パチンコによる借金が危険な理由や解決策!相談先についても紹介

数あるギャンブルのなかでも、比較的身近な存在であるパチンコ。趣味として楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。楽しみやすさは魅力ですが、依存症になると借金を抱えるリスクがあります。

そのため、節度を持って取り組むことが重要です。しかし、興味本位で始めたパチンコが原因で、借金を抱えてしまうことも決して珍しくありません。

そこで今回は、パチンコによる借金が危険な理由や解決策について解説します。また、借金問題に悩んでいる人向けに相談先も紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

弁護士・司法書士への借金相談がおすすめな理由についても触れていくため、あわせてチェックしておきましょう。

パチンコが借金に繋がりやすい理由

スロットゲーム

全体で見ると勝てない仕組みになっている

パチンコはタイミングや運によって勝ち負けが決まるイメージがありますが、実際はそうではありません。

 店によってパチンコ台の設定はコントロールされており、通常、客側の勝率は5割以下に抑えられています。例えば、3回に1回の勝率であれば2回は客側が負ける計算となるのです。

客側は3回に1回勝てるという感覚になりますが、実際のところマイナスの方が大きくなるため損をしています。

パチンコ屋側としても、営利活動である以上売上を立てなければなりません。「いかに客側に勝てる感覚を与えながらお金を使ってもらえるか」という戦略を練っていると認識しておきましょう。

金銭感覚がぶれてしまう

紙幣を持つ人

パチンコは気軽な娯楽であるため、お金を使っているという感覚が鈍くなる傾向にあります。

 ゲーム感覚で楽しんでいるうちに、気が付いたら手持ちのお金が無くなり、借金せざるを得ない状況に陥るというケースは決して少なくありません。

パチンコは、娯楽と言えどハマりすぎるとあっという間に出費がかさむ危険性を孕んでいることをしっかりと認識しておきましょう。

手軽さ故の怖さがあるため、自己管理が重要です。

負けても取り戻そうとしてしまう

パチンコは、大抵の場合はお金を使い負けて終わりです。しかし、たまに投資したお金が何倍もの額となり返ってくる場合があるため、そのギャンブル性に依存する人は少なくありません。

 たとえ現在は負け続けていてお金が無いあるいは借金をしている状態でも、勝てばリセットできるという感覚に陥ってしまいます。

パチンコで負けた分をパチンコで取り戻そう」とすることにより、さらに深い借金地獄にハマってしまうケースは珍しくないのです。

パチンコによる借金が危険な理由

財布にお金がない

依存症になる恐れがある

パチンコのような娯楽は、ギャンブル依存症になる可能性を大いに秘めています。ギャンブル依存症はパチンコを自分の意思でやめられず、苦しみを感じるような状態です。

 ギャンブル依存症は、金銭感覚やメンタルなどを自分でコントロールできなくなる精神疾患の一つですが、本人が病気という認識を持ちにくい点が特徴として挙げられます。

そのため、ギャンブル依存症になってから長期間放置することで、結果的に健康状態・経済状況・人間関係などが悪化してしまうケースは少なくありません。

ギャンブルに強く依存していると感じた場合には、専門の医療機関を受診するなどの早期対応が大切です。

出典:Medical Mote-ギャンブル依存症

生活に大きな支障をきたす

紙幣を数える人

パチンコにハマることで借金ができるだけでなく、生活にも大きな支障をきたす可能性があります。

お金を工面するために家族や友人に借りようとすれば、周りの人たちは離れていってしまうかもしれません。

また、仕事やプライベートの予定よりもパチンコに行くことを優先するようになれば、社会人としての生活も危うくなるでしょう。

 一度パチンコで金銭感覚が鈍くなってしまうと、元の状態に戻ることは決して簡単ではありません。

借金に対する抵抗感が無くなり、金融機関だけでなく闇金などにも手を出してしまうケースがあります。

パチンコで借金をしないための対策

紙幣を持つ人

使用金額を制限する

パチンコ依存症の人は、手元にあるお金を際限なくパチンコに費やす傾向にあります。また、勝った日は通常より多くお金を使えるといったように、金銭管理が甘いケースも多いです。

