学生ローンとは?特徴・審査・奨学金との違いなど詳しく解説

学費や旅行費、運転免許の取得費など、何かとお金が不足しがちな学生時代。そんな時は、学生をメインの対象とした借り入れサービス「学生ローン」がおすすめです。

中には、申し込み当日に借り入れできるサービスもあり、急な用事にも対応できます。

そこで今回は、「学生ローンとは?」という基本的な部分から、おすすめの学生ローンまで以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 学生ローンとは?
  • 学生ローンの審査は甘い?
  • 学生も申し込み可能なカードローン

よくある質問にも答えていきますので、学生ローンの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね!

学生ローンとは?

学生ローンとは?

学生ローンとは、その名の通り学生を対象にしている貸し付けサービスです。融資受けるにあたっては、申し込み条件を満たしつつ、審査に通る必要があります。

また、使途に関しても非常に柔軟です。学費から日用品の購入まで様々なものにかかる費用に使用できます。

学生ローンの使途一例
  • 教育学費
  • 資格取得費
  • 運転免許取得費
  • 旅行費
  • 家賃の支払い etc…

借り入れできる金額は、50~80万円程度が一般的です。また、学生ローンも「総量規制」の対象となります。

総量規制とは?
貸金業法の1つで、年収の3分の1以上の借り入れができない法律です。
学生ローンを利用するには、アルバイトなどでの「安定した収入」が条件になっている場合がほとんどです。

加えて、この「総量規制」が適用されるため、50~80万円程度の借り入れが限度になる場合が多いでしょう。

奨学金と学生ローンはどう違う?

学生ローンとは?

学生ローンは、学生を対象にした貸し付けサービスです。一方で、奨学金は経済的に余裕がない家庭を対象に、学費を支払えるよう貸し付けをする制度を指します。

学生ローンは基本的に借り入れしたお金はある程度自由に使えますが、奨学金は学費の支払いに限られているのが特徴です。また、学生ローンの審査対象は学生本人ですが、奨学金の場合は保護者になります。

学生が借り入れできるお金という点は同じですが、そもそもの利用目的がまったく異なると理解しておきましょう。

学生ローンの審査は甘いの?

pcを操作する

学生ローンの利用には必ず厳正な審査が行われ、審査に通らないことには融資を受けられません。そこで気になるのが、具体的な審査基準。

しかし、残念ながら学生ローンの審査基準はどの会社でも公表しておらず、知ることができないのが現状です。

ただし、申し込み基準から、ある程度の審査基準を推測することは可能です。申し込み条件は各社で異なりますが、多くの場合以下のような条件が設けられています。

申し込み条件
  • 18歳もしくは20歳以上で高卒以上の学生
  • 収入が安定していること

上記を基本として、「アルバイトでも収入を得ていれば申し込みできること」そして「そもそも学生を対象にしているローン」であることから、審査基準はそこまで厳しくないと推測できます。

ただし、これはあくまで申し込み条件を元にした目安に過ぎません。
貸す側もビジネスを成立させるために、審査を疎かにすることはありません。審査が甘く、誰でも利用できるという訳ではないと理解しておきましょう。

学生ローンの利用は親にバレる?

学生ローンの利用は親にバレる?

学生ローンを利用するにあたり、「お金を借りることが親にバレないか」と心配に思う人は少なくないでしょう。その点、学生ローンの中には家族に借り入れしていることを伝えないことを案内しているサービスがあります。

学生の場合、家族に内緒で借り入れしたいという方が多いことから最大限考慮してくれています。

ただし、確認が必要と判断された場合、連絡が入る可能性もゼロではないことも理解しておきましょう。また、未成年の場合は親権者の承諾が必要なため、家族に内緒で利用することはできません。

学生ローン以外にお金を借りる方法は?

親や友達から借りる

親や友達、恋人からお金を借りるメリットは、金利がかからない場合が多いという点でしょう。しかもすぐに借りることができる可能性もありますし、精神的にも安心感があるかもしれません。

 金額によっては返済期間の融通も利きやすいと思いますが、大きな金額を借りるのは難しいケースが多いです。

また個人間でのお金の貸し借りは、しっかりとした返済計画を立てるわけではないので、トラブルに発展するケースも少なくありません。

実際にお金の貸し借りによって関係が崩壊したという話はいくつもありますし、信頼関係が一気に破綻してその後裁判沙汰に発展したということもあります。

ですから、個人間でお金の貸し借りをする場合は、気楽ですがきちんと返済計画を自分で立てられないといけないでしょう。

生活再生のサポートを利用する

生活再生のサポートを受ける

次に生協やNPOからお金を借りるという方法もあって、これは生活再生のサポート制度を利用することになります。金利も安いですし相談にも乗ってくれますが、生協は組合員であること、NPOも出資をしていることが条件となります。

