リボ払いが終わらない理由とは?借金が減らない場合の対処法を紹介

ひと昔前までは現金払いが主流でしたが、現在ではキャッシュレス化によってクレジットカード払いの利用者が増加傾向にあります。

現金を持たずとも買い物できるため、クレジットカード払いは便利な決済方法ですが利用する際が注意が必要です。

特に、リボ払いの場合は、なかなか返済が終わらない、借金が減らないと感じている人も少なくないでしょう。

リボ払いは毎月の返済にかかる負担を軽減できる反面、返済期間が長引きやすく、借金総額が増えてしまう可能性がある支払方法です。

この記事では、リボ払いによる返済が終わらない理由借金が減らない場合の対処法を紹介します。

この記事でわかること
  • リボ払いの意味
  • リボ払いで返済が終わりにくい理由
  • 借金が減らない場合に取るべき行動

借金が減らない場合や返済で生活が苦しい方は、おすすめの弁護士・司法書士事務所も紹介するためぜひ参考にしてみてください。

なぜ減らない?リボ払いの基礎知識

リボ払いとは、毎月一定額を返済するクレジットカードの支払方法です。1度の支払額が少ないため、支払期間が短いと得られるメリットは大きいといえます。

近年では、キャッシュレス決済としてクレジットカードを利用する人が多く、現金を持たずに決済でき、ポイントも貯まるためクレジットカード払いは便利な決済方法です。

それでは、クレジットカード払い方法のひとつであるリボ払いの仕組みや利率を解説します。

リボ払いの仕組み

リボ払いを利用すると、高額な商品を購入しても一度の支払額を少なくでき、毎月同じ金額を支払うため、手元の資金に余裕がない場合などに便利なサービスといえます。

カード会社によっては、リボ払いをおこなうとポイントの倍率が上がったり、景品が当たる抽選をおこなったりしている場合も少なくありません。

ただし、手数料が高く、支払期間が長くなりやすいため、返済が困難になりやすい仕組みとなっています。

一括払いでの購入が難しい場合などにリボ払いを利用するケースが多いですが、場合によっては生活を苦しめる原因となり得る支払方法です。

 分割払いは買い物ごとに支払回数を決めて返済する方法ですが、リボ払いは利用額や利用件数に関係なく毎月一定の金額を支払う方法となります。

リボ払いの利率

各カード会社によって異なりますが、リボ払いの年率は15~18%ほどです。リボ払いで発生するお金には、クレジットカードやキャッシングで利用した金額に加えて、手数料も含みます。

なお、手数料は購入額ではなく、支払残高に発生する仕組みです。

年率15~18%は消費者金融で借り入れた際の利率とほぼ同じであり、一般的なクレジットカードの分割払いの手数料に比べてかなり高額といえます。

 利息の求め方は、支払残高×金利×利用日数÷365日です。

支払残高が多いほど、毎月の支払いに発生する手数料も高くなります。

リボ払いの計算方式

リボ払いには、定額方式と残高スライド方式の2つ計算方式で毎月の返済額が決まります。

 定額方式は支払残高に関わらず毎月の返済額を決める方式で、残高スライド方式は支払残高に応じて毎月の返済額を決める方式です。

定額方式の場合は支払残高が多いと毎月の返済額も高くなり、定額スライド方式の場合は支払残高が少なければ返済額も少なくなりますが、支払残高が多くなるほど返済額も大きくなります。

 リボ払いを利用するうえで、自身の返済方式を把握していなければ、支払期日にお金を払えない状態に陥る可能性もあるため注意しましょう。

リボ払いだと借金が減らない3つの理由

リボ払いは月々の返済にかかる負担を軽減できる支払方法ですが、なかなか借金が減らない特徴があります。リボ払いが終わりにくい理由は主に、以下の3つです。

リボ払いによる返済が終わりにくい理由
  1. 借金残高が把握しづらい
  2. 利息によって返済総額が増える
  3. 支払いのほとんどが利息に充てられている

借金がなかなか減らない理由を把握したうえで、リボ払いを利用するか検討してみましょう。

1.借金残高が把握しづらい

リボ払いは借金残高が把握しづらい支払方法です。

一括払いや分割払いは、利用額によって毎月カード会社に請求される金額は異なり、請求額が借金の総額となるため、自分の返済状況を把握しやすいといえます。

 しかし、リボ払いの場合は毎月支払う金額が一定のため、借金残高が把握しづらく、クレジットカードを使い過ぎている状況に陥りやすいといえるでしょう。
借金返済を早く終わらせるためには、借金残高の把握が必要です。借金残高を把握していれば、完済までの計画が立てやすくなります。