「毎回のパチンコで使って良い金額は1万円まで」というように、使用金額を制限しあらかじめ予算を決めることで借金をする確率は低くなります。

 さらに、パチンコに行く日も毎週決まった曜日だけ、月に5回までといったように制限をかけることも対策として効果的です。

ただし、いきなり今までパチンコにかけていたお金や時間を制限してしまうと、反動で余計に依存してしまう可能性もゼロではないため要注意です。

最初は無理のない範囲で制限を設け、徐々にパチンコから離れることをおすすめします。

信頼できる人に監視してもらう

虫眼鏡でコインを見る

自分の意思だけでパチンコから抜け出す自信が無い場合、信頼できる人に監視してもらうという方法も効果的でしょう。

 家族や友人にお金の使い方を管理してもらうだけでなく、パチンコへ向かわないよう休日の過ごし方を気にかけてもらうことも実践してみてください。

成功率をアップさせるには、ただパチンコに行くことを我慢するだけでなく「休日の過ごし方を変える」「いつまでに借金を返す」と宣言することも有効です。

趣味を持つ

手を広げる人

パチンコにハマってしまう一つの理由として、暇な時間が多いという点が挙げられます。他に夢中になれるものが無い分、時間やエネルギーをパチンコにつぎ込むパターンは珍しくありません。

そのため、パチンコ以外の趣味を持ち時間やエネルギーをかけることは、パチンコで借金をしないための一つの手段です。

 例えば、スポーツのように身体を動かす趣味であれば、あまりお金をかけずに済む、かつ健康的に楽しめるでしょう。

また、食べることを趣味にすれば、「1万円あればこれだけおいしいものが食べられる」という思考回路になり、パチンコで狂っていた金銭感覚を元に戻す際に役立つかもしれません。

ただし、ゲームやアプリ課金などはパチンコと同じように借金を重ねるリスクがあるためあまりおすすめできません。

パチンコによる借金地獄から抜け出す方法

小銭と紙幣

収入アップを目指して返済に充てる

現在の収入で借金返済が苦しい場合、収入アップを図ることは一つの有効な手段です。収入アップの手段として、主に副業や転職などが挙げられます。

 副業や転職は、現在の収入をアップさせるうえで有効です。パチンコに費やしていた時間を労働時間に充てることで、依存から抜け出すための足がかりにもなります。

また、収入がアップした際は、すぐに借金返済に充てましょう。お金が貯まってから一括返済しようという考えでは、貯金をパチンコ代として使ってしまう可能性はゼロではありません。

家族に立て替えてもらう

お金を渡す

借金をしている、またはパチンコ依存症について家族に打ち明けることは心苦しいかもしれません。しかし、家族に借金を立て替えてもらうことは大きなメリットがあります。

金融機関の借金を放置していると、利息が膨らんでいくばかりでなく、督促や財産没収などの措置を取られる可能性があります。

 その点、家族からの借金であれば利息なしで元金のみを返済すれば良い場合が多いため、金融機関からの借金より返済が楽になるでしょう。

ただし、家族からの借金とはいえ返済額と期日は厳守することが大切です。借金を返さないことで、人間関係が悪化するリスクについても認識しておきましょう。

債務整理をする

債務整理とは、返済が滞り現在の経済状況では解決できないような場合、借金の減額や免除で支払い計画を見直す手段です。

債務整理には、主に任意整理・個人再生・自己破産があり、借金の見直し方やペナルティ、利用するための条件などはそれぞれ異なります。

任意整理

3つの書物

任意整理とは、将来かかる利息などをカットしたうえで元金を3年~5年にかけて返済する計画を立て、毎月の返済額を抑えることを目的とした手続きです。

 減額において有効な手段ですが、金融事故として扱われるためブラックリストに登録されます。一定期間新規借入れが制限されるなどのデメリットもあるため要注意です。

なお、任意整理を利用するには債権者との和解が必要です。債権者にとっては、本来受け取れるはずの利益が少なくなるというデメリットがあるため、手続きを認めないケースも想定されます。

