エイダコイン(ADA/カルダノ)の特徴と将来性、今後の展望、おすすめ取引所

さまざまな可能性を秘めているエイダコイン(ADA/カルダノ)ですが、「怪しいと聞くけど投資しても大丈夫?」「ADAの今後の展望は?」と、不安を感じて保有を見送っている人も多いのではないでしょうか。

今後はどのようになる予想なのか、将来性はあるのか、気になりますよね。そこでこの記事では、ADAが怪しいといわれていた理由や、ADAやカルダノの特徴と将来性について解説します。

この記事を読めばADAコインの全貌が理解でき、投資対象か判断できるようになりますよ。
ADA(エイダ)の購入ならGMOコイン
GMOコイン
  • セキュリティが高くて安心
  • 取扱銘柄数が業界NO.1の20銘柄!
  • スプレッドが狭い&取引のランニングコストを最小限に抑えられる
GMOコインの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 20種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • オーエムジー(OMG)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • リンク(LINK)
レバレッジ 2倍
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

仮想通貨(暗号資産)ADA(エイダ)とは?特徴

ADA(エイダ/カルダノ)公式サイト

ADAはスイスの『カルダノ財団』が発行する仮想通貨。『Cardano(カルダノ)』と呼ばれるプラットフォームで使用します。主な仮想通貨ADA/Cardano(エイダ/カルダノ)の特徴は以下のとおりです。

ADA(エイダ/カルダノ)の特徴
  • もともとはオンラインカジノで利用する仮想通貨として誕生した
  • 初期はマルチ商法や過剰広告などが原因で「怪しい」といわれていた
  • コンセンサスアルゴリズム『PoS』採用
  • カルダノ専用のウォレット『ダイダロス』を採用
  • スマートコントラクトが実装されている
  • 複数のレイヤー構造で処理をする
  • BLISS署名が実装されている
通貨名 エイダコイン
通貨単位 ADA
時価総額 ¥4,050,228,618,721
時価総額ランキング 7位
発行上限枚数 450億枚
現在の値段 ¥120.37
国内で扱える取引所 BITPOINTGMOコイン
ADA(エイダ)の購入ならGMOコイン
GMOコイン
  • セキュリティが高くて安心
  • 取扱銘柄数が業界NO.1の20銘柄!
  • スプレッドが狭い&取引のランニングコストを最小限に抑えられる

 

GMOコインの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 20種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • オーエムジー(OMG)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • リンク(LINK)
レバレッジ 2倍
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

    出典:仮想通貨価格、チャート、時価総額 -CoinMarketCap ※2022年2月時点

    もともとはオンラインカジノで利用する仮想通貨として誕生した

    オンラインカジノで仮想通貨を使用

    ADAは、もともとはカルダノプラットフォームの中のオンラインカジノに利用する仮想通貨として誕生しました。しかしADAのポテンシャルの高さから、今では様々な用途で使われており、世界的に価値がどんどん上昇しています。

     2022年2月時点では、仮想通貨時価総額ランキングで7位となっています。

    今後もADAの価値は高まり価格上昇していく可能性は高いでしょう。現在もエイダコインをオンラインカジノで使用できます。

    『ビットカジノ』や『ユーズカジノ』などでADAを賭けられますよ。

    初期はマルチ商法や過剰広告などが原因で怪しいと言われていた

    ADAは初期、「怪しい」といわれていました。これはカルダノの初期の商法が「マルチ商法」に該当すると批判されていたこと、アフィリエイターによる過剰広告が原因です。

     カルダノが利用していた代理店の1社が情報商材屋であり、マルチ商法ビジネスを展開していたためでもあります。

    また上場が予定日より遅れたことも原因です。当時はICOで資金を集めて持ち逃げする案件が多発していたので、ADA購入済の投資家も「持ち逃げされたのでは?」と危惧する人が多くいました。