また借りられる金額は少額ですし、すぐにお金を借りたいというときにはネックになる部分が大きいでしょう。

他にも奨学金制度や生活サポート基金を利用する手段もありますが、こちらも条件が多くお金が手元に入ってくるまでに時間がかかってしまいます

公的機関を利用する

国や市町村の支援制度を利用してお金を借りることも可能で、メリットとしては金利が非常に安いという点があげられます。無利子で貸し付けをしてくれるところもあり、利用できるのであれば負担は少なく済むでしょう。

しかし、審査が非常に厳しく所得制限が設けられているうえに保証人が必要なケースがほとんどなので、学生にはハードルが高いです。

また親にバレてしまうことが確実なので、誰にも知られずに借りたいという人にも向いていません。

自分の財産を担保にお金を借りる

自分の財産を担保にお金を借りる

何か財産になるものを持っていれば、それを担保にしてお金を借りることも可能です。

たとえば不動産があればそれを担保にローンを組むこともできますし、ゆうちょ銀行に定額預金があればそれを担保に融資を受けることもできます。

ただし、学生で不動産を所有している人はほとんどいないでしょうし、あまり現実的とは言えないでしょう。

カードローンを利用する

最後に大手の消費者金融などのカードローンを利用する手段があります。

 こちらは学生・アルバイトでも借り入れ可能なところが多く、しかも返済計画の相談にも乗ってくれます。

申し込みをする前に必ず返済シミュレーションができますし、審査もそれほど厳しくありません。また、何といっても融資までにスピードが非常に早く、即日融資が可能なところがほとんどです。

カードローンなら返済シミュレーションができるので計画に借りられます。さらに無利息キャンペーンをやっているところもありますので、期間内に完済すれば金利もかかりません。

金利は他のサポート制度と比較するとやや高めですが、計画的に借りられる点を考えてもメリットは多いでしょう。

カードローンが学生におすすめな5つの理由

借り過ぎる心配がない

借り過ぎる心配がない

学生に限らずお金を借りる際に必ず考えておかなければならないのが、返済についてです。

 返済計画がしっかりできていないと、大きなトラブルの原因にもなりますし、その後の人生に影響が出るおそれもあるでしょう。

カードローンはあらかじめ現在の収入状況や借り入れ状況を確認の上、総量規制に沿って審査を行うので通ったとしても年収の3分の1以上は借りることができません。

したがって「返済できる範囲」でしか最初から借りれないので、借り過ぎる心配がないのです。

返済計画を立てやすい

カードローンは借りる前に必ず毎月の返済額を決めるようになっていますし、その後の返済プランについても相談に乗ってくれます。

最近ではホームページから申し込み前に返済シミュレーションができるところも増えており、あらかじめ無理のない借り入れかどうか確認できます。

お金を借りて一番困るのは返済ができなくなることですから、返済計画が立てやすいのは大きなメリットと言えるでしょう。万が一返済に困ったときでも、すぐに相談ができる窓口を持つところがほとんどなので、その点も安心です。

安心して借りられる

安心してお金を借りられる

大手の消費者金融のカードローンは、きちんと貸金業者として登録されており、東証一部上場企業です。したがって無理な借り入れもさせませんし、金利も法律に則って定めていますから、安心してお金を借りられます。

「お金を借りる」と聞くと、やっぱり少し怖いイメージがあると思いますし、「取り立てが厳しいのかな…」「高い金利を払わないといけないのかな…」という不安があるでしょう。

大手のカードローンはテレビCMなどでも有名で情報も多いから安心です。

しかし大手のカードローンはそのような無茶なことは絶対にしませんし、そもそもそういった行為は法律違反になります。

一度利用してみるとわかりますが、いわゆる銀行でお金を借りる感覚と同じですし、サポートも非常に丁寧です。

 

学生でも申し込み可能なおすすめカードローン4選

プロミス

プロミス

プロミスのココがお得!
  • はじめてなら30日間まるごと利息ゼロ!
  • 申し込み〜契約までアプリで完結!
  • お近くの銀行・コンビニから借入・返済可能

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスが提供するカードローンです100万ダウンロードを記録しているアプリローンなら、申し込みから借り入れまで簡単に行えます。