自身の返済状況を理解したうえで生活できるため、カードの使い過ぎを防げます。

2.利息によって返済総額が増える

リボ払いは、支払った金額に利息を上乗せして返済する支払方法です。よって、支払期間が長くなりやすいため、利息によって返済総額が増えてしまう可能性があります。

毎月少額の支払いで高額な商品を購入できるリボ払いですが、利息によって結果的に支払額が増えているケースは少なくありません。

リボ払いの金利は各カード会社によって異なるため、利用する際は事前に確認しておくとよいでしょう。

3.支払いのほとんどが利息に充てられている

一括払いの場合は購入代金がそのまま支払金額となりますが、リボ払いの場合は購入代金に利息が加わった金額を支払います。

リボ払いだと、毎月支払うお金のほとんどが利息に充てられるケースも少なくありません。

つまり、自分では購入代金の返済をおこなっているつもりでも、実際には支払っている金額の大半が利息となっており、結局は借金残高が減っていない場合もあります。

 毎月決まった金額を支払うリボ払いでは、利息ばかり返済し支払期間が延びることが終わらない原因のひとつです。

【いつ終わる?】リボ払い100万円の返済期間を解説

「いつまでもリボ払いの返済が終わらない」と嘆いている方は、どれくらいで返済できるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、リボ払いの残高が100万円の毎月の返済額ごとの返済期間、リボ払いをする時の注意点について解説します。

そもそも100万円はリボ払いできる?

リボ払いはクレジットカードの便利な支払い方法ですが、考えなしに利用していると利用残高が100万円になってしまう可能性があります。

リボ払いは毎月定額で返済しているため安心しがちですが、使い過ぎれば利用残高は増えるばかりです。

 もし利用限度額が100万だった場合、上限の100万円まで膨れ上がってもおかしくありません。 また、100万円を借り入れることについてですが、総量規制の範囲内であれば理論的には借りられます。

年収の3分の1まで到達していなければ、消費者金融などの金融機関から普通は借りられるのです。

ただし、たとえ総量規制の範囲でも審査を通過できないことがあるため、必ず借りられるわけではありません。

終わらないリボ払いのために100万円を借りられるかどうかは、金融機関の審査次第です。

毎月の返済額ごとの返済期間の目安

ギャンブルで借金をする

リボ払い100万円の返済は、返済額ごとに返済期間が異なります。 当然ですが毎月の返済額が多ければ多いほど、返済期間は短くなる仕組みです。

たとえば、元利定額方式で実質年率が15.0%の場合、毎月の返済額が2万円だと返済回数が79回となり返済期間はおよそ6年半ほどとなります。 もし金利がなければちょうど50回ですので、79回がいかに多いかわかります。

 これでは「リボ払いの返済が終わらない」と思うのは当然です。 同様に返済額が3万円だと44回で4年弱、4万円だと31回でおよそ2年半完済するまで時間がかかります。

毎月の返済額が少ないと負担が軽い印象を受けますが、全体的に見ると完済までの道のりは長くなってしまいなかなか終わらないです。

逆に毎月の返済額が多ければ、完済までの道のりが短くなります。

つまり、1日も早い完済を目指すなら、毎月の返済額を多く設定するのがおすすめです。

100万円をリボ払いするなら返済計画を立てるべき

100万円をリボ払いした場合の返済は、決して容易ではありません。 手数料が上乗せされる分、どうしても苦しい道のりになります。

返済が長引けば結果的に大損するので、無計画にやたらとリボ払いを利用するのはおすすめできません。クレジットカードはいくらでも使えるわけではなく、限度額が決まっています。

 考えなしに好き放題使っていたら、いつか利用枠を使い果たしてしまうでしょう。

使い果たせばそれ以上は使えなくなります。もし意図的に100万円までリボ払いをしたいなら、まず第一に返済計画を立てることです。

無計画だと「リボ払いが終わらない」と嘆くことになるので、あらかじめ返済計画を立てることが重要といえます。

まず最初に返済計画を立ててから、リボ払いを利用しましょう。

リボ払いが終わらない場合は弁護士・司法書士事務所へ相談!利用のメリット

リボ払いが終わらず、生活を圧迫しているなら一人で解決しようとせず、専門家へ相談した方が賢明です。弁護士や司法書士に相談するメリットとしては、以下が挙げられます。

リボ払いの相談を弁護士・司法書士にするメリット
  1. 自身に適した解決策を提案してもらえる
  2. 債権者の督促や取り立てが止まる
  3. 債務整理に必要な書類作成や交渉を代行してもらえる

