OpenSea

OpenSeaは、世界の中でもトップを争うNFTマーケットプレイスです。

株式会社グローバルインフォメーションの市場調査によると、NFT市場は2022年の30億米ドルから2027年までに136億米ドルに達するといわれており成長が著しい分野とされています。

NFTの取引ができることで有名なOpenSeaですが、始めるための手順や利用方法がわからない人も多くいるでしょう。

ここでは、OpenSeaを始めるための手順や利用方法、ガス代・出品方法について解説します。

国内の取引所やMetaMaskについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※出典:NFT(非代替性トークン)の市場規模、2027年に136億米ドル到達予測・宮崎日日新聞

OpenSeaとは?

opensea

OpenSeaは、さまざまな種類のNFT作品が取引できる世界の中でもトップを争う※1のNFTマーケットプレイスです。

NFTとは?
「Non-Fungible Token」の略で、代替不可能なトークンのこと。

OpenSeaのアクティブユーザー数は、2021年8月時点で月間20万人以上※2であり増加傾向にあります。さらに2022年1月には1日あたりの取引高として過去最大の2億6,100万ドル※3を記録しました。

さらに利用者が多いだけでなくイーサリアムやポリゴン、クレイトなど多数のブロックチェーンに対応しているため、NFTが流通しやすい環境にあるのです

また、OpenSeaでは取り扱っているカテゴリも豊富です。

カテゴリ
  • 美術
  • グッズ
  • ドメイン名
  • 音楽
  • 写真撮影
  • スポーツ
  • トレーディングカード
  • 効用
  • 仮想世界

※1 公式サイトより
※2 出典:ブロックチェーン分析サイトDune AnalyticsのOpenSeaのユーザー数
※3 出典:coindeskJAPAN

誰でも簡単にNFTの出品や作成ができる

出品する際に審査などはなく、誰でも簡単にNFTの出品や作成ができます。

パソコンを使用できる環境があればNFTを作成でき、取引した作品や作成した作品などが出品可能です。

また、他のNFTマーケットプレイスでも必要となるガス代についても初回はかかるものの、2回目以降はガス代は無料になります。

ガス代は高額になることもあるため、無料になる条件があることは魅力的です。

OpenSeaを始めるメリット

利用するメリットとして挙げられるのは以下の4点です。それぞれ詳しく解説していきます。

メリット
  • 自分だけのNFTが作成できる
  • 出品手数料が無料
  • ロイヤリティーを設定できる
  • 日本語にも対応している

自分だけのNFTが作成できる

NFT

OpenSeaの魅力は、自分だけのNFTが簡単に作成できることです。NFTを出品して売却する場合は、専門的な知識が必要なのではと思う人もいるでしょう。

しかし、OpenSeaはパソコンが使用できる環境であればだれもがNFTクリエイターになれるのです、さらにNFTを作成する際に、作成料もかかりません。

NFTの作成が初めての人でもリスクがないため、利用しやすいといえるでしょう。

出品手数料が無料

OpenSeaでは基本的に手数料が無料です。

ガス代と呼ばれる手数料が他のNFTマーケットプレイスでは必要になることがあるため、手数料が発生しないのはうれしいポイントといえるでしょう。

しかし、以下の場合は別途手数料がかかります。

手数料が発生する時
  • NFT作品を初めて出品する時
  • NFT作品を初めて購入した時
  • 購入した作品を外部のウォレットに移動する時

またガス代の設定は、イーサリアムチェーンの需要によって変動するため、価格を日々チェックすることも大切です。

ロイヤリティーを設定できる

OpenSeaでは、ロイヤリティーを設定できます。ロイヤリティーとは、出品したNFTが売買されるたびに出品者に一定額の報酬が入ることです。

NFTを売却した時だけでなく、さらに他の人に渡っととしても2次販売として報酬が貰える仕組みがあります。

ロイヤリティー収入は作品を出品する際に設定でき、OpenSeaでは最大10%に設定できるのです。

日本語にも対応している

OpenSeaの公式サイトは基本的に英語表記ですが、1部日本語表記の欄もあるため比較的使いやすいでしょう。

 翻訳する際も方法は簡単で、Google翻訳アプリアプリをインストール後、公式サイトを開き右上の英語と日本語を切り替える画面を選択し設定すれば完了です。

画面が表示されない場合は、このページを翻訳すると書かれたボタンをクリックして日本語に切り替えるを選択することで表示されます。

OpenSeaの始め方を4STEPで解説

パソコンで作業

OpenSenの始め方は複雑ではなく、手順通りにすすめていけば簡単に作成することができます。詳しい手順は以下の通りです。

始め方
  1. 国内の取引所の口座を無料で開設する
  2. 取引所でイーサリアムを購入する
  3. MetaMaskのアカウントを用意する
  4. OpenSeaとMetaMaskを接続する

