自己破産するとクレジットカードは使えない?作るコツも詳しく解説

自己破産をすると、さまざまな支障をきたします。救済措置とはいえ、その代償には大きいものもあります。

なかでもキャッシュレス化に伴い、クレジットカードへの影響を気にする人は多いです。

そこで今回は、自己破産後にクレジットカードは何年で作れるか、そして自己破産をした人がクレジットカードを作るコツなどを解説します。

この記事でわかること
  • 自己破産によるクレジットカードへの影響
  • 自己破産をした人がクレジットカードを作るコツ
  • 自己破産をしてクレジットカードを作れない人の対策

自己破産の相談は弁護士がおすすめな理由についても触れていくため、あわせてチェックしておきましょう。

自己破産をするとクレジットカードはどうなる?2つの影響を解説

クレジットカードを持つ女性

クレジットヒストリーがなくなる

自己破産をすると、クレジットヒストリーがなくなります。クレジットヒストリーとは利用履歴のことで、個人信用情報機関に登録されているものです。

 利用履歴がないということは信用できる人物であるかを知るための材料がないため、審査において通過しにくくなる傾向にあります。

また、クレジットヒストリーがないことは、過去に何かしらの金融事故を起こした影響を懸念されやすいです。

金融事故を疑われると、カード審査に落ちやすくなってしまいます。

借り入れができなくなる場合がある

借り入れをする人

自己破産をすると抱えている借金の返済義務が免除される代わりに、利用していたクレジットカード会社からの借り入れは難しくなるでしょう。

カード会社は自己破産をした履歴がある人に対し、返済してくれない可能性を懸念するため借り入れを利用させない可能性が極めて高いのです。

 借り入れを利用してもらうことは金融機関にとって重要なビジネスですが、また自己破産するかもしれないという警戒心から利用を拒否する傾向にあります。

利用していたクレジットカード会社、ならびにそのグループ会社から借り入れを利用することは難しいと考えておきましょう。

いざという時に借り入れができなければ、人生のなかで困ってしまうシーンは少なくありません。

自己破産後、何年経てばクレジットカードを作れる?

クレジットカードを持つ人

自己破産をすると、個人信用情報機関に事故情報が登録されます。そのため、登録された情報が消えるまでは新たにクレジットカードを作ることは極めて難しいです。

 事故情報が削除されるまでの期間は、約5年~10年となります。つまり、最長で10年程はクレジットカードを作れない場合があると認識しておきましょう。

なお、事故情報の登録期間は個人信用情報機関により異なります。以下、各個人信用情報機関での登録期間です。

CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)(※1) 契約期間中および契約終了後5年以内
JICC(株式会社日本信用情報機関)(※2)

・契約日が2019年9月30日以前:当該事実の発生日から5年を超えない期間(ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)

・契約日が2019年10月1日以降:契約継続中及び契約終了後5年以内(ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年以内)

KSC(一般社団法人全国銀行協会)(※3) 破産手続開始決定等を受けた日から10年を超えない期間

登録情報の開示を各機関で受け付けているため、自身がいつまで登録されているかを知るためには、一度問い合わせる必要があります。

※1:CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)公式
※2:JICC(株式会社日本信用情報機関)公式
※3:KSC(一般社団法人全国銀行協会)公式

自己破産をする場合クレジットカードの支払いが終わっていないとどうなる?

クレジットカード決済をする人

自己破産をするとクレジットカードを一定期間作れない・使えません。では、支払いが終わっていない商品があるにも関わらず、自己破産の手続きをするとどうなるのでしょうか。

 これについては「所有権留保」といい、代金の支払いがきちんと完了するまで商品の所有権は信販会社にあるとされることが一般的です。

考え方は非常にシンプルで、要は支払いが終わっていないものは購入を希望した本人の所有物となりません。自己破産をすると、支払い未了の商品は信販会社により処分される場合があります。

