【陸マイラー向け】ANAカードおすすめ比較ランキング!最強候補はどれ?

ANAマイルをためる目的であれば、ANAカードの利用がおすすめです。カードの中には、飛行機を利用せずともマイルがたまるカードも存在します。

ただ、ためたポイントをマイルに交換できる場合もあり、純粋な還元率が分かりにくいケースがありますよね。

そこでこの記事では、おすすめのANAカードの特徴やメリットを徹底解説。また、マイル還元率を比較し、陸マイラー向けのおすすめカードをランキング形式で紹介しています。

最後には、よくある疑問に関してQ&Aでまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

【陸マイラーにおすすめ】ANAカード厳選7枚を紹介

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード)

ソラチカカード

ANA・JCB・東京メトロが提携した一枚。

PASMOが付帯されており、公共交通機関での移動も楽々です。

新規で入会すると、ボーナス1,000マイルがプレゼントされます。

POINT①貯まるポイントの種類

陸マイラー おすすめ ANAカード

ソラチカカードは、下記3つのポイントを貯められる点が特徴です。

貯められるポイント
  • JCBのOki Dokiポイント
  • ANAのマイル
  • 東京メトロのメトロポイント

メトロポイントについては、カードに付帯できるPASMO機能により東京メトロに乗車するだけで貯められます。

 PASMO定期券機能を付帯でき、購入する際にソラチカカードで決済するとメトロポイントとOki Dokiポイントをダブルで獲得可能です。

POINT②最大37,980マイルを獲得できるキャンペーンを実施

陸マイラー おすすめ ANAカード

現在、下記キャンペーンが開催中です。

キャンペーン名 期間
ANA主催新規入会キャンペーン ・入会対象期間:2021年3月15日(月)~2021年6月30日(水)

・参加登録期間:2021年3月15日(月)10:00~2021年8月31日(火)23:59まで

JCB主催新規入会キャンペーン ・対象期間:2021年4月1日(木)~2021年6月30日(水)

・参加登録期間:2021年4月1日(木)~2021年9月30日(木)

スマリボ登録&利用キャンペーン ・スマリボ登録:2021年4月1日(木)~2021年9月30日(木)

・利用期間:2021年4月1日(木)~2021年11月15日(月)

キャッシングサービス枠&利用キャンペーン ・入会期間:2021年4月1日(木)~2021年9月30日(木)

・利用期間:2021年4月16日(金)~2021年9月30日(木)

上記キャンペーンの獲得マイルを合計すると、最大37,980マイル相当が獲得できます。

基本情報

申し込み条件 18歳以上
年会費 2,200円(税込)※初年度無料
マイル還元率 0.5%
国際ブランド JCB
付帯保険 ・海外旅行傷害保険

・国内航空傷害保険

・ショッピングガード保険

出典:https://www.to-me-card.jp/admission/tome-ana/index.html

ANA一般カード

ANA一般カード

ANAマイルを貯められるスタンダードな一枚です。申し込みは18歳以上の方から可能ですが、高校生や大学生は対象外となります。

POINT①獲得できるマイル

陸マイラー おすすめ ANAカード

下記の通り、マイルを獲得できます。

入会・継続 1,000マイル
搭乗ボーナス 10%
ANA航空券の購入 100円につき1.5マイル相当

なお、日々の買い物利用でももちろん貯まるため、積極的に活用していきましょう。

POINT②お得な年会費割引

年会費は通常2,200円(税込)ですが、WEB明細を利用することで550円(税込)の割引が受けられます。

WEB明細は紙の利用明細書に代わり、Eメールでお知らせしてくれるサービスです。

郵送による明細書がなくなるため、保管場所や捨てるときのプライバシーへの心配が必要ありません。

なお、WEB明細は下記の方法で登録手続きを進めてください。

WEB明細利用方法
  1. Vpassに登録
  2. WEB明細利用規約を読み問題なければ同意
  3. メールアドレスとハンドルネームを入力
  4. 申し込み完了

基本情報

申し込み条件 年齢18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
年会費 2,200円(税込)※初年度無料
マイル還元率 0.5%
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナースクラブ
付帯保険 ・海外旅行傷害保険

・国内航空傷害保険

・お買物安心保険

出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/ana/index.jsp?dk=pt_lnk_032_20082