STEP1.国内の取引所の口座を無料で開設する

OpenSeaを始めるにあたり、国内の取引所の口座を開設する必要があります。なぜならば、取引を行うためには仮装通貨であるイーサリアムが必要だからです。

基本的には、ほとんどの国内仮装通貨取引所でイーサリアムが購入できます。

おすすめの国内取引所は、以下の通りです。

おすすめの国内取引所
  • Coincheck(コインチェック)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • DMMBitcoin(DMMビットコイン)
上記の取引所は、イーサリアムを購入する際の手数料が無料なため初心者の人でも利用しやすい国内取引所といえるでしょう。

STEP2.取引所でイーサリアムを購入する

口座開設が完了したら、日本円を入金して取引所でイーサリアムの購入を行います。イーサリアムは、取引を行うために必要となる通貨のような役割です。

イーサリアムの購入を選択後、購入したい金額を設定するだけで購入が完了します。

イーサリアムは取引を行うためには必要不可欠です。

STEP3.MetaMaskのアカウントを用意する

METAMASK

イーサリアムの購入が完了すれば、次にMetaMaskのアカウントを作成します。

MetaMaskとは?
仮装通貨やNFTを保管しておく場所のこと。

OpenSeaを始めるには、イーサリアムをMetaMaskに送金しなければなりません。

MetaMaskのアカウント作成の手順は、以下の通りです。

手順
  1. MetaMaskをGoogle Chromeにインストールする
  2. ウォレットの作成を行う
  3. パスワードの設定をする
  4. 利用規約や説明の確認を行う
  5. シークレットリカバリーフレーズ(12の英単語)を記録する
  6. シークレットリカバリーフレーズの確認を行こなう

パスワードやシークレットリカバリーフレーズが流通してしまうと、所持する仮装通貨やNFTが盗まれてしまうこともあるため厳重に管理する必要があります。

MetaMaskのアカウント作成が完了したら、イーサリアムを送金しましょう。イーサリアムの紛失を防ぐためにも送金アドレスはコピーし、送信先を間違えないようにしてください。

シークレットリカバリーフレーズの取り扱いには十分注意しましょう。

STEP4.OpenSeaからMetaMaskを紐づける

MetaMaskにイーサリアムの送金完了後、OpenSeaのサイトからMetaMaskを紐づけましょう。紐づけ設定を行わなければ、OpenSeaには商品を購入するためのお金がない状態です。

 OpenSeaの公式サイトで「Ḡreate」をクリック後アカウント作成を行います。作成が完了すると「My Account Settings」からMetaMaskとの接続画面が表示されアカウントが接続できるようになります。

接続の際に署名の要求の画面が表示されるため、署名をクリック後ユーザー名とメールアドレスを登録しましょう。登録したアドレスに届いたメッセージをクリックすれば接続完了です。

OpenSeaからMetaMaskへの接続は大事な行程です。忘れないように注意しましょう。

OpenSeaの利用方法

Opensea

ここでは、利用方法の手順を詳しく解説していきます。

利用方法
  • NFTの購入方法
  • NFTの出品・販売方法

NFTの購入方法

公式サイトから、「Explore」でNFTの検索を行います。さまざまな検索方法があるため、自分の好みのカテゴリーや価格帯などで検索してみるのもよいでしょう。

また、ランキングから作品をみることもできるため現在人気があるのはどのような作品か知ることも可能です。

 気になる作品や商品があれば、クリックすることで詳細が閲覧できます。イーサリアムの価格も表示されるため予算に合う作品を探してみてください。

NFTの購入方法には、2通りあります。提示された金額でそのまま購入する方法とオークション形式で落札する方法です。購入時には手数料であるガス代が発生するため価格を確認してから購入しましょう。

NFTの出品・販売方法

出品するためには、NFT作品が必要です。出品するNFTは、自分で描いた絵や編集した画像などでも構いません。サイトから作成(Create)を選択して、NFTを作成します。

