借金の返し方のポイントは?返済できなくなる要因や解決策も解説

「借金を返済できなくて困っている」「借金の有効的は返し方とは?」このような悩みや疑問を感じたことがある人は少なくないでしょう。

借金の返し方に関するポイントを把握することが、借金問題を解消するための一歩です。

本記事では、借金の返し方に関する重要なポイントや借金が返済できなくなる要因について解説します。

本記事で分かること
  • 借金の返し方に関する重要なポイント
  • 借金が返済できなくなる要因
  • 借金が返せない場合の対処法

借金問題を弁護士に相談するのがおすすめな理由についても言及しているので、ぜひ参考にして下さい。

借金の返し方ポイント①収支を見直す

コインの上に腰掛ける男性

借金を返済するには、まず収支を見直すことが有効的です。収支を見直すのに重要なポイントとしては以下のようなものが考えられます。

収支を見直すのに重要なポイント
  • 現在の状況を把握する
  • 現実的な返済計画を立てる
  • クレジットカードの利用を控える

では、一つずつ見ていきましょう。

現在の状況を把握する

収支を見直し借金を返済するために、まず現在の「契約状況」と「返済状況」を把握しましょう。

契約状況や返済状況を正確に把握するためには、債権者に対し取引歴意の開示請求をするのが有効的です。

取引履歴とは、債務者と債権者間で行われた金銭のやりとりの記録や、借金の契約内容等を記載した書面を指します。

貸金業法には、債権者は取引履歴を保存し開示請求があった場合に応じなくてはいけないといった旨が定められているため、順当に行けば取引履歴の開示を拒まれることはほとんどありません

契約状況・返済状況を把握する

グラスの中のコインと新芽

貸金業者によって記載する内容は異なりますが、取引履歴では主に以下の内容を確認できます。

取引履歴で確認できる内容
  • 借入総額
  • 返済金額
  • 年金利
  • 金利タイプ
  • 遅延損害金の有無
  • 返済期間

借入総額や年金利だけを把握していても、収支を見直し借金を完済することは困難であると言えます。

 なぜなら、金利タイプや遅延損害金の有無によって支払総額は異なるからです。

例えば、金利タイプが利率を定期的に見直す変動性であれば、契約当初より金利が高くなっている可能性があり、現在の金利に基づいて借金を計算しなければ正しい債務残高を把握できません。

