多重債務者になる人の主な特徴は?抜け出せない原因や救済措置も解説

多重債務者になると借金返済が難しく、日々重圧に耐えなければいけません。生活するうえでもさまざまな弊害を生むと言っても過言ではないため、いち早く状況を打開する必要があります。

しかし、そう簡単に多重債務者から脱却はできないため、きちんとした救済措置を知っておくことが重要です。

そこで今回は、多重債務者になる人の主な特徴をはじめ、多重債務者になってしまった場合の救済措置についても徹底解説していきます。

この記事でわかること
  • 多重債務者になってしまう人の特徴
  • 多重債務者から抜け出せない原因
  • 多重債務者にならないために重要なこと

多重債務者の相談相手となる弁護士・司法書士の違いについても紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

多重債務者とは

紙幣を持つ人

多重債務者とは、2つ以上の借入先から借金をしており、返済が不可能な状態に陥っている人のことです。借入先とは、消費者金融やクレジットカード会社などさまざまな機関を含みます。

多重債務者とは借金した人ではなく、複数機関からの借金を返せずにいる人です。借金の理由はさまざまですが、最も多いのは「生活費の補填」が挙げられます。

 生活費が足りていないということは、そもそも収入が支出に追い付いていないため、借金を積み重ねやすい状況です。

多重債務者になるのは収入の減少など金銭的な理由だけでなく、その人の性格やライフスタイルも大きく関係しています。

多重債務者になってからの期間が長くなるほど自力での借金返済は困難に陥るため、出来る限りの早期解決が望ましいでしょう。

なお、借金の返済を放置していると、法的な手段などで社会的ペナルティを受ける可能性もゼロではありません。

「お金が足りない時は借りて補う」と考えている人は、多重債務者に陥りやすいため注意が必要です。

多重債務者になってしまう人の主な特徴

海外紙幣

誘いを断れない人

人の誘いを断れない人は、多重債務者になる可能性が高いです。お金が無い状態で飲み会や旅行の誘いに乗ってしまったら、数千円から数万円の出費が伴います。

 不足分を補うため借金を重ねていくうちに、1回ごとの借入額は少額でも、あっという間に総額は膨れ上がってしまうのです。

友人や同僚からの誘いが多い人は、自分の経済状況と併せて考えることをおすすめします。

お金が無い場合、はっきり誘いを断る習慣を身に付けなければ、多重債務者になる危機から抜け出すのは難しいでしょう。

欲を我慢できない人

紙幣を持つ人

食べたいものや欲しいものを我慢できない人は、多重債務者になる可能性が高いため要注意です。

今の欲を解消するため、気軽にクレジットカードやキャッシングの利用を繰り返していると、すぐに返済が困難になってしまうほどの借金を背負いかねません。

 欲を我慢できない人は、衝動買いや無駄遣いが多い傾向にあります。

期間限定品はとりあえず購入する・グッズや日用品はまとめて購入するという習慣の人は、余計な出費をしてしまううえ、無駄遣いをしていることにも気づきにくいです。

衝動的に買ってしまった後、一度も使用せずに眠ったままのものが多い人は、本当に必要なものだけを購入する習慣を身に付ける必要があります。

目先の欲だけで行動せず、「今購入する必要があるか」を考えるようにしましょう。

計画性なくお金を使う人

海外紙幣

借金をする人は、多額のお金を使うという理由だけではありません。金額に関わらず、返済計画を立てずにお金を使ってしまうことが大きな問題と言えます。

 手元にお金が無い場合でも「臨時収入があるかもしれない」「後からやり繰りできる」と、根拠のない返済計画では多重債務者になる可能性が高いです。

借金をする前に返済できるだけの収入はあるか、今お金を使っても問題ないかを常に考えましょう。

また、借金をする場合は月々の返済がいくらになるか、いつまで払い続ける必要があるかの管理が重要です。管理ができない人は計画性が無いため、多重債務者になるリスクが伴います。

