ソラチカカードの年会費は実質無料?割引方法やANAマイルの還元率も紹介

ソラチカカードは初年度の年会費は無料ですが、2年目以降は税込2,200円の年会費がかかります。ただし入会時や契約更新時にポイントが付与されるので、実質無料で利用できるのをご存知でしょうか?

またJCBのリボ払い『スマリボ』を利用すれば、年会費の割引を受けることも可能です。この記事では、ソラチカカードにかかる年会費や割引を受ける方法について解説。

また、ソラチカカードの特徴や保有するメリットについても解説します。ソラチカカードは普段飛行機に乗らない陸マイラーにも人気のカードです。マイルを貯めたい方はぜひ利用してください。

ソラチカカードの各ポイントのマイル還元率も紹介しているので、参考にしてください。

ソラチカカードとは?特徴を解説

ソラチカカード

『ソラチカカード』は、「PASMO機能とクレジットカード機能が一体」となったカード。

PASMOのオートチャージ機能が付いているので、カードを改札機にタッチするだけで自動的にチャージが可能。残高不足の心配もなく、手間もかかりません。

 裏面に定期券を搭載できるので、ソラチカカード1枚で通勤や通学に利用したり、ショッピングに利用したりなどが可能です。

ANAや提携航空会社の搭乗では『マイル』が貯まり、東京メトロ乗車・定期券の支払では『メトロポイント』が貯まります。さらに、普段の買い物ではJCBの『Oki Dokiポイント』を貯めることができます。

ポイントを獲得する方法が複数ありマイルへの交換も可能なため、飛行機に乗る以外の方法でマイルを貯める『陸マイラー』におすすめの1枚です。

年会費 初年度:無料

2年目以降:2,200円(税込)

国際ブランド JCB
ポイント
  • メトロポイント
  • Oki Dokiポイント
  • ANAマイル
基本還元率 0.50%
入会・継続のボーナス 1,000マイル
搭乗ごとのボーナスマイル 10%
マイル移行レート 1ポイント=3マイル
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
申し込み条件
  • 18歳以上(高校生を除く)

出典:ソラチカ一般カード

ソラチカカードにかかる年会費

ソラチカカードの年会費は初年度無料

0円と人差し指

ソラチカカードの年会費は、申し込み初年度無料となっています。

海外旅行障害保険が最高1,000万円、海外ショッピングガード保険が最高100万円の保険が付帯しておりサービスも充実しているので、初年度無料ならお得なカードと言えるでしょう。

 また通常入会で1,000マイルのボーナスが付与。ANA主催の新規入会&利用キャンペーンや、JCB主催の新規入会&利用キャンペーンも定期的に開催されています。

ANA・JCB・PASMOの機能が1つになったカードだからこそ、いろんな特典が受けられるのも特徴の1つです。

ソラチカカードの年会費は2年目も実質無料

ソラチカカードは2年目以降は2,200円の年会費がかかります。ただし前述した「通常入会ボーナス」として1,000マイルが付与されるのに加え、2年目の継続利用で「継続ボーナス」として1,000マイルが付与されます。

1マイルの価値は固定ではありませんが、おおむね1円以上の価値はあるので通常入会ボーナスと継続ボーナスを合わせれば、2年目の年会費も実質無料となります。

マイルの価値によっては1マイル3円以上になる場合も。継続ボーナスだけで2,200円以上の価値になるので、3年目以降も実質無料で利用可能です。

ソラチカカードの年会費はスマリボ利用で割引が可能

JCBのリボ払い『スマリボ』とは

スマリボ

JCBは2019年に、ショッピングリボ払い利用者への優遇として『スマリボ』をリリースしました。『スマリボ』はショッピング1回払い利用分が自動的にショッピングリボ払いとなる支払い方法です。

