お金がない 助けて

人生のなかで、「お金がない、助けてほしい」という状況に陥る可能性はゼロではありません。そのようなとき、どのような方法で打開できるかを知っておくと万が一に備えられます。

そこで今回は、お金がない状態で助けてほしいときの対処法について解説します。お金がない人の特徴や国に助けてもらえるか否かについても触れていくため、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐお金が必要なときにおすすめのカードローンについて、メリットを紹介するためチェックしておきましょう。

お金がない人の特徴とは?

お金がない人の特徴とは?

やはり生きていくうえで、お金がなければ厳しいものがあります。では、そもそもお金がない人にはどういった共通点があるのでしょうか。

お金がない人に見られる主な特徴
  • 浪費が多い
  • お金の管理ができていない
  • 欲求に任せてお金を使いがち
  • 現金がなくてもクレジットカードを活用する
  • 交際費がかさんでいる

浪費が多い

お金がない人に見られる代表的な要因です。無駄遣いが多いと、手元にお金を残すことは難しいでしょう。

 コンビニで飲み物やお菓子などを買うなど、身近な場所での浪費が多い習慣がある人は要注意です。

1回で考えると少額な買い物も、塵も積もればそれなりの金額となってしまいます。

お金の管理ができていない

お金がない人の特徴とは?

自身の収入に対してどれだけの出費があるかという、お金の流れを把握できていない人はお金が手元に残りにくいでしょう。

きちんと収入と支出の管理ができていなければ、出ていくお金の方が多くなっているという事態に陥りかねません。家賃や光熱費、さらには携帯料金や保険料などはきちんと把握しておきましょう。

毎月何にいくら支払いとして使っているかを、すぐに言えるくらいのイメージで管理することをおすすめします。

欲求に任せてお金を使いがち

欲しいと思ったものを我慢せずすぐに買ってしまう人は、お金がない状態に陥ることが少なくありません。

 欲求を抑えられず購入したものの、実際はほとんど使わずに眠っているといった商品等が多い人は、一度冷静になり必要か否かを考えることが重要です。

お金を使うことに喜びを感じ、次々と感情に任せて買い物をしてしまうと、いくら収入が安定してもお金は手元から消えていくでしょう。

現金がなくてもクレジットカードを活用する

クレジットカードを使う

クレジットカードを計画性もなしに使ってしまう人は、お金が手元に残りにくいでしょう。

キャッシュレス化の影響からクレジットカードが使えるお店などは多くなっており、決済分に対してポイントが貯まるなど便利なものです。

しかし、後払い制という仕組みと支払い時の手軽さから、現金がなくてもとりあえずクレジットカードで購入する人は少なくありません。

いくら購入時に現金が必要ないとはいえ結局は後々に支払うことになるため、一時的に借金をしているという感覚を持つべきと言えます。

交際費がかさんでいる

友だちや恋人、あるいは会社の同僚などとの付き合いから、交際費がかさんでいる人はお金を使い過ぎている可能性が高いです。

周囲の人との交流は生きていくうえで大事なコミュニケーションと言えます。しかし、金銭状況を圧迫するようなお金の使い方をしてはいけません。

人との付き合いを全く辞めるのではなく、自分の収入に対して使い過ぎないよう事前に予算を決めておくことが重要です。

お金がない!助けてほしいときの対処法

お金がない!助けてほしいときの対処法

出費を減らす

お金がない状況を打開するには、出費を減らす方法が有効です。なるべくお金を使わないようにすれば、手元に残るお金は必然的に多くなります。

主な減らせるもの
  • 家賃
  • 食費
  • 光熱費
  • 携帯料金
  • 交際費

特に収入に対する家賃のバランスは極めて重要です。見栄を張って高い家賃の家に住んでいても、出費がかさみお金は出ていく一方となります。

また、食費や光熱費をなるべく減らすよう心がけましょう。高価な食材の購入を避ける、安売りをしているスーパーへ買い物に行く、使わないときは電気を消すなど、できることは数多くあります。

