お金を貸して欲しい!おすすめ借入方法・カードローン紹介

「今月、出費が多くて生活費が足りない」「急にお金が必要になったけど貯金がない」と、お金を貸してほしいと困っている人は多いです。しかしよく調べずにお金を借りると、大きなトラブルになるリスクがあります。

そこで今回は、なるべくトラブルを避けてお金を借りる5つの方法と、スピーディな融資が可能なカードローンを厳選して紹介します。公的貸付制度も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

お金に困っても絶対に手を出してはいけない方法についても解説!お金を借りる前に本記事を読んでリスクに備えてくださいね。

公的制度も!お金を貸してくれる5つの方法

お金を貸して欲しいと思ったら、まずは以下の5つの方法を検討してみてください。

お金を貸してくれる5つの方法
  1. 銀行などの金融機関
  2. 公的貸付制度の利用
  3. 消費者金融・信販会社
  4. 勤務先
  5. 親戚・知人

1.銀行などの金融機関

銀行のイメージ

個人事業主などの事業者の場合は、銀行などの金融機関から融資を受けることも検討してみましょう。銀行からの融資は金利が低いという特徴があります

借入限度額も高く、借り手の信用情報や事業規模によって変わるものの、数千万~数億円までと融資を受けられる幅も広いです。

 顧客の紹介や、ビジネス情報の提供をしてもらえることもあるので、事業の発展にも役立つ可能性もあるでしょう。

デメリットとしては、「開業直後の事業主では信用問題の観点から融資を受けることが難しい」「融資が受けられるまでに時間がかかる」などが挙げられます。

しかし信用性の高いところからの融資なので、トラブルになる危険性が低いのは非常に大きなメリットです。

金利が低いので、返済時の負担を軽減したい場合に検討してみましょう。

2.公的貸付制度の利用

公的貸付制度とは、地方自治体や国・政府系金融機関といった公的機関がお金を貸してくれる制度のことです。教育資金なら日本学生支援機構による奨学金、母子・父子家庭なら国の母子父子寡婦福祉資金貸付金などが挙げられます。

 なかでも国の貸付制度である「生活福祉資金貸付制度」は、生活費や教育費など幅広い用途に活用できるので、おすすめです。

他にも、無利子・無担保で融資が受けられる「緊急小口資金」など、探せば融資条件に当てはまる公的融資制度が見つかる可能性があります。

メリットが多い公的貸付制度ですが、申し込みから融資までの時間がかかる、手続きが難しいなど、融資を受けられるまでのハードルが高いことがデメリットになります。

まずは自治体の窓口で、どんな制度があり、利用できるものがあるかを確認してみましょう。

3.消費者金融・信販会社

消費者金融 カードローン おすすめ

消費者金融業者の利用は、すぐに融資を受けられる・生活費不足に応じて数万円程度の融資が受けられるメリットがあります。融資の敷居が低く「怪しい」と思いがちですが、金融庁に業者登録している合法的な融資です。

また、信販会社(信用取引事業を行う会社)も、カードローンやクレジットカードのキャッシング機能などで融資事業をおこなっています。

 どちらも金利が高いというデメリットがありますが、場合によっては新規申し込みでも30分で借り入れが可能なスピーディさが魅力です

ただし、返済不能に陥ってしまう危険性があるので、返済計画はしっかりと立ててから借り入れしましょう。

即日融資にこだわりがなければ、低金利で融資を受けられる銀行カードローンを利用するのも良い手段ですよ。

4.勤務先

公的機関や制度、消費者金融を利用しない場合は、勤務先から給料を前借りするという方法もあります。ただし、これから受け取る予定の給料を「前借り」するだけなので、月給を超える金額を借りることはできません。

 何度も前借りをしようとすると信用を失い、クビになるリスクもあるので注意しましょう。

勤務先から給料を前借りする際には、本来なら受け取れないお金を借りることになるので、プレゼントを添えるなどしてきちんと感謝を示しましょう。

また、利子は基本的にありませんが、借りた日と返済予定日などを明記した借用書を作成しておけば、後でトラブルに発展する可能性を低くできます。

利息がかからないとはいえ信用問題に発展する可能性もあるので、勤務先からお金を借りる方法は多用しないほうがよいでしょう。

5.親戚・知人

親戚や友人に協力してもらうイメージ

友人や親戚からお金を借りるという方法もあります。特に手続きが必要ないので、手間がかからずにお金を貸してもらえます

しかし親戚や知人にお金を借りると、それまでの関係が崩れてしてしまう可能性があり、修復不可能な状態に陥る危険性も否定できません。

 特に高額のお金を借りたい場合には、関係性が破綻する危険性が増します。

親戚や知人がお金を貸してくれたら、必ず感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。わずかのお金だったとしても、借用書の作成や返済時にプレゼントを贈るなど、借りた相手に対する誠意を示すことが大切です