    ただし半年遅れて上場したため疑惑は収束し、その後大きく価格が高騰しました。

    今では価値が高まっているADAですが、開発当初から現在に至るまでには紆余曲折があったのですね。

    コンセンサスアルゴリズムPoS採用

    マイニングのイメージ

    カルダノではコンセンサスアルゴリズムに『ウロボロス』と呼ばれる方法を採用しており、『PoS(プルーフ・オブ・ステーク)』で承認を行います。

    PoSとはマイニングの承認システムの1つで、ビットコインやイーサリアムなどが使用する『PoW』の欠点を補ったものです。

     PoWのマイニングのように、より多くの計算をした人に多くの報酬が付与されるのではなく、より多く長く持っている人に報酬が付与されます。

    これによりPoWで問題となっていた、高性能マシンを使う人への権力の集中がなくなること、エネルギー消費が少なくなるなどのメリットがあります。

    カルダノ専用のウォレット『ダイダロス』を採用

    ADAは、専用ウォレット『ダイダロス』を採用していることも特徴です。ダイダロスは拡張可能なオープンソースのウォレットで、透明性が高く、セキュリティ面でも安心できます。

    また、ダイダロスではステーキングが行えるのもメリットといえるでしょう。

    ステーキングとは?
    対象の仮想通貨を保有することで、対価として報酬が貰える仕組みのことを指します。

    ダイダロスでADAを保有し、ステーキングを行えば年率5%前後の報酬を受取ることができます。

    スマートコントラクトが実装されている

    スマートコントラクトのイメージ

    2021年9月から、カルダノでスマートコントラクト『Plutus』が実装されました。スマートコントラクトとは自動契約を執行する機能のことで、イーサリアムにも実装されています。

    今までのスマートコントラクトは計算と決済をすべて同じ場所で行っていたので、修正しにくい難点がありました。

    『Plutus』では、計算と決済が別で行われるため修正が比較的簡単で、イーサリアムよりも実用的になっています。

    複数のレイヤー構造で処理をする

    カルダノは、取引処理を行うときに複数のレイヤーで分担して行われます。これにより、処理を高速化できるメリットがあります。

     高速の処理能力を活かして、New Balanceの真贋を判別するシステム「NB Realchain」を開発しました。

    シューズを購入後、タグに書かれたコードやチップをアプリで読み込み、シューズの所有者をブロックチェーンに記録。これにより保証書や証明書の偽造が難しくなるので、偽物が出るのを防げる仕組みです。

    このシステムは今後、様々な分野に応用可能と考えられるので、エイダコインの将来性はますます期待できるといえるでしょう。

    BLISS署名が実装されている

    カルダノではBLISS署名という方法を実装しています。ブロックチェーンはセキュリティ技術が高く、簡単にハッキングできるものではありません。しかし、将来においても安心とはいえません。

     今後技術が進歩し量子コンピューターが開発されると、今のブロックチェーンの署名方法ではセキュリティを破られてしまう可能性は高いと考えられます。

    そこで考えられたのが、BLISS署名です。BLIISS署名なら量子コンピューターでも破れないよう複雑化されているため、セキュリティはより強固なものとなっています。

    仮想通貨ADA(エイダ)の最新ニュース

    ADAのニュース

    仮想通貨エイダ・カルダノの最新ニュースは主に以下の3つです。

    仮想通貨エイダ・カルダノの最新ニュース
    • GMOコインにADAが上場
    • eToroがアメリカでADAの対応停止を発表
    • 大型アップグレード『アロンゾ』の実装完了

    GMOコインにADAが上場

    2022年1月26日に、国内取引所のGMOコインにADAが上場しました。日本では今までBITPOINTのみの取り扱いでしたので、今回の上場は国内2例目です。

    GMOコインに上場したことにより、ますますエイダコインの信頼性は高まったといえます。また、カジノ法案の動向によっては日本での需要が高まり、他の仮想通貨取引所でも上場すると考えられるコインです。