自己破産をした人がクレジットカードを作るコツ

パソコンとクレジットカード

コツ①迷惑をかけたクレジットカード会社は避ける

新たにクレジットカードを作るにあたって、自己破産の申し立てをした際に使用していたクレジットカード会社は避けることをおすすめします。

 自己破産をしたい際の情報が、カード会社の社内情報として残っている可能性はゼロではありません。そのため、過去の履歴から利用を断られる場合があります。

過去に自己破産をした履歴がある人は、カード会社にとってリスクがある人物との認識を持っている可能性は否めません。

つまり、審査の段階で同じことを繰り返されないよう、利用を断るケースも十分に考えられるのです。

利用していた先と違う会社へ申し込みをしても審査に通過できるとは限りませんが、実践できる対策となります。

コツ②信用情報がクリアになっているか確認する

クレジットカードを持つ人

個人信用情報機関に事故情報が登録されている期間は、クレジットカードの申し込みは極めて難しいです。そのため、事故情報がクリアになっているかを確認しなければいけません。

事故情報を確認するには、各信用情報機関に対して情報開示を依頼する必要があります。情報開示の方法について見ていきましょう。

CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)

情報開示は、インターネット・郵送・窓口にて受け付けています。インターネットあるいは窓口の場合は即日回答を実施しているため、早く知りたい人にはおすすめです。

手続きの流れ
  1. 利用環境でインターネット開示が可能か確認
  2. クレジット契約で利用した電話番号から指定番号に連絡して受付番号を取得
  3. お客様情報を入力
  4. パスワード入力で開示報告書を確認可能

インターネットの場合は自宅からでも簡単に手続きでき、土日祝日でも受け付けているため平日は忙しい人でも利用しやすくなっています。受付時間は8:00~21:45の時間帯です。

情報開示をするにあたって、利用手数料として1,000円(税込)かかります。

JICC(株式会社日本信用情報機関)

クレジットカード

信用情報の開示は、窓口・スマートフォン・郵送での手続きを実施しています。なかでも、自宅からでも開示請求ができるスマートフォンでの手続きがおすすめです。

手続きの流れ
  1. アプリをダウンロード
  2. 利用規約を確認してメールを送信しJICCから届いたパスワードを入力
  3. 申し込み内容を入力
  4. 本人確認書類・自撮り写真を撮影し送信
  5. 手数料の支払い方法を選択
  6. 申し込み内容の確認・開示結果の郵送

本人確認書類については運転免許証または運転経歴証明書・パスポート・マイナンバーカード・住民票などが有効になります。2点用意する必要があるため、事前に確認しておきましょう。

KSC(一般社団法人全国銀行協会)

クレジットカードを手渡す人

情報開示は、センターによる郵送申し込みのみ受け付けています。登録開示の申し込みには、以下本人確認書類が必要です。

必要書類等
  • 開示請求申込書
  • 手数料
  • 本人確認資料(2種類)