 携帯料金についても、プランを見直すことで毎月の支払いが少なくなる可能性があるため、一度ショップなどで相談してみましょう。

友人との交際費についても、お金に余裕があるときは構いませんが「厳しいときはきちんと断る」といった、その時々の正しい判断が重要になります。

音楽をはじめとするサブスクリプションサービスは、使っていない場合は解約も検討すべきです。

収入を増やす

お金を増やす

出費を減らすことが難しい状況で手元にお金が残らない場合は、収入を増やす方法に切り替えましょう。収入を増やすには副業をする、転職をして今より給与アップを狙うという選択肢があります。

おすすめの副業
  • クラウドソーシング
  • アフィリエイト
  • 動画投稿
  • 短期バイト

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネットを経由して不特定多数の人に案件を依頼することです。主な業務としてはデータ入力やライティング業務、デザインなどさまざまなものがあります。

依頼される仕事内容によっては高単価なものがあり、うまくいけば副業だけで10万円近く稼ぐことも可能です。

はじめて単価が低い場合でも、業務経験を重ねていくことで単価がアップし、いつしか結構な収入になっていたというケースも考えられます。

アフィリエイト

お金がない!ときはブログ

アフィリエイトとは自身でブログやサイトを運営し、そこに広告を掲載することで成果に応じて報酬を得られるものです。今の時代はアフィリエイトにより高収入を得ている人は少なくありません。

 ブログやサイトに掲載された広告をクリックする、広告を通じて商品やサービスを申し込むなどすると、成果として報酬が得られる仕組みです。

ブログ等の読者を増やすことから始めなければいけないため、収入を得るまでは大変な道のりではあるものの、ゆくゆくは数十万円も得られる可能性を秘めています。

動画投稿

自身で撮影した動画をYouTubeにアップし、再生回数やチャンネル登録者数が多くなると広告が付きます。つまり、再生回数が伸びれば伸びるほど、多くの収入が得られるのです。

ユーチューバーと言われる人が現れるほど、今や動画収入は職業として認知されるほどに成長しています。

動画を撮影してアップするなど工程は大変ですが、多くの人に見られるようになると数十万円などの収入が期待できます。

短期バイト

お金がない!バイトをする

本業とは別に、短期バイトをして収入アップを図る方法もおすすめです。時給や日給が良い短期バイトはいくつもあるため、リサーチしてみましょう。

おすすめの短期バイト
  • 配達
  • 引っ越し
  • 軽作業員
  • 現場仕事

配達スタッフのバイトは求人数も多く、注文者も増加傾向にあることから高収入を狙えます。短期バイトの代表格とも言える引っ越しや軽作業員も、高時給な点からおすすめです。

不要なものを売る

お金がない!助けてほしいとき洋服を売る

自宅に眠っている不要物を売るという方法も、お金を手にするうえで有効です。例えば、着なくなった洋服や古着として売れそうなもの、そして家電や家具なども売却できる可能性があります。

また、最近ではPayPayモール・ラクマ・メルカリ・ジモティーなど、手軽にネット上で私物を販売できるアプリも登場しているため積極的に活用していきましょう。

売りたいものをスマホ等で撮影し、画像付きでアプリ上にアップするだけと、使い方も非常に簡単です。早ければ出品した日の内に売れてお金を手にできる可能性もあります。

お金がないときは国に助けてもらえる?

お金がないときの手続き

お金がなくどうしようもないときは、国から支援を受ける方法も選択肢として知っておきましょう。日本では、主に以下のような公的融資制度が設けられています。

主な公的融資制度
  • 求職者支援資金融資制度
  • 緊急小口資金貸付
  • 教育一般貸付

求職者支援資金融資制度

求職者支援資金融資制度とは、職業訓練受講給付金の支給決定を受けた人と、ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けた人を対象にした貸付制度です。

 ハローワークでの申請について、貸し付けを希望する理由が適当であると認められること、貸付金を返済する意思があると認められることなども条件となります。

なお、貸付額は月額5万円または10万円を上限とし、それに対して受講予定訓練月数を掛けて算出します。

職業訓練受講給付金を受給しても、その給付金だけでは訓練受講中の生活費が不足する場合に融資を受けることが可能です。

 

緊急小口資金貸付

お金がないときの手続き

緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の費用を貸してもらえる制度です。貸し付け上限額は従来10万円ですが、一定の条件を満たせば上限20万円以内となります。

貸付利子は無利子で、保証人に関しても不要です。利用の際は、住んでいる市区町村の社会福祉協議会に問い合わせましょう。

教育一般貸付

ひとり親家庭や子どもが3人以上の世帯、世帯年収が200万円以内など金銭的に苦しい状況の人を救済する、国の教育ローンです。

固定金利1.66%(※)・最長15年の長期返済となり、子ども1人あたり350万円まで利用できます。

家庭の状況に応じた金利・返済期間の優遇制度もあるため、一度相談してみましょう。

※出典:日本政策金融公庫

お金がない!助けてほしいときは借りるのもあり!

