40代におすすめの生命保険6選!選び方や見直しのポイントも解説

生活していくうえでの”万が一”に備えられるのが「生命保険」です。生命保険は種類によって保障内容もさまざまで、自分に合った保障を選ぶことができます。

また、生命保険に付加することで、特約と呼ばれるプラスの保障をつけることも可能です。

必要な保障は年齢によって変わっていくため、定期的な見直しが必要ですよ!

そこで今回は、保険の見直しが必要になってくる40代におすすめの生命保険を紹介します。

この記事でわかること
  • 40代におすすめの生命保険
  • 生命保険の選び方
  • 生命保険の加入率
  • 生命保険の見直すポイント

生命保険に加入しようと思っている40代の人は、ぜひ参考にしてください。

40代におすすめの生命保険6選

ライフネット生命|かぞくへの保険

ライフネット生命

おすすめポイント
  • 教育費や生活費がかかる家族がいる人向き
  • 手頃な保険料で家計への負担が軽い
  • 契約者満足度95%

ネット型保険を展開する「ライフネット生命」の「かぞくへの保険」は、加入者が亡くなっても、残された家族に手厚い保障がされる定期死亡保険です。

店舗を構える保険とは異なり、ネット型保険は保険料が安く抑えられるため家計にやさしいのが特徴です。

 子育て中の人が多い40代では、万が一の場合に残された家族の生活費や教育費を考慮しておく必要があります。

保険料が安いため、夫だけでなく妻も合わせて加入し、家族で備えることができます。

独身の人も万が一に備えておくことが大切ですよ。
保険会社 ライフネット生命保険株式会社
基本保障内容
  • 死亡保険金
  • 高度障害保険金
月払保険料の例(保険金別) 【40代男性】

  • 保険金500万円:1,087円
  • 保険金1,000万円:1,925円
  • 保険金1,500万円:2,762円
  • 保険金2,000万円:3,600円

【40代女性】

  • 保険金500万円:856円
  • 保険金1,000万円:1,463円
  • 保険金1,500万円:2,069円
  • 保険金2,000万円:2,676円
保険料払い込み方法 月払
保険料払い込み期間 10年
保険期間 10年
契約年齢 20~70歳(更新は最長90歳まで可能)

出典:ライフネット生命
※公式サイトの文言によります。

SBI生命|クリック定期!Neo

SBI生命

おすすめポイント
  • 死亡保険受取人に同性パートナーの指定が可能
  • ライフステージに合わせた保険期間の選択
  • 申し込みが簡単で早い

「クリック定期!Neo」は、SBI生命が扱う死亡と高度障害に備えた保険です。ライフステージに合わせて10年から保険期間を選択できるため、結婚や子育てなどのライフステージの変化に対応できます。

また、万が一死亡したときには葬儀などの手配で思わぬ出費となることが多いですが、クリック定期!Neoの場合は、最短即日請求できるため、お金に困ることがありません。

 子どもの教育費がかかりがちな40代では保険金を多めに設定することで、万が一に備えることができるでしょう。

また、死亡保険の受取人には戸籍上の婚姻関係にはない同性パートナーを指定できるようになっています。

申し込みや告知はスマホから簡単にできるのもメリットです。
保険会社 SBI生命保険株式会社
基本保障内容
  • 死亡保険金
  • 高度障害保険金
月払保険料の例(保険金別) 【40代男性】

  • 保険金300万円:648円
  • 保険金500万円:1,055円
  • 保険金1,000万円:1,860円
  • 保険金2,000万円:3,460円

【40代女性】

  • 保険金300万円:504円
  • 保険金500万円:820円
  • 保険金1,000万円:1,390円
  • 保険金2,000万円:2,520円
保険料払い込み方法 月払
保険料払い込み期間 10年~30年
保険期間 10年~30年
契約年齢 20~69歳(歳満了は80歳まで)

出典:SBI生命

オリックス生命|定期保険Bridge[ブリッジ]

