おすすめの法人クレジットカード8選!還元率ランキングも紹介

中小企業・大企業問わずビジネスシーンで活躍してくれるのが、法人カード・ビジネスカードです

多くの企業が、さまざまなサービスが付帯した特色のある法人カード・ビジネスカードを売り出しています。その数なんと60以上とも言われています。

そこで今回は、法人カード・ビジネスカードのメリット・デメリットや、評判、おすすめの法人カード・ビジネスカードについてご紹介します。

この記事で分かること
  • おすすめの法人・ビジネスクレジットカード8選
  • 法人・ビジネスクレジットカード還元率ランキング
  • 法人・ビジネスクレジットカードと個人カードの違い
  • 法人・ビジネスクレジットカードのメリット・デメリット
  • 法人・ビジネスクレジットカードの審査基準
  • 法人・ビジネスクレジットカードの口コミ・評判
  • 法人・ビジネスクレジットカードの選び方
還元率ランキングも紹介していますので、最後まで読んであなたにとって適した法人・ビジネスカードを見つけてみてくださいね。

 

JCB法人一般

JCB一般法人カード

個人事業主も利用できる法人カード

  • 無料で複数枚のETCカードが発行でき、一括で利用履歴を管理できる!
  • Amazonで利用すると3倍ポイントが貯まるので備品をお得に揃えられる

↓詳しくはこちら↓

三井住友カード ビジネスオーナーズ

三井住友カード ビジネスオーナーズ

年会費永年無料な法人カード

  • カードの利用限度額最大500万円!(所定の審査あり)
  • 現在新規入会で8,000円相当のポイントが受け取れるキャンペーン実施中

↓詳しくはこちら↓

アメックスビジネスゴールド

アメックスビジネスゴールドカード

ハイクラスな手厚いサポートが特徴

  • 会計ソフトfreeeへデータ連携ができて経理管理が楽になる!
  • 国内・国外29ヶ所の空港ラウンジを同伴者1名とともに無料で使い放題

↓詳しくはこちら↓

中小企業にもおすすめの法人・ビジネスクレジットカード8選|年会費無料もあり

中小企業・大企業問わず、事業を行っている企業は1枚持っておくと便利な法人カード・ビジネスカードです。

法人カード・ビジネスカードもたくさんの種類があり、「この事業規模で作れる法人カードはどれだろう」「どの法人カードに入るべき?」と悩んでいる方も多いでしょう。

ここからは、中小企業でも申込みできる法人カード・ビジネスカードを紹介します。

法人カード・ビジネスカードに申し込もうとしていた方はぜひ参考にしてみてください。

JCB一般法人カード 三井住友カード ビジネスオーナーズ アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド
  JCB法人一般 三井住友カード ビジネスオーナーズ アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード
年会費(初年度) 1,375円(税込)※オンライン申し込みで初年度年会費無料 永年無料 34,100円(税込)※初年度年会費無料キャンペーンあり 22,000円(税込) 無料 無料
年会費(2年目以降) 1,375円(税込) 永年無料 34,100円(税込) 22,000円(税込) 13,200円(税込) 通常5,500円(税込)※年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料
追加カード年会費 永年無料 13,200円(税込) 3,300円(税込) 6,600円(税込)
ETCカード年会費 無料 550円(税込)※次年度以降年1回の利用で無料 550円(税込) 無料 550円(税込) 無料
利用限度額 ~500万円※所定の審査があります なし※申告内容や利用実績に応じる 申告内容や利用限度額に応じる なし※申告内容や利用実績に応じる ~500万円※所定の審査があります
発行スピード 2〜3週間 最短3営業日 2〜3週間 最短4営業日 2〜3週間 最短3営業日
ポイント還元率 0.5% 00.5~1.5% 1.0% 1.0% 1.0% 0.5~1.5%
会計ソフト
  • 弥生会計
  • freee会計
  • ソリマチ
freee会計 freee会計 かんたんクラウド freee会計 freee会計
国際ブランド JCB
  • VISA
  • Mastercard
AmericanExpress AmericanExpress AmericanExpress VISA
申込み条件 法人または個人事業主※カード使用者は18歳以上の方が対象 満20歳以上の法人代表者・個人事業主  満20歳以上の法人代表者・個人事業主  個人事業主または経営者の方※学生・未成年を除く 法人代表者または個人事業主 満20歳以上の法人代表者、個人事業主の方
メリット
  • 弥生会計ソフト初年度無料で利用できる
  • freee会計初年度15%OFF
  • 年会費無料で複数枚のETCカードが発行できる
  • 年会費永年無料・追加カードも年会費無料
  • 最短3営業日で発行できる
  • 今なら新規入会&利用で最大8,000円相当のポイントが貰える
  • リモートワークに最適なシェアオフィス・コワーキングスペース300ヶ所以上が使える
  • クラウドソーシングサイトLancersでの特典あり
  • 利用限度額なし
  • JALマイル還元率最大1.125%
  • ステータスが高いからコンシェルジュサービスも付帯サービスも豊富
  • 今なら新規入会で初年度年会費無料
  • ステータスが高いのにも関わらず年会費が安い
  • 利用限度額なし
  • 福利厚生プログラム「クラブオフ」の年間登録料無料
  • 年会費永年無料で利用できてポイント還元を受ければ来年以降も無料
  • 請求書代行サービスあり
  • 最短当日審査結果お知らせ・最短3営業日でカード発行
 

1JCB一般法人カード

JCB一般法人カード

おすすめポイント
  • 個人事業主も所持可能な法人カード!
  • 無料で複数枚のETCカードを作成できる!
  • Amazonで利用するとポイントが3倍貯まる

JCB一般法人カードは、中小企業・個人事業主におすすめな法人カードで、有料道路を利用することが多い事業者におすすめです。JCB法人カードなら、なんと無料で複数枚のETCカードが作成できます。

さらに、JCB法人カードにはETCカードの利用履歴を一括でまとめて管理できるサービスもあります。一般的なカードに比べて明細管理もグッと簡単です。

 タッチ決済にも対応しているので、サインや暗証番号入力の手間が省けます。スピーディーなお買い物が可能です。

さらに、毎月の経費や出張費の支払いでポイントが貯まるのも魅力的です。ネットショッピングの利用なら最大3倍、家電・日用品の購入での利用なら最大2倍のポイントが貯まります。

事務所の固定費や社用車の高速代で利用することももちろん可能です。社員に従業員カードを持たせれば、経費の記録もスムーズになりますし、現金の管理の手間も減ります。

通常、利用金額1,000円(税込)ごとに1ポイントが貯まりますよ。

JCB一般法人カードのメリット・デメリット

メリット
  • 個人事業主でも発行可能!
  • 追加カード発行手数料なしで、経費記録も簡単に!
  • 無料で複数枚のETCカード発行できる!
デメリット
  • 審査次第では与信枠が小さくなる可能性がある
  • 一般のJCB加盟店よりも還元率がやや低い

