低解約返戻金型終身保険とは?活用法・加入時のポイントも解説!

終身保険(生命保険)の加入を考えている人の中で「低解約返戻金型」というプランを見たことがあるのではないでしょうか。

簡単に言えば、低解約返戻金型終身保険とは、通常の終身保険と比べて保険料が割安に設定されている死亡保険です。

よって、保険料による家計負担を減らしたい方に適した終身保険と言えます。

しかし、このプランは具体的にどういった特徴を持っているのか、メリット・デメリットはあるのかよく分からないという人もいるかもしれません。

今回は、低解約返戻金型と通常のプランとの違いやおすすめできる人、活用方法なども詳しく紹介していきます。

自分にはどのプランが合っているのかを検討するのにも役立ちますよ!

低解約返戻金型終身保険って?

低解約返戻金型終身保険

保険をかけている人が亡くなった際に保険金を受け取れる死亡保険のことで、名前の通り解約時に受け取れるお金が低くなっているという特徴があります。

通常の終身保険と違う点

ここでは通常のプランとの比較について説明していきます。

違う点
  • 返戻金が低くなっている
  • 通常のプランよりも割安

低解約返戻金型のプランは、保険料を払っている間に契約を解消した時に手に入る「返戻金」が低くなるかわりに、通常のプランよりも保険料が抑えられているのが特徴です。

 また支払う期間を満たせば、通常のプランと同じ程度のお金が得られます。

つまり満了の前後で「返戻率」が一気に上昇するということです。

若い内・加入初期の時は保障内容を主な目的として、リタイア世代に差し掛かるタイミングで返戻金を受け取ることで様々な目的のお金に使いたいという希望に合っている契約にできます。

死亡保障についても通常と一緒のものが受けられるというメリットもあるんですよ。

保険期間

徐々に溜まっていく

通常の終身保険と同じように、保険をかけている人が生きている相手は契約を解消しない限りずっと保障が受けられます

保険料と返戻金という部分が異なるだけで、それ以外の保障などはほぼ同じというのが特徴です。

貯蓄性

掛け捨てタイプのものではないので、契約を解消すると返戻金が受け取れる仕組みになっています。

 そのため貯蓄性があると考えてもよい商品ではないでしょうか。ただし契約を終わらせるするタイミングに注意が必要です。

返戻金の額は払込期間の前なのか後なのかで大きく異なります。

保険料の払込期間が選べる

保険料の支払い期間は主に3つの種類から選べることが多いです。

期間の種類
  • 終身払い
    :契約し続けている限り保険料の支払いがある
  • 年満了
    :15年・20年と年数で期間を選べるタイプのもの
  • 歳満了
    :65歳までというように年齢で期間が決められるもの

