借金依存症とは?陥りやすい人の特徴や相談先、治療法も詳しく解説

「借金を辞めたいけれど辞められない」「借金に頼りがちになっている」このように感じたことはありませんか?

借金を辞めたいのに意思に反して借金を繰り替えしてしまうのは、「借金依存症」に陥っていることが原因かもしれません。

万が一借金依存症に陥ってしまった場合は、自分自身の力だけ改善するのは困難です。

そこで本記事では、借金依存症の基礎知識や、借金依存症の相談窓口などについて解説します。

本記事で分かること
  • 借金依存症とは何か
  • 借金依存症を治すためにできること
  • 借金依存症の相談窓口
  • 病院で受けられる借金依存症の治療

借金依存症になる前に弁護士に相談するメリットにも言及しているので、ぜひ参考にしてください。

借金依存症とは?

紙幣を持つ人

依存症とは、特定の何かに心を奪われて、意思に反してその対象を手放せなくなってしまう精神疾患の一つです。依存の対象は、物質や行為、人など多岐に渡ります。

そして借金依存症とは、借金へ過度に依存し借金せずにはいられない精神状態に陥っていることを言います。

依存症に陥った人が特定の行為などを辞められなくなってしまうのは、決して当人の精神力が弱いからではありません。依存症は、人間の脳の構造が大きく関係していると考えられています。

では、借金依存症への理解を深めるために、依存症に陥るメカニズムから見ていきましょう。

借金依存症のメカニズム

特定の行為によって興奮や喜びを感じると、脳からドーパミンと呼ばれる快楽物質が分泌されます。快楽物質が分泌されると、脳はそれを報酬と認識し、しだいに報酬を求めるようになっていくのです。

このような状態になると、快楽や興奮の要因となる行動を取った時に快楽物質が強制的に分泌されるようになります。ドーパミンが大量に放出されればより強い快楽を得られるように思えますが、実際はそうではありません。

 ドーパミンが過剰に放出されると、ドーパミンに対して耐性が生まれることで快楽を感じにくくなるのです。

これが原因で、脳がこれまで得られた快感を欲しがるようになり、特定の行為に対する依存が形成されていくというのが、依存症に陥る一連の流れです。

つまり、借金依存が形成されていく過程は概ね以下の通りです。

借金をして一時的にでもお金を得た喜びや興奮などによりドーパミンが分泌され、脳がそれを報酬と認識することで、報酬を得ようとする脳内回路ができあがります。

そして、借金を繰り返えすたびにドーパミンが大量に放出されるようになるものの、そこから得られる快楽が薄れていき、再び快楽を得るためにドーパミンを放出する要因となる「借金」への依存が強くなっていく。

概ねこういった段階を経るのが一般的だと考えられています。

 借金は自分にとって良くないことだと理解していても、衝動を抑えきれずに借金をしてしまうようになれば「借金依存症」に陥っていると言える可能性もあります。

このように、借金依存症を含む依存症と呼ばれる病気は、脳の構造が深く関係しているため、自分自身の意識だけで改善するのは相当に困難なのです。

出典:依存症についてもっと知りたい方へ‐厚生労働省
出典:依存症‐日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

借金依存症に陥りやすい人の特徴

コインに座る人

借金依存症に陥りやすい人には、いくつか共通の特徴があると考えられています。

本項では、その中から代表的な特徴を4つ紹介するので、自身に当てはまるものがあるか確認してみてください。

借金依存症に陥りやすい人の特徴
  • 慢性的なストレスがある
  • 収入が減った
  • ギャンブル依存の傾向がある
  • 虚勢を張る癖がある

一つずつ見てきましょう。

※今回ご紹介する特徴はあくまでも一例です。該当したからと言って必ずしも借金依存症に陥っている・陥りやすいとは限りません。不安なことがあれば、必ず医療機関を受診し、医師の診断を受けるようにしましょう。

慢性的なストレスがある

仕事やプライベートなどが原因で慢性的なストレスを抱えている人は、借金依存症に陥りやすい傾向があります。

 ストレス発散の手段として「買い物」を選択し、しだいに自制心が効かなくなり、家計状況を考慮せずに商品やサービスにお金を投資してしまうようになる危険性があるためです。

お金が無くなっても衝動的に買い物する癖が消えなければ、借金に手を出してしまう恐れがあります。

そして、借金してお金さえ手に入れればストレスが解消されるといった思いこみに囚われて、借金を辞められなくなる可能性が考えられます。

収入が減った

コインと新芽

大幅に収入が減ってしまえば生活に大きな影響が生じます。節制に励んでも生活費が足りなければ、借金せざるを得なくなり、徐々に借金に頼りがちになっていく恐れがあります。

