おすすめビジネスローン8選!ランキングで人気各社を徹底比較!

ビジネスローンとは、融資を受けることによって新規事業や設備投資資金など事業に関するさまざまな費用に活用できる金融商品です。

借りたお金は、事業資金として自由に使用できますよ。

そこで今回は、おすすめのビジネスローンについて以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • おすすめのビジネスローン8選
  • ビジネスローン上限金利比較ランキング
  • ビジネスローンの基本情報
  • ビジネスローンの審査について
  • ビジネスローンのおすすめの選び方
  • ビジネスローン利用のメリット

ビジネスローンの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

法人・個人事業主におすすめ!ビジネスローン8選

福岡銀行ビジネスローン「フィンディ」

福岡銀行フィンディ

おすすめポイント
  • AIによる最短1分の事前審査回答!借り入れ可能目安の金額がすぐわかる
  • お申し込みは24時間受付中!
  • 初回の借り入れでは決算書や確定申告書類の提出不要

フィンディは全国の中小企業・個人事業主向けの事業性融資です。AI技術を活用した審査により、速やかな資金調達を可能にしているところが魅力です。

最短1分でAI審査回答

福岡銀行の口座をお持ちの場合はわずか1分で事前審査回答を受けることができます。AI技術を利用して、お客さまのお借入れ可能目安額を提示します。

もちろん、福岡銀行をお持ちでない場合も申込することが可能です。

 自分が利用している金融機関・サービスと連携すれば、福岡銀行の口座がなくても申込可能です。

その場合は以下の手順で登録します。

福岡銀行口座をお持ちではない方
  1. アカウント登録
  2. データ連携
  3. 借入の申込
  4. ご契約・ご融資の実行

24時間受付で来店不要

フィンディはオンラインでの申し込みを24時間受け付けています。

お申込からご融資まで一切来店いただく必要はないので、手軽に登録することができるでしょう。

必要書類

初回の借り入れに限り、決算書や確定申告書類の提出は不要です。事業についての説明など面倒な手続きなしで融資を受けることができます。

基本情報

お申込み条件 日本国内で事業を営む法人及び個人事業主の方
金利(実質年率) 年2.0~14.0%(審査の上、決定)
ご融資額 100万円~1,000万円
担保・保証人 不要
申し込みから審査完了まで 最短即日
申し込みから融資まで 申し込み日から3営業日

アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンス

おすすめポイント
  • まとまった資金が必要になった時に使える!
  • オンラインで申し込み完結!
  • 法人・個人事業主向けのカードローンも提供中

個人向けのカードローンアイフルのグループが提供する、「経営を支える」をキャッチフレーズにしたビジネスローンです。

金利は実質年率3.1%~18.0%で、50万円~1,000万円というまとまった資金を調達できます。

申し込み条件
  • 法人:75歳まで
  • 個人事業主:69歳まで
金利(実質年率) 3.1%〜18.0%
利用限度額 50万円〜1,000万円
担保・保証人 不要※代表者の原則連帯保証が必要

出典:公式サイト

来店不要でオンラインにて簡単申し込み

おすすめビジネスローン5選

来店することなく、簡単にWEB上で申し込み可能です。

申し込み者の情報と連絡先、経営する会社情報をフォームに従い入力してください。

利用までの基本的な流れを下記にまとめていますので、スムーズに進めるためにも把握しておいてください。

利用までの流れ
  1. 申し込みフォームに必須事項を入力
  2. 仮審査
  3. 必要書類をメール・FAX・郵送にて提出
  4. 本審査
  5. 契約・融資開始

カードローンも提供

法人または個人事業主向けに、カードローンも提供しています。カードローンの概要は下記です。

申し込み条件
  • 法人:75歳まで
  • 個人事業主:69歳まで
金利(実質年率) 5.0%〜18.0%
利用限度額 1万円〜1,000万円
担保・保証人 不要(代表者様に原則連帯保証をお願いします)