また、これまでに借金の支払いが期限に遅れたことがあれば、遅延損害金が発生している恐れがあります。

遅延損害金により遅滞分を完済するまで加算されるため、支払総額が大幅に増えている可能性も否定できません。

このように借り入れ当初と契約内容が同じでも、状況によって支払総額が増額されているケースがあることを認識しておきましょう。

現実的な返済計画を立てる

電卓とペン

現実的な借金の返済計画を立てるには、家計を維持するために必要な金額を書き出し、月々の支払いに充てられる金額を明確にすることが重要です。

長期に渡って実現可能な返済計画を立てることができれば、あとは実践するだけなので不要な出費は極力なくしていきましょう。

返済シミュレーションを利用するのも有効的

自力で返済計画を作成することが困難であれば、返済シミュレーションを活用するのがおすすめです。

匿名かつ無料で使用できる返済シミュレーションアプリは数多く存在しており、誰でも気軽に利用できます。

 返済シミュレーションを使用すれば、債務残高や金利などの特定の情報を入力することで、借金を完済するための期間や支払総額を診断することが可能です。

ただしあくまでシミュレーションであるため、診断結果を過信しないようにしましょう。

クレジットカードの利用を控える

数枚のクレジットカードを持つ手

クレジットカードの利用は、家計を圧迫する大きな要因の一つになります。

クレジットカード決済を活用すれば現金がすぐに用意できなくても買い物ができ非常に便利ですが、原理的には借金と同じです。

利用残高が増えていけば、しだいに返済が困難になります。特に注意が必要なのは「リボ払い」です。

リボ払いとは、正式にはリボルビング払いと呼ばれるクレジットカード決済の一つです。利用残高に関わらず、毎月一定の金額を返済するのが特徴です。

 毎月の返済額を低く設定していれば、一見楽に支払いができるように思えますが、これがリボ払いの落とし穴と言えます。

リボ払いの金利手数料は、月々の返済額に対してではなく利用残高に対して発生します。

そのため、利用残高に対して月々の返済額を低めに設定していると、その分支払い期間が長期化し支払わなくてはいけない利息が増えてしまうのです。

借金の返し方ポイント②利息を減らす

積み上げられたコインと時計

借金の返し方として、利息を減らすのも重要なポイントとなります。利息を減らすためには、以下の手段が有効的です。

借金を減らすためのポイント
  • おまとめローンを利用する
  • ローンの借り換えを利用する
  • 繰り上げ返済を利用する

それでは、一つずつ見ていきましょう。

おまとめローンを利用する

おまとめローンとは、複数の借り入れ先から借金をしている場合に、現在より金利が低い業者から借り入れを行い、これまでの借金を完済することで借り入れ先を一社にまとめることを言います。

おまとめローンを利用し、元本に対して発生する利息を下げることができれば、支払総額の減額が可能です。

さらに、これまで複数回あった支払日を1日にまとめることが可能であり、家計管理の簡便化にも寄与します。

ただし、現在の借り入れ先と比較し新たな借り入れ先の利率が低くなったとしても、金利タイプによっては後々利率が上がってしまうケースがあるため注意が必要です。

前述したように金利タイプには変動制と固定性があり、変動性を選択した場合は市場金利の変動に伴い返済期間中に金利が高くなるケースも想定されます。

カードローンの借り換えを利用する

数枚の札を持つ手

カードローンの借り換えとは、現在よりも契約条件が良い業者から新たに借り入れを行い、現在の借金を完済することで借り入れ先を変更することを言います。

前述したおまとめローンとの違いは、目的が借り入れ先の1本化ではない点です。

 カードローンの借り換えでは、1社からの借金をより契約条件の良い借り入れ先に借り換えるとで、利息の減額を目指します。

利息が減額できれば、月々の返済額や支払総額の減額が可能です。また、カードローンの借り換えでは、新たな借り入れ先の契約条件によっては利用限度額を増額することも可能です。

利用限度額が増額され、新たに借り入れを行うようになれば、利息制限法の取決めに則り今より金利が低くなる可能性があります。

例えば、元本が10万円以上100万円未満の場合には年18%、元本が100万円以上の場合は年15%が金利の上限です。

利用限度額の増額に伴い新たな借り入れを行い、元本が99万円から100万円に上がれば上限金利が年18%から15%になるため、現在より金利が引き下げられる可能性が考えられます。

ただし、無計画に借り入れ額を増額してしまえば、単純に返済額のみが高くなり、借金完済から遠ざかる恐れがあるため注意が必要です。

繰り上げ返済を利用する

コインを積む人

手元にある程度まとまった金額がある人は、繰り上げ返済を利用することも有効的です。

繰り上げ返済とは、毎月の借金返済とは別に元本の一部あるいは全部を返済することを言います。

 繰り上げ返済での支払い分に対しては利息が発生せず、全て元本の返済に充てられることが大きなメリットです。

元本の大部分を返済すれば債務総額が大幅に減額され、月々の金利負担を軽減できます。

借金が返済できなくなる要因も知っておこう

借金を完済し問題を根本的に解決するためには、借金が返済できなくなる要因についても知ることが重要です。

本項では、借金が返済できなくなる要因を3つ取り上げます。

借金が返済できなくなる要因
  • 浪費癖がある
  • ギャンブルに依存している
  • 多重債務に陥っている

では、一つずつ見ていきましょう。

浪費癖がある

買い物袋を手にする人物

浪費癖とは、家計状況に関わらずお金を無駄に使ってしまう癖を指し、借金が返済できなくなる要因の一つと言えます。

商品やサービス自体にこだわりがあるわけではなく、行動原理にはお金を何かに投資することで欲求不満や欠落感を埋めようとするといった心理が働いているのではないかとも考えられています。

そのため、精神的な充足感が得られるまで、自身の収入や家計状況に関わらず衝動的な散財を繰り返えしてしまうのです。

 浪費を重ねているといずれ資金が底をつき、借金せざるを得ない状況に追い込まれることが懸念されるため、浪費癖を放っておくのは危険です。

浪費癖を改善するためには、必要な出費と不必要な出費を明確にしたうえで客観的に行動を振り返り、自分がどれだけ浪費しているのか認識することが大切です。

ギャンブルに依存している

スロットゲームを行う人物

ギャンブル依存の度合いが強くなれば、いわゆるギャンブル依存症と呼ばれ、正式には「病的賭博」という病名がつきます。

このような病名がついたのは、WHOによってギャンブル依存症が病気として認められたためです。

ギャンブル依存症に見られる特徴としては、精神的な興奮や快楽を求めて異様なほどギャンブルに執着し、収支のバランスを顧みずに多額の掛け金を投資してしまうといったものがあります。