リボ払いの問題が放置していうと、利息によって返済額が日に日に増えていくため、できるだけ解決に向けて早く行動すべきです。

ここでは、その一歩を後押しする弁護士・司法書士事務所へ相談するメリットを3つ紹介します。

自身に適した解決策を提案してもらえる

借金の返済方法で困っている場合、知識がないとなかなか適した解決策が思いつきません。

そこで、法律のプロである弁護士や司法書士に相談すれば、自身の収入や借金状況を考慮した解決策を提案してもらえます。

 特に債務整理をおこなう場合、任意整理や個人再生、自己破産はそれぞれ利用すべき状況が異なり、利用できる条件も異なるため、素人では適切は判断が難しいでしょう。

リボ払いの場合は、比較的手続きがスムーズで費用もかからない任意整理になるケースがほとんどですが、状況に応じた選択が大切です。

弁護士や司法書士に相談すると、さまざまな情報をもとに、適した解決策を提案してもらえるため、問題解決までスピーディーですし安心できます。

債権者の督促や取り立てが止まる

ギャンブルで借金をする

リボ払いが終わらず債務整理をおこなう場合、弁護士や司法書士に依頼すれば法的に債権者の督促や取り立てを止めることが可能です。

 一般的には、正式に契約を締結した当日、もしくは2~3日以内には債権者に対して受任通知を送付します。

受任通知を受け取った債権者は、債務整理手続きが完了するまで債務者に督促や取り立てをしてはいけないため、債務者は日々のストレスから一時的に開放されるでしょう。

債務整理に必要な書類作成や交渉を代行してもらえる

債務整理は自分でも手続きが可能です。

リボ払いの場合に多い任意整理は、ほかの債務整理方法に比べて手続きが簡単ですので、依頼費を削減するために自分でおこなおうと考える人もなかにはいるかもしれません。

 しかし、任意整理は裁判所を介さない手続きとはいえ、さまざまな書類を作成したり、債権者と交渉したりする必要があり、債務者にとっては大きな手間と負担がかかります。

そこで、弁護士や司法書士に依頼依頼すれば、培った経験やノウハウを活かし、有利な条件になるように債権者と交渉してくれるでしょう。

リボ払いの返済を早く終わらせる4つの方法

リボ払いによる借金が減らない場合には、以下の対処法が効果的です。

リボ払いが終わらない場合の対処法
  • 月々の返済額を増やす
  • 一括返済や繰り上げ返済に変える
  • 低金利のカードローンに借り換える
  • 債務整理で借金残高を減らす

それでは、リボ払いの返済を早く終わらせる4つの方法を紹介します。

月々の返済額を増やす

月々に支払う金額を増やせば、返済期間を短縮できます。

返済額が低いと、月々にかかる負担は軽減できますが完済までに時間がかかってしまうため、なかなか終わらない状態になる可能性があるでしょう。

 そこで、月々の返済額を増やし、早く借金を完済できれば発生する利息分の支払いをカットできます。

カード会社のほとんどが、返済の途中でも返済額を変更できるため、生活に支障がでない程度に金額を増やせば、より早く借金を減らせるでしょう。

多くのカード会社では、Web上でリボ払いの返済額を変更できます。

一括返済や繰り上げ返済に変える

一括返済は利用した金額を一度ですべて支払う方法で、返済後に利息が発生しないため借金総額を減らせます。

繰り上げ返済は月々の返済とは別に、利用残高の一部を支払う方法で、返済期間を短縮できるため、リボ払いより早く返済を終わらすことが可能です。

返済方法の変更方法は、返済額の変更と同じくWeb上で手続きできる場合が多いため、気軽に変更できます。

 なお、カード会社によっては一括返済への変更ができない場合があるため注意してください。

一括返済や繰り上げ返済の支払方法としては、口座引き落としや銀行振込など各カード会社によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

低金利のカードローンに借り換える

リボ払いの金利によって利息が異なるため、借金を早く減らすには低金利のカードローンに借り換える方法がおすすめです。

 利息を減らせれば、元本の返済に充てられる金額が多くなるため、より早く完済できるでしょう。

複数のカード会社を利用している場合、借入先を金利が低いカード会社に一本化すれば、管理する負担を減らせるため、借金残高を把握しやすくなります。

ただし、カードローンの借り換えには審査が必要です。

毎月安定した収入を確保しており、過去に借金の延滞がない場合は審査に通る可能性が高いため、リボ払いが終わらず困っている方は、カードローンの借り換えや一本化を検討してみてください。

