クレジットカード 究極の1枚

「究極の1枚となるクレジットカードを見つけたい!」「メインで使うクレカはどれがいいの?」と、クレジットカード選びに悩む人は多いでしょう。

クレジットカードは種類が豊富で、自分に最適のカードを選ぶのは至難の業です。入会するなら、自分にとって価値ある最強の一枚を見つけたいですよね。そこで今回は、究極の1枚となり得るおすすめクレジットカードを紹介します。

選び方のポイントや、クレジットカード1枚持ちのメリットについても解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

究極の1枚候補を比較しよう!おすすめクレジットカード比較表

究極の1枚候補を比較しよう!おすすめクレジットカード比較表

当サイトイチオシのクレジットカード究極の1枚は「JCB CARD W」です。高還元率なクレジットカードをお求めの39歳以下の方でしたら、ぜひまずはJCB CARD Wを検討してみましょう。

その他にも究極の1枚になりうるお得なクレジットカードをご紹介します。自分の使い方に合わせて、究極のクレジットカードを選んでみてください。

JCB CARD W
三井住友カード
(NL)
ライフカード
エポスカード
三菱UFJカード
VIASOカード
JCBCARDW
エポスカード
viasoカード
年会費
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
還元率
1.0~5.5%
0.5~5.0%
0.50%
0.5%
0.5%〜
発行
最短3営業日
最短即日発行
約2週間程度
最短即日発行
最短翌営業日
国際ブランド
JCB
VISA
Mastercard
VISA
Mastercard
JCB
VISA
MasterCard
特典
キャンペーン
Amazon.co.jpでの利用で最大10,000をキャッシュバック、抽選で10万円分JCBギフトカードをプレゼント
新規入会&モバイル決済利用で
最大6,500円相当プレゼント
新規入会&利用で最大10,000円相当プレゼント
WEBから
新規入会で
2,000円相当
プレゼント
新規入会で
最大10,000円を
キャッシュバック
申込対象
18~39歳
18歳以上
(高校生を除く)
18歳以上
18歳以上
(高校生を除く)
原則として18才以上で安定した収入のある方、または18才以上で学生の方
(高校生を除く) ※未成年は親権者同意要

究極の1枚はコレ!おすすめクレジットカード5選

JCB カード W

JCB CARD W

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • 年会費無料の高還元率のカード
  • 海外旅行障害保険と海外ショッピング保険が付帯
  • パートナー店で利用するとポイント最大11倍!

『JCB カード W』は、18〜39歳までがWEB限定で入会できるクレジットカード。39歳までの入会で、40歳以降も年会費無料で利用できます。ポイント還元率は、通常のJCBカードの2倍である1.0%と高還元率なのが特徴のひとつです。

スターバックスやセブンイレブン、Amazonで利用すれば最大11倍のポイントが付与されるので、普段から利用している人には特におすすめといえるでしょう。

 海外旅行障害保険は最高2,000万円、海外ショッピングカード保険も最高100万円付帯しています。

なお、女性なら同じサービスに嬉しい女性向け特典がついた『JCBカード W plus L』がおすすめ。女性のための保険サポートが格安で受けられるので、保険への加入を考えている人にもぴったりです。

年会費無料でポイントをたくさん貯めたい人や特にAmazonで買い物をする人には、「究極の1枚」といえるでしょう。
年会費 無料
国際ブランド JCB
ポイントの種類 Oki Doki ポイント
基本還元率 1.00%〜
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:2,000万円
  • 海外ショッピング保険:100万円
申込条件 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。

出典:JCB カード W

三井住友カード(NL)

三井住友カード-NL

三井住友カードのおすすめポイント
  • 券面にカード番号が印字されていない完全ナンバーレス
  • カード情報や利用方法などアプリで一括管理できる
  • カード番号だけなら最短5分で発行!※最短5分発行受付時間:9:00〜19:30

『三井住友カード(NL)』は、カードの券面にカード番号が印字されていない完全ナンバーレスのクレジットカード。盗み見を防止できるので、セキュリティ性が高いといえます。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、コンビニ3社やマクドナルドなどで利用すれば、+2%のポイント還元が受けられるので、普段使いに適しています。

 VISAのタッチ決済とMastercardのコンタクトレスに対応しているため、対象店舗で利用すれば簡単に決済が可能。ストレスなく支払いができるでしょう。

カード情報・ポイント・残高などは全てVpassアプリで確認できます。ネットショッピングでカード決済する場合にカード番号の入力は手間ですが、Vpassアプリを使えばコピー&ペーストできるので誤入力も防げます。

