横浜銀行カードローンの審査基準を徹底解説!口コミ・評判も紹介

消費者金融カードローンに比べて、銀行のカードローンは基本金利が低い傾向にあるため利用を検討している人は少なくありません。

今では多くの銀行が提供していますね。

そこで今回は、地方銀行として知名度の高い横浜銀行カードローンに関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 特徴
  • 審査基準
  • 利用のメリット
  • 口コミ・評判
  • 借り入れ方法・返済方法
  • 増額方法

横浜銀行カードローンの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

横浜銀行カードローンの基本情報

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンを利用するうえで、規定の年齢を満たしていることはもちろん、居住地や勤務先も制限があります。

利用可能な居住地・勤務先地域
  • 神奈川県内全地域
  • 東京都内全地域
  • 群馬県内の前橋市・高崎市・桐生市

申し込み条件として地域が特定される点は地方銀行ならではです。事前に、条件に該当するかを確認しておきましょう。

金利 実質年率1.5%~14.6%
融資限度額 10万円~1,000万円(10万円単位)
申し込み対象 契約時満20歳以上69歳以下※居住・勤務先の制限あり
最短即日融資 最短翌日
資金使途 事業性資金以外に利用可
担保・保証人 不要

出典:https://www.boy.co.jp/kojin/card-loan/yokohama/index.html

横浜銀行カードローンの審査基準

横浜銀行カードローンの審査基準

横浜銀行カードローンの審査基準は公表されていません。そのため、ある程度のラインは申し込み条件から探る必要があります。

申し込み条件
  • 契約時の年齢が満20歳以上69歳以下
  • 安定した収入がある人およびその配偶者
  • 保証会社の保証を受けられる

収入に関しては、安定していればパートやアルバイトの人でも申し込み対象者に該当します。また、年金受給者も対象です。

これらの条件を踏まえ推測すると、横浜銀行カードローンは幅広い人を利用者の対象にしていることがわかるため、決して審査基準は厳しくないと予想できます。

 あくまで申し込み条件をもとにした推測に過ぎないため、満たしていても審査結果利用できないという可能性があることを理解しておきましょう。

横浜銀行カードローンの特徴

横浜銀行カードローンの特徴

特徴①:PC・スマートフォンから24時間申し込み可能

申し込みは24時間365日PC・スマートフォンから受け付けています。わざわざ来店する必要がないため、忙しく時間が設けられない人でも利用しやすいです。

借り入れまでの手順
  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡
  4. 契約手続き
  5. カード発行後に利用開始

審査結果については申し込みから最短で翌日にお知らせとなり、借り入れ・契約も同時にできます。

特徴②:金利は実質年利1.5%〜14.6%

横浜銀行カードローンの特徴

横浜銀行カードローンの金利は、実質年率1.5%~14.6%です。金利は借り入れ限度額に応じて割り当てられます。

借り入れ限度額 金利(実質年率)
100万円以下 14.6%
100万円超200万円以下 11.8%
200万円超300万円以下 8.8%
300万円超400万円以下 6.8%
400万円超500万円以下 4.8%
500万円超600万円以下 4.5%
600万円超700万円以下 4.0%
700万円超800万円以下 3.5%
800万円超900万円以下 3.0%
900万円超1,000万円未満 2.5%
1,000万円 1.5%

上記金利は2021年1月4日時点の金利です。金融情勢等により随時見直しが入るためマメにチェックしておきましょう。

特徴③:おまとめローンが利用できる

横浜銀行カードローンの特徴

横浜銀行カードローンの資金使途については、事業性資金を除き自由となります。そのため、他社からの借り入れをまとめる「おまとめローン」の利用が可能です。

 おまとめローンには、今よりも金利が低くなり返済負担が軽減できる、お金の管理が楽になるなどのメリットがあります。

完済を目指すうえで有効な手段になり得るため、おまとめを検討している人は横浜銀行カードローンをチェックしておきましょう。

特徴④:返済シミュレーションができる

簡単な必須項目を入力するだけで、返済額・返済期間の試算ができます。無理なく完済を目指すうえで、マメにシミュレーションをすることは非常に重要です。

入力必須項目
  • お借入額
  • 随時返済の有無
  • 合計返済額(定例返済額+随時返済額)

あくまでシミュレーションの結果は参考値となるため、実際の返済内容と異なる場合があると理解しておきましょう。

横浜銀行カードローンの借り入れ方法

横浜銀行カードローンの借り入れ方法

横浜銀行カードローンの借り入れ方法は、ATMもしくはインターネットから選択可能です。ライフスタイルに合わせて、都合の良いものを選択できます。

提携ATM

駅やコンビニなど、身近にある提携ATMにて気軽に借り入れ可能です。なかでも、小田急線は各駅にATMが設置されているため借り入れしやすくなっています。

主な利用可能提携ATM
  • 横浜銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATMイーネット
  • イオン銀行ATM