年満了と歳満了は保険料を払い込んだ後はもう保険料が発生せず、保障は生涯を通して受けられます。

なお、保障額が同じだった時に支払い年数が長くなるほどに保険料が抑えられる傾向です。

いつごろまでに支払いを済ませておきたいか・期間と毎月の支払いを考えて無理なく支払える設計をしておくことが大切ですね。

低解約返戻金型終身保険のメリット

おすすめできる理由

それでは、低解約返戻金型終身保険のメリットとはなんでしょうか?詳しく解説していきます。

低解約返戻金型終身保険のメリット
  • 保険金が必ず受け取れる
  • 保険料が安い傾向
  • 資産形成も可能

保険金が必ず受け取れる

何といっても、契約を続けている限りはいつか必ず保険金がもらえるという点が挙げられます。

 定期保険や収入保障保険の場合は、保険をかけている人が亡くなる・高度障害に見舞われるといった条件を満たさないと受け取ることができません。

いずれの契約も保険料は掛け捨てとなるので、お金が戻ってくることもないです。

いつかはお金が受け取れるというのがこの保険の大きなメリットといえるでしょう。

保険料が安い傾向

通常の終身保険(生命保険)よりも月々の支払いが安い傾向にあることも特徴として挙げられるでしょう。

 先ほど紹介した、支払い期間中の契約解消時に戻ってくるお金が低くなることが安い理由です。

さらに低解約返戻金型の保険は更新をした場合でも保険料がずっと変わらない(上がらない)ところも魅力として挙げられます。

通常の保険は更新のたびに毎月の支払いが上がっていく傾向にあることと比較すると、家計設計もしやすいのではないでしょうか。

資産形成も可能

資産が増える

低解約返戻金型終身保険は毎月支払うお金が掛け捨てではないので、貯蓄をしたい人にもおすすめの契約になります。

 そのため、資産形成も視野に入れて保険を選びたい場合にもいいでしょう。

保障を受けつつも万が一の事態に備えることができるという活かし方も可能です。

タイミングにさえ気を付ければ、通常の終身保険と変わらずお金が受け取れるので毎月の支払いをおさえつつも老後の蓄えに備えたい・子ども教育費を準備しておくことも視野に入れられますね。

低解約返戻金型終身保険のデメリット

低解約返戻金型終身保険は、メリットだけでなくデメリットも存在します。契約前に必ずデメリットも知っておきましょう。

低解約返戻金型終身保険のデメリット
  • 定期保険より保険料が高い傾向
  • 早期での解約は元本割れの可能性
  • お金の価値が変わらない
  • 保険の見直しが難しい

定期保険より保険料が高い傾向

通常の終身保険と比較する場合は毎月の支払いは抑えられますが、定期保険と比較すると保険料は高い傾向にあります。

 それは保障が受けられる期間が生涯を通してという点と、貯蓄性があるということが理由だからです。

そのため、数千万単位での保険金を目的としての契約にはあまり向いていません。

その場合は他の保険を検討する方がいい場合も出てくるでしょう。

早期での解約は元本割れの可能性

元よりも減ってしまう

低解約返戻金型終身保険の最大のデメリットといえるのが、支払い期間が終わる前に契約を終わらせた場合に返戻金の額が少なくなるところでしょう。

 具体的な数字としては通常の終身保険と比較して7割程度に抑えられている傾向にあります。

そのため、この商品を契約する場合には継続して無理なく支払える金額かどうかをよく考えた方がいいでしょう。

もし長く契約を続けることが難しいかもしれないと感じる場合には他の保険とも比較することをおすすめします。

お金の価値が変わらない

保険金というものは、加入時に決まっているのが保険商品の特徴です。

 そのため、20年後・30年後・40年後の返戻金の価値が今と同じとは限りません。

もしお金の価値が上がっていればいいですが、インフレになった場合でも戻る金額自体は変わらないので、相対的に価値が下がってしまう事に繋がります。

そのため、保険自体の価値が時代の変化に従って変わってしまうかもしれないことは忘れずに!

保険の見直しが難しい

乗り換えが難しい

先ほども紹介したとおり、この契約はできるだけ長い期間継続していることでメリットを限りなく活かせるものです。

 そのため、契約期間中はそれ以外の契約に乗り換えるかを検討することが難しいでしょう。

もし見直した結果に解約をしなければならないと思うかもしれませんが、保険によっては残りの保険料をこれ以上払わずに「払い済み」として保障額を変更する契約にすることもできます。