お金がない!助けてほしいときは借りる

家族・友人に借りる

身近な存在である、家族や友人に借りることを検討してみましょう。金融機関や貸金業者と違い、相談次第では無利子で借りられる可能性もあります。

ただしいくら血の繋がった家族や親しい間柄とはいえ、貸し借りは慎重に行うべきです。

口約束だけでは後々トラブルに発展するリスクがあるため、きちんと借用書を作るといった対策も検討しましょう。

キャッシングを利用する

お金がない!助けてほしいときは借りる

キャッシングとは、クレジットカードを使い融資を受ける方法です。コンビニなどにある提携ATMや口座への振り込みなど、手軽に現金を借りられます。

 キャッシング機能を備えたクレジットカードを既に所持している場合、審査を受けることなくすぐに借り入れ可能です。

ただしキャッシングは高金利であることや融資可能額が低く設定されているなど希望に沿わない場合もあるため、事前にサービス内容はチェックしておきましょう。

カードローンを利用する

消費者金融や銀行のカードローンなども、手軽にお金を借りられるサービスです。キャッシングと同じく、コンビニ等にある提携ATMや口座への振り込みといった方法で借り入れできます。

キャッシングよりも金利が低く設定されている傾向にあり、融資可能額もサービスによっては最高1,000万円など、まとまったお金を手配したいときにおすすめです。

今すぐお金が必要ならカードローンがおすすめ!

今すぐお金が必要ならカードローン

お金がなく、今すぐ必要といったときはカードローンの利用をおすすめします。今ではテレビCMも頻繁に放送され、消費者金融・銀行のカードローンともにポピュラーになっています。

カードローンの主なメリット
  • 消費者金融では最短即日融資に対応している
  • 身近な場所で手軽に借り入れできる
  • 担保・保証人が不要
  • 資金使途は原則自由

プロミスやアコムといった大手消費者金融の場合、申し込みをしたその日の内に借り入れできる「最短即日融資」に対応しています。そのため、急な入用でも大いに活用できるでしょう。

 カードローンはコンビニや銀行など、提携ATMにて気軽に借り入れできます。口座振込も可能なため、使い勝手の良さも大きな魅力です。

また、カードローンは担保・保証人不要で利用できる場合が多く、資金使途についても事業性資金を除き原則自由です。そのため、買い物や生活費の補填、交際費など幅広い使い方ができます。

次におすすめのカードローンを紹介しているので是非参考にしてみてくださいね。

お金がないときに便利なおすすめカードローン4選

プロミス

プロミス

プロミスのココがお得!
  • はじめてなら30日間まるごと利息ゼロ!
  • 申し込み〜契約までアプリで完結!
  • お近くの銀行・コンビニから借入・返済可能

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスが提供するカードローンです100万ダウンロードを記録しているアプリローンなら、申し込みから借り入れまで簡単に行えます。

はじめての方なら30日間無利息で利用可能。近くの銀行やコンビニでいつでも借り入れできる利便性の高いカードローンです。

金利(実質年率) 4.50%〜17.80%
利用限度額 500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短30分
借入方法
  • インターネット
  • 電話
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • 提携ATM
返済方法
  • インターネット
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • コンビニ(マルチメディア端末)
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 18〜69歳(18歳・19歳のお申し込みの歳には収入証明書類の提出が必要です。定時制高校生や高等専門学校生を含む高校生のお申し込みはできません)

SMBCモビット

SMBCモビットのココがお得!
  • 提携ATM約130,000台※1!借入・返済に便利なカードローン
  • 電話連絡なし!郵送物なし!WEB完結・カードレス対応
  • 多機能型モビットカード「Tカード プラス」発行可能

SMBCモビットは申し込み〜借入まですべてWEB完結で行えるカードローンです。電話連絡や郵送物が一切ないため、周囲にバレることなくカードローンを利用することができます。