外食・飲みに行く機会が多い人

外食や飲み会の金額は1回あたり数千円ほどでも、回数を重ねればあっという間に大きな出費となります。特に、見栄っ張りな性格の人は要注意です。

 自分の飲食代だけでなく、後輩や女性の分も支払うなど奢り癖があると、1回で数万円の出費になる可能性はゼロではありません。

さらに、一度奢ってしまうとそのループから抜け出せず、奢ることを辞めるきっかけも掴みにくくなってしまいます。

多重債務者になるリスクを回避するためにも、外食や飲み会の回数を減らすだけでなく、見栄を張って人に奢る習慣も改善しなければなりません。

多重債務者から抜け出せない原因

海外紙幣

一度多重債務者になると、なかなかその状況から抜け出せない人は少なくありません。その理由として、元金と利息が関係しています。

借金には元金に対して利息がかかってくるため、返済期限が長くなるほど返済額が高くなります。

つまり、元金を返済できずにいると利息が加算され続け総額がなかなか減らないという、負のループに陥ってしまうのです。

 100万円の借金がある場合、20回に分けて5万円を返済すれば良い訳ではありません。返済額5万円のうち利息が3万円であれば、毎月の返済額は2万円になります。

借金は少額かつ返済期限が短いほど返済しやすいですが、多重債務者になると返済額が大きくなるだけでなく、元金も返しにくくなってしまいます。

また、多重債務者になりやすい人は、月々の返済を自分の収入ではなく新たな借入で補う傾向があるのです。

借金がある状態でさらに借金を重ねてしまうと、今後の返済額や利息が増えるだけでなく、お金の状況を管理しづらくなるためおすすめできません。

多重債務者にならないために重要なこと

海外紙幣

現実的な返済計画を立てる

急な収入減少や臨時支出など、借金をしなければならない状況があるかもしれません。しかし、借金自体ではなく、返済計画が無いことが多重債務者になる大きな要因と言えます。

 多重債務者にならないためには、借金をするにしても現実的な返済計画を立てることが防止策として重要です。

現実的な返済計画とは、臨時収入で返済するのではなく、来月必ず入るお金を使い返済することを意味します。

「いつまでにいくら返済する」というように、きちんと予定を確定させることが重要です。

お金の収支をきちんと把握する

小銭

現実的な返済計画を立てるうえで、収支をきちんと把握することは必要不可欠です。多重債務者になる人の特徴として、自分の収支がいくらか把握していない点が挙げられます。

 特に、借金の総額を把握していないことから、「今借金を重ねるとどれだけ支出が増えるか、きちんと返済できるか」を理解できていない人は少なくありません。

今の収入だといくらまでなら借金をしても返済できるか、今後の返済額はいくらになるかを把握しておくと、多重債務者になるリスクを減らせます。

まとまったお金があるときは返済に回す

利息だけでなく元金も返済するためには、借金の総額を少しでも早く減らすことが大切です。そのため、まとまったお金があるときは出来る限り返済に回しましょう。

 元金を減らせば利息を減らすこともでき、月々の返済も楽になります。ただし、まとまったお金がある場合でも、きちんと計画性を持って返済することが重要です。

まとまったお金をすべてその月の返済に充てた結果、来月の返済ができずに新たな借入で補うという状況になってしまっては意味がありません。

キャッシングは利用しない

海外紙幣

キャッシングは、手軽に現金を用意できる便利なサービスです。しかし、簡単に現金が手に入るだけに借金を重ねやすいというデメリットもあります。

 キャッシングで手に入れた現金は他の機関への返済にも利用できるため、借金を新たな借金で返済するという多重債務者のループに陥るリスクも抱えているのです。

また、キャッシングは利息が高い傾向にあり、一度利用すると返済が難しくなるという特徴もあります。

本当に必要な場合以外はキャッシングを利用しないだけでも、多重債務者になる可能性は減らせるでしょう。

多重債務者になってしまったらどうする?

