人気のプラチナカードおすすめランキング!厳選6枚を徹底解説

プラチナカードは、一般的に各カード会社の上位ステータスのカードに位置付けられることが多く、充実した付帯サービスが魅力です。

ワンランク上のサービスを受けたいと考える方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめプラチナカードを6枚ピックアップして徹底解説。さらには、各プラチナカードの年会費を比較し、ランキングで紹介しています。

プラチナカードの発行を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめプラチナカード6選

ワンランク上の上質なサービスが魅力的なプラチナカードですが、その分年会費などコストがかかってしまいなかなか保有を決められないという方も多いでしょう。

 プラチナカードの中には、そのプラチナというステータスはそのままにワンランク上のサービスをコスパ良く入会できるものもあります。

ここからは、プラチナカードのコスパや優待、ポイント還元率、付帯保険などを詳しく紹介します。

プラチナカードの最強の1枚を見つけてみてくださいね。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメックスプラチナ

おすすめポイント
  • メンバーシップ・リワード・プラスに無料登録ができる
  • 暮らしを上質にするサービスを提供
  • ホテルの宿泊やレストランの特典が魅力的!
  • 24時間コンシェルジュサービスあり!
  • メタル素材でデザイン性も重厚感たっぷり!

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは、日常のひとときを忘れがたい体験へ導いてくれる、アメックスブランドの一枚です。用途に合わせて、メタル製カードとプラスチック製を使い分けられます。

メンバーシップ・リワード・プラスとは、「貯まる」「使う」の両面を楽しめる有料プログラムです。

 通常は年間参加費3,300円(税込)かかるところ、プラチナカード会員は無料で登録できます。

ボーナスポイントプログラムに登録すると、対象加盟店での利用100円につき3ポイントが貯まるため効率良く獲得可能です。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの主なサービス
  • プラチナ・コンシェルジュ・デスク:24時間365日対応で、旅行の準備やレストランの予約といった要望に応えてくれる
  • アメックス・スペシャル・リザーブ:ポケットコンシェルジュにて賞を受賞している予約困難店などを先行で案内してくれる
  • ラグジュアリー・ショッピング:TAG HeuerやTOYO KITCHEN STYLEなどハイブランド対象加盟店での利用100円につき10ポイントが貯まる
  • フリー・ステイ・ギフト:毎年カードを更新することで国内の対象ホテルで1泊できる無料ペア宿泊券をプレゼント
プラチナカードを持つライフスタイルを存分に味わえるため、ぜひ暮らしのなかでサービスを活用してみてください。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの基本情報

申込み条件
年会費 143,000円(税込)
ポイント メンバーシップ・リワード
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド アメリカンエキスプレス
主な付帯保険 ・国内/海外旅行傷害保険

・個人賠償責任保険

・スマートフォンプロテクション

・ホームウェアプロテクション

締め日・引き落とし日 毎月20日締め翌月10日払い
キャッシング 可能

出典:公式サイト

JCBプラチナ

JCBプラチナ

おすすめポイント
  • JCBカードの中でもステータスが高い!
  • 特別なサービスを用意
  • 空港ラウンジ利用で優雅で快適な時間を提供
  • ホテルやレストランの宿泊優待!空港ラウンジは無料で利用可能!
  • プラチナステータスのサービスは満足感あり!

JCBプラチナは、優雅な体験と安らぎを与えてくれる一枚。セキュリティーもしっかりしており、日々安心して使い続けられます。

プラチナランクのカードに見合った、次のようなサービスを主に提供しています。

JCBプラチナの主なサービス
  • プラチナ・コンシェルジュデスク:手間のかかる旅行やお店の手配を専任スタッフに任せられる
  • グルメ・ベネフィット:国内の厳選レストランを2名以上で予約すると1名分が期間限定で無料
  • ユニバーサルスタジオジャパンラウンジ招待:JCBラウンジの利用やアトラクション優先搭乗優待が受けられる
  • JCB Lounge京都の利用:京都駅ビル内にある専用ラウンジを利用できる
  • 海外ラグジュアリー・ホテル・プラン:世界の有名ホテルに特典付きで宿泊できる
  • グルメ優待サービス:全国の対象店舗にて飲食代金の割引やサービスが受けられる

上記以外にもサービスが用意されているため、ライフスタイルに合わせてご活用ください。

また、フライト前には、次の空港ラウンジで優雅な時間を過ごせます。

北海道・東北 旭川空港・新千歳空港・函館空港・青森空港・秋田空港・仙台空港
関東 羽田空港・成田国際空港
中部・北陸 中部国際空港セントレア・富士山静岡空港・新潟空港・富山空港・小松空港
近畿 大阪国際空港(伊丹空港)・関西国際空港・神戸空港
中国・四国 岡山桃太郎空港・広島空港・米子空港・出雲空港・山口宇部空港・高松空港・徳島空港・松山空港
九州・沖縄 福岡空港・北九州空港・九州佐賀国際空港・長崎空港・大分空港・熊本空港・宮崎ブーゲンビリア空港・鹿児島空港・那覇空港
ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港

