債務整理をするとクレジットカードはどうなる?再発行のコツも解説

借金に悩まされている場合、債務整理をすると減額や返済への猶予ができるなど、法律に従い救済を受けられます。しかし、生活するうえでさまざまな支障をきたしてしまいます。

そのなかの一つに、クレジットカードの使用が挙げられます。

債務整理をすると、所持するカードはどうなってしまうのでしょうか。

そこで今回は、債務整理をするとクレジットカードは使えるのか、いつ作れるかなどを解説します。

この記事でわかること
  • 債務整理をするとクレジットカードが作れない理由
  • 債務整理後にクレジットカードに申し込めるタイミング
  • 債務整理をしてクレジットカードが作れない時の対策

債務整理をした人がクレジットカードを作るコツにも触れていくため、ぜひ参考にしてみてください。

債務整理をするとクレジットカードはどうなる?

スーツを着た男性

利用中のカードは使用できない

債務整理をすると、現在利用しているクレジットカードは使えません。どういった理由であれ、債務整理をした時点で社会的信用を著しく欠いてしまうため、使用不可となるのです。

今やクレジットカードは、普段の生活やショッピングなどにおいて必要不可欠な決済手段と言っても過言ではありません。そのため、使用できないとなるとダメージは甚大です。

付随カードも使用不可

クレジットカードと財布

クレジットカードには、本会員のものに加えて家族カード・ETCカードなどがあります。これらについても、債務整理をすると使用できない状態となるため注意しましょう。

 家族カードでも、債務整理をした時点で強制確約となるため残念ながら使用不可です。

ただし、ETCカードは事故防止の観点から即使用停止とはならず、クレジットカードとは解約のタイミングがずれることがあります。

普段からETCカードを利用している人は、どのタイミングで使用停止となるかをきちんと調べておきましょう。

ポイントを失効する

私生活においてカード支払いを利用すると、決済額に応じてポイントを獲得できます。貯めたポイントは現金と同じ感覚で使用できるため、日々の節約に繋がる便利なものです。

債務整理の注意点として、手続きをすると所持するクレジットカードだけでなく保有するポイントも失効となり使えなくなります。失ったポイントは、後に復活することはありません。

 大量のポイントを保有している場合は、債務整理の手続きを進める前に使い切りましょう。

なお、保有するポイントを使い切ったからと言って債務整理の手続きがスムーズに進まないなどの事態には陥らないため、ご安心ください。

債務整理をしてクレジットカードが作れない理由

PCとクレジットカード

ブラックリストに登録されるから

債務整理をするとクレジットカードが使用できなくなる理由として、ブラックリストに登録されることが挙げられます。ブラックリストとは、簡単に言うと金融事故を起こした人のリストです。

債務整理をするため弁護士・司法書士に依頼をすると、債権者へ受任通知というものが送られます。受任通知には取り立てを禁止する効力があるため、債務者は負担を軽減することができます。

その一方で、受任通知が発送されると債権者は信用情報機関に対して金融事故が発生した旨を報告します。その連絡を受けて登録されるものが、いわゆるブラックリストです。

個人信用情報機関
  • 割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 一般社団法人全国銀行協会(KSC)

個人信用情報機関に登録されるとクレジットカードが使用できなくなる他、各種ローンやスマートフォンの分割払いなど、あらゆる審査に通過することは難しくなります。

ブラックリストに登録されると社会的信用を著しく欠いていることから、貸し倒れのリスクが懸念されます。きちんと使用分を返済できないと判断されれば、審査落ちは当然と言えるでしょう。

