クアンタム(QTUM)とは?チャートや将来性、今後の展望も解説!

クアンタムは、日本での取扱いが2020年スタートと、比較的新しい仮想通貨です。

特にビジネスへの汎用性が高く、海外では広く認知されています。過去に高騰したこともあり、国内での注目度も年々高まっています。

今後も以前のような大幅な価格上昇があり得るかどうかが気になりますね!

そこで今回は、クアンタムの仮想通貨としての特徴や、今後のトレンドについてご紹介していきます。

この記事でわかること
  • クアンタム(QTUM)の特徴
  • クアンタム(QTUM)の将来性
  • クアンタム(QTUM)に影響を与える要因
  • クアンタム(QTUM)の買い時
  • クアンタム(QTUM)の取扱いがある国内取引所

クアンタムの現在の価格や将来性が気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

クアンタムを購入するならコインチェック!
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

クアンタム(QTUM)とは?

クアンタム

クアンタムはシンガポールに拠点を置く、ビジネス思考的ブロックチェーンプラットフォームです。

仮想通貨時価総額ランキングのトップであるビットコインと、2位のイーサリアムの強みを合わせ持つ画期的な仮想通貨として、現在多くの投資家から注目を集めています。

クアンタムの特徴
  • ビットコインとイーサリアム両方の長所を合わせ持っている
  • ステーキングに対する報酬が支払われるPoSの採用
  • イーサリアムとの高い互換性

クアンタムはビジネスに強い暗号資産です。セキュリティの高さと、モバイル利用を想定して設計された実用性の高さの両面が、ビジネス利用に適しています。

大手企業であるGoogleやAmazonとの提携がその信頼度の証でもあります。

提携先の安定感や信頼度がそのままクアンタムの評価に繋がってくるでしょう。
通貨名 Quantum(クアンタム)
通貨単位 QTUM
時価総額 54,370,948,708 円
時価総額ランキング 97位
発行上限枚数 なし
現在の値段※2022年5月23日時点 522,01JPY
国内取引所
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin
  • Coin check
  • bit bank

出典:Coinmarket

クアンタムを購入するならコインチェック!
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

特徴①ビットコインとイーサリアムの長所を併せ持つ

ビットコイン

ビットコインは高い匿名性がある代わりに、スマートコントラクトのプログラムができないというデメリットがあります。

また、イーサリアムはスマートコントラクトを実装していますが、送金アドレスが毎回同じものを利用するため、匿名性においてビットコインに劣ります。

 クアンタムはビットコインとイーサリアム両者の弱点を補い、強みのみを引き継ぐという形で開発された今までにない仮想通貨といえるでしょう。

特徴②報酬システムにPoSを採用

仮想通貨におけるコンセンサスメカニズム(取引結果が正しいかどうかの確認手法)の主流は、PoWとPoSの2つです。ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨がPoWを採用しているのに対し、クアンタムはPosを採用しています。

 PoSは、仮想通貨の「保有量」と「保有期間」に応じて報酬を与える仕組みなので、クアンタムをステーキングする人に報酬が支払われます。

PoSにメリットを感じるコイン保有数が多いユーザーにとって、PoS採用のクアンタムは貴重な銘柄といえるでしょう。

今後、電力コストの高いPoWからPoSへの変更をする仮想通貨が出ることも予測されており、PoSを採用しているクアンタムの注目度がさらにアップする可能性があります。

クアンタム(QTUM)のチャートと最安値・最高値


クアンタムの現時点(2022年5月26日時点)での最高値は、523.357円、最安値は522.037円で、前日比約6.9円高となっています。

 500円台を推移しているクアンタムですが、過去には1,000円台まで上昇した時期もありました。

クアンタムに限らず仮想通貨全体が年末から価格を落とし、2022年初頭も下降トレンドが継続しています。

2022年2月に一時期上昇トレンドに転換したかにみえましたが、ロシアがウクライナ侵攻を開始すると世界的に金融市場が低迷し、クアンタムも降トレンドにシフトしています。

世界情勢が落ち着きを取り戻すと、クアンタムの価格も再度上昇するかもしれません。

クアンタム(QTUM)の将来性と今後の展望

クアンタムに興味がある人やすでに取引している人にとって、クアンタムの将来性や今後の展望は気になるところでしょう。ここからは、クアンタムについて押さえておくべき情報をご紹介します。

世界的大手企業との提携の可能性がある

ビットコイン

クアンタムはビジネス利用を目的として設計されているため、システム自体がビジネスに対しての汎用性が高いのが特徴です。

そのため、その技術力や信頼性の高さ、利便性に対して世界的な大手企業からも注目されています。

 クアンタムはDeFi(分散型金融)、DApp(分散型アプリ)、NFT(非代替性トークン)などのシステム連携をしています。

多様なビジネスへの活用が可能なことは、ほかのコインとの大きな差別化になり、すでに提携しているAmazonやGoogle、コロンビア大学以外にの企業やサービスとの提携に期待ができるでしょう。