2020年3月末時点で、横浜銀行ATMとコンビニ等のATMは合計およそ13,000台あるため非常に利用しやすいです。

インターネット

はまぎんマイダイレクト(インターネットバンキング)を利用すれば、利用中の口座をサービス利用口座に追加することで、ネット環境さえあれば手軽に借り入れできます。

 1円単位で借り入れができるため、必要な分だけを準備できます。

原則24時間365日リアルタイムで取引できるため、必要なときに必要な分を借り入れできる点は大変魅力的です。

横浜銀行カードローンの返済方法

横浜銀行カードローンの返済方法

借り入れと同様に提携ATMもしくはインターネットによる返済、または口座引き落としとなります。

 借り入れと違い、イオン銀行ATMでの返済取り扱いはできないため把握しておきましょう。

引き落としの場合は、定例返済日となる毎月10日に返済指定口座から自動的に引き落としとなります。返済額は前月の定例返済後の借入残高をもとに決められているため確認しておきましょう。

前月の定例返済後の借入残高 定例返済額
2千円超10万円以下 2,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
200万円超250万円以下 30,000円
300万円超350万円以下 40,000円
400万円超450万円以下 50,000円
500万円超600万円以下 60,000円
700万円超800万円以下 70,000円
900万円超1,000万円以下 80,000円
1,000万円超 85,000円

上記表は抜粋であり、借入残高による定例返済額は金額により50万円単位・100万円単位と異なる場合があります。

定例返済以外に随時返済も可能なため、お金に余裕があるときは積極的に返していき、1日でも早い完済を目指しましょう。

横浜銀行カードローンの増額方法

横浜銀行カードローンの増額方法

今の借入限度額よりも多く融資を受けたい場合、増額を申請する必要があります。増額をすると借入限度額が高くなるだけでなく、金利が下がる場合もあるのです。

横浜銀行カードローンでは、増額を希望する場合は電話もしくは郵送・FAXといった申し込み方法があります。なお、審査が実施され通過しなければ増額できません。

借り入れ限度額が50万円を超える場合は、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書が必要となるため事前に用意しておきましょう。

横浜銀行カードローンのメリット

横浜銀行カードローンのメリット

メリット①:パート・アルバイト・専業主婦も申し込み可能

横浜銀行カードローンは、パートやアルバイトあるいは専業主婦といった正社員として勤務していない人でも申し込み可能です。

 雇用形態ではなく、いかに安定した収入を継続的に確保できているかが重要視されます。

ただし、年齢をはじめ居住地や勤務地など、横浜銀行カードローンの申し込み可能条件に該当していることは大前提です。また、学生の場合は申し込みできません。

メリット②:銀行ならではの金利設定

金利は実質年率1.5%~14.6%になっており、銀行のカードローンならではと言える設定です。借入限度額により適用される金利は変わるため、事前にチェックしておきましょう。

 変動金利となるため、金融情勢等により随時見直される場合があります。

金利は返済額に対して加算される、元金に対する利息の割合です。故に、金利が高ければ利息は多くなり毎月の返済が苦しくなります。

利息がいくらかかるのかは、シミュレーションなどを活用して事前に確認するようにしましょう。

メリット③:利用できる提携ATMが豊富

横浜銀行カードローンのメリット

充実したATMネットワークにより、身近な場所に設置されているため非常に利用しやすいです。横浜銀行ATMと全国の提携コンビニATMにて、土日祝日でも借り入れできます。

主な提携先となるセブン銀行ATMやイオン銀行ATMなどでは、いつでも利用手数料は無料なので無駄な出費がありません。

メリット④:スマホアプリが便利

はまぎんアプリをダウンロードすることで、スマートフォンを使い手軽に借り入れや返済、利用状況の確認できます。

借り入れ・返済操作手順
  1. ホーム画面から「カードローン」をタップ
  2. 借り入れ・返済いずれか希望する取引を選択
  3. 金額を入力して「次へ」をタップ
  4. 内容を確認して問題なければ実行
  5. 完了

