おすすめ消費者金融を徹底比較!低金利比較ランキングも調査

急に現金が必要となった際、振り込みや街中にある提携ATMでお金が借りられるのがカードローンです。

借入する際、注視したいことのひとつに金利があります。金利は利息として返済額に加算されるため、低い方が負担が少ないのです。

そこで今回は、おすすめの消費者金融を比較し各社の特徴を紹介します。あわせて、各社を比較した低金利な消費者金融ランキングも発表していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

消費者金融の基本情報や、おすすめの選び方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

おすすめ消費者金融を徹底比較

おすすめの消費者金融をピックアップし、各社の特徴についても紹介していきます。

アコム

アコム

金利 実質年率3.0%~18.0%
融資限度額 1万円~800万円
申し込み対象 20〜69歳の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
最短即日融資 対応可能
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:https://www.acom.co.jp/

インターネットから簡単申し込み

インターネットから、申し込みフォームに必要事項を入力するだけです。ネット環境さあればどこでも手続きができるため、都合に合わせて自宅や外出先で申し込みができます。

急ぎの対応も可能

暗号資産

最短即日融資に対応しているため、急遽まとまった現金を手配しなければいけない場合でも安心。最短2ステップとして、インターネットか電話で申し込み後、インターネットか来店で契約手続きをすると最短で借入できます。

借入できるクレジットカードを発行

ACマスターカード

カード決済に加えて、カードローンが使えるクレジットカードを提供。実質年率10.0%から14.6%と設定されており、最高300万円まで融資が受けられます。Mastercardブランドなので、多くの加盟店にて利用可能です。

※ショッピング枠ご利用時の金利・限度額となります。

プロミス

オリコン最新

金利 実質年率4.5%~17.8%
融資限度額 500万円まで
申し込み対象 18歳以上74歳以下
最短即日融資 対応可能
資金使途 生計費に限る
担保・保証人 不要

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
※収入が年金のみの方はお申込いただけません。

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

アプリローンが便利

新しいお金の借り方として、はじめてでも取り引き中の方でも使えるサービスです。

 最短30分での融資が受けられ、かつはじめてであれば最大30日間無利息で利用できます。

カードレスでATM利用が可能なため、非常に使い勝手が良いでしょう。

女性向けのキャッシングも用意

女性オペレーターが対応してくれる、レディースキャッシングを提供しています。商品概要は通常と変わらず、安心の女性専用ダイヤルとして使いやすさを重視しています。

主婦や学生の方でも申し込みが可能です。

Web契約なら最短即日融資

スマホ 女性

WEBからは、24時間申し込みできるため都合に合わせて利用できます。申し込みをしたその日の内に借入ができる可能性もあるため、急ぎでお金を手配したいときでも安心です。

アイフル

アイフル

金利 実質年率3.0%~18.0%
融資限度額 1万円~800万円
申し込み対象 満20歳以上69歳までの方で定期的な収入と返済能力を有する方
最短即日融資 対応可能
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:https://www.aiful.co.jp/

24時間365日振り込み対応

アイフル 振り込み

原則24時間365日、いつでも振り込みによる借入ができます。利用者にとって都合の良い金融機関へ振り込みをしてくれますので、使い勝手も良いです。

また、金融機関によっては最短10秒で振り込み可能となる場合もあるため、急遽の依頼でも活用できます。

審査は最短30分

最短30分で審査が完了するため、すぐにお金を手配したいときでも安心。急ぎの場合は、まずWEBで申し込みをしてから電話で急ぎである旨を伝えましょう。すると、優先して審査を実施してくれます。

限度額の変更も可能

アイフル 限度額変更

限度額の変更は、WEBか電話で申し込みができます。原則として当日中に回答をしてくれるため、急な依頼にも柔軟に対応してくれるのがポイントです。

 WEBの場合は原則24時間受け付けていますので、都合に合わせて手続きを進められます。

レイクALSA

レイクALSA

金利 実質年率4.5%~18.0%
融資限度額 1万円~500万円まで
申し込み対象 満20歳から満70歳で安定した収入のある方
最短即日融資 対応可能
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:http://lakealsa.com/