 ギャンブル依存から抜け出さなくては破産してしまうと頭では理解していても、辞められないのがギャンブル依存症の深刻な症状と言えるでしょう。

ギャンブルに依存してしまう根本的な要因の一つとして考えられているのは、日常生活におけるストレスです。

ギャンブル依存に悩んでいる人は、ギャンブル以外にストレス発散の手段を見つけるか、あるいは医師の診断のもと通院や入院をして医学的な観点から改善策を見出す必要があると言えます。

出典:https://www.ncasa-japan.jp/understand/gambling/about
出典:https://www.nagahama-mental.com/entry.php?eid=92337

多重債務に陥っている

床に置かれた複数の札束

多重債務は、複数社から借金をしている状態を指します。

 複数社から借金していると必然的に複数回の支払い日を迎えることとなり、都度返済額を用意しなくてはなりません。

1社に対する借金返済が困難になり、返済額工面のために新たな借金を行った結果借り入れ先が複数になれば、1月に複数回訪れる支払日に決められた金額を返済するのは簡単ではないはずです。

返済に遅れると遅延損害金が発生し、債権者からも支払催促をされるため、より大きな精神的重圧に苛まれると想像できるでしょう。

膨れ上がる利息と止まらない支払い催促により精神が疲弊していけば、目の前の借金を返済するために借金をするといった状態に陥り多重債務に拍車をかける恐れがあります。

このように、多重債務は破産に向かう負のスパイラルをひき起こす要因となるため、借金問題を借金でしか解消できなくなる前に弁護士に相談するのがおすすめです。

借金の返し方の種類・返済プランをご紹介

借金の返し方には、さまざまな方法があります。また、返済プランは大きくわけて一括返済と分割返済の2種類あるため、借金を返す方法の種類を知り、自分に合った返済プランを選びましょう。

それでは、借金の返し方の種類と返済プランを紹介します。

借金の返し方は5種類

借金を返す方法としては、以下があります。

借金の返し方
  1. 店頭窓口
  2. ATM
  3. 銀行振込
  4. 自動引き落とし
  5. インターネット

店頭窓口を利用する場合、担当者に借金を相談できるため、今後の返済計画を練り直すことが可能です。ただし、窓口の対応時間を平日18時までに設定してある場合がほどんどのため、返済できる時間が限られてしまいます。