ANAワイドカード

ANAワイドカード

ANAワイドカードは、一般カードに比べて保険が手厚くマイル獲得のボーナスがアップした一枚です。

年会費は7,975円(税込)となりますが、WEB明細サービスやマイ・ペイすリボの利用で割引されます。

POINT①最高5,000万円の旅行傷害保険

陸マイラー おすすめ ANAカード

旅行傷害保険について、下記の内容となっています。

(1)海外旅行傷害保険
傷害による死亡 5,000万円
傷害による後遺障害 200万円~5,000万円
傷害・疾病治療費用(1事故または1疾病の限度額) 150万円
賠償責任(1事故の限度額) 2,000万円
携行品損害(1旅行かつ年間の限度額) 50万円
救援者費用(年間の限度額) 100万円
(2)国内航空傷害保険(航空機搭乗中またが飛行場構内のみ)
傷害による死亡 5,000万円
傷害による後遺障害 200万円~5,000万円
傷害入院日額(最高180日) 1万円
手術1回 ・入院中:10万円

・入院中以外:5万円

傷害通院日額(最高90日) 2,000円

詳細についてはカード送付時に同封されている、「ANAカード旅行傷害保険のご案内」を確認してください。

POINT②搭乗ボーナスマイルが一般よりアップ

陸マイラー おすすめ ANAカード

搭乗ボーナスが25%となるため、一般カードの10%から大幅にアップします。

 普段からANAの飛行機を利用することが多い人は、年会費こそ一般カードより高くなりますが、効率良くマイルを獲得できるでしょう。

もちろん、日々の買い物などでも決済に使えばマイルを貯められます。

基本情報

申し込み条件 年齢18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
年会費 7,975円(税込)
マイル還元率 0.5%
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
付帯保険 ・海外旅行傷害保険

・国内航空傷害保険

・お買物安心保険

出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/ana/index.jsp?dk=pt_lnk_032_20082

ANAワイドゴールドカード

ANAワイドゴールドカード

「世界が認めたステイタス」がキャッチフレーズの一枚。

フライトマイルやボーナスマイルも獲得でき、かつゴールドらしい特典が魅力的です。

POINT①ゴールドデスクや空港ラウンジ利用特典などを提供

陸マイラー おすすめ ANAカード

ステータス性のあるカードならではといえる、国内主要空港ラウンジの利用が特典として提供されています。

北海道 新千歳空港・函館空港・旭川空港
東北 青森空港・秋田空港・仙台国際空港
中部 新潟空港・富山空港・小松空港・中部国際空港・富士山静岡空港
関東 成田国際空港・羽田空港
近畿 伊丹空港・関西国際空港・神戸空港
中国 岡山空港・広島空港・米子空港・山口宇部空港・出雲縁結び空港
四国 徳島空港・高松空港・松山空港
九州 福岡空港・北九州空港・長崎空港・大分空港・熊本空港・宮崎空港・鹿児島空港
沖縄 那覇空港
海外 ダニエル・K・イノウエ国際空港
(1)ゴールドデスク等も利用可能

ゴールド会員専用の通話無料インフォメーション窓口が利用できるため、不明点等があれば、気軽に問い合わせましょう。

その他、日本国内での医療・健康などについて無料で電話相談できる「ドクターコール24」も提供しています。

POINT②申し込み対象者について

陸マイラー おすすめ ANAカード

申し込みにおいて、満20歳以上で本人の収入が安定していることが条件です。

審査基準については公表されておらず、公式ホームページにも「ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます」と案内されています。

魅力的な特典等を有しているだけあり、所持するうえで一般カード等に比べると難易度は高くなる印象です。

基本情報

申し込み条件 原則として満20歳以上
年会費 15,400円(税込)
マイル還元率 1.0%
国際ブランド VISA・Mastercard
付帯保険 ・海外/国内旅行傷害保険

・国内航空傷害保険

・お買物安心保険

出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/ana/index.jsp?dk=pt_lnk_032_20085

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)

ソラチカゴールド

ソラチカ一般カードの上位にあたる一枚。通常のマイル還元率は1.0%となりますが、JCB航空券を購入すると2.0%と魅力的な数値です。

POINT①最高1億円の旅行傷害保険

陸マイラー おすすめ ANAカード

下記の通り、ゴールドカードらしい手厚い保険が付帯されています。

(1)海外旅行傷害保険
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用 1回の事故につき300万円限度
疾病治療費用 1回の病気につき300万円限度
賠償責任 1回の事故につき1億円限度
携行品損害 1旅行中50万円限度(保険期間中100万円限度)
救援者費用等 400万円限度