    今後、高騰する可能性が高いので、今のうちに保有しておくのもよいでしょう。
    ADA(エイダ)の購入ならGMOコイン
    GMOコイン
    • セキュリティが高くて安心
    • 取扱銘柄数が業界NO.1の20銘柄!
    • スプレッドが狭い&取引のランニングコストを最小限に抑えられる
    GMOコインの基本情報
    取扱仮想通貨(暗号資産) 20種類

    • ビットコイン(BTC)
    • イーサリアム(ETH)
    • エンジンコイン(ENJ)
    • リップル(XRP)
    • ネム(XEM)
    • ライトコイン(LTC)
    • ビットコインキャッシュ(BCH)
    • オーエムジー(OMG)
    • ステラルーメン(XLM)
    • クアンタム(QTUM)
    • ベーシックアテンショントークン(BAT)
    • テゾス(XTZ)
    • ポルカドット(DOT)
    • コスモス(ATOM)
    • シンボル(XYM)
    • モナコイン(MONA)
    • カルダノ(ADA)
    • メイカー(MKR)
    • ダイ(DAI)
    • リンク(LINK)
    レバレッジ 2倍
    取引所手数料 Maker:-0.01%
    Taker:0.05%
    入金手数料 無料
    出金手数料 無料

      出典:GMOコイン、カルダノ(ADA)を上場 -COINPOST

      eToroがアメリカでADAの対応停止を発表

      2021年11月23日、仮想通貨の投資プラットフォーム『etoro』が、アメリカでADAの対応停止を実施すると発表しました。

      「今回の変更は、変化する規制環境における事業関連の考慮によるもの」と言及しており、具体的な理由は説明していませんが、ADAのポジションを新たに開くことはできなくなりました。

      出典:eToro、米国で仮想通貨ADAとTRXの対応停止を発表 -COINPOST

      大型アップグレード『アロンゾ』の実装完了

      2021年9月13日にカルダノの大型アップデート『アロンゾ』の実装が完了しました。アロンゾはカルダノの開発フェーズにおける3段階目の「Gouguen」に含まれるアップグレードです。

      メインネットにスマートコントラクト機能を追加するアップグレードで、これによりDeFiやNFTの開発や提供がカルダノ上でも行えるようになりました。

      Goguenの先は、第4フェーズのBasho(芭蕉)と第5フェーズのVoltaire(ヴォルテール)が待っています。

      スケーラビリティ機能の拡大とガバナンス体制を、さらに分散的・持続可能なシステムにしていく予定です。

      出典:仮想通貨カルダノ(ADA)、大型アップグレード・アロンゾの実装完了 -COINPOST

      仮想通貨ADA(エイダ)の現在の価格と過去の高騰事例

      仮想通貨ADA(エイダ)の現在の価格

      ADAの価格は、2022年2月14日現在118円です。2021年9月までは326円以上の価格まで上昇していましたが、9月7日頃から大きく下落し、2022年現在は3分の1ほどになっています。

       2020年までは15円前後だったことを考えると、今でも10倍近い価格に位置しています。

      2022年に入って仮想通貨は全体的に下降トレンドに入っており、この流れはしばらく続くと予想されています。

      ADAもしばらくは他の仮想通貨と同様の動きをする可能性は高いでしょう。

      仮想通貨ADA(エイダ)の過去チャートと高騰事例

      仮想通貨ADA(エイダ)の過去チャートと高騰事例

      ADAは2015年〜2017年にかけて購入募集がかけられ、2017年9月アメリカの海外取引所に上場しました。

      その後Binanceにも上場し2〜3円を推移していましたが、11月頃から価格が上昇。1月には125円まで上昇し60倍まで高騰しています。

       しかしその後、仮想通貨が下火になるとともにADAも下落、2020年頃までは5〜20円前後を推移する冬の時代に突入します。

      2020年の年末頃から上昇、2021年5月には252円まで高騰し、9月には過去最高値の326円を記録しました。

      上り調子でしたが、同年11月に仮想通貨投資プラットフォーム『eToro』がADAの対応停止を発表、規制上の潜在的な危険性があるという噂も出回り大幅に下落しています。

