学資保険の返戻率を上げるコツをおすすめ5選

学資保険に加入する際によく目にする「返戻率」。「返戻率にはどんな意味があるの?」「どれくらいがおすすめなの?」と、疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

しっかり教育費を確保するには、返戻率が高い学資保険がおすすめです。そこで今回は、学資保険の返戻率について、計算方法や受け取り金額をアップさせる方法まで詳しく解説します。

返戻率比較ランキングも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの学資保険5選&返戻率ランキング

おすすめの学資保険を5つピックアップし、最大返戻率順にランキングにしました。返戻率で学資保険を選ぶ際の参考にしてください。

なお、情報は2021年12月現在のものになり、個人の状況によって数値は変動します。正確な情報は公式ページなどでご確認ください。

1明治安田生命「つみたて学資」 最大返戻率109%

つみたて学資

特徴
  • 最大返戻率109%と高水準
  • 保険料の払込が15歳で終了する
  • 専門家に24時間育児相談可能

明治安田生命のつみたて学資なら、教育資金が最も必要になる大学入学のタイミングで保険金を受け取れます。受取期間や払込期間は、さまざまな組み合わせができます。

 各家庭の状況に応じて設計できるので、家計への負担が心配でも安心して契約可能です。

また、保険金を一括で支払った場合の返戻率は「109%」になり、業界最高水準を誇ります。

「24時間妊娠育児相談サービス」が受けられるので、育児で迷った場合に心強いでしょう。
最大返戻率 105.8%(一括払い:109%)
支払い期間 10歳・15歳から選択
加入条件 子供:0~満6歳

契約者:満18歳~満45歳

保険金受取期間 18歳~21歳(計4回)

出典:公式サイト

2ソニー生命「学資保険スクエア」 最大返戻率106.3%

ソニー生命「学資保険スクエア」

特徴
  • 最大返戻率が業界最高水準の106.3%
  • ライフプランナーが最適なプランを提案してくれる
  • 小学生以上でも学資保険に加入できる

ソニー生命の学資保険スクエアは、出産予定日の140日前から加入できる可能性のある学資保険で、出産前から学資保険に加入したい人にもおすすめです。

 金融全般について知識豊富な「ライフプランナー」が一緒に家計の状況を見直してくれ、最適なプランを提案してくれます。

学資保険スクエアには、大きく3つのプランが設けられており、家計に合ったプランを選ぶことが可能です。

学資保険スクエアは、11歳でも加入できるので学資保険に加入し逃してしまった人にもぴったりでしょう。

最大返戻率 106.3%
支払い期間 10歳・15歳・17歳・18歳・20歳・22歳
加入条件 子供:0~11歳

契約者:16歳(女性)・18~67歳

保険金受取期間 1型:中学校・高校・大学入学

2型:大学進学時+満期時

3型:大学進学~満期まで5回

出典:公式サイト

3フコク生命「みらいのつばさ」 最大返戻率105.5%

みらいのつばさ

特徴
  • 払込期間を「11歳・14歳・17歳」の3種類から選べる
  • 医療オプションを付加できる
  • 2人目の子どもから保険料の割引を受けられる

フコク生命の「みらいのつばさ」では、「兄弟割引」が利用できるのが特徴の学資保険です。

 医療保障オプションである「医療大臣プレミアエイト」が付加でき、保障内容も充実させられるのも特徴といえるでしょう。

フコク生命のみらいのつばさには、「ステップ型」と「ジャンプ型」2種類のプランが用意されているので、ライフスタイルに合わせたプランを選択可能です。

最大返戻率は「105.5%」と高水準に設定されているため、貯蓄も保障も充実させたいと考えている人におすすめです。

最大返戻率 105.5%
支払い期間 11歳・14歳・17歳から選択
加入条件 子供:出産予定日140日前~満7歳

契約者:満18歳~満50歳

保険金受取期間 ステップ型:入園・入学時(計7回)

ジャンプ型:大学入学・満期時(計2回)

出典:公式サイト

日本生命「ニッセイ学資保険」

ニッセイ学資保険

特徴
  • 返戻率104.9%
  • 24時間365日、育児相談のホットラインを無料で利用できる
  • 契約者が死亡したときは保険料の支払いが免除される(死亡時のみ)

