リボ払いの金利と手数料はどのくらい?計算方法や安く抑えるコツも解説

リボ払の金利はどのくらい?」「金利手数料を安く抑える方法とは?」このような疑問を感じたことがある人もいるかもしれません。

リボ払いを安全・効果的に利用するために、金利手数料を安くする方法についても把握しておくと良いでしょう。

本記事では、リボ払いの平均的な金利率や金利手数料を安くする方法について解説しています。

本記事で分かること
  • リボ払いの平均的な金利率
  • リボ払いの金利手数料を計算する方法
  • リボ払いの金利手数料を少なくするコツ

リボ払いの利用残高を大幅に減額できる可能性がある債務整理にも言及しているので、ぜひ参考にして下さい。

リボ払いの金利はどのくらい?

小銭の上に腰掛ける男性

リボ払いとは、詳しくは後述しますが、利用額に関係なく月々の支払額がほとんど一定に固定されるクレジットカードの返済方法を指します。

本項では、リボ払いの平均的な金利率について言及します。

キャッシングリボの場合

キャッシングとは、クレジットカードを利用して限度額の範囲内でお金を借り入れられる機能を指します。

コンビニや銀行の提携ATMなどから簡単にお金を引き出せます。

そして、キャッシングでの借入をリボ払いで返済することをキャッシングリボと言います。キャッシングリボの金利は、カード会社によって異なりますが15~18%程が平均です。

注釈・出典
※金利率は、1年間で発生する利息に事務手数料などを加算した「実質年率」で表記しています。
出典:カードローンとキャッシング、違いを理解して上手にお借り入れ‐ ローンノート

ショッピングリボの場合

ショッピングとは、当該クレジットカード会社の加盟店で買い物する際に、代金をカード会社に立て替えてもらう機能を指します。

ショッピング利用分をリボ払いで返済することをショッピングリボと言います。ショッピングリボの平均的な金利率は、15%程です。

リボ払いの金利手数料の計算方法

電卓とお金

リボ払いのおおよその金利手数料は、以下の計算式を用いて算出できます。

金利手数料=利用残高×金利率÷365×利用日数

利用日数については、返済日翌日から次回返済日までの日数を当てはめるのが一般的です。

では、以下に挙げるケースごとに、平均的な金利率とされる15%に基づいてリボ払いした場合に金利手数料がどれだけ発生するのか、そして元本をどの程度返済できているのか計算してみましょう。

ケース①
利用残高40万円を毎月1万円ずつ返済する

計算式は40万×0.15÷365×30=約4,931円となり、毎月の支払額1万円のうち、約4931円は金利手数料にあてられていることが分かります。したがって、元本返済分は5069円です。

支払額の約半分が利息に消えているので、この場合はもう少し支払額を増やしほうがいいかもしれません。

では、ここから着実に元本を減らしていき、利用残高が20万円になった場合の金利手数料を見てみましょう。

ケース②
利用残高20万円を毎月1万円ずつ返済する

計算式は20万円×0.15÷365×30=約2,465円となり、このケースでは、金利手数料は約2,465円です。7,535円を元本返済に充当できていることになるので、順調に完済へ近づいていると言って良いでしょう。

では、元本が20万円まで減ったことで気が緩み、利用残高を70万円まで増やしてしまった場合、金利手数料がどのくらい発生するのでしょうか。

ケース③
利用残高70万円を毎月1万円ずつ返済する

計算式は70万円×0.15÷365×30=約8,630円となり、金利手数料は非常に高額です。なんと約1370円しか元本を返済できていません。

このように、金利が同じでも利用残高によって金利手数料は大きく異なります。

※本記事で紹介したケースでの支払方式は、金利手数料を含めて月々の支払額を固定する元利定額方式です。

そもそもリボ払いとは?