ブラックリストへの登録により、人生計画が大きく崩れてしまうことも考えられます。

カード会社内のデータベースを参照しているから

クレジットカードを持つ人

クレジットカードを申し込むと、利用できるか否かは審査結果にゆだねられます。その審査は、カード会社内のデータベースも参照し実施されているのです。

データベースは、国が発行する新聞「官報」等から、申し込み者を評価するための情報を収集しています。

 官報には金融事故を起こした人物の情報が掲載されているため、審査の際に発覚するのです。

一般社団法人日本クレジット協会の公式ホームページには、クレジットカードの審査手順が掲載されています。

審査手順
  1. 書類審査
  2. 確認業務
  3. 取引履歴の確認
  4. 信用情報機関の利用
  5. 審査の可否を決定

「信用情報機関の利用」という段階で、クレジットやローンの支払状況をチェックします。その際に、自社内にあるデータベースも照らし合わせつつ、慎重に審査が実施されるのです。

出典:一般社団法人日本クレジット協会

債務整理をしてクレジットカードはいつ作れる?

クレジットカード

債務整理をすると、今使っているクレジットカードは強制確約となります。つまり、新たにカードを申し込み作らなければいけません。

今や決済手段として大変便利なものであるためすぐに作りたいと考える人は少なくありませんが、金融事故を起こすとそう簡単にはいきません。

信用情報機関によって異なりますが、債務整理をすると数年はクレジットカードを作成できないのです。信用情報機関に登録された情報が消えなければ、審査落ちとなってしまいます。

 各信用情報機関によって、登録された情報が消えるまでの期間は異なります。なお、数年はクレジットカードを作れないと理解しておきましょう。

以下表に、割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)・日本信用情報機構(JICC)・一般社団法人全国銀行協会(KSC)、それぞれの登録期間をまとめています。

CIC(※1) 契約期間中および契約終了後5年以内
JICC(※2)

・契約日2019年9月30日以前:当該事実の発生日から5年を超えない期間

・契約日2019年10月1日以降:契約継続中及び契約終了後5年以内

※いずれにおいても、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間

KSC(※3) 5年~10年を超えない期間

3つの信用情報機関では、5年~10年に渡って事故情報が登録されています。つまり、これらの登録期間を経過して情報が消えなければ、クレジットカードの審査には通過できません。

情報開示で確認をする

パソコン

各信用情報機関に債務整理をした記録が登録されているか否かは、情報開示をして確認しましょう。現在登録されているかに加え、どのような情報が登録されているかも確認できます。

割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)を例に情報開示の流れを解説すると、基本的には以下の手順で進みます。

情報開示の流れ
  1. 利用環境・クレジットカードの確認
  2. 受付番号の取得
  3. お客様情報の入力
  4. 開示情報の表示

情報開示は、スマートフォン・PCのどちらでも可能です。なお、iPhoneの場合はiOS 7.0.6 以降、Androidの場合は5.0 以降のOSでなければ利用できません。

また、PCの場合は対応OSがWindows 8・Windows 8.1・Windows 10、対応ブラウザがInternet Explorer11、Microsoft Edgeと案内されています。

債務整理をした人がクレジットカードを作るコツ

クレジットカード

信用を積み上げる

債務整理をした場合、社会的信用を著しく欠いています。つまり、お金に関して全く信用がない状態と言っても大袈裟ではありません。

信用情報機関に事故情報が登録され、一定期間が過ぎると記録は削除されます。その状態は、ブラックリストの情報がクリアになったとともに、利用履歴も真っ新なことを意味するのです。

そのため、クレジットカードを作るには一から信用を積み上げなければいけません。例えば、携帯電話料金を遅れることなくきちんと支払っていくことも、信用を積み上げる一つの方法です。

 お金に関する事柄において、信用を取り戻すことは簡単ではありません。地道に、実績を積み上げていく必要があります。

信用を積み上げなければ、審査の際に判断する基準・材料がないことを意味します。

複数社に申し込みをしない

書類に記入する人

債務整理をしてからクレジットカードを申し込む際は、複数社ではなく一社に絞りましょう。複数に申し込む方が審査通過の確率は上がると考えがちですが、これは大きな間違いです。

