リボ払いの借り換えとは?カードローンとの違いやメリット・デメリットを解説

クレジットカードのリボ払いは、毎月の返済額が一定のため、一括で購入するのが難しい買い物に便利な支払方法です。

しかし、複数のリボ払いを利用するとお金の管理が複雑になり、月々の返済額が増加し、負担が大きくなる恐れもあります。

そこで、リボ払いの負担を軽減する方法のひとつが、カードローンへの借り換えです。

カードローンへの借り換えとは、新たなにカードローンを契約して、その借りたお金で現在利用しているリボ払いを返済する方法です。

この記事では、リボ払いとカードローンとの違いや利用するメリット・デメリットを解説します。

この記事でわかること
  • リボ払いとカードローンの違い
  • リボ払いの借り換えをするメリット・デメリット
  • 借り換えする際の注意点

リボ払いの返済でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードのリボ払いとカードローンの違いとは?

クレジットカードのリボ払いとカードローンは、どちらも同じ仕組みの返済方法で、支払残高がなくなるまで、毎月一定額を返済します。クレジットカードはカード加盟店でのみ使用が可能です。

 リボ払いは、クレジットカードによる支払方法のひとつで、毎月の支払額を一定額に固定し、金利とともに返済する方法です。

一方、カードローンはローンカードを使用し、ATMから現金を引き出せます。

銀行などから直接お金を借り入れするため、カードでのショッピングはできませんが、加盟店でなくても引き出した現金の使用は可能です。

クレジットカードのリボ払いはカードローンでの借り換えも可能

リボ払いを利用して、月々の返済に困った場合は、カードローンを利用した借り換えによって月々の返済による負担を軽減できます。

 クレジットカードの返済方法のうちのひとつであるリボ払いは、月々の返済額が一定額になるため、返済計画や収支管理が立てやすい点が特徴です。

しかし、返済額が一定であるため返済期間が長くなりやすく、返済中に別の買い物でリボ払いをおこなうと、利用残高が増える場合があります。

リボ払いを利用して、月々の返済に困った場合は、カードローンを利用した借り換えも負担を解決する手段のひとつです。

リボ払いからカードローンへ借り換えの3つのメリット

カードローンでの借り換えでは、カードローンで借り入れたお金でクレジットカードによるリボ払いを一括で返済し、その後カードローン会社に月々の返済をおこないます。

カードローン会社への返済方式もリボ払いと同じため、クレジットカード会社にリボ払いするのと変わらないと感じる方もいるでしょう。

しかし、リボ払いからカードローンに借り換えする場合は以下のようなメリットがあります。

リボ払いからカードローンへの借り換えするメリット
  1. 返済総額の減少
  2. 管理の手間を省ける
  3. クレジットカードの借入限度額の解消

では、3つのメリットを紹介します。

メリット1.返済総額の減少

カードローンへの借り換えによって、返済総額を抑えられる可能性があります。リボ払いの返済には、商品代金以外に各クレジットカード会社が定めた金利の支払いが必要です。

 カードローンでも利息が発生しますが、現在使用しているリボ払いの金利よりも低い金利のカードローンに借り換えすると、返済総額を減らせます。

たとえば、銀行や信用金庫のカードローンでは、リボ払いの金利よりも3~4%以上低くすることも可能です。

リボ払いの金利は15~18%に対して、銀行や信用金庫が提供するカードローンの金利は2~14%ほどです。

リボ払いもカードローンも、返済が必要な点では同じですが、返済総額を減らすことで、返済までの期間や負担を軽減できます。

メリット2.管理の手間を省ける

自己破産をしてクレジットカードを作りたい人

リボ払いを複数利用している場合、借り換えて一本化することで、お金の管理が楽になります。なぜなら、リボ払いを複数社利用した場合、返済期日や利用口座が異なることがあるためです。