JCB一般法人カードの基本情報

年会費(初年度) 1,375円(税込)※オンライン申し込みで初年度年会費無料
年会費(2年目以降) 1,375円(税込)※オンライン申し込みで初年度年会費無料
追加カード年会費
ETCカード年会費 無料
利用限度額
発行スピード 2〜3週間
ポイント還元率 0.5%
会計ソフト
  • 弥生会計
  • freee会計
  • ソリマチ
国際ブランド JCB
申し込み条件 法人または個人事業主※カード使用者は18歳以上の方が対象
JCB一般法人カードの口コミ・評判
  • 30代/男性(個人事業主)
    個人事業主でも保有できるのは良いと思います。なかなか個人で保有できる法人カードがなくて困っていましたが、このカードを手に入れたことで法人カードの不安が解消されました。一般カードと同じ機能ですが使いやすさはあります。
  • 40代/男性(会社経営)
    無料でETCカードを発行できる点は評価できるポイントだと思います。ETCカードは会社で利用していることもあり非常に重要なもので、多数発行できる点も嬉しいところです。会社の経理をまとめやすくなったことで安心感があります。
  • 40代/男性(会社経営)
    会社の経理をまとめる際に役立っています。バラバラに経理をまとめるのは非常に難しいところですが、このカードを利用してから経理をまとめる作業が楽になっています。安心して利用できるプロパーカードであるところも評価しています。
  • 40代/女性(会社経営)
    効率よく会社の支払いができるようになったと思います。業務の幅も広がるようになり、多方面への進出も検討できるようになりました。支払のタイミングで利用することで、経理をまとめられるようになったのは大きなメリットです。
  • 50代/男性(会社経営)
    年会費が安くて助かっています。法人カードは年会費が高いカードが多くなっているという噂もありますが、このカードは一般カードですので年会費は高くありません。その分機能性も少し足りない傾向にありますが、使い勝手は悪くありません。
  • 40代/男性(個人事業主)
    年会費が経費として扱えるのは良いと思いますし、このカードを持っていれば1枚で経理処理ができるようになったことが大きなメリットだと思います。個人事業主でも発行できるカードは基調な存在でもあります。
  • 30代/男性(会社経営)
    機能性は確かに優れている部分もありますが、とにかく発行されるまでに時間がかかります。2週間以上待たされてようやくカードが発行されたので、法人カードを持つまでに相当な時間を使ってしまう点はマイナスだと思います。
  • 40代/男性(会社経営)
    細かい支払いが多い時は便利だと思います。一般カードでもしっかり機能性のあるカードに仕上がっていますし、ETCカードを利用することもできるメリットがあります。安定感を求めたい人にもおすすめです。
  • 30代/男性(会社経営)
    クレジットカードとしては一般カードに法人用の機能をつけただけという感じで、JCB一般カードに近い存在です。悪くはありませんが機能性が他の法人カードに比べていいかと言われるとそこまで良いとは言えません。
  • 50代/女性(会社経営)
    法人用カードの入門的な存在として使えるのは良いのかなと思います。一方でカードを発行するために必要な時間を十分確保しておかないと、すぐにカードが使えない状態になってしまいます。すぐカードを欲しがっている人には向いていません。

出典:公式サイト

2三井住友カード ビジネスオーナーズ

おすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • かんたん決済でスムーズにお支払い可能!
  • 対象の三井住友カードと2枚持ちで加盟店(ETCなど)でポイント還元最大1.5%還元!※具体的な加盟店の詳細は公式ページへ
三井住友カード ビジネスオーナーズは、法人代表者、個人事業主(副業、フリーランスを含む)方向けに発行されたビジネスを支えるカードで、年会費が永年無料なのが特徴です。
三井住友カード ビジネスオーナーズカードと、対象の三井住友カード2枚持ちをすることでカード毎にお得なポイント還元サービスが付くので、プライベートとビジネスで2つのカードを使い分けてお得に利用することもできます。
 発行するにあたって、登記簿謄本・決算書の提出不要のため、提出書類を揃える手間がありません。
法人カードで決済すると、毎月決まった日に銀行から引き落としされるため、支払いを2ヶ月後など自由に設定できるように、キャッシュフローが安定するのも法人カード決済のメリットです。
さらに、「ディストリビューションスキーム」機能を使うと、出張旅費・接待費などを法人カードで一本化すれば、立替払いの必要もなくなり、理部門が行う多くの精算業務もシンプルになります。

今なら、新規入会&利用でVポイント最大8,000ポイントがプレゼントされるキャンペーン実施中ですよ。

三井住友カード ビジネスオーナーズのメリット・デメリット

メリット
  • ビジネスカードなのに年会費永年無料!
  • 支払いをカードで一本化すると立替払いは不要に!
  • 登記簿謄本・決済書の提出なしで発行できる!
デメリット
  • 付帯保険は海外旅行傷害保険最高2,000万円のみ
  • 通常還元率は0.5%とそこまで高くはない

三井住友カード ビジネスオーナーズの基本情報

年会費(初年度) 永年無料
年会費(2年目以降) 永年無料
追加カード年会費 永年無料
ETCカード年会費 550円(税込)※次年度以降年1回の利用で無料
利用限度額 ~500万円※所定の審査があります
発行スピード 最短3営業日
ポイント還元率 00.5~1.5%
会計ソフト freee会計
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
申し込み条件 満20歳以上の法人代表者・個人事業主
三井住友カード ビジネスオーナーズの口コミ・評判
  • 40代/女性(会社経営)
    年会費が永年無料としているところは良いと思います。年会費を取られてしまう法人カードが非常に多くなっている中、年会費無料にしてくれるだけでも非常に助かります。法人カードを初めて保有する人には向いていると思います。
  • 30代/男性(会社経営)
    中小の企業には向いているカードではないかと思います。年会費も無料ですし、必要最小限の機能性も持っていますので、法人カードとして使いやすい傾向があります。安心して使えるブランドであるのも良いところです。
  • 40代/男性(会社経営)
    ナンバーレスカードに変わったことで、セキュリティ面のさらなる向上が図られたと思います。これまでカードの番号を見せるのは少し怖いところがあったものの、これからは気にせずにカードを出せるようになったのは良いところですね。
  • 40代/女性(会社経営)
    利用限度額はそこそこ大きな傾向にありますが、大々的に年会費を徴収しているカードに比べると大きな枠が用意されているわけではありません。年会費無料でここまで利用できるようであれば良いのではという気持ちがあります。
  • 30代/男性(個人事業主)
    個人事業主も保有できるカードです。年会費無料で利用できる点は非常にいいところですし、利用できる金額も普通の一般カードに比べると明らかに多くなっています。個人事業主の経理には使いやすいカードです。
  • 50代/男性(会社経営)
    利用しやすいカードなのかもしれないが、大きな企業が利用する分には限度額が不足しているように感じられる。カードデザインも一般カードとあまり変わらないところがあるので、持っているとステータス的に足りないように思われる。
  • 40代/男性(会社経営)
    普段利用しているクレジットカードと同じ感じで利用できるのは良いように感じています。一般カードと同じような使い方をしても大丈夫で、なおかつ経理管理がしっかりできます。細かいものの購入には便利なカードです。
  • 40代/女性(個人事業主)
    発行されるまでに少し時間がかかっているかなと感じます。また、ポイント還元率が0.5%とあまり高くないため、キャンペーン等を利用してポイント還元率を増やしていかないと駄目なカードです。ポイント的には評価できる点が少ないですね。
  • 30代/男性(会社経営)
    問い合わせ対応があまり良くないカードのように感じられます。問い合わせをするとエラーが表示されて、どのように問い合わせすればいいのかわからなくなります。改善すべき点はしっかり改善してほしいなと思います。
  • 40代/男性(会社経営)
    海外出張の際も使える年会費無料の法人カードです。海外旅行傷害保険が付与されていて、海外出張の際は安心です。国内の出張には保険が適用されていないこともあり、他のカードを利用したほうが良いかなと感じます。

