家賃が支払えない!滞納のリスクと対処法・相談窓口・カードローンを紹介

「病気やケガの治療費で家賃を支払うお金がない」「リストラにあって働けなくなった」など、やむをえない理由で家賃を支払えなくなる場合は珍しくありません。

しかし、アパートやマンションなど自分の住んでいる家が賃貸物件の場合には、毎月の家賃を大家さんや管理会社に支払う義務があります。滞納が続くと、場合によっては強制退去になるリスクもあるので注意が必要です。

そこで今回は、家賃を滞納した場合どうなるのかやリスクと支払えないときにすべきことを解説します。

家賃が支払えない場合に活用できる公的支援制度やカードローンも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

滞納し続けるとどうなる?家賃が払えないことで起こるリスク

家賃を支払っている家

家賃が払えないことで起こるリスクを4つ紹介します。

家賃が払えないことで起こるリスク
  1. 強制退去させられる場合がある
  2. 連帯保証人に迷惑がかかる
  3. 個人の信用情報がブラックリスト入りする可能性がある
  4. 裁判を起こされる可能性がある

1.強制退去させられる場合がある

家賃を滞納し続けると、強制退去させられる場合があります。一般的な強制退去までの流れは以下の通りです。

強制退去までの流れ
  1. 本人との家賃支払いの話し合い
  2. 連帯保証人への連絡
  3. 配達証明付きの督促状・内容証明郵便が送付
  4. 契約解除
  5. 明け渡し請求訴訟
  6. 強制退去

大家さんにとって家賃の滞納が続くと「収入が入らない」「次の入居者の募集できない」など、経営上大きな損失になります。強制対処させられないためには、きちんと対処することが大切です。

大家側も話し合いで円満解決したいと考えている場合がほとんどです。どうしても支払えない場合には理由を説明して、少しずつでも支払いましょう。

2.連帯保証人に迷惑がかかる

家賃が支払えず困っている男性

賃貸物件を契約する際に、連帯保証人が必要になる場合がほとんどです。連帯保証人は借家人の債務を肩代わりする責任がある法律で定められています。

そのため、借家人が家賃を滞納し続ける場合には連帯保証人に連絡がいき、家賃の支払いを督促されます。

 連帯保証人に迷惑がかかると、これまでの信頼を失う可能性もあるでしょう。

「連帯保証人への連絡は避けたい」という場合でも、家賃が支払えていない状態では連帯保証人への連絡を止めることはできません。

両親や親戚などの家族が連帯保証人でない場合は、賃貸人が用意した「賃貸保障会社」が連帯保証人となっているケースもあります。

3.個人の信用情報がブラックリスト入りする可能性がある

信用情報に傷がつき、悩む男性

「賃貸保証会社」を連帯保証人としている場合は、信用情報に傷がつく可能性があるので注意が必要です。一般的に滞納が60日以上続くと、信用情報に「事故」として登録されます。

 保証会社は、家賃が支払えないときに立て替えてくれますが、金融取引に含まれるので保証会社から催促された滞納家賃を支払えないと、信用情報に傷がつくこととなります。

信用情報に滞納した記録が残る期間は5~10年です。その間、カードローンや住宅・自動車ローン、クレジットカードなどの審査が通りにくくなります。

スマホを分割払いで購入することも難しくなるため、さまざまな場面で不都合が出るでしょう。

大家さんが保証会社に連絡する前に連絡をしたり、60日以内に支払ったりして、信用情報に傷がつかないようにする必要があります。

4.裁判を起こされる可能性がある

家賃を滞納していると裁判になる可能性がある

大家さんが借家人を退去させるためには、裁判を起こし勝訴判決を得たうえで強制退去させる方法があります。

家賃の支払いの滞納により、大家さんの収入に大きく影響が出ている場合、裁判を起こし強制退去の手続きを取る可能性があります。

 裁判を起こされた場合は、指定された裁判所へ出廷しなければいけません。

病気や失業などで家賃を支払えなかったとしても、裁判では家賃を滞納している正当な理由にはなりません。ほとんどのケースで大家さん側の勝訴となります。

裁判に発展してしまう前に大家さんへ理由を説明して、分割払いなどで対応してもらえないか相談することが賢明です。

家賃の滞納が始まってから強制退去までの期間は、最短で7か月程度。立ち退きたくない場合は誠実に対応しましょう。

家賃を払えず滞納した場合の相談先とすべきこと4つ

家賃を滞納したらさまざまなリスクを背負わなければなりません。最悪の場合を避けるためには、その状況下でやらなければならないことを確実にこなしていくしかありません。

ですが「家賃を払えず滞納したときどうするのが最善なのかわからない」という方もいるでしょう。

そんな方のために、家賃を払えず滞納した場合の相談先とすべきことを4つ紹介します。

家賃を払えず滞納した場合の相談先とすべきこと
  1. 支払う意思があることを伝える(大家や管理会社)
  2. 親族・連帯保証人に借入する(親族・連帯保証人)
  3. 公的融資制度を活用する(市区町村の社会福祉協議会)
  4. 生活困窮者自立支援制度を利用する(都道府県・市町村)