無利息期間の選択肢が広い

無利息期間 レイク

一般的な貸金業者では、最大30日間無利息を提供していますが、レイクALSAでは60日間と180日間を加えた3パターンを用意しています。

短期的だけでなく中長期的にリスクを軽減しつつ利用できますね。

公式アプリでより使いやすくなる

公式アプリ「e-アルサ」を使えば、会員ページへ簡単にログインができ各種手続きができたり、利用状況が一目で確認できたりします。生体認証を使えば、ログイン認証の入力が不要なためさらに便利です。

カードレスでの使用が可能

レイク カードレス

手元にカードがなくても、アプリを使えばセブン銀行ATMにてカードレスで利用可能です。わざわざカードを持ち運ぶ必要がなく、周囲にもカードローンの利用がバレにくいでしょう。

SMBCモビット

SMBCモビット

金利 実質年率3.0%~18.0%
融資限度額 800万円
申し込み対象 20歳以上74歳以下※収入が年金のみの方はお申込いただけません。
最短即日融資※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。 対応可能
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:https://www.mobit.ne.jp/index.html

WEB完結申し込みに対応

SMBCモビット WEB完結

WEB完結による申し込みに対応しているため、店舗に足を運ぶ手間がありません。また、条件次第で電話連絡や郵送物もないので、周囲に利用がバレにくい点も特徴です。

 ただし、WEB完結の利用には条件があるため事前に確認しておきましょう。

T-POINTが貯まる

返済額のうち、利息分200円につきT-POINTが1ポイント貯まります。貯めたポイントは提携先で使えます。

Tポイントを貯めたい方は契約の際に、Tカード機能付きのモビットカードを選択してください。

LINEとの連携でお得に使える

SMBCモビット LINEポイント

LINEと連携することで、LINEポイントが100ポイント貰えます。そのほかにもお得なキャンペーン情報の発信や、利用者に最適なメッセージの配信も実施しています。

また、LINEから会員専用サービス「Myモビ」へアクセスも可能です。

セントラル

セントラル

金利 実質年率4.8%~18.0%
融資限度額 300万円
申し込み対象 20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
最短即日融資 対応可能
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:https://011330.jp/

3問診断で借入可能か即回答

3秒診断 セントラル

借入できるかを即回答してくれる「3問診断」を実施。年齢や年収、他社からの借入額を入力するだけで、現在利用できる状況であるかを簡易的に診断してくれます。

あくまで目安となりますが、審査に不安を抱えている人は、ぜひご活用ください。

少額からの融資に対応

1万円から千円単位で融資が受けられるため、ちょっとの入用にも対応しやすいです。日々の生活で発生し得るイレギュラーな出費にも利用できる点は、セントラルの大きな魅力と言えるでしょう。

全国のセブン銀行ATMで利用可能

セントラル セブン銀行ATM

セントラルが発行するCカードを使えば、全国各地にあるセブン銀行ATMにて利用できます。身近にあるコンビニにて借入ができるため、使い勝手も良いです。

エニー

エニー

金利 実質年率5.0%~20.0%
融資限度額 1万円~100万円
申し込み対象 満20歳以上で定期収入のある方
最短即日融資 対応可能
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:https://www.any-cashing.co.jp/

最短即日融資に対応

お札

審査は最短30分で完了し、最短即日融資に対応しています。公式ホームページのトップにて赤いタブが設置されているため、急ぎの場合はそちらから申し込みを進めましょう。

手厚い返済サポート

利用者のライフスタイルに合わせて、しっかりとした返済計画を立ててサポートしてくれます。

カードローンをはじめて利用する人にとっては安心ですね。

申し込み方法が豊富

申し込み方法 エニー

申し込み方法はインターネットや電話、来店など数パターンあるため、都合に合わせて選択できます。

 ただし、その日の内に借入をしたい場合は、電話もしくは来店で手続きを進めてください。

しんわ

しんわ 公式HP

金利 実質年率7.0%~18.0%
融資限度額 1万円~300万円
申し込み対象 20~70歳以下のご本人に安定した収入のある方
最短即日融資 対応可能
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:https://008000.com/