なるべく良好な関係が続くように、借りる際にはきちんと状況を説明し、返済日は必ず守るようにしましょう。

即日融資も!お金を貸してくれるカードローン5選

プロミス

プロミス

特徴
  • インターネット振込なら最短10秒
  • 女性専用コールセンターで女性も安心
  • プロミスアプリの活用でVポイントが貯まる・使える

「プロミス」は、スピーディさが魅力のカードローンです。WEB申し込みなら審査・融資まで最短30分、インターネット振り込みなら10秒で自分が指定した口座に振り込まれます。

 女性専用のコールセンターがあるので、男性に話しにくい内容でも借入がしやすいです。

プロミスアプリを利用すれば、Vポイントが活用できるようになります。Vポイントはアプリログインや利息200円に対して1ポイント付与され、たまったポイントはお買い物や景品交換に利用できるので、ただ借りるよりもお得です。

借入・返済方法も豊富!全国の提携ATMから返済できるので、コンビニに寄ったついでに返済できますよ。
金利(実質年率) 4.50%〜17.80%
利用限度額 500万円
審査期間 最短30分
融資までの期間 最短30分
借入方法
  • インターネット
  • 電話
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • 提携ATM
返済方法
  • インターネット
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • コンビニ(マルチメディア端末)
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 18歳〜69歳

※金融機関により振込実施時間が異なるため、「金融機関別振込実施時間検索」よりご確認ください。

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
出典:公式サイト

レイクALSA

レイクALSA

特徴
  • 初回利用限定で5万円まで180日間利息なし
  • 審査結果が最短15秒で判明
  • セブン銀行ATMではカードなしで利用可能

「レイクALSA」は新生銀行が展開しているカードローンです。はじめての利用で「60日間(WEB限定)」か「借入れ額のうち5万円まで180日間」のどちらかの無利息期間を選べます。

 審査結果が最短15秒で判明するので、審査を待つ時間の不安がありません。

レイクALSA公式アプリ「e-アルサ」が非常に便利なのもおすすめできるポイントのひとつ。スマートフォンが生体認証に対応していれば、ログインせずにいつでも残高・返済日・返済額などの情報が確認できます。

公式サイトに返済シミュレーションが用意されているので、借入後の返済計画を立てやすいですよ。
金利(実質年率) 4.50%〜17.80%
利用限度額 500万円
審査期間 最短60分
融資までの期間 最短60分
借入方法
  • 提携ATM
  • インターネット
  • スマホATM
  • 新生銀行カードローンATM
返済方法
  • 提携ATM
  • インターネット
  • 新生銀行カードローンATM
  • 銀行振込
  • 自動引落し
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 20歳〜70歳

出典:公式サイト

アコム

アコム

特徴
  • カードローンランキングで3部門No.1※1
  • 最高800万円まで融資可能
  • 簡単な質問に答えるだけの3秒診断がある※2

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

「アコム」はカードローンランキングで3部門No.1※1に輝いた実績のあるカードローンです。簡単な質問に答えるだけで、借入が可能かどうかが判断できる「3秒診断」を受けられるので、本審査前にある程度の予測をして申し込みができます。

 最高800万円まで融資可能なので、幅広い用途で利用できるでしょう。

また、公式ページには「お客さまの同意なく勤務先やご自宅に在籍確認をすることはありません。」と明記されている通り、在籍確認の電話連絡は原則なしである点も特徴のひとつです。

場合によっては在籍確認がある可能性がありますが、職場にバレたくない人には嬉しいサービスでしょう。
金利(実質年率) 3.00%〜18.00%
利用限度額 800万円
審査期間 最短30分
融資までの期間 最短即日
借入方法
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 振込
返済方法
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 振込
  • 口座振替
  • インターネット
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 20歳〜69歳

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

※1 <調査概要>調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年1月8日~12日 調査概要:カードローン7社を対象にした比較イメージ調査 調査対象:2,658名、男女、20~69歳、全国 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カードローン」Google検索上位7社(2020年11月12日13時00分時点)※記事・広告・まとめサイト・銀行・信用金庫を除く
※2 3秒診断は、借入を検討する際の目安であり、実際の借入時の審査結果と異なる場合があります。
出典:公式サイト