複数社へ申し込みをすることで、相当お金に困っている人という印象を与えてしまいます。つまり、カードを発行しても貸し倒れのリスクを懸念されることに繋がりかねません。

 きちんと無理なく計画的に利用できることをアピールするため、一社に絞って申し込むことが非常に重要です。

一つの会社のカードを利用してきちんと支払日に入金し、徐々に信用を積み上げることで複数枚の所持できる可能性に繋がります。

審査落ちから期間を空ける

クレジットカードの申し込みをして審査に落ちた場合は、一定期間申し込みをせず期間を空けてください。次から次へ申し込みをすると、余程お金に困っているという印象を与えかねません。

一般的には半年間は空けてから次の申し込みをすると言われているため、焦らずに時期を改めましょう。また、審査に落ちた理由を聞くことも避けるべきです。

次の審査に活かせるよう、落ちた理由を知りたい気持ちはわからなくはありませんが、クレームのような連絡をすると社内のデータベースにおいてブラック扱いになりかねません。

 審査落ちの理由は、どれだけ聞いても教えてくれません。期間を空けている間に対策を練るためと言っても、まず意味がないでしょう。

次の申し込みまでの約半年間は、出来る限り信用を積み上げることを意識してください。

限度額の低いカードを選ぶ

クレジットカード

クレジットカードには、それぞれ利用限度額が設定されています。高額利用ができるものほど貸し倒れのリスクが懸念されるため、基本的に審査基準は厳しいと考えられています。

つまり、審査に通過しやすくするには限度額が低いカードへ申し込みをすることが一つのコツと言えるでしょう。

 申し込みをした時点での限度額が低くても、後から増額の申請が可能です。そのため、まずは審査に通過してカードの所持を一番に考えてください。

また、クレジットカードによっては現金を引き出せるキャッシング機能を有しているものがあります。身近なコンビニATMやネットからの申し込みで現金を借り入れできるため、非常に便利です。

しかし、少しでも審査通過の確率を上げるために、キャッシングは利用しないことをおすすめします。その理由は、キャッシングの利用で貸し倒れのリスクが高まるからです。

過去に申し込んだことがない会社を選ぶ

債務整理をした履歴は、利用していたカード会社には情報として残っている場合があります。そのため、今まで一度も利用したことがない会社へ申し込むことも一つの方法です。

ただし、いくら初めてのカード会社とは言え延滞を繰り返している、滞納分があるなどマイナスとなる履歴があれば審査落ちは濃厚となります。

 気になる審査基準については、残念ながら一般に公開されていません。そのため、WEB上の口コミを参考にするなど情報収集に努めてください。

ただし、あくまで口コミによる情報となるため目安程度に捉えておきましょう。

債務整理をしてクレジットカードを作れない場合の対策

クレジットカードとPC

事故情報が消えるまで待つ

債務整理をしてクレジットカードの審査通過が難しい場合は、事故情報が消えるまで待つことが得策です。事故情報が残っている限り、社会的信用がないため審査通過は難しいでしょう。

ただし、事故情報が消えたからと言いクレジットカードを必ず作れるとは限りません。あくまで、やっとスタートラインに立ったと言える状態です。

 事故情報が消えるまでの期間は、信用情報機関によって異なります。基本的に5年~10年は情報が保有されるため、状況を知りたい場合は情報開示を実施しましょう。

事故情報が消えていると確認できても、すぐではなく信用を積み上げてから申し込みをしてください。

代替方法を検討する

クレジットカードと財布

クレジットカードの利用が難しい場合は、代替案を検討してみてください。主な手段としては、デビットカード・家族カードの利用が挙げられます。

デビットカード

デビットカードは、銀行口座に紐付けて利用するサービスです。自身の口座から即時利用分が引き落とされるため、クレジットカードと違い後払いではありません

 そのため、デビットカードの利用において審査は実施されないのです。

債務整理をして事故情報が残っているため審査通過が難しい人にとって、まさに朗報と言えます。

デビットカードは、Visa・Mastercardなどの加盟店でも利用可能です。さまざまな場所で決済に使えるため、持っておいて損はないでしょう。

後払いではなく自分の口座にある金額を利用することで、過剰な支払いに追われる心配もありません。

家族カード

債務整理をしていない家族にカードを作ってもらい、その家族カードを申し込むという方法もあります。債務整理をしたことによる影響は本人のみとなるため、同居の家族は関係ありません。