 ATMを利用すると気軽に支払いできる反面、周囲に借金を抱えている事実が知られる可能性があるでしょう。

消費者金融の自社ATMではなく、コンビニにあるATMでの支払いも可能ですが、提携ATMの場合には数百円ほどの手数料が毎回発生する場合がほどんどです。

銀行を利用する場合、基本的に振り込み手数料として数百円かかりますが、指定口座がある銀行支店で借金を返せば手数料がかからない場合もあります。

自動引き落としで借金を返す場合には、毎月登録した口座から自動的に返済されるため、わざわざ自分で振り込む必要がありません。

 なお、残高不足によって引き落としができない場合には遅延損害金が発生するため、口座残高は把握しておきましょう。

インターネットを使用できる環境なら、スマートフォンやパソコンから簡単に借金を返済できます。

インターネットで借金を返す方法を利用すれば、自宅や通勤時間に振り込めるため、返済忘れの防止にもつながるでしょう。

返済プランは大きくわけて2種類

借金の返済プランには、大きくわけ一括返済分割返済の2種類あります。

 一括返済は月々の支払いが不要なため、返済する手間を軽減でき、返済期間を短縮できる返済方法です。

分割返済は、返済期間は延びるものの、月々の支払いにかかる負担を軽減できます。それでは、2つの返済プランについてみていきましょう。

一括返済

一括返済は、借入日から借金を数日~1カ月以内にまとめて返済する方法です。返済期間が短くなるため、発生する利息が少なくなります。

借金は、借入日の翌日から1日ごとに利息が発生する仕組みです。よって、返済期間が長引くほど利息が発生するため、その分、余計にお金を支払わなければなりません。

 そこで、一括返済をおこなえば利息を最小限に抑えられるため、元本と少額の利息分のみ支払えば借金を完済できます。

ただし、1度の返済にかかる負担が重くなるため、無理に返済すると生活状況を悪化させる恐れもあるでしょう。

一括返済を利用するなら、ボーナスなど手元の資金に余裕ができたタイミングがおすすめです。

分割返済

分割返済は、数か月~数年にわけて借金を返済する方法です。1回の返済にかかる負担が軽い反面、返済期間が長引きやすく、支払総額が増えやすい特徴があります。

 月々の返済額を少なくし過ぎると、支払総額が増えすぎてしまい返済が困難になる可能性もあるでしょう。

分割返済を利用する際は、生活に支障が出ない程度の金額で返済しつつ、余裕がある場合には早めに完済を目指すことをおすすめします。

どうしても借金が返せない場合は債務整理を検討しよう

債務整理とは、借金の減免を行い債務者の社会的再生を支援することを目的とした手続きです。債務整理には以下の3種類が存在します。

債務整理の種類
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

過払い金請求を債務整理に含めるといった見解もありますが、今回は借金の減免を目的とした債務整理手続きに焦点を当てて解説していきます。

任意整理

握手を交わす人物

任意整理とは、債権者と直接交渉することで利息のカット返済期間の変更などを図り、債務を整理する手続きです。

 裁判を行う必要がない分、個人再生や自己破産よりも短期間かつ低予算で手続きを進められます。

任意整理で減免できる利息は、借金の返済を継続した場合に将来的に発生する「将来利息」、経過した期間に発生した未払いの「経過利息」、返済期日に遅れた場合に発生する「遅延損害金」の3つです。

債務総額がそれほど大きくない人にとっては、利息がカットされるだけでも大きな効果があるはずです。

ただし、任意整理は債権者が交渉に応じなければ手続きを行うことはできません。

個人再生

個人再生は、裁判所に再計画案を提出し認可を受けて借金を減額する手続きです。再生計画案とは、手続き後に支払う金額や返済期間等を記載する返済計画書を指します。

 申立て人の保有財産や債務総額によって違いはありますが、おおよそ5分の1程度にまで借金を圧縮することが望めます。

個人再生の免責決定において裁判所に重要視されるのは、申立人の返済能力です。

手続き後の弁済期間は約3~5年間に設定されることが一般的であり、その間に債務を履行できる見込みがないと裁判所に判断されてしまえば手続きは不認可となってしまいます。

自己破産

裁判官が使用するガベル

自己破産とは、債務の履行が不可能な場合に保有財産を換価処分し、現金化された財産を債権者に分配することで、全ての債務が免除される手続きです。

換価処分された財産は債権者に分配されると述べましたが、多くの場合、債務者が破産することで債権者は本来受け取れた利益の大半を失うこととなります。

そのため、一定の要件を満たしていなければ自己破産を実施することはできません。

具体的には、法律上の「支払不能」と呼ばれる状態に陥っていることが認められなければ自己破産はできないのです。

 支払不能とは、債務者の収入や職業、保有財産、社会的信用力、能力など、様々な観点から債務者を評価した時に、債務を履行するだけの支払い能力が不足していると判断される状態を指します。

なお、自己破産が開始されれば価値のある財産は基本的に処分されてしまいますが、生活必需品や一定水準以下の現金などは手元に残しておくことが可能です。

借金問題は弁護士への相談がおすすめ

裁判官が使用するガベルと手帳

本記事で紹介したような借金を返済するための重要なポイントを把握し、実現可能性の高い返済計画を作成できれば自力で借金を完済することも望めます。

しかし、負債が膨れ上がり、家計の見直しを図っても完済の見通しが立たない場合には、早めに弁護士へ相談するのがおすすめです。

 弁護士へ相談すれば、相談者の家計状況や債務残高、返済能力等が考慮された借金問題の最適な解決策を提案してもらえます。

債務整理を弁護士に依頼するメリットとしては以下のようなものが考えられます。

債務整理を弁護士に依頼するメリット
  • 借金の催促を一時的に停止できる
  • 自分に合った債務整理手続きを提案してもらえる
  • 手続きが成功しやすくなる