カード番号は最短5分※1で発行可能!最短で申し込み当日に、ネットや身近なお店※2でお買物ができますよ。
年会費 無料
国際ブランド VISA/Mastercard
ポイントの種類 Vポイント
ショッピング還元率 0.50%〜
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
申込条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

※未成年の方は親権者の同意が必要です。

※1 最短5分発行受付時間は9:00~19:30です。受付時間終了間際のお申し込みは、即時審査が完了しない可能性があります。
※2 Apple Payや Google Pay に登録すると、利用可能
出典:三井住友カード(NL)

ライフカード

ライフカード

ライフカードのおすすめポイント
  • 誕生月ポイント3倍
  • ステージプログラムでお得にポイントが貯まる
  • L-Mallならポイント最大25倍

『ライフカード』は、ポイントアップが充実しているクレジットカード。入会後1年はポイントが1.5倍、誕生月はポイント3倍の還元サービスが受けられます。

 ステージプログラム制を導入しており、使えば使うほどすぐにポイントが貯まるよう設計されています。

ポイント交換先も充実しており、楽天ポイント、dポイント、Pontaポイントなどに移行も可能です。よりお得に買い物をしたいならL-Mallの利用でポイント最大25倍になるので、欲しいものはまずL-Mallを確認するようにしましょう。

家族カードやETCカードなども無料で発行可能!家族でポイントを合算できるので、効率よくポイントを貯められますよ。
年会費 無料
国際ブランド VISA/JCB/Mastercard
ポイントの種類 LIFEサンクスポイント
ショッピング還元率 0.50%〜
付帯保険
申込条件 日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
未成年の方は、親権者の同意が必要となります。

※ 初年度無料。1回以上のカード利用で次年度年会費1,100円(税込)無料
出典:ライフカード

エポスカード

エポスカード

エポスカードのおすすめポイント
  • 年4回のマルイ優待期間利用で10%OFF
  • カラオケ、遊園地、美容院・飲食店など10,000店舗で優待サービス
  • 永年無料で海外旅行障害保険が自動付帯

『エポスカード』は、マルイグループが発行しているクレジットカードです。持っているだけで約10,000店舗で優待や特典サービスを受けられるので、入会して損のない1枚といえます。

バーチャルカードを発行しているのも特徴のひとつ。ネットショッピングでカード番号を入力するのが不安という人でも安心してクレジットカード決済が可能です。

 マルイやモディで年4回行われている「マルコとマルオの7日間」では、エポスカードの利用で10%OFFの優待が受けられます。

マルイで買い物をするなら持っておきたいカードです。ネット申し込みでマルイ店舗受け取りを指定すれば、カードの即日発行も可能。今日の買い物からエポスカードを利用したい人にもおすすめできます。

遊び、グルメ、ショッピングなど、様々なシーンで優待サービスが受けられるのが魅力の1枚。海外旅行傷害保険も無料自動付帯していますよ。
年会費 無料
国際ブランド VISA
ポイントの種類 エポスポイント
ショッピング還元率 0.50%〜
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • エポスお買い物あんしんサービス(年間別途1,000円)
申込条件 日本国内在住の満18歳以上のかた(高校生のかたを除く)
未成年のかたは、カード発行に際し、親権者の了解が必要になります。

出典:エポスカード

三菱UFJカードVIASOカード

三菱UFJカードVIASOカード

三菱UFJカードVIASOカードのおすすめポイント
  • ポイントが自動キャッシュバックでポイント失効の心配なし
  • 携帯、インターネット、ETC利用でポイント2倍
  • 新規入会で最大10,000円のキャッシュバック

『VIASOカード』は、貯まったポイントのオートキャッシュバック機能が特徴のクレジットカードです。年に1回、登録口座に1ポイント=1円でポイントがキャッシュバックされます。

「ポイントがいつの間にか失効している」「ポイントを使うのをつい忘れてしまう」という人でも、ポイント失効の心配なくポイントを貯められるでしょう。

 携帯電話の支払いやインターネット料金、ETCの利用でポイントが2倍になるので、いつのまにかポイントが貯まっていくカードです。

また、POINT名人.comを経由した買い物はポイント最大25倍となるので、買い物をする際はまずPOINT名人.comに欲しい商品がないか確認してから購入するのがおすすめです。