紙幣と小銭

前項で軽く触れましたが、リボ払いとは、毎月の支払額がほとんど一定の金額に固定されるクレジットカードの返済方法です。

リボ払いは、主に以下のような数種類の支払方式があります。

元利定額方式 元本返済分と利息返済分を合算した毎月の支払額が一定に保たれる。
元金定額方式 元本の返済に充当する分の固定された金額に、利息を追加した金額を毎月支払う。
元利定率方式 元本に対する一定の割合に基づいて算出された毎月の支払額に利息を含める。
元金定率方式 元本に対する一定の割合に基づいて算出された支払額に、利息を追加した金額を毎月支払う。
残高スライド方式 借入残高に応じて借入額が変動する。

このようにリボ払いにはいくつかの種類がありますが、中には購入した商品を複数回で支払う「分割払い」と混同している人もいるかもしれません。しかし、リボ払いと分割払いは明確に異なる支払方法です。

具体的には、以下のような違いがあります。

分割払い

・事前に指定した支払回数に応じて月々の支払額が決定する

・購入した商品ごとに手数料が発生する

リボ払い

・事前に設定した支払額に応じて支払回数が決まり、利用額の増減に伴い支払回数も変化する

・購入した商品ごとではなく、利用残高に対して手数料が発生する

このように、「支払回数の決まり方」や「手数料の算出方法」にはっきりとした違いが見て取れます。

リボ払いの金利手数料を少なくするコツ

紙幣を広げる女性

前述したようにリボ払いは金利手数料が嵩みやすい側面があります。そこで本項では、リボ払いの金利手数料を少なくするための効果的な方法について解説します。

具体的には以下のような方法があげられます。

リボ払いの金利手数料を少なくする方法
  • 毎月の支払額を多くする
  • 引き落とし日後に追加で返済する
  • 繰り上げ返済を利用する
  • カードローンの借り換えを利用する

一つずつ見ていきましょう。

毎月の支払額を多くする

リボ払いの利息は利用残高(元本)に対して発生するので、毎月の支払額を少なく設定しているほど支払期間が長びき利息は高額になっていきます。

そのため、利息を少なくするには可能な限り支払額を多くするのがおすすめです。

 また、利息負担を最小限に抑えるには、利用可能額と同じ金額まで毎月の支払額を上げるのも一つの手です。

そうすれば、利用額が支払額を超えることはないので、最短で支払い終えられます。

引き落とし日後に追加で返済する

小銭を積む人物

毎月の支払額を増額するのに抵抗がある場合は、お金の余裕がある時だけ引き落とし日後に追加で返済するのも良いでしょう。

ボーナスや臨時収入が入った時にまとめて追加返済してしまうのも手です。追加返済する際は、銀行やコンビニなどの提携ATMなどで入金手続きするのが通常です。

元本が減るほど利息は少なくなりますね。

繰り上げ返済を利用する

お金に余裕ができた時に利用できる手段としては、前述した追加返済以外に「繰り上げ返済」が挙げられます。

繰り上げ返済とは、普段の支払いとは別に元本の一部または全部を返済することを言います。

 繰り上げ返済では、利息を除いた元本のみを返済することが可能です。

元本を減額した分だけ利息負担を無くせるのです。では、繰り上げ返済によって利用残高(元本)を70万円から30万円まで減らした場合に、利息がどれだけ少なくなるか見てみましょう。

先に紹介した計算式を用いて金利15%で、利息を計算していきます。

利用残高が70万円の場合、(70万円×0.15÷365×30=約8,630)となり、ひと月あたり約8,630円の利息が発生します。

一方、利用残高が30万円の場合の利息は(30万円×0.15÷365×30=約3,698円)より、約3,698円です。

繰り上げ返済で一気に40万円を返済し利用残高が70万円から30万円まで減ると、約4,932円も一月あたりの利息が少なくなるのです。

カードローンの借り換えを利用する

パソコンを操作する人

カードローンの借り換えとは、カードローンで借り入れたお金で現在の負債を清算し借入先を変更することを言います。

仮に、現時点でリボ払いの支払総額が50万円であった場合、カードローンで新に50万円を借り入れこの資金でリボ払いを完済すれば、借入先はカードローンを提供する金融機関のみとなります。