多機能型モビットカード「Tカード プラス」は、「クレジットカード」「Tカード」「モビットカード」の機能が1枚に集約されたカードです。財布の中身もスッキリさせることができます。

※1 2021年3月現在
金利(実質年率) 3.00%〜18.00%
利用限度額 800万円
審査スピード※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。 最短30分
融資スピード※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。 最短即日
借入方法
  • 口座振込
  • 提携ATM
返済方法
  • 提携ATM
  • 口座振替
  • 銀行振込
  • インターネット
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 20歳〜69歳

アコム

アコム

アコムのココがお得!
  • はじめてなら金利0円!30日間金利0円サービス
  • スピーディーな審査可能!審査回答最短30分
  • 24時間365日借入可能

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループが提供するカードローンです。インターネットもしくは電話で申し込みを行えば、最短30分で審査回答が受けられます。

アコムカードローンの借入は原則来店不要。振込ならインターネットや電話から24時間365日日本全国借入可能です。

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。
金利(実質年率) 3.00%〜18.00%
利用限度額 800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
借入方法
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 振込
返済方法
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • インターネット
  • 店頭窓口
  • 振込
  • 口座振替
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 20歳〜69歳
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

アイフル

アイフルのココがお得!
  • 最短30分で審査結果通知!1時間融資にも対応
  • スマホローン対応!増額手続きもアプリで完結
  • 困ったことがあればチャットサービスで解決できる

アイフルは、最短30分審査・60分融資に対応しているカードローンです。スマホアプリからほとんどすべての手続きが行える点も魅力。「今スグ」お金が必要な方におすすめできるカードローンだと言えます。

アイフルには、「ぽっぽくん」と呼ばれるチャットサービスがあります。わからないことや困ったこと、相談したいことがあればいつでも利用可能。チャットで問題解決できる点はメリットの一つです。

金利(実質年率) 3.00%〜18.00%
利用限度額 800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短60分
借入方法
  • スマホアプリ
  • アイフルATM
  • 提携ATM
  • 振込
返済方法
  • スマホアプリ
  • アイフルATM
  • 提携ATM
  • コンビニ
  • 口座振替
  • 振込
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 20歳〜69歳

よくある質問

おすすめのカードローンは?
消費者金融では、プロミス・SMBCモビット・アコムなどがおすすめです。最短即日融資に対応しており、急ぎの場合でも融資を受けられる使い勝手の良さは魅力となります。
カードローンのメリットとは?
消費者金融の場合は、最短即日融資に対応しているため急な入用でも対応できる点が挙げられます。銀行のカードローンは、比較的金利が低い点がメリットです。
カードローンのデメリットとは?
借り入れをするにあたって、審査に通過しなければ利用できないことです。安定した収入が継続してあり、返済能力を有していることは最低条件と認識しておきましょう。
お金がない人の特徴とは?
基本的にお金がない人は、浪費癖がありお金の管理が疎かな人という特徴があります。収支のバランスをきちんと把握できていないと、お金が足りなくなります。
お金がない状態で助けてほしいときの対処法は?
まずは、出費を減らすことが重要です。収入に対して支出を減らせば、必然的にお金は手元に残りやすくなります。
お金がないときは国に助けてもらえる?
求職者支援資金融資制度や緊急小口資金貸付、教育一般貸付などの融資制度があります。それぞれ条件が設定されているため、満たしているかをまずは確認しましょう。
お金を借りる方法は?
家族や友人に借りる方法の他、クレジットカードのキャッシングやカードローンなどです。

まとめ

この記事では、お金がない状態で助けてほしいときの対処法や、お金がない人に見られる特徴などを解説しました。

お金がない人は、無駄遣いが多くお金の管理ができていない傾向にあります。手元に残すため、出費を減らすことや収入を増やすなど、まずは収支のバランスを保つことから始めましょう。

どうしようもないときは、国の融資制度や信頼できる人物から借りるといった手段も検討すべきです。

また、急な入用の場合は最短即日融資に対応するカードローンの利用もおすすめです。まとまったお金を借り入れできる可能性があるため、ぜひチェックしておきましょう。

カードローンの借り入れは金利による利息がかかるため、計画性を持つことが重要です。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事