また、提携先が増えると同時に、新しく上場する取引所が増えるかもしれません。

多くの取引所に上場できれば、将来性の高い通貨として認知され新規ユーザーの獲得にも繋がり、価格が上昇しやすくなります。

クアンタムを購入するならコインチェック!
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

半減期を迎えたことによる反動

クアンタムは、保有量や保有期間に応じて得られる「ステーキング報酬」の半減期を設定して、コインの価格コントロールを行っています。

半減期にはコインの発行も制限されるため、市場に出回るクアンタムコインの量が減少し、一時的なインフレ状態が期待できます。

 実際、前回の半減期は直前からインフレを期待するユーザーの取引が増加し、価格上昇がおきました。

クアンタムの半減期は、約4年に1度の頻度で行われているのが現状です。半減期は価格の動きを予想しやすいため、初心者でも安心して取引をスタートできるでしょう。

また、できるだけクアンタムの価格が下がった時期に購入する必要があるため、チャートのチェックを怠らず、安値を見逃さないようにしましょう。

前回の半減期は2021年12月なので、次回は2025年の12月と予想されます。

中国政府の動向が懸念

スマホ

クアンタムの価格は、中国政府の動向に大きく影響します。もともとクアンタムは、中国で誕生したプロジェクトです。

中国の共産党支配による独裁政治の影響を受ける可能性が高く、多くのクアンタムユーザーは中国情報にも気を配っています。

 中国当局が仮想通貨の規制を強めれば、クアンタムにもネガティブなトレンドが生まれる可能性があります。

ただし、中国は良くも悪くも極端な政治傾向にあるため、ネガティブなトレンドだけでなく、急な仮想通貨の上昇トレンドを生み出すケースもあるでしょう。

売り時、買い時を逃さないためにも、今後の中国情勢に留意しながらクアンタムの取引計画を立てるのをおすすめします。

ビジネスシーンでの活用に期待

クアンタムはデータ管理だけでなく、顧客のデータから価値を引き出し、競争力を確保可能にすることを目標としています。

 顧客のビジネスをサポートするための技術開発に力を注いでおり、クアンタム製品を使うことで、企業が持つデータを有効活用できるようになります。

クアンタムが開発したサービスがビジネスシーンの主流になれば、クアンタムの価値自体が大きく見直されるでしょう。

また、現在の提携先であるAmazonやGoogleで、さらにクアンタムのサービス活用が進めば、よりクアンタムの価値形成への好材料になります。

クアンタムのデータ活用の技術は、今後あらゆるビジネスに応用可能です。

クアンタムの買い時を解説

投資でお金を増やす方法|証券会社・FX会社6選

クアンタムの買い時は以下のタイミングを参考にしてみましょう。

クアンタムの買い時
  • クアンタムのレートが暴落している時
  • クアンタムのニュースが発表されている時
  • 他の仮想通貨に上昇気配が見えている時

クアンタムに関連している情報が発表されているタイミングでは、需要が高まると判断して購入する人が増えてきます。

 同じタイミングを狙って購入すれば、レートの上昇による利益獲得が狙えるでしょう。

他にも仮想通貨の気配を気にしておくだけで買い時が見つかる場合もあります。基本的にはクアンタムのニュース等を意識して見ていくといいでしょう。

ここからは、クアンタムの買い時について詳しく説明します。

クアンタムのレートが暴落している時

クアンタムのレートが近況に比べてかなり暴落しているタイミングでは、購入することで反発する可能性があるため、買い時と言えるでしょう。

暴落している通貨はどこかのタイミングで上昇する傾向があり、反発してきたタイミングを狙えば大きな利益になります。

 暴落している時は何らかの問題が発覚している可能性もあるため、ニュースなどの情報をしっかり見ておくようにしましょう。

レートの暴落タイミングさえしっかり見ておけば、後は購入するタイミングを伺い、いいタイミングで購入して反発するまで待つという方法が取れます。

反発してきたタイミングで大きな利益を獲得できれば、クアンタムを利用して多額の収入を得られるのです。

クアンタムのニュースが発表されている時

仮想通貨

クアンタムに関連しているニュースが発表されているタイミングは、非常に狙い目と言えるでしょう。

いいニュースが発表されていると、クアンタムを購入したいと考えている人が増えることになり、より多くの人がクアンタムに手を出してくれるのです。

 クアンタムのニュースは仮想通貨の情報サイト等に記載されていることが多いため、ニュースサイトへアクセスして情報を仕入れるようにしましょう。

ニュースの内容次第で上昇するか下落するか大きく変わってきます。上

昇するタイミングはいいニュースが発表されているときですが、悪いニュースが発表されている時は逆に下落に転じてしまいます。