はまぎんアプリは、iPhone・Androidともに無料でダウンロードできます。

なお、推奨環境はiOS11以降・Android OS0.6以降を搭載したスマートフォン端末です。

メリット⑤:最大1,000万円まで借り入れ可能

横浜銀行カードローンのメリット

横浜銀行カードローンは、10万円~1,000万円まで借り入れが可能です。10万円単位で利用できるため、必要な分だけを用意しやすくなっています。

借り入れが1,000万円までとなるカードローンは決して多くないため、まとまったお金を用意したい人には最適です。

事業性資金を除き使い道は自由なため、高額な買い物や留学費用などでも大いに活用できます。

メリット⑥:月々の返済は2,000円から

月々の返済は2,000円から可能なため、負担を抑えて完済を目指せる点は大きなメリットです。

 無理のない返済計画を立てるためにも、毎月少ない負担でコツコツ返していけることは利用者にとって見逃せません。

ただし、2,000円から返済できるのは前月の定例返済後の借入残高が2,000円以下、もしくは2,000円~100,000円以下の人の場合です。

お金に余裕があるときは、毎月の定例返済に加えてATMなどから臨時返済ができます。

横浜銀行カードローンのデメリット

横浜銀行カードローンのデメリット

デメリット①:地域限定のサービス

横浜銀行カードローンは、地方銀行が提供するサービスということもあり、一定の地域に居住またはお勤めであることが条件です。

利用できる地域
  • 神奈川県内全地域
  • 東京都内全地域
  • 群馬県前橋市・高崎市・桐生市

年齢や収入面を満たしていても、利用可能な地域以外に住んでいる人や勤務している場合は、そもそも申し込みすら不可となります。

デメリット②:最短即日融資に対応していない

横浜銀行カードローンは最短でも申し込みをしてから翌日に融資が可能となるため、申し込みをしたその日の内に借り入れしたい場合には対応できません。

消費者金融カードローンでは最短即日融資に対応しているサービスは少なくありませんが、その点は銀行のカードローンならではのデメリットと言えます。

横浜銀行カードローンの口コミ・評判

横浜銀行カードローンの口コミ・評判

サービスの良い部分を知るために、口コミを調査することは大変有効です。自分では気づけなかった部分を発見できる可能性もあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

良い口コミ

良い口コミ
  • 提携のATMであれば手数料が無料でウェブからの申込みで契約が完結できるので便利
  • 10万円なら2,000円からと返済額が少額なのは主婦の私には凄く助かってます
  • まさか150万の融資枠が即日で決まり翌日にカードが届くとは思っていませんでした

申し込みや借り入れのしやすさ、そして返済額が2,000円からという点は高く評価されています。

借り入れまでのスピード感も高評価を獲得しているようです。

悪い口コミ

悪い口コミ
  • 借りるのであれば近所の「いつもの銀行」が便利だと思います
  • 借り入れはすごくしやすいと思うんですが神奈川や周辺の地域の方が対象です
  • 最速で翌日に審査結果が届きますが私の場合は2・3日かかった

やはり、地方銀行が提供するサービスということもあり利用できる人の地域が限定されている点が残念との声が挙がっているようです。

また、審査結果がでるまでに時間を要したという口コミもあるため、急ぎの場合は希望に添えない場合があると理解しておきましょう。

よくある質問

横浜銀行カードローンの特徴は?
パソコンやスマートフォンから、24時間いつでも申し込みができます。WEB上で完結できるため、わざわざ店舗に足を運ぶ必要がない点は特徴です。また、金利は実質年率1.5%~14.6%と、銀行のカードローンならではの設定となります。
横浜銀行カードローンのメリットは?
パートやアルバイトの人でも申し込み対象となるため、ターゲットが幅広い設定である点はメリットです。利用できるATMもコンビニなど身近な場所に設置されているため、非常に使いやすくなっています。
横浜銀行カードローンのデメリットは?
地域限定のサービスであるため、対象エリアに居住・勤務していない人は利用できません。また、最短で翌日の融資となるため、申し込みをしたその日の内に借り入れしたい人にはデメリットとなります。
横浜銀行カードローンの審査基準は?
一般に公表されていないためわかりませんが、申し込み条件から察するに、幅広い年代の人を対象にしていること、アルバイトやパートの人でも利用できることなどから、決して厳しく設定されていないと推測できます。
横浜銀行カードローンの借り入れ・返済方法は?
ATMやインターネット、そして返済の場合は口座引き落としなどにより利用可能です。コンビニなど身近にあるATMが使えるため、非常に使い勝手が良くなっています。
横浜銀行カードローンの増額方法は?
増額の申し込みは、電話や郵送、またはFAXといった方法があります。なお、郵送・FAXの場合は横浜銀行ATMコーナーに備え付けられているリーフレットに、希望金額を記入のうえ提出しましょう。
横浜銀行カードローンはアプリに対応している?
はまぎんアプリを使えば、スマートフォンで手軽に借り入れや返済、利用状況の確認などができます。アプリはiPhone・Androidともに無料でダウンロード可能です。

まとめ

この記事では、横浜銀行カードローンの審査基準や特徴、利用するうえでのメリット・口コミによる評判などを解説しました。

WEBで24時間365日いつでも申し込みでき、身近にあるATMで借り入れ・返済ができるため使い勝手の良さは大きな特徴でありメリットです。

審査基準は公表されていないものの、申し込み条件では若い世代やアルバイト・パートの人も対象となることから、決して難易度は高くないと推測できます。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事