ビジネスローンと比較すると、融資額は1万円からと少額の借り入れが可能となります。なお、最高1,000万円まで借り入れできますが、新規取引時は上限500万円です。

また、金利についても上限は同じですが下限が5.0%となり、ビジネスローンに比べて高い設定となるためご注意ください。

セゾンファンデックス

セゾンファンデックスとは、お客様のさまざまな資金ニーズにお応えする、事業者向け不動産担保ローンです。不動産担保ローンとは、不動産を担保に融資を受けるローンのことを言います。

申し込み条件
  • 法人・個人事業主
  • 個人事業主:申込時20歳以上70歳以下、完済時85歳未満
  • 日本国籍または永住許可を有する方
金利(実質年率) 15.0%以内(事務手数料・調査料などを含め年率で換算したもの)
利用限度額 1万円~500万円
担保・保証人 不要※法人融資の場合は代表者の原則連帯保証が必要

さまざまな資金ニーズに対応

セゾンファンデックスが対応可能な資金ニーズには以下があります。

セゾンファンデックスが対応可能な資金ニーズ
  • 急な運転資金
  • ローンの借り換え
  • 現金のお支払い
  • 開業資金
  • 長期の借入れ
セゾンファンデックスの事業者向け不動産担保ローンでは、返済期間は5~25年以内、返済回数は60回~300回と、長期返済が可能なことも特徴です。

毎月の決済額を抑えることができ、無理のない返済をすることができます。

決済シュミレーションサービスを提供

決済シュミレーションを利用すると、毎月の決済額や返済期間を調べることができます。

 融資希望額や、融資年率、返済期間または毎月の決済額を入力して自分がローンを利用した際の決済状況を確認しましょう。

対象エリアは全国

セゾンファンデックスの事業者向け不動産担保ローンは日本全国に対応しています。都心から物件が離れていたり、担保の物件が地方にある場合も対応できます。

銀行とは異なる審査基準で対応しており、気軽に相談できるでしょう。

※一部対応できない地域もございます。

PayPay銀行ビジネスローン(法人向け)

PayPay銀行ビジネスローン(法人向け)

申し込みやすい・借りやすい・返しやすいという3つのポイントをベースに、法人向けに融資を提供しています。

 金利は実質年率2.8%~13.8%となっており、最大500万円までのまとまった金額を借り入れ可能です。

申し込みについては来店不要で、24時間ネットで申し込みを受け付けています。日々忙しくなかなか時間を確保できない方でも、隙間時間を活用して手続きを進められる点は魅力的です。

申し込み条件
  • 業歴2年以上または決算を2期終了している
  • 代表者が日本国籍を有している、または外国籍で日本での永住権を有している
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上69歳以下
金利(実質年率) 2.8%~13.8%
利用限度額 10万円~500万円まで(10万円単位)
担保・保証人 担保不要※原則代表者の連帯保証が必要

出典:https://www.japannetbank.co.jp/business/loan/corp/index.html

借りやすく返しやすいため使い勝手が良い

PayPay銀行ビジネスローン(法人向け)

借り入れは、公式サイトからログインし、借入希望額を入力するだけで普通預金口座に即時入金されます。また、返済については下記約定返済日のいずれかを選択してください。

約定返済日
  • 毎月10日
  • 毎月20日
  • 毎月月末

約定返済日にPayPay銀行の普通預金口座から自動引き落としされます。なお、約定返済額は下記の通りです。

前回借り入れ直後の利用残高 約定返済額(元本+利息合計)
10万円未満 1万円
10万円以上100万円未満 3万円
100万円以上200万円未満 5万円
200万円以上300万円未満 7万円
300万円以上400万円未満 8.5万円
400万円以上500万円以下 10万円

自身の操作による全額返済・一部返済も可能です。

個人事業主向けローンも提供

PayPay銀行では、法人向けだけでなく個人事業主向けのビジネスローンも提供しています。基本概要は法人向けと同じですが、申し込みできる方の条件が若干異なりますので、下記をご確認ください。

申し込み条件
  • 日本国籍を有している、または外国籍で日本での永住権を有している
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上満69歳以下の個人事業主(営業性個人)の方