インターネットで24時間受付

来店不要で、インターネットにて24時間申し込みができます。ネット環境さえあればいつでもどこでも手続きが進められるため、ライフスタイルに合わせやすいです。

その日の内に借入できる

 

本人であると確認できる書類があれば、その場で審査を実施してその日の内に借入ができます。急な出費もサポートしてくれるため、万が一の事態でも安心です。

提携先の利用で手数料0円

提携先となる金融機関を利用すると、返済手数料がかかりません。全国各地に提携先があり、かつ銀行やコンビニといった身近にあることから利用しやすいです。

フクホー

フクホー

金利 実質年率7.3%~20.0%
融資限度額 5万円~200万円
申し込み対象 20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
最短即日融資 対応可能
資金使途 原則自由
担保・保証人 原則不要

出典:https://fukufo.co.jp/

来店不要で契約できる

印鑑

来店不要で、ネットもしくは電話にて24時間申し込みを受け付けています。日々忙しく来店する手間がない人にとっては有難く、その日の内に借入も可能です。

レディースキャッシングを用意

フクホー  レディース キャッシング

働く女性をサポートする、レディースキャッシングを提供しています。パートやアルバイトの人でも、一定の収入があれば利用できます。

 また、女性専用申し込みダイヤルが設置されており、対応はすべて女性スタッフです。

利用できるかすぐわかる借入れ診断を実施

簡単な質問に答えるだけで、借入できるかを診断してくれる「お試しご融資診断」を実施しています。

あくまで参考程度となりますが、一つの目安としてぜひご活用ください。

ライフティ

ライフティ

金利 実質年率8.0%~20.0%
融資限度額 1,000円~500万円
申し込み対象 20~69歳の方
最短即日融資 記載なし
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:http://lp1.ryfety.com/

はじめてなら最大35日間金利0円

最大30日間無利息という貸金業者が多いなか、ライフティでは最大35日間という設定です。期間内に完済できる目処が立っている場合は、無駄に利息が加算されることなく融資を受けられます。

WEBでの申し込みは原則24時間365日受付

クレジットカード ネットサーフィン

原則24時間365日WEBでの申し込みを受け付けているため、都合に合わせて利用できます。日中は仕事で忙しい人でも、夜帰宅してからの自分時間で手続きを進めることが可能です。

また、ネット環境さえ整っていれば外出先でも申し込みできます。

インターネットバンキングで24時間返済可能

ライフティ 返済について

インターネットバンキングを利用することで、原則24時間いつでも返済が可能です。その他、キャッシングや振込でも返済ができるため、自身のライフスタイルに合わせて都合の良い方法を選択してください。

アロー

アロー

金利 実質年率15.00%~19.94%
融資限度額 200万円まで
申し込み対象 年齢24歳以下及び66歳以上の方はご契約いただけません
最短即日融資 対応可能
資金使途 原則自由
担保・保証人 原則不要