オリックス生命

おすすめポイント
  • 月々の支払い額を抑えられる
  • 保険金額や期間を自分に合わせて決められる
  • セカンドオピニオンサービスがうけられる

定期保険Bridge[ブリッジ]は、オリックス生命の生命保険です。申し込みはインターネットからのみになっているため、月額保険料を安く抑えることができます。

40歳~60歳では、過去2年以内に健康診断や人間ドッグを受けている場合に限り、保険金額の上限が2,000万円まで増えるのが特徴です。

 保険金額や期間は自分に合わせて自由に設計することができるため、子どもの年齢や巣立っていったあとまで計算して加入できます。

また、セカンドオピニオンサービスがついているため、健康で気になる点が出てくる40代にとって安心できるサービスとなるでしょう。

糖尿病や再発予防の専用ダイヤルもあるため、健康な暮らしをサポートしてもらえますよ。
保険会社 オリックス生命保険株式会社
基本保障内容
  • 死亡保険金
  • 高度障害保険金
月払保険料の例(保険金別) 【40代男性】

  • 保険金500万円:1,036円
  • 保険金1,000万円:1,823円
  • 保険金1,500万円:2,611円

【40代女性】

  • 保険金500万円:811円
  • 保険金1,000万円:1,373円
  • 保険金1,500万円:1,936円
保険料払い込み方法 月払
保険料払い込み期間 10年
保険期間 10年
契約年齢 20~65歳

出典:オリックス生命

アクサダイレクト生命|アクサダイレクトの定期保険2

アクサダイレクト生命

おすすめポイント
  • 24時間365日電話で健康相談可能
  • 保険金の支払いが迅速
  • 子どもの有無や結婚などライフプランに応じて設計可能

アクサダイレクト生命の「アクサダイレクトの定期保険2」では、24時間365日電話にて健康相談が可能です。子どもの発熱や精神的につらいなど、病院にかかる前の不安点を洗い出すことができます

40代の死因には自殺も多い傾向にあるため、精神的に塞ぎこむ前に予防ができるのは便利です。

 加入手続きはインターネットで完結するほか、保険金請求も電話で行うことができるため、面倒な書類などを省くことができます。

また、保険金や期間は自分に合わせて設計できるので、単身や夫婦、子持ちなど自分のライフステージに合わせて取り入れることができます。

保険金の支払いは、平均2.29日と迅速に受け取ることができますよ。
保険会社 アクサダイレクト生命保険株式会社
基本保障内容
  • 死亡保険金
  • 高度障害保険金
月払保険料の例(保険金別) 【40代男性】

  • 保険金500万円:1,080円
  • 保険金1,000万円:1,910円
  • 保険金2,000万円:3,570円

【40代女性】

  • 保険金500万円:850円
  • 保険金1,000万円:1,450円
  • 保険金2,000万円:2,650円
保険料払い込み方法 月払
保険料払い込み期間 10年
保険期間 10年
契約年齢 20~79歳(歳満了の場合70歳まで)

出典:アクサダイレクト生命

チューリッヒ生命|定期保険プレミアムDX

チューリッヒ生命

おすすめポイント
  • 20~49歳までを契約対象とした若年層向き保険
  • 非喫煙者や正常な血圧の場合は保険料が割引
  • 働き盛りの40代には老齢年金の受給に合わせたプランも可能

チューリッヒ生命の「定期保険プレミアムDX」では、契約対象が20~49歳までと、ほかの保険に比べて若年層をターゲットにしているのが特徴です。

40代の加入者傾向では保険金1,000万~2,000万円が人気で、老齢年金の受給年齢に合わせた65歳満了で申し込む人もいます。

 人間ドッグの結果や非喫煙者、血圧が正常値であるかなどによって、保険料の割引が受けられるため、健康である人ほどお得です。

子どもの成長に伴って保険料を抑えたい人や、普段から健康を意識している40代の人に向いている保険といえるでしょう。

子どもの有無や支払える保険料に合わせて保険金を選ぶことができますよ。
保険会社 チューリッヒ生命(チューリッヒ生命保険株式会社)
基本保障内容
  • 死亡保険金
  • 高度障害保険金
月払保険料の例(非喫煙優良体型の場合) 【40歳男性】