 娯楽費や食費などの変動費を削減すれば生活が成り立つ場合でも、これまで以上に切り詰めて生活レベルを落とすのは簡単ではありません。

生活レベルを維持するために借金をしてしまい、借金が辞められなくなるケースは少なくありません。

ギャンブル依存の傾向がある

ギャンブルへ過度にのめり込み、辞めたくても辞められなくなっていれば、ギャンブルに依存している可能性が高いでしょう。

依存の度合いが激しい場合には「ギャンブル依存症」と定義され、病気として認識されるようなります。実際にギャンブル依存症は、「病的賭博」という名称でWHOにより正式に精神疾患として認められているのです。

そして恐ろしいことに、ギャンブル依存症と借金依存症は併発しやすい病気としても知られています。

ギャンブル依存の傾向があれば、借金依存症に陥る可能性がある訳ですね。

知っての通りギャンブルは報酬が担保されているものではありません。むしろ、継続するとお金が無くなっていく傾向があります。

ギャンブルの採算性の悪さを理解しているにもかかわらず、「一攫千金を実現した喜び」や「何が起きる分からない緊迫感」にとりつかれ、簡単には辞められなくなってしまうのがギャンブル依存症の怖さです。

ギャンブルを続ければ高確率で資金が底をつきます。

 そこで冷静さを取り戻しギャンブルを辞められれば良いのですが、ギャンブル依存症に陥っている場合、必ずしも合理的な判断ができるとは限りません。

ギャンブルの優先順位が高くなり、賭博資金を確保するために借金するようになってしまえば、お金が無くなるたびに借金する癖がつき、借金が常態化する懸念があります。

出典:ギャンブル依存症ってどんな病気? – 依存症対策全国センター 

虚勢を張る癖がある

紙幣を手のひらで広げる人

虚勢を張る癖があると、自分を実力以上に見せようといった思いからブランド品を買い漁ったり、身の丈に合わない買い物をしてしまったりします。

虚勢を張る人は、自分に自信がなくコンプレックスを隠すために必要以上に着飾ってしまう傾向があると考えられているのです。

たとえコンプレックスを隠すためであったとしても、ブランド品に身を包まれていれば周囲から憧れの目で見られ、実際に褒められることもあるかもしれません。

 しかし、この周囲から評価された快感が忘れられず「自分を魅せる」ためにお金遣いが荒くなり、借金してしまうケースは珍しくありません。

借金依存症を治すためにできること

借金依存症を自力で治すのは困難ですが、少しでも症状を緩和させる、あるいは依存の進行を食い止めるためにできることもあります。

そこで本項では、借金依存を緩和するための効果的な3つの方法を紹介します。

効果的な方法
  • 家族に協力してもらう
  • 貸付自粛制度で借金を強制的に絶つ
  • カウンセリングを利用する

家族に協力してもらう

話し合い

前述の通り、借金依存症は自分が治したいと強く思っていても簡単には治せない側面があります。

 そのため、同居する家族がいる場合には、キャッシュカードやクレジットカードなどを管理してもらい、借金しにくい環境を作ることがおすすめです。

自分だけで借金依存を克服できなくても、家族の協力があれば借金への依存度合いが緩和される可能性があります。

貸付自粛制度で借金を強制的に絶つ

借金ができる状況で借金依存を治すのは困難です。そこでおすすめなのが、「貸付自粛制度」を利用して借金を強制的に絶つことで依存度合いを緩和していく方法です。

貸付自粛制度とは、各都道府県に設置される日本貸金業協会に自粛申請を行い、約5年間貸金業者からの貸付を受けられないようにする制度を指します。

 ただし、自粛情報が登録されてから原則3カ月が経過すると、本人の申請によって自粛状態を解除し再び借金できるようになってしまいます。

貸付自粛制度の利用により「借金なしの生活に慣れる」効果は期待されますが、完全に借金を辞められるかどうかは、依存の度合に左右される側面があります。

出典:貸付自粛制度について‐日本貸金業協会 

カウンセリングを利用する

話し合い

どうしても借金依存が改善されない場合には、後述するような相談窓口や依存症専門医療機関でカウンセリングを受けるのが効果的です。

 借金依存を一人で抱えんでいると精神的な負担がかかり、さらに依存状態を悪化させる懸念があります。

無料でカウンセリングを実施している相談窓口も存在するので、できるだけ早く悩みを打ち明け、借金依存を解決するためのアドバイスを受けるのがおすすめです。

借金依存症だと思ったら?相談窓口4選

