ネットショッピング クレジットカード

最近では、インターネット上で欲しいものを買う「ネットショッピング」が主流になりつつあります。ネットショッピングをするなら、クレジットカード決済が非常におすすめです。

そこで今回は、ネットショッピングでの使用が特におすすめなクレジットカードを紹介します。ショッピング保険が付帯していたり、ポイント還元率が高かったりとメリットが豊富なので、ぜひ参考にしてください。

注意点もあわせて解説!デメリットを知ればより安全にクレジットカードを活用できるので、注意点までしっかりチェックしてくださいね。

ネットショッピングでクレジットカードを使うメリット

ネットショッピングでクレジットカードを使うメリットは以下の3つです。

クレジットカードをネットショッピングで使うメリット
  1. 決済に手間がかからない
  2. 手数料を最小限に抑えられる
  3. カードによってはショッピング保険が適用される

1.決済に手間がかからない

クレジットカードで支出を管理のイメージ

ネットショッピングでクレジット決済を使う大きなメリットは、支払いが非常にスピーディーな点でしょう。ネットショッピングには主に以下のような支払い方法があります。

ネットショッピングの支払い方法
  • クレジット決済
  • 代金引換(代引き)
  • コンビニ決済
  • 銀行振込

クレジットカード決済以外の支払い方法は、現金を用意したりコンビニや銀行ATMに行って支払い手続きをしたりする必要があります。

 クレジットカード決済なら、購入時にカード情報を入力するだけで支払いが完了するので、非常にスムーズに手続きが可能です。

特に銀行振込ではお店側にて入金確認できた後に商品が発送されることがほとんどのため、商品発送までに時間がかかります。

クレジットカード決済なら、決済後すぐに発送準備ができるので商品が手元に届く時間も短縮できるのがメリットです。

代引きのように、現金を用意しておく必要もありませんよ。

2.手数料を最小限に抑えられる

手数料がかかることのイメージ

ネットショッピングでクレジットカード決済をする場合には、一括支払いなら手数料がかからないことがほとんどです。

銀行振込なら振込手数料、代金引換なら代引き手数料がかかります。コンビニ決済の場合でも振込書の発行手数料が発生する場合もあるので、クレジットカード決済は手数料の節約ができるといえます。

すこしでも安く商品を手に入れたいなら、クレジットカード決済は非常に有効な手段でしょう。

3.カードによってはショッピング保険が適用される

「ショッピング保険」とは、レジットカードを利用して購入した商品に不備や破損があったり盗難されたりした場合に、補償が受けられる保険です。

 受けられる補償内容は、使用したクレジットカードによって異なります。

例えば「JCB カード W」のショッピングガード保険は、海外のみで100万円が上限ですが、「エポスカード」のお買い物あんしんサービスなら年間サービス料1,000円(税込)で国内外問わず年間通算50万円の補償が受けられます

ただショッピング保険が付帯しているクレジットカードで決済するだけで、万が一の補償が受けられるのは、銀行振込やコンビニ払いにはないメリットです。

ネットショッピングにおすすめ!クレジットカード6選

JCB カード W

JCB CARD W

特徴
  • ショッピングガード保険が自動付帯
  • ポイントがいつでも通常カードの2倍貯まる
  • Amazonで使うと最大11倍のポイントが貯まる

「JCB カード W」は、Amazon・セブンイレブン・スターバックスで使用すると、最大11倍のポイントが貯まるクレジットカードです。

ショッピングガード保険が自動付帯しており、海外の買い物に限定されるものの、自己負担金1万円で最大100万円まで補償を受けられます。

 ポイント還元率は1%と高水準なので、普段使いのカードとして利用してもポイントを効率よく貯められるでしょう。

タッチ決済やスマホ決済に対応したMyJCBアプリも利用でき、利便性もよいといえます。券面の表にカード番号が印字されていないので、セキュリティ性も高いです。

女性なら「JCB カード W plus L」がおすすめ!JCB カード Wと同様の特典に追加して女性向けの特典も受けられますよ。
年会費 永年無料
ブランド JCB
基本ポイント還元率 1.0%
ポイント種類 Oki Dokiポイント
発行までの期間
追加カード ETCカード、家族カード、QUICPay
申込条件
  • 18歳以上39歳以下
  • 本人または配偶者に安定継続収入がある
  • 18歳以上39歳以下で学生(高校生を除く)