ニッセイ学資保険は、大手生命保険会社である「日本生命保険」が販売しているため、倒産するリスクが少なく、安心感がある学資保険です。

 ニッセイ学資保険は、「祝金なし」と「祝金あり」の2種類のプランが設けられています。

大学進学資金以外に、高校入学などでもお金を受け取りたい場合は「祝金あり」、より多くの金額を受け取りたい場合には「祝金なし」がおすすめです。

24時間365日育児相談できるホットラインもあり、育児に関する不安・悩みを専門家に相談できます。
最大返戻率 104.9%
支払い期間 5年・10年(18歳まで)
加入条件 子供:0~6歳

契約者:16歳(女性)・18~67歳

保険金受取期間 祝金なし:18~22歳

祝金あり:小学校~高校入学 18歳~22歳

住友生命「スミセイのこどもすくすく保険」

こどもすくすく保険

特徴
  • 18歳満期と22歳満期の2つから選べる
  • 子供と契約者に死亡保障が付帯
  • 付加できる特約が充実している

住友生命の「スミセイのこどもすくすく保険」は、教育資金が必要になる「中学校・高校・大学進学時」に保険金を受け取れる学資保険です。

22歳満期のプランを選択していた場合には、中学高~大学進学時に加えて、22歳時にも保険金を受け取れます。

 返戻率は「101.7%」とそれほど高くないのですが、子供と契約者に「死亡保障」が自動付帯しています。

子供と契約者に対して死亡保障が付帯している学資保険は珍しいため、「貯蓄だけではなく、保障内容も重要視したい」という人におすすめです。

スミセイのこどもすくすく保険は、特約(こども総合医療特約・災害入院給付金など)の付加が可能!保障型にもできる保険です。

最大返戻率 101.7%
支払い期間 12歳・15歳・18歳
加入条件 子供:0~9歳

契約者:18~69歳(男性)

            18~75歳(女性)

保険金受取期間 18歳満期:中学校・高校・大学入学時

22歳満期:中学校・高校・大学入学時+満期時

出典:公式サイト

学資保険の返戻率とは?

お金が育っていく学資保険のイメージ

返戻率とは「へんれいりつ」と読み、契約者が加入した保険会社に支払う保険料の総額に対して受け取れる保険金の割合のことです。

 例えば、100%の場合には「支払った保険料と受け取れる保険金が同額」という意味になります。

100%を超えていれば、支払った金額よりも多くの保険金を受け取れる計算です。返戻率は保険料や支払い期間、支払方法、受取時期によって変動するため、保険会社の公式サイトに記載されている数値だけでは判断できません。

シミュレーションなどを活用して、自分が加入した場合の返戻率を確認する必要があります。

学資保険の返戻率の計算方法

学資保険の返戻率を算出すると、支払った保険料の総額に対して、受け取れる保険金がどれぐらいの割合になるかが事前にわかります。学資保険の返戻率の計算方法は以下の通りです。

 返戻率(%)=保険金総額(祝い金+満期保険金)÷支払う保険料×100

この計算式を用いて、払い込んだ保険料の総額が100万円と仮定した場合、返戻率と受け取り金額は以下のようになります。

支払い総額100万円の場合の具体例
  • 90%→受け取り金額90万円
  • 100%→受け取り金額100万円
  • 110%→受け取り金額110万円

以前は120%を超える商品もありましたが、現在では高くても110%程度が目安です。

加入前に返戻率と受け取り金額をしっかり計算しておきましょう。

返戻率は決められていない

学資保険の返戻率は、規約や法律などで決められるものではありません。商品やプラン、契約内容によって異なります。

AさんにとってはZ社の学資保険が高くても、BさんにとってはX社の学資保険が最適だったということも珍しくありません。

同じ保険会社の学資保険でも商品やプランによって変動するので、事前にしっかり調べておきましょう。

学資保険の返戻率を高くする4つの方法

3つの方法を指し示す看板

1.保険料の払込期間を短期にする

学資保険では、払い込まれた保険料の一部を保険会社が運用し、運用益を得るという前提があります。資産運用は、運用する金額が大きく運用期間が長いほど得られる額は大きくなります。