利用残高に応じて毎月の支払い金額が変動する『残高スライドコース』を採用しており、「ゆとりコース」と「標準コース」の2種類から選択が可能です。

利用残高 利用残高 毎月の支払い元金
ゆとりコース 〜100,000円 5,000円
100,001円〜500,000円 10,000円
500,001円~1,000,000円 15,000円
標準コース


〜100,000円 10,000円
100,001円〜200,000円 20,000円
200,001円〜300,000円 30,000円

たとえば、8月10日に120,000円の商品を「ゆとりコース」で購入したとしましょう。締め日の8月15日時点では、まだ1円も支払っていないので利用残高は120,000円です。

そのため支払日にあたる翌月9月10日は10,000円の元金を支払い、10月10日も10,000円の元金を支払います。10月15日の締め日時点では残高10万円になっているため、11月15日の支払いは5,000円の元金を支払うことになります。

 このように利用残高に応じて毎月の支払い金額が変動するのが『残高スライドコース』です。

なお標準コースを選んで12万円の商品を購入した場合は、残高10万円以下になるまで毎月の支払元金が2万円と、「ゆとりコース」の倍になります。

なお、「ゆとりコース」は5,001円以上、「標準コース」は10,001円以上の利用残高がある場合に手数料が発生します。

スマリボのメリット

MERITと書かれた積み木

スマリボのメリット
  • 年会費の割引が受けられる
  • Oki Dokiポイント2倍になる
  • ショッピングガード保険(国内)が自動付帯される
  • JCB指定のキャンペーンの抽選口数がアップ

スマリボに登録して、年1回以上ショッピング利用をすれば、カード年会費のキャッシュバックが受けられます。カードによってキャッシュバック金額は異なりますが、ソラチカカードの場合1,375円のキャッシュバック額が受けられるので、2年目以降も年会費825円で利用できるようになります。

ソラチカカードの継続更新ボーナスの1,000マイルを受け取れば、2年目以降も年会費無料利用が可能です。

 また毎月10日の支払い日にショッピングリボ払いの手数料の支払いがあれば、Oki Dokiポイントが2倍になる優遇も適用されます。

スマリボ登録済のカードで購入した商品には、購入日から90日間のショッピングガード保険(国内)が自動付帯される特典も。ソラチカカードのショッピングガード保険は海外だけなので、これで国内でも安心して買い物が可能です。

またJCB指定のキャンペーンの抽選口数がアップする特典もあるので、チャンスが広がるでしょう。

スマリボのデメリット

DEMERITと書かれた紙

スマリボのデメリット
  • 返済までの期間が長期化しやすい
  • 利用残高によって支払い額が自動で決定する
  • 手数料が初回から発生する

リボ払いは毎月の支払額を一定にできるので負担は小さいですが、その分、支払い期間が長期化しやすいデメリットがあります。支払い期間が長くなればなるほど、手数料も大きくなるので余計にコストがかかってしまいます。

また通常のリボ払いは、返済額を自分で決めることができますが、『スマリボ』は利用残高によって支払い額が自動で決定する『残高スライドコース方式』を採用しています。

 『残高スライドコース方式』があるため、毎月の支払い額を上げて早く返済することができません。たとえばゆとりコースで利用残高10万円なら、毎月5,000円+手数料の支払いに固定されてしまうのです。

口座振込などを利用してまとめて支払う方法もありますが、まとめて支払った場合、毎月10日のショッピングリボ払いの手数料の支払いがなくなるため、Oki Dokiポイント2倍の特典が受けられなくなります。

また、初回から手数料が発生するのもデメリットでしょう。

ソラチカカードで貯まるポイント・マイルの種類

チェックリスト

ソラチカカードでは以下の3種類のポイント・マイルを貯めることができます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

ソラチカカードで貯められるポイント・マイルの種類
  • Oki Dokiポイント
  • メトロポイント
  • ANAマイル

Oki Dokiポイント

Oki DokiポイントはJCBカードの利用で貯められるポイントです。ソラチカカードでは毎月の利用合計額1,000円ごとに1ポイントが貯まり、1ポイント5円相当として交換・移行が可能なので、還元率0.5%となります。

