貯蓄型保険とは?特徴から選び方までわかりやすく解説!

「貯蓄型の保険ってどんな特徴があるの?」「貯蓄型と掛け捨て型の違いを知りたい」と、貯蓄型保険について知りたいという人も多いでしょう。

貯蓄型保険はさまざまなリスクに備えながら、保険金を貯蓄して資産形成ができるタイプの生命保険です。今回は貯蓄型保険の特徴や選び方について解説します。

種類や保障内容などによって保険料も大きく異なるので、この記事を参考に自分に合う貯蓄型保険を検討してみてください。

貯蓄型保険とは

生命保険の上手な3つの活用法

貯蓄型保険とは、名前のとおり「貯蓄をしながらリスクに備えられる生命保険」のことを指します。保険期間に保険金の受け取りがなかった場合、満了時には満期返戻金を、解約時には解約返戻金を受け取れます。

 万が一に備えながら、いざと言う時の出費にも対応できる点が強みです。

貯蓄型保険と掛け捨て保険の違い

貯蓄型保険と比較される生命保険の種類として、掛け捨て保険が挙げられます。ここでは貯蓄型保険と掛け捨て保険の違いについてまとめました。

貯蓄型 掛け捨て型
返戻金 あり なし
保険料 割高 割安
更新 なし あり

掛け捨て型の保険には基本的に「保険期間」が設定されており、期間が終了しても返戻金が受け取れることはほとんどありません

掛け捨て型の保険は貯蓄性がない分、保険料が割安に設定されています。

貯蓄型保険の種類と役割

養老保険の4つの選び方

ここでは貯蓄型保険の種類と役割について、解説します。

貯蓄性保険の種類

貯蓄型保険は、備えるリスクによって4種類に分類されます。

保険の種類 保険期間 本来の目的 被保険者(契約者)の死亡時
終身保険 死亡保険 一生涯 死亡保障 契約した保険金を受給
養老保険 生死混合保険 満期・終身 死亡保障と貯蓄両方 契約した保険金を受給
学資保険 生存保険 満期あり 老後資金の貯蓄 払込免除あり・満期時に返戻金を受給
個人年金保険 生存保険 満期あり 教育資金の貯蓄 払込保険料分を受給

終身保険

終身保険は、被保険者が死亡したり高度障害状態となったりするリスクに備える死亡保険の一種です。死亡保障は一生涯続き、解約時には返戻金が受け取れます。

養老保険

養老保険は被保険者の死亡時・高度障害時に対するリスクと、老後の生活費が不足するリスクの両方に備えられる生死混合保険です。

保険期間は終身型と定期型に分かれており、満期時には満期返戻金を、解約時には解約返戻金を受け取れます。

学資保険

学資保険は、子供の教育資金が不足するリスクに備えられる生存保険です。設定した保険期間まで保険料を積み立て、満期時には返戻金を受け取れます。一般的に高校や大学の入学時を満期とするケースがほとんどです。

 もし途中で契約者(親)に万が一のことがあれば、その後の保険料を払わなくて済む特約も付加できます。

個人年金保険

個人年金保険は、将来の資金不足に対するリスクに備えられる生存保険です。設定した保険期間まで保険料を積み立てて、満期返戻金を受け取れます。

基本的には60歳や65歳など、年金受給が始まるタイミングでの受け取る人が多いですが、他の目的でも利用可能です。

貯蓄型保険の役割

養老保険の4つの選び方

貯蓄型保険には、3つの役割があります。

貯蓄型保険の役割
  1. 人生の大きな出費に備えられる
  2. 確実に貯蓄できる
  3. 節税対策になる

1.人生の大きな出費に備えられる

貯蓄型保険は、返戻金をさまざまなライフステージで活用できます。人生の3大出費といわれている「教育資金」「住宅資金」「老後資金」に備える目的で加入している人も少なくありません。