ニュースの内容をしっかり読み取り、購入してもいいか判断するようにしましょう。

他の仮想通貨に上昇気配が見えている時

他の仮想通貨が上昇しているタイミングで、場合によってはクアンタムも上昇してくる可能性があります。

具体的にはビットコインイーサリアムなど、仮想通貨の主力とされている通貨が上昇しているタイミングで、他の仮想通貨も一緒に上昇していることがあります。

 仮想通貨の中には他の仮想通貨を引っ張っていくような通貨もあります。ビットコインは代表的な通貨と言えるでしょう。

ビットコインが大幅に上昇しているタイミングは、仮想通貨全体が上昇気配に転じている可能性もあります。

上昇している状況が生まれやすいタイミングでは、クアンタムもレートが上昇する可能性を秘めています。

ビットコインなどの情報を見て購入するタイミングを伺うのもいいでしょう。

クアンタム(QTUM)を購入できるおすすめの取扱所4選

Coin check

コインチェック

おすすめポイント
  • 取り扱い通貨数が豊富
  • 取引所の取引手数料が無料
  • ダウンロード数国内NO.1

Coin checkは、東証一部上場企業であるマネックスグループが経営母体の、大手仮想通貨取引所です。

Coin checkは、2018年の仮想通貨「NEM」の不正流出事件後にマネックスグループに買収されてから、セキュリティー面の大幅改善が行われました。

現在は高いレベルで顧客の預り金の管理と、悪意のある不正アクセス防止が可能となっています。

 過去の経験をふまえた新体制によるセキュリティー強化が高く評価され、国内最大級の取引所として信頼を回復しました。

Coin checkはクアンタムをはじめ、取扱っている仮想通貨の種類が多いのが特徴です。

まだ注目されていないが、価格上昇が期待できる堅実な通貨へのトライアル的な投資も可能です。

また、取引所での売買トレードの手数料が無料なので、取引回数が多いトレーダーからも人気があります。

「取引所手数料無料」は、ほかの取引所にはない大きな強みといえるでしょう。

取扱仮想通貨(暗号資産) 17種類
レバレッジ なし
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料
  • コンビニ入金:770円~
  • クイック入金:770円~
出金手数料 407円

出典:Coin check
※1:公式サイトの文言による(2020年1月-12月/データ協力:App Annie)

DMM Bitcoin

DMMビットコイン

おすすめポイント
  • 豊富なキャンペーンを実施している
  • 最短1時間で仮想通貨取引スタート※公式サイトの文言による
  • 365日無休でお問い合わせ対応

DMM Bitcoinは、音楽、通販、金融事業など、幅広い事業内容で知られるDMMグループの仮想通貨取引所です。グループ企業の金融サービス事業で培ったスキルを活かしたサービス展開が話題で、幅広いユーザーから支持を集めています。

特にスマートフォンでの取引のしやすさで高い評価を得ており、チャートチェックや売買がどこでもスムーズにできる取引所として知られています。

 分かりやすくレイアウトされたアプリは次の動作の指示が出るため、取引初心者も簡単に売買が可能です。

DMM Bitcoinでは365日、24時間LINEで問い合わせ対応をしてくれるため、初歩的な質問がしやすいというメリットもあります。

セキュリティも万全で、「不正ログイン防止」「コールドウォレット運用」「信託保全」「顧客資産の分別管理」などさまざまな対策で顧客が安心して取引をおこなえる場を提供しています。

また、さまざまな手数料が無料となっているため、取引回数などを気にせず自由に売買ができるのもDMM Bitcoinの魅力です。

お得なキャンペーンも随時開催されているので、こまめなサイトチェックがおすすめです。

取扱仮想通貨(暗号資産)
22種類
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
  • トロン(TRX)
  • カルダノ(ADA)
  • ポルカドット(DOT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ジパングコイン(ZPG)
  • チリーズ(CHZ)
  • アバランチ(AVAX)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料(一部例外あり)
入金手数料 無料(銀行手数料は顧客負担)
出金手数料 無料

※出典:DMM Bitcoin

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント
  • オリコン顧客満足度2年連続No.1の実績
  • 多くの仮想通貨銘柄を取り扱っている
  • さまざまなサービス提供による自由度の高い取引が魅力