  • 保険金1,000万円:1,640円
  • 保険金2,000万円:3,280円
  • 保険金3,000万円:4,350円

【40歳女性】

  • 保険金1,000万円:1,460円
  • 保険金2,000万円:2,920円
  • 保険金3,000万円:3,780円
保険料払い込み方法 月払
保険料払い込み期間 10年
保険期間 10年
契約年齢 20~49歳

出典:チューリッヒ生命

オリックス生命|終身保険RISE

オリックス生命

おすすめポイント
  • 解約返戻金があるため貯蓄目的でも利用できる
  • 死亡保障は一生涯続く
  • 保険料が安いので家計を圧迫しにくい

オリックス生命の「終身保険RISE」は、一生涯続く死亡保障が特徴の生命保険です。また、保険料は上がらないので支払い計画が立てやすいのも魅力です。

 終身保険RISEは解約返戻金がある保険なので、掛け捨てと違い解約時にまとまったお金を受け取ることができます。

教育費などでまとまったお金が必要になりがちな40代の人で、貯蓄が苦手な人は保険で貯めていくのもひとつの手でしょう。

教育費に使わなかった場合も老後の資金として残しておくこともできますね。
保険会社 オリックス生命
基本保障内容
  • 死亡保険金
  • 高度障害保険金
月払保険料の例※シミュレーション結果に基づく 【40歳男性】

死亡保険:3,502円(月払)

【40歳女性】

死亡保険:3,022円(月払)

保険料払い込み方法 月払、半年払、年払
保険料払い込み期間 10年
保険期間 10年
契約年齢 15~75歳(契約内容により60歳まで)

出典:オリックス生命

40代からの生命保険の選び方

作業

死因として多いケースを想定する

20代や30代と違い、身体の不調から健康を見直すことが多いのも40代の特徴です。生命保険では、重度な障害や死亡の際に保険金が受け取れるため、死因として多いケースを把握しておきましょう。

厚生労働省の調べによると、40代の死因では、悪性新生物(腫瘍)が男女ともに最も多い結果となっていますが、割合では女性の方が男性の倍近く多くなっています。

 胃がんや大腸がんなどのほかに、女性は乳がんや子宮頸がんなど、女性特有の病気にも備えておくと安心です。

参考:厚生労働省「令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況」

必要保証額

生命保険は、万が一があった場合に備えるものです。そのため、「誰のために」「いくらぐらい」必要なのかを洗い出しておかなければいけません。

 40代で子どもがいる人は万が一のために教育費や生活費を残す必要があるため、保険金は多めに設定することもあるでしょう。

また、貯金が多い人や資産がある人は、保険金を下げて毎月の保険料を抑えることもできます。人によって収入と支出は違うため、自分に合ったライフプランを計画することが重要です。

自分に合った保障が分からない人は、ファイナンシャルプランナーに相談するのがおすすめです。

保障期間を検討

カレンダー

生命保険の多くは、10年や5歳ごとなど、保険期間を設けて契約します。そのため、保険期間が終了するタイミングで継続か解約かを選ぶことができます。

 40代が保険に加入する場合、10年後には子どもが成人することも考えられるため、保険内容を見直すタイミングを考えましょう。

また、10年ごとに更新するタイプは払込保険料は安くなりますが、更新するごとに保険料が上がっていくため注意しましょう。

なお、5歳や10歳など年齢に応じて更新するタイプは、保険料が上がることはありませんが、加入時は高くなることが多いです。

教育費が不要になるタイミングで入院や死亡などの保障内容を見直したいですね。

払込金額を検討

払込保険料は、入る生命保険によって異なります。また、解約時に”解約返戻金”と呼ばれる、まとまったお金が受け取れるかどうかによっても異なります。

 同じ保障内容でも30代に比べて保険料が高くなることもあるため、更新時には必ず確認しましょう。

解約返戻金が受け取れない掛け捨てタイプの保険の方が、支払う保険料は安くなります。

【男女別】40代の生命保険加入率はどのくらい?