さらに作品を販売する場合は、販売したい作品の価格や売却期間の設定が必要です。設定が完了すれば、「Complete Iisting」をクリックし署名を行います。

 画面上に「Your NFT is Iisted!」と表示されれば、出品完了です。

OpenSeaで稼ぐ方法

お金

稼ぎ方
  • NFTの取引で稼ぐ
  • NFTのパッシブゲインで稼ぐ
  • 自分で作成したNFTで稼ぐ

NFTの取引で稼ぐ

一般的な稼ぎ方としてNFTの取引で稼ぐ方法があげられます。

 仮装通貨や株式取引と同じ稼ぎ方で、取引時の価格よりも価値が上がれば、上がった分は利益になります。

市場調査を行い、今後価格高騰が期待できるNFTを見つけ出しましょう。

NFTのパッシブゲインで稼ぐ

パッシブゲインでは、株式投資と同じようにNFTの配当金で収益分配金が見込めます。

株式投資でも企業の株を保有していれば決まった月に配当金がもらえますが、パッシブゲインも同じような役割でDAOの権利が付与されているNFTで、所得を得ることが可能です。

自分で作成したNFTを販売して稼ぐ

自分で作成したNFTを販売して稼ぐのも1つの方法です。

近年では、BeepIeとして知られているクリエイティブアーティストの作品が75億円の価格で落札されました。※1

その他にも子供が描いたNFTアートの作品が高値で取引されるなど、NFTアートの可能性は無限大です。※2

※1出典:BeepleのNFT作品が約75億円で落札。現存アーティストのオークション記録第3位に|美術手帖
※2出典:【NFT狂想曲】なぜ、小学3年生の夏休みの自由研究に380万円の価値がついたのか|BUSINESS INSIDER JAPAN

OpenSeaにかかる初期費用

お金

OpenSeaにかかる初期費用は3つあり、それぞれの支払が必要となります。

OpenSeaにかかる初期費用
  • 仮想通貨取引所からMetaMaskへの送金手数料
  • ETHをWETHへ交換する際の費用
  • NFT購入時のガス代

3つの費用をそれぞれ支払うことになるため、OpenSeaを利用する際に支払う初期費用は比較的多くなる傾向があります。

どれだけの支払いが待っているのか、1つ1つの項目をしっかり見ながら対応していく必要があることを覚えておきましょう。

必要なコストを理解した上で利用するようにしましょう。

ここからは、OpenSeaにかかる初期費用を詳しく説明します。

仮想通貨取引所からMetaMaskへの送金手数料

OpenSeaを利用するためには、仮想通貨取引所からMetaMaskへ送金しなければなりません。

送金する際には手数料が必要となりますので、送金する際は負担する手数料のことを頭に入れて対応していく必要があります。

 送金手数料は1,000円程度に設定されていますので、金額としてはそこまで大きな数字ではありません。

送金手数料を無料にしていく方法は用意されていないため、OpenSeaを利用するためには絶対負担するべき費用となります。

まずはMetaMaskへ送金して次のステップへ進めるように調整しておく必要があることを覚えておきましょう。

MetaMaskへ送金しておかないことには手続きができないため、絶対に必要な手続きであることを忘れないでください。

ETHをWETHへ交換する際の費用

お金

次に仮想通貨取引所からMetaMaskへ移動させたETHWETHへ交換する手続きが必要となります。

OpenSeaで利用されているのはWETHであり、ETHを購入し、MetaMaskを利用して交換しなければなりません。

 交換する際の手数料として、こちらも1,000円程度かかってしまいます。

送金したEHTをWETHへ交換することで、OpenSeaで販売されているNFT購入手続きができるようになります。

交換手続きを忘れてしまった場合は、購入直前でもいいので手続きをして対応しなければねりません。

NFT購入時のガス代

最後にOpenSeaでNFTを購入する際に必要とされているガス代を支払わなければなりません。

販売されているNFTには、仮想通貨による支払いが発生しますので、支払い時にガス代を負担しなければ購入できません。

 ガス代の支払いは1,000円程度とされており、こちらも負担額としては大きくありません。

3つの支払いを合計すると、大体3,000円程度の負担となるため、あらかじめ考慮しておきましょう。

負担する金額としては少なく感じる方もいますが、毎回手数料がかかるものもあるため、意外と高い出費だったということも想定できます。

ガス代については毎回の負担として用意されます。

OpenSeaの注意点

パソコンと付箋

ここまでご紹介したように、OpenSeaには様々なメリットがありますが、以下のような点に注意が必要です。

注意点
  • ガス代は変動する
  • サーバー障害が発生することも
  • 法廷通貨・クレジットカードには未対応
  • 作品によっては価格が高騰することも
  • 偽物のNFTに注意