借金依存症について相談できる窓口としては、以下のようなものが挙げられます。

相談窓口
  • 日本クレジットカウンセリング協会

  • 保健所

  • 精神保健福祉センター

  • 自助グループ・回復支援施設

それでは見ていきましょう。

日本クレジットカウンセリング協会

クレジットカードを持つ人

日本クレジットカウンセリング協会とは、クレジットカードや消費者ローンなどによって多重債務に陥った人に対するカウンセリングを行う公益財団法人を指します。

内閣府の認定を受けた公益組織であるため、カウンセリングは全て無料で受けられます。

 借金依存を抱える人にとって嬉しいポイントは、カウンセリングのみならず無料で家計管理のサポートが受けられる点です。

弁護士会から推薦された弁護士や、消費生活アドバイザー、臨床心理士などの専門的資格を持ったカウンセラーにより、生活の再建を援助してもらえます。

借金への依存度合いによっては、後述する自助グループや専門の病院などを紹介してもらうことも可能です。

保健所

保健所とは、地域保健法に基づき都道府県や政令指定都市などに設置され、地域住民の健康増進などを目的に活動している機関のことです。

保健所では、保険や福祉に関する相談のほか、借金依存を含む様々な依存症に関する相談を受け付けています。

医師や保健師、精神保健福祉相談員が相談対応をするので、専門的な観点からアドバイスがもらえます。相談方法も幅広く、面談や電話相談だけでなく、家庭訪問による相談も実施しています。

精神保健福祉センター

保健所を利用する人

精神保育福祉センターとは、精神保健福祉法に基づき都道府県や政令指定都市に設置され、依存症患者などに対し社会復帰に向けた援助を行う機関を指します。

医師、看護師、保健師、精神保健福祉士、臨床心理技術者、作業療法士など専門職からの助言が受けられます。

匿名での電話相談も受け付けているので、気軽に相談可能です。

自助グループ・回復支援施設

自助グループ・回復支援施設とは、借金依存症やギャンブル依存症などの問題を抱えた人達が、同じ悩みを抱える人と繋がりを持ち、苦悩を共有し支え合いながら社会復帰を目指すグループのことを言います。

依存症を自分の力だけで克服するのは困難です。しかし、同じ問題を抱える人同士でコミュニケーションをとり、問題について理解を深めることで、自身の状態を客観視できるようになっていきます。

 同じ属性を持つ人との対話は、自身が抱える問題の本質を客観的に見つめ直し、精神面と行動面を共に変容させるきっかけになり得るのです。

自助グループ・回復施設はそれぞれの問題別で全国に設置されています。本格的に利用を検討する場合は、市区町村や保健所などに問い合わせ、参加を希望するグループが近くにあるか確認してみてください。

病院で受けられる借金依存症の治療とは?

カウンセリング

万が一借金依存症に陥った場合に、病院ではどのような治療を受けることになるのか気になる人も多いでしょう。

医師と相談しながら依存状態や本人の性格などに合わせて治療を進めていくケースが多いため、必ずしも特定の治療が行われるわけではありませんが、依存症専門医療機関を受診した場合によく実施される治療方法があります。

それが「行動認知療法」と言われる治療法です。

前述したように、借金することで脳から快楽物質が放出され、これを脳が報酬と認識し、さらなる快楽を求めて借金を繰り返すようになるのが借金依存症の始まりです。

つまり、借金が脳に報酬をもたらす行動であると学習することで、借金への依存が形成されていくのです。

 さらに、借金依存症に陥っている人は、「借金をすることでストレス発散になった」「借金によって精神の安定を手に入れた」などと心に生じた変化と借金の関連性をポジティブに捉える傾向があるとされています。

このように、借金があたかも自分にとって必要なモノと錯覚してしまうことが、依存状態から抜け出せなくなる一因とも言われています。

行動認知療法とは、こういった特定の行動が依存症に結びく因果関係を知り、意識的に対処する方法を習得することで依存の克服を目指す治療方法です。

「自分がなぜ借金を繰り返してしまうのか」「脳内で何が起きているのか」などを客観的に認識し、医師の指導のもと借金への衝動を抑える行動や思考を意識的に取り入れていきます。

一定のプログラムの中でこのような行動と思考を反復し、「自分は借金をしなくても大丈夫」と思えるように脳内を整えていくことで、依存状態を解消しようとするのが行動認知療法の一般的な治療スタイルです。