既に本会員としてカードを所持している家族がいれば、家族カードの発行を提案してみるのも一つです。

家族カードも本会員と同様に利用できるケースが少なくないため、持っておくと非常に便利です。

クレジットカードの債務整理は弁護士・司法書士に相談しよう

書籍

クレジットカードの利用で借金がかさみ債務整理をする場合は、弁護士・司法書士に依頼しましょう。債権者とのやり取りや複雑な手続きを代行してくれるなどは依頼するメリットです。

ただし、弁護士と司法書士では扱える業務範囲が異なることを理解しておきましょう。

 弁護士は代理人として交渉・訴訟が可能です。一方で、認定司法書士は140万円以下の案件に限り、交渉・訴訟ができます。

つまり、借金額が140万円以上となる場合は、弁護士でなければ対応できません。また、各法律事務所などでは債務整理の依頼料金は異なります。

無料相談を受け付けている場合が多いため、まずは電話・メールなどで問い合わせをしてみましょう。見積もりを出してもらい、自身の可能な範囲で依頼できる先を探してみてください。

債務整理の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所5選

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所の特徴
  • 債務整理の事案を数多く手がけた経験と実績
  • 土日祝日も電話対応OK
  • 借金問題の相談料は無料

東京ロータス法律事務所は、債務整理事案を数多く手がけた実績があるので、ノウハウを持っており、ひとりひとりの事情に応じた解決策を提案してくれます

 借金問題の相談料は無料なので、弁護士に依頼するお金がないという場合でも相談可能です。

電話相談には電話代がかからないので、じっくりと納得のいくまで相談できます。

電話相談は土日祝日も対応しているので、平日は仕事で忙しい方も安心です。

相談料

無料
任意整理の費用

着手金・報酬金:22,000円

減額報酬:11%

自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用 着手金・報酬金:330,000円~
過払い金の費用

着手金・報酬金:無料

過払い金報酬:返還額の22%

所在地 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
主な対応業務 債務整理・交通事故・労働問題・債権回収・相続問題・不動産トラブル

出典:http://tokyo-lawtas.com/ ※価格は全て税込です。

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所の特徴
  • わかりやすいコラムで予備知識を得られる
  • 25年以上の実績のある弁護士が運営
  • 女性の弁護士が在籍している

ひばり法律事務所は、2020年7月に個人事務所「名村弁護士事務所」から弁護士法人事務所「ひばり法律事務所」に組織変更した法律事務所です。

 25年以上の経験と実績のある弁護士が所属しており、さまざまなケースに適切な対応が可能です。

「ご相談者様の立場に立って、親身になって業務をすること」を基本理念として掲げており、一人ひとりに合った解決策を提案してくれます。

女性の弁護士も在籍しているため、女性に相談したい人にもおすすめです。

相談料 無料
任意整理の費用 着手金・報酬金:22,000円
自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用

着手金:330,000円~

報酬金:220,000円~

過払い金の費用

着手金:0円

報酬金:0円~

成功報酬:回収金の22%(訴訟は27.5%)+実費

所在地 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
主な対応業務 借金問題・サイト被害・離婚・相続

出典:https://www.hibari-law.net/ ※価格は全て税込です。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 相談料・着手金が無料
  • 何回でも無料で相談ができる!
  • 全国どこでも無料で出張
  • 20万件以上の相談実績

はたの法務事務所は、司法書士の事務所です。全国の指定した場所に無料出張してくれるので、家事や育児の合間に相談も可能です。

 相談料や着手金が無料で、相談は何回でも無料です。さらに費用の分割払いや過払い金を無料で調べるサービスも行っています。

これまで20万件以上に対応した実績と経験があり、満足度も95.2%※1と高水準です。土日祝日も電話相談が可能なので、平日は忙しくて時間が取れないという人にもおすすめです。