上記の国内主要空港はもちろん、プライオリティ・パスにより世界の空港ラウンジも利用可能です。

世界1,300ヵ所以上の空港ラウンジが利用でき、ゆっくりとした時間を過ごせます。

なお、各空港ラウンジでサービス内容や利用可能時間は異なるため、事前に公式ホームページで確認しておいてください。

JCBプラチナの基本情報

申し込み条件 25歳以上で、ご本人に安定継続した収入がある方(学生を除く)
年会費 27,500円(税込)
ポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 0.5%※1
国際ブランド JCB
主な付帯保険 ・国内/海外旅行傷害保険

・国内/海外航空機遅延保険

・海外ショッピングガード保険

出典:公式サイト
※1 1,000円につき1ポイント付与、1ポイント=5円相当として何円相当のポイントが付与されるかを基に還元率を算出しております。

三井住友カードプラチナ

三井住友カードプラチナ

おすすめポイント
  • 他のプラチナカードと比較してもポイント還元率が高い!
  • ホテル・レストラン・チケットの優待が充実!
  • 家族も保険の対象!
  • 最高1億円の国内旅行傷害保険
  • ワンランク上の多彩なサービスを用意

三井住友カードプラチナは、至高のホスピタリティで、上質なライフスタイルを輝かしいものに導いてくれます。国境を越えた、ハイレベルなサービスを提供してくれる一枚です。

主に、次のような多彩なサービスを用意しています。

三井住友カードプラチナの主なサービス
  • プラチナオファー:会員限定のイベントやプロモーションに案内
  • プラチナグルメクーポン:約100店舗の一流レストランで2名以上のコース予約をすると1名分が無料
  • 三井住友VISA太平洋マスターズ:国内を代表する男子プロゴルフトーナメントのペア観戦入場券をプレゼント
  • プラチナワインコンシェルジュ:田崎真也市が会員のために選んだワインを特別販売
  • カードご利用プレゼント:6ヶ月間の支払い合計が50万円以上の方に支払額の0.5%相当額にあたる三井住友VJAギフトカードを年2回プレゼント
  • Visaプラチナラグジュアリーダイニング:名店レストランで利用できる5,000円相当の割引クーポンをプレゼント

幅広いジャンルの上質なサービスが用意されているため、ぜひ公式ホームページへアクセスしてみましょう。

三井住友カードプラチナの旅行傷害保険

万が一の事態に備えられる、充実した海外旅行傷害保険を付帯しています。保険の内容は次のとおりです。

担保項目 本会員・家族会員 家族特約対象者
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高1,000万円
傷害治療費用(1事故の限度額) 500万円 500万円
疾病治療費用(1疾病の限度額) 500万円 500万円
賠償責任(1事故の限度額) 1億円 1億円
携行品損害(自己負担額3,000円)
※1旅行中かつ1年間の限度額
100万円 100万円
救援者費用(1年間の限度額) 1,000万円 1,000万円

本会員と家族会員以外の、次のいずれかに該当する家族も対象です。

保険対象者
  • 本会員の配偶者
  • 本会員と生計をともにする同居の親族
  • 本会員と生計をともにする別居の未婚の子

三井住友カードプラチナには、国内旅行傷害保険も付帯しています。保険内容の詳細は次のとおりです。

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
入院保険金日額 5,000円
通院保険金日額 2,000円
手術保険金 最高20万円

海外・国内ともに自動付帯となるため、費用の決済にカードを使用する必要はありません。

三井住友カードプラチナの基本情報

申し込み条件 原則として満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
年会費 55,000円(税込)
ポイント Vポイント
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Visa・Mastercard
主な付帯保険 ・国内/海外旅行傷害保険

・航空便遅延保険

・お買い物安心保険(動産総合保険)

締め日・引き落とし日 毎月15日締め翌月10日払い/毎月月末締め翌月26日払い
キャッシング 可能

出典:公式サイト

エポスプラチナ

おすすめプラチナカード

おすすめポイント
  • 年間の利用額に応じてボーナスポイントを獲得できる
  • 頼りになる海外サポートデスクを完備
  • マルイで頻繁に買い物をする方はポイントが貯めやすい!
  • 空港ラウンジ無料で利用可能!旅行傷害保険も充実!