出典:依存症のための心理療法 – 依存症対策全国センター 

借金依存症になる前に弁護士に相談しよう

相談受ける弁護士

本記事で、借金依存症に陥りやすい人の特徴を解説しましたが、どのような人でも借金依存症に陥るリスクはあります

「借金して一時的にでも生活を安定させたい」「借金してでもほしいモノが買いたい」など、借金の動機は人それぞれです。

「一度だけなら大丈夫」と自分を納得させ借金に手を出しまったことを機に、借金を繰り返してしまう人もいます。

 何かに依存しやすい性格的傾向を有していない人でも、借金が常態化していけば、少なからず借金への依存が強くなっていくものです。

そして、借金を繰り返して借入額が増え返済が困難になってくると、借金を返済するために借金せざる得なくなり、さらに借金への依存を強める負のループに陥る可能性があります。

そのため、借金する頻度が増えてきた時は、借金依存症に陥る前に弁護士に相談し借金問題の対処法に関するアドバイスをもらうのがおすすめです。

借金問題を弁護士に相談する大きなメリットとしては、以下の2つが挙げられます。

弁護士に相談するメリット
  • 債務状況に応じた解決策が知れる
  • 借金依存症になるまえに借金問題を解消できる

借金を解消するための方法は複数あります。しかし、借金を解消するために何をするべきか分からない人も多いでしょう。

どんな解決策があるのか知っている人の方が少ないかもしれません。

借金問題の実績が豊富な弁護士なら、債務状況に合った解決策を提案してくれます。

 弁護士を介して借金を効率良く返済するための手段を知ることで、借金返済のために借金するという選択をとる機会が無くなり、自然に借金への依存が弱まっていくことが期待されます。

そして最終的に、弁護士からのサポートを受けつつ借金を早い段階で完済すれば、借金依存症に陥るのを未然に回避できる可能性があります。

家族が借金依存症になってしまった場合の対処法

もしも、家族が借金依存症になってしまったら、いったいどのように対処すればよいのでしょうか。借金依存症を改善できるかどうかは、本人の努力と家族の対処次第です。

ここでは、家族が借金依存症になってしまった場合におすすめの対処法を4つ紹介します。

懇願されても絶対にお金を貸さない

まず当然のことですが、たとえ懇願されても絶対にお金を貸してはいけません。

家族に心からお願いされたら「1度だけなら大丈夫か」と甘くなってしまいがちですが、たった1度でも貸すのはNGです。

 家族の借金依存症を一刻も早く改善したければ、新たにお金を貸すのは厳禁です。

記憶だけが頼りだと貸したかどうかで水掛け論の言い争いになり、家族関係に亀裂が生じかねません。もし「お金を貸して欲しい」と懇願されても、貸さないようにしましょう。

家族間の借金は、借用書を作成しないケースがよくあります。

全国銀行個人信用情報センターに貸付自粛を申告

書類に記入する人

2019年3月から、貸付自粛制度がスタートしました。

貸付自粛制度とは

全国銀行個人信用情報センターに本人などが貸付自粛を申告し、その情報を会員である金融機関に提供する制度

貸付自粛が信用情報に登録されるため、借金をしにくくなります。つまり、借金依存症となった家族が、簡単にはお金を借りられなくなるのです。

とはいえ、貸付自粛を申告しても、必ず借りられなくなるわけではありません。最終的な与信判断は、各金融機関に委ねられます。

何もしないよりは効果的ですので、貸付自粛制度を有効活用し、借金する機会を減らしましょう。

精神科を受診してカウンセリングを受けるようにすすめる

本人や家族の頑張りだけで借金依存症の改善が難しい場合は、そのまま放置せず医療機関を受診してもらうのがおすすめです。

 借金依存症をはじめとした依存症は病気ですので、いつか改善するだろうと楽観視するのはよくありません。

本人が病気を自覚し、根拠に基づいた治療を受けることが必要です。精神科では、まずカウンセリングから受けられます。

本人のためを思うなら、精神科の受診をすすめましょう。

自助グループへの参加を促す

借金依存症の対処法の1つに、自助グループへの参加があります。自助グループへの参加は、同じ境遇の仲間をみつけて交流を深めることが目的です。

自助グループに参加し借金依存症を改善できるケースがあります。

 あまり広く知られていませんが、全国には借金依存症をはじめとした依存症の改善を支援する自助グループが数多く存在します。

家族の誰かが借金依存症になったら、家族だけで問題を抱え込んでしまいかねません。また、借金依存症とどう向き合えばよいのか悩み、疲れ果ててしまうこともあります。

自助グループへの参加は、本人のみならず家族にとっても救いとなることがほとんどです。

自助グループと上手く連携しながら、借金依存症の改善を目指していきましょう。

借金問題の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所5選

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所の特徴
  • 債務整理の事案を数多く手がけた経験と実績
  • 土日祝日も電話対応OK
  • 借金問題の相談料は無料