      ADA(エイダ)の購入ならGMOコイン
      GMOコイン
      • セキュリティが高くて安心
      • 取扱銘柄数が業界NO.1の20銘柄!
      • スプレッドが狭い&取引のランニングコストを最小限に抑えられる
      GMOコインの基本情報
      取扱仮想通貨(暗号資産) 20種類

      • ビットコイン(BTC)
      • イーサリアム(ETH)
      • エンジンコイン(ENJ)
      • リップル(XRP)
      • ネム(XEM)
      • ライトコイン(LTC)
      • ビットコインキャッシュ(BCH)
      • オーエムジー(OMG)
      • ステラルーメン(XLM)
      • クアンタム(QTUM)
      • ベーシックアテンショントークン(BAT)
      • テゾス(XTZ)
      • ポルカドット(DOT)
      • コスモス(ATOM)
      • シンボル(XYM)
      • モナコイン(MONA)
      • カルダノ(ADA)
      • メイカー(MKR)
      • ダイ(DAI)
      • リンク(LINK)
      レバレッジ 2倍
      取引所手数料 Maker:-0.01%
      Taker:0.05%
      入金手数料 無料
      出金手数料 無料

      今後どうなる?ADA(エイダ)の将来性を予想

      ADAは今後どこかで価格上昇が起こり、再び過去最高値を超える日が来る将来性がある通貨といえます。

      PoS採用のためビットコインに比べてエネルギー効率がよく環境に良い点、イーサリアムキラーとの呼び声もあり期待値がかなり高い点が理由です。ADAの値動きの鍵を握るのは主に以下の3つです。

      ADAの将来性の鍵を握る要因
      • 多くのdAppsが開発されることで価値が高まる
      • AdaPayの普及で価値が高まる
      • 国内取引所への上場

      カルダノのプラットフォームは、dAppsの開発基盤としてとても優れています。今後カルダノが基盤となったdAppsの開発が増えることで、ADAの価値も高まり価格は上昇するでしょう。

      またカルダノでは、ADAで決済する『AdaPay』がリリースされています。ADA決済は、すでにスペインのバルセロナのホテル「HOTEL GINEBRA BARCELONA」や、芸人のたむらけんじさんが経営する「炭火焼肉たむら」などで利用可能でした。

       今後、AdaPayで決済できる店舗が増え、普及していけばADAは更に高騰していく可能性は高いです。

      さらに、ADAは2022年に入りGMOコインに新規上場したことも将来性が期待できるニュースのひとつ。

      今後コインチェックやDMM Bitcoin、bitFlyerなど大手取引所にも上場すれば、価格上昇していくでしょう。

      ADA(エイダコイン)の買い方

      お金

      ADA(エイダコイン)の買い方は以下の方法が用意されています。

      ADAの購入方法
      • 仮想通貨取引所で購入する
      • 仮想通貨販売所で購入する
      • ADA(エイダコイン)を持っている人から譲ってもらう

      主な方法は3つありますが、基本的な方法は仮想通貨取引所で購入していく方法になるでしょう。

      ADA(エイダコイン)はややマイナーな仮想通貨に該当するものですので、販売所で取り扱われていない場合があります。

      扱われている業者をしっかり確認しておく必要があります。

      仮想通貨取引所で購入する

      一番多い方法として、ADA(エイダコイン)を扱っている仮想通貨取引所で購入していく方法があります。

      扱っている取引所であれば、現時点で取引されている数量やレートなどを見て、どの数量を購入していけばいいかわかりやすくなっています。

       仮想通貨取引所はユーザー間の取引を実施していますので、場合によってはユーザーが保有しているADAを安く手に入れる可能性があります。

      販売されているレートがかなり厳しいようであれば、他に販売している人がいないか探してみるといいでしょう。

      仮想通貨取引所は様々なユーザーが取引を行いたいと考えていますので、思っていた以上にレートの安いものが見つかる場合もあります。

      ADA(エイダ)の購入ならGMOコイン
      GMOコイン
      • セキュリティが高くて安心
      • 取扱銘柄数が業界NO.1の20銘柄!
      • スプレッドが狭い&取引のランニングコストを最小限に抑えられる
      GMOコインの基本情報
      取扱仮想通貨(暗号資産) 20種類