出典:https://www.my-arrow.co.jp/

事前に融資可能か診断できる

アロー 3秒診断

簡単な質問に答えるだけで、融資可能かを診断できます。あくまで簡易的なものですが、事前に調べておくことで一つの目安になるでしょう。

毎月の返済額が試算できる

アロー 返済シミュレーション

返済シミュレーションができるため、計画的な利用をするうえで大いに活用できます。毎月の返済額や回数などをわかりやすく結果表示してくれるため、ぜひご利用ください。

審査は最短45分で完了

申し込みから最短45分で審査が完了します。結果はメールもしくは電話でお知らせとなり、スピーディーな対応は利用者にとって嬉しいポイントです。

おすすめ消費者金融の低金利比較ランキング

※情報は2021年3月29日現在のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。

ここからは、本記事で紹介したおすすめ消費者金融から、上限金利を比較し消費者金融をランキングで紹介します。なお、上限が同じ場合は下限で比較しています。

1プロミス

オリコン最新

プロミスのココがお得!
  • 上限金利は年17.8%
  • はじめての場合は最大30日間利息ゼロ
  • 利息は利用した日数分だけ

消費者金融のなかで上限金利が低いため、利息を極力抑えて利用できます。

さらに、はじめて利用する人に限り最大30日間利息がゼロなので、短期間で完済できる目処が立ったうえで利用するとリスクを軽減しての契約が可能です。

また、利息は利用した日数分だけなので、給料日前などの数日間での利用であれば無駄なく使えます。公式ホームページにて返済シミュレーションができるため、計画的な利用のためにも活用してみてください。

金利 実質年率4.5%~17.8%
限度額 500万円まで
最短即日融資 対応可能

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

2アコム

アコム

アコムのココがお得!
  • はじめての方なら最大30日間金利0円
  • チャットで気軽に相談できる
  • 公式アプリでより便利に使える

アコムでは、はじめての人に限り最大30日間利息ゼロでお金を借りられます。短い期間で少額の利用であればリスクを軽減できる可能性があるため、綿密な返済計画を立てれば無駄な出費がありません。

また、公式ホームページではチャットで気軽に相談可能です。オペレーターへの問い合わせは平日9:00~18:00となっています。

さらに、公式スマホアプリを使えば、利用状況を一目で確認できます。プッシュ通知で支払い日をお知らせしてくれるため、返済漏れの防止も可能です。

金利 実質年率3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
最短即日融資 対応可能

出典:https://www.acom.co.jp/

3アイフル

アイフル

アイフルのココがお得!
  • 身近なコンビニの提携ATMで利用できる
  • 原則24時間365日振り込みに対応
  • カードだけ作っておくことも可能

全国におよそ70,000台の提携ATMがあり、身近なコンビニでも借入や返済ができます。

新たな取り組みとして24時間365日振り込みによる融資も実施しています。いつでもお金の手配ができる点は利用者にとって有難いです。

また、急な出費に備えてカードだけを作っておくことも可能です。人生なにがあるかわかりませんので、万が一のケガによる入院や治療に備えておくことも良いでしょう。

金利 実質年率3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
最短即日融資 対応可能

出典:https://www.aiful.co.jp/

消費者金融とは?利用の前に基本情報を確認!

消費者金融はお金の貸出業務に特化してサービスを提供する業者を指します。

お金を貸してくれる業者には銀行もありますが、銀行と違い他の金融業務は一切請け負っておらず、お金を貸すことだけに集中してサービスを提供しています。

消費者金融は貸金業務のみ担当しています。

消費者金融はお金を貸したときに発生する利息で経営しており、経営維持のために利息をなるべく多く受け取らなければなりません。

その影響もあり金利が高く設定され、大半の業者で最大18.0%に近い金利が適用されてしまうのです。

 一方で、消費者金融は審査基準があまり厳しくないことから、多くの収入を持っていなければ借りられないという問題はありません。

最低限度である10万円の限度額を達成できるユーザーであれば、消費者金融からお金を借りられる可能性があります。この他にも消費者金融には以下の特徴を持っています。

消費者金融の特徴
  • 即日融資が可能
  • ATMやネットでの融資が可能
  • 返済もATMで可能
  • 一部業者は自動契約機でカード発行等の手続きが可能

銀行ではできないようなサービスを消費者金融は提供しています。審査にかかる時間が短いことで即日での審査完了融資に繋げられます。

更に利便性も大きく向上されており、様々な場所で借入や返済ができるようにしています。

すぐにお金が必要となった人にとって、消費者金融は重要な役割を果たしてくれるでしょう。一方で低金利で借りたい人には向いていません。利用する際は金利審査時間のバランスを考慮して業者選びを検討しなければなりません。

消費者金融には大きさが存在する

消費者金融は大手とされている業者に加えて、中小の消費者金融も存在します。大手とされているのは銀行の系列業者としてサービスを提供し、CM等を次々と提供している業者になります。具体的には以下の業者が該当します。