エポスプラチナは、いつもの支払いで貯めたポイントは、年会費の支払いに活用できます。さらに、貯めたポイントは有効期限がないため、いつでも好きなタイミングで活用可能です。

年間利用額 獲得ボーナスポイント数
100万円 20,000pt
200万円 30,000pt
300万円 40,000pt
500万円 50,000pt
700万円 60,000pt
900万円 70,000pt
1,100万円 80,000pt
1,300万円 90,000pt
1,500万円 100,000pt

世界38都市以上の現地デスクが、日本語で案内してくれます。主に、次の案内を受けることが可能です。

エポスプラチナの主なサービス
  • インフォメーショフォメーションサービス:現地の最新情報・空港での出国入国案内・免税店やホテルの案内
  • リザベーションサービス:レストランやコンサートなどのチケット予約・手配
  • エマージェンシーサービス:パスポートなどの紛失・盗難手続きの案内・事故トラブル時の各種アドバイス

海外旅行等で役立つ情報や緊急時の対応など、すべて日本語で対応してくれるため安心して相談できます。

エポスプラチナの基本情報

申し込み条件 20歳以上(学生を除く)
年会費 30,000円(税込)※条件により変動
ポイント エポスポイント
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Visa
主な付帯保険 国内/海外旅行傷害保険
締め日・引き落とし日 毎月4日締め翌月4日払い/毎月27日締め翌月27日払い
キャッシング 可能

出典:公式サイト

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

おすすめポイント
  • SAISON MILE CLUBへの登録でマイルが貯まる
  • 会員限定のサービスを提供

有効期限のない永久不滅ポイントが貯められる一枚です。会員限定の優待サービスが豊富で、非日常的で質の高い時間へと導いてくれます。

SAISON MILE CLUBに登録することで、普段のショッピング利用1,000円につきJALマイルが10マイル貯まります。

また、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードSAISON MILE CLUB優遇サービスとして、永久不滅ポイントが2,000円で1ポイント貯まります。

会員限定サービスとして、次のようなものが用意されています。

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの主なサービス
  • コンシェルジュ・サービス:会員からの要望に対して専任スタッフが24時間365日対応
  • オントレ(entree):一流ホテルをはじめ、ダイニングやスパなど上質な時間を過ごせる特別な優待サービスを用意
  • Platinum Portal:スマートフォンアプリ「セゾンPortal」内にて、限定特典やコンシェルジュなどの便利な機能が活用可能

さらに、複数店舗での優待特典や期間によってはキャンペーン特典もありますよ。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

申し込み条件 安定した収入があり社会的信用を有するご連絡可能な方(学生・未成年を除く)
年会費 22,000円(税込)
ポイント 永久不滅ポイント
ポイント還元率 0.75%
国際ブランド アメリカンエキスプレス
主な付帯保険 ・国内/海外旅行傷害保険

・ショッピング安心保険

・オンラインプロテクション

締め日・引き落とし日 毎月10日締め翌月4日払い
キャッシング 可能

出典:公式サイト

TRUST CLUBプラチナマスターカード

TRUST CLUBプラチナマスターカード

おすすめポイント
  • 有効期限がないポイントプログラム
  • 家族の日常も変えてくれる一枚

年会費が3,300円(税込)の「プラチナの常識を変える一枚」がキャッチフレーズのカードです。国内空港ラウンジの利用や、国際線手荷物優待サービスなど飛行機利用が多い人向けのサービスも充実しています。

ショッピング利用等で貯めたポイントは有効期限がありません。自分の好きなタイミングで活用できるため、非常に使い勝手が良いです。

 リボルビング払い時には、プラス1ポイントが加算されます。

家族カードは年会費無料で、発行枚数の上限がありません。また、次のようなメリットがあります。

TRUST CLUBプラチナマスターカードのメリット
  • 請求やポイントをまとめて管理できる
  • 本会員と同様の保険を受けられる

本会員の配偶者や両親、18歳以上のお子さまであれば申し込み可能で、家族まるごと上質な暮らしへと導いてくれます。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの基本情報

申し込み条件 年齢が22歳以上で年収200万円以上ある方
年会費 3,300円(税込)
ポイント TRUST CLUBリワードポイント
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Mastercard
主な付帯保険 ・国内/海外旅行傷害保険

・バイヤーズプロテクション

締め日・引き落とし日 毎月15日締め翌月10日払い
キャッシング 可能

出典:公式サイト

【コスパ重視】プラチナカード年会費比較ランキング

※このランキングは本記事内で紹介したおすすめカードの年会費を比較し作成しています。
※情報は2021年5月15日時点のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。

