楽天ゴールドカード

昨今のキャッシュレス化に伴い、いかに活用しやすいカードを選ぶかで生活が左右されるといっても過言ではありません。

活用しやすいカードを選ぶなら、楽天ゴールドカードがおすすめです。

楽天ゴールドカードは、年会費やセキュリティ、海外優待サービスなどさまざまな面でメリットがあります。そこで今回は以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 楽天ゴールドカードの特徴
  • 楽天ゴールドカードのメリット・デメリット
  • 楽天ゴールドカードにメリットがないと言われる理由

楽天ゴールドカードに新規入会を考えている方、別の楽天カードからの切り替えを検討している方はぜひ参考にしてみてください!

楽天ゴールドカードの基本情報と特徴

公式サイト

通常の楽天カードよりワンランク上に位置します。下記に、基本情報をまとめていますので確認しておいてください。

申し込み条件 20歳以上
年会費 2,200円(税込)
ポイント 楽天ポイント
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • カード盗難保険
締め日・引き落とし日 末日締め翌月27日払い
キャッシング利用 可能

出典:https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-gold-card/

審査基準については公表されておらず、独自の基準を設けているとされています。

楽天ゴールドカードの還元率

コイン

楽天ゴールドカードの基本還元率は1.0%です。

100円(税込)につき1ポイントが貯まるため、日々の支払いに活用することでザクザク獲得できます。

なお、効率良くポイントを貯めるには下記の方法があります。

効率の良い貯め方
  1. 楽天のサービスや優待店で決済に使う
  2. 誕生日月サービスを活用する
  3. 公共料金の支払いに使う

①楽天のサービスや優待店で決済に使う

公式サイト

楽天が提供しているサービスで決済に使用すると、通常よりも還元率がアップします。

還元率アップについて
  • 楽天市場:通常の3倍
  • 楽天トラベル:通常の2倍
  • 優待店での使用:通常の最大1.5倍~

なお、楽天の優待店は居酒屋や百貨店、美容室など幅広いためさまざまなシーンで活用可能です。主な優待店は下記となります。

主な優待店
  • ENEOS
  • SEIYU
  • ENEOSでんき
  • ENEOS都市ガス
  • DAIMARU
  • 松坂屋

上記以外にも多くの優待店が全国各地にあります。

詳細は楽天カード会員様専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」にてご確認ください。

②誕生日月サービスを活用する

スクリーンショット

ゴールド会員の方が、誕生日月に楽天市場・楽天ブックスで買い物をすると通常のプラス1倍となるポイントを獲得できます。

 楽天市場での買い物をすると、還元率アップで3倍になることに誕生日月優待が加算されトータル4倍獲得可能です。

なお、誕生日月の獲得ポイントには月間2,000ポイントまでと上限が設けられています。

③公共料金の支払いに使う

電線

公共料金の支払いに使うことで、特別な使用もなく固定費としてかかるものでポイントを貯められます。

クレジット決済に対応するサービスも増えつつあるため、ぜひ現金払いから切り替えてみてはいかがでしょうか。

【年会費・ETCカード】楽天ゴールドカードの8つのメリット

公式サイト

楽天ゴールドカードには、以下のようなメリットがあります。

メリット
  1. 年会費がリーズナブル
  2. 利用限度額が最高200万円
  3. 空港ラウンジが利用できる
  4. トラベルデスクが無料で利用可能
  5. 海外優待サービスが豊富
  6. セキュリティや安心制度が充実
  7. 誕生月にはポイントが貯まりやすい
  8. ETCカードを発行できる

①年会費がリーズナブル

紙幣

年会費は2,200円(税込)となるため、比較的リーズナブルな金額でゴールドカードの所持が可能です。参考として、他社のゴールドカードの年会費を下記表にまとめています。