1回の利用ごとではなく、毎月の利用合計額に対してポイントが付与されるため、1,000円以下の少額の買い物が多い方でも積み重ねていくことができるでしょう。

 貯めたOki DokiポイントはキャッシュバックやAmazonでの利用の他、マイルに交換したり、メトロポイントに交換したりも可能です。

PASMOへのオートチャージでもOki Dokiポイントが貯められるので、東京メトロで使用すればメトロポイントとの二重取りができます。

メトロポイント

東京メトロ

メトロポイントは、東京メトロが提供している会員ポイントです。

 メトロポイントPlusに申込済のPASMOで東京メトロ線を利用すれば、乗車するごとにメトロポイントを貯めることができます。

他にもメトロポイントPlusに申込済のPASMOで、メトロポイントPlus加盟店でPASMO電子マネーの利用、東京メトロの定期券をクレジット決済などでメトロポイントが貯められます。

貯まったメトロポイントは、PASMOにチャージをしたり、ANAマイルやnanacoポイントに交換したりが可能です。

ANAマイル

ANAマイルは航空会社ANA(全日空)のポイントで、飛行機に乗った距離によってマイルを貯めることができます。マイルには以下の使いみちがあります。

マイルの使いみち
  • フライトで使用する
  • 旅で使用する
  • ショッピングで使用する
  • 提携パートナーで交換する

マイルはANA国内線の特典航空券や国際線のアップグレード特典など、フライトで使用できます。

旅でマイルを使用することも可能で、ANAワールドホテルやANAトラベラーズホテルなどホテル宿泊費として使用したり、レンタカーやグルメにも利用できます。

 また『ANAショッピング A-style』ではマイルを使用して好きな商品の購入も可能です。ショッピングサイトは旅行関係の商品だけでなく、ファッションやグルメも用意されているので、使いみちは多岐に渡るでしょう。

その他にもEdyや楽天ポイント、Tポイントなどに交換したり、スターバックスカードやiTunesギフトカードなど提携しているパートナーのポイントとも交換できます。

出典:マイルを貯める詳細項目一覧|ANA

各ポイントのマイル還元率は?

飛行機

冒頭でも解説したように、ソラチカカードの各ポイントは、マイルへの交換も可能であり、飛行機に乗る以外の方法でマイルを貯める『陸マイラー』の方におすすめのカードです。

ソラチカカードにはOki Dokiポイントを毎月自動でマイルに移行してくれる『マイル自動移行コース』があり、「マイル自動移行コース10マイル」と「マイル自動移行コース5マイル」の2種類が選択可能。それぞれの移行還元率は以下のようになります。

Oki Dokiポイント→マイル
マイル自動移行コース10マイル 1P=10マイル
マイル自動移行コース5マイル 1P=5マイル

「マイル自動移行コース10マイル」は、マイル移行手数料として年間5,500円がかかりますが、「マイル自動移行コース5マイル」の還元率より2倍の還元率となります。

また、メトロポイントは100P=90マイルとして移行可能です。

年会費を払う価値はある?ソラチカカードのメリット

ソラチカカードのメリット
  • Oki Dokiポイント、メトロポイント、ANAマイルが貯められる
  • オートチャージが利用できる
  • 新規契約と更新時にマイル付与

Oki Dokiポイント、メトロポイント、ANAマイルが貯められる

ABCと書かれた積み木

ソラチカカード1つ目のメリットは、「Oki Dokiポイント」「メトロポイント」「ANAマイル」の3種類のポイントが貯められることでしょう。東京メトロを使用していて、マイルを貯めたい方には必須のカードと言えます。

 貯まったメトロポイントはマイルに高還元率で交換できるのもメリットの1つでしょう。

またPASMOにクレジットカードでチャージして使用することで、「Oki Dokiポイント」と「メトロポイント」の二重取りも可能です。「Oki Dokiポイント」はマイルやメトロポイントに移行できるので、使いみちは様々です。