1TRUST CLUBプラチナマスターカード

TRUST CLUBプラチナマスターカード

ココがお得!おすすめポイント
  • 年会費3,300円(税込)!
  • ポイントの有効期限がない
  • 家族カードが無料で発行枚数の上限なし

コスパに優れた一枚です。年会費からは考えられないあらゆるサービスが用意されています。例えば、飲食店や高級旅館での優待が受けられます。

また、有効期限のないポイントプログラムも特徴です。貯まったポイントは、さまざまな特典やお得なサービスと交換できます。

年会費 3,300円(税込)
申し込み条件 年齢が22歳以上で年収200万円以上ある方

2セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

ココがお得!おすすめポイント
  • 永久不滅ポイントが貯められる!
  • 会員限定のサービスが豊富
  • トラベル時や日常生活での特典等も充実

セゾン特有の永久不滅ポイントを獲得できます。受けられるサービスのジャンルが幅広いため、あらゆるシーンでワンランク上へと導いてくれるでしょう。

家族カード4枚まで発行可能です。年1枚につき3,300円(税込)で所有でき、本会員と同様の特典が受けられます。

家族カードでのショッピング利用で貯まるポイントも本会員と自動合算されます。ポイントをさらに貯めやすくなるでしょう。

年会費 22,000円(税込)
申し込み条件 安定した収入があり社会的信用を有するご連絡可能な方(学生・未成年を除く)

3JCBプラチナ

JCBプラチナ

ココがお得!おすすめポイント
  • JCBならではのサービスが豊富
  • 最高1億円の旅行傷害保険を付帯
  • セキュリティー対策が万全なため安心して所持できる!

日本が誇る国際ブランドJCBならではのサービスが豊富です。グルメ・ゴフル・ホテルをはじめとする、幅広いジャンルで優待特典が受けられます。

家族会員の方は1名無料でカードを発行できるので、夫婦での利用にも適しています。また、2年連続顧客満足度1位に輝いており人気も十分です。

J.D. パワー2019-2020年クレジットカード顧客満足度調査・参照:公式サイト

年会費 27,500円(税込)
申し込み条件 22歳以上で、ご本人に安定継続した収入がある方(学生を除く)

プラチナカードの特典

クレジットカード

プラチナカードの特典として用意されているのは以下の通りです。

プラチナカードの特典
  • プライオリティ・パス
  • 空港ラウンジ
  • コンシェルジュサービス

他にもサービスは用意されていますが、ゴールドカードの延長線として用意されているものが主体となっているため、代表とされるのは3つになります。

提供されているサービスは、プラチナカードならではの特典として準備されているため、活用していくことで多くの良さを感じられるでしょう。

様々な特典を活かしてクレジットカードの良さを感じられるでしょう。

ここからは、プラチナカードの特典を詳しく説明します。

プライオリティ・パス

プライオリティ・パスは、世界中に存在しているラウンジを利用できるようにする有料サービスです。

一般カードには搭載されていない他、ゴールドカードでも使えるようにしていないものが存在しているなど、利用するためには制限が設けられているサービスです。

 利用する際も有料にしていることが多くなっているため、利用するためには相当な費用を覚悟しなければなりません。

プライオリティ・パスを利用することによって、世界中のラウンジが使えるようになっています。

ラウンジの利用がしやすい環境を作ってしまえば、プライオリティ・パスを持っているユーザーは快適な旅を楽しめるようになるでしょう。

提供されているラウンジの幅は広くなっていますので、なかなか見られないようなラウンジを利用することも可能です。

空港ラウンジ

飛行機

空港ラウンジはゴールドカードでも利用できますが、プラチナカードは機能性が強化されています。

プラチナカード限定で提供されているラウンジが利用可能になっている他、ゴールドカードではできなかった年間のラウンジ利用制限が緩和されています。

 プラチナカード限定とされているラウンジは、なかなか利用できない快適な空間が提供されます。

用意されているサービスもゴールドカードのラウンジとは異なるものもありますので、より快適に過ごしたいと思っているならプラチナカードを利用する方がいいでしょう。

プラチナカードを持っていれば海外のラウンジも利用しやすくなるため、海外旅行でも高い効果を発揮してくれます。

コンシェルジュサービス

プラチナカードは専任のコンシェルジュサービスが利用できます。

コンシェルジュサービスを利用することによって、各種予約が取りやすくなっている他、困っているときに相談できる相手を探すことが可能になります。

 コンシェルジュサービスは24時間利用できる状態にしており、いつでも担当者が相手をしてくれます。

空港ラウンジを利用したいと考えている場合はもちろんのこと、レストランなどの予約を入れたいときもコンシェルジュに相談するといいでしょう。

担当者はすぐに動いてくれますし、どのようなサービスを必要としているか判断して速やかに行動してくれる所が良いところです。

相談しやすい環境を得られるため、もしもの問題が起きたときもしっかり対応できる安心感を得られます。

プラチナカードを利用するメリット

プラチナカードを利用するメリット

プラチナカードを利用するメリットは以下の通りです。

プラチナカードを利用するメリット
  • 他では得られない特典を使える
  • ポイント獲得のボーナスが得られる
  • ラウンジを利用可能

クレジットカードを持っているだけで得られる特典も多数あるなど、幅広い場所で活躍してくれるのがプラチナカードです。

使い続けることで得られる特典なども充実しており、一般カードでは得られないサービスも用意されています。

ここからは、プラチナカードを利用するメリットを詳しく説明します。

他では得られない特典を使える

プラチナカードは様々な特典を用意しているカードが多く、他のカードでは得られないような特典も獲得できます。具体的には以下の特典を得られるように作られています。

プラチナカードの特典
  • グルメベネフィット
  • コンシェルジュサービス
  • 施設への招待サービス

こうしたサービスが用意されており、希望すれば自由に利用可能となります。場合によっては数万円するサービスが無料で使えるなどのメリットもありますので、プラチナカードを発行するだけで相当得をする可能性があります。