VIPローンカード BUSINESS

VIPローンカード BUSINESS

経営者や個人事業主向けに提供されているビジネスローンです。

 運転資金やつなぎ資金、あるいは仕入れ資金といった事業性資金のみならず、プライベートでも利用できます。

借り入れ・返済はいつものコンビニや銀行にある約173,000台の提携ATMが利用できるため、大変使い勝手が良いです。

申し込み条件 20歳~69歳で法人格を有する事業の代表者
金利(実質年率) 6.0%~17.8%
利用限度額 50万円~500万円
担保・保証人 不要

出典:https://credit.orix.co.jp/loan/vipbusiness/

平日14:30までの手続き完了で最短即日借り入れ可能

VIPローンカード BUSINESSでは、平日14:30までに手続きを完了させることで最短即日での借り入れを実現します。ビジネスチャンスを逃さないスピーディーな対応は大きな魅力です。

 申し込みの際は本人確認書類と年収を確認できる書類の写しが必要なため、スムーズに進められるよう準備しておきましょう。

なお、審査は申し込みから最短60分で回答となります。

審査結果の連絡は平日9:00~19:00までです。

無理なく返せる返済プランを提供

おすすめビジネスローン5選

返済に関しては、無理なく返せる2つのプランを提供しています。それぞれの返済方法による毎月の返済額を見ていきましょう。

新残高スライドリボルビング返済

借り入れ残高に応じて、毎月の返済額が決まるプランとなります。

お借り入れ残高 毎月の返済額
~50万円以内 15,000円
50万円超~100万円以内 25,000円
100万円超~200万円以内 40,000円
200万円超~300万円以内 60,000円
300万円超~400万円以内 70,000円
400万円超~500万円以内 80,000円
元利込定額リボルビング返済

借入残高に関わらず、毎月一定の金額を返済するプランです。

契約枠(コース) 毎月の返済額
50万円コース 15,000円以上
100万円コース 25,000円以上
200万円コース 40,000円以上
300万円コース 60,000円以上
400万円コース 70,000円以上
500万円コース 80,000円以上

なお、返済日については都合に合わせやすいよう下記から選択可能です。

返済日
  • 毎月10日
  • 毎月20日
  • 毎月末日

また、口座振替もしくは提携ATMによる返済のいずれかを選べるため、自分にとって使いやすい方を利用しましょう。

プロミス 自営者カードローン

プロミス

大手消費者金融のプロミスが提供するサービスです。最大300万円までの利用限度額で、自営者の方を応援できるようサポートしてくれます。事業資金に限らず、プライベートな資金にも利用できる点が特徴です。

申し込み条件 年齢18歳以上~65歳以下の自営者
金利(実質年率) 6.3%~17.8%
利用限度額 300万円まで
担保・保証人 不要

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD67Control/APD67007

スピード審査を実施

希望により、申し込みをした当日中の利用も可能です。そのため、急ぎで資金調達が必要な場合でも大いに活用できるでしょう。

 ただし、申し込みをした時間によっては当日中の借り入れができない場合もあります。余裕を持ってなるべく早めに手続きをしましょう。

全国の提携ATMで出し入れ自由に利用可能

おすすめビジネスローン5選

全国にあるプロミスATM提携ATMにて、限度額の範囲内で自由に入金・出金ができます。なお、主な提携ATMは下記です。

主な提携ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATMイーネット

大手ならではのネットワークにより、上記以外にも多くの提携ATMがありますので、公式ホームページにて事前に確認しておきましょう。

東京スター銀行スタービジネスカードローン

東京スター銀行スタービジネスカードローン

個人事業主や法人代表者を対象としたビジネスローンです。最大1,000万円というまとまった金額を、資金使途自由で借り入れできます。

また、毎年契約更新により満69歳になるまで継続的に利用できるため、あらゆるビジネスでの資金調達に最適です。

申し込み条件
  • 事業を営んでいる法人代表者・個人事業主
  • 申し込み時に満20歳以上で契約時が満69歳以下の方
金利(実質年率) 4.5%~14.5%
利用限度額 50万円~1,000万円(10万円単位)
担保・保証人 不要