ここからは、家賃を払えず滞納した場合の相談先をすべきことを細かく見ていきましょう。

1.支払う意思があることを伝える(大家や管理会社)

家賃を支払う意思があると連絡する女性

家賃を払えず滞納した場合は、まず大家や管理会社に支払う意思があることを伝えましょう。

 信頼関係を守るために、真摯な謝罪と支払いが滞納した理由をしっかり説明することが大切です。

滞納している場合でも、支払う意思が「ある」と「ない」では、今後の信頼関係に大きく影響します。信頼関係に溝ができ、強制退去を避けるためにも、早めに大家や管理会社に相談することが重要です。

すぐにお金を用意できない場合は、支払いの目処を提案したり分割払いの相談をしてみたりすると良いでしょう。

2.親族・連帯保証人に借入する(親族・連帯保証人)

家賃を期間まで払える確証がない場合は、親族・連帯保証人に借入を相談しましょう。いくら親族や連帯保証人であっても、返金する前提で借入しないとトラブルに発展する可能性があります。

大家さんからの督促の連絡により連帯保証人に心配や迷惑をかけると、信頼関係が崩れる可能性も高いです。家賃を支払えないと感じたら、大家さんからの督促が行く前に相談しましょう。

親族などから高額の借入をすると「贈与」とみなされ、贈与税がかかります。借用書を作成し「貸与」であることをはっきりさせておきましょう。

3.公的融資制度を活用する(市区町村の社会福祉協議会)

公的支援制度の申込書に記入する男性

家賃が支払えない場合、市区町村の社会福祉協議会に相談するのも良い手段です。失業者や低所得者、高齢者などの生活を支えるために、国では公的融資制度を用意しています。

 公的融資制度には、無利子・低金利でお金の借入ができる制度もあります。

融資の対象となるための条件がいくつかありますが、まずは相談してみると良いでしょう。

生活支援をはじめ教育や福祉など、さまざまな支援を行っています。

以下では、家賃の支払いが融資対象となる可能性がある公的融資制度を2つ紹介します。

利用できる可能性がある公的融資制度
  1. 緊急小口資金
  2. 総合支援資金

緊急小口資金

緊急小口資金は、一時的に生活が苦しくなり緊急でお金が必要になった場合に、無利子・保証人なしで国から借入できる制度です。収入の減少などにより生活に困っている場合や、要介護者がいる世帯などが対象となります。

 貸付上限は10万円以内、据置期間は2ヶ月となっています。

なお、新型コロナウイルスの影響で収入が減った場合には、特例措置として貸付上限20万円、据置期間1年で貸付可能です。

市区町村の社会福祉協議会から申し込みが可能!まずは相談してみましょう。

総合支援資金

総合支援資金は、社会福祉協議会とハローワークなどによる支援を受けながら、生活支援費や住宅入居費、一時生活再建費などの貸付けを受けられる制度です。

単身世帯は月15万円以内、2人以上の世帯は月20万円以内の借入ができ、3ヶ月から最大12か月間まで延長可能です。貸付利子は連帯保証人がいる場合は無利子、連帯保証人がいない場合でも年1.5%なので、返済もしやすいでしょう。

申し込み窓口は市区町村の社会福祉協議会。仕事をしていない場合にはハローワークへの登録も必要ですよ。

参考:厚生労働省

4.生活困窮者自立支援制度を利用する(都道府県・市町村)