カード名 年会費(税込)
三井住友カードゴールド 11,000円
JCBゴールド 11,000円
dカードGOLD 11,000円
エポスゴールドカード 5,000円
アメリカン・エキスプレス・
ゴールド・カード
31,900円

このように、10,000円を超える年会費のゴールドカードと比べてみると、楽天ゴールドカードは手頃な価格設定だと言えるでしょう。

11,000円(税込)のカードと比較すると、5分の1の金額で所持できますね。

②利用限度額が最高200万円

紙幣

通常の楽天カードでは、利用限度額が100万円に設定されています。しかし、楽天ゴールドカードなら限度額が200万円と倍にアップするため、さまざまな決済に活用可能です。

利用限度額100万円では足りなくなるのではないかと不安な方は、ぜひゴールドカードへのランクアップを検討してみてください。

 

③空港ラウンジが利用できる

飛行機

楽天ゴールドカードを所持していると、下記の国内主要空港と一部海外空港のラウンジが無料で利用できます。

北海道 新千歳空港・函館空港・旭川空港
東北
青森空港・秋田空港・仙台国際空港
関東 成田国際空港・羽田空港
北陸 新潟空港・富山空港・小松空港
東海 中部国際空港セントレア・富士山静岡空港
近畿 伊丹空港・関西国際空港・神戸空港
中国 岡山空港・広島空港・米子鬼太郎空港・山口宇部空港・出雲縁結び空港
四国 高松空港・徳島阿波おどり空港・松山空港
九州 福岡空港・北九州空港・九州佐賀国際空港・長崎空港・大分空港・阿蘇くまもと空港・宮崎ブーゲンビリア空港・鹿児島空港
沖縄 那覇空港
韓国 仁川国際空港
アメリカ ダニエル・K・イノウエ国際空港国際線ターミナル(旧ホノルル国際空港)

なお、利用する際は楽天ゴールドカードと当日の航空券、もしくは半券を提示してください。家族カード会員についても、本会員と同様に無料で利用できます。

 同伴者の利用は有料となるため、本カードにて支払いましょう。

ラウンジで利用できるサービス

ドリンク

ラウンジで提供されている主なサービスは下記となります。

主なサービス内容
  • ソフトドリンクの提供
  • Wi-Fi・無線LANサービス
  • 新聞の閲覧
  • テレビの視聴
  • お子さま用の絵本・おもちゃの貸し出し
  • マッサージ機(有料)
  • アルコールの提供(有料)

各ラウンジで提供するサービス内容や営業時間は異なるため、事前に公式ホームページで確認しておきましょう。

④トラベルデスクが無料で利用可能

空港

ニューヨークやパリ、ホノルルなど世界38拠点にある現地デスクを無料で利用できます。現地デスクでは、下記サービスを提供しているためチェックしておきましょう。

サービス内容
  • パスポートやカードを紛失・盗難に遭った際の案内
  • 病気やケガに遭った際の案内
  • 現地情報の紹介
  • 各種予約手配

内容によっては手数料がかかる場合や、実費となる場合があるため事前に問い合わせてご確認ください。

また、内容によりサービスを提供できないデスクもあるため、あらかじめ確認しておくと安心ですね。

⑤海外優待サービスが豊富

旅行

海外旅行に出かけた際、下記の優待サービスが受けられます。

優待内容
  • 海外レンタカー10%オフ
  • 携帯・Wi-Fiルーターレンタル20%オフ
  • 手荷物宅配優待
  • 楽天会員様専用ハワイラウンジの利用

海外に行く機会が多い、あるいは今後行く予定のある方はぜひチェックしておいてください。

⑥セキュリティや安心制度が充実

スマートフォン

大切な情報を守るための、下記のセキュリティ機能が備わっています。

セキュリティ機能
  • 不正検知システムによる24時間365日体制のモニタリング
  • 悪質なスパムメールの受信を未然に防ぐ
  • 安全に管理する取り組み(ISMS認証)を取得
  • ICチップを搭載し偽造やスキミング防止
  • 犯罪による収益の移転防止
  • ネットショッピング時の本人認証サービス(3Dセキュア)
  • カード利用お知らせメールによる不正使用の早期発見
  • 第2パスワードの設定
  • 指紋認証ログインによる第三者の悪用防止