ポイント獲得のボーナスが得られる

一部のプラチナカードには、利用額に応じてポイント獲得倍率が増加するサービスも用意されています。

カードを使い続けることで大量のポイント獲得が狙えるメリットがあり、一般カードでは得られないようなポイントも確保できます。

また、使った金額に応じてポイントを提供してくれるカードもあります。ボーナスとして用意されているポイントは、利用した金額に応じて他では得られないポイントを提供してくれます。

少しでも多くのポイントを得たいと考えているならプラチナカードを利用しましょう。

ラウンジを利用可能

プラチナカードはラウンジを利用できるものが多くなっており、海外旅行などの際に快適に過ごせる場所を使えます。

ゴールドカードでも採用されているサービスではあるものの、プラチナカードの場合は無制限で使えるなどのメリットがあります。

 ラウンジを利用する際は事前連絡が必要です。飛び込みで利用できない点に気をつけてください。

利用できる場所もゴールドカードより多くなっています。プラチナカードの場合、海外のラウンジが利用可能となっているケースが多くなっています。

海外でも快適に過ごせる場所が得られる点は非常に大きなメリットと言えます。

プラチナカードを利用するデメリット

クレジットカード

プラチナカードには以下のデメリットがあります。

プラチナカードを利用するデメリット
  • 年会費が高額
  • 審査対応が厳しくすぐにカードを得られない
  • ポイント還元率が特別高いわけではない

プラチナカードは便利なカードというイメージを持っているかもしれませんが、デメリットとして様々な要素を持っているカードでもあります。

特に年会費については非常に厄介なポイントとされており、カードを維持していくために考えていかなければなりません。

高額な年会費への対応は重要です。

ここからは、プラチナカードのデメリットを詳しく説明します。

年会費が高額

プラチナカードの年会費は、クレジットカードの中でも特出して高い傾向があります。

年会費は数万円にのぼり、あまり収入を持っていない人が保有するのは相当難しいほどの金額となっています。中には10万円を超えているほどの年会費を請求される場合があります。

 一般カードは年会費無料で提供されているケースも多くありますが、プラチナカードは確実に年会費を請求されてしまいます。

年会費の負担は非常に厳しいものですし、年会費を回収できるほどのカード利用がなければ保有している意味も薄れてしまいます。

プラチナカードを保有する際には、年会費をしっかり支払う能力が得られているかなどを踏まえて、カードへ申し込むか検討しましょう。

審査対応が厳しくすぐにカードを得られない

経済の新聞

プラチナカードは審査が遅い傾向にあり、すぐにカードを発行してもらえるわけではありません。

中には2週間程度も必要とされているカードが存在しているなど、すぐにカードを発行できずに苦労する場合もあります。

 カード発行までに時間がかかってしまう背景には、プラチナカードの審査が厳しい傾向にある部分も影響しています。

すぐにカードを保有できるようなら、カードを利用するまでの時間も短くなり、すぐに決済が必要とされている事例で使えるようになります。

しかしプラチナカードはすぐ発行されるカードではありませんので、どうしても時間をかけて待つ必要があります。

短時間でカードを必要としている人には向いていないでしょう。

ポイント還元率が特別高いわけではない

プラチナカードは最高クラスのクレジットカードというイメージを持つかもしれませんが、ポイント還元率が特別高いわけではなく、中には1.0%以下に設定されているものもあります。

なかなかポイント還元を受けられないことで、ポイントを貯められない状況に置かれやすいのです。

 プラチナカードと言ってもポイント還元率が高いわけではなく、カード会社ごとに設定されている還元率に合わせられてしまいます。

カードのグレードが上昇していくことで、ポイント還元率を上昇させられると思っている人もいるでしょう。

実際にはカード会社側がグレードを上昇させてもポイント還元率を固定しているケースが見られているため、プラチナカードを保有してもポイントを稼げない場合があります。

プラチナカードのおすすめの選び方

クレジットカード

プラチナカードの選び方は以下の情報を参考にしておきましょう。

プラチナカードの選び方
  • カードの特典
  • カードの知名度
  • 年会費

カードを保有した時に受け取れるメリットをどれだけ使えるか、これはプラチナカードを選ぶ際にかなり重要となります。

この他に保有していることのメリットを更に増やしてくれるキャンペーンポイント還元率など、必要な情報を見て判断していくといいでしょう。

保有して得をする情報が多いかで判断していきましょう。

ここからは、プラチナカードの選び方について詳しく説明します。

カードの特典

カードが提供している特典は選ぶ際の参考になります。どのような特典を独自に提供しているのか、しっかりと情報で把握できるようにしましょう。特にプラチナカード限定で提供されている特典はチェックしてください。