出典:公式サイト

3アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメックスゴールド

おすすめポイント
  • ゴールドカードならではのハイクラスなサポート
  • ビジネスシーンで役立つ補償が充実!
  • 利用限度額がないため、突然の出費に必ず対応できる!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、世界的に知名度・信用度の高い法人カードです。ステータス性の高さはもちろん、サービスも充実しています。

 さらに、近年では嬉しいリモートワークを快適にするためのサポートも付帯しており、全国300ヶ所以上のシェアオフィスやコワーキングスペースの自由席で静かに作業するのにも向いています。

クラウド会計ソフトfreeeへのデータ連携をはじめ、クラウドソーシングサイトLancersでの特典など、幅広い特典が付帯しているほか、経理管理・業務の効率化をサポートするサービスも豊富です。

経理管理・業務の効率化をサポートするサービス
  • 経理業務の効率化や経営分析に役立つ「クラウド会計ソフトfreee会計」へのデータ連携
  • 臨時の出費に対応できる一律限度額なしの利用枠
  • オンラインサービス:利用状況をいつでも確認できる
  • Lansers:事業拡大にともなう人員不足を解消するクラウドソーシング仕事依頼サイト
  • Aeight:スマホで名刺を撮るだけで交換した名刺を管理できる

ほかにも、国内外29ヶ所の空港ラウンジを、同伴者1名と共に無料で利用できるため、出張にも最適です。

入会から1年以内に総額200万円のお買い物をすると、30,000ポイントがプレゼントされます。

法人カードの中でも、ゴールドカードのステータスを持っているため、サービスも充実していますね。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのメリット・デメリット

メリット
  • ゴールドカードのハイクラスサポートがビジネスカードでも受けられる!
  • クラウド会計ソフトやクラウドソーシングサイトが付帯!
  • 利用限度額がないから突然の出費にも対応できる!
デメリット
  • 他の法人カードと比較すると年会費が高い
  • 法人向けETCカードの発行枚数に限度がある

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの基本情報

年会費(初年度) 34,100円(税込)※初年度年会費無料キャンペーンあり
年会費(2年目以降) 34,100円(税込)
追加カード年会費 13,200円(税込)
ETCカード年会費 550円(税込)
利用限度額 なし※申告内容や利用実績に応じる
発行スピード 2〜3週間
ポイント還元率 1.0%
会計ソフト freee会計
国際ブランド AmericanExpress
申し込み条件  満20歳以上の法人代表者・個人事業主
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの口コミ・評判
  • 40代/男性(会社経営)
    6年ほどカードを利用していますが、これといったトラブルが発生していないのが良いと思います。カードの耐久性も高く、安定して利用できる部分を持っています。カードを使い続けたいと考えている人におすすめです。
  • 50代/男性(会社経営)
    カードの付帯サービスが安定して使いやすく、会社のカードとして利用する分にはステータスも申し分ないカードです。アメックス特有のデザインも気に入っていますし、カードを使っていて楽しいと感じるのは良いと思います。
  • 40代/女性(会社経営)
    仕事の関係でよくカードを利用していますが、カードの限度額を一杯使うことが多くなっていた。カードを使う回数が多くなったことで、更新時の限度額が増えているのは良いと思った。より使いやすいカードに変わってくれる気がします。
  • 40代/男性(会社役員)
    仕事上の支払いを全てこのカードにまとめられるため、経理の部分では非常に使い勝手が良いと思います。カードの機能も非常にいいと思っていますし、持っているだけで自慢できる点も含めていいカードだなと思います。
  • 40代/男性(会社役員)
    審査についてはあまり厳しくないのかなと思います。審査を通過しやすいという観点ではいいカードだと思いますが、しっかり審査をしているのか逆に不安になってしまいます。安定性などの面では悪くないカードです。
  • 50代/男性(会社経営)
    初回の支払い方法が指定された口座への入金となっている点に注意が必要で、勝手に引き落としだと思っていると滞納扱いになりカードの利用停止処分を受けてしまう。こうした問題が起こらないように気をつける必要あり。
  • 30代/男性(会社役員)
    ポイント還元率はあまり良くないカードです。ゴールドカードではあるものの、ポイント還元率についてはあまり変わらないのかなというイメージがあります。一般カードレベルの還元率ではあまりポイントを貯められません。
  • 40代/男性(会社経営)
    このカードは電話連絡のサポート以外は良いと思います。電話連絡のサポートはあまり良くないイメージで、高圧的な印象を受けるときがありました。もう少し利用者の側に立った対応を期待したいと思います。
  • 50代/男性(会社経営)
    プラチナを狙っていくなら持っていてもいいカードです。次のカードを狙っていくために利用して、少しでもいいカードを手に入れていくのが良いと思います。つなぎのカードとしてはステータスという部分も含めていいカードです。
  • 40代/男性(会社役員)
    普通のゴールドカードとあまり変わらないようなイメージで使えるので、一般で保有しているゴールドカードに近い構成なのかなと思います。カードデザインは好きですが、機能性は少し足りていないところがあるように思いました。

出典:公式サイト

4セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネスプロ

おすすめポイント
  • JALのマイル還元率は1.125%!
  • 海外旅行保険は最大1億円!
  • 貯まった永久不滅ポイントはお買い物やマイルに交換が可能!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、出張などで飛行機をよく使う方におすすめです。JALのマイル還元率は1.125%です。効率的にマイルを貯められます。

仕入れやインターネット広告、法人税などの支払いを一括管理できるため、ビジネスシーンの決済を一本化できるのは法人カードの最大のメリットです。

 さらに社員用の追加カードを利用すると、経費処理業務の効率化も図ることができます。

カード利用でたまったポイントは永久不滅なので、有効期限が切れる心配もありません。また、付帯サービスが豊富なのも特徴のひとつです。会計ソフトとの連動サービスやコンシェルジュサービスなど、幅広く利用できます。

アメックスのプラチナカードとしてのステータスとサポートの質の良さもメリットです。

初年度年会議無料キャンペーン開催しているので、早めにチェックしてみましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリット

メリット
  • 飛行機を頻繁に乗る方ならよりマイルが貯められて使いみちが豊富に!
  • 仕入れや広告、法人税などの支払いも一本化できる!
  • カードで貯めたポイントは永久不滅でマイルにも交換できる!
デメリット
  • カードの還元率は高くはない
  • 旅行傷害保険・キャッシングなどが追加カードでは使えない