生活困窮者支援制度について調べる男性

生活困窮者自立支援制度は、経済的に苦しく必要最低限の生活を維持することが難しい方へ包括的な支援を実施する制度です。

働ける状態でも仕事がない人や、家族の介護に付きっきりで仕事ができない人などを対象に支援しています。

 生活困窮者自立支援制度の中に「住宅確保給付金の支給」があり、家賃を払えないときに支援の対象となる可能性があります。

住宅確保給付金は、家賃が払えなくなった借家人を対象に、原則3カ月・最大9カ月まで家賃を肩代わりしてくれる制度です。

支給のため返済の必要はありませんが、「世帯収入・世帯預金額が一定額を超えていない」「ハローワークなどを活用して求職活動をしている」などの条件があります。

給付額は、各都道府県や市町村・世帯人数などによって異なります。まずは相談に行ってみましょう。

参考:厚生労働省

新型コロナウィルスの影響で家賃が払えない時の対処法

手数料がかかることのイメージ

新型コロナウィルスの影響により、どうしても家賃が支払えないと判断している時は、以下の方法によって支払いを検討するといいでしょう。

家賃を支払えない時の対策
  • 大家さんに相談して支払いを延ばしてもらう
  • カードローンや消費者金融で借りる
  • 日雇いバイトなどを駆使して支払額を捻出する

基本的にまずは相談したほうがいいでしょう。相談しないまま払えませんというのは失礼に当たりますし、何らかの措置をとってくれる可能性があります。

他にも融資を受けるなどの方法により、お金を作る方法を検討してください。

色々な方法で対処できる可能性があります。諦めてはいけません。

ここからは、家賃が支払えない時の対処法を詳しく説明します。

大家さんに相談して支払いを延ばしてもらう

まずは大家さんに相談して、支払えないことを説明しておきましょう。説明しておけば、一定期間までなら待ってくれる場合があります。

ただ、長期的に待ってくれるわけではないため、すぐにお金を準備して支払える状況を作ったほうがいいでしょう。

 長期的に支払わないと追い出される可能性があります。また、家賃催促などの業者が関与することで、支払いを避けられない状況も発生します。

支払いを延長した場合でも、用意されている期限はそこまで長くありません。一応猶予をもらったとして、すぐに別の方法でお金を準備するなどの対応を検討してください。

適当に融資を受けるようではあまり効果が無いことも理解しておきましょう。

カードローンや消費者金融で借りる

カードローンや消費者金融など、すぐに借りられる方法を利用して融資を受ける方法が望ましいでしょう。短時間で融資を受けられる方法は、家賃を支払うために適しています。

特に消費者金融は支払いまでにかかる時間を大幅に短縮できます。

 カードローンを選ぶと支払いまでに時間がかかる場合もあります。前もって審査を受ける必要があるでしょう。

すぐにお金を準備してくれること、家賃などの支払いに利用しても何も言われないことなどを考慮すると、消費者金融を利用するのがベストな選択肢と言えるでしょう。

すぐに融資を受けて支払えば、家賃も確実に支払えます。

日雇いバイトなどを駆使して支払額を捻出する

どうしても借入が嫌だと思っているなら、日雇いバイトなどを駆使して支払額を捻出するなどの対策を取りましょう。

 この方法を利用する場合、日雇いバイトがすぐに確保できるのか、そして何日働けば家賃を支払えるのかしっかり考えましょう。

家賃を支払える金額さえ稼げば、後は働かなくてもいいのですぐにバイトを終了して家賃を支払います。

他にも日雇いバイトだけで足りないようならリサイクルショップなどで買取を検討してもらい、ある程度高いものを売るなどして資金を確保しておきましょう。

万が一に備えてカードローンを持っておくと安心!悩みも相談可能

カードローンのイメージ

家賃を払えずお金が必要になった場合に備えて、カードローンを契約しておくと役立つ可能性があります。すぐお金が必要になっても、審査に通らなければカードローンは契約できません。

 カードローンは、家賃・クレジットカード・携帯料金などの滞納期間があると審査が通りにくくなります。

審査に通りにくくなる前に備えておくと安心でしょう。

カードローンを持っておくメリット

カードローンを持っておくメリットは以下があります。

カードローンのメリット
  • 最短即日で現金が手に入る
  • 利用目的が自由
  • プロに相談してアドバイスをもらうことができる
  • お金が必要なタイミングで引き出せる
  • 銀行・コンビニなどで借入可能
  • 返済額は毎月一定なので計画を立てやすい
  • 利用限度額以内で繰り返し借りられる
  • 返済方法が自由に選べる

家賃を払えず滞納してしまった方にとって、最も大きなカードローンのメリットが「最短即日で現金が手に入る」というものです。家賃を滞納してしまったらできる限りすぐに払わなければなりません。

 カードローンでは、最短即日で現金が手に入るため、大きな問題まで発展することなく滞納した家賃を払うことができます。

また、契約限度額以内であれば何度でも借入・返済ができるため、再度家賃の支払いに困った時には大きな助けになるでしょう。

ほとんどのカードローン会社は「30日間無利息」で利用できる場合が多いです。30日間の間に返済すれば、利息分は支払わなくても良いため、家賃の金額だけを返済すれば良いのです。