これでカードローンの借り換えは完了です。

カードローンにも利息は発生しますが、現在よりも低金利で融資が受けられれば、利息負担を軽減し支払総額を少なくすることが可能です。

 ただし、月々の支払額を低めに設定すると、支払期間が長くなり長期的に見れば利息負担が大きくなる可能性があるため気を付けなくてはなりません。

リボ払い利用時の4つの注意点

リボ払い利用時の主な注意点としては以下のようなものが挙げられます。

リボ払い利用時の注意点
  • 手数料や利息を必ず確認する
  • 利用可能枠を確認する
  • 月々の支払額を低く設定し過ぎない
  • 利用明細をこまめに確認する

順番に見ていきましょう。

金利や支払方式を必ず確認する

クレジットカード

金利のみならず、支払方式も支払総額に大きく影響します。

例えば、前述した元金定額法式であれば、固定した支払額に利息を含めないので、毎月の支払いに滞りさえなければ着実に元本を減らしていけます。

 一方、元利定額法式では利息を含めた金額が固定されるため、毎月の支払額が全て元本に充てられるわけではありません。

したがって利用残高が増えれば利息に回る金額が増え、元本は減りにくくなるのです。

こういった各支払方式の特徴を知らずにリボ払いを利用すると、想像以上に支払総額が膨れがる恐れがあります。

利用可能枠を確認する

リボ払いを利用する場合に限らず、利用可能枠を必ず確認したうえでクレジットカードを使うようにしましょう。

ただし、利用可能枠に余裕があるからと言って、必要以上にカード決済すると支払いが困難になるので要注意です。

月々の支払額を低く設定し過ぎない

スマートフォンを持つ人

月々の支払額を低めに設定すれば、毎月の支払いは楽になります

 しかし、利用残高が多くなるほど利息は高くなっていくので、月々の支払額が低すぎると元本をほとんど返済できなくなってしまいます。

経済的な事情でやむを得ず支払額を低く設定する場合には、リボ払いの利用を控えめにするのがおすすめです。

一回のリボ払いが終わるまで次のリボ払いは使わないなど、事前にルールを決めておくのも良いでしょう。

利用明細をこまめに確認する

どれだけ利息が高額になっても基本的には一定の金額を返済していくことから、利用額増加に伴い利息が高くなっていることを実感しにくいのがリボ払い怖さです。

こまめに利用明細に目を通し、元本はどれだけ減っているのか、毎月の支払額のうち約何割が利息に消えているのか把握しておくことが重要です。

リボ払いの返済に困ったら、債務整理を検討してみよう

話し合いをする人

債務整理とは、債権者との交渉や法的な手続きによって借金減額を図る手段のことです。公的な借金救済制度として位置づけられています。

債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類が存在します。

任意整理

任意整理は、裁判をせずに債権者との直接交渉によって借金減額を図る手続きです。

裁判が必要ない分債務者の負担は少なくなりますが、借金の大幅な減額にはあまり向いていません。

利息のみ減額されるケースが多いです。

個人再生

書類

個人再生は、裁判上の手続きを通して借金を減額してもらう手続きです。

 債務額にもよりますが、手続きが上手く行けばリボ払いの支払総額を5~10分の1程度にまで減らせる可能性があります。

ただし、裁判所が求める一定水準以上の支払能力を有していなければ手続きが失敗に終わる恐れがあります。

自己破産

自己破産は、裁判所の許可を得て借金支払義務を全て免除してもらう手続きです。

自己破産を実施した人の大半は、手続きが認可され借金支払義務の免除を受けています。

ただし、自動車や住宅をはじめとした評価額の高い保有財産は処分されてしまうことを留意しておきましょう。

リボ払いの相談におすすめの弁護士・司法書士事務所5選

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所の特徴
  • 債務整理の事案を数多く手がけた経験と実績
  • 土日祝日も電話対応OK
  • 借金問題の相談料は無料

東京ロータス法律事務所は、債務整理事案を数多く手がけた実績があるので、ノウハウを持っており、ひとりひとりの事情に応じた解決策を提案してくれます

 借金問題の相談料は無料なので、弁護士に依頼するお金がないという場合でも相談可能です。

電話相談には電話代がかからないので、じっくりと納得のいくまで相談できます。

電話相談は土日祝日も対応しているので、平日は仕事で忙しい方も安心です。

相談料

無料
任意整理の費用

着手金・報酬金:22,000円

減額報酬:11%

自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用 着手金・報酬金:330,000円~
過払い金の費用