出典:https://www.tokyostarbank.co.jp/hojin/financing/sbcl.html

来店不要で申し込みできる

申し込みから契約まで来店する必要がないため、忙しく時間の確保が難しい方でも手続きができます。申し込みはWEBから可能となり、基本的には下記の流れで進みますので確認しておきましょう。

融資までの流れ
  1. WEB申し込み
  2. 審査
  3. 結果通知
  4. 契約手続き
  5. 融資実行

なお、保証審査承認後に申込書が郵送されるため、必要事項を記入・捺印の上、本人確認書類等とともに返送してください。

ネットバンキングやATMで借り入れ・返済が可能

おすすめビジネスローン5選

ネットバンキングを利用すると、借り入れから返済までWEB上で手続きできるため大変便利です。

全国にある提携ATMでも借り入れや返済ができます。

なお、毎月の返済金額は前月末時点の利用残高に応じて、以下のような下記金額に設定されていますのでご確認ください。ここでは、金額の一部を例に挙げましょう。

前月末時点の利用残高 返済金額
30万円以下 5,000円
30万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~70万円以下 15,000円
70万円超~90万円以下 20,000円
90万円超~150万円以下 25,000円
150万円超~200万円以下 30,000円
200万円超~250万円以下 35,000円
250万円超~300万円以下 40,000円
300万円超~400万円以下 55,000円
400万円超~500万円以下 65,000円

おすすめビジネスローン上限金利比較ランキング

※記事内で紹介したビジネスローンの上限金利を比較し、低いものを上位にしています。

※情報は2021年7月8日時点のものです。最新情報とは異なる可能性があります。

1PayPay銀行ビジネスローン(法人向け)|上限金利13.8%

PayPay銀行ビジネスローン(法人向け)

おすすめポイント
  • 実質年率2.8%~13.8%
  • 簡単操作で普通預金口座に即時入金される
  • 来店不要、担保・保証人不要で申し込みしやすい

2東京スター銀行スタービジネスカードローン|上限金利14.5%

東京スター銀行スタービジネスカードローン

おすすめポイント
  • 実質年率4.5%~14.5%
  • 来店不要でインターネットからすぐに申し込みできる
  • スマートフォンやパソコンから24時間365日いつでも借り入れ・返済が可能

3VIPローンカード BUSINESS|上限金利17.8%

VIPローンカード BUSINESS

おすすめポイント
  • 実質年率6.0%~17.8%
  • 平日14:30までに手続きを済ますとその日の内に借り入れできる
  • 無理なく返せる返済プランを提供しており使いやすい

ビジネスローンとは?基本情報を確認!審査は甘いのかも解説

ビットコインを現金化したお札

ビジネスローンは事業用に使える資金を提供するものです。個人的な利用はできない仕組みとなっています。事業者が不足している資金を確保するため、ローンを利用してお金を確保していく形になります。

事業用に不足している金額を確保したい時に用いるローンです。

ビジネスローンは一般的なローンと似たような仕組みが採用されています。事業者が保証人担保を用意しなくてもローンを利用できるメリットがあるため、他の人に迷惑をかけたくないと考えているなら利用する価値はあります。

 高額融資のビジネスローンの中には、保証人を要求している可能性があるため注意してください。

また、ビジネスローンは限度額の間で何度も融資を受けられる仕組みが取られており、カードローンに近い方法でお金を借りられます。

何度もお金が必要となっている場合は、カードローンと同じように返済中でも融資を受けられるのです。

 ビジネスローンによって融資の方法は異なります。融資が1回だけに制限されているものは1度返済しなければ対応してくれません。

事業者が気軽に融資を受けたいと考えている時、ビジネスローンは大いに役立つでしょう。

一方で大きな融資はあまり期待できない商品で、金利も高めに設定されるケースが多くなっているなど、低金利による融資を希望している人には向いていません。

ビジネスローンは一般的なローンと異なる審査要件がある

全てのローンは審査を受けなければなりませんが、ビジネスローンも同様に審査を受けなければなりません。審査では一般的なローンと違い、以下の審査要件をクリアしなければなりません。