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

年会費(初年度) 22,000円(税込)
年会費(2年目以降) 22,000円(税込)
追加カード年会費 3,300円(税込)
ETCカード年会費 無料
利用限度額 申告内容や利用限度額に応じる
発行スピード 最短4営業日
ポイント還元率 1.0%
会計ソフト かんたんクラウド
国際ブランド AmericanExpress
申し込み条件  個人事業主または経営者の方※学生・未成年を除く
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの口コミ・評判
  • 40代/男性(会社役員)
    特別感のあるカードだと思います。これまで保有してきたカードの中でも高級感を感じられるように作られていますし、カードのデザインも気に入っています。プラチナカードで特典も多く、使いやすい感じがありました。
  • 40代/男性(会社経営)
    経理をまとめる際に使えるのは良いですし、カードの機能も多数揃っているので出張時などで利用しても不便が無いのは良いと思います。プラチナカードは最高クラスの特典を提供してくれる安心感もあります。
  • 50代/男性(会社経営)
    マイルを大量に貯めるカードとして使う分には使いやすいと思います。思っている以上にマイルが大量に溜まっていくので驚きました。それだけ飛行機を利用しているといえますが、マイルへの対応がしっかりしているのは良いところです。
  • 40代/男性(会社経営)
    あまりカードを使っているわけではないが、持っているだけでステータスは抜群に高くなります。他の人から見られる目が変わりました。経営者として保有していると強みを感じられるところに良さを感じます。
  • 40代/男性(会社役員)
    電話連絡という観点では少し物足りない傾向があります。プラチナカードですのでコンシェルジュが使えるようになりますが、電話連絡が混み合っていてつながらないケースが見られました。改善して欲しいところです。
  • 50代/男性(会社経営)
    年会費に対して提供しているサービスが優れているように感じています。サポート面も悪くないレベルで、持っていると安心できる点が多くありました。カードを使う機会はそこまで多くありませんが、持っているだけで安心できます。
  • 40代/男性(会社経営)
    法人口座への支払い方法が面倒で、手続きに時間がかかってしまいます。より簡単に支払える方法を模索してほしいと思います。手続きに必要な時間が増えてしまうことで、カードを利用するまでの負担も増えてしまいます。
  • 50代/女性(会社経営)
    カードが届くまでに時間がかかってしまいます。カードをすぐに受け取れるようなら使いやすいカードなのかなと思ってしまいますが、時間がかかるのでカードを手に入れるまでに待たなければならない時間が多くなります。
  • 40代/男性(会社役員)
    選ばれた人だけが利用できるカードという感じです。プラチナカードの輝きのあるデザインに加えて、アメックス特有のサービスが追加されているのが非常にいいと思います。年会費は気になりますが、それでも使い勝手は良いと思います。
  • 50代/男性(会社経営)
    コンシェルジュも利用できて、年間200万円以上使うと、翌年の年会費が半額になるのでとてもお得に感じました。コスパの面ではとても優れているカードだと思います。

出典:公式サイト

5アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

おすすめポイント
  • 会計ソフト「freee」への連携が可能!設定も簡単!
  • 社員へ追加カードを発行した際にも、それぞれが「何にいくら使ったか」が簡単にわかる!
  • 福利厚生サービス「クラブオフ」の年間登録料が無料!

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードは、同ゴールドカードと比べて年会費が半額以下です。にもかかわらず、空港ラウンジや手荷物宅配サービス等、出張時に役立つサービスが充実しています。

ビジネスシーンで行われるあらゆる支払いをビジネスカードに集約し、経費処理を効率化できる点が最大のメリットです。利用できるサービスは以下の通りです。

業務効率を向上させるサービス
  • クラウド会計ソフトfreee会計へのデータ連携
  • 利用状況をオンラインでいつでも確認できる
  • 不正利用感知システム搭載
  • 好きなタイミングでリボ払いに変更可能
  • ビジネス情報が簡単に入手できる
  • 福利厚生プログラム「クラブオフ」の年間登録量無料

決済がスムーズになるだけではなく、支払いの利用代金100円=1ポイント換算ポイントが貯まります。仕入れでの決済や通信料・広告費などさまざまなビジネスシーンで効率よくポイントを貯められます。

また、貯まったポイントは、アイテムへの交換やマイルに移行できます。業務効率化、リモートワークを快適にサポートしてくれること間違いなしです。

出張にぴったりなトラベルサービスも充実していますよ。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードのメリット・デメリット

メリット
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの半額で発行できる!
  • 追加カードは1枚ずつ利用明細が簡単に確認できる!
  • クラウド会計ソフトへデータ連携が可能!
デメリット
  • 他の法人カードと比較すると年会費が高い
  • 法人向けETCカードの発行枚数に限度がある

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードの基本情報

年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 13,200円(税込)
追加カード年会費 6,600円(税込)
ETCカード年会費 550円(税込)
利用限度額 なし※申告内容や利用実績に応じる
発行スピード 2〜3週間
ポイント還元率 1.0%
会計ソフト freee会計
国際ブランド AmericanExpress
申し込み条件 法人代表者または個人事業主
アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードの口コミ・評判
  • 40代/男性(会社役員)
    年会費がそこまでかからないビジネスカードという感じで、年会費を抑えたい人にはおすすめだと思います。安くてもステータスはそれなりにありますし、アメックス特有の特典はしっかり準備されているので安心です。
  • 40代/男性(会社経営)
    年会費を抑えつつプライオリティパスのプレステージ会員を利用できるメリットがあります。ラウンジを有効活用できるのが良いところで、出張時などに役立っています。出張回数が多い人には良いと思います。
  • 50代/男性(会社経営)
    ゴールドカードなどと違い、一般カードに近い審査基準が取られています。中小の企業でも審査を通過してカードを発行できるのは良いところで、安心できるポイントが多くなっている。小さい会社はこのカードを使ってみるといいです。
  • 30代/男性(会社経営)
    ある程度の信頼性を確保できる点が評価できるポイントです。ゴールドカードほどではありませんが、持っているだけでステータスアップも期待できます。より高いランクのカードを狙っていくときにも使える便利なカードです。
  • 40代/女性(会社役員)
    ポイント還元率はあまり高くありませんので、ポイントを貯める観点では利用しづらいカードになります。大量にポイントを貯めたい人はそれだけお金を利用していく必要があるので、ポイントを踏まえて検討していく必要があります。
  • 50代/女性(会社経営)
    アメックスですので専用の特典が用意されています。特典を利用して便利な部分もあるため、年会費を踏まえると使いやすいカードだと思います。年間の決済額がそこまで多くない人でも安心して保有できます。
  • 40代/男性(会社経営)
    クレジットカードの機能は普通くらいで、特別機能性の高い状態にはなっていません。ゴールドカードやプラチナカードのステップアップに使えるカードとしては便利ですが、カードの使い方を間違えると色々大変です。
  • 30代/男性(会社経営)
    これまでのクレジットカードから変更してステータスが少し上昇しました。周りからいいカードを持っているように思われているので重宝しています。出張時に使える機能が多く揃っており、ビジネスカードとして便利です。
  • 40代/男性(会社役員)
    アメックスは良い機能を持っているのは間違いないが、アメックス決済に対応している店舗が多くないことから使える場面が限定されてしまう点が少し気になってしまいます。もう少し対応が増えればいいと思います。
  • 40代/女性(会社経営)
    出張時に便利なカードです。ラウンジを利用して快適に過ごせるようになりますし、出張先の支払いで利用する分には使いやすい限度額もあります。ビジネスカードの入門として保有する手もあるでしょう。

出典:公式サイト

6三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

おすすめポイント
  • 年間100万円の利用で翌年以降年会費永年無料、条件達成ごとに毎年10,000ポイント還元!
  • 国内空港ラウンジサービスが無料!
  • 海外、国内共に最高2,000万円の旅行損害保険が付帯!