なお、本会員・家族会員だけでなく家族特約も適用されます。

傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円
傷害治療費用 1回の事故につき200万円限度
疾病治療費用 1回の病気につき200万円限度
賠償責任 1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害 1旅行中50万円限度(保険期間中100万円限度)
救援者費用等 200万円限度
(2)国内旅行傷害保険
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院日額 5,000円(事故日から180日限度)
手術 入院日額×倍率(10倍・20倍または40倍)※1事故につき1回限度
通院日額 2,000円(事故日から180日以内90日限度)

POINT②空港ラウンジ&ラウンジ・キー利用が可能

陸マイラー おすすめ ANAカード

カードを所持することで、下記の空港ラウンジが利用可能です。

北海道・東北 新千歳空港・函館空港・旭川空港・青森空港・秋田空港・仙台空港
関東 成田国際空港・羽田空港
中部・北陸 新潟空港・富山空港・小松空港・中部国際空港セントレア・富士山静岡空港
近畿 大阪国際空港(伊丹空港)・関西国際空港・神戸空港
中国・四国 岡山桃太郎空港・広島空港・米子空港・山口宇部空港・出雲空港・徳島空港・高松空港・松山空港
九州・沖縄 福岡空港・北九州空港・九州佐賀国際空港・長崎空港・大分空港・熊本空港・宮崎ブーゲンビリア空港・鹿児島空港・那覇空港
海外 ダニエル・K・イノウエ国際空港

利用する際は、カードと当日の搭乗券または航空券を提示してください。

(1)ラウンジ・キーについて

新サービスとして「ラウンジ・キー」が登場しています。

 ラウンジ・キーとは、世界1,100ヵ所以上のラウンジを利用できるサービスです。1回ごとの利用料はUS32ドルになります。

なお、利用できる主なサービスは下記です。

利用可能なサービス
  • ドリンクサービス
  • 軽食
  • 新聞や雑誌の閲覧
  • 電話やFAX、インターネット接続
  • 会議室やシャワーの利用

具体的なラウンジ設置空港については、ラウンジ・キーの公式ホームページをご確認ください。

基本情報

申し込み条件 20歳以上(学生不可)
年会費 15,400円(税込)
マイル還元率 1.0%
国際ブランド JCB
付帯保険 ・海外/国内旅行傷害保険

・国内航空傷害保険

・ショッピングガード保険

出典:https://www.jcb.co.jp/promotion/jcb_anacard/cp3.html?02117422402100&ad_id=cojp_anasmpc_tks_o_an0143&cp_id=ec22dcb575414f2400779ca5e489f59c6e07813fd8f4a77a467fc1915228c4a0

ANAカード学生用

ANAカード学生用

名前の通り、学生専用のANAカードです。在学期間中年会費無料となるため、コストを抑えて所持できます。

POINT①毎年1,000マイルをプレゼント

陸マイラー おすすめ ANAカード

毎年の継続時に1,000マイルがプレゼントされます。

また、卒業時や一般カードへの切り替え時は2,000マイルがプレゼントされるため、持っているだけでマイルをためることが可能です。

POINT②充実したサービスを提供

学生用カードでは、下記サービスが提供されています。

提供サービス
  • 専用予約電話受付にて簡単フライト予約
  • 傷害保険が自動付帯
  • 空港内での買い物が5%オフ
  • 提携ホテルの宿泊5%オフ
  • 特別優待価格で引っ越し
  • レンタカー5%割引

学生時代の思い出作りのための、お得な内容が盛りだくさんです。

基本情報

申し込み条件 18歳以上の学生
年会費 在学期間中無料
マイル還元率 0.5%
国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
付帯保険 海外/国内旅行傷害保険

出典:https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/anacard/st_card/

おすすめANAカードマイル還元率ランキング

上記で紹介したカードのなかから、マイルの基本還元率が高いものを上位にランキングで紹介します。
※同率の場合は年会費を比較、マイル還元率と年会費が同じであれば同順位としています。

1ANAワイドゴールドカード

ANAワイドゴールドカード

ココがお得!
  • ANA航空券100円購入で2マイル相当獲得
  • 搭乗ボーナス25%
  • 空港ラウンジ等が利用可能

1ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)