ショッピング保険が付帯しているのも特徴のひとつ!カードを利用して購入した商品の破損・盗難などの損害を補償してくれますよ。
年会費 無料
国際ブランド Mastercard
ポイントの種類 VIASOポイント
ショッピング還元率 0.50%〜
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピング保険
申込条件

原則として18才以上で安定した収入のある方、または18才以上で学生の方(高校生を除く)

未成年は親権者同意要

出典:三菱UFJカードVIASOカード

クレジットカードをメイン1枚に絞るメリット・デメリット

クレジットカードを1枚に絞るメリット

メリットと書かれたブロック

クレジットカード1枚持ちのメリット
  • 支払いの管理が楽
  • カードを複数枚持ち歩く必要がなくなる
  • 年会費が少額もしくは無料ですむ
  • ポイントが集中的に貯められる
  • 上位カードを保有できる可能性がある

クレジットカード1枚だけにする一番のメリットは、管理が楽になることでしょう。支払い口座を分けずにすむので、月の収支計算がしやすく、常にたくさんのカードを持ち歩く必要もありません。

 最近では、プラスチック製のクレジットカードの代わりにアプリで利用できるものもあります。しかし、カードがない代わりにアプリの数が増えるので、管理が面倒です。

クレジットカードが増えると、場合によっては更新にかかる年会費も増え、無駄な出費になる可能性も考えられます。

1社のみにすればコストを抑えられ、カードの利用額が集約されるので、上位カードへのインビテーションを受けられる可能性もあります。

ポイントを集中的に貯められるのもメリットのひとつ!ポイントが分散されないので、使い勝手もよいでしょう。

クレジットカードを1枚に絞るデメリット

デメリットと書かれたブロック

クレジットカード1枚持ちのデメリット
  • 使えない店舗が出てくる
  • 特典や保険・優待などが限られてくる
  • クレジットカードが破損したら支払いができなくなる

1枚だけの保有の場合、国際ブランドによっては使えない店舗もあります。また、特典や優待サービスが受けられる店舗が限定されるので、様々な店舗で優待サービスを受けたい場合にはデメリットとなるでしょう。

クレジットカードの破損や磁気不良で支払いができなくなってしまう可能性があるのも、1枚に絞るリスクのひとつ。複数のクレジットカードを所有していれば、1枚が破損していてももう1枚のカードで決済できるので、リスクを回避できます。

カードを1枚に絞るなら加盟店が多い国際ブランドを選び、自分がよく行く店舗で優待が受けられるものを選びましょう。

究極の1枚をどう選ぶ?最強クレカの選び方6つ

自分にとって究極の1枚となるクレジットカードを選ぶためには、以下の点に着目するのがおすすめです。

クレジットカード究極の1枚の選び方
  1. 年会費で選ぶ
  2. ポイント還元率と貯めやすさで選ぶ
  3. ポイントの使いやすさで選ぶ
  4. 国際ブランドで選ぶ
  5. 付帯サービス、優待、特典で選ぶ
  6. ステータスで選ぶ

1.年会費で選ぶ

急な出費の5つの事例・理由

究極の1枚を選ぶ上で重要なのが「年会費」でしょう。クレジットカードには「年会費無料」のものから「年会費数万円」のものまであります。

一般的には、サービスが充実しているカードほど年会費は高くなります。しかしハイクオリティのサービスが必要ない場合には、無料のものでも十分に満足できるでしょう。

 年会費無料のクレジットカードでも、高還元率のカードや保険が付帯しているものも多くあります。

また、2枚目以降の「家族カード」や「ETCカード」が無料になるかも注目すべきポイントです。

家族にもクレジットカードを持っておいてほしい人や車で遠出する機会が多い人は、「家族カード」や「ETCカード」の年会費にも着目しましょう。

ポイント還元率と貯めやすさで選ぶ

「ポイントの還元率」も、クレジットカード選びの重要な要素です。ポイント還元率は、一般的なもので0.5%前後、高還元率なもので1.0%〜3.0%となります。

1回1,000円の買い物であれば、還元率0.5%で5円、3.0%なら30円とわずかな違いです。しかし、1年で100万円使用した場合、0.5%なら5,000円、3.0%なら3万円と還元されるポイントに大きな差が生まれます。