ビジネスローンの審査要件
  • 事業者として決算を提出できること
  • 日本国籍や日本の永住権を取得している
  • 利用者本人に問題がないこと

決算を提出しなければ利用できないローンが存在する点に気をつけてください。決算を提出できない場合、決算を出さなくてもいいビジネスローンは利用できますが、提出義務が存在するローンは利用できなくなります。

 決算で赤字が確認されるなどの理由で融資を断られる可能性があります。決算内容は非常に重要な意味をもつと言えるでしょう。

また、日本国籍や永住権の取得が絶対条件となっているケースが多く、外国人には融資の難易度が厳しい傾向にあります。

この他にも利用者が過去に問題を起こしているなどの理由で、安心して利用できる環境ではないと判断されれば審査落ちとなります。

審査の甘いおすすめのビジネスローンはある?

審査の甘いビジネスローンはある?

ビジネスローンを利用するにあたり、必ず審査が行われ、審査に通過しなければ融資を受けることはできません。残念ながら各社の基準は一般的に公開されていないため、審査の難易度は分かりません

つまり、申し込んでみなければ通過できるか否かは分からないのです。

しかし、ある程度の基準や難易度を知る上で、申し込み条件を確認するという方法があります。その際は、下記の申し込み条件をチェックしておきましょう。

チェックポイント
  • 業歴の長さ
  • 上限金利

業歴指定が短くても対象となる場合は、幅広い事業者をターゲットにしていることが分かります。

また、上限金利が高い場合は利息負担により利益を得やすいため、多くの会員を欲していることから審査は厳しくないという見方もできるかもしれません。

 あくまで申し込み条件をもとにした推測に過ぎないため、目安として捉えておいてください。

ビジネスローンは即日融資可能?即日融資のポイントを解説

解約返戻金はいつ

ビジネスローンは即時融資にほぼ対応していません消費者金融が提供しているビジネスローンもありますが、最短翌日の融資としています。

 一般的なローンと違い、ビジネスローンは即時融資に対応していない点に気をつけておきましょう。

審査内容が多いことから即日融資が難しいローンとなります。融資が遅れてしまう要因として、法人向けの商品は審査にかかる時間が長いためです。

一般的なローンの場合、個人の情報だけを確認しておけば問題ないものの、法人の場合は企業の決算情報などをしっかり確認していく必要があります。

 ビジネスローンは提出する書類が他のローンより多くなる傾向にあります。その影響でローン審査にかかる時間が長くなってしまいます。

ほぼすべての事業者が、ビジネスローンは最短翌日融資という形で記載しており、審査は当日中に完了しているものの、融資は翌営業日に対応している状況です。

審査にかかる時間や融資の性質などを考慮して、結果的にビジネスローンの即時融資は難しい状況です。

ただ、ビジネスローンでも即時融資に対応している業者がないわけではありません。対応している主な業者は以下の通りです。

即日融資可能なビジネスローン
  • オリックスVIPローンカード BUSINESS
  • プロミス自営者カードローン
  • Carentビジネスローン

即日融資を認めている業者は、消費者金融系に属している、または元々審査スピードが早くなっている業者に限られています。

当日中に融資を受けられる利点はあるものの、その代償として金利の高い状況で貸し出される可能性があるので注意が必要です。

ビジネスローンの審査基準

ビジネスローンで素早く審査を完了させるためには、審査基準を理解しなければなりません。以下の情報が主に審査されているため、丁寧に対応する必要があるでしょう。

ビジネスローンの審査基準
  • 会社の財務状況
  • 利用用途
  • 返済できる経営状況であるか

財務状況は重要なポイントとなっており、あまりにも赤字額が多すぎるようであれば審査に落とされてしまいます。債務超過も同様に厳しい対応を受けるケースが多くなっているため、財務状況の安定性は必要不可欠です。