 払込期間を短期にすれば、保険金の支払いまでの間に措置期間が持てるので、この期間の運用成果が上乗せられます。

保険会社によって「10歳払済・15歳払済・18歳払済」など、設けられている払込期間が異なり、10歳払済と18歳払済では、返戻率にも差が出ます。

振込期間を短くすると1回の払込保険料の額が増えるので、支払える保険料かどうかも含めて検討する必要があるでしょう。

2.できるだけ早く加入する

子どもが小さいうちに加入するメリット

できるだけ早い時期に契約することも、受け取り金額を高めることにつながります。理由は主に2つです。

早い時期に加入すると返戻率が高くなる理由
  • 契約者(親)の年齢が若いほうが返戻率が高くなる
  • 生まれてすぐの加入のほうが、加入期間が長くなる

学資保険には、契約者が死亡した場合には保険料の支払いを免除する払込免除特約が付帯しています。

 死亡リスクが少ない若い契約者のほうが、特約が適用になる可能性が低いので返戻率が高くなる傾向にあります。
また、生まれてすぐに加入した場合と5歳で加入した場合、保険に長い期間加入しているのは、生まれてすぐに加入した子どもです。加入期間が長いほうが保険会社はより長く運用できるので、返戻率が高くなります。

出産後は育児に忙しくなり、学資保険について考える余裕がなくなる場合があるので、生まれる前に準備するのがおすすめです。

保険会社の中には、出生前(妊娠中)に加入できる学資保険を提供しているところもありますよ。

3.保険料をまとめ払いにする

学資保険の保険料は、半年払いや年払いなど「まとめ払い」をしたほうが割安になるため、結果的に受け取り金額の割合が高くなります。可能な限り「まとめ払い」がおすすめですが、1回の払込保険料の額が増えるデメリットもあります。

月額払いだけではなく、半年払、年払いなどの支払い方法が用意されているので、自分に合った支払い方法を選ぶのがお勧めです。

家計への負担も大きくなるので、無理なく支払える範囲で検討しましょう。

4.余計な特約はつけない

特約をつけると、保険料が上がります。同じ金額を受け取るとしても、保険料を多く支払っているほうが返戻率が下がります。ただし、貯蓄と同時に医療保障や死亡保障を兼ねたい場合には、特約をつけるメリットもあります。

 保障内容と支払う保険料、受け取れる保険金総額のバランスを考えて、不要だと思う特約はつけずに済ますのが良いでしょう。

また、学資保険の特約では医療保障などが不十分であることも考えられます。手厚い保障を考えるなら、学資保険とは別に医療保険や死亡保険に加入するのがおすすめです。

学資保険は貯蓄目的に絞ったほうが、より多くの保険金を受け取れる可能性が高いですよ。

返戻率以外に検討すべき学資保険の4つのポイント

1.保障内容を考える

学資保険には、医療保障や死亡保障などを付けられるものがあります。貯蓄と同時に万が一のための保障も欲しいと思ったときには、保障内容の検討が必要です。

 貯蓄しながら保障も充実させたい場合には、保障内容もしっかり把握しておくと良いでしょう。

また、ほとんどの学資保険には、契約者が死亡した場合の保険料の支払いが免除になり、満期では予定通り学資金が受け取れる払込免除特約がついています。

払込免除特約が自動付帯しているもののほうがより確実に教育費を確保できるので、きちんと付帯していることの確認も忘れてはいけません。

貯蓄メインにするのか、貯蓄と保障を両立させたいのかなど、返戻率との兼ね合いも選び方のポイントです。

2.保険金の受け取るタイミングを考える

保険金を受け取るタイミングのイメージ

学資保険の保険金を受け取るタイミングは、保険会社やプランによって異なります。

小学校~大学入学時に保険金を受け取れるプランや、大学入学と満期時の2回だけしか受け取らないプランなどさまざまです。なお、受け取り回数が多いほど返戻率は下がる傾向にあります。

返戻率と受け取りのタイミングを総合的に判断して加入を検討しましょう。

3.払い込み期間を慎重に考える

払込期間を短くと返戻率が高くなりますが、毎月の払込保険料が増えます。逆に、払込期間を長くすると毎月の払込保険料は減りますが返戻率が低くなり、比較すると受け取り金額が安いです。

学資保険は払込期間によってメリットとデメリットが生じるため、慎重に考える必要があります。

契約後に払込期間の変更はできないので、家計への負担が大きくならないように期間を決めましょう。

4.途中解約は元本割れする可能性が高い

保険料が支払えず、やむを得ず解約することになった場合、受け取れる解約金は支払った保険料より大きく減る可能性が高いです。

 学資保険は解約されることを想定されていないので、ほとんどの学資保険では解約返戻金が非常に少ない設定になっています。

短期払いで契約してしまうと、保険料が支払えなくなり解約することになり、結果的に損をする可能性が高いです。ほとんどの場合で契約内容はあとから変更できないので、契約時にしっかり検討する必要があります。