 クレジットカードを1枚だけ保有するのなら、できるだけ還元率が高いものを選ぶ方がよいでしょう。

また、ポイントの「貯めやすさ」も大切です。クレジットカードは種類によって様々なパートナー店があり、ポイント3倍やポイント10倍なども珍しくありません。自分がよく利用する店舗で還元率が上がれば、ポイントがザクザク貯まるでしょう。

利用するサービスによっては、ポイントの二重取りが可能な場合もありますよ。

2.ポイントの使いやすさで選ぶ

ポイントを利用するイメージ

せっかく貯めたポイントが使いにくければ、ポイントが無駄になってしまいます。ポイントの使い勝手のよさも、しっかりと確認しておくとよいでしょう。

ポイントの使い道はクレジットカードのポイントの種類によって異なります。例えば、以下のようなポイントの使い道があります。

ポイントの使い道(一例)
  • 買い物で現金の代わりとして利用
  • 商品と交換
  • マイルと交換
  • 他のポイントに移行
  • キャッシュバック

買い物に利用できる場合でも、ポイントによっては街中の買い物では利用できない、指定したお店でしか利用できないなどの条件が異なります。

よく利用しているお店でポイントが利用できれば、商品を割引購入できるような感覚で利用できるので、お得ですよ!

3.国際ブランドで選ぶ

国際ブランドで選ぶのも、よい手段です。クレジットカードには『VISA』『Mastercard』『JCB』『American Express』『Diners Club』の5つがあり、5大国際ブランドと呼ばれています。

ブランド 特徴
VISA 国際ブランドの取引シェアが最も多い。世界中の色んな店舗で利用可能。
Mastercard VISAの次にシェアが多い国際ブランド。海外でキャッシングがしやすい。
JCB 日本発の国際ブランド。日本では2番目にシェアが多いが海外では知名度は低い。
American Express アメリカ発の国際ブランド。年会費が高いものが多くサービスが充実。
Diners Club アメリカ発の国際ブランドで日本では最初のクレジットカード。ステータスの高いカードとして知られている。

またこれら5つの国際ブランドは大きく『ペイメントカード(決済カード)』『T&Eカード(トラベル&エンターテイメント)』の2種類に分けられます。

 『ペイメントカード』は決済メインであり年会費無料のものが多く、『T&Eカード』は旅行や遊びの優遇がたくさん受けられ、年会費がかかるものが多いです。

VISA・MasterCardが『ペイメントカード』、JCB・American Express・Diners Clubが『T&Eカード』となっています。

最近ではあまり差もありませんが、より自分に合った種類の国際ブランドを選ぶようにしましょう。

4.付帯サービス、優待、特典で選ぶ

買い物で特典を利用する女性

保険の付帯サービス、優待や特典から選ぶのもおすすめの選び方です。

旅行や出張が多い人は「国内旅行傷害保険」「海外旅行傷害保険」「紛失・盗難保険」「航空便遅延保険」などの保険が手厚いものや、無料ラウンジサービスなどが付いたクレジットカードを選ぶとよいでしょう。

他にもショッピング保険や、買い物時の割引、レストランの割引や予約、ホテルの無料サービスなど、クレジットカードによって様々な特典があります。

自分の生活スタイルに合わせて選ぶのが、究極の1枚に出会うポイントですよ。

5.ステータスで選ぶ

クレジットカードを、ステータスの高さで選ぶのもよいでしょう。ステータスはクレジットカードのランクを表すもので、ステータスがたかいほど年会費は高額なものが多いです。

 ハイステータスのクレジットカードは、持っているだけで社会的立場の高さや信頼度の高さを表せるのが魅力です。

国内では海外ほど重要視されていませんが、海外によく行くならハイステータスのカードを持っていると社会的地位や身分を証明する役割があるので、信用を得やすいでしょう。

一般に、一般カード・ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカードの順にステータスが高いです。

まとめ

今回は、究極の1枚となるおすすめのクレジットカードと、自分に最適なクレカの選び方について解説しました。

「旅行で使う」「買い物で使う」「ポイントをお得に貯めたい」など、まずはクレジットカードの用途を洗い出し、選び方の基準を見つけましょう。

日常的にメインで使いたいならポイント還元率が高く貯めやすいカード、付帯サービスを活用したいなら優待店舗が多いカードを選ぶと、失敗せずに自分にとって最強のクレカを選べます。

本記事で紹介したおすすめのクレジットカードを参考に、ぜひあなたにとって究極の1枚を見つけてくださいね。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事