契約内容や会社によっては様々な方法を用意している場合があるので、迷った場合には保険会社に相談してみるのも一つの手ですよ。

払い済みを選ぶ際の注意

保険はできれば長期的に契約していることが望ましいですが、見直しの機会などで契約解消を視野に入れる人もいるでしょう。

 その場合には「払い済み」をすることで返戻金を一時払いの保険料として充てる事ができます。

ただしこの方法を選ぶということは、保障内容を以前よりも縮小させるという意味にも繋がるので注意しましょう。

さらに元々付けていた「特約」が無くなってしまうので、お金以外にも契約内容が自分にとってなくてはならないものかもよく吟味することをおすすめします。

低解約返戻金型終身保険が向いている人

低解約返戻金型はどのような方に適しているのでしょうか?これから挙げるポイントに当てはまる方は低解約返戻金型終身保険を検討してみてもいいかもしれません。

リタイア後の資金準備

歳をとっても安心

会社を退職した後に契約を終わらせて、老後の資金として充てたいと考えている人にも向いているでしょう。

 保険料の払込期間が終われば損することはないのでいつでもOKですが、期間を伸ばすことによって返戻金が増えていく傾向にあります。

自力での貯蓄が苦手な人

基本的に支払った保険料は貯蓄できる側面を持っていますが、自由に引き出せるお金ではないのが通常の貯金とは異なる点です。

将来に渡ってまとまったお金を用意するのは計画的かつ長期での資金計画を立てる・継続する必要があります。

そのため、自力では貯金がうまく出来ない人・続かない人にもおすすめです。

葬儀費用を家族に用意したい人

昨今は葬儀にかける費用がどんどん縮小傾向になっていますが、それでも色々な費用を合わせると100万円を超えてしまうものです。

そのため、残された家族に負担を強いないためにも保険金を葬儀費用に充てたいと考えて加入する人もいます。

受け取れる金額にもよりますが、葬儀費用を主目的として加入するのであれば、十分に達成できる契約商品もあるでしょう。

相続税支払いを軽減したい人

親から子へ残す

保険金であっても受け取ったお金には税金が発生します。

親から子・孫へ保険金を渡す際には「相続税」がかかってくるでしょう。

 しかし終身保険の死亡保険金にかかる相続性には「非課税枠」が設けられている仕組みになっています。

これは預貯金の相続税基礎控除枠とは別になっているのがポイントです。

少しでも多くのお金を子ども・孫に残したいという人にとっても向いている契約といえるでしょう。

低解約返戻金型終身保険を選ぶ際のポイント

少しでもお得に、手厚い保障を受けるために低解約返戻金型終身保険の選び方を紹介していきます。

低解約返戻金型終身保険を選ぶ際のポイント
  • 保険料の払込完了がいつになるか
  • 返戻率はどれくらいになるか

保険料の払込完了がいつになるか

メリット・デメリットを両方紹介していきましたが、全ての人にとって全てが当てはまるわけではありません。

そのため、自分にとってこの契約が適しているかを知ることが大切です。

 まずは少しでも受け取れるお金を少なくしない方法として返戻率が100%になるタイミングを知る必要があります。

つまり、お金が必要となる前に保険料の支払いを完了させておけるタイミングがいつかという点です。

一般的に保険料の支払い完了が早いほど返戻率も上がっていきますが、毎月の負担が大きすぎても続けることが難しくなるでしょう。

無理な金額を設定して最悪のケース、契約を続けられなくなってしまった場合は「元本割れ」となってしまうのでかえって損をしてしまうかもしれません。

そのため、毎月の支払額に無理のない範囲で、払い終わる期間ができるだけ短くなる時期はいつなのかを見極めましょう。

返戻率はどれくらいになるか

どれくらい増えるのか

なるべく多くお金を受け取るためには、返戻率がいくつになるのかを「加入する前」に必ず確認しておくことです。

 一般的に契約する期間が長いほど返戻率が高くなるので、加入可能期間などとも考慮することをおすすめします。

最低でも100%以上になることは前提に、その他の契約や特約を持った商品と比べて将来に備えられるものを選択するようにしましょう。

低解約返戻金型終身保険の賢い活用例

実際に低解約返戻金型終身保険を契約した際にお得な、賢い活用法をご紹介します

低解約返戻金型終身保険の賢い活用例
  • 教育資金目的
  • 税金対策も可能
  • 葬儀費用準備

教育資金目的

子どもの教育資金を準備する保険商品に「学資保険」が代表的ですが、同じ貯蓄性のある低解約返戻金型終身保険も可能です。

学資保険は通常の貯金と比較すると返戻率が高いので、契約満了の時に受け取れるお金が多くなります。

また「お祝い金」という形で分割で受け取ることも可能です。

 ただし「出産の140日前後まで」と加入のタイミングに制限がある商品もあるのが特徴ですが、低解約返戻金型終身保険の場合は加入するタイミングに制限が設けられていません。