債務整理で借金残高を減らす

リボ払いの返済によって生活が苦しい場合は債務整理も検討すべきといえます。

 債務整理とは、法的に借金を減額・免除できる制度であり、主な方法は任意整理・個人再生・自己破産の3種類です。

なかでも、任意整理なら裁判所を介さないため手続きがスムーズで、債権者との交渉によって借金の利息をカットできます。

債務整理は法律に関する知識やさまざまな必要書類の準備、債権者や裁判所との交渉が必要となるため、弁護士や司法書士への依頼がおすすめです。

弁護士や司法書士に債務整理を依頼すれば、債権者の督促や取り立てが止まるため精神的負担を軽減でき、自分にあった最適な改善策を提案してもらえるでしょう。

弁護士・司法書士事務所によっては、無料で相談に対応している場合もあります。

リボ払いの相談におすすめな弁護士・司法書士事務所4選

リボ払いの返済がなかなか終わらず、借金が減らないとお困りなら弁護士や司法書士に相談してみましょう。

一括りに弁護士・司法書士事務所といっても、各事務所によって得意分野が異なるため、返済にお困りなら借金問題や支払トラブル、債務整理を得意とする法律事務所に依頼してみてください。

ここでは、借金問題や債務整理を得意とする4つの弁護士・司法書士事務所を紹介します。

東京ロータス法律事務所

ロータス

東京ロータス法律事務所の特徴
  • 約7,000件もの案件に携わっている
  • 相談費が無料で土日も対応している
  • 依頼費用の分軽払いができる

東京ロータス法律事務所は、これまでの受注件数が約7,000件と確かな実績を持つ弁護士事務所です。全国の借金問題に対応しており、土日でも相談できます。

 債務整理や借金問題だけでなく、労働問題や交通事故など幅広い分野を得意とする点は東京ロータス法律事務所の強みです。

相談は何度おこなっても無料で、依頼者の借金状況を把握し、一人ひとりにあった改善策を提案してもらえます。

依頼費用を分割払いできるため、手元に資金がない状態でも弁護士への依頼が可能です。
主な対応業務

・債務整理

・過払い金請求

・交通事故

・労働問題

・離婚・相続問題

対応時間 10:00~20:00
※土日祝日10:00~19:00も対応
料金例(税込)

・自己破産着手金:220,000円

・個人再生着手金:330,000円

・任意整理着手金:1件22,000円

無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地

〒110-0015

東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所の特徴
  • 家族に知られずに債務整理できる
  • 依頼費用を分割払いできる
  • 女性専用の窓口がある

ひばり法律事務所は、債務整理やサイト被害を得意とする東京都に事務所を構える弁護士事務所です。

 女性専用の窓口を用意しており、女性弁護士が女性目線で相談に対応してくれます。

回数に関わらず相談は無料で、フリーダイヤルまたは相談予約フォームから問い合わせが可能です。

全国の依頼に対応しており、依頼費用を分割払いできるため手元の資金に不安を持つ方でも安心して利用できます。

事前にかかる費用を明確に教えてもらえるため、弁護士や司法書士への依頼がはじめてでも心配せず依頼できるでしょう。

 

主な対応業務

・任意整理

・個人再生

・自己破産

・過払い請求

・サイト被害

対応時間 10:00~19:00
料金例(税込)

・任意整理着手金:1社あたり22,000円

・自己破産着手金:220,000円~

・個人再生着手金:330,000円~

無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地

〒130-0022

東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階

はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 20万件以上の相談実績がある
  • 顧客満足度が95.2%と非常に高い
  • 何度でも無料で相談できる

はたの法務事務所は相談実績が20万件以上で、債務整理を得意とする司法書士事務所です。

 顧客満足度は95.2%と高水準のため、信頼できる司法書士事務所といえます。

全国の依頼に対応しており、無料で出張してくれるため、地方の方でも利用しやすい法律事務所です。

無料で相談でき、電話やWeb上から24時間いつでも問い合わせできます。

40年以上司法書士として働くベテランも在籍しているため、豊富な経験と知識を活用し最適な改善方法を提案してくれるでしょう。

主な対応業務

・債務整理

・過払い金請求

・登記業務

対応時間

・電話:7:00~24:00

・メール:24時間受付

料金例(税込)

・過払い金報酬:取り戻した過払い金額の20%※10万円以下の場合は12.8%(別途計算費用として1万円)