よって、管理がしづらく、返済額や残高の把握が難しくなり、返済だけでなく確認さえも負担となります。

 リボ払いを借り換えて一本化すると、月々の返済額や残高を把握する手間や、口座へ資金を準備する手間を省けるでしょう。

メリット3.クレジットカードの借入限度額の解消

リボ払いはクレジットカードのショッピング枠を使用するため、借入限度額に達するまで利用し続けると、ネット上の決済ができなくなる場合があります。

しかし、カードローンに借り換えると、ショッピング枠が復活するため、クレジットカードで利用できる金額の増加が可能です。

リボ払いからカードローンへ借り換えするデメリット

リボ払いからカードローンへの借り換えは、多くのメリットがある反面、デメリットも存在します。リボ払いからカードローンへ借り換えするデメリットは主に以下の2つです。

リボ払いからカードローンへの借り換えするデメリット
  • 金利が上がる可能性がある
  • 返済総額が増える可能性がある

カードローンなどの金利は、利用限度額によって異なります。利用限度額は審査を通して決定するため、利用限度額が低く設定してあれば、リボ払いよりも金利が高くなる可能性があるでしょう。

 また、借入残高に応じて設定される月々の返済額が下がれば負担が軽減できますが、完済までの期間が長くなる可能性があります。

これは、月々の返済額に占める元金の割合が下がった場合も同様です。

仮に利息が下がっても、返済期間が延びることで利息総額が上がり、結果的に返済総額が増える場合もある点が借り換えの大きなデメリットです。

リボ払いからカードローンへの借り換えが効果的な場合

リボ払いをカードローンに借り換えると、さまざまなメリットを得られます。リボ払いからカードローンへの借り換えが効果的な場合は以下の2つです。

借り換えが効果的な場合
  • リボ払い手数料が18%以上の場合
  • 借り入れ先が複数で合計額が100万円以上の場合

次は、カードローンに借り換える方が有効な場合と、リボ払いの借り換えをしない方がいい場合を見てみましょう。

リボ払い手数料が18%以上の場合

リボ払い手数料が18%ほどある場合は、カードローンの金利の方が低い場合が多いため、借り換えることをおすすめします。

 たとえば、リボ払いで18%の手数料を支払っている場合、金利が4%のカードローンに借り換えすると、4%の金利分を返済総額から減らすことが可能です。

50万円の商品をリボ払い(18%)とカードローン(14%)で購入し、月々1万円を返済する場合は以下のようになります。

50万円を使用した返済のシミュレーション
  • リボ払い(18%)=返済回数94回、返済総額93万1021円
  • カードローン(14%)=返済回数76回、返済総額75万4720円

金利の差は4%でも、返済総額は17万円以上も異なります。

借り入れ先が複数で合計額が100万円以上の場合

借り入れ合計額が高額の場合、リボ払いよりカードローンの方が金利を低くできる場合があります。

 借入額が100万円の場合、銀行のカードローンは比較的利用しやすく、銀行のカードローンに適用される金利(12~15%)は、リボ払いに適用される金利より低くなる場合がほとんどです。

100万円の借り入れがあり、リボ払い(金利18%)で、5,000円を2社、1万円を1社と合計3社に2万円返済する場合、リボ払いを借り換え一本化し金利12%のカードローンで返済する場合は以下のようになります。

100万円をリボ払いで返済するシミュレーション(18%)
  • 1社目:5,000円、94回、合計46万5468円
  • 2社目=5,000円、94回、合計46万5468円
  • 3社目=1万円、94回、合計93万1021円
  • 返済合計:186万2137円

一方、カードローン(12%)に借り換えて一本化すると

  • 1社:2万円、70回
  • 返済総額:139万3187円

上記のように、返済総額が約47万円も異なり、カードローンへ借り換えした方が返済総額が減ります。返済回数も24回減少し、借り換え後の完済は2年の短縮が可能です。

お金の管理も、リボ払いでは3社に分散していましたが、カードローンへ借り換えし一本化することで手間がかかりません。

借り入れ先が複数あり、合計額が100万円以上の場合、借り換えは非常に有効な手段といえます。

リボ払いの借り換えをしない方がいい場合とは?