 どの業者も似たような特典を提供しているように思われますが、微妙に違うところがあります。詳細はしっかり見ることをおすすめします。

特典が多くなっているプラチナカードは使いやすくなります。特典を使うことによって、これまでにない生活を得られる可能性があるためです。

まずは用意されている特典から、自分が使いやすいと感じているものを選びましょう。

カードの知名度

カードの知名度は選ぶ際の参考になるでしょう。

知名度の高いカードは情報が得られやすいことに加えて、カードの口コミが多く提供されています。口コミを見て詳細を理解できる場合があるため、できる限り知名度の高いカードを検討したほうが無難です。

知名度が高いとカードの情報を得られやすいメリットがあります。

マイナーなプラチナカードは口コミが少ないため、情報を把握できない可能性があります。特に年会費の高いプラチナカードに口コミが少ない傾向があります。少しでも利用している人の情報がほしい時は、知名度の高いカードを選びましょう。

年会費

年会費はクレジットカードを維持するために必要な情報です。プラチナカードは年会費が非常に高くなっていますので、なるべく年会費の安いカードを選びたい時は比較していきましょう。

プラチナカードでもゴールドカードレベルの年会費で保有できるカードは用意されています。

 年会費は業者ごとに異なりますが、かなり高額なカードもあるため注意してください。

カードの維持ができないような状態を作ってしまうと、1年後には解約しなければならないという状態に置かれてしまいます。将来的なカードの維持という部分をしっかり踏まえた上で、最終的に選ぶカードを1枚決めましょう。

プラチナカードの特徴をご紹介

お金を稼ぐ方法③:投資

プラチナカードの特徴は多数ありますが、特に目立つのは以下のポイントでしょう。

プラチナカードの特徴
  • 高い年会費
  • 厳しい審査環境
  • 豊富な特典
  • さらなる上位カードを狙える

一見すると高い年会費が目についてしまいますが、その年会費以上の特典を得られる可能性があるなど、プラチナカードはお得だと感じやすいのです。また、使い続けることでさらなるカードへの準備が可能となります。

いいところも悪いところもあるカードです。

ここからは、プラチナカードの特徴を詳しく説明します。

高い年会費

プラチナカードはとにかく年会費の高さが目立ちます。年会費無料のカードが多数存在する中、プラチナカードは1万円以上の年会費は当たり前、3万円程度で普通と言われます。中には10万円を超えているカードも存在します。

 年会費が高いカードは維持費の負担が大きく、収入が安定しないと維持できない場合があります。

最近ではTRUST CLUBプラチナマスターカードのように、年会費が3,300円という驚愕の数字で使えるカードも登場しました。徐々に年会費の高さは変わりつつありますが、未だに高い年会費が目立つ状況は変わっていません。

厳しい審査環境

プラチナカードは審査基準が厳しいカードも多く、収入のラインが明確に提示されるなど安定した収入を求められます。

 過去のカード利用状況が審査に大きく影響するなど、不誠実なカード利用を続けていると発行できない可能性があります。

豊富な特典

用意されている特典が非常に多いこともプラチナカードの特徴です。カード発行時の特典以外にも、グルメベネフィットコンシェルジュサービスに代表される、カード保有者向けの特典が多数準備されています。

多数の特典を持っているのがプラチナカードです。

特典目当てで発行しても構いませんが、なるべく全ての特典を使い切らないと年会費以上の恩恵は受けられません。少しでも多くの特典を使えるか事前に比較しておくことも重要になるでしょう。

さらなる上位カードを狙える

プラチナカードは更に上位とされるカードを発行するため、重要な役割を果たしています。

プラチナカードを数年間使い続け、本当に信頼できると判断されれば招待が届き、ブラックカードなどの発行に繋がる可能性もあります。

 ブラックカードは招待されなければ申込みができず、更に厳しい審査をクリアしてようやく手に入る最高のクレジットカードです。

更に上位のクレジットカードを希望している人は、プラチナをとにかく使い続けるように心がけましょう。

カードを使い続けることで、多くの人が手に入れられないようなカードを手にするチャンスが得られます。

プラチナカードの入会条件

クレジットカードとお金

プラチナカードの入会条件として、以下の内容が挙げられます。

プラチナカードの入会条件
  • 一定以上の年収を確保している
  • 下位ランクのカードを何度も利用している
  • 仕事状況などの信頼性が高い

プラチナカードは年収制限が設けられているカードが多くなっており、一定の収入を持っていない人は発行できなくなっています。

また、入会条件として下のランクのカードを利用して、招待されなければ発行できないものも含まれている点に気をつけておきましょう。

カードによって条件は変化しています。

ここからは、プラチナカードの入会条件を詳しく説明します。

一定以上の年収を確保している

プラチナカードは一定以上の年収を求められる場合があります。カードによって条件は異なりますが、指定されている条件をクリアできていない場合は審査に落とされてしまいます。