 外貨建て保険や変額保険に加入すれば、払込保険料以上の保険金を受け取れる可能性もあるでしょう。

効率よく資金を準備するひとつの方法として、検討する価値は十分にあるといえます。

2.確実に貯金できる

貯蓄型保険を利用すれば、資金を自動的に積み立てていくことになります。そのため自分で貯金したり節約したりするよりも、確実かつ簡単にお金を貯められるでしょう。

保険で積み立てた資金を手元に戻すには手続きも必要なので、預金のようにすぐ使ってしまう心配もありません。

3.節税対策になる

貯蓄型保険も生命保険料控除の対象であり、所得税や住民税を減額が可能です。生命保険料控除は、保険の種類によって一般生命保険料、介護医療保険料、個人年金保険料の3種類に分けられます。

生命保険料控除の種類
  • 一般生命保険料:終身保険養老保険学資保険・変額保険(有期型・終身型)
  • 介護医療保険料:医療保険、がん保険、介護保険
  • 個人年金保険料:個人年金保険・変額保険(年金型)
    (外貨建てを含む・払込10年以上、60歳から受け取りなどの要件あり)

上記のうち赤字のものが、今回紹介した貯蓄型生命保険に該当します。なお、それぞれの控除額は以下の計算方法によって決定します。

新契約(平成24年1月1日以後に締結した保険契約等)に基づく場合の控除額
年間の支払保険料等 控除額
20,000円以下  支払保険料等の全額
20,000円超 40,000円以下 支払保険料等×1/2+10,000円
40,000円超 80,000円以下 支払保険料等×1/4+20,000円
80,000円超 一律40,000円
旧契約(平成23年12月31日以前に締結した保険契約等)に基づく場合の控除額
年間の支払保険料等 控除額
25,000円以下  支払保険料等の全額
25,000円超 50,000円以下 支払保険料等×1/2+12,500円
50,000円超 100,000円以下 支払保険料等×1/4+25,000円
100,000円超 一律50,000円

もしも2020年に月々1万円の養老保険に加入した場合、一般生命保険料として4万円の控除を受けられます。

 貯蓄型保険はそれぞれの種類ごとに最大4万円、3種類合わせて最大12万円の控除を受けられるため、普通に貯金をするよりも節税効果が高いといえるでしょう。

※https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1141.htm「No.1141 生命保険料控除の対象となる保険契約等|国税庁」

貯蓄型保険に加入する2つのメリット

貯蓄型保険に加入する2つのメリット

貯蓄型保険に加入するメリットは、2つ挙げられます。

貯蓄型保険に加入するメリット
  1. リスクに備えながら貯金できる
  2. 契約者貸付制度を利用できる

貯蓄型保険は、貯金が苦手な人や返戻金の明確な使い道が決まっている人に向いているでしょう。また貯蓄型保険に加入すると契約者貸付制度を利用できます。

 契約者貸付とは、返戻金のなかから一定の範囲内でお金を借りられる制度です。

一般的に、解約返戻金の70%から90%の金額を低金利で借りられます。

保険会社によって利用できるかどうか異なるので、契約前に確かめておきましょう。

貯蓄型保険に加入する2つのデメリット

貯蓄型保険に加入する2つのデメリット

貯蓄型保険に加入するデメリットは、2つ挙げられます。

貯蓄型保険のデメリット
  1. 早い解約は損をする恐れがある
  2. 保険料が割高

貯蓄性保険の大きなデメリットは、保険料が割高である点です。貯蓄性を兼ね備えているため、商品によっては掛け捨て保険に比べて2倍以上の保険料を負担することになります。