一方、リボ払いの借り換えをしない方が良い場合も存在します。一般的に借り換えない方が良い場合は以下です。

借り換えが意味ない場合
  • 借り換え後の方が金利が高い
  • 複数のリボ払いを一本化できない
  • 借り換え後に支払う月々の返済額がリボ払いより少ない

借り換え後の方が金利が高いと、返済総額は少なくなりません。借り換えしても、リボ払いを一本化できなければ、お金を管理する手間が発生します。

また、借り換え後の返済額が少なくなると、残高が減るスピードが遅くなり、返済期間が長くなってしまう場合もあるでしょう。

リボ払いの借り換えは、返済総額を減らしたり、お金を管理する手間を省ける反面、場合によっては効果を得られない可能性もあります。

リボ払いの借り換えをしても、必ず効果を得られるわけではないため注意しましょう。

リボ払いのカードローン借り換え時の注意点3つ

リボ払いの借り換えで失敗しないために、以下の3つを理解しておきましょう。

リボ払いを借り換える注意点
  • 借り換えできない場合がある
  • 完済までの期間が長くなる
  • 返済額が減らない場合がある

借り換える前に、上記のポイントに注意してカードローンを検討してみてください。

注意点1. 借り換えできない場合がある

カードローンの申し込み時には審査があるため、借り換えできない場合もあります。カードローンの審査では、申込者の返済能力や信用情報が確認対象です。

主な確認対象
  • 過去の利用に停滞はないか
  • 返済能力に問題はないか
  • 過去に取引実績があるか

などに不安要素があり、審査が通らなければ借り換えはできません。カードローンの審査で重要なポイントは、総量規制です。

総量規制とは、貸金業者から借入残高が年収の3分の1を超える場合は借り入れできないという規制です。

年収が300万円の場合は、100万円を超える借り入れはできません。

 クレジットカードのリボ払いからカードローンへ借り換えする際、借り換え先のカードローンが総量規制の対象である場合は、年収の3分の1を超える借り入れはできないため注意しましょう。

注意点2.完済までの期間が長くなる

ほとんどのカードローンは、「残高スライド元利定額方式(元金+利息の合計が定額)」という返済方法になっています。

たとえば、月々に1万円返済しても、返済額の何割かは金利の支払に使用されており、支払元金が1万円減っている訳ではありません。

 つまり、リボ払いに比べて返済期間が長くなってしまう場合があり、金利自体は低くとも返済回数が増えることで、支払う利息の合計額が増える可能性があります。

注意点3.返済総額が減らない場合がある

借り換えする際には、返済総額が減るか確認することが重要です。

 借り換え先が定めている利率(実質年率)によっては、返済総額がリボ払いとあまり変わらない場合があります。

複数社へのリボ払いをまとめると、月々の返済額を減らせる反面、元金の返済額も抑えられるため、返済期間が長くなる場合があるでしょう。

よって、支払う利息額が多くなり、返済総額が増える場合があります。

 生活費を見直し改善しても、月々の返済による負担が大きい場合、カードローンへの借り換えは有効な方法です。

しかし、安易に利用すると返済総額が増えてしまい、かえって負担が大きくなる可能性もあるため、よく検討してから利用しましょう。

不安な場合は、弁護士や司法書士などの専門家に相談すると、今後のプランを立てることができます。

リボ払いで借り入れの返済をする際のコツ

利用金額や件数にかかわらず、毎月一定額を返済すれば良いリボ払いは、お財布に優しい支払い方法です。

 しかし、支払いが楽な反面、利用残高に対して毎月の返済額が少ないと、いつまで経っても返済が終わらないというデメリットもあります。

しかも、毎月の返済には手数料(利息)もあわせて支払う必要があるため、返済期間が長くなるほど支払総額も膨れ上がってしまうのです。

ここでは、なるべく手数料の負担を抑え、早めに返済を終わらせるコツをご紹介します。

毎月の返済額を増額する

なるべく早く返済を終わらせたいのなら、返済額の増額をおすすめします。毎月の返済額が少ない場合、経済的な負担は軽くすみますが、完済までに非常に時間がかかるでしょう。

 ただし、増額が原因で返済が滞ってしまっては意味がありません。増額するのは、無理なく返済できる範囲内にしましょう。

多くのカード会社では、返済額の増額は公式サイトやアプリで簡単に申し込めます。PCやスマホの操作が苦手な方は、電話での申し込みも可能です。

返済額を増額すれば、その分支払い回数が減り、手数料の節約にもなります。

繰り上げ返済する

リボ払いの繰り上げ返済とは?