なお、本人開示手続き利用権については、セブンイレブン・ローソン・ミニストップ・ファミリーマートなどのコンビニで購入できます。

コツ③分類違いのクレジットカードを選ぶ

クレジットカードには、銀行系・消費者金融系・流通系・信販系・交通系などいくつか分類があります。

自己破産をしてから再申し込みをする際は、今まで利用していたものとは分類が違うカードを申し込みましょう。

 カード会社だけでなく、分類によっても審査基準は異なる場合があります。銀行系の審査に落ちてしまっても消費者金融系では通過できる場合があるのです。

主なカードとしては、銀行系では三井住友カードやMUFGカードなどが挙げられます。信販系はオリコカードやジャックスカードです。

流通系はイオンカードや楽天カードなどが挙げられ、主婦でも申し込み可能などから所持しやすい種類と予想できます。

コツ④複数への申し込みは期間を空ける

クレジットカード

申し込みをするにあたって、複数社への同時申し込みや連続しての申し込みは避けた方が無難です。

 仮に審査に落ちてしまった場合、その履歴は一定期間残ると言われているため、再審査においてマイナスの影響を与えかねません。

申し込み情報について約6ヶ月は残るとされているため、次の申し込みまで半年は空けることをおすすめします。

また、複数枚への申し込みをすると「申し込みブラック」という状態になり、お金に困っている人という印象を与えかねません。

その結果、いわゆる貸し倒れをカード会社は懸念し、審査落ちとなる可能性が高くなるため注意しましょう。

審査に通過したい気持ちはわかりますが、一枚ずつ確実に申し込むようにしてください。

コツ⑤利用履歴を作る

クレジットカードを持つ人

クレジットヒストリーという、いわゆる利用履歴を作ることも審査通過において重要です。利用履歴がなければ、審査において信用できる人物であるかを計る基準がありません。

 利用履歴がない場合は、過去に金融事故を起こしていると疑われても仕方ないのです。

利用履歴がなければ審査においてしまうとは言い切れませんが、何かしらを利用した情報がある方が好ましいと言えます。

そのため、携帯電話の分割払いでも良いので、支払いを滞りなく実施しているという証拠となるものを残しましょう。

自己破産をしてクレジットカードが作れない人の対策

財布とクレジットカード

自己破産をすることで、クレジットカードの審査においてしまう可能性は極めて高くなります。そのため、キャッシュレス対策をしたい人はデビットカードやプリペイドカードがおすすめです。

 デビットカードは、支払いの度に預金口座から直接即時決済をするもので、プリペイドカードは事前にカードにお金を入れて使うため貸し倒れのリスクがありません。

これらの使い方から、信用情報をチェックするための審査が必要ないことから、自己破産をしても所持できる種類と言えます。

また、クレジットカードの家族カードについては本会員の信用情報をもとに審査が実施されるため、自己破産をした人でも作成可能です。

自己破産にはリスクがある?

財布

さまざまなローン審査通過が難しくなる

自己破産は金融事故に該当するため、手続きをすることで社会的な信用を著しく欠いてしまいます。つまり、マイカーローンや住宅ローンなどお金に関するサービスの利用が難しくなります。

 自己破産をすると個人信用情報機関に事故情報として登録され、いわゆるブラックリストに載った状態となるのです。

ブラックリストに載ると大きな買い物をする際のローン審査に通過することは厳しいため、人生において支障をきたします。

保証人になれない

家族や知人などの保証人になれないことも、自己破産をするリスクです。保証人になる機会は人生においてそう多くはないかもしれません。

しかし、仮に家族から保証人を頼まれた場合に対応できなければ、物事をスムーズに進められない可能性があります。

自己破産した人でも作れるクレジットカードとは?