書類

生命保険文化センターの調べによると、生命保険加入者は、全体の8割以上になります。

 40代だけで見ると、男性は91.0%、女性は89.0%と、すべての年代で最も高くなっています。

家庭を持ったり子どもが産まれたりするタイミングが多い40代は、生命保険に加入して万が一に備えておきたい人が多いことがわかるでしょう。

出典:生命保険文化センター 令和元年度「生活保障に関する調査」

40代が生命保険を見直す際のポイント

お金

保険加入を検討する人が多いのと同時に、過去に入っていた保険を見直すタイミングにもなるのが40代です。

では一体、どのようなポイントを見て保険を見直せば良いのでしょうか。

40代が保険を見直すポイント
  • 保険内容の過不足
  • 支払う保険料の適正
  • 女性は特有の病気に備える

30代と40代では、ライフステージが変わっていることも多いでしょう。

独身の場合は、万が一長期入院などが必要になった場合の費用や当面の生活費の過不足、既婚者の場合は夫婦で生活していけるだけの保険金が受け取れるのかなど、吟味する必要がある項目は人によって異なります。

 子どもがいる場合は、子どもの年齢に応じて今後必要となってくるお金が変わるため、子どもの年齢や人数も考慮しなければいけません。

なお、たくさん保障をつけると、それだけ毎月支払う保険料は上がっていきます。万が一に備える保険であるけれど、保険料によって現在の家計が厳しくなったのでは元も子もなくなります。

現時点で必要な保障内容を絞って、貯蓄と合わせながら家計を整えることも大切です。

女性は子宮がんや乳がんなど特有の病気の備えが必要な年代になりますよ。

40代で子宮がんや乳がんを発症する女性が多いため、女性は40代で女性特有の病気の保障がある保険を検討するのがおすすめです。

生命保険の加入前に必ずすること

終身保険の加入前に必ずすること

生命保険の加入前にはまず、保険相談窓口に相談すると良いでしょう。保険相談窓口では、生命保険を検討する際に、お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが無料で保険の相談乗ってくれます。

生命保険は、事故や病気、死亡など、万が一の時に備える保険であり、慎重に決める必要があります。

会社によって特徴や保険料も異なるので、自分に合う保険を見つけるために一度保険相談窓口で相談することをおすすめします。

保険相談窓口を利用するメリット

保険窓口を利用するメリットは主に以下の6つがあります。

保険窓口を利用するメリット
  • プロから専門的なアドバイスがもらえる
  • 各会社の保険を比較してもらえる
  • 申し込み手続きから契約後のサポートまで充実
  • 何回でも無料で相談可能
  • 全国に750以上の店舗数
  • オンライン相談も可能
保険会社は多数存在しており、会社によって生命保険の特徴も異なるので、プロと相談することで自分に合った保険を見つけることが出来るでしょう。

専門家の力を借りることで自分の作業負担も減るので、保険の加入を
検討中の方は是非利用しましょう。

保険相談窓口の選び方

保険相談窓口を選ぶ際は以下のポイントをチェックしておくと良いでしょう。

保険相談窓口の選び方
  • 専門性の高い相談員であるか
  • 取り扱い保険会社数が多いか
  • 自分のエリアに対応しているか
  • アフターフォローが充実しているか
  • オンライン相談が可能か
次の項目でおすすめの保険相談窓口を紹介しているので、参考にしてみて下さいね。

迷ったらプロに相談しよう!保険相談窓口おすすめ4選

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ
おすすめポイント
  • お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが200人以上在籍!
  • 相談実績は15万件以上!
  • 相談は24時間365日受け付けているので、忙しくてもOK!
  • 今なら無料相談をするともれなく豪華なプレゼントゲット!
ほけんのぜんぶはお金のプロフェッショナルに気軽に相談ができる相談窓口です。保険の見直しだけでなく、住宅ローンなど、お金の悩み全般を相談できるので、心強いですね。
 忙しくて時間が取れない方でも、相談は24時間365日受け付けていますし、近くのカフェや自宅まで訪問してくれる出張相談も対応していますので、利用しやすいでしょう。
今までの相談実績は累計15万件以上。取り扱っている保険会社は40社以上になります。
資産に不安がある高齢者や、子育て資金への悩みが多い子育て世代からも支持を得ています!

今なら無料相談をするともれなくプレゼントゲット!