東京ロータス法律事務所は、債務整理事案を数多く手がけた実績があるので、ノウハウを持っており、ひとりひとりの事情に応じた解決策を提案してくれます

 借金問題の相談料は無料なので、弁護士に依頼するお金がないという場合でも相談可能です。

電話相談には電話代がかからないので、じっくりと納得のいくまで相談できます。

電話相談は土日祝日も対応しているので、平日は仕事で忙しい方も安心です。

相談料

無料
任意整理の費用

着手金・報酬金:22,000円

減額報酬:11%

自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用 着手金・報酬金:330,000円~
過払い金の費用

着手金・報酬金:無料

過払い金報酬:返還額の22%

所在地 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
主な対応業務 債務整理・交通事故・労働問題・債権回収・相続問題・不動産トラブル

出典:http://tokyo-lawtas.com/ ※価格は全て税込です。

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所の特徴
  • わかりやすいコラムで予備知識を得られる
  • 25年以上の実績のある弁護士が運営
  • 女性の弁護士が在籍している

ひばり法律事務所は、2020年7月に個人事務所「名村弁護士事務所」から弁護士法人事務所「ひばり法律事務所」に組織変更した法律事務所です。

 25年以上の経験と実績のある弁護士が所属しており、さまざまなケースに適切な対応が可能です。

「ご相談者様の立場に立って、親身になって業務をすること」を基本理念として掲げており、一人ひとりに合った解決策を提案してくれます。

女性の弁護士も在籍しているため、女性に相談したい人にもおすすめです。

相談料 無料
任意整理の費用 着手金・報酬金:22,000円
自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用

着手金:330,000円~

報酬金:220,000円~

過払い金の費用

着手金:0円

報酬金:0円~

成功報酬:回収金の22%(訴訟は27.5%)+実費

所在地 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
主な対応業務 借金問題・サイト被害・離婚・相続

出典:https://www.hibari-law.net/ ※価格は全て税込です。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 相談料・着手金が無料
  • 何回でも無料で相談ができる!
  • 全国どこでも無料で出張
  • 20万件以上の相談実績

はたの法務事務所は、司法書士の事務所です。全国の指定した場所に無料出張してくれるので、家事や育児の合間に相談も可能です。

 相談料や着手金が無料で、相談は何回でも無料です。さらに費用の分割払いや過払い金を無料で調べるサービスも行っています。

これまで20万件以上に対応した実績と経験があり、満足度も95.2%※1と高水準です。土日祝日も電話相談が可能なので、平日は忙しくて時間が取れないという人にもおすすめです。


費用の分割払いもできるので、手持ちのお金がないという場合にも安心です。

※1公式サイトより

相談料・着手金 無料
任意整理の費用

基本報酬:20,000円〜

減額報酬:減額できた金額の10%

自己破産の費用 報酬:30万円~(少額管財事件は+20万円~)
個人再生の費用 報酬:35万円~(再生委員に支払う費用+20万円~)
過払い金の費用

基本報酬:無料

過払い報酬:取り戻した過払い金額の20%。※10万円以下の場合は12.8%(+1万円の計算費用)

所在地(東京本店) 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階
主な対応業務 債務整理・過払金請求・登記業務

出典:https://hikari-hatano.com/ ※価格は全て税込です。

弁護士法人・響

弁護士法人・響

弁護士法人・響の特徴
  • 多くの弁護士が在籍
  • 進捗状況をこまめに連絡
  • 依頼前にかかる費用を明示

弁護士法人・響は、お客様に寄り添った解決を第一の目標としている法律事務所です。納得いくまでわかりやすく方針を説明してくれるだけでなく、進捗状況もこまめに連絡してくれます。