オートチャージが利用できる

ソラチカカードはPASMOとクレジットカードが一体となったカードなので、通常のPASMOと同様、改札機でタッチして使用できます。

またオートチャージ機能が搭載されているので、残高が足りない場合でも改札機にタッチするだけで自動チャージを行えます。

 残高が足りなくて通れないといったミスや、自分でチャージする手間がなくなるのは大きなメリットでしょう。

入場時もしくは出場時に、設定した金額以下であればオートチャージが行われるので、いつでも安心です。なおオートチャージの設定は券売機や窓口で簡単に変更可能です。

新規契約と更新時にマイル付与

青空とクレジットカード

ソラチカカードは新規契約と更新時の両方に1,000マイルが付与されます。1年目は年会費無料なのでプラスに、2年目以降も1マイル3円以上と考えればプラスで利用できます。

なおソラチカカードは年会費1,100円で家族カードも発行可能。更新時ボーナスから年会費を差し引いた余りの額を家族カードにあてると考えれば、家族カードもほぼ実質無料で利用できることになります。

新規契約と更新時のボーナス付与で、実質無料でソラチカカードを利用できるのは大きなメリットでしょう。

ソラチカカードの仕様は改悪されたって本当?

コインに座る人形

「ソラチカカード」で検索すると「改悪」と一緒に表示されるので心配な方もいるかもしれません。これは以前と比較して、「効率的にマイルを貯めるのが難しくなった」ことが原因です。

以前の制度では、各ポイントサイトで貯めたポイントを高還元レートでマイルへの変換が可能でした。しかし2018年に「ドットマネー」「Gポイント」などの各ポイントサイトがメトロポイントとの提携を終了

 また2019年まではLINEポイントからメトロポイントを経由してANAマイルに交換する高還元ルート『ソラチカルート』と呼ばれる方法が利用できましたが、LINEポイントのルール変更により利用できなくなったのです。

このソラチカルートが利用できなくなったため、陸マイラーにとっては大打撃となり「改悪」と言われています。ただし、現在もメトロポイントからマイルへの交換は90%と高還元率で利用できるので、十分お得なカードと言えるでしょう。

空港ラウンジカードを利用する際の注意点

空港

空港ラウンジカードを利用する際の注意点は以下の通りです。

空港ラウンジカードを利用する際の注意点
  • 無料で利用できる回数に制限がある
  • 家族が利用できない場合がある
  • 対象外のラウンジがいくつか存在する