無理なく支払える保険料で、学資保険のプランを設定しましょう。

学資保険に加入するメリット

学資保険は、将来の子どもの教育資金を貯める代表的な方法です。ここでは、学資保険に加入する4つのメリットについて紹介します。学資保険に加入するメリットは、以下の通りです。

加入するメリット
  • 確実に教育資金を準備できる
  • 生活保険料控除の対象になる
  • 契約者に万が一のことがあっても保障が受けられる
  • 貯蓄性に優れている

確実に教育資金を準備できる

契約

学資保険に加入すれば、確実に教育資金を貯められます。普通預金は必要なときに引き出せますが、学資保険は加入中に積み立てた学資金を引き出せません

 どうしても現金が手元にほしい場合、途中解約して解約返戻金を受け取る方法をとる方法もあります。

学資保険は、保険料を払い込む際も自動的に指定の口座から引き落とされるので、半ば強制的に教育資金を積み立てられます。

貯蓄が苦手な人は、貯蓄がしやすいメリットのある学資保険を上手く活用しましょう。

生命保険料控除の対象になる

学資保険の払込保険料は、生命保険料控除の対象になります。そのため、年末調整や確定申告で手続きを行えば、所得税と住民税の負担を軽減できる可能性があります。

 生命保険料控除とは、1年間の払込保険料に応じて、一定額をその年の所得から差し引ける制度です。

会社員の場合は年末調整、個人事業主の場合は確定申告で手続きを行います。

それぞれ提出書類や手続きが異なるので、注意しましょう。

契約者に万が一のことがあっても保障が受けられる

学資保険は、契約者が死亡または高度障害状態になった場合も、以後の保険料は免除され、保険契約は継続されることがほとんどです。

保険料の免除を受けるには、保険会社へ連絡して手続きを行いましょう。保険料が免除になる条件も保険会社によって異なるため、確認が必要です。

 保険料の払い込み免除なしで加入している場合は免除を受けられないため、注意しましょう。

貯蓄性に優れている

学資保険のメリットとして、貯蓄性に優れているという点が挙げられます。学資保険は、払込保険料の総額以上の金額を受け取れる可能性が高いです。

 現在の預金はほとんど利息がつかないため、預貯金よりも学資保険のほうが多く受け取れるでしょう。

ただし商品やプランによっては、払込保険料総額を下回る場合もあるなど、返戻率は異なります。

返戻率が高い保険商品は、保障も最小限であるため、保障と返戻率のバランスがとれた商品を選ぶことをおすすめします。

返戻率は保険商品によって異なるので、加入する前にあらかじめ確認しておきましょう。

学資保険に加入するデメリット

学資保険は、さまざまなメリットがある反面、デメリットもあります。ここでは、学資保険に加入するデメリットについて紹介します。学資保険に加入するデメリットは、以下の通りです。