三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドは三井住友カードの中でもステータスの高く、サポートが充実しているカードです。決済書・登記簿謄本不要でカードの発行ができます。

年間100万円の利用で翌年以降の年会費が永年無料になり、条件達成で毎年10,000ポイント還元されます。ポイント還元率は最大1.5%と還元率は法人カードの中では高い水準を誇っているのも特徴の一つです。

 審査結果は最短当日にメールで確認でき、申込みから最短3日営業日にカードが発行されます。

三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドなら、経費の仮払いや立て替えなど小口現金決済が不要になり、経費の計上漏れや請求漏れをなくして、振り込み手数料を減らすことができます。

請求書支払い代行サービスも利用でき、取引先がカード決済に対応していない場合でや急な受注が発生した場合などでも請求書の支払いがカード決済にできます。

利用額は最大500万円までなのも設備投資や大量の仕入れをする方にとって嬉しいポイントです。

三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドのメリット・デメリット

メリット
  • 年間100万円利用すると翌年も年会費が無料・条件達成で毎年10,000ポイントプレゼント!
  • 審査結果が最短当日・発行までは最短3日営業日のスピード発行!
  • 利用限度額が最大500万円だから設備投資や大量の仕入れをする方はメリット!
デメリット
  • ショッピング還元率があまり高くはない
  • 追加カードの発行枚数に限度がある

三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドの基本情報

年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 通常5,500円(税込)※年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料
追加カード年会費
ETCカード年会費 無料
利用限度額 ~500万円※所定の審査があります
発行スピード 最短3営業日
ポイント還元率 0.5%〜1.5%
会計ソフト freee会計
国際ブランド VISA
申し込み条件 満20歳以上の法人代表者、個人事業主の方
三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドの口コミ・評判
  • 30代/男性(会社役員)
    年会費が無料になる可能性を秘めているゴールドカードです。100万円程度であれば決済に利用しているだけで簡単に達成している可能性があるので、一般カードに比べるとゴールドカードの年会費無料は狙いやすい気がします。
  • 40代/男性(会社経営)
    ポイント還元率は悪くない数字だと思います。デザインは変更されたことでスタイリッシュ感が出ており、若い人が持っていても大丈夫なイメージがあります。カードの使い勝手も悪くなく、作ってよかったカードです。
  • 40代/女性(会社経営)
    年会費があまり高くないビジネスカードは重宝しています。年会費があまりにも高いカードだと負担が大きくなってしまいますが、年会費が少ないカードであれば維持費を抑えられるので安心して保有できます。
  • 30代/男性(個人事業主)
    個人事業主も対応してくれるカードとして使い勝手は良いと思います。ゴールドカードではありますが、一般カードとさほど変わらない機能が揃っているので、普段の利用から使いたくなってしまうほどの気軽さを感じます。
  • 40代/男性(会社経営)
    ゴールドカードではあるが、特典がそこまで多いわけではないので使っていくメリットは少ないと思います。一般カードに比べればステータスもそれなりにありますが、一般カードとデザインが変わらないので間違われやすいです。
  • 50代/男性(会社経営)
    会社の経営を考えると、年会費無料のサービスが用意されているだけでもありがたいと思います。毎月の経費を全てこのカードにまとめてしまえば、簡単に達成できる数字なので非常に便利です。
  • 40代/男性(会社役員)
    ポイントの交換先が充実しているのは良いと思います。ポイントの交換先がマイル以外存在しないようなカードもあるため、備品などに交換できるのは良いところでしょう。ポイントが貯まる特典も用意されています。
  • 40代/男性(会社経営)
    ラウンジが使えるだけでも優れているカードです。国内の主要空港は全て利用できるようにしているため、国内出張に適しているカードです。海外出張を考えると少し物足りない部分はありますが、国内なら大丈夫でしょう。
  • 50代/男性(会社経営)
    利用枠がそこまで大きくならないのが気になります。他社のカードを利用していたときより利用可能枠が減ってしまったのは残念なポイントでした。より枠の広いカードを作ろうか検討しているところです。
  • 40代/女性(会社役員)
    カードが発行されてから利用できるまでの時間が短いので、一般的に提供されているクレジットカードと同じようなイメージで準備できます。機能性もビジネスカードというよりクレジットカードの延長線という感じです。

出典:公式サイト

7freee MasterCard

おすすめポイント
  • 手続きはWEB完結・本人確認書類だけで審査可能
  • 設立直後や事業所得が低い状態でも審査が受けられる
  • 会計ソフトと連動しているから経理業務の効率アップ

freee MasterCardは、年会費永年無料の法人カードです。会計ソフトfreeeと連動しており、経理の作業が楽に行えます。

ポイント還元はないものの、Adobeソフトなどを優待価格で契約できる特典があり、これから事業を始めるという方におすすめです。

 feee MasterCardの大きな特徴は、創業時から発行審査を受けられる点です。設立直後や事業所得が低い状態でも審査申込みが可能です。

さらんい、法人口座ができる前でも、コンビニ決済に設定すると、すぐに利用することもできます。他のカード会社では法人カードを作れなかった個人事業主の方でも発行できたケースもあります。

WEB申込みなら最短4日営業日にカードが届き、口座振替用紙はカード発行後でも可能です。とにかくすぐに法人カードを用意したいという方でも安心です。

必要な書類は本人確認書類のみで、決済書なしでカードの発行ができますよ。

freee MasterCardのメリット・デメリット

メリット
  • 発行手続きはWEB完結・必要書類は本人確認書類だけで審査できる!
  • 設立直後・事業所得が低い状態でも審査が受けられる
  • 法人口座ができる前でも、コンビニ決済利用ですぐに利用可能に!
デメリット
  • 利用限度額は300万円まで
  • 優待や特典が付帯されていない

出典:公式サイト

8オリコ EX Gold for Biz M

おすすめポイント
  • 経理ソフト搭載で会計業務が楽になる
  • 年会費初年度無料
  • タッチ決済可能・ネットショッピングならお得にポイントが貯まる

オリコ EX Gold for Biz Mでは、クラウド会計ソフトfreeeの年会費を2ヶ月分安く使用できます。会計ソフトを使えば、カード情報を登録するだけで計算が可能です。