主な大手の消費者金融
  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

紹介した業者は自動契約機を提供している他、安定した経営状況を作り出せることから信頼性が高くなっています。知名度も高く、街でもよく見かけることから、消費者金融であればこれらの業者を選ぶ人も多くなるでしょう。

大手の消費者金融はCMを放送するなど、宣伝力もあります。

一方で中小の消費者金融は以下の業者が該当します。

主な中小の消費者金融
  • セントラル
  • フクホー
  • エニー
  • しんわ
  • ライフティ

紹介した業者以外にも中小の消費者金融は存在します。知名度はあまり高くないものの、独自に提供しているサービスのため金利面や審査で有利となる場合があります。ただ、借りられる場所が制限されるなどのデメリットもあります。

 消費者金融は大きさによって使い勝手も変化します。どの業者を利用していくかは非常に重要なポイントです。

消費者金融のおすすめの選び方をご紹介

アカウント作成

消費者金融を選ぶ際は、以下の要素を判断材料として選びましょう。

おすすめの選び方
  • 信頼性
  • 申込みやすさ
  • 利便性

こうした要素を検討材料に入れるといいでしょう。本来であれば金利も比較対象としたいところですが、最大の金利が18.0%の業者が多い消費者金融は、比較するのはかなり難しくなります。

ここは安心して利用できるかという部分に重きをおくといいでしょう。金利の比較よりも利便性などを踏まえた検討が必要です。

ここからは、消費者金融の選び方について詳しく説明します。

信頼性

消費者金融の信頼性は、借りた後の対応に大きな影響を及ぼします。信頼性の高い業者を利用した場合、返済できない時に相談しやすくなるなど、安心して融資を受けられるメリットが増えます。

一方で対応の悪い業者を選ぶと、電話対応が厳しくなるなどのデメリットを受けます。安心できる対応が期待できる業者を選びましょう。

信頼性は将来的な安心感を確保するためにも重要なものですし、中小の消費者金融より大手の消費者金融のほうが経営状況にも安定感があるため信頼しやすいのです。

信頼性を得たい人は大手の消費者金融を選びましょう。

申込みやすさ

申込みやすい業者を選んだほうが安心して融資を受けやすくなります。消費者金融では以下の申込方法を採用するところが増えています。

申込方法
  • WEBサイト
  • 自動契約機

2つの方法は近年の主力とされています。対応している業者を利用すれば、自宅で申込みを可能にできる他、自動契約機で契約まで完了させれば即日でカード発行までの手続きも可能です。

手軽な申込みを可能にしているかどうかを判断材料に加えておきましょう。

利便性

利便性はどこでも借りられる、どこでも返済できるという部分を重点的に考えたほうがいいでしょう。借りられる場所が制限されている、または返済できる方法が1つしか用意されていない業者は避けたほうが無難です。

返済方法が多くない業者は使い勝手も悪くなります。

近年の消費者金融はATMWEBからの融資に対応している他、従来まで使われていた振込融資も可能です。また、返済方法についてもATMネットバンキングに対応するようになり、返済できる方法はかなり拡大しています。

 多様な返済方法を希望している人は、少しでも返済方法の多い業者を選ぶといいでしょう。

消費者金融の利用方法・必要なもの

消費者金融の申込み方法

消費者金融を利用するためには、申込をしなければなりません。

申込みによって、融資を受けたいという気持ちを業者側に伝えて、最終的に業者側が問題なしと判断すれば融資を受けられるようになります。

消費者金融の申込方法
  • ネットから申し込む
  • 自動契約機を利用する
  • 電話で申し込む

近年はネットによる申込みが主体となっていますので、ネットを利用しているユーザーがかなり増えています。

自動契約機も利用されている傾向が多いものの、待ち時間などを考慮して利用している人は限られています。電話についてはあまり利用されているケースはありません。

ネットによる申し込みを行ってから別の方法で融資を受ける手法も用意されており、柔軟に対応できるネット申し込みはかなり有利な方法と言えるでしょう。

消費者金融の審査

スケジュール

消費者金融の審査手順
  1. 個人情報や収入を確認する書類の提出
  2. 業者側の審査を行って融資を受けられるか確認
  3. 個人に対して確認の電話連絡を入れる
  4. 会社に対して確認の電話を入れる
  5. 審査結果を通知してサービスを受けられるようにする