空港ラウンジカードと言っても、すべてのラウンジで利用できるように作られているのではなく、一部のラウンジはカードによって限定されています。

また、家族が何人まで利用できるようにしているかなど、空港ラウンジカードによって違いが生じているため気をつけてください。

カード利用する際は情報をしっかりチェックしておく必要があります。

ここからは、空港ラウンジカードの注意点について詳しく説明します。

無料で利用できる回数に制限がある

一部のカードは、空港ラウンジを無料で利用できる回数に制限が設けられています。

無料で利用できる回数を超えてしまうと、次回からの利用は有料としてお金を支払う必要があり、ラウンジが利用できると言っても使いづらい状態になってしまいます。

 ゴールドカードでは月ごとの制限が加えられている場合があるため、利用する際は気をつけておく必要があるでしょう。

プラチナカードのように高額な年会費を支払うことになっているカードであれば問題ありませんが、ゴールドカード利用時には回数制限等に気をつける必要があります。

回数制限を無視して利用していると、余計な支払いによって負担を増やしてしまいます。

家族が利用できない場合がある

口コミをチェックする女性

空港ラウンジカードの中には、家族の利用人数が制限されている場合があります。

いわゆる同伴者を何人まで利用可能な状態にしているのかという話になりますが、一部のカードは1名まで同伴を認めているなど、厳しい条件をつけていることがあります。

 同伴者を認めていないカードも中にはありますので、自分が保有しているカードが利用できるのかしっかり見ておいたほうがいいでしょう。

利用人数が制限されているカードの場合、家族カードを発行することで同伴者を増やす方法がありますので、利用できるようであれば活用してみましょう。

家族カードは本カードと同じような使い方が可能になっており、ラウンジシステムも同様に使えるようになります。

対象外のラウンジがいくつか存在する

ラウンジは利用できる場所が制限されており、対象外のラウンジは利用できなくなっています。

特にプラチナカード限定で利用できるようにしているラウンジが対象となっていますが、一部のカードを保有していない人は利用できないようなルールが適用されます。

 利用できないラウンジを利用したくても、断られてしまうので意味がありません。利用できるラウンジであることを事前に確認しておきましょう。

国内の空港では空港ラウンジカードを持っていればほぼ利用できるようになっていますが、海外のラウンジでは対応できないところが結構あります。

海外のラウンジを利用する際は、自分が保有しているカードで対応できるのかしっかり確認しておくことをおすすめします。

年会費無料のクレジットカードで空港ラウンジを利用する方法

保険相談

年会費無料のカードを持っている状態でラウンジを使いたい時は、まずゴールドカード以上のカードで年会費無料を実現できるカードを探す必要があります。

一部のゴールドカードは、利用金額に応じて条件付きで年会費無料を実現していることがあるため、保有していれば条件を満たして利用可能となる場合があります。

 ゴールドカードの年会費無料条件を満たせなかった場合は、指定されている年会費を負担しなければなりません。

ただ、年会費無料としているランクの高いカードは非常に少なく、対象とされているカードも利用金額の条件が難しくなっているため、思っていた以上に苦戦してしまいます。

どうしても年会費を払わずにカードを保有し、空港ラウンジを利用したいと思っているのであれば、まずは利用金額を増やして対応するように心がけましょう。

必要とされている金額まで利用して年会費を無料に出来れば、年会費0円で快適な環境を手にできることとなります。

一般カードを持っている場合でも空港ラウンジを使える方法がある

一般カードを持っている人は、基本的に空港ラウンジを利用できないようにしています。同伴者になって訪れれば一般カードを保有している場合でも空港ラウンジが使える場合もあります

一定上のランクを持つカードには、カードのルールによって同伴者が使えるケースがありますので、その機能を活用すると一般カードを持っていても利用可能になります。

 同伴者が無料で使えるのか、それとも料金を支払うことになるのかはカードによって異なりますので、事前に保有している人から聞いておいたほうがいいでしょう。

一般カードを持っていたとしても、誰かがゴールドカードを持っており、空港ラウンジを利用できる状態にしてくれれば問題なく使えるようになるのはいいところです。

諦めてゴールドカードを利用していくような状況に持っていくのではなく、ゴールドカードを保有している人に対してお願いすることでラウンジを利用してみるのもいい方法でしょう。

相談次第では無料で使えることも夢ではありません。まずはカードを保有している人に相談して使えないか検討してもらいましょう。

【年会費も比較!】ソラチカカードと検討したい!おすすめのクレジットカード3選

JCBカード W

JCB CARD W

JCBカード Wのおすすめポイント
  • 39歳までの入会で年会費が永年無料
  • JCBオリジナルシリーズパートナー店で利用するとポイント最大21%
  • Amazonやセブンイレブンでのお買い物がお得
  • 海外旅行傷害保険
JCBカード Wは、常にJCBカードの2倍のポイントが貯まる上に、39歳までに入会すれば40歳以降も年会費が無料のクレジットカードです。
JCBオリジナルシリーズパートナー店でのカード利用でもポイント還元率をアップさせることができます。最大21%のポイント還元が可能のなので、ポイント還元率の高いカードを利用したい方におすすめです。
 JCBオリジナルシリーズパートナー店には、スターバックスやAmazon、セブンイレブンなどがあります。これら店舗をよく利用する方はお得です。

