急な出費で困ったら試して欲しいおすすめ対処法とカードローン

急な出費が重なり「今月どうやって生活しよう……」と、お金に困った経験がある人も多いのではないでしょうか。急な出費は、友達・会社などの人付き合いや、家族や自分に関わる生活面で意外と積み重なるものです。

普段から急な出費が必要になったときに備えていれば、いざというときも安心できるでしょう。そこでこの記事では、急な出費の事例や理由を紹介し、具体的な対処法を解説します。

すぐにお金を用意したい場合の対応も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

急な出費の5つの事例・理由

急な出費の5つの事例・理由

急な出費の事例・理由には、主に以下の5つが考えられます。

急な出費の6つの事例・理由
  1. 医療費
  2. 住まいに関する修繕
  3. 結婚や出産祝い
  4. 車検や家賃
  5. 保険料の支払い

1.医療費

病気やケガは、急な出費の代表格です。予期せぬタイミングで起こり、手術や入院となれば大きな金額がかかります。国民健康保険や全国保険組合協会などに加入していれば、自己負担額は一般的に3割負担となります。

また、高額療養費制度を利用すれば、月の支払額を大きく抑えることも可能です。しかし、保険が適用されない出費もあるので注意が必要です。

 食事や差額ベッド代、家族の交通費、先進医療費などは保険が適用されません。

入院時の食事は原則1食460円です。1日3食で1,380円になり、ギリギリの生活費でやりくりしている人には大きな負担となるでしょう。

軽度だと思っていた病状から重症化して高額な医療費が必要になるケースもあるため、定期検診や人間ドッグを受けるなど対策することがおすすめです。

2.住まいに関する修繕

住まいに関する出費

トイレやキッチンなどの水回り、屋根や外壁の劣化など、住まいに関するトラブルは突発的に発生します。

 自分では直せないほどの修繕が必要になった場合は、多額の支出になるケースもあります。

生活に必要な洗濯機や冷蔵庫などには耐用年数があり、長期的に使用しているといつ故障するか分かりません。ある程度の期間使い込んだ家具や生活家電などの故障による買い替えで、急な出費となることもあるでしょう。

家具や家電などの大きなものは、急な出費にならないように、余裕のあるときに買い替えておくと良いですよ。

3.結婚や出産祝い

結婚や出産の祝いは嬉しい反面、急な出費につながり、重なると生活が困窮する可能性も否定できません。結婚式への出席は、ご祝儀や交通費、二次会の費用など、数万円単位の出費となります。

20代、30代は特に結婚式への出席や、友達や親戚の出産祝いを贈る機会も多いです。お祝い事での出費で困ると、心から幸せを喜べません。

気持ちよくお祝いを渡せるよう、日頃から備えておくと良いでしょう。

4.車検や家賃

車検にお金がかかる車

車を持っていたり家を借りていたりすると、車検や家賃の更新料として2〜3年に1度まとまった金額を支払わなければいけません。

 支払いができなくなれば、車を手放す必要がでたり、家に住み続けられなくなったりする可能性があります。

車検や家賃の更新時期は決まっており、年単位で貯蓄計画をすれば備えられるものです。

月々少しでも積み立てをして、支払いが滞ることがないように準備しておきましょう。

5.保険料の支払い

生命保険や死亡保険、医療保険などに加入している場合は、月に1度または年に1度など契約した保険会社によって払込方法があります。年払いにしているとその分、支払い金額も大きくなります。

年払いにしている場合は、支払いのタイミングが他の出費と重なり、余計に家計を圧迫してしまうリスクもあるため注意が必要です。

年間だと数十万円単位になってしまうため、保険料の支払いのお金を別で貯めておくか、月払いで契約するのがおすすめです。

急な出費に備えてやっておくべき3つのこと

急な出費に備えてやっておくべきことを書き出す人

急な出費に備えてやっておくべきことを3つ紹介します。

急な出費に備えてやっておくべき4つのこと
  1. 貯蓄しておく
  2. 臨時収入になるお金の稼ぎ方を検討しておく
  3. 年間の出費スケジュールを把握しておく

1.貯蓄しておく

急な出費に備えて、今日からコツコツ貯蓄するのが良いでしょう。すぐにお金を引き出さないために、生活にかかるお金とは別で貯蓄専用の銀行口座を作っておくと便利です。

 貯蓄専用の銀行口座にお金を預ければ、無駄な出費を軽減でき、万が一の備えとなります。

普段なかなか貯蓄できない人は、毎月の支出を把握できていない傾向があります。家計簿をつけて収支を明確にすることで、具体的な対策もできるでしょう。

家計を圧迫している原因を把握しておけば、無駄な出費を削減できるので、より効果的に貯蓄ができます。

2.臨時収入になるお金の稼ぎ方を検討しておく

別の稼ぎ方を検討する人

副業や投資などで臨時収入を作り収入を増やせば、貯蓄に回せるお金ができます。現在では、クラウドソーシングサービスやスキルの出品サービスなどがあり、スキルを活かしてスキマ時間にお金を稼ぐ方法があります。