加入するデメリット
  • 途中契約すると元本割れする場合がある
  • インフレリスクがある
  • 加入前の手続きが面倒

途中解約すると元本割れする場合がある

株式の値動きが読みづらい

学資保険を途中解約する場合、解約返戻金は受け取れますが、元本割れする場合があります。

 特に加入して間もなく加入期間が短い場合、元本割れするリスクが高まります。

解約時期によっては、解約返戻金を受け取れない場合もあるので、注意が必要です。

学資保険に加入する前に、満期まで解約せずに続けられるか確認しておくことが大切です。

インフレリスクがある

学資保険の予定利率は、加入時で決まる場合がほとんどです。そのため、加入中にインフレになった場合、加入時に見込んでいた価値でなくなる可能性があります

 インフレ(インフレーション)とは、物価が上昇し、お金の価値が下がることを指します。

インフレが進行した場合、保険の満期時に受け取れるお金が目減りする可能性があるので、覚えておきましょう。

加入前の手続きが面倒

カードローンに申し込んでいる専業主婦

学資保険は、生命保険の商品であるため、加入前の手続きに時間や手間を要します。

 加入時には、申込書をはじめ、クレジットカード払いや口座振替の依頼書や告知書、写真付きの本人確認書類などが必要です。

必要書類の準備が整い次第、学資保険の審査が受けられます。加入前に事前に準備しておくと、スムーズに手続きを進められるでしょう。

必要書類は保険会社によっても異なるので、加入前に確認しましょう。

保険相談窓口おすすめ4選|学資保険に迷ったら

どの学資保険が自分に合っているのか、自分だけで判断するのは難しいと感じる人も多いでしょう。そんな時、心強い味方になるのが「保険相談窓口」です。

無料でプロに学資保険についての相談ができます。ここでは4つの保険相談窓口を紹介するので、ぜひ活用してください。

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ
おすすめポイント
  • お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが200人以上在籍!
  • 相談実績は15万件以上!
  • 相談は24時間365日受け付けているので、忙しくてもOK!
  • 今なら無料相談をするともれなく豪華なプレゼントゲット!
ほけんのぜんぶはお金のプロフェッショナルに気軽に相談ができる相談窓口です。保険の見直しだけでなく、住宅ローンなど、お金の悩み全般を相談できるので、心強いですね。
 忙しくて時間が取れない方でも、相談は24時間365日受け付けていますし、近くのカフェや自宅まで訪問してくれる出張相談も対応していますので、利用しやすいでしょう。
今までの相談実績は累計15万件以上。取り扱っている保険会社は40社以上になります。
資産に不安がある高齢者や、子育て資金への悩みが多い子育て世代からも支持を得ています!

今なら無料相談をするともれなくプレゼントゲット!

現在ほけんのぜんぶでは、無料相談の面接をした方全員に食品やグッズをプレゼントするキャンペーンを行っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
プレゼントの種類
A:北海道産 ゆめぴりか 2kg
B:ウェルチ100% 果汁ギフト(9本セット)
C:い・ろ・は・す 天然水
C:有機 エキストラヴァージン オリーブオイル
D:アンパンマン 砂場セット
E:ごっつん防止 リュック
取り扱い保険商品 40社以上
受付時間 24時間365日
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能
出典:公式サイトより

マネードクター

マネードクター
おすすめポイント
  • 1,200人以上のFP(お金のプロフェッショナル)が在籍!
  • 利用者の状況へのヒアリングを丁寧に行うので、アドバイスが的確!
  • 相談は何回しても無料!
  • 今なら無料相談予約で食品や日用品をプレゼント!
マネードクターは保険・家計の見直し・資産運用の相談ができる窓口です。FPが1,200人以上在籍しているので、利用者一人ひとりに丁寧に向き合ってくれます。
相談は何回しても無料なので、納得がいくまでじっくり相談することができます。
マネードクターの保険の見直しでは、利用者の生活状況・家計バランス・将来設計を丁寧にヒアリングを行います。そのため、的確なアドバイス自分にぴったりの保険商品を紹介してもらえます。

無料相談を予約いただいた方はもれなくプレゼントゲット!

マネードクターでは、無料保険相談を予約した方に限定で食品や日用品をプレゼントするキャンペーンを行っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
プレゼントの種類
A:野菜生活100
B:丸の内タニタ食堂減塩みそ
C:ノーズトリマー
D:バスタオル
E:arau. 泡ボディソープ
取り扱い保険商品 29社
受付時間 [平日]9:00~20:00 [土日祝]9:00~18:00
店舗数 100拠点以上
キッズルーム あり
オンライン面談 可能
出典:公式サイトより

保険無料相談.com

保険無料相談.com
おすすめポイント
  • お客様満足度97.6%!
  • 担当者の希望を出せる!
  • 紹介した商品への加入の強要は一切なし!
  • 今なら面談&アンケート回答で豪華なプレゼントゲット!
保険無料相談.comはオンラインでの相談も可能な相談窓口です。「デリケートなお金の話だからできれば同性の人に相談したい...」といった担当者の希望を出すことができますよ。
 オンライン面談は一部地域に対応していない場合があります。利用の前に対応地域をご確認ください。
保険無料相談.comを利用した方の口コミの中には、保険の相談をして、いくつか商品を紹介されたが、あくまでも紹介で、加入を強要されるようなことはなかった、という評価がされています。
まずは話を聞きたい!という方におすすめの窓口です。お客様満足度の高さも魅力の一つですね。

今なら面談&アンケートでプレゼントキャンペーン実施中!