自分だけで債権者と交渉することが難しい場合、弁護士や司法書士に代行してもらうのも一つの手段です。

個人再生

個人再生とは、借金返済が困難な旨を裁判所に申立て、認可を得て返済額を減額してもらう手続きのことです。

返済額が5~10分の1程度にまで減額される可能性がある個人再生は、任意整理よりも負債が大きい場合に利用することが多く、手続きにかかる時間も長い傾向にあります。

裁判所の手続きが必要なぶん工程は複雑ですが、住宅などの高価な財産を維持したまま、借金を大幅に減額することが期待できます。

 そのため、現状の生活レベルを変えずに借金減額を目指したい人におすすめです。

ただ、個人再生もブラックリストに登録される金融事故に該当するため、手続き後10年間程度は新たな借入れやローン契約は難しいでしょう。

自己破産

ペンとノート

任意整理や個人再生が借金減額を目指す手続きである一方、自己破産は借金免除を目的としたものです。

税金などを除く借金がゼロになるという大きなメリットがあるものの、当然良い事ばかりではなくデメリットもあるため注意してください。

 自己破産が成立すると、高い確率で自宅や車のような高価な財産は手元に残せません。原則的に換金できそうな財産は売却され、債権者への返済に充てられるからです。

また、浪費やギャンブルが借金の原因となる場合、必ずしも自己破産が認められるとは限りません

パチンコによる借金の悩み解決に向けてカウンセリングを受診するのも一つの手

メモを取る人

自力でパチンコによる借金を解決できない場合、カウンセリングを受診することも一つの手段です。主な相談先として以下3つが挙げられるためチェックしておきましょう。

主な相談先
  • 多重債務相談窓口
  • 法テラス・サポートダイヤル
  • 一般財団法人ギャンブル依存症予防回復支援センター

多重債務相談窓口

金融庁が運営する相談窓口で、47都道府県に相談先があります。パチンコ依存症や借金に苦しむ本人だけでなく、その家族も相談対象となっています。

金融庁のサイトでは賃金業法の基本やギャンブル依存症対策なども載っているため、一読しておいて損は無いでしょう。

出典:多重債務についての相談窓口-金融庁

法テラス

電話

法テラスは、日常生活で起こるさまざまなトラブルに対し無料で相談できるサービスです。借金問題も対象となっており、電話やメールなどで相談可能です。

どのような債務整理が適切か、借金問題を自力で解決できなくなくなったなどの相談ができるため、お金について悩んでいることはすべて話してみましょう。

出典:法テラス

一般財団法人ギャンブル依存症予防回復支援センター

ギャンブルをやめられず、苦しんでいる人向けのサポートコールが設置されています。サポートコールに連絡すると、臨床心理士などの資格を持つカウンセラーが相談に乗ってくれる窓口です。

 24時間365日受付可能で、料金はかかりません。利用者の約7割は1度の相談で終了し、残りは面談カウンセリングや医療機関紹介などに進みます。

医療機関を紹介された場合でも、3回までの費用は一般財団法人ギャンブル依存症予防回復支援センターが請け負ってくれます。

出典:一般財団法人ギャンブル依存症予防回復支援センター

パチンコによる借金相談は弁護士・司法書士がおすすめ

弁護士の木札

弁護士・司法書士に相談するメリット

パチンコによる借金について、弁護士・司法書士に相談するメリットとして主に以下が挙げられます。

主なメリット
  • 督促や連絡がストップする
  • ベストな解決方法を提案してもらえる
  • 難しい手続きを一任できる
  • 債権者との交渉がスムーズになる

督促や連絡がストップする

紙幣を差し出す人

弁護士や司法書士に依頼し、弁護士・司法書士が代理人として債務整理に着手する旨を伝える受任通知が債権者に届いた時点で、返済催促がストップします。

 債権者は債務者本人へ直接取立てすることはできず、弁護士を通さなければなりません。

借金取立てのストレスから解放されるということは、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

ベストな解決方法を提案してもらえる

弁護士や司法書士は、法的な知識や経験が豊富です。自分の状況と各債務整理のメリット・デメリットを照らし合わせたうえで、ベストな借金解決方法を提案してくれるでしょう。