そのため、出産前後には何かと忙しくなってしまう期間が落ち着いてから加入するということもできるので自由度が高いといえるでしょう。

基本は死亡保障が前提となっているので、親(契約者)に万が一の時の保障が大きいという面でもメリットが大きいですね。

税金対策も可能

節税を目指す

受け取れる保険金には何らかの税金がかかってくることは先ほど説明しました。

ただし生命保険は相続に対しての対策もできる商品です。なお課税される税金は受け取る対象者によって異なります。

対象者と課税項目
  • 相続税
    :契約者と被保険者が同じ・受取人が他の親族(例 契約者・被保険者:夫 受取人:妻)
  • 所得税・住民税
    :契約者と受取人が同じ・被保険者が他の親族(例 契約者:夫 被保険者:妻 受取人:夫)
  • 贈与税
    :契約者・被保険者・受取人がいずれも違う(例 契約者:夫 被保険者:妻 受取人:子)

なお受け取れるお金には500万円×法定相続人の数」の相続税の非課税枠が設けられています。

 そのためお金としてそのまま残すよりも保険金として受け取ることで相続税を抑えることも可能です。

なお、保険金は受取人の固有財産として扱われるので親族同士の遺産分割でもめるという必要もないのが特徴でしょう。

保険金というお金にすることで渡したい人に渡せるのがこの保険の仕組みといえますね。

葬儀費用準備

残された家族の負担を少しでも軽くするために自分の葬儀費用として契約することも可能なのがこの契約の特徴です。

なぜ「葬儀」目的に加入する人が多いかというと、葬儀費用の支払いは葬儀が終わった直後~1週間くらいの間が一般的という短い期間しかないことが関係しています。

 口座の名義人が亡くなった場合の銀行口座は、遺産分割協議が完了するまで「凍結」処理されてしまうからです。

そのため、相続人全員の合意なくして銀行口座からお金を引き出すことができません。

保険金という形で残せていれば、書類の用意だけで通常1週間ほどで受け取れます。

保険金は受け取る人のお金になるので、そのお金を使って葬儀費用に充てられますね。

終身保険の加入前に必ずすること

終身保険の加入前に必ずすること

低解約返戻金型終身保険の加入前にはまず、保険相談窓口に相談しましょう。保険相談窓口では、低解約返戻金型終身保険を検討する際に、お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが無料で保険の相談乗ってくれます。

低解約返戻金型終身保険は、通常の終身保険と比べて保険料が割安に設定されているため、家計負担を減らしたい方におすすめです

しかし、会社によって特徴や保険料も異なるので、自分に合う保険を見つけるために一度保険相談窓口で相談することをおすすめします。

保険相談窓口を利用するメリット

保険窓口を利用するメリットは主に以下の6つがあります。

保険窓口を利用するメリット
  • プロから専門的なアドバイスがもらえる
  • 各会社の保険を比較してもらえる
  • 申し込み手続きから契約後のサポートまで充実
  • 何回でも無料で相談可能
  • 全国に750以上の店舗数
  • オンライン相談も可能
保険会社は多数存在しており、会社によって低解約返戻金型終身保険の特徴も異なるので、プロと相談することで自分に合った保険を見つけることが出来るでしょう。

専門家の力を借りることで自分の作業負担も減るので、保険の加入を検討中の方は是非利用しましょう。

保険相談窓口の選び方

保険相談窓口を選ぶ際は以下のポイントをチェックしておくと良いでしょう。

保険相談窓口の選び方
  • 専門性の高い相談員であるか
  • 取り扱い保険会社数が多いか
  • 自分のエリアに対応しているか
  • アフターフォローが充実しているか
  • オンライン相談が可能か
次の項目でおすすめの保険相談窓口を紹介しているので、参考にしてみて下さいね。

保険相談窓口おすすめ4選|終身保険はプロに相談しよう

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ
おすすめポイント
  • お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが200人以上在籍!
  • 相談実績は15万件以上!
  • 相談は24時間365日受け付けているので、忙しくてもOK!
  • 今なら無料相談をするともれなく豪華なプレゼントゲット!
ほけんのぜんぶはお金のプロフェッショナルに気軽に相談ができる相談窓口です。保険の見直しだけでなく、住宅ローンなど、お金の悩み全般を相談できるので、心強いですね。
 忙しくて時間が取れない方でも、相談は24時間365日受け付けていますし、近くのカフェや自宅まで訪問してくれる出張相談も対応していますので、利用しやすいでしょう。
今までの相談実績は累計15万件以上。取り扱っている保険会社は30社以上になります。
資産に不安がある高齢者や、子育て資金への悩みが多い子育て世代からも支持を得ています!