現在ほけんのぜんぶでは、無料相談の面接をした方全員に食品やグッズをプレゼントするキャンペーンを行っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
プレゼントの種類
A:北海道産 ゆめぴりか 2kg
B:ウェルチ100% 果汁ギフト(9本セット)
C:い・ろ・は・す 天然水
C:有機 エキストラヴァージン オリーブオイル
D:アンパンマン 砂場セット
E:ごっつん防止 リュック
取り扱い保険商品 40社以上
受付時間 24時間365日
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能
出典:公式サイトより

マネードクター

マネードクター
おすすめポイント
  • 1,200人以上のFP(お金のプロフェッショナル)が在籍!
  • 利用者の状況へのヒアリングを丁寧に行うので、アドバイスが的確!
  • 相談は何回しても無料!
  • 今なら無料相談予約で食品や日用品をプレゼント!
マネードクターは保険・家計の見直し・資産運用の相談ができる窓口です。FPが1,200人以上在籍しているので、利用者一人ひとりに丁寧に向き合ってくれます。
相談は何回しても無料なので、納得がいくまでじっくり相談することができます。
マネードクターの保険の見直しでは、利用者の生活状況・家計バランス・将来設計を丁寧にヒアリングを行います。そのため、的確なアドバイス自分にぴったりの保険商品を紹介してもらえます。

無料相談を予約いただいた方はもれなくプレゼントゲット!

マネードクターでは、無料保険相談を予約した方に限定で食品や日用品をプレゼントするキャンペーンを行っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
プレゼントの種類
A:野菜生活100
B:丸の内タニタ食堂減塩みそ
C:ノーズトリマー
D:バスタオル
E:arau. 泡ボディソープ
取り扱い保険商品 29社
受付時間 [平日]9:00~20:00 [土日祝]9:00~18:00
店舗数 100拠点以上
キッズルーム あり
オンライン面談 可能
出典:公式サイトより

保険無料相談.com

保険無料相談.com
おすすめポイント
  • お客様満足度97.6%!
  • 担当者の希望を出せる!
  • 紹介した商品への加入の強要は一切なし!
  • 今なら面談&アンケート回答で豪華なプレゼントゲット!
保険無料相談.comはオンラインでの相談も可能な相談窓口です。「デリケートなお金の話だからできれば同性の人に相談したい...」といった担当者の希望を出すことができますよ。
 オンライン面談は一部地域に対応していない場合があります。利用の前に対応地域をご確認ください。
保険無料相談.comを利用した方の口コミの中には、保険の相談をして、いくつか商品を紹介されたが、あくまでも紹介で、加入を強要されるようなことはなかった、という評価がされています。
まずは話を聞きたい!という方におすすめの窓口です。お客様満足度の高さも魅力の一つですね。

今なら面談&アンケートでプレゼントキャンペーン実施中!

保険無料相談.comでは現在、6月30日までの限定で、面談とアンケートに回答した方を対象にプレゼントを送っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
プレゼントの種類
  • 丸大ハム 煌彩セット
  • 新潟県産コシヒカリ 2kg
  • アサヒスーパードライ ギフト 8本
  • 利久の牛タン 真空パック 110g 〈塩味〉
  • 仙台銘菓 萩の月6個入り
  • ダロワイヨ マカロンラスク詰め合わせ12枚
  • セレブコレクションバームクーヘン
  • ムーミンレンジ容器6点セット
  • 手作り鮭とばソフト170g
  • 日本赤十字社への寄付(1,000円)
取り扱い保険商品 34社
受付時間 10時~20時(GW・夏季休業・年末年始以外)
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能(一部地域)

保険市場

保険市場
おすすめポイント
  • 全国に714店舗あるので、全国どこからでも相談可能!
  • 訪問相談もできるので、自宅や近くのカフェ・ファミレスに来てもらえる!
  • 取り扱っている保険会社は91社!ニーズに合わせてご紹介
  • 今ならギフトカードなどがもらえる期間限定のキャンペーン実施中!
保険市場は株式会社アドバンスクリエイトが運営する保険のコンサルティングサービスです。 全国に714店舗展開しており、近くの店舗に相談へ行くこともできますし、訪問相談を利用し、自宅や近所のカフェに来てもらうこともできます。
 オンラインでの相談も可能ですので、コロナ禍で外出を控えたいという方にもおすすめです。
取り扱っている保険会社は業界最大級の91社です。選択肢が多いので、自分にぴったりの保険が見つかるでしょう。