申込後は必要な情報を確認する書類を提出しなければなりません。個人情報収入に関連している書類を提出し、本当に安心して利用できるのか判断してもらう必要があります。

その後、業者側による審査が行われ、最終的に融資ができるか判断されます。書類確認のため、本人確認書類と収入証明書を提出しなければなりません。

2つの書類は必ず提出しなければならないものとして準備してください。

消費者金融の本人確認

確認作業は書類だけで終わりません。実際に電話連絡を入れて確認作業を実施するようにします。

電話連絡先は本人に対して行いますが、会社に対しても電話連絡を入れるようにします。会社に電話を入れる背景には、仕事をしているか判断するために電話が必要となるためです。

 仕事をしていないと判断された人は審査に落とされてしまいます。審査を通過するためには仕事をしていると証明できる状況が必要不可欠となります。

最終的にすべての審査が完了すれば、融資を受けられるような状況が生まれます。

融資を受けられる金額は収入等を考慮して決められますが、基本的にユーザー側の希望が通るようにしています。

あまりにも融資額を多くしなければ問題なく審査は通過できるでしょう。

消費者金融を利用する際の注意点

お金

消費者金融を利用する際の注意点は以下の通りです。

消費者金融を利用する際の注意点
  • 金利による利息払いがある
  • 毎月の支払額が固定されている
  • 返済できないような金額を借りない

消費者金融は無償サービスではなく、利用した金額は返さなければなりません。返済をしっかり済ませられるような体制を整えることが重要になります。

また、追加で支払うことになる利息を十分理解し、どのような返済ペースを取るのか確認しておきましょう。

返済していく際のペースなどは自分で考える必要があります。

金利による利息払いがある

利息とは?