投資や副業は難しいと感じる場合には、イラストが得意ならアイコンを作成する、手芸が得意なら作品を売るなどの方法もあります。

臨時収入の分をコツコツ貯蓄すれば、今までの生活水準を落とさず貯蓄できますよ。

3.年間の出費スケジュールを把握しておく

月々にかかる家計簿とは別に、年間の出費スケジュールを把握しておくと、大きなお金の流れが把握でき「予測できる急な出費」に備えやすくなります。

 税金関係やイベント関係、車でかかる金額など、想定できる限りのイレギュラーな出費を書き出しましょう。

1月から12月まで年間の出費スケジュールを立てることで、お金が必要になる時期を把握しやすくなります。

絶対に支払わなければいけない出費やイベントを意識すれば、請求書が来ても無理なく支払うことができますよ。

急な出費時に活用できる6つの対処法

急な出費時に活用できる6つの対処法

急な出費時に活用できる対処法を6つ紹介します。

急な出費時に活用できる6つの対処法
  1. カードローンを利用する
  2. 友人や家族から借りる
  3. 公的融資制度を活用する
  4. クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  5. フリマアプリなどで不用品を売る
  6. 日雇いバイトを活用する

1.カードローンを利用する

カードローンは、消費者金融やクレジットカード会社などの金融機関が取り扱っている融資サービスです。消費者金融は、お金を貸すことを目的にサービスを提供しています。

 今すぐ現金が必要という場合は、最短即日融資に対応している消費者金融のカードローンがおすすめです。

スマホやパソコンを使ってWEB申込をすれば、在籍確認や郵送物が自宅に送られてくる心配がないため、家族や会社にも気付かれずにお金を借入できる点がメリットといえるでしょう。

カードローンから借入した資金の使い道は自由で、急な出費により生活が苦しくなった場合にも活用できます。

2.友人や家族から借りる

友人や親戚に協力してもらうイメージ

友人や家族など、自分の周りにいる人たちがお金を貸してくれることもあります。たqだし、いくら親しい関係でも、お金の貸し借りによってトラブルになるリスクもあるため注意が必要です。

また、家族からお金を借りる場合は、年間に受け取った金額が110万円を超えると贈与税がかかることもあるので、借用書の用意などの対策をしておくと安心でしょう。

トラブルを避けるためには、現実的に返済できる額に留めておくことが重要です。

3.公的融資制度を活用する

急な出費により生活が苦しい場合は、国や市町村から借入できる公的融資制度を活用することがおすすめです。

 公的融資制度を活用すれば、無利子・低金利でお金を借りることができます。

失業や減収などにより生活を維持できるだけの収入がない場合は、「緊急小口資金」や「総合支援資金」といった制度の対象になることもあります。

緊急小口資金」は最大10万円までの融資、「総合支援資金」は単身世帯は月15万円×3カ月分、2人以上の世帯は月20万円×3カ月分の融資が受けられます。

公的融資制度は、融資を受けるための条件が設けられているといったデメリットもあります。

4.クレジットカードのキャッシング枠を利用する

キャッシング枠が利用できるクレジットカード

クレジットカードに付帯したキャッシング枠を利用すれば、お金の借り入れも可能です。

 すでに保有しているクレジットカードにキャッシング枠が備わっている場合、提携ATMや金融機関からいつでも現金を引き出せます。

クレジットカードのキャッシング枠はカードローンと比べ、借入できる限度額が低く、金利が高く設定されているため、その時々の状況や生活スタイルを考えて利用することが大切です。

カードローンと同様に、使い道に制限がなく手軽に利用できることもメリットとして挙げられます。

5.フリマアプリなどで不用品を売る

フリマアプリなどで不用品を売ってお金に変えるのも、急な出費に対応する方法です。購入者は新品よりも低価格で買えて、出品者は不用品を換金することできます

梱包や発送の手間はかかりますが、出品物の値段を自分で決めることができるのが大きなメリットです。リサイクルショップや中古販売店で買取をしてもらうよりも、高く売れる可能性があります。

ブランド品や家電、オディオ機器は高値で取引されていることも。急な出費時の助けになるでしょう。

6.日雇いバイトを活用する

日雇いバイトで臨時収入を得る人

急な出費で困ったら、日雇いバイトを活用するのも良い手段でしょう。

 日雇いバイトはコンサートやセミナーなどで機材の設置・撤去を行うイベントスタッフや、引越し業者のサポートとして荷物の積み下ろしを手伝う引越しスタッフなど、さまざまな種類があります。