ソラチカゴールド

ココがお得!
  • ANA航空券100円購入で2マイル相当獲得
  • PASMOが利用可能
  • Oki Dokiポイント・メトロポイントも獲得

3ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード)

ソラチカカード

ココがお得!
  • 年会費初年度無料
  • ANA航空券100円購入で1.5マイル相当獲得
  • PASMO機能付き

年会費だけじゃない!ANAカードのおすすめの選び方

ANA・JALマイルがたまる最強候補

ANAカードの選び方は、以下のポイントを踏まえて検討するといいでしょう。

ANAカードの選び方
  • マイル還元率
  • 特典
  • 保険
  • キャンペーン

年会費も重要なポイントですが、ANAカードは年会費に対して得られるマイルがかなり重要なポイントとなります。

また、カードごとに設定されているサービス等についても検証し、使いやすく恩恵を得られやすいカードを選ぶといいでしょう。

ここからは、ANAカードの選び方について詳しく説明します。

マイル還元率

ANAカードで少しでもマイルを獲得するなら、マイル還元率は重要です。

マイル還元率は1.0%以上で、できることなら2.0%の還元率を検討するといいでしょう。マイル還元率を増やせば、より多くのマイルをカード利用だけで確保できます。

 マイル還元率が高くなると、年会費の負担が多くなります。還元率と年会費の負担を比較して決めるといいでしょう。

マイルを貯めるのであれば、マイル還元率の高いカードを利用したほうが圧倒的に有利です。マイル還元率の低いカードと高いカードでは、使い続けた時の恩恵が明らかに異なります。

少しでも高いマイル還元率を狙っていくのはお得感を高める上で大事です。

特典

カード発行時の特典はもちろんですが、カードを保有していることで得られる特典も重要になるでしょう。

ANAカードはゴールドカード以上になれば、更に多くの特典を得られます。特典を重視するのであれば、より高いグレードのカードを検討してみましょう。

グレードの高いカードを保有するとさらなる特典を得られます。

一般カードで得られる特典は限られています。しかし、ゴールドカード以上のカードを発行すればかなりの特典が付与され、ラウンジの無料利用も可能となります。海外旅行等を検討しているならより多くの特典を持つカードがおすすめです。

保険

ANAカードは海外旅行国内旅行の保険が充実しています。特に海外旅行は豊富な保険によって守られる状況を作ってくれます。ただ、カードによって多少保険の状況が異なるため、保険を比較していいものを見つけたほうがいいでしょう。

保険は細かいところまでチェックしていくことが重要です。

保険が充実しているカードであれば、ANAカードを持っている人は安心して旅行を楽しめます。国内旅行の保険も多く確保されているカードがありますので、保険の内容を比較しながら安心感を得られるカード1枚に絞るといいでしょう。

キャンペーン内容

ANAカードは、カード利用額に応じてポイントが付与されたり、ショッピングをするとポイントが貯まるなど、様々なキャンペーンを行っています。

 特に、新規入会キャンペーンでは、ポイントやマイルを多く貯めることができることが多いので、申し込みを検討中の方は確認しておきましょう。

マイルがザクザク貯まる!ANAカードの利用のメリット

選び方

ANAカードを利用するメリットは以下の通りです。

ANAカードのメリット
  • カード利用だけでマイルを貯められる
  • マイル以外のポイントも貯められる
  • 貯まったマイルで様々な待遇が受けられる
  • 安定した保険で旅行中の安心が得られる

ANAカードはマイルを貯められるという部分が人気の秘訣ですが、それ以外にもカードを保有していることによるメリット、更にはポイントサービスも充実しています。

色々なポイントを貯められるカードもあり、マイル以外の楽しみも感じられるでしょう。様々な楽しみが期待できるカードです。

ここからは、ANAカードを利用するメリットを詳しく説明します。

カード利用だけでマイルを貯められる

本来マイルというのは、航空機を利用しなければ貯められないケースが多くなっています。

しかし、ANAカードを持っている場合、カードを利用してマイルを貯められます。旅行や飛行機に乗らなくても、簡単にマイルを貯められる環境が作られるのです。

カードを使うだけで簡単にマイルを増やせます。

陸マイラーと呼ばれる人は、ANAカードを利用することで大量にマイルを獲得していく方法を採用しています。

 カードを利用するだけも十分にマイルは獲得できますので、旅行しなくてもマイルサービスを使いたい時はANAカードを検討してください。

マイル以外のポイントも貯められる

一部のカードに限定されていますが、ANAカードはマイル以外のポイントも貯められます。マイルだけでは満足できない、他のポイントも貯めて有意義な生活をしたいと考えているなら、対象となるANAカードを利用してください。