ガス代は変動する

OpenSeaでは、ガス代は常に変動します。ガス代がかかる場面は、NFTを購入する時や初めて作品を出品する時などです。

 作品を出品するタイミングなどによって、作品の価格よりもガス代の方が高くなることもあります。

ガス代を少しでも抑えたい人は、ガス代の価格が確認できるサイトを利用しましょう。サイトを利用すれば、ガス代が安価なタイミングで作品を出品できます。

サーバー障害が発生することも

2022年1月に過去最高の売上を記録するなど近年成長が著しい新しい分野ですが、特性上サーバー障害が発生してしまうこともあります。

実際、2022年1月20日にWebサイトの停止につながる技術的な問題によるサーバー障害が発生し、一時的にアクセスできなくなるなどの問題が起きたのです。

現在は復旧しており問題なく利用できますが、今後もサーバー障害が起こる可能性は0ではありません。

法廷通貨・クレジットカードには未対応

OpenSeaでは、NFTの売買に利用できる主要通貨はイーサリアムです。ドルやユーロ、円などの法廷通貨やクレジットカード決済にも対応していません。

他のNFTマーケットプレイスでも売買に利用できるのは、仮装通貨のみとなります。

作品によっては価格が高騰することも

OpenSeaで販売されている作品は、需要があり人気が高いと価格が高騰することがあります。購入したいクリエイターの作品があったとしても、人気があり高額ならば簡単には購入できません。

 人気の作品を購入して終わるのではなく、購入した作品を2次販売できるシステムなため価格が吊り上がることがあります。

無理をして購入することがないように、支払える金額を事前に設定しておくことをおすすめします。

偽物のNFTに注意

仮装通貨

NFTの中には、偽物のNFTが流通していることがあります有名なクリエイターの作品と偽り、高額で取引を行おうとするのです。

OpenSeaでは、NFTを作成するための審査などが必要ありません。また、身分確認に関しても完璧とはいえないため偽のアカウントを作成することは可能です。

偽物を見分けるためには、購入したい作品を作成しているクリエイターのTwitterや公式ホームページを確認する必要があります。

正式にクリエイターが作成した作品であると分かるまでは、購入はしないようにしましょう。

OpenSeaを始めるなら!おすすめ仮想通貨取引所5選

Coincheck

おすすめポイント
  • 初心者でも使いやすいスマホアプリが魅力
  • 約500円から仮想通貨購入が可能
  • 取引スタートまでのスピードが早い!

Coincheckは暗号資産初心者ならまず口座開設しておきたい取引所です。スマホアプリの使いやすさに定評があり、シンプルなデザインでスムーズに通貨の購入ができます。

少額からの購入も可能なので、いきなり多額を投資するのは少し怖い…という方にもおすすめです。取引開始までは申込みから最短翌営業日となっています。

NFTマーケットプレイスである「Coincheck NFT」というサービスもあります。他取引所に先駆けてNFT事業を開始している点もCoincheckの大きな特徴です。

取り扱い通貨数 17種類
販売所・取引所手数料 無料
レバレッジ 不可
取引スタートまでの日数 最短翌営業日

bitflyer

bitFlyer

おすすめポイント
  • ビットコインの取引量No.1!
  • 最長7年ハッキング0件を維持
  • 1円から仮想通貨が買える

bitflyerはビットコインの取引量が6年連続No.1の取引所です。ビットコインをメインで取引したい方ならまず口座開設しておきたい取引所となっています。

 業界最長である7年以上ハッキング被害に遭っていないという実績もあります。強固なセキュリティを実現できている取引所です。

口座開設にクイック本人確認を利用すれば最短10分で取引を始めることができます。さらに1円から仮想通貨購入も可能ですので、気軽にスタートできますね。

取り扱い通貨数 17種類
販売所・取引所手数料 無料
レバレッジ 2倍
取引スタートまでの日数 最短10分

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

おすすめポイント
  • 高性能なチャートツール「MT4」を利用可能
  • BITPOINTでしか扱っていない銘柄もあり
  • ステーキングで利益を出せる

BITPOINTは他の国内取引所では取り扱っていないJMY(ジャスミー)などのアルトコインを取り扱っています。アルトコインはリスクもありますが、将来性を見極めることで大きな価値を生み出すことができます。

 ロシアで開発された高機能チャート「MT4」の利用ができる点もメリットです。取引に慣れてきた中〜上級者はぜひ使っておきたいツールとなっています。

さらにBITPOINTではエイダコインのステーキングが可能です。ステーキングとは仮想通貨を持っておくだけで銀行の利子のように利益を積み上げていくもので、エイダコインのステーキングは年率3.5〜5.3パーセントで運用可能です。