自己破産後でもすぐに利用できるクレジットカードや、機能面では同様につかえる類似サービスというのもあります。

旅行先のホテルの予約や公共料金の支払い、ネットショップの利用など、生活にカード決済を必要とするケースは少なくありません。

とくに自己破産したばかりでクレジットカードが申し込めないという人は、以下にご紹介する手段を利用してみてはいかがでしょうか。

自己破産後でも作成できるクレジットカード
  • 家族カード
  • デビットカード
  • バーチャルカード

それでは、自己破産後に作成できるクレジットカードを紹介します。

家族カードなら利用可能

自己破産後でもすぐ利用できるクレジットカードとして家族カードという手段があります。

信用情報に問題のない配偶者などのクレジットカードの作成には、自分の自己破産の履歴が影響することはありません。

新たなカードに申し込まなくとも、ご家族がすでに持っているクレジットカードがあれば、それに家族カードを追加してもらうという手もあります。

 家族カードでも一般的なクレジットカードと機能は変わりませんので、使い勝手に関しては不便を感じることはないでしょう。

ただし、本カードを持つご家族が代表して支払いをおこなうため、利用についての約束や取り決めを先に相談して決めておくことをおすすめします。

使い方は同じデビットカード

銀行口座をお持ちならば無収入でも持てるデビットカードは、クレジットカードの使いすぎが不安な人にも強くおすすめします。

デビットカードは国際ブランドも備わる決済カードですが、クレジットとの大きな違いは即時の口座引き落としとなることです。

このため、カード会社による立て替えリスクがなく、ほとんどの場合は申し込みから発行までの過程に審査がありません。

預金残高の範囲であればクレジットカードと同じように利用でき、さらに発行元や年会費によっては魅力的な付帯サービスも備わります。

使いすぎの心配と面倒な審査がないデビットカードは、クレジットカードの「現金を持ち歩かなくてよい」利便性を求める人に最適です。

バーチャルカードという手段も

今はVISA系のバンドルカードやkyash、MasterCard系ではメルペイなど、便利な後払いシステムという手段もあります。

利用できる枠は少額ですがスマホからすぐに申込でき、ネットショップ決済はもちろんのこと多くの実店舗でも利用可能です。

プリペイド方式のサービスなら、まとまった金額の支払いが必要なときも、あらかじめ必要額を入金しておくことで対応できます。

 ただし、さらに便利なリアルカードの申し込みや利用額の増枠に対しては、各社の独自審査がおこなわれることもある点に注意しましょう。

毎月の必要額は少なめで自己破産による審査の不安がある人ならば、スマホで利用する手軽なバーチャルカードがよいかもしれません。

自己破産した人がクレジットカードを作る注意点

過去に自己破産した人が新たにクレジットカードを作成する際は、以下のポイントに注意しましょう。

破産者がクレジットカードを作成する際の注意点
  1. 本当に作成すべきか考える
  2. 利用限度額は最低限で申し込む
  3. キャッシング枠は利用しない

それぞれについて、詳しくみていきましょう。

本当に作成すべきが考える

「本当にクレジットカードを作成すべきか?」ということについて、現状と照らし合わせてよく考えてみましょう。

とくにクレジットカードの利用が大きな原因で自己破産した人は、再びカード枠の使用状況を自分で管理しきれなくなる恐れもあります。

 不安だけれど、どうしてもカード決済の必要がある方なら、後述するデビットカードなら自己資金の範囲で収まるため安心です。

新たなクレジットカードを作成するまえに、もう一度「本当に必要なのか?」を、よく考えてみましょう。

利用限度額は最低額で申し込む

利用限度額やカードクラスの高さは、審査通過の難しさに直結していきます。新たなクレジットカードを申し込むときには審査の通過を最優先に考え、利用限度額は最低額で申し込むようにしておきましょう。

余裕や見栄えを求めて収入に見合わない枠やクラスでの申し込みをすることは、審査に落ちる可能性を自分から高めていることになります。

申し込み先の選び方としても、AMEX・楽天・イオンなど、ほかに比べて審査が甘いといわれるカード会社を検討してみてください。

属性により異なるため必ずではないですが、審査の甘さが噂される会社を選んで申し込むのも、ひとつのテクニックといえるでしょう。

キャッシング枠は利用しない

クレジットカードを申し込むとき、より審査通過の可能性をあげたいなら「キャッシングは利用しない」を選択すべきでしょう。

 キャッシングを利用する前提になると、金銭の貸付が可能かどうかという基準も加わり、審査の目線が通常よりもさらに厳しくなります。

申し込みの際にキャッシング枠は作らないようにしておき、クレジットカード審査の通過にできるだけ有利な状況を作っておきましょう。

自己破産は弁護士への相談がおすすめ

ネクタイを締める人

自己破産の手続きをするにあたって、自分で進めることは困難です。そのため、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

弁護士・司法書士に相談するメリット
  • 代理人としてスムーズに手続きを進めてくれる
  • 適切なアドバイスをしてくれる
  • 相談に関しては無料で受けてくれる場合が多い

弁護士の場合は、自己破産をする本人に代わって代理人として手続きを進められます。そのため、専門的な知識を有している弁護士へ依頼することで、安心して任せられるのです。

 手続きは知識の乏しい人では難しいため、きちんと適切なアドバイスをしてくれる点も、依頼するメリットと言えます。

また、債務整理等の問題に関する相談は無料で受け付けている法律事務所・法務事務所は少なくありません。電話でも相談可能なため、来所が難しい人でも気軽に相談できます。

自己破産の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所5選

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所の特徴
  • 債務整理の事案を数多く手がけた経験と実績
  • 土日祝日も電話対応OK
  • 借金問題の相談料は無料