      • ビットコイン(BTC)
      • イーサリアム(ETH)
      • エンジンコイン(ENJ)
      • リップル(XRP)
      • ネム(XEM)
      • ライトコイン(LTC)
      • ビットコインキャッシュ(BCH)
      • オーエムジー(OMG)
      • ステラルーメン(XLM)
      • クアンタム(QTUM)
      • ベーシックアテンショントークン(BAT)
      • テゾス(XTZ)
      • ポルカドット(DOT)
      • コスモス(ATOM)
      • シンボル(XYM)
      • モナコイン(MONA)
      • カルダノ(ADA)
      • メイカー(MKR)
      • ダイ(DAI)
      • リンク(LINK)
      レバレッジ 2倍
      取引所手数料 Maker:-0.01%
      Taker:0.05%
      入金手数料 無料
      出金手数料 無料

      仮想通貨販売所で購入する

      トレーダー

      仮想通貨取引所以外にも、仮想通貨販売所で扱われている場合があります。仮想通貨販売所は、業者側が保有しているADA(エイダコイン)を購入する方法が採用されています。

      業者側のレートに合わせる必要はあるものの、気軽に手に入れられる方法として期待できます。

       この方法の注意点として、購入レートが高くなっている点があります。

      本来のレートより少し高めに設定することにより、販売所側が利益を得られるようにする方針が採用されています。高い値段で購入させられる点には気をつけておきましょう。

      レートは高いものの、安定して購入できるメリットがあります。

      ADA(エイダコイン)を持っている人から譲ってもらう

      取引所や販売所を利用しない方法として、ADA(エイダコイン)を保有している人から譲ってもらう方法があります。

       この方法は個人間取引を行い、仮想通貨を手に入れる方法となります。一見するといい方法ですが、条件がまとまらずに購入できない場合があります。

      保有している人が少ない問題もありますので、あまりこの方法は使われないでしょう。

      基本的な方法は仮想通貨取引所で購入する、または仮想通貨販売所で手に入れるの2つであり、ユーザーが保有しているものは仮想通貨取引所を利用するケースが多いのです。

      利用できる機会は少ないため、あまり考えないほうがいいかもしれません。

      ADA(エイダコイン)の買い時はいつ?

      投資でお金を増やす方法|証券会社・FX会社6選

      ADA(エイダコイン)の買い時は以下のタイミングを検討するといいでしょう。

      ADAの買い時
      • ADA(エイダコイン)のレートが明らかに低い時
      • ビットコインのレートが上昇している時
      • 今後につながるニュースが確認できた時

      優れている情報が得られるようになれば、その時点でレートの上昇が期待できるため買い時が発生している形になります。また、ビットコインのレートは大きく影響しているケースが多くなっているため、レートを確認しておけば買い時が見つけやすくなります。

      購入しやすくなるタイミングはレート以外にも存在します。

      ADA(エイダコイン)のレートが明らかに低い時

      ADA(エイダコイン)はレートが変動している仮想通貨です。レートの変動を確認し、明らかにレートが下がっていると思われるタイミングで購入するといいでしょう。

      レートが落ちている時は、反発して上昇する可能性が高くなっているためです。

       レートが下がっているタイミングは、レートが再上昇する可能性も十分にあるため、買い時としては非常にわかりやすいものです。

      どのような状況で戻るかその時点でわからないとしても、いいタイミングで購入できればADA(エイダコイン)で大きな利益を出せるようになります。

      レートは延々と下がっていくわけではなく、何らかのタイミングで戻る形になります。
      ADA(エイダ)の購入ならGMOコイン
      GMOコイン
      • セキュリティが高くて安心
      • 取扱銘柄数が業界NO.1の20銘柄!
      • スプレッドが狭い&取引のランニングコストを最小限に抑えられる
      GMOコインの基本情報
      取扱仮想通貨(暗号資産) 20種類