クレジットカードは便利なサービスですが、発展するにつれて悪質な犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性は否めません。

充実した強固なセキュリティは、利用者にとって安心感につながるためメリットだと言えるでしょう。

⑦誕生月にはポイントが貯まりやすい

画像

上記でも解説したように、ゴールド会員が誕生月に以下の店舗でショッピングをすると、通常のプラス1倍でポイントを獲得することができます。

対象店舗
  • 楽天市場
  • 楽天ブックス
楽天市場でショッピングをすると還元率が通常の3倍にアップするため、誕生月の優待が加算されると合計で最大4倍ものポイントを貯めることができます。

誕生日プレゼントとして、ぜひ楽天市場・楽天ブックスでのショッピングをお楽しみください。

⑧ETCカードを無料で発行できる

自動車

通常ランクの楽天カードの場合、ETC年会費は楽天会員ランクが「ダイヤモンド」もしくは「プラチナ」以外は550円(税込)となります。

しかし、ゴールドカードを持っていれば無料でETCカードを所持可能です。

ETCは通行料金100円(税込)につき1ポイント獲得できるため、日頃から車移動が多い方は申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

楽天ゴールドカードの3つのデメリット

悩む

楽天ゴールドカードは多くのメリットがある魅力的なカードですが、一方でデメリットとなる点はどういった部分なのでしょうか。ここでは、楽天ゴールドカードのデメリットを3つ解説します。

デメリット
  1. 空港ラウンジは利用制限がある
  2. 付帯保険は通常カードと同じ
  3. アメックスは発行されていない

①空港ラウンジは利用制限がある

国内主要空港・海外の一部空港ラウンジが無料利用できますが、回数は年間で2回までと制限されています。

 毎年9月1日から翌年8月31日を1年間として、この期間に2回まで無料利用できます。

ただし、韓国の仁川国際空港ラウンジは回数制限の対象外です。

年に複数回利用したい場合は、そのうちの2回しか無料で利用できないためご注意ください。

②付帯保険は通常カードと同じ

カウンセリング

海外旅行傷害保険が付帯されていますが、内容は一般ランクとゴールドカードで同じです。下記が補償項目と保険金額になります。

補償項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円(自動付帯4,000万円・利用条件1,000万円)
傷害治療費用 300万円(自動付帯)
疾病治療費用 300万円(自動付帯)
賠償責任 3,000万円(自動付帯)
携行品損害 50万円(自動付帯30万円・利用条件20万円)
救援者費用等 200万円(自動付帯)

なお、保険は自動付帯となるため、旅行前に旅費を支払うなどの条件はありません。

盗難保険について

セキュリティ

カードの紛失あるいは盗難後に不正使用された場合、楽天が連絡を受理した日から60日前以降に発生した被害額を、保険会社の判断に基づいて免除されます。

申請の手続きは下記手順で実施してください。
申請手順
  1. 紛失盗難専用ダイヤル「0120-86-6910」に連絡
  2. 楽天側から内容のヒアリング
  3. 保険申請書類を楽天に提出
  4. 問題なければ楽天から保険会社に書類を提出
  5. 保険会社が保険の適用可否を判断
  6. 適用と判断された場合は支払い免除手続き

盗難保険の内容も、通常の楽天カードに付帯されているものと同じです。

※保険申請書類の追加・ヒアリングが必要な場合は再度楽天側から連絡が入ります。

③アメックスは発行されていない

カード

一般ランクとなる楽天カードは下記4つの国際ブランドを提供しています。

提供ブランド
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス

しかし、ゴールドカードではアメックスは発行されていません。

そのため、アメックスにこだわりがある方にとってはデメリットだと感じる可能性があります。

楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えるメリットは?損益分岐点はどこ?

楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替える場合には、どのようなメリットがあるのでしょうか。楽天ゴールドカードが向いている方や、損益分岐点についても併せて見ていきましょう。

楽天ゴールドカードへ切り替えるメリット

パソコン

楽天ゴールドカードに切り替えるメリットは、利用可能額が倍になることです。楽天カードの利用可能上限額は100万円です。

買い物をたくさんする方は、少ないと感じてしまうかもしれませんね。

一方、楽天ゴールドカードに切り替えをすると、利用可能上限額が2倍の200万円にアップします。よって、メインカードとしても活用できるようになるでしょう。

 ただし、誰でも上限の200万円が適用される訳ではありません。

利用可能上限額については、審査の際個別に設定される点に注意が必要です。

審査の結果、楽天カードと変わらない100万円が限度額になる可能性もあることを覚えておきましょう。

楽天ゴールドカードへの切り替えがおすすめな人

女性

楽天ゴールドカードへの切り替えがおすすめなのはどのような人なのか、順に紹介していきます。

切り替えがおすすめの人
  1. ダイヤモンド会員・プラチナ会員以下でETCカードを利用している人
  2. 飛行機を利用する機会の多い人
  3. 海外旅行に行く予定のある人
  4. 利用可能額を増やしたい人

①ダイヤモンド会員・プラチナ会員以下でETCカードを利用している人

運転

先ほどもお伝えした通り、楽天カードでダイヤモンド会員・プラチナ会員以下の方はETCカードの年会費が550円(税込)かかってしまいます。

楽天市場を利用する機会の少ない方にとっては、ETCカードを長年利用するほど損をしてしまうでしょう。

 楽天ゴールドカードに切り替えれば、年会費を支払う必要は一切ありません。

年会費がネックでETCカードの申し込みを控えていた方は、切り替えのタイミングで申し込むことがおすすめです。

②飛行機を利用する機会の多い人

飛行機

楽天ゴールドカードは国内の主要空港と海外の一部の空港ラウンジを年間2回まで無料で利用できます。

 普段から飛行機を利用する機会の多い方は、楽天ゴールドカードへの切り替えがおすすめです。

空港ラウンジでは静かに時間を過ごすことができるので、パソコンで仕事をしたい方もはかどります。なお、家族カードをお持ちの場合は家族も空港ラウンジが利用可能です。

家族旅行の際にも便利に活用することができるでしょう。

同伴者の利用は有料となるので、注意してくださいね。

③海外旅行に行く予定のある人

海

楽天ゴールドカードではトラベルデスクが利用できるので、海外旅行に行く予定のある方におすすめです。

 観光情報の紹介はもちろん、レストラン・オプショナルツアーのご予約の手配などを依頼することができます。

パスポート・カード紛失盗難・病気やケガなど、トラブルに遭遇した時も心強い味方となってくれるでしょう。

無料のサービスなので、積極的にご活用ください。

④利用可能額を増やしたい人

女性

楽天市場を利用する機会が多い方や、楽天カードをメインで使いたい方は、楽天ゴールドカードがおすすめです。利用可能額の上限が2倍にアップするので、高額な買い物も気にせず行うことができます。