東京ロータス法律事務所は、債務整理事案を数多く手がけた実績があるので、ノウハウを持っており、ひとりひとりの事情に応じた解決策を提案してくれます

 借金問題の相談料は無料なので、弁護士に依頼するお金がないという場合でも相談可能です。

電話相談には電話代がかからないので、じっくりと納得のいくまで相談できます。

電話相談は土日祝日も対応しているので、平日は仕事で忙しい方も安心です。

相談料

無料
任意整理の費用

着手金・報酬金:22,000円

減額報酬:11%

自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用 着手金・報酬金:330,000円~
過払い金の費用

着手金・報酬金:無料

過払い金報酬:返還額の22%

所在地 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
主な対応業務 債務整理・交通事故・労働問題・債権回収・相続問題・不動産トラブル

出典:http://tokyo-lawtas.com/ ※価格は全て税込です。

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所の特徴
  • わかりやすいコラムで予備知識を得られる
  • 25年以上の実績のある弁護士が運営
  • 女性の弁護士が在籍している

ひばり法律事務所は、2020年7月に個人事務所「名村弁護士事務所」から弁護士法人事務所「ひばり法律事務所」に組織変更した法律事務所です。

 25年以上の経験と実績のある弁護士が所属しており、さまざまなケースに適切な対応が可能です。

「ご相談者様の立場に立って、親身になって業務をすること」を基本理念として掲げており、一人ひとりに合った解決策を提案してくれます。

女性の弁護士も在籍しているため、女性に相談したい人にもおすすめです。
相談料 無料
任意整理の費用 着手金・報酬金:22,000円
自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用

着手金:330,000円~

報酬金:220,000円~

過払い金の費用

着手金:0円

報酬金:0円~

成功報酬:回収金の22%(訴訟は27.5%)+実費

所在地 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
主な対応業務 借金問題・サイト被害・離婚・相続

出典:https://www.hibari-law.net/ ※価格は全て税込です。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 相談料・着手金が無料
  • 何回でも無料で相談ができる!
  • 全国どこでも無料で出張
  • 20万件以上の相談実績

はたの法務事務所は、司法書士の事務所です。全国の指定した場所に無料出張してくれるので、家事や育児の合間に相談も可能です。

 相談料や着手金が無料で、相談は何回でも無料です。さらに費用の分割払いや過払い金を無料で調べるサービスも行っています。

これまで20万件以上に対応した実績と経験があり、満足度も95.2%※1と高水準です。土日祝日も電話相談が可能なので、平日は忙しくて時間が取れないという人にもおすすめです。

費用の分割払いもできるので、手持ちのお金がないという場合にも安心です。

※1公式サイトより

相談料・着手金 無料
任意整理の費用

基本報酬:20,000円〜

減額報酬:減額できた金額の10%

自己破産の費用 報酬:30万円~(少額管財事件は+20万円~)
個人再生の費用 報酬:35万円~(再生委員に支払う費用+20万円~)
過払い金の費用

基本報酬:無料

過払い報酬:取り戻した過払い金額の20%。※10万円以下の場合は12.8%(+1万円の計算費用)

所在地(東京本店) 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階
主な対応業務 債務整理・過払金請求・登記業務

出典:https://hikari-hatano.com/ ※価格は全て税込です。

弁護士法人・響

弁護士法人・響

弁護士法人・響の特徴
  • 多くの弁護士が在籍
  • 進捗状況をこまめに連絡
  • 依頼前にかかる費用を明示

弁護士法人・響は、お客様に寄り添った解決を第一の目標としている法律事務所です。納得いくまでわかりやすく方針を説明してくれるだけでなく、進捗状況もこまめに連絡してくれます。

 24時間365日相談受付しており、全国にも対応しているので、近くに任せられる法律事務所がない場合にもおすすめです。

多くの弁護士が在籍しており、担当弁護士だけでなくチーム全体で取り組んでくれるので、問題解決力も高いです。

依頼前に費用をきちんと明示してくれるので、説明されていない追加料金が発生する不安がないのも魅力です。
相談料 無料
任意整理の費用

着手金:55,000円〜

報酬金:11,000円〜

減額報酬金:減額分の11%

自己破産の費用

着手金:33万円〜

報酬金:22万円〜

個人再生の費用

着手金:33万円〜

報酬金:33万円〜※住宅なし:22万円〜

過払い金の費用

着手金:無料

解決報酬金:22,000円

過払報酬金:返還額の22%(訴訟:27.5%)