一般的に求人サイトなどに登録し、自分の希望や条件に合う仕事を探すところから始めます。日雇いバイトを募集している企業によっては面接なしの場合もあるため、スピード感を持って進められることが特徴です。

シフトなどがなく、自分のタイミングで好きな日時に働くことができるでしょう。

急な出費での利用が便利!カードローンの利用の流れを解説

カードローンは以下の流れで利用します。

カードローンの利用方法
  1. 業者を選ぶ
  2. カードローンへ申込
  3. 必要書類の提出
  4. 電話による確認
  5. 審査結果通知
  6. 契約とカード発送手続き
  7. カード到着と借入

手順としては一般的なローンと変わりませんが、カードローンは審査にかかる時間が短く設定されています。その影響もあり、1つ1つの確認作業がスムーズに進み、すぐにお金を借りられる場合があります。

短時間で借りられる可能性を秘めているのがカードローンです。

ここからは、カードローン利用の流れを詳しく説明します。

業者を選ぶ

どの業者を選ぶか決めましょう。カードローンを提供している銀行消費者金融は多数ありますので、どのカードローンが優れているのか見ておきましょう。以下の項目を参考にして選ぶといいでしょう。

カードローン業者を選ぶポイント
  • 借りる際の方法
  • 金利
  • 融資までのスピード

すべての情報を参考にして、最終的に1つの業者に絞りましょう。2つ以上の業者を選ぶと審査に落とされるため気をつけてください。

カードローンへ申込

【今すぐでなくてもOKなら!】お金が欲しいときにおすすめの副業

選択した業者に対して申込みます。申し込む際の方法としては以下の方法が用意されています。

申込方法
  • WEBサイト
  • 電話
  • 店頭窓口

多くの場合、WEBサイトを利用して申し込む方法が主体となっています。近年はスマホでも申し込みが可能となっており、どこからカードローンへ申し込んでも大丈夫です。

どうしても店員に相談したい時は店頭窓口を利用するといいでしょう。

 店頭窓口は業者によって利用できない場合があります。

必要書類の提出

必要書類の提出を行います。必要書類は以下の2つです。

必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書

収入証明書は提出が必要とされる金額が記載されています。この金額を超えていない場合は提出不要です。

本人確認書類はどのような状態でも提出が必要ですので、対応している書類を準備してください。

電話による確認

オリックス銀行カードローンのデメリット

電話による確認作業を行い、本人であることを業者が確認します。同時に入力されている情報が正しいものか判断し、問題なく融資をさせてもいいか判断しています。確認作業は短時間で完了します。

 電話確認と申込内容が異なる場合は審査落ちとなるため注意してください。

審査結果通知

電話確認の後、在籍確認によって会社で仕事をしているか確認し、問題がなければ審査結果が通知されます。審査結果で利用可能額が提示されていれば、カードローンが利用可能になります。

 利用可能額の記載がない、または審査途中で連絡が来た場合は審査落ちです。

契約とカード発送手続き

クレジットカードで支出を管理のイメージ

カードローン業者と契約し、実際にカードローンを発行してもらう手続きをします。

 契約後はカードローンの発行は止められないため、最後に本当に契約していいのか確認しておきましょう。

問題がなければ業者側がカードを発行します。

カード到着と借入

カードが到着するまでにはかなりの時間がかかります。1週間程度は借入までに見ておくといいでしょう。また、借入方法は振込融資ATMによる借入が主体となりますが、ATMは対応していない業者もあるため気をつけてください。

 借入方法は事前に確認しておくことをおすすめします。

急な出費に備えられる!おすすめカードローン3選

プロミス

プロミス

プロミスのおすすめポイント
  • 最短10秒での借入に対応している
  • 申し込みから借入までをアプリで完結できる
  • 女性専用のレディースキャッシングを完備

プロミスは、大手消費者金融「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」が運営するカードローンです。主婦や学生でも、アルバイトなどによる安定した収入があれば応募できることが特徴です。

 カードなしでも24時間365日、WEBやアプリから申し込みから借入まで完結できます。

利息は利用日数分だけしかかからないので、給料日前の数日だけ借りてすぐに返済したい場合も無駄なく利用できるでしょう。

「男性スタッフでは話しにくい」という方のために設置された女性専用ダイヤル「レディースキャッシング」も備わっています。
金利(実質年利) 4.50%〜17.80%
借入限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
借入方法
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • 提携ATM
WEB完結 融資まで
取引手数料 不要
申し込み年齢 18歳〜69歳