費用の分割払いもできるので、手持ちのお金がないという場合にも安心です。

※1公式サイトより

相談料・着手金 無料
任意整理の費用

基本報酬:20,000円〜

減額報酬:減額できた金額の10%

自己破産の費用 報酬:30万円~(少額管財事件は+20万円~)
個人再生の費用 報酬:35万円~(再生委員に支払う費用+20万円~)
過払い金の費用

基本報酬:無料

過払い報酬:取り戻した過払い金額の20%。※10万円以下の場合は12.8%(+1万円の計算費用)

所在地(東京本店) 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階
主な対応業務 債務整理・過払金請求・登記業務

出典:https://hikari-hatano.com/ ※価格は全て税込です。

弁護士法人・響

弁護士法人・響

弁護士法人・響の特徴
  • 多くの弁護士が在籍
  • 進捗状況をこまめに連絡
  • 依頼前にかかる費用を明示

弁護士法人・響は、お客様に寄り添った解決を第一の目標としている法律事務所です。納得いくまでわかりやすく方針を説明してくれるだけでなく、進捗状況もこまめに連絡してくれます。

 24時間365日相談受付しており、全国にも対応しているので、近くに任せられる法律事務所がない場合にもおすすめです。

多くの弁護士が在籍しており、担当弁護士だけでなくチーム全体で取り組んでくれるので、問題解決力も高いです。

依頼前に費用をきちんと明示してくれるので、説明されていない追加料金が発生する不安がないのも魅力です。
相談料 無料
任意整理の費用

着手金:55,000円〜

報酬金:11,000円〜

減額報酬金:減額分の11%

自己破産の費用

着手金:33万円〜

報酬金:22万円〜

個人再生の費用

着手金:33万円〜

報酬金:33万円〜※住宅なし:22万円〜

過払い金の費用

着手金:無料

解決報酬金:22,000円

過払報酬金:返還額の22%(訴訟:27.5%)

所在地(西新宿オフィス) 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚

出典:https://hibiki-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所の特徴
  • 専門チームでの迅速な対応
  • 諦めずに戦い続ける姿勢
  • 債務整理専用サイトで借金減額診断が可能

天音総合法律事務所は、依頼者が本当に求める最高の成果にこだわり、利用者の声に耳を傾けてくれる法律事務所です。

 早期解決を目指し、各案件には専門チームで迅速に対応してくれます。

公式サイトで借金が減額できるかどうかを無料で診断できるので、相談すべきか迷ったらまずは無料診断を試してみてはいかがでしょうか。

24時間365日、全国エリアの相談を受け付けているのも魅力的ですね。
相談料 無料
任意整理の着手金・報酬金

着手金:55,000円~

和解報酬:11,000円~

減額報酬:減額分の11%

過払い報酬:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

自己破産の着手金 605,000円~
個人再生の着手金 715,000円~※住宅ローンなし:605,000円~
過払い金の成功報酬

着手金:無料

報酬金:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

所在地 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14 堀留THビル10階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚・労働紛争

出典:https://amane-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

まとめ

この記事では、債務整理をするとクレジットカードは使えるのか、いつ作れるかなどを解説しました。

結論から言うと、債務整理をすると所持するクレジットカードは使えません。また、事故情報として登録されている期間は新規で申し込みをしても審査落ちは濃厚です。

信用情報機関に登録されている期間は、5年~10年となります。そのため、新たにカードを所持したい場合はそれ以降に申し込むことになるでしょう。

審査に通過する確率を上げるため、信用を積み上げることや一社に絞って申し込むなど、ポイントを押さえておいてください。

クレジットカードへの影響を理解したうえで債務整理を検討する場合は、弁護士・司法書士への相談がおすすめです。

記事内で紹介した弁護士・司法書士事務所では無料相談を実施しているため、ぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事