弁護士が債務整理手続きに着手すると、債権者宛てに受任通知が送付されます。

受任通知には、手続き終了時まで債務者に対する直接の連絡と借金の返済および催促停止を求める旨を通知する効果があり、貸金業法によれば債権者は受任通知に従わなくてはならないとされているのです。

 どの手続きにも共通して言えるのは、債権者あるいは裁判所とのやりとりが手続きの結果に大きく影響することです。

債務整理を望んだ結果で終えるのは簡単ではありませんが、実績豊富な弁護士に依頼すれば、様々な場面でサポートを受けられるため手続きが成功する可能性が高くなるのです。

借金問題の相談におすすめな弁護士・司法書士事務所5選

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所の特徴
  • 債務整理の事案を数多く手がけた経験と実績
  • 土日祝日も電話対応OK
  • 借金問題の相談料は無料

東京ロータス法律事務所は、債務整理事案を数多く手がけた実績があるので、ノウハウを持っており、ひとりひとりの事情に応じた解決策を提案してくれます

 借金問題の相談料は無料なので、弁護士に依頼するお金がないという場合でも相談可能です。

電話相談には電話代がかからないので、じっくりと納得のいくまで相談できます。

電話相談は土日祝日も対応しているので、平日は仕事で忙しい方も安心です。

相談料

無料
任意整理の費用

着手金・報酬金:22,000円

減額報酬:11%

自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用 着手金・報酬金:330,000円~
過払い金の費用

着手金・報酬金:無料

過払い金報酬:返還額の22%

所在地 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
主な対応業務 債務整理・交通事故・労働問題・債権回収・相続問題・不動産トラブル

出典:http://tokyo-lawtas.com/ ※価格は全て税込です。

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所の特徴
  • わかりやすいコラムで予備知識を得られる
  • 25年以上の実績のある弁護士が運営
  • 女性の弁護士が在籍している

ひばり法律事務所は、2020年7月に個人事務所「名村弁護士事務所」から弁護士法人事務所「ひばり法律事務所」に組織変更した法律事務所です。

 25年以上の経験と実績のある弁護士が所属しており、さまざまなケースに適切な対応が可能です。

「ご相談者様の立場に立って、親身になって業務をすること」を基本理念として掲げており、一人ひとりに合った解決策を提案してくれます。

女性の弁護士も在籍しているため、女性に相談したい人にもおすすめです。

相談料 無料
任意整理の費用 着手金・報酬金:22,000円
自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用

着手金:330,000円~

報酬金:220,000円~

過払い金の費用

着手金:0円

報酬金:0円~

成功報酬:回収金の22%(訴訟は27.5%)+実費

所在地 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
主な対応業務 借金問題・サイト被害・離婚・相続

出典:https://www.hibari-law.net/ ※価格は全て税込です。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 相談料・着手金が無料
  • 何回でも無料で相談ができる!
  • 全国どこでも無料で出張
  • 20万件以上の相談実績

はたの法務事務所は、司法書士の事務所です。全国の指定した場所に無料出張してくれるので、家事や育児の合間に相談も可能です。

 相談料や着手金が無料で、相談は何回でも無料です。さらに費用の分割払いや過払い金を無料で調べるサービスも行っています。

これまで20万件以上に対応した実績と経験があり、満足度も95.2%※1と高水準です。土日祝日も電話相談が可能なので、平日は忙しくて時間が取れないという人にもおすすめです。


費用の分割払いもできるので、手持ちのお金がないという場合にも安心です。

※1公式サイトより

相談料・着手金 無料
任意整理の費用

基本報酬:20,000円〜

減額報酬:減額できた金額の10%

自己破産の費用 報酬:30万円~(少額管財事件は+20万円~)
個人再生の費用 報酬:35万円~(再生委員に支払う費用+20万円~)
過払い金の費用

基本報酬:無料

過払い報酬:取り戻した過払い金額の20%。※10万円以下の場合は12.8%(+1万円の計算費用)

所在地(東京本店) 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階
主な対応業務 債務整理・過払金請求・登記業務

出典:https://hikari-hatano.com/ ※価格は全て税込です。

弁護士法人・響

弁護士法人・響

弁護士法人・響の特徴
  • 多くの弁護士が在籍
  • 進捗状況をこまめに連絡
  • 依頼前にかかる費用を明示

弁護士法人・響は、お客様に寄り添った解決を第一の目標としている法律事務所です。納得いくまでわかりやすく方針を説明してくれるだけでなく、進捗状況もこまめに連絡してくれます。