仮に表面的なメリットだけで債務整理を選んでしまうと、思わぬトラブルや負債を背負うリスクに繋がるかもしれません。

知識が豊富な立場ならではの提案は大変心強いです。

難しい手続きを一任できる

スーツの男性

債務整理を成立させるには、基本的に多くの複雑な法的手続きが必要です。これらの手続きは、知識・経験が乏しければ自分一人で進めるのは決して簡単ではありません。

 このような難しい法的手続きを弁護士・司法書士に依頼すればスムーズに債務整理を進められます。

ただし、弁護士と司法書士では対応できる業務範囲が異なるため注意してください。

債権者との交渉がスムーズになる

弁護士や司法書士に依頼するメリットとして、債権者との交渉を進めやすいという点が挙げられます。

自分だけでは債権者が取り合ってくれない場合でも、弁護士や司法書士を通すと交渉が円滑に進むケースは少なくありません。

トラブル解決においてキーマンとなり得る弁護士・司法書士に介入してもらうメリットは大きいです。

相談先の選び方

パソコンを操作する人

弁護士や司法書士の事務所は多々ありますが、以下のポイントを意識して選びましょう。

選び方のポイント
  • 費用
  • 実績
  • 通いやすさ
  • 口コミや評判

費用は事務所によってさまざまです。安さを売りにしているところもありますが、決して費用だけで選べば良い訳ではありません。事務所が解決したい問題を取り扱っているかが重要です。

 各事務所の公式サイトで実績や得意分野をチェックすることをおすすめします。各事務所の雰囲気や得意分野を知りたい場合、相談料無料サービスの活用も有効です。

また、依頼先の弁護士や司法書士が決まったら、頻繁に事務所へ足を運ぶ必要があるかもしれません。そのため、事務所選びをする際は通いやすさも踏まえて検討しましょう。

そして、借金というデリケートな相談をするため、悩みをしっかり聞いてくれる弁護士や司法書士を選ぶことも大切です。

口コミ・評判にも目を通し、自分に合った事務所を探してみてください。

【パチンコにより困窮している方へ】借金問題に強い弁護士・司法書士事務所おすすめ5選 

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所の特徴
  • 債務整理の事案を数多く手がけた経験と実績
  • 土日祝日も電話対応OK
  • 借金問題の相談料は無料

東京ロータス法律事務所は、債務整理事案を数多く手がけた実績があるので、ノウハウを持っており、ひとりひとりの事情に応じた解決策を提案してくれます

 借金問題の相談料は無料なので、弁護士に依頼するお金がないという場合でも相談可能です。

電話相談には電話代がかからないので、じっくりと納得のいくまで相談できます。

電話相談は土日祝日も対応しているので、平日は仕事で忙しい方も安心です。

相談料

無料
任意整理の費用

着手金・報酬金:22,000円

減額報酬:11%

自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用 着手金・報酬金:330,000円~
過払い金の費用

着手金・報酬金:無料

過払い金報酬:返還額の22%

所在地 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
主な対応業務 債務整理・交通事故・労働問題・債権回収・相続問題・不動産トラブル

出典:http://tokyo-lawtas.com/ ※価格は全て税込です。

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所の特徴
  • わかりやすいコラムで予備知識を得られる
  • 25年以上の実績のある弁護士が運営
  • 女性の弁護士が在籍している

ひばり法律事務所は、2020年7月に個人事務所「名村弁護士事務所」から弁護士法人事務所「ひばり法律事務所」に組織変更した法律事務所です。

 25年以上の経験と実績のある弁護士が所属しており、さまざまなケースに適切な対応が可能です。

「ご相談者様の立場に立って、親身になって業務をすること」を基本理念として掲げており、一人ひとりに合った解決策を提案してくれます。

女性の弁護士も在籍しているため、女性に相談したい人にもおすすめです。

相談料 無料
任意整理の費用 着手金・報酬金:22,000円
自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用

着手金:330,000円~

報酬金:220,000円~

過払い金の費用

着手金:0円

報酬金:0円~

成功報酬:回収金の22%(訴訟は27.5%)+実費

所在地 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
主な対応業務 借金問題・サイト被害・離婚・相続

出典:https://www.hibari-law.net/ ※価格は全て税込です。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 相談料・着手金が無料
  • 何回でも無料で相談ができる!
  • 全国どこでも無料で出張
  • 20万件以上の相談実績