審査を通過するためには、どのような仕事をしても収入条件をクリアしなければなりません。

 収入に関連する指定がないプラチナカードも存在していますが、指定されているものと同程度の収入を持っていなければ審査を通過できません。

収入を制限している背景には、プラチナカードを発行しても返済されないような状況が発生しないようにするためです。

年収によってある程度信頼性を図っているものと判断していいほどで、信頼されるためにはまとまった収入を確保しなければなりません。

下位ランクのカードを何度も利用している

書類

一部のカードに限った話ですが、ゴールドカード一般カードを長く利用しており、信頼性をしっかり高めていなければカードを発行できないケースがあります。

プラチナカードを利用するために、一定以上のカード利用条件を付けて、招待制としているところもあります。

 ゴールドカードを利用しているとプラチナカードの招待を受けられるケースが多くなっています。

ゴールドカードなどを利用していることにより、カード会社としては信頼性が高いと判断できるようになっています。

カードを使って返済していく行為を続けていれば、必然的にプラチナカードでも同様の状況が期待できると判断されて、招待されるケースが多くなっています。

仕事状況などの信頼性が高い

仕事の経験などが長く、今後も安定して収入を確保してくれると判断されている人は審査を通過しやすくなっています。

一方で仕事をしている年数があまりにも短いと思われている人は、信頼性が不足していると判断されて審査に落とされるケースが多くなっています。

 勤務年数は安定した収入を確保しているという観点では重要になっています。

仕事をしている年数が長ければ長いほど安定した収入をもらっているケースが多いため、プラチナカードを発行しやすいとしています。

一部のカードは勤務年数なども審査基準として加えているため注意が必要です。

安定した収入には勤務年数も重要です。

プラチナカードが持てる年収の目安は?

カードローンで借りたお金

プラチナカードがモテる年収の目安は400万円程度と言われています。プラチナカードは業者ごとに必要な年収が変わっているものの、400万円程度の年収を確保できる人はプラチナカードの審査を通過できる可能性が高くなっています。

 全てのプラチナカードが400万円で通過できるわけではありません。中には500万円以上の年収を求めているカードもあります。

プラチナカードを保有できる条件として、多くのカードは年収に関連する条件を提示しています。この年収の条件が400万円程度に設定されているケースが多くなっていますので、400万円もあれば一応保有できる可能性があります。

目安として400万円を目標として年収確保を目指しましょう。

年収が多ければ多いほどプラチナカードの審査では有利になりますが、プラチナカードをただ保有したいと思っている人は400万円程度を目安として年収を増やしていくようにしましょう。

400万円未満では審査を通過できる可能性は極端に減ってしまい、保有できるチャンスは失われます。

 年収条件を厳格にしている業者は、一定の年収を保有できない場合審査に落とされます。収入条件はしっかりクリアしましょう。

なお、プラチナカードの審査で年収を偽ったとしても、収入証明等の情報を把握すればバレてしまいます。怪しい人には年収に必要な書類を提出するように求められる可能性があるためで、審査時に嘘をつくのは絶対にやめましょう。

年収条件だけではプラチナカードを保有できない

年収条件だけを満たせばプラチナカードを保有できるわけではありません。年収以外にも満たさなければならない条件はいくつかあります。

年収以外に満たす必要のある項目
  • プラチナカードを発行している業者へ信頼させる情報を提供する
  • クレヒスの情報を綺麗にしておく
  • 下位ランクのカードを使い込む

この中で信頼させる情報を提供するというのは、申込内容によって信頼させる情報を提供していく必要があります。申込内容に問題があれば当然審査に落とされてしまいますので、信頼させる情報をしっかり提供してください。

申込内容に不備があると審査に落とされてしまいます。

クレヒスはこれまでに利用したカードによって生み出されるもので、場合によっては返済遅延等によって悪い情報が記載されています。

記載されている情報にマイナス面の情報があると、年収条件を満たしても審査に落とされるため注意が必要です。

 クレヒスはすべての業者が共有しているため、クレヒスを見ていないという問題は起こりません。

この他にゴールドカードを使い込んで、少しでもプラチナカードを使うための下地を作ってください。一般カードでは厳しいものの、ゴールドカードを使っておけば信頼性と安心感を業者に提供できます。

プラチナカードとブラックカードの違いは?