 24時間365日相談受付しており、全国にも対応しているので、近くに任せられる法律事務所がない場合にもおすすめです。

多くの弁護士が在籍しており、担当弁護士だけでなくチーム全体で取り組んでくれるので、問題解決力も高いです。

依頼前に費用をきちんと明示してくれるので、説明されていない追加料金が発生する不安がないのも魅力です。
相談料 無料
任意整理の費用

着手金:55,000円〜

報酬金:11,000円〜

減額報酬金:減額分の11%

自己破産の費用

着手金:33万円〜

報酬金:22万円〜

個人再生の費用

着手金:33万円〜

報酬金:33万円〜※住宅なし:22万円〜

過払い金の費用

着手金:無料

解決報酬金:22,000円

過払報酬金:返還額の22%(訴訟:27.5%)

所在地(西新宿オフィス) 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚

出典:https://hibiki-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所の特徴
  • 専門チームでの迅速な対応
  • 諦めずに戦い続ける姿勢
  • 債務整理専用サイトで借金減額診断が可能

天音総合法律事務所は、依頼者が本当に求める最高の成果にこだわり、利用者の声に耳を傾けてくれる法律事務所です。

 早期解決を目指し、各案件には専門チームで迅速に対応してくれます。

公式サイトで借金が減額できるかどうかを無料で診断できるので、相談すべきか迷ったらまずは無料診断を試してみてはいかがでしょうか。

24時間365日、全国エリアの相談を受け付けているのも魅力的ですね。
相談料 無料
任意整理の着手金・報酬金

着手金:55,000円~

和解報酬:11,000円~

減額報酬:減額分の11%

過払い報酬:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

自己破産の着手金 605,000円~
個人再生の着手金 715,000円~※住宅ローンなし:605,000円~
過払い金の成功報酬

着手金:無料

報酬金:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

所在地 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14 堀留THビル10階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚・労働紛争

出典:https://amane-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

よくある質問

無職でも債務整理は可能?
無職であっても債務整理を利用できる可能性はあります。ただし、任意整理や個人再生は手続き後も3~5年間は借金を返済し続ける必要があるため、安定した収入がない場合には利用できません。したがって、無職の方が債務整理をおこなう場合、基本的には自己破産を選択します。無職であっても、裁判所に借金の支払いが不能と認めてもらえれば自己破産は可能です。
旧姓での借金でも債務整理は可能?
結婚などで姓が変わった後でも、旧姓での借金を債務整理できます。ただし、貸金業者などに姓の変更を伝える届出をしていない場合には注意が必要です。同一人物として貸金業者が認識できないため、弁護士などに債務整理を依頼する際は旧姓を伝える必要があります。
借金で生活が苦しい場合、債務整理以外に対処法はある?
債務整理しなくても、借金返済の負担が軽減できます。たとえば、高金利での借り入れで困っている場合、低金利の借入先に一本化する「おまとめローン」が借金返済の負担を軽減する方法として有効です。
してはいけない借金の返し方とは?
借金の返し方で避けるべきことは、返済するために別の借入先からお金を借りる行為と月々の返済額を低く設定しすぎる行為です。月々の返済が苦しいからといって、別の借入先から借りたお金を返済に充ててしまうと、利息が徐々に増えていき、多重債務になりかねません。また、返済額が低すぎると、なかなか元金が減らず、返済期間が長期になりやすいため、支払総額が増えてしまいます。

まとめ

今回は、借金の返し方に関するポイントや、借金が返済できなくなる要因について解説しました。

膨れ上がった負債をなくすためには、まず収支を見直すことが大切です。一月に必要な出費と不必要な出費を把握すれば、借金返済に充てられる金額を明確にできます。

 収支の見直しだけで借金問題を解消できなそうであれば、「おまとめローン」や「カードローンの借り換え」「繰り上げ返済を利用し、利息の減額を図るのが有効的です。

こういった借金減額に効果的な手段を駆使しても完済の目途が立たない場合は、債務整理も検討してみましょう。

債務整理は債権者や裁判所とのやりとりや書類の作成が必要となるため、弁護士と共に手続きを進めるのが無難です。

記事内では無料相談も実施している弁護士・司法書士事務所も紹介したため、借金問題の早期解決のためにも、ぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事