紙幣を持つ人

相談窓口にて相談する

多重債務者になってしまった場合、以下の相談窓口があります。

相談窓口
  • 日本司法支援センター(法テラス)
  • 消費者生活センター
  • 日本クレジットカウンセリング協会

法テラスでは、多重債務を含む家庭で起こるさまざまな問題に対して、無料で相談できるケースがあります。

 債務整理を検討する際はどのような手段が適切か相談でき、問題を解決するための法制度などを案内してもらえるのです。

消費者生活センターでは、利用したサービスや商品に関する相談を受け付けています。闇金や消費者金融の利用でトラブルが起こった場合など、担当者が中立的に処理してくれるのです。

そして、日本クレジットカウンセリング協会では、クレジットカードやキャッシングの利用で多重債務に陥った場合、消費者保護の立場で中立的なカウンセリングをしてくれます。

カウンセリングは無料で、希望者には任意整理や家計改善などのサポートも対応可能です。

おまとめローンを利用する

紙幣を持つ人

複数の借入先への返済が困難な場合は、おまとめローンの利用がおすすめです。おまとめローンとは、複数の借入先を一つにまとめることで返済しやすくする制度です。

借金額は少額の方が、利息は高い傾向にあります。そのため、借金総額が同じでも一社でまとめて借りるより、複数機関から借りている方が利息は高くなってしまうのです。

 おまとめローンは、まず銀行など一つの機関で借金総額を借り、現在借入がある他の機関へ一括で返済します。

その後は、まとめて返すために借り入れをした銀行などの金融機関に返済をしていけば良いため、毎月の利息を軽減できるうえ管理もしやすくなるのです。

ただし、おまとめローンを利用するには、審査に通過しなければいけません。そのため、借金の総額や収入状況などを判断したうえで、必ず利用できるとは限らない点には要注意です。

審査基準は一般に公開されていませんが、安定した収入がありきちんと返済できると判断されることが重要になります。

債務整理をする

書籍

どうしても今の収入だけでは返済が困難で、改善の見込みが無いという場合は、債務整理を検討するのも一つの手段でしょう。

債務整理とは、借金の減額・免除などにより問題を解決するための交渉や手続きのことです。なお、債務整理には主に以下の3つがあります。

主な債務整理の種類
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理

任意整理は弁護士などが借入先と交渉し、将来にかかってくる利息のカットなどにより月々の返済を減額してもらうよう依頼する手段です。

任意整理は債務整理のなかでも比較的柔軟に対応してもらいやすく、手続きを開始すると債権者からの督促がストップするというメリットがあります。

 取り立てがストップすることで、精神的負担も軽減されるでしょう。法的にストップをかけられるため、安心して生活を送れます。

ただし、手続きを開始すれば必ず減額されるとは限りません。あくまで、借入先の和解が必要になることを理解しておきましょう。

個人再生

相談

個人再生は、裁判手続きという法的な手段を用いて借金を5分の1程度まで減らし、かつ分割払いの回数も減らして月々の返済額を抑える手段です。

 借金を減額できるだけでなく財産差し押さえなどのデメリットも避けられるため、債務整理のなかでも個人再生はメリットが多い手段と言えるでしょう。

しかし、メリットだけでなくさまざまなデメリットも存在します。例えば、ブラックリストに登録されるため、新たなクレジットカードや住宅ローンの登録は厳しくなります。

一度ブラックリストに載ってしまうと、解消されるまでに5年ほどの期間を要するため、今の時点で本当に個人再生をしても問題ないか、事前にしっかりと検討しましょう。

自己破産

書類

任意整理や個人再生が借金を減額し、月々の返済を減らすことを目的としているのに対し、自己破産は完全に借金の返済義務を免れることを目的とした手段です。

自己破産で借金を免責するためには、一定の財産を手放さなければなりません。さらに、自己破産手続き中は移住や旅行などをするには裁判所の許可が必要で、生活に多くの制限がかかります