リボ払いの繰り上げ返済:毎月の返済額にさらに支払い可能な額を上乗せしてまとめて返済すること

毎月の返済額を増額しても、なかなか返済の終わりが見えてこない場合は、臨時収入があったときやボーナス月などに、繰り上げ返済をするという方法が有効です。

たとえば、臨時収入があった際に、その月だけ毎月の返済額の1万円に4万円を上乗せして、5万円返済するという支払い方法です。

 繰り上げ返済をすると、その分だけ完済までの期間が短くなり、支払い回数が減りますので、手数料の節約に繋がります。

多くのカード会社では、繰り上げ返済も返済額の増額と同様に、公式サイトやアプリ、電話などから簡単に申し込めます。

お財布の中身と相談しながら、上手に繰り上げ返済を利用しましょう。

一括返済する

経済的に余裕があるのなら、一括返済するのが一番です。

 リボ払いは返済期間が長くなるほど、多くの手数料を取られますので、早めに一括返済すれば支払総額を大幅に抑えられます。

もし、経済的な余裕がない場合は、もっと低金利な銀行系カードローンに借り換えて、リボ払いを一括返済するという方法も検討してみてください。

リボ払いの手数料は年15%くらいが一般的ですが、多くの銀行系カードローンの金利は年14%前後ですので、借り換えれば手数料の負担を軽減することが可能です。

公式サイトやアプリ、電話などから、繰り上げ返済と同じ手続きで一括返済の申し込みができます。

リボ払いの返済が苦しい場合は任意整理も一つの手段

現在のリボ払いが苦しく、返済の見通しがつかない場合は、債務整理を検討してみましょう。債務整理には、主に以下のような手続きがあります。

債務整理
  • 任意整理:個々の借金について業者と交渉し返済の負担を減らす
  • 個人再生:裁判所で借金を5分の1(10分の1)ほどに減らす
  • 自己破産:裁判所で借金額をゼロにする

特に、任意整理では裁判所を通さないため、あまり時間をかけずに、リボ払いの債務の負担を減らせます。

 任意整理なら、リボ払い以外のオートローンや住宅ローンを債務整理の対象から外せるため、車や家をも続けることが可能です。

借り換えは借金を借金で返す方法であり、返済に困っている際の根本的な解決策にはなりませんが、任意整理なら借金問題そのものを解決できます。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット・デメリットは以下の通りです。

任意整理のメリット
  • 将来利息をカットでき、元金のみ返済すれば良い
  • 月々の返済額が減る
  • やむを得ない事情がある場合は、特敵の借入先のみを交渉の対象にできる
  • 借金の理由を問われない
  • 原則として車や家を手放さなくて良い
  • 家族や会社にバレにくい
任意整理のデメリット
  • 信用情報機関に事故情報が登録されている期間は、クレジットカードの作成や利用、新たな借り入れができない
  • 弁護士や司法書士に依頼しない場合、債権者との交渉が上手くいかない場合がある

任意整理は、借入先と交渉し、将来利息をカットまたは減額して、無理せず返済できるようにする方法です。

 高い利息のリボ払いによって、返済が苦しい場合は、任意整理によって返済の負担が軽減できる可能性があるでしょう。

任意整理は裁判所を通さないため、ほかの債務整理に比べて手続きにかかる時間や費用は少なく済みます。

借り換えしても、返済の負担が軽減できず、完済の見通しがつかない場合は任意整理を検討してみましょう。

借金の悩みは弁護士・司法書士への相談がおすすめ

借金問題や債務整理に関することは、弁護士や司法書士といった専門家への相談をおすすめします。

すでに複数のリボ払いがあり完済の見通しがつかない、延滞しているため借り換えの審査が通らないといった場合には、弁護士・司法書士に相談してみましょう。

弁護士・司法書士に相談するメリット
  • 自身の状況に合った適切な対処法を提案してもらえる
  • 債務整理をおこなう場合、手続きが完了するまでほぼすべてを任せられる
  • 弁護士や司法書士に依頼すると、金融機関からの督促や取り立てが止まる
  • 家族に債務整理する事実を隠したい場合も配慮してもらえる