保険無料相談.comでは現在、6月30日までの限定で、面談とアンケートに回答した方を対象にプレゼントを送っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
プレゼントの種類
  • 丸大ハム 煌彩セット
  • 新潟県産コシヒカリ 2kg
  • アサヒスーパードライ ギフト 8本
  • 利久の牛タン 真空パック 110g 〈塩味〉
  • 仙台銘菓 萩の月6個入り
  • ダロワイヨ マカロンラスク詰め合わせ12枚
  • セレブコレクションバームクーヘン
  • ムーミンレンジ容器6点セット
  • 手作り鮭とばソフト170g
  • 日本赤十字社への寄付(1,000円)
取り扱い保険商品 34社
受付時間 10時~20時(GW・夏季休業・年末年始以外)
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能(一部地域)

保険市場

保険市場
おすすめポイント
  • 全国に714店舗あるので、全国どこからでも相談可能!
  • 訪問相談もできるので、自宅や近くのカフェ・ファミレスに来てもらえる!
  • 取り扱っている保険会社は91社!ニーズに合わせてご紹介
  • 今ならギフトカードなどがもらえる期間限定のキャンペーン実施中!
保険市場は株式会社アドバンスクリエイトが運営する保険のコンサルティングサービスです。 全国に714店舗展開しており、近くの店舗に相談へ行くこともできますし、訪問相談を利用し、自宅や近所のカフェに来てもらうこともできます。
 オンラインでの相談も可能ですので、コロナ禍で外出を控えたいという方にもおすすめです。
取り扱っている保険会社は業界最大級の91社です。選択肢が多いので、自分にぴったりの保険が見つかるでしょう。

保険市場の期間限定キャンペーン

保険市場では、現在4つのキャンペーンが実施されています。それぞれ締切日が異なるので注意してください。
保険の種類 キャンペーン内容 締切日
がん保険 「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)(がん治療費用総合保険)」に新規契約した方全員「選べるギフトカード1,000円相当(1枚)」をプレゼント。 2022年9月30日
自動車保険 「SBI損保の自動車保険(個人総合自動車保険)」に新規契約した方に「10種類から選べる 1,500円相当のギフトクーポン」をプレゼント。(※年間保険料が10,000円以上のご契約が対象です。 )さらに抽選で豪華賞品をプレゼント。 2022年6月30日
生命保険 SBI生命の対象保険商品を契約の方にもれなく、ローソンで交換する「【お持ち帰り限定】ウチカフェ プレミアムロールケーキ 無料引換券」を1つプレゼント。 2022年6月30日
自動車保険 バイク保険 アクサダイレクトの対象保険商品を新規ご成約の方全員に「デジタルクーポン(無料引換券)」を1つプレゼント。さらに新規ご成約の方から抽選で「ドライブレコーダー」をプレゼント。 2022年7月31日
取り扱い保険商品 91社
受付時間 9時~21時(年末年始以外)
店舗数 714店舗
キッズルーム 有り
オンライン面談 可能
出典:公式サイトより

学資保険に関する独自アンケート調査

当サイトでは、学資保険をはじめとした、保険に関する独自のアンケート調査を行いました。学資保険の申し込みを検討している方は、ぜひ以下の保険利用者の意見を参考にしてみてくださいね。

Q1:現在生命保険に加入していますか?

アンケート調査結果
  20代(票数/%) 30代(票数/%) 40代(票数/%)
50代(票数/%)
はい 62 57.4% 70 65.4% 73 70.9% 90 86.5%
いいえ 46 42.6% 37 34.6% 30 29.1% 14 13.5%
現在生命保険に加入していますか?」というアンケート調査に対して「はい」と回答した方は50代では約86.5%という結果になりました。
 学資保険は、子どもの学資金を準備するための保険なので、学資保険の加入率も年齢が高くなるほど高いと言えるでしょう。

また、保険会社によって異なりますが、学資保険の契約者の年齢男性は55歳~60歳女性は60歳~65歳までが上限であることが多いです。

Q2:加入している生命保険の種類を教えて下さい。

アンケート調査結果
  20代(票数/%) 30代(票数/%) 40代(票数/%)
50代(票数/%)
生命保険(終身) 31 50.0% 37 52.9% 49 67.1% 67 74.4%
生命保険(定期) 26 41.9% 25 35.7% 16 21.9% 28 31.1%
学資保険 9 14.5% 12 17.1% 16 21.9% 7 7.8%
個人年金保険 12 19.4% 21 30.0% 21 28.8% 24 26.7%
養老保険 9 14.5% 7 10.0% 8 11.0% 4 4.4%
医療保険 22 35.5% 37 52.9% 44 60.3% 52 57.8%
がん保険 10 16.1% 23 32.9% 27 37.0% 42 46.7%
その他 9 14.5% 5 7.1% 2 2.7% 1 1.1%
「加入している生命保険の種類を教えてください」というアンケート調査で、学資保険の加入率を見てみると30代から40代の方の割合が高い傾向にあります。
 学資保険は、子どもの学資金を準備するための保険なので、子どもがいる家庭での加入が多いのでしょう。
また、学資保険は早い時期に加入すると返戻率が高くなるので、加入を検討中の方は保険相談窓口などで相談してみることをおすすめします。

Q3:現在メインで加入の生命保険を選んだときに最も大変だったことは何ですか?