また海外旅行傷害保険が最大2,000万円付帯されています。クレジットカードを所有していて、旅行代金を支払えば面倒な手続き不要で保険に入ることができます。

そのため、海外旅行によく行く人にもおすすめのクレジットカードだと言えるでしょう。

年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0〜5.5%
ポイント Oki Dokiポイント
国際ブランド JCB
タッチ決済 JCBのタッチ決済
電子マネー QUICPay
スマホ決済 Apple Pay・Google Pay
追加カード ETCカード・家族カード
保険・補償
  • 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
  • 海外ショッピング保険(最高100万円)
  • 紛失・盗難サポート
申し込み対象 18歳以上39歳以下

出典:公式サイト

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカードのおすすめポイント
  • ポイントは自動キャシュバック
  • 携帯料金やETCの支払いでポイント還元率が2倍に
  • 海外旅行とショッピングの保険がついている

VIASOカードは三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードです。オートキャッシュバック機能がついているのが特徴です。

 オートキャッシュバック機能とは、貯まったポイントが自動で利用代金の支払口座に振り込まれる機能です。1ポイント1円として振り込まれます。

また携帯料金やETC料金をVIASOカードで支払うと、ポイント還元率が2倍になります。固定費をクレジットカードから支払っているという方はポイントが貯まりやすいため、おすすめです。

海外旅行とショッピングに対する保険がついているのも特徴です。旅行代金はVIASOカードで支払うだけで、海外旅行の際の保険が加入が済んでしまうため、面倒な手続きは一切必要ありません。

ショッピング保険では、カードで購入した商品が破損、盗難などにより損害をこうむった場合に補償してもらえます。

年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5〜12.5%
国際ブランド Mastercard
タッチ決済
電子マネー モバイルSuica・楽天Edy
スマホ決済 Apple Pay
追加カード ETCカード・家族カード
保険・補償
  • 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
  • ショッピング保険(最高100万円)
  • 紛失・盗難サポート
申し込み対象 18歳以上

出典:公式サイト

三井住友カード (NL)

三井住友カード NL

三井住友カード(NL)
  • 年会費永年無料
  • 対象の飲食店・コンビニでタッチ決済すると最大5%還元
  • 両面ナンバーレスでセキュリティも安心
  • 選んだお店で+0.5%還元

三井住友カード(NL)は、カードの両面にカード番号が記載されていないため、盗み見による不正利用や情報漏洩を防ぐことができるクレジットカードです。

対象の飲食店やコンビニでタッチ決済をすると最大5%のポイント還元を受けることができ、元々のポイント還元率と足すと合計最大10%の還元を受けられます。

 対象の飲食店やコンビニには、マクドナルドやセブンイレブン、ローソンなどがあります。これらのお店の利用頻度が高い方はおすすめです。

他にも、対象のお店からお好きなお店を選んで登録すると、ポイントが+0.5%還元されます。年会費が永年無料で、ポイント還元率の高いクレジットカードを探している方にぴったりです。

複数の電子マネーやスマホ決済にも対応しているため、使いやすいカードだと言えるでしょう。

年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5〜5.0%
ポイント Vポイント
国際ブランド Visa・MastercardVisa・Mastercard
タッチ決済 Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス
電子マネー iD・WAON・PiTaPa
スマホ決済 Apple Pay・Google Pay
追加カード ETCカード・家族カード
保険・補償 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)・紛失・盗難サポート
申し込み対象 18歳以上

出典:公式サイト

まとめ

今回の記事は、ソラチカカードにかかる年会費や割引を受ける方法について解説しました。ソラチカカードはPASMOとクレジットカード両方の機能が搭載されており、3種類のポイントを貯めることができます。

飛行機に搭乗せずにマイルを貯めたい陸マイラーの方や、普段東京メトロ線を利用している方にとってメリットは多いので、ぜひ一度利用してみてください。

新規入会時や契約更新時に1,000マイルのボーナスが付与されるので、実質年会費無料で利用できますよ。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事