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

※出典:公式サイト

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットのおすすめポイント
  • 最短即日融資に対応している
  • 返済するたびにTポイントが貯まる
  • 提携ATMは全国に約130,000台※1と豊富

SMBCモビットは、WEBからの申し込みであればカードレスのキャッシングも可能なカードローンです。審査は最短30分※2で完了し、入会メールが来たらすぐに融資を受けられます。

 返済日は5日・15日・25日・月末と細かく分けられており、状況に応じて無理のない範囲で返済ができます。
大きな特徴は、返済の際にその利息に対してTポイントが貯まり、貯まったTポイントは返済にも充当できるという点です。普段からTポイントを貯めている人に、特におすすめです。

提携ATMは全国に約130,000台!※1いつでもどこでも返済・借入ができるでしょう。
※1 2021年3月現在
※2申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
金利(実質年利) 3.0〜18.0%
借入限度額 800万円
審査時間 最短30分※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
融資スピード 最短即日※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
借入方法
  • 提携ATM
  • 振込キャッシング
  • SMBCモビット公式スマホアプリ
WEB完結 融資まで
取引手数料 不要
申し込み年齢 20歳〜69歳

※出典:公式サイト

アイフル

アイフル

アイフルのおすすめポイント
  • 融資可能かどうかを1秒で簡易表示
  • 画面共有サポートでWEB操作が苦手な人も安心
  • 職場への在籍確認の電話は原則なし

アイフルは、申し込み時に職場や自宅への在籍確認の電話がなく、プライバシー面にも配慮されていることが特徴のカードローンです。

 融資可能かどうかは、簡単な入力項目だけで1秒で簡易審査できます。また、申し込みから最短25分で融資可能かどうかがわかるのも嬉しいポイントです。
WEB操作が不安な場合には、0120-201-810へ連絡すれば「画面共有サポート」も利用できます。セキュリティも安心な状態で担当者と画面共有しながら手続きできるのは、嬉しいサポートでしょう。

アイフル公式スマホアプリも完備!借入・返済・利用状況の確認などが可能です。
金利(実質年利) 3.00%〜18.00%
借入限度額 800万円
審査時間 最短25分
融資スピード 最短即日
借入方法
  • 口座振込
  • アイフルATM
  • 提携ATM
  • スマホアプリ
WEB完結 融資まで
取引手数料 不要
申し込み年齢 20歳〜69歳
※出典:公式サイト

よくある質問

カードローンと契約してから勝手に契約解除されたりするのですか?
返済遅延などが続き、信頼できないと判断されれば契約解除される可能性があります。契約解除となれば、現在融資を受けている金額は全て返済しなければなりません。また、該当の業者とは当面の間融資契約を結べなくなります。
クレジットカードのキャッシングのほうが楽そうですが、本当に使うべきですか?
クレジットカードのキャッシングは事前に枠を契約しておかないと利用できません。キャッシング枠がしっかり用意されていないカードの場合、キャッシング枠を準備してもらうか消費者金融などに相談してカードローンを作っておく必要があります。
公的融資制度を利用する場合、審査に落とされることはありますか?
審査に落とされることはあります。融資を受ける際の条件を満たしていると判断されない限り、公的融資制度を受けられません。条件を満たしていないことが判明した場合は審査落ちとなり、融資を受けられません。
日雇いバイトは融資を受けるよりリスクが少ないように思われるのですが?
リスクは少ないものの、どのような仕事をするのかわからないまま作業場へ連れて行かれることも多々あります。また、日雇いバイトも徐々に減少傾向にあるため、安定してお金を作るのであればカードローン等を利用したほうがいいでしょう。
カードローンは銀行系と消費者金融のどちらがいいですか?
金利面では銀行系が圧倒的に使いやすくなっています。一方でスピードを考えると消費者金融を利用するほうが便利です。どちらを利用するかしっかりと考えた上で、自分に合った借入方法を検討してください。
カードローンで即日融資を受けるためにはいつまでに対応すべきですか?
消費者金融の即日融資は15時までに対応する必要があります。15時までにすべての手続を完了させるためには、1時間前には審査等の処理も追える必要があります。申込を13時位に行うなど、早めに手続きする必要があるでしょう。

まとめ

この記事では、急な出費の事例や理由、対処法などを解説してきました。急な出費はケガや入院による医療費や、友達や親戚の結婚・出産祝いなどさまざまです。

急な出費に備えるためには、コツコツと貯蓄をしたり、本業とは別の収入を確保しその分を貯蓄に回すなど、工夫が必要です。

自分だけでお金を用意できない場合は「公的融資制度を利用する」「カードローンを利用する」など、頼れるものがないか確認しましょう。

カードローンは即日融資可能な場合が多いです。返済できる金額を計画的に借入しましょう。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事