楽天銀行 スーパーローン

楽天銀行

特徴
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇
  • 月々の返済は2,000円から
  • 楽天銀行の口座を開く必要なし

「楽天銀行カードローン」は、楽天会員ランクに応じて審査が優遇されるのが特徴のカードローンです。利用時には楽天銀行の口座開設が不要なので、楽天銀行に口座を開設していなくても利用できます。

 常設特典として、入会特典・利用特典による楽天ポイントの付与(最大31,000ポイント※)があり、期間によっては期間限定キャンペーンを実施していることもあります。

また、毎月の返済額は2,000円から、金利も年1.9%~14.5%と低めの水準なので、返済計画もたてやすいです。

楽天会員以外も利用できますが、楽天会員ならより便利に活用できるでしょう。
金利(実質年率) 1.9%〜14.5%
利用限度額 900万円
審査期間 速やかな審査(可能な限り)
融資までの期間 速やかな審査(可能な限り)
借入方法
  • インターネット
  • 提携CD・ATM
  • 電話
返済方法
  • インターネット
  • 口座振込
  • 提携ATM
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 満20歳〜62歳以下

※常設プログラムの詳細はこちらをご確認ください。
出典:公式サイト

三菱UFJ銀行 バンクイック

バンクイック

特徴
  • 提携ATMなら手数料無料
  • 毎月1,000円から返済可能
  • 金利1.8%から借入可能

「三菱UFJ銀行 バンクイック」は三菱UFJ銀行が展開しているカードローンですが、三菱UFJ銀行に口座を開設していなくても利用できるカードローンです。

提携ATMの手数料が無料なほか、三菱UFJ銀行の口座を持っていればキャッシュカード1枚で簡単にWeb申し込みができるという利便性もあります。

 申し込みまでは来店する必要がなくWeb完結するので、近くに三菱UFJ銀行がなくても安心です。

バンクイックカードがあれば、借入額は提携ATMでは1,000円単位、銀行口座への振り込みは1万円単位から可能なので、「今月、あとちょっとだけ足りない!」という場合に便利でしょう。

返済額が毎月1,000円から可能で金利も低いので、返済の負担を軽減したい・信頼性の高いところから借りたい人におすすめです。
金利(実質年率) 1.80%〜14.60%
利用限度額 500万円
審査期間 最短翌営業日
融資までの期間 最短翌営業日
借入方法
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 提携コンビニATM
  • 口座振込
返済方法
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 提携コンビニATM
  • 口座引き落とし
  • 口座振込
WEB完結・カードレス融資 可能(申し込みまで)
申込条件 満20歳~65歳未満

出典:公式サイト

コロナウィルスの影響でお金を貸して欲しい場合の対処法

現在も猛威を奮っている新型コロナウィルスの影響で、どうしてもお金を借りたいと考えている場合、以下の方法を利用して融資を受ける事が可能です。

コロナウィルスでお金を借りたい時の方法
  • 消費者金融を利用する
  • 銀行に相談する
  • コロナ用に作られた融資を利用する

消費者金融や銀行はこれまでと同じ方法を利用して融資を受けることとなりますが、現在はコロナウィルスで困っている人のために融資を受けられる環境が整っています。

専用の融資を受けることにより、生活を安定させられる可能性があります。

専用の融資を利用していく方法も有効でしょう。

ここからは、コロナウィルスの影響でお金を貸してほしい場合の方法を詳しく説明します。

消費者金融を利用する

カードローンで適用される金利には制限がある

消費者金融は収入が減少している場合でも、安定して収入を持っている場合などは融資を受けられるようになります。

 一番手早く借入ができる方法として期待できるものですが、その分金利面の高さなどを考慮しなければなりません。

消費者金融は金利が高い代わりに融資を受けやすいように設定されています。返済額が増える点に気をつけましょう。

コロナウィルスで収入が減少している場合でも、前年度の収入がこれくらい存在するという形で証明できれば、安定して収入を得られていると判断してくれる場合が多くなります。