取り扱い通貨数 14種類
販売所・取引所手数料 無料
レバレッジ 不可
取引スタートまでの日数 最短当日

DMM Bitcoin

DMMビットコイン

おすすめポイント
  • 国内最大級の銘柄数を誇る
  • DMMグループ運営でセキュリティも安心
  • 365日のサポート体制

DMM Bitcoinは22種類の仮想通貨を取り扱う仮想通貨取引所です。DMMグループ傘下のサービスなので、セキュリティも強固で安心して利用ができるでしょう。

 取引でトラブルなどがあれば、365日対応のカスタマーサポートを使うことができます。万が一の場合でも安心ですね。

また、DMM Bitcoinはスマホでスピード確認を利用すれば最短1時間で取引スタートできます。スマホでスピード確認は郵送物など面倒な手続きもなくスムーズな口座開設が可能です。

取り扱い通貨数 22種類
販売所・取引所手数料 無料
レバレッジ 2倍
取引スタートまでの日数 最短1時間

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント
  • 国内最大級の23銘柄を取り扱い中
  • 暗号資産FXの利用が可能
  • 貸し暗号資産サービスを提供

GMOコインは国内最大級の23銘柄を取り扱い中です。NFTなどの利用で話題のソラナなど将来性が期待される暗号資産を取り扱っているため、ぜひチェックしてみましょう。

また、保有する仮想通貨をGMOコイン側に貸し出すことにより利益を得る貸し暗号資産サービスや暗号資産FXなど、様々な取引サービスを提供中です。

スマホで本人確認を利用することで最短10分で取引を始めることができます。
取り扱い通貨数 23種類
販売所・取引所手数料 無料
レバレッジ 2倍
取引スタートまでの日数 最短10分

よくある質問

OpenSeaはマーケットプレイスとして利用しやすいですか?
販売されているNFTの数が非常に多くなっており、OpenSeaは利用しやすい業者の1つと言ってもいいでしょう。最大規模のNFTが販売されていることによって、マーケットプレイスとしては多数の商品が並んでおり、色々なものが購入できるようになっています。
OpenSeaは販売もできますか?
OpenSeaでは自分でNFTを作成することによって、自分でも販売ができるようになっています。販売されたNFTによって自分が収益を得られるため、自分が稼ぎたいと思っている方はどんどんNFTを作成し、売却を検討していくのが望ましいでしょう。
OpenSeaは日本人でも利用しやすいですか?
日本語に対応しているため、OpenSeaは日本人でも利用しやすい環境が整備されています。日本人でも気軽に利用できるサイト設定のため、NFT購入の際の問題点が解消されるでしょう。
OpenSeaを利用する際はイーサリアムの購入が必須なのですか?
イーサリアムをゲーム内通貨に交換しなければならないため、購入は必須となります。仮想通貨取引所を利用して購入しておく必要があるため、事前にイーサリアムを手に入れておきましょう。比較的高いレートで販売されていますが、安いときにまとまった量を購入しておけば負担は軽減されます。
OpenSeaで購入したNFTを転売しても構いませんか?
転売しても構わないルールのため、必要ないと思ったものは売却しても構いません。また、安く手に入れたNFTを高い値段で売却する方法も利用して色々な方法で稼いでみましょう。ただし、転売を中心とする場合は損失に気をつけましょう。
OpenSeaで成功するためには何をすればいいですか?
自分でNFTを作成するのもいい方法ですが、自分が欲しいと思っているものを見つけて購入する方法もおすすめです。また、NFTによって利益を得るのであれば、販売する価格などに気をつけて、できる限り稼げるような状況を作りましょう。
OpenSeaで気をつけるべきポイントは何ですか?
NFTの中に偽物が含まれている点です。偽物のNFTが販売されているため、価値の無いものを手に入れてしまう可能性があります。トラブルとして発生しやすい原因の1つでもありますので、本物かどうかをしっかり見極めた上で、最終的に購入しましょう。

まとめ

ここでは、OpenSeaを始めるための手順や利用方法について解説しました。NFT取引と聞くと一見難しそうに思いますが、正しく仕組みを理解して利用すれば誰でも簡単に始められます。

さらにNFT取引で保有していた作品の価格が高騰することもあるため、純粋にアートを楽しむだけではありません。

OpenSeaを始めるための手順や利用方法が分からず悩んでいた人は、この記事を参考にぜひ挑戦してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事