クラウド会計ソフトfreeeを利用すると、銀行やクレジットカードを登録するだけで簡単に会計帳簿が作成でき、経費に費やす時間を削減できるメリットがあります。

 さらに、利用明細は「書面( 郵送)」と「Webサイト」から選択でき、「Webサイト」の「eオリコサービス」に登録すると、いち早くWebで利用明細を確認できます。

経費に費やす時間を大幅に削減できます。会計ソフトの導入を考えている方や、乗り換えを検討している方におすすめです。

タッチ決済や空港ラウンジ無料サービスなど、嬉しいサービスもたくさん搭載されているのもポイントです。現在、新規入会限定最大7,000オリコポイントプレゼントキャンペーン実施中です。

メンバーカードは年会費無料で3枚まで発行できますよ。

オリコ EX Gold for Biz Mのメリット・デメリット

メリット
  • 経理ソフト搭載で会計業務がスムーズになる!
  • 会計帳簿の作成が簡単で経費に費やす時間を削減!
  • タッチ決済可能!
デメリット
  • マイルの還元率はあまり高くはない
  • 利用限度額は300万円まで

出典:公式サイト

還元率が高い法人・ビジネスカードランキングTOP3

今回紹介した8枚の法人カードをポイントの最大還元率が高い順にランキング形式で紹介します。

法人カードをお得に利用したいならポイント還元率が高いものがおすすめです。ぜひチェックしてみてください。

1JCB法人カード(還元率最大3.0%)

JCB一般法人カード

JCB法人カードのおすすめポイント
  • ポイント優待店舗多数
  • ポイントがザクザクたまると高評価
  • オンライン入会で年会費初年度無料

JCB法人カードの基本ポイント還元率は0.5%です。ですが、ポイント倍増など還元率が上がりやすいのが特徴です。ポイント優待加盟店は、スターバックスやセブンイレブン、Amazonなど利用頻度が高いお店がたくさんあります。

ちょっとした備品を購入をするだけでも効率的にポイントが貯められます。さらに、オンライン入会なら年会費は無料です。翌年以降も年会費1,375円(税込)で利用できます。

2三井住友ビジネスカードゴールド(還元率最大2.5%)

三井住友ビジネスゴールドのおすすめポイント
  • セブンイレブン・ローソン・マクドナルドでの利用で2.5%ポイント付与
  • 海外旅行傷害保険・海外ショッピング保険付帯

三井住友ビシネスゴールドカードの、通常ポイント還元率は0.5%です。しかし、セブンイレブン・ローソンなどとマクドナルドの利用で2.5%のポイントが還元されます。

ちょっとした事務用品の購入でコンビニを利用することも多いので、コツコツとポイントがたまっていきます。旅行傷害保険に加え、海外ショッピング保険も付帯しており補償も充実しています。

3セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(還元率最大2.0%)

セゾンプラチナ・ビジネスプロ

おすすめポイント
  • JALのマイルが1.125%たまる
  • 無料のSAISON MILE CLUBへ入会すればポイントを自動的にJALのマイルへ移行可能
  • ポイントは永久不滅
  • 海外でのショッピングは通常の2倍のポイント

セゾンプラチナ ビジネスアメックスカード は、国内利用でポイント還元率1.0%を誇ります。さらに海外でのお買い物の際には2倍のポイントがたまります。

また、JALのマイルが1.125%たまるので、飛行機をよく使う場合に特におすすめです。さらに無料のSAISON MILE CLUBへ入会すれば、お買い物のポイントを自動的にJALのマイルへ移行できます。

法人・ビジネスカードと個人カードの違い|審査や支払い方法を

法人カードと個人カードの違い|審査や支払い方法を比較

ひとつ持っていると便利な法人カードですが、個人で契約するクレジットカードと何が違うのでしょうか。

 クレジットカードの機能があることは同じですが、法人カードと個人カードでは、申し込み時に必要な申請書類から付帯特典まで、さまざまな違いがあります。

違いを一覧表にまとめましたので、参考にしてください。

法人カード 個人カード
申込書類
  • 登記簿謄本又は印鑑証明書
  • 代表者の本人確認書類
  • 本人確認書類
審査対象 法人の代表者と法人自体 申込者本人
支払い口座 法人口座
(個人事業主の場合は個人口座もOK)
個人口座
支払い方法 基本的に一括払いのみ 分割払いやリボ払いもできる
キャッシング機能 基本なし あり
利用限度額 高い 低い
付帯サービス ビジネスに特化した多様なサービス 基本なし(一般カードの場合)

法人・ビジネスカードの審査は厳しい?審査基準は?

法人カードの審査は厳しい?審査基準は?

法人カードは、個人で契約するクレジットカードと違い、企業や事業自体の経営状況も審査対象になります。

 なお、審査基準はどのカード会社でも公開されておらず、詳細はわかりません。

ですが、一般的に審査のポイントとして考えられている項目が3つあります。

審査ポイントと言われる項目
  • 経営実績
  • 財務状況
  • 代表者の信用情報

法人カードに申し込む際は、上記3つのポイントを意識するといいでしょう。

法人カードの審査に落ちないためのコツ

法人カードの審査に落ちないために知っておくべきコツを紹介します。

法人カードの審査に落ちないためのコツ
  • 事業用の固定電話番号を用意する
  • 使わないカードは解約する
  • ステータスの高いカードを保持しておく
  • 開業から1年経つのを待つ
  • 会社のホームページを作成する
  • プロモーションを利用して申し込む
  • 申込書類の記入ミスがないか確認する
上記のポイントをおさせておけば、法人カードの申込が初めてであっても審査通過の確率を上げることができるでしょう。

法人・ビジネスクレジットカード5つのメリット|ポイントやマイルが貯まる

法人クレジットカード5つのメリット|ポイントやマイルが貯まる
法人カードは、大企業だけでなく中小企業にとっても、嬉しいメリットがたくさんあります。ここでは、主に5つのメリットについてご紹介します。
5つのメリット
  1. 経費の計算が楽になる
  2. 計上漏れがなくなる
  3. ポイントマイルがたまる
  4. さまざまな特典が受けられる
  5. キャッシュフローがシンプルになる

1経費の計算が楽になる

法人カードを導入すると、現金で支払っていたときよりも経費の計算がスムーズです。利用明細が一覧で発行されるので、領収書やレシートをひとつひとつ確認して、金額や用途をチェックする作業が楽になります。

時間のかかる領収書の計算や保管などの必要がなくなると、マンパワーの削減にもつながります。他の作業に手を回せるようになるので、事業の効率化が期待できますよ。

2計上漏れがなくなる

計上漏れがなくなる

 