消費者金融は困った時に利用していくのがいいでしょう。

銀行に相談する

銀行に相談する方法もいいでしょう。銀行では様々な融資を提供していますし、中には収入が減少している人に提供しているローンも存在します。

カードローンなど手軽に利用できるサービスであれば、すぐに融資を受けられる場合もあります。

 銀行の審査は厳しい傾向があり、コロナウィルスの影響で収入が劇的に落ちている場合は避けたほうが無難です。

安定性という部分では消費者金融以上の良さを持っていますが、審査の厳しさに加えて時間がかかるというデメリットを持っています。

すぐに融資を受けたいと考えている場合は別の方法を検討するのもいいでしょう。

コロナ用に作られた融資を利用する

即金でお金を手に入れる方法8選|バイトやアプリも

コロナウィルスの流行により、収入が減少している人への融資を政府が提供しています。

 個人向けに用意されているのが緊急小口資金貸付であり、このサービスは20万円までの融資を無利子・無担保で提供するという画期的なものです。

金額は少ないものの、他のサービスと違い無利子で提供してくれるところが大きなメリットととなります。

済しなければならない期間もその分短くなっていますが、生活を安定させたいときには非常に使いやすい方法です。

政府が提供するサービスとなりますので、申請の際は市区町村に相談する必要があります。

友人にお金を貸してほしいと言われた場合の対処法

友人にお金を貸してほしいと言われた場合、以下の方法で対処するといいでしょう。

友人にお金を貸してほしい場合の対処法
  • 少額だけ貸してあげる
  • 消費者金融等のサービスを紹介する
  • 貸せないと告げる

個人間の借入はトラブルとなる場合が多く、大きな借入は将来的に返済されない可能性があります。業者と違い金利を適用させるなどの方法も取れないため、提供する際は金額などに気をつけて対処する必要があります。

本当に貸してもいいのかしっかり考えておきましょう。

ここからは、友人にお金を貸してほしいと言われた場合の対処法を詳しく説明します。

少額だけ貸してあげる

財布

大きな金額を貸すのはリスクが高すぎるため、少額だけ貸すという方法で融資する方法があります。

 少額だけ融資をするのであればそこまでのリスクはありません。必ず返済してもらうという条件をつけてお金を貸しましょう。

融資の際に何らかの誓約書を作るなどして、返済するまでの期限を決めてしまうのもいい方法です。

大きな借入は貸す側のリスクも大きくなってしまいますし、その金額分だけ生活に使える資金は失われてしまいます。

少しでも安心して生活したいのであれば、少額に留めて融資を行ってあげるというのがいい方法です。

消費者金融等のサービスを紹介する

個人で融資するのはトラブルが大きいことを伝え、消費者金融等のサービスを紹介して利用してはどうかと伝えるのもいいでしょう。

消費者金融でも有名とされている会社を中心に説明し、即日で借りられることを伝えれば対応してくれる場合があります。

消費者金融が使いやすいことを伝えると納得してくれる場合があります。

大手の消費者金融も利用できないと話しているようなら、中小の消費者金融を利用する方法を紹介してあげるのもいい方法です。

中小は大手と違い審査基準が緩和されているため、大手で駄目な人も審査を通過して融資を受けられる可能性があります。

貸せないと告げる

貸せないと告げる

個人での貸し借りはトラブルの元になると判断し、どれだけ親しい間柄でも高額なお金履かせないと告げる方法もあります。

1,000円程度の金額であれば別に貸しても問題ありませんが、10,000円を超えるような金額になると躊躇したほうがいい場面もあります。

 断った後に他のサービスを紹介するなど、相手へのケアをしてあげると関係を悪化させません。

お金を貸すというのはリスクが非常に高くなっていますし、返ってこなかった場合は自分がをしてしまいます。友人と言っても本当に信頼できるかどうかは不透明です。

貸しても返ってくる保証がなければ貸さないと告げたほうがいい場合も多いのです。

お金を貸して欲しくても手を出してはいけない方法

お金を貸してほしくても、絶対に手を出してはいけない方法があります。ここでは危険な2つの借入方法を紹介します。

ヤミ金

ヤミ金業者のイメージ

貸金業者は業務を営む際に、本店の所在地を管轄する財務局に登録をする必要があります。しかしなかには無登録で貸金業を営んでいる「ヤミ金」が存在します。

登録をしないまま貸金業を営むのは違法です。また登録をしている業者であっても、利息制限法で定められた利率を超える金利で貸付をすることも、違法になります。

 利息制限法で定められた利率は15%~20%です※1。

消費者金融からの借入金額が年収の3分の1になる場合は、消費者金融を利用できません。借入できなくなったからとヤミ金に手を出すと、法外な利息を請求されたり恐喝などのトラブルに発展したりするリスクがあります。