 マイル以外のポイントを貯められるカードとして、ANA To Me CARD PASMO JCBがあります。

マイルだけを貯めているより、他のポイントも並行して貯められる方が圧倒的にお得感を得られます。複数のポイントを貯めて、様々な商品や買い物に使いたいと考えているなら、複数のポイントサービスに対応するカードを選びましょう。

貯まったマイルで様々な待遇が受けられる

貯まったマイルは、ANAで用意されている様々なサービスで使うことができます。以下は、使い道の一例です。

マイルで使えるサービス
  • ANA国内・国際線特典航空券
  • ホテル宿泊サービス
  • ANAオプショナルツアー
  • 美容・健康
  • 書籍・雑誌・新聞
  • CD・DVD
  • レストラン
  • レンタカー
  • 暮らし
  • 現金と交換 など
貯まったマイルは自分の趣味や生活を豊かにするものとして楽しめます。

安定した保険で旅行中の安心が得られる

ANAカードは保険が充実しています。海外旅行傷害保険の充実に加えて、国内旅行傷害保険も用意されています。ランクの高いカードであれば、保険による補償額も増加するため、もしもの時に安心感を得られます。

保険の充実で安心感が高まります。

また、ANAカードの大半にお買物安心保険が付与されています。ショッピング時のトラブルも保険によって解消してくれるため、これまでより安心して買い物ができるでしょう。買い物の安心感を得たいときもANAカードがおすすめです。

ANAのマイルのおすすめの貯め方をご紹介

コイン

ANAマイルを貯める際は、以下の方法を試してみるといいでしょう。

ANAマイルの貯め方
  • ANAマイルを貯められるカードを使う
  • ポイントをANAマイルに交換する
  • キャンペーンを活用してANAマイルを増やす

ANAマイルを獲得する方法は限られていますが、どのような方法で買い物してもマイルを貯められる方法であれば簡単に増やせるでしょう。また、他のサイトで保有しているポイントが不要であれば、ANAマイルに交換する方法も有効です。

獲得できるマイルを簡単に増やせるものを検討していきましょう。

ここからは、ANAマイルの貯め方を詳しく説明します。

ANAマイルを貯められるカードを使う

ANAマイルを貯められるクレジットカードへ変更し、常にマイルを獲得できる状態にする方法があります。普通のカードではポイント交換以外で貯められないものの、カードを利用するだけでマイルを獲得できれば大量に獲得できます。

ANAが発行しているカードを選べばマイル獲得も容易になります。

特にANAが発行しているカードは、ポイントではなくANAマイルを利用料金に対して配布しています。普段の買い物で利用する他、航空機などを利用してマイルを更に増やせる可能性もあり、すぐにマイルを貯める方法としては一番有効です。

ポイントをANAマイルに交換する

クレジットカードで得られたポイントをANAマイルに交換していく方法もあります。

カードのポイントが不要であれば、ANAマイルに交換して別の使い方を模索していく方法も有効でしょう。カードのポイントが多ければ多いほど、マイルの交換を増やせるメリットがあります。

 ANAマイルに交換できないカードでは利用できない方法です。事前にマイルへ交換できるかチェックしておく必要があるでしょう。

カードのポイントをマイルに交換すれば、ANAマイルを大量に獲得できるチャンスを得られます。定期的に貯まっているポイントを確認し、少しずつ交換してANAマイルを増やしていくのもいいでしょう。

ANA関連のカードを使わないユーザーもこれでマイル獲得が可能です。

キャンペーンを活用してANAマイルを増やす

キャンペーンが開催されているときを狙い、ANAマイルを獲得するために買い物を増やすなどの方法を利用します。キャンペーンの条件を満たしておけば、通常では得られないようなマイルを獲得できる可能性があります。

 キャンペーンは対象となるユーザーが制限されている他、特定のカードやサービスを利用していなければ使えない可能性があります。

キャンペーンは最も簡単に挑戦できる方法と言えるでしょう。対象であるか確認した上でエントリーし、後は条件をクリアするだけでマイルを大量に獲得できます。気軽にマイルを増やしたいと考えている人はこちらの方法がおすすめです。

ANAマイルをお得に使うおすすめの方法とは?