はじめての方なら30日間無利息で利用可能。近くの銀行やコンビニでいつでも借り入れできる利便性の高いカードローンです。

金利(実質年率) 4.50%〜17.80%
利用限度額 500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短30分
借入方法
  • インターネット
  • 電話
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • 提携ATM
返済方法
  • インターネット
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • コンビニ(マルチメディア端末)
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 18〜69歳(18歳・19歳のお申し込みの歳には収入証明書類の提出が必要です。定時制高校生や高等専門学校生を含む高校生のお申し込みはできません)

SMBCモビット

SMBCモビットのココがお得!
  • 提携ATM約130,000台※1!借入・返済に便利なカードローン
  • 電話連絡なし!郵送物なし!WEB完結・カードレス対応
  • 多機能型モビットカード「Tカード プラス」発行可能

SMBCモビットは申し込み〜借入まですべてWEB完結で行えるカードローンです。電話連絡や郵送物が一切ないため、周囲にバレることなくカードローンを利用することができます。

多機能型モビットカード「Tカード プラス」は、「クレジットカード」「Tカード」「モビットカード」の機能が1枚に集約されたカードです。財布の中身もスッキリさせることができます。

※1 2021年3月現在
金利(実質年率) 3.00%〜18.00%
利用限度額 800万円
審査スピード※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。 最短30分
融資スピード※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。 最短即日
借入方法
  • 口座振込
  • 提携ATM
返済方法
  • 提携ATM
  • 口座振替
  • 銀行振込
  • インターネット
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 20歳〜69歳

アコム

アコム

アコムのココがお得!
  • はじめてなら金利0円!30日間金利0円サービス
  • スピーディーな審査可能!審査回答最短30分
  • 24時間365日借入可能

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループが提供するカードローンです。インターネットもしくは電話で申し込みを行えば、最短30分で審査回答が受けられます。

アコムカードローンの借入は原則来店不要。振込ならインターネットや電話から24時間365日日本全国借入可能です。

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。
金利(実質年率) 3.00%〜18.00%
利用限度額 800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
借入方法
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 振込
返済方法
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • インターネット
  • 店頭窓口
  • 振込
  • 口座振替
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 20歳〜69歳
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

アイフル

アイフルのココがお得!
  • 最短30分で審査結果通知!1時間融資にも対応
  • スマホローン対応!増額手続きもアプリで完結
  • 困ったことがあればチャットサービスで解決できる

アイフルは、最短30分審査・60分融資に対応しているカードローンです。スマホアプリからほとんどすべての手続きが行える点も魅力。「今スグ」お金が必要な方におすすめできるカードローンだと言えます。

アイフルには、「ぽっぽくん」と呼ばれるチャットサービスがあります。わからないことや困ったこと、相談したいことがあればいつでも利用可能。チャットで問題解決できる点はメリットの一つです。

金利(実質年率) 3.00%〜18.00%
利用限度額 800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短60分
借入方法
  • スマホアプリ
  • アイフルATM
  • 提携ATM
  • 振込
返済方法
  • スマホアプリ
  • アイフルATM
  • 提携ATM
  • コンビニ
  • 口座振替
  • 振込
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 20歳〜69歳

【低金利】学生におすすめのカードローンランキング

今回紹介したなかから、上限金利の低いカードローンをランキング形式でご紹介します。

第1位 プロミス|17.8%(実質年率)

プロミス

おすすめポイント
  • 初回利用翌日から30日間無利息
  • WEB申し込みなら24時間365日受付・最短30分で融資可能
  • 最短10秒で振り込み可能な「瞬フリ」
  • WEB完結ならカードレスで郵便物もなし
  • アプリで借り入れ後の管理も楽々!

第2位 アコム|18.00%(実質年率)

アコム

おすすめポイント
  • WEB申し込み・電話申し込み共に最短30分で審査可能
  • 即日カード発行&融資可能
  • 50万円以内なら身分証明書のみでOK
  • 三菱UFJフィナンシャルグループ傘下だから安心
  • 初めての契約なら30日間無利息

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

第2位 アイフル|18.0%(実質年率)

アイフル公式

おすすめポイント
  • 審査時間最短25分で即日融資も可能
  • 契約後ならカード到着前でも銀行振り込みで借り入れできる
  • 原則在籍確認や郵便物の自宅送付なし
  • 50万円以下の借り入れなら収入証明不要
  • 銀行振り込みなら24時間借り入れ可能

第2位 SMBC モビット|18.0%(実質年率)

SMBC モビット

おすすめポイント
  • 電話連絡なし!融資までWEB完結が可能
  • 会員サービス「Myモビ」利用で最短3分の振り込み
  • コンビニ・銀行など全国に提携ATM約130,000台
  • SMBCグループだから安心して利用できる
  • 公式スマホアプリで返済日の変更や口座振り込み手続きが可能