はたの法務事務所は、司法書士の事務所です。全国の指定した場所に無料出張してくれるので、家事や育児の合間に相談も可能です。

 相談料や着手金が無料で、相談は何回でも無料です。さらに費用の分割払いや過払い金を無料で調べるサービスも行っています。

これまで20万件以上に対応した実績と経験があり、満足度も95.2%※1と高水準です。土日祝日も電話相談が可能なので、平日は忙しくて時間が取れないという人にもおすすめです。


費用の分割払いもできるので、手持ちのお金がないという場合にも安心です。

※1公式サイトより

相談料・着手金 無料
任意整理の費用

基本報酬:20,000円〜

減額報酬:減額できた金額の10%

自己破産の費用 報酬:30万円~(少額管財事件は+20万円~)
個人再生の費用 報酬:35万円~(再生委員に支払う費用+20万円~)
過払い金の費用

基本報酬:無料

過払い報酬:取り戻した過払い金額の20%。※10万円以下の場合は12.8%(+1万円の計算費用)

所在地(東京本店) 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階
主な対応業務 債務整理・過払金請求・登記業務

出典:https://hikari-hatano.com/ ※価格は全て税込です。

弁護士法人・響

弁護士法人・響

弁護士法人・響の特徴
  • 多くの弁護士が在籍
  • 進捗状況をこまめに連絡
  • 依頼前にかかる費用を明示

弁護士法人・響は、お客様に寄り添った解決を第一の目標としている法律事務所です。納得いくまでわかりやすく方針を説明してくれるだけでなく、進捗状況もこまめに連絡してくれます。

 24時間365日相談受付しており、全国にも対応しているので、近くに任せられる法律事務所がない場合にもおすすめです。

多くの弁護士が在籍しており、担当弁護士だけでなくチーム全体で取り組んでくれるので、問題解決力も高いです。

依頼前に費用をきちんと明示してくれるので、説明されていない追加料金が発生する不安がないのも魅力です。
相談料 無料
任意整理の費用

着手金:55,000円〜

報酬金:11,000円〜

減額報酬金:減額分の11%

自己破産の費用

着手金:33万円〜

報酬金:22万円〜

個人再生の費用

着手金:33万円〜

報酬金:33万円〜※住宅なし:22万円〜

過払い金の費用

着手金:無料

解決報酬金:22,000円

過払報酬金:返還額の22%(訴訟:27.5%)

所在地(西新宿オフィス) 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚

出典:https://hibiki-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所の特徴
  • 専門チームでの迅速な対応
  • 諦めずに戦い続ける姿勢
  • 債務整理専用サイトで借金減額診断が可能

天音総合法律事務所は、依頼者が本当に求める最高の成果にこだわり、利用者の声に耳を傾けてくれる法律事務所です。

 早期解決を目指し、各案件には専門チームで迅速に対応してくれます。

公式サイトで借金が減額できるかどうかを無料で診断できるので、相談すべきか迷ったらまずは無料診断を試してみてはいかがでしょうか。

24時間365日、全国エリアの相談を受け付けているのも魅力的ですね。
相談料 無料
任意整理の着手金・報酬金

着手金:55,000円~

和解報酬:11,000円~

減額報酬:減額分の11%

過払い報酬:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

自己破産の着手金 605,000円~
個人再生の着手金 715,000円~※住宅ローンなし:605,000円~
過払い金の成功報酬

着手金:無料

報酬金:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

所在地 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14 堀留THビル10階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚・労働紛争

出典:https://amane-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

まとめ

この記事では、パチンコによる借金が危険な理由や解決策について解説し、借金問題に悩んでいる人向けに相談先も紹介しました。

パチンコが借金に繋がる理由としては、「金銭感覚がぶれてしまっている」、「負けた分を取り返そうとしてしまう」などが挙げられます。

ギャンブルに起因する借金を重ねることにより生活に支障をきたす恐れがあるため、使用金額を制限することや、信頼できる人に監視してもらうなどの対策を講じてください。

借金問題に悩んでいる場合は、相談窓口に問い合わせてみる、弁護士・司法書士に依頼するといった方法がおすすめです。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事