まずはプロに相談を!おすすめのカードローン会社5選

プロミス

プロミス

プロミスのおすすめポイント
  • 瞬フリにより最短10秒で借入可能
  • 担保・保証人なしでも借入できる
  • 50万円以下の借入の場合は本人確認書類だけでOK

プロミスは、24時間いつでも最短10秒で振込される「瞬フリ」が特徴のカードローンです。振込手数料は0円で、三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で振込が可能となっています。

 WEB申し込みやアプリローンならカードレスなので、カード紛失の心配もありません。

担保・保証人なしでも借入できるため、家族や友達に気づかれたくない人でも安心です。スマホでお申込みからお借入れまで完結するアプリローンも便利です。

男性スタッフには話しにくい相談もできる、女性専用の「レディースキャッシング」も完備しています。
金利(実質年利) 4.50%〜17.80%
借入限度額 500万円
審査時間 最短25分
融資スピード 最短即日
借入方法
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 提携ATM
  • 口座振込
WEB完結 融資まで
取引手数料 不要
申し込み年齢 18歳以上74歳以下※収入が年金のみの方はお申込いただけません。

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

※出典:公式サイト

アコム

アコム

アコムのおすすめポイント
  • カードローンランキング3部門でNo.1※1を獲得した実績
  • 最大800万円まで用途問わず融資可能
  • 契約したの翌日から30日間金利0円

アコムは、三菱UFJ銀行が提供するカードローンです。カードローンランキングの「はじめての方にオススメ」「即日ほしい人向け」「手続きがわかりやすい」の3部門でNo.1を獲得した安心の実績があります。

 最短30分で審査が完了するため、急にお金が必要になった場合もすぐ活用できるでしょう。

楽天銀行の口座ならインターネットや電話からの申し込みで、24時間最短1分で振込されます※2。家賃の引き落としに間に合う可能性もあるでしょう。

スマホアプリを併用すれば手軽に借入残高を確認でき、返済額をいつでも把握できます。
金利(実質年利) 3.00%〜18.00%
借入限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
借入方法
  • 店頭窓口
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • インターネットから口座振込
WEB完結 融資まで
取引手数料 不要
申し込み年齢 20歳〜69歳

※1 <調査概要>調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年1月8日~12日 調査概要:カードローン7社を対象にした比較イメージ調査 調査対象:2,658名、男女、20~69歳、全国 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カードローン」Google検索上位7社(2020年11月12日13時00分時点)※記事・広告・まとめサイト・銀行・信用金庫を除く
※2 振込実施時間はご利用されている金融機関によって異なります。

※出典:公式サイト

アイフル

アイフル

アイフルのおすすめポイント
  • WEBからの申し込みの場合、最短25分で審査完了
  • 「1秒診断」により融資可能かどうかがすぐ分かる
  • 提携ATMを全国に約70,000台設置している

アイフルは、WEB・電話・スマホアプリ・無人店舗の4種類の方法で申し込みできるカードローンです。「今、スグ、借りたい」という時にはWEB申し込み後に電話をすれば、審査時間を短縮できます。

 WEB申し込みなら、最短25分で審査完了し、最短1時間で借入が可能です。
提携ATMを全国に約70,000万台設置しており、提携ATMやコンビニなどから気軽に借入・返済ができます。チャットで24時間相談対応もしているので、困った時にも安心です。

申し込みに際は、自宅や勤務先への連絡は原則なし!WEB申し込みなら郵送物のないので、周囲にバレる心配もないでしょう。
金利(実質年利) 3.00%〜18.00%
借入限度額 800万円
審査時間 最短25分
融資スピード 最短即日
借入方法
  • 口座振込
  • アイフルATM
  • 提携ATM
  • スマホアプリ
WEB完結 融資まで
取引手数料 不要
申し込み年齢 20歳〜69歳
※出典:公式サイト

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットのおすすめポイント
  • 返済日が豊富
  • 返済ごとにTポイントを貯められる
  • コンビニでカードの受け取りができる