今なら無料相談をするともれなくプレゼントゲット!

現在ほけんのぜんぶでは、無料相談の面接をした方全員に食品やグッズをプレゼントするキャンペーンを行っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
プレゼントの種類
A:北海道産 ゆめぴりか 2kg
B:ウェルチ100% 果汁ギフト(9本セット)
C:い・ろ・は・す 天然水
C:有機 エキストラヴァージン オリーブオイル
D:アンパンマン 砂場セット
E:ごっつん防止 リュック
取り扱い保険商品 30社以上
受付時間 24時間365日
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能
出典:公式サイトより

マネードクター

マネードクター
おすすめポイント
  • 1,200人以上のFP(お金のプロフェッショナル)が在籍!
  • 利用者の状況へのヒアリングを丁寧に行うので、アドバイスが的確!
  • 相談は何回しても無料!
  • 今なら無料相談予約で食品や日用品をプレゼント!
マネードクターは保険・家計の見直し・資産運用の相談ができる窓口です。FPが1,200人以上在籍しているので、利用者一人ひとりに丁寧に向き合ってくれます。
相談は何回しても無料なので、納得がいくまでじっくり相談することができます。
マネードクターの保険の見直しでは、利用者の生活状況・家計バランス・将来設計を丁寧にヒアリングを行います。そのため、的確なアドバイス自分にぴったりの保険商品を紹介してもらえます。

無料相談を予約いただいた方はもれなくプレゼントゲット!

マネードクターでは、無料保険相談を予約した方に限定で食品や日用品をプレゼントするキャンペーンを行っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
プレゼントの種類
A:野菜生活100
B:丸の内タニタ食堂減塩みそ
C:ノーズトリマー
D:バスタオル
E:arau. 泡ボディソープ
取り扱い保険商品 29社
受付時間 [平日]9:00~20:00 [土日祝]9:00~18:00
店舗数 100拠点以上
キッズルーム あり
オンライン面談 可能
出典:公式サイトより

保険無料相談.com

保険無料相談.com
おすすめポイント
  • お客様満足度97.6%!
  • 担当者の希望を出せる!
  • 紹介した商品への加入の強要は一切なし!
  • 今なら面談&アンケート回答で豪華なプレゼントゲット!
保険無料相談.comはオンラインでの相談も可能な相談窓口です。「デリケートなお金の話だからできれば同性の人に相談したい...」といった担当者の希望を出すことができますよ。
 オンライン面談は一部地域に対応していない場合があります。利用の前に対応地域をご確認ください。
保険無料相談.comを利用した方の口コミの中には、保険の相談をして、いくつか商品を紹介されたが、あくまでも紹介で、加入を強要されるようなことはなかった、という評価がされています。
まずは話を聞きたい!という方におすすめの窓口です。お客様満足度の高さも魅力の一つですね。

今なら面談&アンケートでプレゼントキャンペーン実施中!

保険無料相談.comでは現在、6月30日までの限定で、面談とアンケートに回答した方を対象にプレゼントを送っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
プレゼントの種類
  • 丸大ハム 煌彩セット
  • 新潟県産コシヒカリ 2kg
  • アサヒスーパードライ ギフト 8本
  • 利久の牛タン 真空パック 110g 〈塩味〉
  • 仙台銘菓 萩の月6個入り
  • ダロワイヨ マカロンラスク詰め合わせ12枚
  • セレブコレクションバームクーヘン
  • ムーミンレンジ容器6点セット
  • 手作り鮭とばソフト170g
  • 日本赤十字社への寄付(1,000円)
取り扱い保険商品 34社
受付時間 10時~20時(GW・夏季休業・年末年始以外)
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能(一部地域)