計上漏れの主な原因は、レシートや領収書を失くしてしまったり、経理に渡しそびれてしまったりといったヒューマンエラーです。

ですので、経費の支払いを全てひとつの法人カードに一本化して使えば、法人カードの利用明細を確認するだけで済み、計上漏れの心配がなくなります。

3ポイントやマイルがたまる

法人カードの中には、ポイントやマイルがたまるタイプのカードがあります。たまったポイントで贈答品やオフィス用品などを交換できるので、経費の削減にもなります。

たまったポイントには有効期限がある場合もあるので、有効期限の有無の確認も忘れずにしましょう。

なお、たまったポイントの個人利用は横領になってしまう可能性があるので注意が必要です。必ず経費で落とせるものに使いましょう。

4さまざまな特典が受けられる

さまざまな特典が受けられる

受けられる特典はカード会社や持っているカードのランクに応じて違いがあります。一例として以下のようなサービスが受けられます。

法人カードの付帯サービス一例
  • 旅行損害保険:出張などでケガをした場合に受けられる保険
  • オンライン・プロテクション:インターネットの不正使用による損害保障
  • コンシェルジュデスク:24時間365日さまざまな要望に応えてくれる秘書のようなサービス
  • プライオリティパス:海外空港のラウンジを使用できるサービス

5キャッシュフローがシンプルになる

会社を経営していると、さまざまな支払いがあり、それぞれに応じた支払日が設定されています。支払日や金額は支払い先ごとにバラバラなので、管理に手間がかかります。

そんな悩みを解決してくれるのが、法人カードでの一括管理です。法人カードを使って支払えば、まとめてカード会社から引き落としがされるので、キャッシュフローが一本化され、経費などの管理がしやすくなります

法人・ビジネスクレジットカード2つのデメリット|還元率はどれくらい?

法人クレジットカード2つのデメリット|還元率はどれくらい?
メリットの多い法人カードですが、いくつかデメリットもあります。ここでは主に2つのデメリットをご紹介します。
2つのデメリット
  1. 分割払いやリボ払いに対応していない場合がある
  2. 個人カードよりポイント還元率が低い

1分割払いやリボ払いに対応していない場合がある

基本的に法人カードの支払い方法は一括払いです。またキャッシング機能もありません。

ですが最近では分割払いや、キャッシング機能に対応している法人カードも出てきています。

そのため、選ぶカードによっては一括払いしかできないというデメリットがありません。

 分割払いやキャッシング機能を使いたい場合には、選んだカードが対応しているか契約前にきちんと確認しておくと良いでしょう。

2個人カードよりポイント還元率が低いケースがある

法人カードのポイント還元率は0.5%〜1.0%が相場です。

 しかし中にはポイント還元が0%の法人カードもあります。

なお、多くの法人カードは年会費がかかります。ポイント還元率の高いカードにした方が、年会費と相殺できる可能性があるのでおすすめですよ。

おすすめ法人・ビジネスカードの口コミ・評判を解説

おすすめ法人カードの口コミ・評判を解説

ここまで法人カードの情報を紹介してきましたが、実際に利用している人の声は気になるところです。そこで、実際に法人カードを利用している人の口コミや評判を見ていきます。今回紹介するのは以下の法人カードです。

紹介する法人カード
  • JCB一般法人カード
  • アメックスビジネスゴールド

口コミや評判が気になる人は、これから紹介する内容をしっかり見ておきましょう。

JCB一般法人カード

経費把握に便利
個人事業主として仕事をしていますが、仕事関連の経費を一括にできるという部分ですごく助かっています。年度末の確定申告等に非常に便利で、経費の確認がしやすい点が気に入っています。今年も経費情報を確認する際に役立ってくれるでしょう。
航空機予約に使いやすい
インターネットでの航空機予約などが可能となっており、利便性の非常に高いカードとなっています。また、ETCカードに利用できる点も評価しており、クレジットカードを使って高速道路の利便性を高めやすくなっています。
1枚でしっかりビジネスを支えてくれる
ビジネスカードに必要な機能が全て揃っているので、他のカードに頼ること無く、このカード1枚だけで決済ができる点が大きなメリットだと感じました。複数のビジネスカードを保有して年会費の負担を増やすような問題がないのはいいところです。
発行されるまでの時間が長い
使い勝手はいいものの、発行するまでにかかる時間が非常に長くなっています。他の法人カードも試していますが、カードが発行されるまでにかかる時間が他社の倍近くかかっているような気がします。もう少し早く発行してくれればいいと思っています。
海外で対応していないところも
海外での利用が難しいカードのように感じました。日本で使う分には申し分ない法人カードだと思っていますが、海外で利用すると使えないサービスがあるなど、不便さを感じてしまう点がいくつかありました。

 

利便性の高いカードではありますが、発行されるまでに時間がかかってしまいます。

アメックスビジネスゴールド

ポイント還元率の高さ
アメックスの中ではポイント還元率の高いクレジットカードである点がいいと思います。経費の支払先として利用することが多いため、どうしても利用する金額が多くなってしまいますが、この利用額に対して多くのポイントを還元してくれる点がいいと思います。
対応の変化が見られた
持っているだけで空港やホテルなどの対応が変わったような気がします。一般カードを持っている場合と比べると、気遣いやサービスという部分では大きな違いがあります。出張先でも様々なサービスを受けられるという部分は非常に高く評価できます。
メタルカードの重みを感じます
クレジットカードとしては珍しいメタルカードとして発行されています。メタルカードが使えない店舗等もありますが、重量感を感じられるようなカードは高いステータスを得られているようなイメージを感じます。カードデザインもビジネスカードでは非常に評価できる点です。
年会費の負担が大きい
年会費がやはり高いクレジットカードだと感じます。年収がある程度確保できないと保有し続けるのは相当難しいように感じます。あまり多くの年収を確保できない人は、このカードを持ち続けるのは難しいような気がしました。

 

年会費の負担は大きいものの、ステータスの高さは魅力的な部分です。

法人・ビジネスクレジットカードの選び方!5つのおすすめポイント

法人クレジットカードの選び方!5つのおすすめポイント

大企業・中小企業・個人事業主など、事業規模によって適切なカードは異なります。ご自身の事業規模に合った法人カードの選び方のポイントは、以下の5つです。それぞれくわしくみていきましょう。

選び方5つのポイント
  1. 手数料と年会費
  2. 追加発行枚数
  3. 還元率
  4. 利用限度額
  5. 特典

1手数料と年会費

追加カードやETCカードの発行に手数料や年会費がかかるものや、カード自体の年会費が高額なカードもあります。カードも利用状況によって、年会費が発生するもの発行手数料がかかるものもあります。

 法人カードを社員全員の経費管理に利用したい場合、追加カードの発行手数料や年会費が無料のものがおすすめです。

2追加発行枚数

追加発行枚数

法人カードは、追加発行枚数が決まっている場合があります。追加カードの作成を検討しているなら、十分に注意が必要です。

 また、追加発行枚数の上限はないものの、例えば5枚目以降の発行には年会費や手数料が発生するという場合もあります。

追加カードの必要枚数が確定してから、法人カードの契約をすることをおすすめします。

3還元率

ポイント還元率が高ければ、年会費が高額だったとしてもポイントで帳消しでき結果的にお得に利用できます。

また、貯めたポイントを事業経費にあてられるので、経費削減にも役立つでしょう。

法人カードは、できる限りポイント還元率の高いカードがおすすめです。

ちなみに、法人カードのポイント還元率の目安は0.5%〜1.0%です。1.0%以上の還元率だと高水準と言えます。

4利用限度額

利用限度額

利用限度額が低すぎると、毎月の経費をひとつのカードでは処理しきれなくなります。このため、利用限度額には余裕があると良いでしょう。なお、利用限度額を一時的に増やせる法人カードもあります。