クレジットカード

プラチナカードとブラックカードの違いは以下の通りです。

プラチナカードとブラックカードの違い
  • クレジットカードのランク
  • 招待制であるかどうか
  • 年会費

プラチナカードは招待されなくても発行できるケースが多くなっていますが、ブラックカードは招待されなければ発行できないようにしているカードです。

また、プラチナカードとブラックカードには明確な差がつけられており、ステータスが異なる部分にも気をつける必要があるでしょう。

明確に分けられているのが2つのカードにある違いです。

ここからは、プラチナカードとブラックカードの違いを詳しく説明します。

クレジットカードのランク

クレジットカードのランク

プラチナカード<ブラックカード

クレジットカードのランクは、ブラックカードのほうが高くなっています。

プラチナカードはブラックカードを発行するために利用すると言われるほどのカードであり、ブラックカードが非常に高いランクであることは間違いありません。

 ブラックカードはステータスの部分でも大きな違いを持っており、信頼性なども明らかに違いがあります。

ランクの高いクレジットカードを持っていたほうが、ステータス面では有利になります。

少しでもステータスを高くしたいと考えているのであれば、プラチナカードよりもブラックカードを発行したほうがいいでしょう。

発行するまでの難易度もブラックカードが高くなっていますので、そう簡単に発行できるものと言うイメージは持たないほうが無難です。

招待制であるかどうか

携帯で口コミを調べる人の写真

クレジットカードの申し込み方法
  • プラチナカード:ネット申し込み
  • ブラックカードプラチナカードを使用し続けることによる招待

ブラックカードは普通の申込方法を採用していないクレジットカードです。

プラチナカードを利用し続けることによって、本当に信頼性が高いと判断されているユーザーだけに、ブラックカードの招待が届くようになります。

 招待が届かない限り、ブラックカードの発行は絶対できません。招待を受け取れるまでカードを利用し続ける必要があります。

プラチナカードは単純にネット申し込みを認めているカードがいくつか用意されています。

どのような状況でも自分が任意で申し込めるようにしているカードですので、プラチナカードは欲しい時に狙えるようなカードとして期待できるのです。

プラチナカードの中には招待しなければ発行できないものもあるため気をつける必要があります。

年会費

クレジットカードの年会費

プラチナカード<ブラックカード

年会費はブラックカードが圧倒的に高くなっています。

ブラックカードの年会費は10万円を超えているものもあるなど、プラチナカードの倍以上請求されるような状況も起こりやすくなっています。

 ブラックカードの年会費が高くなっている背景には、年会費に見合ったサービスを提供していることが影響しています。

プラチナカードの年会費は4万円台が主体となっており、中には3万円台でも保有できます。

ブラックカードとの年会費の差は倍以上存在しているような形になっており、ランクの違いがそのまま影響しているものと言えるでしょう。

年会費が高ければ高いほど負担は増えていきます。負担を軽減するためにどちらを発行するかしっかり判断しておきましょう。

よくある質問

おすすめのプラチナカードは?
JCBプラチナや三井住友カードプラチナなどが挙げられます。その他、各社から提供されているため上記で紹介した特徴やランキングなどをチェックしてみてください。
コスパの良いおすすめプラチナカードは?
TRUST CLUBプラチナマスターカードです。年会費3,300円(税込)となるため、気軽に所持しやすい点は要チェックとなります。
プラチナカードって何?
各カード会社で上位に位置するカードです。ステータス性の高さからサービス内容が手厚く、所持することで生活が豊かになるでしょう。
プラチナカードの審査は厳しい?
基準は公表されていないためわかりませんが、基本的にステータス性が高いものほど審査は厳しいと予測できます。申し込み対象者となる条件や口コミなどを参考に、自身と照らし合わせてみてください。
プラチナカードを選ぶ際は何をチェックすべき?
自身のライフスタイルに合うものを選ぶべきです。特典や優待など、日々の暮らしにどれだけ活用できるかをチェックしてみてください。
プラチナカードにはどんな特典がある?
主に空港ラウンジ利用や、レストラン・ホテルでの割引などがあります。また、専任スタッフによるコンシェルジュ・サービスも提供されています。
家族でもプラチナカードを所持できる?
家族カードも発行されているため可能です。なお、本会員と同じようなサービスが受けられるなど、待遇も素晴らしいものがあります。

まとめ

この記事では、おすすめプラチナカードを紹介し、年会費を比較したランキングを発表しました。上位カードなだけにサービス内容は手厚く、所持・使用することでワンランク上の生活が送れるでしょう。

プラチナカードも一般的なクレジットカードと同様に、その特徴はさまざまです。自身のライフスタイルに合うものをリサーチするとともに、年会費もチェックしてコスパに優れたものを選んでください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事