弁護士・司法書士事務所のなかには、無料で相談に乗ってくれる事務所もあるため、まずは相談してみるとよいでしょう。

リボ払いの相談におすすめな弁護士・司法書士事務所4選

リボ払いの返済に困った場合には、弁護士や司法書士に相談すると借金問題を早期解決できるでしょう。では、リボ払いの相談におすすめな4つの弁護士・司法書士事務所を紹介します。

相談料が無料の事務所を見つけると、初めての依頼でも安心して利用できます。

東京ロータス法律事務所

ロータス

東京ロータス法律事務所の特徴
  • 受任件数6,000件と経験豊富
  • 土日祝日でも対応
  • 無料で何回でも相談可能

 

東京ロータス法律事務所は、債務整理や借金問題、労働問題など幅広い分野を得意とする弁護士法人事務所です。受注件数が6,000件以上と多いため、経験やノウハウに優れています。

 東京ロータス法律事務所は、依頼者の状況をヒアリングによってしっかり把握し、一人ひとりに合わせた適切な解決案を提示してくれます。

土日祝日にも対応しており、何回相談しても無料です。

主な対応業務

・債務整理

・過払い金請求

・交通事故

・労働問題

・離婚・相続問題

対応時間 10:00~20:00
※土日祝日10:00~19:00も対応
料金例(税込)

・自己破産着手金:220,000円

・個人再生着手金:330,000円

・任意整理着手金:1件22,000円

無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地

〒110-0015

東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所の特徴
  • 東大法学部卒業で弁護士歴25年のベテラン弁護士が在籍
  • 相談は無料で、依頼時のみ費用が発生
  • 費用を明確に提示してくれるため安心

 

ひばり法律事務所は、2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織を拡大した法律事務所です。

債務整理やネットトラブルを得意としており、在籍者には東京大学法学部卒業で弁護士歴25年のベテランもいます。

女性弁護士も在籍しているため、男性に相談しにくい内容の依頼でも安心して利用できるでしょう。

 過払い請求の着手金が無料で、成功した場合のみ支払う仕組みになっています。

依頼にかかる費用が明確化してあるため、初めて弁護士に依頼し費用が分からない方でも安心して依頼できるでしょう。

主な対応業務

・任意整理

・個人再生

・自己破産

・過払い請求

・サイト被害

対応時間 10:00~19:00
料金例(税込)

・任意整理着手金:1社あたり22,000円

・自己破産着手金:220,000円~

・個人再生着手金:330,000円~

無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地

〒130-0022

東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階

はたの法務事務所

はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 相談実績20万件以上で満足度95.2%
  • 相談料・着手金が無料
  • 豊富な知識と経験を持つベテラン司法書士が在籍

はたの法務事務所は、これまでの相談実績が20万件以上と人気のある司法書士事務所です。

 満足度は95.2%と高く、在籍している司法書士のなかには27年働くベテランもいます。

相談料や着手金、過払い金調査や全国への出張費がすべて無料で、過払い報酬も12.8%~と比較的安価な設定です。

任意整理の場合は、1社あたり2万円~です。
主な対応業務

・債務整理

・過払い金請求

・登記業務

対応時間

・電話:7:00~24:00

・メール:24時間受付

料金例(税込)

・過払い金報酬:取り戻した過払い金額の20%※10万円以下の場合は12.8%(別途計算費用として1万円)

・任意整理:基本報酬1社20,000円~

・個人再生(民事再生):350,000円~※再生委員に払う費用として別途20万円も必要

・自己破産:300,000円~

無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地

〒167-0051

東京都杉並区荻窪5-16-12荻窪NKビル5階・6階

弁護士法人・響

弁護士法人・響の特徴
  • 基本的に355日、24時間対応
  • 問い合わせ・相談実績が6万件以上
  • 依頼前に費用を明確にし、追加費用の可能性も初めに伝える

 

弁護士法人・響は、東京・大阪・福岡に事務所を持つ弁護士事務所です。

 在籍弁護士には、女性も複数人いるため、女性に依頼したい方でも安心して相談できます。

問い合わせ・相談実績が6万3,0000件以上と、確かな実績と人気を誇る弁護士事務所です。

基本的に、依頼者には一人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体で連携し、解決策を見出してくれます。