・任意整理:基本報酬1社20,000円~

・個人再生(民事再生):350,000円~※再生委員に払う費用として別途20万円も必要

・自己破産:300,000円~

無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地

〒167-0051

東京都杉並区荻窪5-16-12荻窪NKビル5階・6階

弁護士法人・響

弁護士法人・響の特徴
  • これまでの相談や問い合わせ件数が6万件越え
  • 幅広い分野の専門家が在籍している
  • 24時間365日対応している

弁護士法人・響は、債務整理だけでなく、税理士・社労士・行政書士など幅広い分野の専門家が在籍している響グループが運営する弁護士事務所です。

事務所は東京・大阪・福岡といった都市部にあり、これまでの相談・問い合わせ件数は6万件以上となっています。

 在籍する弁護士のなかには女性も数人いるため、女性に相談したい内容でも安心して依頼できる点は弁護士法人・響の魅力といえるでしょう。

24時間365日いつでも対応しており、何回相談しても費用はかからないため、気軽に問い合わせできます。

手続きにかかる費用を依頼前に詳しく教えてもらえるため、はじめて弁護士・司法書士事務を利用する方でも安心です。
主な対応業務

・債務整理

・交通事故

・労働問題

・相続問題

・離婚

対応時間

・電話:10:00~19:00

・メール:24時間受付

料金例(税込)

・任意整理着手金:55,000円

・個人再生着手金:330,000円

・自己破産着手金:330,000円

無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地(西新宿オフィスの場合)

169-0074

東京都新宿区北新宿2-21-1新宿フロントタワー14階

よくある質問

リボ払いとはどんな支払い方法?
リボ払いは、毎月一定額を支払う方法であり、購入したものの金額で支払額が変動する分割払いとは異なります。リボ払いでの返済額は、定額方式と残高スライド方式の2つの計算方式で決まる仕組みです。計算方式によって毎月の返済額が異なるため、リボ払いを検討している場合には定額方式と残高スライド方式の仕組みをしっかりと理解しておく必要があります。
リボ払いの利用残高は途中で一括返済できる?
リボ払いが終わらない場合、お金に余裕があるなら途中でも一括返済は可能です。一括返済する方法は各カード会社によって異なりますが、基本的には電話やWebで申し込みます。リボ払いの利用残高を一括返済する場合は、口座引き落とし・銀行振込・ATMによる支払いが一般的です。なお、各カード会社で申し込み期限が設けられており、期限を過ぎると一括返済が翌月となるため注意しましょう。
リボ払いの返済が終わらない理由とは?
リボ払いの返済が終わらない理由としては、利息の支払いによって元金がなかなか減らない点や、借金残高を把握しづらい点が挙げられます。カード会社によって異なるものの、リボ払いの年利は15~18%と高めに設定されており、返済期間が長くなるほど支払総額が増える仕組みです。また、毎月定額での返済のため、借金残高を把握しづらく、危機感がないまま支払い続けている人も少なくありません。その結果、リボ払いの返済が終わらない現象に陥ってしまうのです。
リボ払いの返済が終わらない場合、どうすればいい?
リボ払いを終わらせるコツは、元金を早く減らすことです。一括返済や繰り上げ返済といった支払方法に変えると、リボ払いを続けるより早く元金を減らせるため、終わりが見えてきます。また、毎月の支払額を増やす方法も返済期間の短縮につながり、利息を減らせるため有効です。ほかにも、金利が低い借入先に一本化する方法も検討してみてください。それでも完済が困難な場合には、債務整理も1つの選択肢です。
リボ払いの借金残高を債務整理する際に注意すべきこととは?
リボ払いの返済が終わらず債務整理をおこなう場合、一定期間はブラックリストに登録されてしまうため注意が必要です。任意整理の場合は、完済してから3~5年間はブラックリストに載り、その期間中は信用取引に制限がかかります。債務整理をおこなうか迷っているなら、早めに弁護士や司法書士といった専門家に相談してみましょう。

まとめ

この記事では、リボ払いによる返済が終わらない理由や借金が減らない場合の対処法を紹介しました。

リボ払いでは、毎月決まった金額を返済するため、高額な商品でも比較的気軽に購入できるメリットがあります。

しかし、返済期間が長くなりやすく、金利が高いため発生する利息よって返済総額が増える可能性が高いでしょう。

リボ払いの返済が終わらず困っている方や返済で家計を圧迫している方は、債務整理も検討してみてください。

借金問題や債務整理を得意とする法律事務所に依頼し、少しでも早く借金の負担を減らしましょう。

弁護士や司法書士に債務整理を依頼する際は、実績や信頼できる事務所かどうか確認することが大切です。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事