着手金・報酬金:無料

過払い金報酬:返還額の22%

所在地 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
主な対応業務 債務整理・交通事故・労働問題・債権回収・相続問題・不動産トラブル

出典:http://tokyo-lawtas.com/ ※価格は全て税込です。

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所の特徴
  • わかりやすいコラムで予備知識を得られる
  • 25年以上の実績のある弁護士が運営
  • 女性の弁護士が在籍している

ひばり法律事務所は、2020年7月に個人事務所「名村弁護士事務所」から弁護士法人事務所「ひばり法律事務所」に組織変更した法律事務所です。

 25年以上の経験と実績のある弁護士が所属しており、さまざまなケースに適切な対応が可能です。

「ご相談者様の立場に立って、親身になって業務をすること」を基本理念として掲げており、一人ひとりに合った解決策を提案してくれます。

女性の弁護士も在籍しているため、女性に相談したい人にもおすすめです。
相談料 無料
任意整理の費用 着手金・報酬金:22,000円
自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用

着手金:330,000円~

報酬金:220,000円~

過払い金の費用

着手金:0円

報酬金:0円~

成功報酬:回収金の22%(訴訟は27.5%)+実費

所在地 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
主な対応業務 借金問題・サイト被害・離婚・相続

出典:https://www.hibari-law.net/ ※価格は全て税込です。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 相談料・着手金が無料
  • 何回でも無料で相談ができる!
  • 全国どこでも無料で出張
  • 20万件以上の相談実績

はたの法務事務所は、司法書士の事務所です。全国の指定した場所に無料出張してくれるので、家事や育児の合間に相談も可能です。

 相談料や着手金が無料で、相談は何回でも無料です。さらに費用の分割払いや過払い金を無料で調べるサービスも行っています。

これまで20万件以上に対応した実績と経験があり、満足度も95.2%※1と高水準です。土日祝日も電話相談が可能なので、平日は忙しくて時間が取れないという人にもおすすめです。

費用の分割払いもできるので、手持ちのお金がないという場合にも安心です。

※1公式サイトより

相談料・着手金 無料
任意整理の費用

基本報酬:20,000円〜

減額報酬:減額できた金額の10%

自己破産の費用 報酬:30万円~(少額管財事件は+20万円~)
個人再生の費用 報酬:35万円~(再生委員に支払う費用+20万円~)
過払い金の費用

基本報酬:無料

過払い報酬:取り戻した過払い金額の20%。※10万円以下の場合は12.8%(+1万円の計算費用)

所在地(東京本店) 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階
主な対応業務 債務整理・過払金請求・登記業務

出典:https://hikari-hatano.com/ ※価格は全て税込です。

弁護士法人・響

弁護士法人・響

弁護士法人・響の特徴
  • 多くの弁護士が在籍
  • 進捗状況をこまめに連絡
  • 依頼前にかかる費用を明示

弁護士法人・響は、お客様に寄り添った解決を第一の目標としている法律事務所です。納得いくまでわかりやすく方針を説明してくれるだけでなく、進捗状況もこまめに連絡してくれます。

 24時間365日相談受付しており、全国にも対応しているので、近くに任せられる法律事務所がない場合にもおすすめです。

多くの弁護士が在籍しており、担当弁護士だけでなくチーム全体で取り組んでくれるので、問題解決力も高いです。

依頼前に費用をきちんと明示してくれるので、説明されていない追加料金が発生する不安がないのも魅力です。
相談料 無料
任意整理の費用

着手金:55,000円〜

報酬金:11,000円〜

減額報酬金:減額分の11%

自己破産の費用

着手金:33万円〜

報酬金:22万円〜

個人再生の費用

着手金:33万円〜

報酬金:33万円〜※住宅なし:22万円〜

過払い金の費用

着手金:無料

解決報酬金:22,000円

過払報酬金:返還額の22%(訴訟:27.5%)

所在地(西新宿オフィス) 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚

出典:https://hibiki-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所の特徴
  • 専門チームでの迅速な対応
  • 諦めずに戦い続ける姿勢
  • 債務整理専用サイトで借金減額診断が可能