そして、ブラックリストにも登録されるため社会的なペナルティは避けられません。

借金の返済義務が無くなるメリットがある一方でデメリットも多いため、自己破産はよく検討してから手続きに進む必要があります。

多重債務者は弁護士・司法書士に相談してみよう

スーツを着た男性

多重債務者になってしまった場合、自分の力だけで解決するのは非常に難しく、精神的にも大きな負担となってしまいます。

そのため、多重債務を自分で解決できない場合は、弁護士や司法書士に相談することがおすすめです。

ただし、弁護士と司法書士は扱える業務範囲が異なるため注意してください。結論から挙げると、弁護士に比べ司法書士は債務整理に関して行える業務が少ないです。

案件 弁護士 司法書士
債権額が140万円越え ×
債権額が140万円以下
※認定司法書士のみ対応可能

例えば、140万円を超える債務整理は弁護士のみが行えます。原則として弁護士は債務者の「代理人」として扱われるため、裁判所への同行なども可能です。

一方で、司法書士は140万円超えとなる案件は扱えません。権限は書類作成などに留まるなど、両者には違いがあります。

 司法書士に債務整理を依頼した場合は、手続きの関係で裁判所へ行く回数が増えるなどのデメリットもあるのです。

費用に関しては、弁護士と司法書士どちらが高いとは一概には言えません。弁護士の方が費用が高いケースが多いですが、事前にホームページなどでチェックしておきましょう。

無料相談を利用してみる

仕事をする人

手続きを一任したい場合は弁護士、費用を抑えたい場合は司法書士に債務整理を依頼することがおすすめです。

しかし、弁護士と司法書士のどちらに依頼すれば良いか迷ってしまう人は少なくないでしょう。その場合は、一度無料相談を利用して検討するのも一つの手段です。

基本的に無料相談は電話でも受け付けているため、わざわざ事務所へ足を運ぶ必要もありません。コストを気にせず、抱えている問題を打ち明けてみましょう。

 依頼先を選ぶ際は、債務整理に対しての実績がいかに豊富かをチェックしてみてください。

なお、弁護士や司法書士と一言で表しても、その担当者の仕事ぶりや相性によっても依頼のしやすさは異なります。

複数の無料相談を利用して、自分に合ったところを選びましょう。

多重債務者になる前に早めの相談がおすすめ!弁護士・司法書士事務所5選

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所の特徴
  • 債務整理の事案を数多く手がけた経験と実績
  • 土日祝日も電話対応OK
  • 借金問題の相談料は無料

東京ロータス法律事務所は、債務整理事案を数多く手がけた実績があるので、ノウハウを持っており、ひとりひとりの事情に応じた解決策を提案してくれます

 借金問題の相談料は無料なので、弁護士に依頼するお金がないという場合でも相談可能です。

電話相談には電話代がかからないので、じっくりと納得のいくまで相談できます。

電話相談は土日祝日も対応しているので、平日は仕事で忙しい方も安心です。

相談料

無料
任意整理の費用

着手金・報酬金:22,000円

減額報酬:11%

自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用 着手金・報酬金:330,000円~
過払い金の費用

着手金・報酬金:無料

過払い金報酬:返還額の22%

所在地 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
主な対応業務 債務整理・交通事故・労働問題・債権回収・相続問題・不動産トラブル

出典:http://tokyo-lawtas.com/ ※価格は全て税込です。

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所の特徴
  • わかりやすいコラムで予備知識を得られる
  • 25年以上の実績のある弁護士が運営
  • 女性の弁護士が在籍している

ひばり法律事務所は、2020年7月に個人事務所「名村弁護士事務所」から弁護士法人事務所「ひばり法律事務所」に組織変更した法律事務所です。

 25年以上の経験と実績のある弁護士が所属しており、さまざまなケースに適切な対応が可能です。

「ご相談者様の立場に立って、親身になって業務をすること」を基本理念として掲げており、一人ひとりに合った解決策を提案してくれます。

女性の弁護士も在籍しているため、女性に相談したい人にもおすすめです。

相談料 無料
任意整理の費用 着手金・報酬金:22,000円
自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用

着手金:330,000円~

報酬金:220,000円~

過払い金の費用

着手金:0円

報酬金:0円~

成功報酬:回収金の22%(訴訟は27.5%)+実費

所在地 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
主な対応業務 借金問題・サイト被害・離婚・相続

出典:https://www.hibari-law.net/ ※価格は全て税込です。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 相談料・着手金が無料
  • 何回でも無料で相談ができる!
  • 全国どこでも無料で出張
  • 20万件以上の相談実績