      • ビットコイン(BTC)
      • イーサリアム(ETH)
      • エンジンコイン(ENJ)
      • リップル(XRP)
      • ネム(XEM)
      • ライトコイン(LTC)
      • ビットコインキャッシュ(BCH)
      • オーエムジー(OMG)
      • ステラルーメン(XLM)
      • クアンタム(QTUM)
      • ベーシックアテンショントークン(BAT)
      • テゾス(XTZ)
      • ポルカドット(DOT)
      • コスモス(ATOM)
      • シンボル(XYM)
      • モナコイン(MONA)
      • カルダノ(ADA)
      • メイカー(MKR)
      • ダイ(DAI)
      • リンク(LINK)
      レバレッジ 2倍
      取引所手数料 Maker:-0.01%
      Taker:0.05%
      入金手数料 無料
      出金手数料 無料

      ビットコインのレートが上昇している時

      チャート

      ビットコインのレートは他の仮想通貨に多大な影響を与えており、特に急騰と暴落は影響が及びやすいとされます。

      ビットコインのレートが急激に上がっている時、または明らかに暴落している時は買い時が発生していると言えるでしょう。

       特に上昇している時はADA(エイダコイン)の買い時に該当します。ビットコインが上昇している時は、他の仮想通貨も連れて上昇する可能性が高くなっているためです。

      暴落しているタイミングは様子を見つつ、上昇しているときを狙って購入するように見ていきましょう。

      ビットコインの影響は計り知れない効果を生み出す場合があります。

      今後につながるニュースが確認できた時

      ADA(エイダコイン)関連のニュースも公表されています。

      ニュースが確認できた時、明らかに次に繋がる情報が掲載されている、または実用化に向けた動きがしっかり確認できている時は、レートが上昇する可能性が高まっています。

       ニュースはマイナスの材料もあるため、急激なレート暴落が発生しやすくなる恐れがあります。

      実用化に向けた動きが明らかに見えている時に購入しておくなど、今後につながるタイミングを有効に活用していけばより利益を得られやすくなるでしょう。

      発表されているニュースを参考にして、購入するタイミングを狙うのもあります。

      ADA(エイダ)が購入できる取引所

      GMOコイン

      GMOコイン

      GMOコインの特徴
      • 2022年1月26日よりADAが上場
      • 取り扱い銘柄数は20種類
      • 申込みから最短10分で口座開設が可能

      GMOコインは『GMOインターネットグループ』が運営する取引所。今までADAは国内でBITPOINTしか購入できませんでしたが、2022年1月26日よりGMOコインにも上場しました。

      ADAを合わせると、取り扱い銘柄数は国内最多クラスの20種類となっています。

       GMOコインはトレードだけでなく、自動積立投資・レンディング・ステーキングなど様々な投資方法が用意されているので、初心者から上級者までおすすめできます。

      GMOが運営しているためセキュリティ技術も高く、マルチシグやコールドウォレットにも対応しており、安心して資金を預けられるでしょう。

      GMOコインではAPIにも対応しているので、自動売買で利益を出していくことも可能です。
      取扱通貨 20種類

      • ビットコイン(BTC)
      • イーサリアム(ETH)
      • エンジンコイン(ENJ)
      • リップル(XRP)
      • ネム(XEM)
      • ライトコイン(LTC)
      • ビットコインキャッシュ(BCH)
      • オーエムジー(OMG)
      • ステラルーメン(XLM)
      • クアンタム(QTUM)
      • ベーシックアテンショントークン(BAT)
      • テゾス(XTZ)
      • ポルカドット(DOT)
      • コスモス(ATOM)
      • シンボル(XYM)
      • モナコイン(MONA)
      • カルダノ(ADA)
      • メイカー(MKR)
      • ダイ(DAI)
      • リンク(LINK)
      レバレッジ 2倍
      取引所手数料 Maker:-0.01%
      Taker:0.05%
      入金手数料 無料
      出金手数料 無料