保険市場の期間限定キャンペーン

保険市場では、現在4つのキャンペーンが実施されています。それぞれ締切日が異なるので注意してください。
保険の種類 キャンペーン内容 締切日
がん保険 「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)(がん治療費用総合保険)」に新規契約した方全員「選べるギフトカード1,000円相当(1枚)」をプレゼント。 2022年9月30日
自動車保険 「SBI損保の自動車保険(個人総合自動車保険)」に新規契約した方に「10種類から選べる 1,500円相当のギフトクーポン」をプレゼント。(※年間保険料が10,000円以上のご契約が対象です。 )さらに抽選で豪華賞品をプレゼント。 2022年6月30日
生命保険 SBI生命の対象保険商品を契約の方にもれなく、ローソンで交換する「【お持ち帰り限定】ウチカフェ プレミアムロールケーキ 無料引換券」を1つプレゼント。 2022年6月30日
自動車保険 バイク保険 アクサダイレクトの対象保険商品を新規ご成約の方全員に「デジタルクーポン(無料引換券)」を1つプレゼント。さらに新規ご成約の方から抽選で「ドライブレコーダー」をプレゼント。 2022年7月31日
取り扱い保険商品 91社
受付時間 9時~21時(年末年始以外)
店舗数 714店舗
キッズルーム 有り
オンライン面談 可能
出典:公式サイトより

よくある質問

40代におすすめの生命保険はありますか?
40代におすすめの生命保険には「ライフネット生命」や「SBI生命」などがあります。ライフステージに合わせた保険金額・期間が選べる保険会社や受取人に戸籍上の婚姻関係にはない同性パートナーを指定できる保険会社もあります。自分で選びきれない場合は、40代に起こりうる万が一に備えた保険を提案してもらえる保険相談窓口を利用するのもよいでしょう。
40代からの生命保険の選び方でポイントなどはありますか?
死因として多いケースを想定して保険を選べると良いでしょう。20代30代と異なり、具体的にかかりやすい病気を把握して選ぶのも40代の保険の選び方の特徴です。また過不足の有無や無理のない範囲での支払いを考えて保険金額・期間、払い込み金額についても考慮することが大事です。
40代の生命保険加入率はどれくらいですか?

生命保険文化センターの調べによると、40代の生命保険の加入率は全体の8割以上になります。男女ともに全年代のなかで最も多い年代となっており、子どもを持つタイミングや病気のリスクを考えて万が一に備えたい人が多くなってくる年代であることが考えられます。

40代が生命保険を見直すときのポイントはありますか?
40代が生命保険を見直すポイントは、「保険内容の過不足」や「保険料が適正か」、「女性ならではの病気に備えられているか」などがあります。40代になるとライフステージに変化が起こる時期でもあります。配偶者や子どもについて考えつつ、家計が厳しくならないよう適正な保険料の保険を選ぶのがよいでしょう。
生命保険に加入する前にしておくべきことは何ですか?
生命保険加入前には、保険相談窓口で無料相談を依頼することをおすすめします。保険商品は保険会社やプランによって異なり、種類も非常に多岐に渡ります。保険相談窓口に相談すれば、ヒアリングした上で自分に合った保険を紹介してもらえるため作業負担が減り、適切な保険を選ぶことができます。

まとめ

生活するうえで、”万が一”は起こらないに越したことはありません。しかし、万が一が起こったときに備えがないと、その後の生活が破綻してしまいます

そこで、多くの人が加入するのが「生命保険」です。

生命保険にはたくさん種類があるので、自分に合ったものを選ぶのが良いですよ。

特に、40代は結婚や住宅購入、出産などライフステージが変わるタイミングになることが多いです。生活が変化することはお金の動きも変化するため、保険を見直す良い機会でしょう。

自分に合った保険を選んで万が一に備えつつ、40代も健康に過ごしてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事