GMOコインは、オリコン顧客満足度ランキングの「おすすめの暗号資産取引所 現物取引(仮想通貨)」で、1位の実績を誇る人気の取引所です。

「取引のしやすさ」「手数料の妥当性」「システムの安定性」「資産管理」などさまざまな項目で高評価を得ています。

システムが安定しているため、クアンタムなどの知名度が低い仮想通貨でも取引が成立しやすく、アルトコインメインのユーザーにもおすすめです。

 仮想通貨の取引銘柄はほかの取引所と比較しても多く、いくつかの仮想通貨にリスクを分散させたい人にも適しています。

また、「販売所」「暗号資産FX」「つみたて暗号資産」「ステーキング」など、さまざまな取引が可能で、柔軟に運用ができるのもGMOコインの強みです。

ステーキング報酬があるため、ステーキングに適したクアンタム取引へのメリットが大きい取引所です。

取扱仮想通貨(暗号資産) 21種類
レバレッジ 最大2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料
  • メイカー・-0.01%
  • テイカー:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:GMOコイン
※出典:オリコン「暗号資産取引所 現物取引(仮想通貨) 総合ランキング」

bit bank

bitbank

おすすめポイント
  • 豊富な機能を持つ安定したアプリが魅力
  • 第三者機関によるチェックで高評価を受けるセキュリティ
  • 仮想通貨の取引量が多い

bit bankは、仮想通貨の取引量にの多さが魅力の仮想通貨取引所です。仮想通貨の取引量が多いことは売買がスムーズに成立することを意味します。

特に、クアンタムなど国内での知名度がまだ低いコインは、取引量が少なければ売買する相手を見つけることが難しいでしょう。

その点、bit bankは取引の成立確率の高さで知られており、クアンタムユーザーにも安定感のある取引所としておすすめです。

 取引量の多さは取引成約率の高さだけでなく、取引所自体の信頼性の高さを表す指標にもなります。

bit coinの大きなメリットのひとつに、取引所でアルトコインを売買できることがあります。

アルトコインを販売所取引に限定している取引所も多いため、bit bankは手数料をおさえてアルトコイン売買ができる貴重な取引所としても知られています。

bit bankで取扱のあるすべてのアルトコインが取引所売買に対応しているため、クアンタム以外のアルトコインへの投資も検討している人には最適です。

bit bankは、365日24時間で送金対応可能なシステムを採用しています。

取扱仮想通貨(暗号資産) 15種類
レバレッジ なし
販売所手数料 無料(一部銘柄を除く)
取引所手数料
  • メイカー:-0.02%
  • テイカー:0.12%

(一部銘柄を除く)

入金手数料 無料
出金手数料 550円~

出典:bitbank

よくある質問

クアンタムはどのような形で実用化されるのですか?
現時点で実用化の方針等は決まっていませんが、クアンタムはビットコインとイーサリアムの両方を加えているような仮想通貨となります。より実用化に向けて動きやすいように作られていることもあり、決済サービスやスマートコントラクトなどで利用される可能性があります。
クアンタムは発行上限が設定されていませんが、どうしてですか?
クアンタムの発行上限を設定しなくても、ある程度の価値は担保されると判断されているためです。多くの仮想通貨は発行しすぎることでレートの暴落を起こす恐れを持っていますが、クアンタムはレートの暴落が起こらないだろうと判断して発行上限が設定されません。
クアンタムのレートが過去のような状況に戻る可能性はありますか?
現在仮想通貨全体としてレートが下落傾向にあるのは間違いないことで、なかなか上昇する可能性というのは失われつつあります。過去に1,000円近くまで上昇している通貨ではありましたが、今後はレートが下がり続けてしまい、これまで以上に安い価格を付ける恐れがあります。
クアンタムで気になる要素というのはありますか?
今後は仮想通貨全体の規制というのがクアンタムにも影響してくる可能性があります。特に中国当局が規制を強化するのではないかと指摘されており、そのタイミングで一気に仮想通貨が暴落する可能性もあります。クアンタムのレートが安定するかはニュースによって大きく変わります。
クアンタムは国内でも取引できますか?
クアンタムは国内の取引所で2020年から取引できるようにしているため、現在でも取引可能です。CoincheckやDMMビットコインなど、扱っている取引所が数多くありますので、気になる人は購入を検討するといいでしょう。購入の際はレートにも気をつけてください。
クアンタムは大きく上昇する要素はありますか?
クアンタムは企業と提携することにより、これまでにない上昇を達成できる可能性を秘めています。今後は企業との提携、そして開発が進められるかが重要になってくるでしょう。企業側の開発が進められれば、クアンタムは大きく上昇する可能性を持ちます。

まとめ

今回は、今注目のクアンタムについてご紹介しました。クアンタムは国内での認知度はまだ低いものの、今後の半減期やビジネス展開によっては大幅に高騰する可能性がある仮想通貨です。

また、クアンタムは大手企業との契約で経営が安定しているため、中国政府の動向や、互換性のあるイーサリアムなどの動きを注視しておけば値動きの予測がしやすいというメリットがあります。

ビジネスシーンでの活用が今後さらに拡大すると予想する人もいますよ。

クアンタムの将来性に期待が持てる人には、弱気相場の現在が購入のチャンスかもしれません。自分の取引スタイルや仮想通貨全体のトレンドなどに合わせて、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事