今まで、楽天カードで利用上限に達したことがある方は、切り替えるのが良いでしょう。

損益分岐点について

書類

これまでは、楽天ゴールドカードを楽天市場で利用した際のポイント還元率は5%以上でした。しかし、2021年4月より、楽天カードと同じ3%以上に変更されています

 そのため、楽天カードと楽天ゴールドカードの損益分岐点は、空港ラウンジを利用するかどうか次第となりました。

その他、誕生月に高額な買い物をする予定がある方もお得であると言えます。

楽天市場での還元率を5%以上にアップさせたい場合には、上位カードである楽天プレミアムカードに申し込むのが良いでしょう。

メリットがないと言われる理由

メリットがないと言われる理由

楽天ゴールドカードには今までと変更された部分があり、中には「メリットがない」という声も挙がっています。変更した事項は下記です。

変更された部分
  1. スーパーポイントアップ(SPU)の還元率変更
  2. 公共料金の還元率変更

①スーパーポイントアップ(SPU)の還元率変更

メリットがないと言われる理由

今までメリットであったスーパーポイントアップ(SPU)について、2021年の4月1日(木)より倍率が4倍から2倍に変更となっています。

 スーパーポイントアップ(SPU)とは、使えば使うほど楽天市場での買い物で還元率がアップするお得なプログラムです。

楽天ゴールドカード・プレミアムカードはともに4倍でしたが、ゴールドのみ一般ランクと同じ2倍に下がっています。

なお、月間獲得上限は5,000ポイントのままです。

②公共料金の還元率変更

メリットがないと言われる理由

今まで公共料金の支払い100円(税込)につき1ポイントを獲得できていましたが、2021年6月利用分より500円(税込)利用で1ポイント進呈に変更となっています。

変更となった主な事業者は下記です。
変更となった事業者
  • 東京電力エナジーパートナー
  • 関西電力
  • 東京ガス
  • 大阪ガス
  • 日本ガス
  • 東京都水道局
  • 大阪市水道局
  • 神戸市水道局
  • 自動車税
  • 固定資産税
  • 住民税
  • 国民年金保険料

上記以外にも変更になった事業者があるため、公式ホームページで調べておきましょう。

よくある質問

楽天ゴールドカードとはどんなカード?
一般ランクよりワンランク上となる種類です。年会費は2,200円(税込)で、通常の楽天カードにはない特典が提供されています。なお、申し込みは20歳以上から可能です。審査は独自の基準を設けています。
楽天ゴールドカードの還元率は?
基本還元率は1.0%となり、決済100円(税込)につき1ポイント獲得可能です。なお、楽天市場をはじめグループが提供するサービス、あるいは優待店で決済に使うと数倍の加算が受けられます。
楽天ゴールドカードのメリットは?
年会費がリーズナブルであることや、海外優待サービスが豊富であること、セキュリティが充実していることなどが挙げられます。他にもさまざまなメリットがあるため、ぜひチェックしてみてください。
楽天ゴールドカードの利用限度額は?
最高200万円まで利用可能です。なお、通常の楽天カードの利用限度額は100万円となるため、倍の金額をショッピング等で利用できます。
楽天ゴールドカードのデメリットは?
通常ランクの楽天カードと、付帯される保険の内容が同じ点はデメリットとして挙げられるでしょう。カードのランクが上がれば、それに伴い保険内容は手厚くなることが少なくありません。保険を重視して選ぶ方は、事前に把握しておきましょう。
楽天ゴールドカードのメリットがないと言われる理由は?
スーパーポイントアップ(SPU)の倍率が4倍から2倍に変更となったことや、今までは公共料金の支払いが100円(税込)につき1ポイント獲得できたところ、500円(税込)につき1ポイントに減ったことが挙げられます。
楽天ゴールドカードにはキャンペーンがある?
新規入会&利用で、もれなく7,000ポイントが進呈されるキャンペーンを開催しています。随時開催されているため、ぜひ条件を満たして大量獲得を目指しましょう。

まとめ

この記事では、楽天ゴールドカードのメリットを詳しく解説しました。

空港ラウンジの利用や限度額の増額など、通常の楽天カードよりも特典が手厚くなったものもあります。

一方で、保険内容は通常カードと同じであることなど、年会費が有料になったにも関わらず通常カードと変わらない部分がある点はデメリットと感じる方もいるかもしれません。

しかし、記事内で例に挙げた他社と比べても比較的手頃な年会費で所持できるゴールドカードなので、ぜひ入会を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事