※2021年3月現在

学生がカードローンを利用する際の注意点

学生でも利用可能か確認する

学生にできるお金の借り方

学生がカードローンを利用する場合、まず注意しなければならないのが利用できるかどうかです。たとえば銀行系のカードローンは低金利で融資を受けられるのがメリットですが、学生は利用不可のところもあります。

学生でも利用できるのか条件をチェックしておきましょう。

これは銀行系に限らず消費者金融のカードローンでも同じなので、必ず確認しておきましょう。利用条件に関しては、カードローンを提供している銀行や消費者金融のホームページに記載してあります。

返済の遅れや滞納をしない

学生に限ったことではありませんが、カードローンを利用するときにはきちんと返済計画を立てておかなければなりません。万が一返済が遅れたり滞納が続いてしまうと、信用情報機関にその旨が記録されてしまいます。

信用情報はカードローンだけでなく、キャッシングやクレジットカードなど金融商品を利用するときの審査で必ず確認されます。

 過去に返済の遅れや滞納があったことを記録されていると、新規の利用が一定期間難しくなってしまうので、非常に不便です。

したがって無理のない借り入れと、確実に返済できる計画を立てておきましょう。

返済シミュレーションをしておこう

PCで返済シミュレーションをしておこう

カードローンを利用するにあたって、返済計画を立てておけばスムーズに返済できます。

自分だけでやると無理な返済をすることになる可能性もありますから、カードローンを提供している銀行や消費者金融の公式サイトの「返済シミュレーション」を利用しましょう。

窓口やサポートセンターで無理のない返済ができるようにアドバイスしてくれます。

最近ではほとんどのカードローンが返済シミュレーションができるようになっていますし、窓口やサポートセンターでも相談に乗ってくれます。

カードローンを利用したいけど返済計画が上手く立てられない人や不安な人は、直接問い合わせてみてください。

【よくある質問】18歳でも学生ローンは利用できる?

おすすめの学生ローンは?
低金利で借り入れできるサービスは、「イー・キャンパス」、「アミーゴ」などが挙げられます。適用金利は審査で決まるため人それぞれ異なりますが、基本の上限が低いところを選べば返済額への加算額が少ないためリスクを回避できます。
そもそも学生ローンとは?
学生を対象にしている貸し付けサービスです。消費者金融や銀行のカードローンと違い、18歳以上から申し込み可能なサービスもあるため対象者は幅広く設定されています。
18歳でも学生ローンは利用できる?
各社の申し込み条件によって異なります。中には、高校を卒業している18歳、19歳を対象に融資を行っているサービスもあります。ただし、未成年の方が学生ローンを利用する場合「親権者の同意」が必要です。
学生ローンのメリットは?
学生向けのサービスであるため、比較的低金利で借り入れできることです。また、申し込み対象も幅広い点もメリットに挙げられるでしょう。
学生ローンの審査は甘い?
申し込み対象者は幅広く設定されていますが、決して審査が甘いとは言い切れません。貸したお金が返ってこなければビジネスとして成立しないため、きちんと返済能力の有無はチェックされます。申し込み条件には安定した収入があることと記載されている場合が多いため、無収入では当然利用できません。
学生ローンの利用は親にバレる?
多くのサービスでは、学生の立場になり親への連絡は避けると案内されています。しかし、未成年者が利用する際は親権者の同意が必要です。また、審査にて何らかの確認が必要と判断され場合は、親へ連絡が入る可能性もあるでしょう。
学生ローンは卒業して社会人になっても利用できる?
可能です。卒業後も追加融資を受け付けているサービスは少なくありません。学生時代の低金利で利用できるというメリットもあるため、ぜひご活用ください。
学生ローンはどうやって借り入れ・返済する?
多くのサービスでは、申し込み者の口座へ振り込みによる融資を実施しています。なお、返済については振り込みもしくは来店といった方法があり、都合に合わせて選択できます。

まとめ

この記事では、学生が利用できるカードローンについて解説しました。学生向けのサービスだけあり、低金利で融資を受けられる点は大きな特徴です。

また、申し込みも満18歳以上から可能な場合もあるため、消費者金融等のカードローンが利用できない場合は選択肢にとして考えておくといいでしょう。

審査基準は公表されていないため不明ですが、学生向けであることから高い壁ではないと推測できます。

しかし、貸す側もビジネスであるため決して審査を疎かにする訳ではないことも知ってしておきましょう。

また、中には親への連絡をしないよう配慮してくれるケースもあるため、気軽に申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事