保険市場

保険市場
おすすめポイント
  • 全国に714店舗あるので、全国どこからでも相談可能!
  • 訪問相談もできるので、自宅や近くのカフェ・ファミレスに来てもらえる!
  • 取り扱っている保険会社は91社!ニーズに合わせてご紹介
  • 今ならギフトカードなどがもらえる期間限定のキャンペーン実施中!
保険市場は株式会社アドバンスクリエイトが運営する保険のコンサルティングサービスです。 全国に714店舗展開しており、近くの店舗に相談へ行くこともできますし、訪問相談を利用し、自宅や近所のカフェに来てもらうこともできます。
 オンラインでの相談も可能ですので、コロナ禍で外出を控えたいという方にもおすすめです。
取り扱っている保険会社は業界最大級の91社です。選択肢が多いので、自分にぴったりの保険が見つかるでしょう。

保険市場の期間限定キャンペーン

保険市場では、現在4つのキャンペーンが実施されています。それぞれ締切日が異なるので注意してください。
保険の種類 キャンペーン内容 締切日
がん保険 「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)(がん治療費用総合保険)」に新規契約した方全員「選べるギフトカード1,000円相当(1枚)」をプレゼント。 2022年9月30日
自動車保険 「SBI損保の自動車保険(個人総合自動車保険)」に新規契約した方に「10種類から選べる 1,500円相当のギフトクーポン」をプレゼント。(※年間保険料が10,000円以上のご契約が対象です。 )さらに抽選で豪華賞品をプレゼント。 2022年6月30日
生命保険 SBI生命の対象保険商品を契約の方にもれなく、ローソンで交換する「【お持ち帰り限定】ウチカフェ プレミアムロールケーキ 無料引換券」を1つプレゼント。 2022年6月30日
自動車保険 バイク保険 アクサダイレクトの対象保険商品を新規ご成約の方全員に「デジタルクーポン(無料引換券)」を1つプレゼント。さらに新規ご成約の方から抽選で「ドライブレコーダー」をプレゼント。 2022年7月31日
取り扱い保険商品 91社
受付時間 9時~21時(年末年始以外)
店舗数 714店舗
キッズルーム 有り
オンライン面談 可能
出典:公式サイトより

よくある質問

契約解除で損をしないためにすることは?
保険料の支払い方法や返戻金を受け取るタイミング、受け取ったお金にかかる税金の計算をしておくことです。また若い方が健康・病歴がないといった良い条件で加入できることも理由として挙げられます。
若いうちに契約したほうがいい?
若い内の方が保険料から発生する利息が多くなるため返戻率も高くなります。
解約する時に気を付けることは?
一度契約を解消してしまうと、再び同じ条件での加入ができない可能性が高いです。加入時の年齢や払込期間などの条件が再度加入したい時と同じではないからです。例えば20代で加入した時より40代で加入する時の方が保険料が高くなります。
保険料の支払いが難しい場合は?
自動振替貸付制度の利用もしくは保険金の減額で毎月の保険料を抑えるという方法があります。
学資保険とどちらがお得?
お祝い金を受け取りたいけどお金も積み立てたいのであれば学資保険がおすすめです。反対にお祝い金は不要だけど万が一に備えたい・早めに準備したいという場合なら検討してみるのもいいでしょう。
保険の契約を解消した場合はいつごろお金がもどる?
手続きまでにかかる日数など状況によって異なりますが手続きが完了してから数日~1週間程度で指定の口座に振り込まれることが多いです。
保険金がもらえないケースは?
重大な過失などが原因のことを告知しない・事実と違うことを告知した場合で契約が解除されたときなどが該当します。その他保険料の払込がない場合なども含まれるので、詳しい条件は契約内容を確認しましょう。

まとめ

低解約返戻金型終身保険について魅力や特徴、そして活かし方などほかの契約と違う事がお分かりになったでしょうか。

 保険料を払っている期間での契約解消は返戻金が通常のものよりも少ないですが、満了を迎えれば同程度のお金が受け取れる特徴を持っています。

また保険料が低めに設定されている商品が多いので、無理なく続けられると感じる人もいるでしょう。

様々な会社から独自の特約などを盛り込んだ商品が用意されているので、自分のライフスタイルや考え方と合わせてプランを選択してください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事