      出典:GMOコイン ※2022年2月現在

      BITPOINT

      BITPOINT

      BITPOINTの特徴
      • 各種手数料が無料
      • チェーンリンク、ジャスミー、ディープコインなど珍しい通貨が多い
      • アプリが視認性に優れており、直感的に操作できる

      BITPOINTは12種類の通貨を取り扱う仮想通貨取引所です。他社ではあまり扱っていないアルトコインが多く、エイダをはじめ、トロン・ジャスミー・チェーンリンク・ディープコインなどが売買可能です。

       取引手数料や即時入金手数料、出金手数料など、各種手数料が無料なので、お得に取引ができます。

      レバレッジ取引やレンディングにも対応しており、500円以下の少額からの投資も可能な点も魅力。初心者でも簡単に始めるられるでしょう。

      アプリが視認性が優れており直感的に操作できるのも嬉しいポイントですね。
      取扱通貨 12種類

      • ビットコイン(BTC)
      • イーサリアム(ETH)
      • リップル(XRP)
      • ライトコイン(LTC)
      • ビットコインキャッシュ(BCH)
      • ベーシックアテンショントークン(BAT)
      • トロン(TRX)
      • エイダ(ADA)
      • ジャスミー(JMY)
      • ポルカドット(DOT)
      • チェーンリンク(LNK)
      • ディープコイン(DEP)
      レバレッジ 2倍
      取引所手数料 無料
      入金手数料 無料
      出金手数料 無料

      出典:BITPOINT ※2022年2月現在

      よくある質問

      ADAが購入できる仮想通貨取引所は何ですか?
      2022年2月現在、国内でADAを取り扱っているのは『GMOコイン』と『BITPOINT』です。GMOコインは19種類、BITPOINTは12種類の通貨を扱っています。
      エイダ/カルダノの特徴を教えてください
      コンセンサスアルゴリズムにPoSを採用しており、スマートコントラクトが実装されています。カルダノ専用のウォレット『ダイダロス』を採用しており、ステーキングが可能です。
      エイダ/カルダノの最新ニュースを教えてください
      2021年11月にeToroがアメリカでADAの対応停止を発表しました。また2021年9月13日にはカルダノの大型アップデート『アロンゾ』の実装が完了しています。
      ADAの過去最高値は何円ですか?
      事業者が代替貨幣を発行し、その貨幣をユーザーが決済で使用することで新しい経済的価値が生まれることを目指したものです。ブロックチェーン上にあるLINE経済圏です。
      ADAに将来性はありますか?
      将来性はあるでしょう。PoS採用のため、ビットコインに比べてエネルギー効率がよく環境に良いです。またイーサリアムキラーとの呼び声もあり期待値が高いのも理由の1つです。
      ADAの価格が高騰する要因は何ですか?
      カルダノ上に多くの企業が参入すること、たくさんのdAppsが開発されることで価値が高まるでしょう。また今よりAdaPayが普及すれば価格も上昇するでしょう。
      ADAコインはなぜ怪しいと言われているのですか?
      初期にカルダノが利用していた代理店の商法が「マルチ商法」に該当すると批判されたこと、また上場が予定日よりも遅れたため「怪しい」と言われていました。

      まとめ

      今回は、仮想通貨ADAの特徴や将来性について解説しました。カルダノはビットコイン・イーサリアムに次いで第3世代のブロックチェーンと呼ばれており、前世代の問題を解決しているポテンシャルの高い通貨です。

      すでに時価総額は高く人気の通貨でもありますが、今後さらに上昇し、過去最高値を更新する可能性は高いでしょう。

      ADAを購入するなら、国内の仮想通貨取引所である「GMOコイン」や「BITPOINT」を利用しましょう。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事