 早い段階で解約するほど返戻金はごく僅かなので、長期間の加入は必須だといえるでしょう。

たとえば個人年金保険の場合、払込期間が10年を超えたあたりで返戻金が払込保険料の総額を超え始める商品がほとんどです。

保険料を払い続けられる自信がない場合、貯蓄型保険は向いていないと言えるでしょう。

貯蓄型保険の選び方4ポイント

貯蓄型保険の選び方4ポイント

貯蓄型保険への加入を検討する際は、以下の4つのポイントを重視しましょう。

貯蓄型保険の選び方
  1. 備えるべきリスクを把握
  2. 負担できる保険料を算出
  3. 保障内容を検討
  4. 返戻率の目安を知る

1.備えるべきリスクを把握

生命保険への加入を検討する際は、備えたいリスクを把握する必要があります。

 「自分に万が一のことがあると家族が困る」というケースでは死亡保険、「子供の教育資金が足りないかもしれない」場合には早めに学資保険を検討するのがおすすめです。

逆に貯蓄に余裕がある人は、保険に加入する必要性は低くなります。

ライフステージや家庭の状況に応じて、備えるべきリスクをピックアップしましょう。

2.負担できる保険料を算出

貯蓄型保険の選び方4ポイント

毎月の生活の中でどのくらいの保険料を負担できるか、あらかじめ算出しておきましょう。貯蓄型保険は保険料が割高で、早めに解約すると損をしてしまう恐れがあります。

加入前に負担できる保険料の目安を必ず確認し、もしお金に余裕がない場合は掛け捨て保険も検討しましょう。

3.保障内容・保険期間を検討

負担できる保険料を把握したら保険期間や保障内容を決定します。満期が設定できる養老保険・学資保険・個人年金保険の場合は、解約返戻金の使い道によって保険期間を決定しましょう。

保険期間の設定
  • 老後に使う場合:受け取りが60歳~70歳となるように設定
  • 大学入学時に使う場合:受け取りが子どもの18歳となるように設定

また保障内容は必要な金額から貯蓄額を差し引いた分で契約すると、保険料を無駄に払わずにすみます。

ここでは、死亡時や教育資金・老後資金の目安を紹介します。

死亡時

死亡時など万が一の際のリスクは、終身保険や養老保険で備えられます。家庭を持たない人や子供のいない共働き夫婦の場合は、自分の死亡時に周りの家族や知人が葬儀費用を負担しないよう、200万円程度準備しておきましょう。

また専業主婦(主夫)の家庭や子供がいる家庭の場合には、今後の生活費や教育費についても備えなければなりません。

死亡時に必要となる金額
  • 子供がおらず、専業主婦(主夫)のいる家庭:500万円
  • 子供がいる家庭:1,000万円以上

配偶者や子供がいる場合は遺族年金を受給できますが、会社員で標準報酬月額25万円の場合でも月々10万円程度です。

 老後資金や、子供の教育費などの大きな支出も考えられるので、家族のために手厚く備えておく必要があります。

教育資金

貯蓄型保険の選び方4ポイント

子どもの教育資金は主に学資保険で備える人が多いですが、貯蓄性のある生命保険であれば、返戻金を活用して準備できます。

日本政策金融金庫によると、高校入学から大学卒業までにかかる子ども1人当たりの教育費用(入在学費用)は 939.1万円です。

貯蓄と合わせて1,000万円以上備えておけると、両親に万が一のことがあったとしても安心です。

https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/kyouikuhi_chousa_k_r01.pdf

老後資金

老後資金は、終身保険や養老保険、個人年金保険で備えられます。満期保険金を老後の資金に充てたいという場合は、公的年金の受給額を把握したうえで保障内容を決定しましょう。

仮に30歳の人が貯蓄型保険に加入した場合、保険期間(解約時期)と保障内容は以下のように設定します。

保険期間 30年〜35年(定年後)
保険金額(解約返戻金の目安) (生活費)-(公的年金受給額)×25年分程度(60歳から85歳まで受け取った場合)

1ヶ月あたりの生活費から毎月もらえる年金額を引き、残りいくら準備しておくべきか計算しましょう。保障内容を検討できるだけでなく、解約返戻金の目安も把握しておけます。