利息:現在借りている金額に対して、金利を適用させて発生する手数料のこと。この手数料は消費者金融がサービスを維持するために用いられる。

消費者金融のサービスを利用したユーザーは、全て金利による利息払いをしなければなりません。

 消費者金融によっては無利息サービス期間が用意されています。無利息サービスを適用している間は支払わなくても問題ありません。

利息の支払いは毎月行う必要があります。場合によっては利息がかなりの金額に達しており、返済する金額に対して利息のほうが多いケースもあります。

そのような状況に陥らないように、毎月の返済額をしっかり調整し、適切に支払っていくことが重要になります。

毎月の支払額が固定されている

キャッシュレス

消費者金融が提供している返済方法は、毎月の返済額を固定して支払うリボ払いです。

リボ払いは自由に返済額を決められる場合もありますが、一部の消費者金融は返済額を調整することができなくなっており、毎月の支払額を強制的に固定させられてしまいます。

 支払額が固定されているサービスは、基本的に利用者が損するように作られているため、返済をスムーズに進めてもかなりの利息を取られてしまいます。

支払額が固定されている状態で返済を続けていくのは難しく、毎月の返済を進めてもなかなか残高が減っていかない問題を抱えてしまいます。

利用する消費者金融を選ぶ場合は、返済金額を自由に調整できるところを選んだほうがいいでしょう。

返済できないような金額を借りない

消費者金融は限度額ギリギリまで借りられるようにしていますが、限度額ギリギリまで融資を受けるとほぼ返済不可能になってしまいます。

 理由は返済する金額が多くなってしまうことに加えて、返済時に発生する利息が増加するためです。

返済する状況が厳しいものに変わってしまうと、毎月の返済だけで苦労してしまい、日常生活に多大な影響が及んでしまいます。

生活への影響を最小限にするためにも、まずは返済する金額を少しでも抑えるため、借りる金額は最小限に留めるようにしてください。

ギリギリまで融資を受けるようなことは絶対に避けましょう。

消費者金融の利息を抑える賢い使い方

お金

消費者金融を利用する際は利息が発生します。この利息を抑えるための使い方として、以下の手法があります。

消費者金融の利息を抑える方法
  • 最低返済額の倍以上を返済しておく
  • 無利息期間に多くの返済を済ませる
  • 追加返済を利用する

利息の発生を抑えるためには、金利を下げる借りている金額を減らすしかありません。

金利を下げる方法は基本的に取れないため、個人でできる対策としては返済する金額を増やすなどの対応を取り、残高を減らして利息を増やさないようにする対策を取りましょう。

自分で対応できる方法を利用し、利息を抑えましょう。

最低返済額の倍以上を返済しておく

消費者金融はすべての会社が最低返済額を設定しています。この最低返済額で返済していくと、かなりの利息を支払うことになってしまいます。

返済する利息を減らすためには、最低返済額で返済するのではなく、最低でも倍以上の金額を返済するようにしましょう。

 返済額が増えることで残高を減らす効果が期待できます。翌月以降の利息を抑える効果が高く、取り入れやすい手法と言えるでしょう。

毎月の返済額を増やしていくと、利息を発生させる原因である元本の金額が大幅に減少します。元本が減ると利息が減少し、最終的な支払いを抑えやすくなります。

利息を減らしたい時に最も優れている方法ではありますが、生活資金との兼ね合いも重要になります。

無利息期間に多くの返済を済ませる

お金

初回の利用で無利息サービスを設けている消費者金融は多くなっています。無利息期間は30日となっているケースが多くありますが、この期間にも返済は行なえます。

無利息期間中に元本を大量に減らしておき、翌月以降に発生する利息を減らす方法があります。

 無利息期間で返済されている金額が多くなっていれば、適用される元本が減っているため、利息を減らす効果が期待できます。

無利息期間は利息の発生がありませんので、1回目の返済については利息が適用されません。

利息が適用されない間に返済を多く進めておけば、次の返済から支払う利息は減少します。

一番使いやすい方法ではあるものの、この方法は1回目の利用だけに限られているため注意してください。

追加返済を利用する

毎月の返済を追加で行う方法が消費者金融に用意されています。

毎月の返済は約定返済と呼ばれますが、それ以外の返済として都度返済が用意されており、希望しているタイミングで返済ができるようにしています。この都度返済を利用して、元本を減らす方法があります。

 都度返済は負担が大きくなる可能性もあります。毎月の返済金額を調整して対応する方法も検討してください。

都度返済のメリットは、利息の支払いがこの時点では発生していないため、約定返済時に発生している利息を減らしやすくなっている点です。

毎月の利息を減らしやすくなれば、返済時に発生する利息に悩まされる心配は無いでしょう。

消費者金融と銀行カードローンの違いは?

カードローン利用時のイメージ

消費者金融と銀行カードローンは以下の違いがあります。

消費者金融と銀行カードローンの違い
  • 金利
  • 融資に関連するルール
  • 融資を受けるまでの時間

消費者金融は手軽に借入が可能になっているサービスとして提供されているため、融資に関連するルールに規制が設けられている他、金利面でも業者側が有利になるようなサービスに作られています。

