類を準備する
3.証券会社の口座開設画面から申し込む

大体は、この流れに沿って口座開設を進めていく会社が、ほとんどです。ネット証券は、スマートフォン1つで手続き完了できるほど、簡略化が進んでおります。では3つの開設手順に沿って、簡単に解説していきたいと思います。

口座開設したい証券会社を選ぶ

まず最初に、口座開設したい証券会社を選びましょう。

 どこの証券会社を選ぶかは人それぞれですが、ネット証券であれば取引手数料以外の費用はかからないので、口座開設だけしても問題ありません。

開設した後、使いにくければ、別の会社で開設すれば良いだけです。また本格的に株式投資をしている人であれば複数の口座を持っているのは珍しくないことです。

複数口座を活用した投資テクニックもあるので、証券口座を複数開設しても問題ないのです。

口座開設に必要な書類を準備する

口座を開設したい証券会社が決またたら、次に必要書類を準備していきましょう。

証券会社の口座開設の手続きの流れは、どこもほぼ同じなので、証券会社によって必要書類が変わるといったことはまずありません。証券口座を開設するにあたり、必要書類は下記になります。

口座開設に必要な書類
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)

本人確認書類マイナンバーカードの書類のほか、メールアドレス や印鑑も用意しておきましょう。

3証券会社の口座開設画面から申し込む

さて口座開設に必要な書類が全て揃ったら、証券会社の口座開設画面へと進み、案内に沿って手続きを進めていきましょう。必要情報を入力し、申込み完了すると証券会社から、書類が送られてきます。

 申込み完了した時点で、取引開始できる証券会社もありますが、書類を返送しないと取引できない場合がほとんどなので、郵送書類は必ず確認するようにしましょう。

初心者向け!投資の勉強方法を紹介

株式投資について、ある程度理解できたら、次に実践方法などより詳しく学んでいきましょう。

投資を学ぶための勉強方法は、大きく分けて「本・ウェブサイト・セミナー」の3点です。では早速、投資の勉強方法を3つご紹介します。

1投資に関する本を読む

投資を勉強を始めるなら、まずは投資に関する本を読みましょう。

投資に関連する本は、たくさん出版されているので、それらの書籍を読むことで、投資に関するノウハウを学ぶことができるのです。投資を始める前に本で学び、最低限の基礎知識を身につけるようにしましょう。

ブログやサイトで勉強する

投資の始め方ややり方などは、ブログやWEBサイトでも勉強できます。

 証券会社の公式サイトでは、ほぼ無料で閲覧可能です。どの証券会社も新規顧客を増やすために、さまざまな有益情報をWEBサイトに載せています。

初心者向けに詳しく説明している証券会社が多いので、初心者が見ても理解しやすい証券会社のサイトを参考にし、勉強する方法もオススメです。

投資のセミナーで学ぶ

最後にご紹介する、投資の勉強方法が、勉強会やセミナーに参加することです。

 ひとりで勉強していると、誤解が生まれたり知識が偏ってしまうこともあるので、セミナーに参加しプロの話を聞くのが有効です。より理解が深まります。

セミナーは、さまざまなレベルのものが開催されているので、セミナーなどに参加する際には、自身の知識レベルと合っているかを確認してから参加するのが、オススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、ネット証券に関する用語・ネット証券の始め方・勉強方法・初心者におすすめの証券会社を開設してきました。

低リスクで始められる資産運用方法の多くが、ロングリターンを前提としているので、早くに始めれば始めるほど、大きな利益を得られるものです。

「40代くらいからでもいいかな…」と後回ししている方は、20〜30代のうちに資産運用に動き出すことをオススメします。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事