 厚生労働省によると、令和元年の老齢厚生年金の平均受給月額は14万6,000円です※。

またフリーランスや自営業者の場合は、基礎老齢年金を約6.5万円しか受給できません。

少子高齢化が進み公的年金の受給額はさらに減額すると予想されるため、計画的に老後資金を準備しておきましょう。

平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況

4.返戻率の目安を知る

貯蓄型保険の選び方4ポイント

貯蓄型保険に加入する際は、検討している商品の返戻率を知っておく必要があります。返戻率とは、保険料の払込総額に対する満期保険金の割合です。以下の要素によって大きく変動します。

返戻率に影響する要素
  • 払込期間
  • 特約の有無
  • 受け取り方法
  • 運用結果

払込期間

保険料の支払い方によって終身払いと短期払いに分けられます。短期払いには10・20年という払込期間が設定されている場合と、60歳・65歳までという歳満了型の場合があります。

 払込期間を短く設定すると月々の保険料は高くなりますが、保険料払込総額を抑えられるメリットがあります。

無理なく払えそうであれば、短期払いを選びましょう。早めに支払いを終えて利息期間に入ることによっても、返戻率が上がります。

早めに解約すれば返戻金が少なく元本割れの恐れがあるので、損をしないように慎重に決めましょう。

特約の有無

貯蓄型保険は特約によって保障を手厚くできますが、保険料が上がり返戻率が下がる原因ともなってしまいます。貯蓄性を重視している人は、特約はなるべく外して契約しましょう。

受け取り方法

返戻金の受け取り方法は、商品によって一括と年金払いの2つから選択できる場合があります。一般的に、年金払いを選択すると一括受取の場合より返戻金の総額が減ってしまいます。

少しでも多くの金額を受け取りたい場合は、一括での受け取りを選択しましょう。

運用結果

養老保険や個人年金保険は円建て・外貨建て・変額保険のどの種類を選ぶかによって、同じ保険料を支払っていても運用結果が大きく異なります

円建て
  • 元本割れしない
  • 利回りは低い
外貨建て
  • 元本割れの可能性あり
  • 為替変動によって利回りは変動
変額保険
  • 元本割れの可能性あり
  • 運用先によって利回りは変動

「受取額の目安を知っておきたい」「必ず返戻率100%以上で受け取りたい」という方は円建ての個人年金保険を、「リスクはあるけど利回りを期待したい」という人外貨建てや変額保険を選びましょう。

おすすめ保険相談窓口3選|貯蓄型保険も検討できる

保険市場

保険市場

おすすめポイント
  • 全国に714店舗あるので、全国どこからでも相談可能!
  • 訪問相談もできるので、自宅や近くのカフェ・ファミレスに来てもらえる!
  • 取り扱っている保険会社は91社!ニーズに合わせてご紹介
保険市場は株式会社アドバンスクリエイトが運営する保険のコンサルティングサービスです。

全国に714店舗展開しており、近くの店舗に相談へ行くこともできますし、訪問相談を利用し、自宅や近所のカフェに来てもらうこともできます。
 オンラインでの相談も可能ですので、コロナ禍で外出を控えたいという方にもおすすめです。
取り扱っている保険会社は業界最大級の91社です。選択肢が多いので、自分にぴったりの保険が見つかるでしょう。
取り扱い保険商品 91社
受付時間 9時~21時(年末年始以外)
店舗数 714店舗
キッズルーム 有り
オンライン面談 可能
出典:https://www.hokende.com/

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ

おすすめポイント
  • お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが200人以上在籍!
  • 相談実績は15万件以上!
  • 相談は24時間365日受け付けているので、忙しくてもOK!
ほけんのぜんぶはお金のプロフェッショナルに気軽に相談ができる相談窓口です。保険の見直しだけでなく、住宅ローンなど、お金の悩み全般を相談できるので、心強いですね。

 忙しくて時間が取れない方でも、相談は24時間365日受け付けていますし、近くのカフェや自宅まで訪問してくれる出張相談も対応していますので、利用しやすいでしょう。
今までの相談実績は累計15万件以上。取り扱っている保険会社は30社以上になります。

資産に不安がある高齢者や、子育て資金への悩みが多い子育て世代からも支持を得ています!
取り扱い保険商品 30社以上
受付時間 24時間365日
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能
出典:https://hoken-all.net/cont/soudan_ad3/#section-office-site