アンケート調査結果
パーセンテージ(100%) 票数(278)
保険の種類が多くてどれを選ぶか迷う 22.8% 63
保障の内容が理解できない 16.7% 46
申し込みまでの手続きが面倒 15.6% 43
料金の比較が自分ではできない 10.5% 29
実際の月々の保険料がわかりにくい 6.9% 19
特になし 5.1% 14
その他 22.5% 62
現在メインで加入の生命保険を選んだときに最も大変だったことは何ですか?」というアンケート調査では、「保険の種類が多くてどれを選ぶか迷う」と回答した方が22.8%と一番多い結果となりました。
 保険の種類は多様で、会社によっても提供しているサービスや金額などが異なります。
また、保険の種類や保険の内容各社の料金に関しては、保険の相談窓口でプロのアドバイザーに相談することができます。

手続きのサポートも行ってくれるので、選ぶ手間を軽減させたい方は是非保険相談窓口を利用してみましょう。

アンケート調査の概要

アンケート調査の概要
調査目的 保険に関するアンケート
有効サンプル数 278(Q.7)

443(Q.1,Q.2)

調査方法 インターネットリサーチ
調査実施会社 株式会社ジャストシステムファストアスク

にて自主調査

調査実施期間 2022年6月13日〜(Q.7)

2022年6月3日~(Q.1,Q.2)

全年代アンケート調査の概要はこちら

アンケート調査の概要はこちら

学資保険の返戻率に関するよくある質問

学資保険の返戻率とは何ですか?

支払保険料総額に対して受け取れる保険金の割合のことです。受け取れる保険金には、祝金や満期保険金などが含まれます。

支払った金額と同額であれば、返戻率は100%です。支払った保険料より多く保険金がうけとれる場合にはパーセンテージが増え、逆に元本割れする場合には100%未満となります。

返戻率の計算方法を教えてください。

返戻率の計算式は「返戻率(%)=保険金総額(祝い金+満期保険金)÷支払う保険料×100」です。

学資保険の返戻率は意識すべきですか?

貯蓄型の学資保険を希望する場合は、返戻率を意識して選ぶべきです。ただし、保障型の学資保険を希望する場合は、保障内容を意識してください。

返戻率を高くするにはどうすれば良いですか?

学資保険の返戻率を高くする方法は、「保険の払込期間を短期にする・早いうちに加入する・まとめ払いをする」の3点になります。

返戻率100%以上の学資保険に加入すべきですか?

支払った保険料よりも多くのリターンを得るには、100%を超えている必要があります。

しかし、貯蓄をしながら保障も同時に満たしたい場合には、保障内容と返戻率のバランスを考えて、100%未満の学資保険が最適な場合もあります。

景気の変動で返戻率は変わりますか?

学資保険は契約時の返戻率で固定されることが多く、景気の変動では変わりません。そのため、将来のインフレ(物価上昇)には十分に対応できず、教育費が足りなくなる可能性があります。

おすすめの学資保険はどれですか?

明治安田生命「つみたて学資」やソニー生命「学資保険スクエア」、フコク生命「みらいのつばさ」がおすすめです。

ただし、自分にとって最適な学資保険には状況によって異なるので、公式サイトでシミュレーションしたり保険期間窓口に相談したりする必要があるでしょう。

まとめ

今回は、学資保険の返戻率について返戻率の計算方法や受け取り金額を上げる方法などを紹介しました。学資保険は確実に子どもの教育費を貯蓄できる方法なので、貯蓄が苦手な人に特におすすめです。

早めに契約したり、短期払いやまとめ支払いを利用するなどの工夫をすれば、返戻率を上げてより多くの教育費が用意できます。

子どもの教育資金は大きな出費になるため、子どもを授かったら早めに学資保険を検討しましょう。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事