お金がないときの打開策①:収入を増やす

ANAマイルをお得に利用するため、以下の方法を検討するといいでしょう。

ANAマイルをお得に使う方法
  • 航空券への交換
  • ギフト券やポイントへの交換
  • スカイコインへの交換

ANAマイルをそのまま貯めているだけでは思っていたような使い方はできません。

まずはどのサービスへ交換していくか、しっかり検討してください。自分がよく利用しているサービスなどを踏まえて、最終的に交換先を決めるとお得感が強まります。

どのサービスへ交換していくか、じっくり検討することも大事です。

ここからは、ANAマイルのお得な使い方を詳しく説明します。

航空券への交換

ANAマイルは航空券へ交換できます。マイルの量が一定以上であれば、航空券へ交換し無料で飛行機に乗れるメリットが得られます。航空券のハードルはやや高いものの、交換できれば旅行や出張時の費用を節約できます。

スタンダードな方法ですが、かなり多くのマイルが必要です。

交換できる航空券の種類は多く、マイルの量が十分であれば海外の航空券も対象となります。旅行を積極的に検討している人、航空券へ交換して出張などの費用を抑えたいとしている事業者の人におすすめできる方法です。

ギフト券やポイントへの交換

ANAマイルはギフト券へ交換する方法も用意されています。対象となる主なギフト券やポイントは以下の通りです。

主な交換先
  • iTunesギフトコード
  • スターバックスカード
  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント
  • nanacoポイント

他にも多数のポイントギフト券への交換が用意されています。マイルとして利用する方法も非常に有効ですが、マイルでは使えないと判断した場合はポイントやギフト券への交換を検討したほうがいいでしょう。

スカイコインへの交換

ANAマイルをスカイコインへ交換し、より使いやすい状態に変更する方法も有効です。

ANAマイルではまとまった量を確保しなければ使えませんが、スカイコインへ交換することで10コインから利用可能になります。利便性を高めるなら交換したほうが無難です。

 1スカイコインは1マイルで交換できます。厳しいレートは採用されてません。

スカイコインへ交換すれば、少ないマイルを使えるようになり、旅行の費用節約に期待できます。また、旅行商品の購入などに使えるメリットも生まれます。

少ないマイルを有効に使う時は、スカイコインへの交換を検討してください。

【よくある質問】最強のANAカード候補は?おすすめもご紹介

おすすめのANAカードは?
ANAワイドゴールドカードは、マイルが貯めやすい一枚としておすすめ。ANA航空券の購入100円につき2マイル相当が貯まります。
陸マイラーにおすすめの最強ANAカード候補は?
「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード)」が最強候補です。理由は、日々の買い物はもちろんのこと、PASMO搭載により東京メトロ乗車でもマイルが貯められるからです。また、カードの利用でたまるOki Dokiポイントをマイルへ移行できます。ポイントとマイルの両方を使い分けたい方におすすめです。
マイルとは?
航空会社が提供するマイレージプログラムです。お得に搭乗券が購入できたり、席をグレードアップしたりできます。
マイルはどうやって貯める?
日々の支払いや航空券の購入、あるいは毎年のカード更新など貯める手段は豊富にあります。カードにより獲得率は変わるため、ぜひ公式ホームページをご確認ください。
20代におすすめのANAカードはある?
ANAカード学生用がおすすめです。在学中は年会費無料で所持でき、学生ならではのサービスも用意されています。
ANAカードのSFCって何?
スーパーフライヤーズカードといい、ダイヤモンドサービスメンバーまたはプラチナサービスメンバーの方が申し込みできる種類です。ボーナスマイルの獲得率が高く、非常に貯めやすくなっています。
初心者向けのANAカードは?
年会費も抑え目でスタンダードなANA一般カードです。マイルを貯めること、活用することに慣れていない人は、まずチェックしてみてください。

まとめ

この記事では、おすすめのANAカードを解説しました。

フライトで貯めることはもちろん、日々の買い物や公共交通機関の利用で貯められる陸マイラーに最適なカードもあるため、ぜひチェックしておいてください。

各カードでマイル還元率はもちろん付帯されるサービスや特典も異なるため、自身のライフスタイルに合うものを選びましょう。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事