マネードクター

マネードクター

おすすめポイント
  • 1,200人以上のFP(お金のプロフェッショナル)が在籍!
  • 利用者の状況へのヒアリングを丁寧に行うので、アドバイスが的確!
  • 相談は何回しても無料!
マネードクターは保険・家計の見直し・資産運用の相談ができる窓口です。FPが1,200人以上在籍しているので、利用者一人ひとりに丁寧に向き合ってくれます。

相談は何回しても無料なので、納得がいくまでじっくり相談することができます。
マネードクターの保険の見直しでは、利用者の生活状況・家計バランス・将来設計を丁寧にヒアリングを行います。そのため、的確なアドバイス自分にぴったりの保険商品を紹介してもらえます。
取り扱い保険商品 29社
受付時間 [平日]9:00~20:00 [土日祝]9:00~18:00
店舗数 100拠点以上
キッズルーム あり
オンライン面談 可能
出典:https://fp-moneydoctor.com/

保険無料相談.com

保険無料相談.com

おすすめポイント
  • お客様満足度97.6%!
  • 担当者の希望を出せる!
  • 紹介した商品への加入の強要は一切なし!
保険無料相談.comはオンラインでの相談も可能な相談窓口です。「デリケートなお金の話だからできれば同性の人に相談したい...」といった担当者の希望を出すことができますよ。


 オンライン面談は一部地域に対応していない場合があります。利用の前に対応地域をご確認ください。
保険無料相談.comを利用した方の口コミの中には、保険の相談をして、いくつか商品を紹介されたが、あくまでも紹介で、加入を強要されるようなことはなかった、という評価がされています。


まずは話を聞きたい!という方におすすめの窓口です。お客様満足度の高さも魅力の一つですね。
取り扱い保険商品 34社
受付時間 10時~20時(GW・夏季休業・年末年始以外)
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能(一部地域)

よくある質問

貯蓄型保険とは?
貯蓄型保険は、貯蓄をしながらリスクに備えられる生命保険です。保険期間に保険金の受け取りがなかった場合、満了時には満期返戻金を、解約時には解約返戻金を受け取れます。
貯蓄型保険と掛け捨て保険の違いは?

掛け捨て保険は、保険期間が終了しても返戻金が返ってくることはほとんどありません。貯蓄性がない分、保険料は割安に設定されています。

貯蓄型保険の役割は?
満期返戻金や解約返戻金は、教育資金や老後資金に充てられます。
貯蓄型保険の種類は?
貯蓄型保険には、「終身保険」「養老保険」「個人年金保険」「学資保険」が挙げられます。終身保険以外には満期が設定でき、満期時には返戻金を受け取れます。
貯蓄型保険の選び方について教えてください。
備えるべきリスクを把握したら、負担できる保険料を算出します。そこから必要な保障内容や保険期間を決定しましょう。返戻率に影響する払込期間や受け取り方法、特約も慎重に検討すべきです。
貯蓄型保険に加入するデメリットは?
保険料が割高な点です。早い段階で解約すると、払い込んだ保険料よりも解約返戻金が下回る可能性が高くなるので、長期間保険料を負担できるか慎重に検討すべきです。
どの貯蓄型保険に加入するか悩んでいるときはどうしたらいい?
保険相談窓口の利用を検討してみてください。収入や貯蓄、ライフステージに合わせて必要な終身保険を紹介してくれます。無料で相談できますし、保険の加入を強要されることもありません。

まとめ

今回は、貯蓄型保険の役割や種類、選び方について解説しました。貯蓄型保険の保険料は掛け捨ての保険と比較するとやや割高です。しかし、保険でリスクに備えながら貯蓄でき、節税にもなる便利な保険です。

長く加入していれば解約時に十分な返戻金も期待できるため、老後や子どもの教育資金としても利用できます。

ライフステージに合わせて、貯蓄型保険を上手く活用しましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事