経営状況の安定化が融資への近道です。

この他にも用途の問題があります。個人事業主でも融資してくれるビジネスローンはありますが、用途が不十分だと審査に落とされてしまいます。

特に個人向けの利用と変わらないような用途を記載した場合、審査に落とされて融資を受けられなくなってしまいます。

 用途は企業の資金として利用するという前提で記載しなければなりません。個人でも利用できるような用途の記載は避けましょう。

ビジネスローンのおすすめの選び方

ビジネスローンの選び方は、以下のポイントを参考にするといいでしょう。

ビジネスローンの選び方
  • 金利
  • 限度額
  • 融資までの時間
  • 融資対象者

ビジネスローンは業者によってサービスが異なり、自由度の高いローンが提供されています。その中で返済や融資される金額等を踏まえた上で、最終的にどのローンが使いやすいのか見ていくといいでしょう。

自由に使える点も踏まえてローンを選びましょう。

ここからは、ビジネスローンの選び方について詳しく説明します。

金利

金利は返済する際に必要不可欠な情報で、金利が高いローンを利用すると多くの返済が必要となってしまいます。一方で、低金利で借りられるローンであれば、返済時の負担を軽減できます。なるべく低金利のローンを検討しましょう。

 金利を下げるためには融資される金額が重要になります。融資額が多ければ多いほど低金利が狙えます。

基準となる金利を確認し、明らかに高いとされる業者は避けたほうがいいでしょう。低金利で借りられる業者の中から、他の情報等を踏まえて利用しやすいビジネスローンを1つ選ぶのがいい方法です。

限度額

限度額は融資される金額の上限となりますが、ビジネスローンによって上限は異なります。限度額が多いローンは、大きな金額を融資してくれる可能性がありますので、大きな借入が必要となった時に使いやすくなります。

高額融資の際は限度額もチェックしておきましょう。

ただ、少額の借入であればそこまで気にする必要はないでしょう。少額の借入時には最低限の借入額を確認し、自分が希望している融資額が提示できるか判断しておきましょう。

 下限の高いビジネスローンだと希望額が融資されない可能性もあります。

融資までの時間

融資を受けるまでの時間は、ビジネスローンですぐ借りられるかどうかを決めるポイントです。

融資を受けるまでにかなりの時間が必要となるローンを利用すると、急に借りたいと思ってもなかなか対応してもらえず、苦労する場合が多くなってしまいます。

 少しでも早く借りたいと考えているなら、即日で融資対応まで狙えるビジネスローンを探しましょう。

特に消費者金融系のローンは、即日融資を可能にしているビジネスローンもあります。

すぐに審査を完了できる点もいいところで、仮に即日融資ができなかった場合でも翌日には融資される可能性があるなど、早い借入が期待できます。

融資対象者

ビジネスローンの融資対象者は大きく分けて3つあります。種類は以下の通りです。

ビジネスローンの融資対象者
  • 法人・個人事業主
  • 法人事業主のみ
  • 個人事業主のみ

法人事業主か個人事業主かによって審査基準や申込可能な年齢は変わります。

 法人・個人事業主の両方を融資対象者を対象としている会社は一般的に、法人重視の審査基準であることが多いです。

ビジネスローンを検討する際は自分の目的に合った会社を選ぶようにしましょう。

ビジネスローン利用のメリット

お金を稼ぐ方法③:投資

ビジネスローンを利用するメリットは以下の通りです。

ビジネスローンのメリット
  • ネットから申し込みが可能
  • 来店不要での契約が可能
  • 融資されるまでの時間が短い

一般的なローンを利用する場合に比べ、利便性という部分が大きなメリットになります。かなり時間がかかってしまうローンに比べれば、非常に早い段階で融資される可能性があります。即日で審査と契約できれば即日融資も可能です。

素早い利用にも適しているローンです。

ここからは、ビジネスローンを利用するメリットについて詳しく説明します。

ネットから申し込みが可能

ビジネスローンはネットから申し込みが可能となった商品が多く、自宅でも希望しているタイミングで申し込みが可能です。

一般的なローンでは来店して申込むなどの手続きが必要となるものの、自宅にいながら24時間、いつでも狙っているタイミングで申込が可能です。

自宅でビジネスローン申込ができるのはとても便利です。

来店する時間を確保できない人、来店以外の方法で申込を行いたいと思っている人は、ビジネスローンを検討したほうがいいでしょう。自宅で希望しているタイミング、そして審査の時間等を踏まえた申し込みが可能なのは大きなメリットです。