出典:公式サイト

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

特徴
  • 年会費無料で利用できる
  • 対象コンビニとマクドナルドを利用することで最大5%のポイント還元
  • アプリ連携で最短5分で利用可能

「三井住友カード(NL)」は、券面にカード番号が記載されていない完全ナンバーレスのクレジットカードです。裏面にも記載がないので、紛失や盗み見による不正使用を防げます。

カード番号はVpassアプリで確認でき、カードの利用状況やポイント残高も簡単に見ることができます。

 業界最高水準※の不正使用検知で24時間365日カードの不正利用をチェックしており、事前・早期に発見できる体制が整っているので、安全性も高いです

対象コンビニやマクドナルドで三井住友カードで支払うとポイントが2.5%還元され、さらにタッチ決済すると+2.5%追加還元されるので、最大で5%のポイントが受け取れます

年会費も永年無料なので、長期間利用し続けやすいクレジットカードを持ちたい場合に検討してみましょう。
年会費 無料
ブランド VISA、Mastercard
基本ポイント還元率 0.5%
ポイント種類 Vポイント
発行までの期間 最短5分
追加カード ETCカード、家族カード
申込条件 18歳以上(高校生以外)

公式サイトの文言より
出典:公式サイト

ライフカード

ライフカード

特徴
  • 入会後1年間ポイント1.5倍
  • 誕生月に利用するとポイント3倍
  • 「L-Mall」経由でポイント最大25倍

「ライフカード」は、発行までの期間は最短で3営業日と、非常にスピーディに利用開始できるクレジットカードです。

初年度のポイントは約1.5倍ですが、翌年度以降は前年度の利用金額に応じて最大2倍になるポイントプログラムがあります。また、誕生月に利用した場合はポイントが3倍になるので、欲しいものは誕生月に購入するとお得です。

 ライフカードのショッピングモール「L-Mall」経由でネットショッピングすれば、最大で25倍のポイント還元を受けられるので、積極的に利用しましょう。

ポイント有効期間も最大で5年と長く、貯まったポイントは他のポイントに移行したり景品に交換できたりするので、無駄になりません。

カードの盗難・紛失補償である「カード会員保障制度」や海外でも安心の「LIFE DESK(日本語サービス)」も付帯しているので、安心ですね。
年会費 無料
ブランド Mastercard、JCB、VISA
基本ポイント還元率 0.1%(※1ポイント=5円のため、実質0.5%。交換方法によっては0.3%に下がる)
ポイント種類 LIFEサンクスポイント
発行までの期間 最短3営業日
追加カード ETCカード、家族カード
申込条件 満18歳以上(高校生以外)

出典:公式サイト

エポスカード

エポスカード

特徴
  • 年間サービス料1,000円で「エポスお買い物あんしんサービス」を付帯できる
  • 優待店舗10,000以上
  • バーチャルカード発行可能

「エポスカード」は、優待特典が受けられる店舗数も10,000店舗以上あるクレジットカードです。

年間サービス料1,000円で、エポスカードで購入した商品が壊れていたり盗まれた場合に、年間通算50万円まで補償してくれる「エポスお買い物あんしんサービス」を受けられます。