5特典

法人カードにはさまざまな付帯サービスがあります。グレードの高いカードなら、レストラン予約やホテル手配などをしてくれるコンシェルジュサービスがあり利便性も高いでしょう。

 また、出張が多い場合は旅行関連サービスが充実した法人カードがおすすめです。海外や国内の空港ラウンジを利用できたり旅行損害保険が手厚かったり、多くのメリットがあります。

そのほか、会計ソフトと連動するサービスや会計ソフトを割引で使用できるものもあります。付帯サービスを利用することで経費削減になる場合もあるので、どのような特典があるのか契約前によく確認しましょう。

【申し込みの参考に】法人・ビジネスクレジットカードの利用者数事情

【申し込みの参考に】法人クレジットカードの利用者数事情

ここからは法人クレジットカードの利用者数事情について解説します。ぜひ申し込みの参考にしてみてください。

クレジットカードの発行枚数は増加傾向

日本クレジットカード協会「1年間の申込・契約・解約状況」によると、2020年まで増加傾向であることがわかります。

対象社数 入会申込件数 契約件数
2016年 289件 3,023件 1,664件
2017年 285件 3,066件 1,669件
2018年 282件 3,109件 1,674件
2019年 275件 3,362件 1,859件
2020年 277件 2,799件 1,769件

2020年にクレジットカードの発行数が少なかった要因としては、新型コロナウイルスによる社会情勢の変化によるものが予想されます。

 新型コロナウイルスの蔓延により外出先でクレジットカードを利用する回数が減少したことで、クレジットカードの需要が減ったことが大きな要因となっているでしょう。

クレジットカードは実際の店舗以外でも、さまざまなネットショッピングなどでも利用できるようになってきているため、クレジットカードの需要も高まるでしょう。

法人クレジットカードの発行枚数も増加傾向

日本クレジットカード協会「クレジットカード発行枚数調査結果一覧」によると、法人クレジットカードの発行枚数も増加傾向にあることがわかります。

総数 前年比 法人クレジットカード 前年比
2014年3月末 26,722枚 2.9 639枚
2015年3月末 25,890枚 △3.1 874枚 36.8
2016年3月末 26,600枚 2.7 888枚 1.6
2017年3月末 27,201枚 2.3 923枚 3.9
2018年3月末 27,827枚 2.3 1,002枚 8.6
2019年3月末 28,394枚 2.0 1,002枚 0.0
2020年3月末 29,296枚 3.2 1,037枚 3.5

法人クレジットカードの発行枚数は増加しており、働き方改革やそれに伴う企業の副業解禁により今後も法人クレジットカードの契約枚数は増加すると予想されます。

2019年の増税時に行われた「消費者還元事業」を見越して法人クレジットカードの発行枚数が急激に増加したことも要因の1つでもあります。

今後も法人クレジットカードの需要は高まるでしょう。

法人クレジットカードのシェア率は高い

クレジットカードの発行枚数は増加傾向

日本クレジットカード協会「クレジットカード発行枚数調査結果一覧」によると、法人クレジットカードの発行枚数は年々増加してることがわかります。

総数 前年比 法人クレジットカード 前年比
2014年3月末 26,722枚 2.9 639枚
2015年3月末 25,890枚 △3.1 874枚 36.8
2016年3月末 26,600枚 2.7 888枚 1.6
2017年3月末 27,201枚 2.3 923枚 3.9
2018年3月末 27,827枚 2.3 1,002枚 8.6
2019年3月末 28,394枚 2.0 1,002枚 0.0
2020年3月末 29,296枚 3.2 1,037枚 3.5

クレジットカードの総数から算出すると、法人クレジットカードのシェア率は2020で3.5%になり、法人クレジットカードの需要が高まっています。

法人クレジットカードは、利用明細から経費管理まで事務作業を効率よく行うことができるため、発行する事業主が増えています。

さらに、キャッシュレス決済の普及に伴い、クレジットカードでしか支払いができない場面が増えてきているため、法人クレジットカードは保有して損はないカードとも言えます。

年会費無料で発行できる法人クレジットカードもあるので、1枚持っておくと便利ですよ。

おすすめ法人カードに関するよくある質問

おすすめの法人カードは?
当サイトがおすすめする法人カードは「アメックス・ビジネス・ゴールドカード」です。カードの知名度も世界的に高いので、持っていることがステータスにもなるでしょう。クラウド会計ソフト「freee」へのデータ連携など、ビジネスシーンでも役立つサービスが盛りだくさんです。
法人カードの選び方のポイントは?
法人カードを選ぶ際には、手数料・年会費・追加発行枚数の上限・還元率・利用限度額を意識しましょう。特に手数料・年会費の面では、追加発行の手数料が無料のものを選ぶなど、ランニングコストが低いものを選ぶようにするといいでしょう。中には、5枚目以降の追加発行には手数料が発生してしまう、という場合もあります。
還元率が高いおすすめ法人カードはどれ?
当サイトでご紹介した法人カードの中だと、「JCB法人カード」が還元率最大3.0%と高還元率になっています。JCB法人カードの基本ポイント還元率は0.5%ですが、ポイント倍増の特典が多いため、効率的にポイントを貯めることができます。オンライン入会なら年会費が無料になるのも嬉しいポイントでしょう。
手厚いサービスが魅力の法人カードはどれ?
「三井ビジネスカードゴールド」は福利厚生代行サービスを提供しており、国内外数1,000箇所の提携施設でサービスを受けることができます。また、新幹線や飛行機のネット予約やチケットレスサービスも利用可能なので、様々なビジネスシーンで活躍するでしょう。
仕事で車を頻繁に使うときにおすすめの法人カードは?
「JCB一般法人カード」は複数枚のETCカードを無料で作ることができます。高速道路を頻繁に使う企業におすすめの法人カードです。ETCカードの利用履歴を一括でまとめるサービスもあるため、ぜひ利用してみてましょう。

【まとめ】事業規模に合った法人カードを選ぼう

法人カードは、中小企業・大企業など事業の規模や従業員の人数によって、最適なものが違います。ご自身に合った法人カードを選ぶコツは以下の5つです。

選び方の5つのポイント
  1. 手数料と年会費
  2. 追加発行枚数
  3. 還元率
  4. 利用限度額
  5. 特典

たくさんのカードを発行したいなら、発行手数料がかからず追加発行枚数に制限がない法人カードがおすすめです。また、経費を削減したいなら、特典が豊富でポイント還元率が高いものが良いでしょう。

利用限度額が低いと、全ての経費がまかなえず複数の法人カードが必要になってしまい、カードの管理が大変になってしまいます。利用限度額はある程度余裕を持たせましょう。

ぜひ今回紹介したおすすめの法人カードや還元率ランキングを参考に、最適な一枚を快適な事業運営に役立ててくださいね。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事