天音総合法律事務所は、依頼者が本当に求める最高の成果にこだわり、利用者の声に耳を傾けてくれる法律事務所です。

 早期解決を目指し、各案件には専門チームで迅速に対応してくれます。

公式サイトで借金が減額できるかどうかを無料で診断できるので、相談すべきか迷ったらまずは無料診断を試してみてはいかがでしょうか。

24時間365日、全国エリアの相談を受け付けているのも魅力的ですね。
相談料 無料
任意整理の着手金・報酬金

着手金:55,000円~

和解報酬:11,000円~

減額報酬:減額分の11%

過払い報酬:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

自己破産の着手金 605,000円~
個人再生の着手金 715,000円~※住宅ローンなし:605,000円~
過払い金の成功報酬

着手金:無料

報酬金:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

所在地 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14 堀留THビル10階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚・労働紛争

出典:https://amane-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

よくある質問

リボ払いの金利手数料の仕組みとは?
あらかじめ決められた利率で、未払い分の利用額を示す「利用残高」に対して金利手数料が発生する仕組みです。利用残高が無くならない限り金利手数料は発生し続けます。
リボ払いの利息と手数料の違いとは?
手数料は、クレジットカードのショッピング機能を利用し、カード会社に購入商品の代金を立て替えてもらった場合に支払う必要があるお金を指します。一方利息は、キャッシング機能を利用して融資を受けた場合に、その残高に加算して支払う必要があるお金のことです。
リボ払いの平均的な金利率は?
クレジットカード会社によって異なりますが、約15%が平均的な金利率です。
リボ払いの金利手数料を計算する方法とは?
一月あたりのおおよその金利手数料は、一般的に次の計算式で算出できます。「利用残高×金利率÷365×利用日数(返済日翌日から次回返済日)」
リボ払いの金利手数料を安くする方法とは?
毎月の支払いとは別に元本(利用残高)の一部あるいは全部をいっきに返済する「繰り上げ」返済を利用するのが効果的です。繰り上げ返済を利用して支払ったお金には利息が含まれないので、元本のみを減額し将来的に発生する利息を少なくする効果が見込めます。
リボ払いの「元利定額方式」と「元金定額方式」の違いとは?どちらの方が金利手数料が高くなる?
「元利定額方式」は、金利手数料を含めた毎月の支払額を固定する支払方式です。一方、「元金定額方式」は、金利手数料を含めない元本返済に充てる金額のみを固定する支払方式です。元本返済分に金利手数料を加算した金額を支払う必要があります。これらの支払方式は、金利率が同じであれば元本に対して発生する金利手数料は基本的には同額です。
ただし、長期的に見れば「元利定額方式」の方が金利手数料が高くなる傾向があります。固定された支払額に利息を含む分、利用残高が増えるほど元本返済分が少なくなり、それに伴い支払期間が長期化するためです。
リボ払いの金利手数料を少なくするために債務整理することは可能?
債務整理して金利手数料を少なくすることは可能です。短期間で金利手数料のみ減免しいた場合は、裁判を必要とせずに債権者との交渉のみで手続きが完結する「任意整理」がおすすめです。
法的な手続きで利用残高を大幅に減らしたい場合には「個人再生」や「自己破産」を検討するのも良いでしょう。

まとめ

リボ払いは、利用残高の増減に関係なくほとんど一定の金額を返済する支払方式です。

支払管理の簡便化に寄与する反面、利息が高額になりやすく、その上元本をどれだけ返済できているか把握しづらいといった難点もあります。

 リボ払い安全に使うには、あらかじめ利用額や利用条件などを決めておくことがおすすめです。

定期的な利用明細の確認も怠らないようにしましょう。

意に反して利息が高額になってしまった場合には、「繰り上げ返済」や「追加返済」を効果的に利用し、極力利用残高を減らしていくことが重要です。

どうしても利用残高が減らせずに完済の目途が立たない場合には、早めに債務整理を検討しましょう。

記事内では無料相談もできる弁護士・司法書士事務所を紹介したため、ぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事