 「ネットショッピングでクレジットカードを利用するのは、不安・怖い」という人には、バーチャルカードの発行がおすすめです。

バーチャルカードとは、ネットショッピングサイトで通常のクレジットカードと同様に利用できるカード番号を、ウェブ上で発行するサービスです。

所有しているエポスカードとば別のカード番号なので、万が一不正利用されても本カードの情報は漏れません。

「エポスポイントUPサイト」からネットショッピングすれば、ポイントが2~30倍貯まるのでバーチャルカードとともに活用しましょう。
年会費 永年無料
ブランド VISA
ポイント還元率 0.5%
ポイント種類 エポスポイント
発行までの期間 即時発行可能(店舗)
追加カード ETCカード、家族カード
申込条件
  • 日本国内在住の満18歳以上であること(高校生以外)

出典:公式サイト

三菱UFJカード VIASOカード

viasoカード

特徴
  • ショッピング保険が自動付帯
  • ポイント自動還元
  • 「POINT名人.com」経由でポイント最大25倍

「三菱UFJカードVIASOカード」は、ポイントが登録口座に自動還元されるため、ポイント失効の心配がないクレジットカードです。1年間分のポイントが、1ポイント=1円で口座に入金されます。

「POINT名人.com」経由で三菱UFJカードVIASOカードを使用すれば、最大でポイント25倍還元されるので、ネットショッピングするなら「POINT名人.com」で購入できないか確認するとよいでしょう。

 ショッピング保険が自動付帯しており、年間限度額100万円の範囲で、カードで購入した日から90日以内に破損・盗難などの損害が発生した場合に補償してくれます。

カードの申し込み手続きは10分で完了し、手元にカードが届くまでは3日〜1週間ほど。スムーズにクレジットカードを入手したい人にもおすすめできます。

海外旅行傷害保険は最高2,000万円まで補償!海外旅行も安心して楽しめますね。
年会費 永年無料
ブランド Mastercard
ポイント還元率 0.5%
ポイント種類 VIASOポイント
発行までの期間 最短翌営業日
追加カード ETCカード、家族カード、銀聯カード
申込条件
  • 満18歳以上で安定した収入があること
  • 満18歳以上で学生であること(高校生以外)

出典:公式サイト

ネットショッピングで使えるクレジットカード還元率ランキング

※情報は2022年月現在のものです。還元率は変動する可能性があります。正確な還元率は各公式サイトをご確認ください。

1JCB カード W 基本還元率1%

JCB CARD W

ポイント
  • ショッピングガード保険が自動付帯
  • ポイントがいつでも通常カードの2倍貯まる
  • Amazonで使うと最大11倍のポイントが貯まる

2エポスカード 基本還元率0.5%(最大ポイント30倍)

エポスカード

特徴
  • 年間サービス料1,000円で「エポスお買い物あんしんサービス」を付帯できる
  • 優待店舗10,000以上
  • バーチャルカード発行可

3三菱UFJカードVIASOカード 基本還元率0.5%(最大ポイント25倍)

viasoカード

特徴
  • ショッピング保険が自動付帯
  • ポイント自動還元
  • 「POINT名人.com」経由でポイント最大25倍

ネットショッピングでクレジットカードを使う注意点

ネットショッピングでクレジットカード決済する場合には、以下の3つの点に注意が必要です。特にカード情報が流出すると不正使用されるリスクがあるので、注意点もしっかり確認しましょう。