 24時間365日相談受付しており、全国にも対応しているので、近くに任せられる法律事務所がない場合にもおすすめです。

多くの弁護士が在籍しており、担当弁護士だけでなくチーム全体で取り組んでくれるので、問題解決力も高いです。

依頼前に費用をきちんと明示してくれるので、説明されていない追加料金が発生する不安がないのも魅力です。
相談料 無料
任意整理の費用

着手金:55,000円〜

報酬金:11,000円〜

減額報酬金:減額分の11%

自己破産の費用

着手金:33万円〜

報酬金:22万円〜

個人再生の費用

着手金:33万円〜

報酬金:33万円〜※住宅なし:22万円〜

過払い金の費用

着手金:無料

解決報酬金:22,000円

過払報酬金:返還額の22%(訴訟:27.5%)

所在地(西新宿オフィス) 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚

出典:https://hibiki-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所の特徴
  • 専門チームでの迅速な対応
  • 諦めずに戦い続ける姿勢
  • 債務整理専用サイトで借金減額診断が可能

天音総合法律事務所は、依頼者が本当に求める最高の成果にこだわり、利用者の声に耳を傾けてくれる法律事務所です。

 早期解決を目指し、各案件には専門チームで迅速に対応してくれます。

公式サイトで借金が減額できるかどうかを無料で診断できるので、相談すべきか迷ったらまずは無料診断を試してみてはいかがでしょうか。

24時間365日、全国エリアの相談を受け付けているのも魅力的ですね。
相談料 無料
任意整理の着手金・報酬金

着手金:55,000円~

和解報酬:11,000円~

減額報酬:減額分の11%

過払い報酬:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

自己破産の着手金 605,000円~
個人再生の着手金 715,000円~※住宅ローンなし:605,000円~
過払い金の成功報酬

着手金:無料

報酬金:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

所在地 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14 堀留THビル10階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚・労働紛争

出典:https://amane-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

よくある質問

どんな理由で借金をする場合が多い?
ギャンブル依存が原因で借金をする場合もありますが、借金の理由で多いのは足りない生活費を補うためです。もともと低所得だったり職を失ったりなどの理由で収入が減少した人が、生活費をカバーするために借金をします。また、たとえそれなりの額の収入があっても、支出がかさむと借金するケースが珍しくありません。出産・子どもの教育・ショッピング・旅行など、借金する理由は人によってそれぞれ違いますが、慢性的に続くと借金依存症になるリスクが高まります。
借金依存症になりやすい人の特徴は?
見栄や虚勢を張る性格の人は、借金依存症になりやすいといえます。なぜなら見栄や虚勢を張るために、いくらでもお金をかけてしまうためです。つまり、借金にほとんど抵抗を覚えません。
また「お金がないと何もできない」など、もともとお金への依存心が強い人も借金依存症になりやすいです。お金があると安心できるため、借金をしてでも手持ちのお金を増やそうとします。
ほかにも、計画性がない人や借金自体をあまり気にしない人も、借金依存症になりやすい人の特徴です。
借金依存症は病気?
借金依存症は病気の一種だといえるので、もしも症状が出たら放置せずに医療機関を受診して適切な治療を受けるのが最善策です。本人や家族の努力だけでは、借金依存症が改善しないケースも珍しくありません。その場合は精神科など専門の医師に相談し、1日でも早く病気が治るように努力する必要があります。
借金をなるべく早く完済するにはどうすればいい?
借金を完済するには、固定費を再検討するなどの節約が必要不可欠です。余計な出費を抑えられれば、その分早く完済できる可能性が高くなります。また、高金利の借金から先に返済したり1回の返済額を増やしたりなど、返済方法を工夫することも早く完済するためのコツです。もし、これらの努力をしても早く完済できない場合は、弁護士や司法書士に債務整理を依頼し、借金を減額してもらうのも手段のひとつといえます。

まとめ

借金依存症は、借金をするべきではないと理解していても借金を辞められない精神疾患の一種です。

借金依存を含む依存症には、特定の行為によって快楽物質が放出される脳の仕組みが深く関係しているので、自分の意識でだけで依存状態を解消するのは容易ではありません。

もし、「自分は借金依存症かもしれない」「借金の頻度が増えてきている」と感じた時は、専門の相談窓口や医療機関、弁護士などに相談し、専門的な観点からアドバイスを受けることが重要です。

借金を繰り返すほど、借金への依存は強くなっていく傾向があります。

そのため、早めに対策を打つことが借金依存を食い止める鍵となります。

借金問題や依存症に関する無料相談に対応している相談窓口も存在するので、問題を一人で抱え込まないようにしましょう。

また、借金依存症に陥る前に早い段階で借金問題を解消することが大切です。記事内では無料相談を実施している弁護士・司法書士事務所も紹介したため、ぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事