SMBCモビットは、返済日を毎月5日・15日・25日・月末の4つの中から選択できるカードローンです。自分の都合に合わせて返済できるため、無理なく返済ができます。

 WEB申し込みなら最短30分※1で審査が完了し、お勤め先確認の電話もありません。※2

また、返済でTポイントが貯まるのも特徴のひとつ。返済額の200円の利子につき1ポイント貯められ、貯まったポイントは返済にも利用できます。

提携ATMは約12万台!全国の銀行やコンビニなどが利用できるので、返済もしやすいでしょう。
※2022年4月現在
金利(実質年利) 3.00%〜18.00%
借入限度額 800万円
審査時間 最短30分※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
融資スピード 最短即日※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
借入方法
  • 提携ATM
  • 振込キャッシング
WEB完結 融資まで
取引手数料 不要
申し込み年齢 20歳以上74歳以下収入が年金のみの方はお申込いただけません。

※1申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。※2審査の際に確認が必要な場合には、オペレーターの個人名で電話がある場合があります。
※出典:公式サイト

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSAのおすすめポイント
  • 最大60日間利息0円
  • 曜日に関係なく融資を受けられる
  • 公式アプリで、コンビニATMからいつでも借入・返済が可能

レイクALSAは、初めての利用ならWEB限定で最大60日間利息0円と、消費者金融の中でも比較的長い期間の無利息サービスを提供しているカードローンです。

 審査結果は最短15秒で表示され、最短60分融資も可能です。

レイクALSA公式アプリ「e-アルサ」なら、セブン銀行のATMで借入れができます。21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日の借入れも可能なので、急いでいる場合にも役立ちます。

借入額5万円までなら180日間無利息!家賃の足りない分だけちょっと借りたい場合に非常に便利でしょう。
金利(実質年利) 4.50%〜18.00%
借入限度額 500万円
審査時間 最短60分
融資スピード WEB申し込みの場合は最短60分
借入方法
  • 提携ATM
  • 口座振込
  • 新生銀行カードローンATM
WEB完結 融資まで
取引手数料 不要
申し込み年齢 20歳〜69歳

※出典:公式サイト

よくある質問

強制退去までに連帯保証人が対応すれば住み続けられるのですか?
家賃を支払えないようであれば、まず連帯保証人に対して連絡が入り、代理で支払うように求められます。これを拒否されてしまうと様々な手続きが取られ、強制退去されてしまいます。連帯保証人が対応してくれれば問題なく住み続けられます。
契約解除などを拒否した場合はどうなるのですか?
契約解除を拒否した場合は大家さんなどが裁判で対応し、契約解除されてしまいます。また退去を拒否した場合は強制的に追い出すための措置を講じます。どのような場合でも拒否して住み続けられるという方法は使えません。
裁判の対象となった場合、出席しなければなりませんか?
基本的に出席して弁明する必要があります。しかし、滞納しているケースでは弁明しても負ける可能性が高くなっていますので、裁判を簡単に終わらせて支払い要求や立ち退きという形になるでしょう。
消費者金融やカードローンでお金を借りて家賃を支払うのは許されているのですか?
消費者金融やカードローンは生活費の支払いに利用してもいいと記載していますので、家賃の支払いに利用しても問題ありません。家賃がどうしても支払えないようであれば、融資を受けて支払に充ててもいいでしょう。
カードローンを持っていれば家賃を支払えない状況は解消できますか?
ほぼ解消できますが、カードローンの利用枠がいっぱいになっているなど、支払いができない状況に陥っている時は利用できません。カードローンは利用枠が用意されていますが、この枠が埋まっているようでは対処できません。
消費者金融は金利が高い為避けたいです。どうすればいいですか?
銀行系のカードローンを利用してください。銀行系のカードローンは金利が低く設定されますので、多少ではありますが利息の支払いも抑えられます。ただ、数字としては3%程度の違いですので、早期に返済できればあまり変わらないでしょう。
公的融資制度を利用したいのですが、審査はありますか?
あります。審査を受けて条件に該当している人だけが融資されます。融資される対象ではないと判断されれば、たとえ家賃を支払えない状態になっていたとしても融資されません。

まとめ

今回は、家賃が払えないときのリスクや対処法などを解説しました。家賃は60日以上滞納してしまうと裁判を起こされ、強制退去になる可能性があります。督促や家賃の催促に対しては、できる限りの誠意をもって対応しましょう。

どうしてもお金を用意できない場合は、公的融資制度や生活困窮者自立支援制度を使うのも良い手段です。制度を活用すれば無利子・低金利での融資や給付金をもらえる可能性もあります。

家賃を払うお金がすぐにでも必要という場合は、カードローンの利用もおすすめです。最短即日で融資を受けられるので、家賃の引き落としに間に合わない場合に、一時的な補填方法として活用できます。

家賃を払えなくても無連絡で滞納が続くと大事になります。どうしても払えない場合には大家さんや市町村に相談しましょう。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事