所在地(西新宿オフィス) 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚

出典:https://hibiki-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所の特徴
  • 専門チームでの迅速な対応
  • 諦めずに戦い続ける姿勢
  • 債務整理専用サイトで借金減額診断が可能

天音総合法律事務所は、依頼者が本当に求める最高の成果にこだわり、利用者の声に耳を傾けてくれる法律事務所です。

 早期解決を目指し、各案件には専門チームで迅速に対応してくれます。

公式サイトで借金が減額できるかどうかを無料で診断できるので、相談すべきか迷ったらまずは無料診断を試してみてはいかがでしょうか。

24時間365日、全国エリアの相談を受け付けているのも魅力的ですね。
相談料 無料
任意整理の着手金・報酬金

着手金:55,000円~

和解報酬:11,000円~

減額報酬:減額分の11%

過払い報酬:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

自己破産の着手金 605,000円~
個人再生の着手金 715,000円~※住宅ローンなし:605,000円~
過払い金の成功報酬

着手金:無料

報酬金:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

所在地 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14 堀留THビル10階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚・労働紛争

出典:https://amane-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

よくある質問

自己破産の相談におすすめな法律事務所・法務事務所は?
東京ロータス法律事務所、はたの法務事務所、ひばり法律事務所、弁護士法人・響、天音総合法律事務所などです。依頼実績も豊富なため、蓄積されたノウハウを活かして問題解決へ向け徹底したサポートを実施してくれます。費用等に関しては各事務所で異なるため、事前にリサーチしておきましょう。
自己破産をするとクレジットカードに及ぶ2つの影響は?
クレジットヒストリーと言い、利用履歴がなくなります。利用履歴がなくなると審査で信用できる人物か知る材料がないため、不利に働きかねないのです。また、利用していたクレジットカード会社からの借り入れは難しくなります。ならびに、グループ会社の利用も厳しい可能性が高いです。
自己破産後にクレジットカードは何年経てば作れる?
自己破産をすると、個人信用情報機関に事故情報が登録され、消えるまでの期間は5年~10年となります。各個人信用情報機関で期間は異なり、CICでは5年以内(※1)・JICCでは5年を超えない期間あるいは5年以内(※2)・KSCでは10年を超えない期間(※3)と定められているのです。
自己破産をする場合クレジットカードで買った物の支払いが終わっていないとどうなる?
所有権留保といい、代金の支払いが完了するまで商品の所有権は信販会社にあるとされることが一般的です。支払いが終わっていないものは、購入を希望した本人の所有物ではないということになります。
自己破産をした人がクレジットカードを作るコツは?
自己破産の申し立てをした際に使用していたクレジットカード会社は避ける、信用情報がクリアになっているか確認する、分類違いのクレジットカードを選ぶ、複数への申し込みは期間を空ける、利用履歴を作るなどです。審査においてマイナス評価とならない要素がいかに揃っているかが重要になります。
自己破産をしてクレジットカードが作れない人の対策は?
デビットカードやプリペイドカードは、自分の口座にあるお金や事前にカードへ入金をしたうえで使用するものです。そのため、信用情報をチェックする審査が不要となります。また、家族カードの申し込みも審査対象は本会員となるため、事故情報の影響は受けません。
人生における自己破産によるリスクは?
事故情報として登録されるため、いわばブラックリストになります。つまり、社会的信用を著しく欠いているため、さまざまなローン審査通過が難しくなるでしょう。また、保証人になれないという点もリスクとして挙げられます。

まとめ

この記事では、自己破産後にクレジットカードは何年で作れるか、そして自己破産をした人がクレジットカードを作るコツなども解説しました。

自己破産の手続きをすると5年~10年は新たにカードを作れないため、人生において支障をきたすことになりかねません。

クレジットカードを作る際、事故情報が消えているか情報開示をして確認する、複数への申し込みは避けるなどを意識してみてください。

自己破産問題の相談は、弁護士や司法書士などに問い合わせることをおすすめします。

記事内では無料相談を実施している弁護士・司法書士事務所を紹介したため、借金問題に悩んでいる人はぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事