明確な違いをしっかり理解した上でサービスを利用していくように心がけましょう。

明確な違いを理解してどちらを利用するか決めておきましょう。

ここからは、消費者金融と銀行カードローンの違いを詳しく説明します。

金利

金利は消費者金融と銀行カードローンでかなり違いがあります。安定したサービスを継続するために消費者金融は金利が高く設定されています。

消費者金融は金利による利息収入が中心となっている会社で、収入を得なければ企業としてサービスを継続できなくなってしまいます。

 消費者金融の金利は上限に到達しているケースが多く、かなり多くの利息を支払うように求められる傾向があります。

銀行カードローンは利息収入以外の要素でもサービスを継続できるようになっていますので、基本的にカードローンの金利は低く設定できます。

低金利でサービスを提供できるメリットは大きく、返済時に負担する利息を大幅に減らせる要素を生み出しています。

融資に関連するルール

消費者金融は融資に関連するルールとして、総量規制が適用されています。総量規制が適用されていると、年収の3分の1以上の借入が認められなくなってしまいます。

年収が少ない人は、借入ができる金額が大幅に制限されることになり、借入時に影響が及びやすくなります。

 総量規制は消費者金融が守らなければならないルールの1つとなっており、守らなかった場合は処分対象となります。

銀行カードローンには総量規制が設けられていません。ただ、銀行側としても自主規制という形で制限しているケースが多くなっており、総量規制に近い方法で制限している状況があります。

サービスとしては無制限に融資ができるものの、総量規制に近い状況であることも理解しておきましょう。

融資を受けるまでの時間

融資を受けるまでに必要な時間は、消費者金融が非常に早く、銀行側は遅くなっています。消費者金融は即日融資を可能にしており、すぐに融資を受けられるようにしています。

短時間で融資を受けたいと考えているのであれば、消費者金融を利用したほうがいいでしょう。

 消費者金融は警察のデータベース照会などの作業が含まれませんので、融資を受けるまでの時間が早くなっています。

銀行カードローンは、より慎重に融資を提供するように求められていることから、基本的に色々な確認作業をしなければなりません。

警察のデータベース照会はもちろんのこと、それ以外にも確認している要素が多くなっていますので、すぐに融資ができるような状況は作られていません。

よくある質問

消費者金融は店頭で契約できますか?
一部の業者は店頭で契約する必要があります。しかし、近年では店頭での契約は面倒だと判断されており、店頭での契約を停止している業者が多くなっています。現在は郵送やWEB上、自動契約機での契約を中心に行っています。
消費者金融に反社会的勢力が入っているのか不安です。
消費者金融は反社会的勢力ではありません。許可をとって金融業を提供している業者です。過去には反社会的勢力が介入していた時期もありましたが、排除することで現在は安心して利用できる業者が中心となりました。
消費者金融の取り立ては今でも厳しいのでしょう?
現在は電話による催促は行っていますが、厳しい取り立ては行っていません。電話で対応できない場合は郵便を送付するなどの対応を取り、更に対応されない場合は裁判を起こすなど合法的な方法を採用しています。ドラマのような取り立ては既に禁止されています。
複数の消費者金融と契約しても大丈夫ですか?
契約自体は可能ですが、契約したとしても利便性を損ねるだけですので避けたほうがいいでしょう。2社以上と契約した場合、1社目で融資を受けられる限度額や現時点で借りている金額等が審査に影響し、最悪の場合審査に落とされてしまいます。
消費者金融の金利が高い理由はなぜですか?
消費者金融の利息は業者が運営するために必要な資金源となります。金利を下げてしまうと利息が入らなくなり、業者側は運営に必要な資金や貸出のためのお金を確保できません。少しでも多くの利息を取るためには金利を引き上げるしかありません。
過去に消費者金融を利用していましたが、今の金利より明らかに高くなっていました。
20年以上前は金利が20%以上で、その代わりにほぼ審査をしないで融資をしている時代がありました。しかし、消費者金融が提示していた金利が違法と判断されたことで、業者側は現在の金利に変更してサービスを継続する方法に切り替えました。
大手と中小の明確な違いはどこですか?
大手は銀行系列に加わっていることが多く、中小は独立した会社が貸金業務を提供しています。また、大手の消費者金融は自動契約機を整備して、日本全国で契約できる環境を整えている違いがあります。

まとめ

この記事では、おすすめの消費者金融を紹介し、各社の金利を比較してランキングも発表しました。金利は直接利息として返済額に加算されるものです。

審査によって適用金利は異なるため一概にはいえませんが、上限金利が低い業者を選ぶ方が返済計画を立てるうえではおすすめです。ぜひ、利用を検討している人はランキングも参考にしてみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事