また、ネット上には虚偽情報も多く存在します。知名度のあまりないカードローンを利用する場合には、しっかり調べてから利用しましょう。

迷惑メールで「お金を貸します」という内容が来た場合には、詐欺の可能性があるので返信しないようにしてください。

※1 利息制限法1条

SNSでの個人間融資

SNSで個人融資してくれる人にコンタクトを取るイメージ

Twitter・FacebookなどのSNSで「お金貸します」という内容のDMが届く場合がありますが、信頼性が低いので避けましょう。面識のない人との金銭のやり取りは、トラブルになる可能性が非常に高いです

また、口座番号などの情報を悪用されたりネット上にバラまかれたりするリスクがあります。教えた個人情報が、犯罪に利用されるケースも考えられます。

 非常に厳しい取り立てを受ける・犯罪に勧誘される・プライベートな写真をバラまかれるなどの被害も後を立ちません。

そもそも、SNSで個人が不特定多数に繰り返しお金を貸し付けることは、貸金業法違反です。SNSでの個人間融資は絶対に利用せず、信用できる金融機関や公的制度などを利用するようにしください。

「ブラックOK」「自己破産OK」「秘密厳守」などの文句は、悪徳業者がよく使う文句!騙されないようにしましょう。
※参考:金融庁

よくある質問

カードローンを申し込みたいけど、どれを選ぼう?

本記事では5つのカードローンについてピックアップしました。そのなかでも金利が低いのが、「楽天銀行 スーパーローン」「三菱UFJ銀行 バンクイック」です。

金利が低いほど返済が楽になるので、迷ったら銀行カードローンの利用がおすすめです。また、「プロミス」はアプリの利用でポイントが貯まり、買い物に利用できるのでお得です。

公的貸付制度にはどんなものがありますか?

日本学生支援機構による「奨学金」、母子・父子家庭なら国の「母子父子寡婦福祉資金貸付金」生活費や教育費など幅広い用途に活用できる「生活福祉資金貸付制度」無利子・無担保で融資が受けられる「緊急小口資金」などがあります。

融資条件に当てはまる制度を探したい場合には、お住まいの地域の役場・役所に相談に行くと良いでしょう。

勤務先からお金を借りられる?

給料の前借りというかたちでお金を貸してくれる場合があります。ただし、あくまでも「前借り」なので、月給以上の金額の借入は難しいです。

また、前借りを頻繁に行うと解雇になるリスクも考えられるので、あまりおすすめはできません。しかし利息の支払いが不要なので、どうしても前借りしたい場合には、感謝の気持ちを伝えるプレゼントなどを用意しておくとよいでしょう。

親戚や知人に借りる時に気をつけることはある?
前提として、今までの信頼関係が崩れる可能性があることを肝に銘じておきましょう。貸してくれることになった場合には、感謝の気持ちを示すだけでなく、借りた金額と返済日を明記した借用書を作成し、誠意をみせることも重要です。
審査の甘いカードローンはある?

審査の甘いカードローンはありません。カードローンでお金を借りる場合には、他社からの借入額や収入、信用情報に傷がないか(ブラックリストに載っていないか)などが確認されます。

勤務先で本当に働いているか確認するための「在籍確認」連絡もあるため、決して審査は甘くありません。

「自己破産しててもOK」「絶対借入できます」という広告をみた

ヤミ金の可能性があるので、避けましょう。消費者金融は財務局に登録して運営する必要があります。しかし、無登録で貸金業を営む業者も少なからず存在します。

無登録の業者は「ヤミ金業者」と呼ばれ、法外な利息を請求したり恐喝などの違法な取り立てをしたりするため、トラブルに発展しやすいです。

お金に困っても、絶対にヤミ金に手を出してはいけません。

SNSで「お金貸します」とDMが来た

SNSで個人が不特定多数に繰り返しお金を貸し付けることは、貸金業法違反です。また、個人情報をばら撒かれたり、プライベートな写真を要求してきたりと、後々大きなトラブルになるリスクも非常に高いです。

SNS上で仲良くなったからと信頼せず、違法だという意識を持って個人間融資を利用するのはやめましょう。

まとめ

今回は、お金を貸してくれる方法を5つ紹介し、おすすめのカードローンもピックアップしました。お金を貸して欲しいと思ったら、まずは信頼性の高い銀行や、国の公的融資制度を検討しましょう。

今すぐにお金が必要な場合には、カードローンも有効な手段です。ただし利息が高いので、無理なく返済できるか計画を立てた上で借入を行うのがよいでしょう。

また、お金に困ったからとヤミ金やSNSの個人間融資を利用すると大きなトラブルに発展する可能性があるので要注意です。

親族・友人・勤務先にお金を借りる場合には、感謝の気持ちと誠意を示すことを忘れないことが、関係を続けるコツですよ。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事