はたの法務事務所は、司法書士の事務所です。全国の指定した場所に無料出張してくれるので、家事や育児の合間に相談も可能です。

 相談料や着手金が無料で、相談は何回でも無料です。さらに費用の分割払いや過払い金を無料で調べるサービスも行っています。

これまで20万件以上に対応した実績と経験があり、満足度も95.2%※1と高水準です。土日祝日も電話相談が可能なので、平日は忙しくて時間が取れないという人にもおすすめです。


費用の分割払いもできるので、手持ちのお金がないという場合にも安心です。

※1公式サイトより

相談料・着手金 無料
任意整理の費用

基本報酬:20,000円〜

減額報酬:減額できた金額の10%

自己破産の費用 報酬:30万円~(少額管財事件は+20万円~)
個人再生の費用 報酬:35万円~(再生委員に支払う費用+20万円~)
過払い金の費用

基本報酬:無料

過払い報酬:取り戻した過払い金額の20%。※10万円以下の場合は12.8%(+1万円の計算費用)

所在地(東京本店) 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階
主な対応業務 債務整理・過払金請求・登記業務

出典:https://hikari-hatano.com/ ※価格は全て税込です。

弁護士法人・響

弁護士法人・響

弁護士法人・響の特徴
  • 多くの弁護士が在籍
  • 進捗状況をこまめに連絡
  • 依頼前にかかる費用を明示

弁護士法人・響は、お客様に寄り添った解決を第一の目標としている法律事務所です。納得いくまでわかりやすく方針を説明してくれるだけでなく、進捗状況もこまめに連絡してくれます。

 24時間365日相談受付しており、全国にも対応しているので、近くに任せられる法律事務所がない場合にもおすすめです。

多くの弁護士が在籍しており、担当弁護士だけでなくチーム全体で取り組んでくれるので、問題解決力も高いです。

依頼前に費用をきちんと明示してくれるので、説明されていない追加料金が発生する不安がないのも魅力です。
相談料 無料
任意整理の費用

着手金:55,000円〜

報酬金:11,000円〜

減額報酬金:減額分の11%

自己破産の費用

着手金:33万円〜

報酬金:22万円〜

個人再生の費用

着手金:33万円〜

報酬金:33万円〜※住宅なし:22万円〜

過払い金の費用

着手金:無料

解決報酬金:22,000円

過払報酬金:返還額の22%(訴訟:27.5%)

所在地(西新宿オフィス) 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚

出典:https://hibiki-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所の特徴
  • 専門チームでの迅速な対応
  • 諦めずに戦い続ける姿勢
  • 債務整理専用サイトで借金減額診断が可能

天音総合法律事務所は、依頼者が本当に求める最高の成果にこだわり、利用者の声に耳を傾けてくれる法律事務所です。

 早期解決を目指し、各案件には専門チームで迅速に対応してくれます。

公式サイトで借金が減額できるかどうかを無料で診断できるので、相談すべきか迷ったらまずは無料診断を試してみてはいかがでしょうか。

24時間365日、全国エリアの相談を受け付けているのも魅力的ですね。
相談料 無料
任意整理の着手金・報酬金

着手金:55,000円~

和解報酬:11,000円~

減額報酬:減額分の11%

過払い報酬:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

自己破産の着手金 605,000円~
個人再生の着手金 715,000円~※住宅ローンなし:605,000円~
過払い金の成功報酬

着手金:無料

報酬金:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

所在地 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14 堀留THビル10階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚・労働紛争

出典:https://amane-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

まとめ

この記事では、多重債務者になる人の主な特徴をはじめ、救済措置ついても徹底解説しました。

誘いを断れない・欲を我慢できない・計画性なくお金を使うなど、自分自身をうまく抑えられない人が多重債務者になる特徴を持っていると言えます。

救済措置として債務整理が挙げられますが、手続きを進めるか否かは状況をきちんと把握し、かつ本当に必要かをきちんと検討してください。

弁護士・司法書士は無料相談を受け付けているため、まずは問い合わせてみることをおすすめします。

記事内ではおすすめの弁護士・司法書士事務所を紹介したため、多重債務を抱えてしまう前に早めの相談を心掛けると良いでしょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事