来店不要での契約が可能

申込も自宅で可能となっているビジネスローンですが、来店不要契約できるものも増えています。

ローンは来店して契約するものが多くなっていますが、ビジネスローンはカードローン等と同じようなサービスが増えており、自宅でも契約できるようになりました。

郵送やネット等を利用して契約できる環境が整っています。

自宅で契約して融資されるのは非常に大きなメリットで、わざわざ銀行などに行く必要がありません。契約後はすぐに振込が実施されるため、振込を確認できれば希望している使い方でローンを利用できます。

 来店不要に条件があるビジネスローンもあります。契約についてはしっかり確認しておきましょう。

融資されるまでの時間が短い

ビジネスローンは融資されるまでにかかる時間が短い傾向にあります。ローン審査にかかる時間が短いため、すぐに融資できるのです。

消費者金融系の場合、審査にかかる時間は相当短くなっており、最短で即日融資を可能にできる場合があります。

 すぐに借りたい時にビジネスローンは便利で、審査や契約がスムーズに進めば即日融資が期待できます。

融資されるまでに必要な時間が短い点で、ローンの中でも早く借りられるという利点があります。

また、ビジネスローンは契約後すぐに振込対応を行っている業者が多くなっている点も魅力的で、カード発送を待たなければならないカードローンよりも借りるまでに必要な時間が短くなります。

ビジネスローンに関するよくある質問

おすすめのビジネスローンは?
福岡銀行フィンディがおすすめです。AI技術を駆使した事前審査で、借り入れ可能金額の目安が最短1分でわかります。初回の借り入れ時には決算書などの書類提出も不要なので、スムーズな借り入れが可能です。
ビジネスローンとはどういったサービス?
事業資金のために借り入れできるサービスです。個人向けの融資と違い法人や個人事業主を対象としており、ビジネスでの運転資金やつなぎ資金などの資金調達に活用できます。
ビジネスローンの申し込み方法は?
多くはWEB・郵送・電話・店舗窓口などの方法で申し込みを受け付けています。なお、来店せずにWEB上で完結できるサービスも少なくないため、忙しく時間の確保が難しい方でも利用可能です。
ビジネスローンは最短即日融資を受けられる?
サービスによっては申し込みをしたその日の内に借り入れができます。ただし、手続きが完了する時間や審査状況により当日中の対応が難しい場合もある点は理解しておきましょう。
ビジネスローンの融資額はいくら?
各社で異なりますが、数千万円まで借り入れできる場合があります。また、数十万円という少額からの借り入れも受け付けていますので、さまざまなビジネスシーンでの用途に活用できるでしょう。
ビジネスローンは赤字決算でも利用できる?
申し込みの際に、必要書類として決算書を求められることがほとんどです。赤字決算の場合でも審査次第で利用できる可能性があるため、まずは相談してみてはいかがでしょうか。
ビジネスローンの枠だけ作っておくことは可能?
各社で取り扱いが異なる場合もありますが、必要なときに備えて枠だけ作っておくことは可能です。今すぐ使わないにしても、必要なときに必要な分だけ資金調達ができるよう備えておくことも検討してみてください。

まとめ

この記事では、おすすめのビジネスローンを紹介し、それぞれの特徴を解説しました。

運転資金つなぎ資金など、会社経営をするにあたってまとまった大きなお金が必要となります。資金調達ができる手段としてビジネスローンは大いに活用できるため、ぜひ各社の特徴や強みを調べておきましょう。

また、適用される金利が低ければ返済額に加算される利息を軽減できます。少しでも金利の低いビジネスローンを選びたい場合は、記事内で紹介した上限金利比較ランキングも参考にしてみてください。

今回解説した内容を参考に、ビジネスローンを活用して安定した事業運営を目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事