弁護士法人・響では、依頼前に必要な費用や追加で費用がかかる可能性を説明してくれるため、費用の不安を持たずに依頼が可能です。

主な対応業務

・債務整理

・交通事故

・労働問題

・相続問題

・離婚

対応時間

・電話:10:00~19:00

・メール:24時間受付

料金例(税込)

・任意整理着手金:55,000円

・個人再生着手金:330,000円

・自己破産着手金:330,000円

無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地(西新宿オフィスの場合)

169-0074

東京都新宿区北新宿2-21-1新宿フロントタワー14階

よくある質問

リボ払いとはどのような支払い方法?

リボ払いとは、利用金額や利用件数にかかわらず、一定額を毎月返済していけば良いという支払方法です。たとえば、クレジットカードで非常に高額な買い物をしても返済額は変わりませんし、同じ月に何度カードを利用しても返済額は変わりません。毎月の支払いの負担が軽くすむのがリボ払いのメリットです。一方で、どれだけ利用しても返済額が変わらないという気軽さのために、お金の管理が苦手な人ほど、つい利用しすぎてしまうというデメリットもあります。また、利用残高に対して毎月の返済額が少額だと、いつまで経っても返済が終わらない「リボ払い地獄」に陥るおそれがあるという怖い側面もあるため注意しましょう。

リボ払いができるのはクレジットカードだけですか?
リボ払いというとクレジットカードのイメージが強いかと思いますが、実はクレジットカード特有のものではありません。銀行や消費者金融のカードローンにも、リボ払いはあります。
リボ払いにはどんな種類がある?

リボ払いは大きくわけて、定額方式・残高スライド方式・定率方式の3種類あります。定額方式とは、利用残高の大きさにかかわらず、毎月一定額を支払う方式です。定額方式には、毎月返済する一定額に手数料を含める「元利定額方式」と、毎月返済する一定額とは別に手数料を上乗せして支払う「元金定額方式」があります。残高スライド方式とは、利用残高の大きさの段階に応じて、毎月の返済額が変動する方式です。たとえば、利用残高が10万円未満の場合、返済額は1万円、10万円以上20万円未満の場合は2万円といった具合に、利用残高が一定額を超えると返済額も上がる仕組みになっているのです。定率方式とは、利用残高に一定の割合をかけた金額を毎月支払う方式です。たとえば、利用残高が10万円、一定の割合が4%だった場合、その月の返済額は10万円×0.04=4,000円となります。

リボ払いと分割払いの違いは?

分割払いは、クレジットカードで商品を購入する際に代金の支払い回数を選び、指定の回数に分割した代金と手数料を毎月支払っていく方法です。毎月の支払い額が一定である点はリボ払いと同じですが、支払い回数が決まっている点はリボ払いとは異なります。また、分割払いの手数料は利用金額や分割回数に応じて決められますが、リボ払いの手数料は利用残高の大きさに応じて決める仕組みです。

リボ払いの手数料はどのように計算される?

リボ払いの手数料は、【手数料=利用残高×手数料率÷365日(うるう年は366日)×利用日数】で算出できます。たとえば、利用残高が10万円、手数料率15%、利用日数30日の場合、計算式に当てはめると、10万円×0.15÷365日×30日=1,232円(小数点以下は切り捨て)で手数料は1,232円です。リボ払いの手数料は利用残高が大きいほど高くなり、返済が進んで利用残高が減っていくにしたがって、徐々に少なくなっていきます。

まとめ

この記事では、リボ払いとカードローン違いや利用するメリット・デメリットを解説しました。

リボ払いとカードローンは、どちらも同じ仕組みの返済方法で、支払残高がなくなるまで、毎月一定額を返済します。

一般的に、リボ払いよりカードローンの方が金利が低いため、月々の返済負担や返済総額の減少が可能です。

とはいえ、必ずしもカードローンへの借り換えが適しているとは限らず、場合によっては負担を大きくする可能性もあります。

借金の返済でお困りの際は、弁護士や司法書士といった専門家に依頼すると、自身の状況に合った最適な解決策を提案してもらえるため、まずは相談してみることが大切です。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事