ネットショッピングの注意点
  1. セキュリティの高いサイトかを確認
  2. 利用残高を確認する
  3. 入力間違いに注意

1.セキュリティの高いサイトかを確認

セキュリティ対策のイメージ

セキュリティ対策に問題のあるショッピングサイトでクレジットカードを利用すると、情報が第三者に流出してしまう可能性があります。

問題のあるサイトかどうかを判断するひとつの基準に「通信の暗号化がおこなわれているか」が挙げられます。

 通信の暗号化(SSL化)がおこなわれている場合は、必ずサイトURLが「https://」で始まっています。

また、利用したいショッピングサイトに「特定商取引に基づく表記」があるかどうかを確認するようにしましょう。

ショッピングサイトは、運営会社名や店舗運営責任者といった「特定商取引に基づく表記」を明記することが、特定商取引法で定められています。

万が一のために返金方法や契約内容についての記述も、確認しておくと安心ですよ。

2.利用残高を確認する

ネットショッピングにクレジットカードを使用すると、手軽さのあまりつい高額な商品を購入しがちになります。

クレジットカード決済は便利ですが、あまりにも多用すると利用残高が予想以上に膨らんでしまって返済が困難になる可能性もあります。

 特にリボ払いを選択すると、手数料と利用残高が重なって手数料だけの支払いで精一杯になりなかなか借金が減らない事態になりかねません。

返済が滞るリスクを防ぐためには、普段から定期的にWEB明細で利用残高を確認するよう、習慣づけておくとよいでしょう。

クレジットカードの引き落とし日(支払日)には、銀行口座の残高不足にも注意してくださいね。

3.入力間違いに注意

クレジットカードの番号入力のイメージ

ネットショッピングを利用する際には、「入力ミス」に気をつけましょう。

ネットショッピングでクレジットカード決済をする場合、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティナンバーを入力する必要があります。

 クレジットカード番号は数字が多いのでミスに気づきにくいですが、入力に誤りがあると決済処理が正常に行えません。

スムーズに購入できるよう、入力を間違えないようにしっかりと確認してから「決済」ボタンを押すようにしましょう。

よく利用するなら、ショッピングサイトの「支払情報登録機能」の活用もおすすめですよ。

よくある質問

ネットショッピングで使えるクレジットカードは?

今回はネットショッピングにおすすめのクレジットカード5枚を紹介しました。なかでもJCB カード Wは、基本還元率が1%と高水準です。

海外限定ではありますがショッピングガード保険も付帯しているので、ネットショッピングに向いている1枚といえるでしょう。

ネットショッピングでクレジットカードを使うメリットは?

スムーズに決済できる点、一括払いなら手数料がかからない点、カードによってはショッピング保険が利用できる点が挙げられます。

ショッピング保険ってなに?

クレジットカードを使用して購入した商品が、破損したり盗難されたりした場合、購入金額を補償してくれるサービスです。

カードによって補償内容や対象は大きく違うので、入会したいカードの「保険」の内容を確認してみましょう。

クレジットカードの選び方は?

年会費・ポイント還元率・付帯サービスの豊富さなどを見て選ぶようにするとよいでしょう。

店舗やサービスによって特典が受けられるクレジットカードもあるので、自分がよく利用する店舗に対応した特典があるかも確認してみましょう。

年会費無料のクレジットカードを教えて

JCB カード W、三井住友カード(NL)、エポスカードなど、今回紹介したカードは全て年会費無料のクレジットカードです。

自分の利用する店舗やサービスで優待特典を受けられたり、ポイント還元率がアップするカードを選ぶとお得に活用できるでしょう。

クレジットカードは安全ですか?

各社でセキュリティ対策は行っていますが、絶対に安全とは言えません。不安な人は、よりセキュリティ性が高いカード券面にナンバーが書かれていないカードがおすすめです。

クレジットカードのデメリットは?

手軽に利用できるためつい買い過ぎてしまい返済ができなくなる点、紛失や情報流出などにより不正利用される危険性がある点などが挙げられます。

まとめ

今回は、ネットショッピングでの利用がおすすめのクレジットカードを5枚選び、還元率で比較したランキングを紹介しました。クレジットカードはネットショッピングと相性がよく、スムーズに購入できるので活用がおすすめです。

ショッピング保険が付帯していれば、よりクレジットカード決済のメリットは大きくなるでしょう。一方で、使いすぎて返済が困難になったり、情報漏洩によって不正使用されたりするリスクもあるので、使用には注意が必要です。

ネットショッピングでは、クレジットカードを利用するメリット大!自分に合ったカードを見つけてお得に活用してくださいね。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事