アイフル アイキャッチ

アイフルはテレビCMを放映していることもあり、知っているという方も多いでしょう。※2021年3月現在

カードローンは今や身近なサービスになりつつあり、急な入用にも対応できることから利用を検討している人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アイフルについて詳しく解説します。審査基準や金利を調査し、特徴や返済方法・借入方法なども幅広く紹介しています。

また、おまとめローンの詳細や増額申請などの情報もまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

アイフルの概要(金利・申し込み対象)

アイフルの概要について、下記にまとめています。

アイフルの概要(金利・申し込み対象)

金利 実質年率3.0%~18.0%
融資限度額 1万円~800万円
申し込み対象 満20歳以上69歳までの方で定期的な収入と返済能力を有する方
即日融資 対応可能
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:https://www.aiful.co.jp/

金利

アイフルの金利は、実質年率3.0%から18.0%です。下記表に各社の金利をまとめていますので、ぜひ比較用にご活用ください。

アイフル 実質年率3.0%~18.0%
プロミス 実質年率4.5%~17.8%
アコム  実質年率3.0%~18.0%
SMBCモビット 実質年率3.0%~18.0%
レイクALSA 実質年率4.5%~18.0%

申し込み対象

考える 男性

アイフルの申込対象者は、下記と定められています。

対象者
  • 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方
  • 当社基準を満たす方
 取引期間中に満70歳になった時点で新たな融資はできませんのでご注意ください。

なお、担保や保証人は不要です。

アイフルの特徴

電卓

アイフルには、下記の特徴があります。

特徴
  • 最短即日融資
  • 原則24時間365日振り込み対応
  • 提携ATMは70,000台※2021年3月時点・公式サイト参照
  • 1秒診断で目安が知れる

最短即日融資

アイフル 審査時間

審査は最短30分で完了します。状況次第ですが最短即日融資も可能です。急ぎでお金を手配したいときの流れは下記です。

急ぎの際の流れ
  1. WEBで申し込み
  2. フリーダイヤルに電話
  3. 審査結果を受けWEBもしくは無人店舗で契約
  4. スマホアプリにて借入

フリーコールに電話をして急ぎである旨を伝えると、優先的に審査を開始してくれます。
 アイフルフリーコール「0120-337-137」に電話をしましょう。受付時間は9:00~21:00です。

原則24時間365日振り込み対応

アイフル 借入

令和2年12月28日より新たなサービスとして、24時間365日振り込みを実施しています。

インターネットからいつでも借入ができるため、都合に合わせて使いやすいです。また、金融機関によっては最短10秒で振り込まれるスピーディーな対応も魅力的です。

アクセスが集中しやすい月末月初や連休明けは、着金までに時間を要する場合があるためご注意ください。

提携ATMは70,000台

アフル ATM

提携ATMが全国におよそ70,000台あるため、さまざまな場所で利用できます。平日だけでなく土日の対応、深夜でも利用できるなど、日々忙しくしている人でもライフスタイルに合わせて使いやすい点は大変魅力的です。

※2021年3月時点・公式サイト参照

コンビニやスーパーなどの身近な場所で借入・返済ができます。

1秒診断で目安が知れる

アイフル 1秒診断

融資可能かどうかを、簡単な質問に答えることで診断できます。ただし、診断結果はあくまで入力した情報に基づく簡易的なものです。

1秒診断で良い結果がでても、実際の審査では希望に添えないことも十分あり得ると理解しておきましょう。

アイフルの申し込み方法

手数料

基本的に、借入までは下記の流れで進みます。

流れ
  1. お申込み&審査
  2. ご契約手続き
  3. お借入れ

なお、申し込み方法は5パターンです。

申し込み方法
  • WEB
  • スマホアプリ
  • 電話
  • 無人店舗
  • 店頭窓口

WEB

原則24時間365日受け付けています。スマートフォンやパソコンにて、ネット環境さえあればいつでもどこでも手続き可能です。

 また、WEB申し込みから電話連絡が最速での借入方法となり、審査は最短30分で完了するため急ぎの場合にも対応できます。

スマホアプリ

スマホ 女性

24時間365日受け付けており、本人確認書類の提出については運転免許証をスマホカメラで読み込むだけと簡単です。契約手続き完了後は、カードレスでの利用ができるため便利です。

カードありも選択でき、郵送もしくは来店で受け取れます。

電話

電話 男性

9:00~18:00の時間帯であれば、電話での申し込みを受け付けています。ネット操作が苦手な人や、近くに店舗がない人におすすめの方法です。なお、電話番号は下記の3つが用意されています。

電話番号
  • はじめての申し込み専用:0120-201-810
  • 会員様専用:0120-109-437
  • 女性専用ダイヤル(女性オペレーター対応):0120-201-884

無人店舗

全国にある無人店舗にて申し込みができます。なお、来店する際は必要書類を持参してください。店舗の場所については、公式ホームページにて検索できます。

その場でカード発行まですべてを完結できるため、近くに店舗がある場合は足を運んでみてはいかがでしょうか。

店頭窓口

男性

店舗にて申し込みからカード発行まで、すべてが完結できます。担当者に相談しながら手続きができるため、不安や疑問点を抱えている人は解消しながら進められるでしょう。

来店の際は、本人確認書類や必要によっては収入証明書類を持参してください。

アイフルの必要書類

書類

契約するにあたり、本人確認書類と場合によっては収入証明書類が必要です。

本人確認書類

下記、本人確認書類をご用意ください。

有効な書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 各種保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 国民年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 住民票
  • 戸籍謄本
  • 住民票記載事項証明書

なお、記載の住所と申込情報の住所が違う場合、現住所が記載されている書類2点が必要です。

例えば、運転免許証(旧住所)+各種保険証(現住所)+年金手帳(現住所)などです。
 WEBと無人店舗など申し込み方法によって提出する必要書類が異なるため、事前に公式ホームページにてご確認ください。

収入証明書類

計算

収入証明書類として、下記が有効です。

有効な収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給料明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

最新発行分のコピー1部を提出してください。

 給与明細書を提出する場合は、直近2ヶ月分が必要です。住民税の記載がある場合は、直近1ヶ月分でも可能となる場合があります。

賞与支給がある人は、1年以内(夏・冬・各々)の賞与明細書もあわせて提出しましょう。

アイフルの借入方法

コイン

下記の借入方法があります。

借入方法
  • スマホアプリ
  • アイフルATM
  • 提携先ATM
  • 振り込み

借入方法を比較

スマホアプリ アイフルATM 提携先ATM 振り込み
土日祝日OK
カード不要
深夜OK
手数料0円
千円単位で出金可能

スマホアプリ

女性 スマホ

カード不要で借入ができるため、使い勝手の良い方法です。千円単位で借入ができるので、少額から利用できます。なお、提携セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMでの利用手順は下記です。

セブン銀行ATMでの手順

セブン銀行ATMでの手順
  1. スマホアプリにログイン
  2. スマホATMで融資を選択
  3. セブン銀行ATMでスマートフォンでの取り引きを選択
  4. QRコードが取り引き画面に表示される
  5. アプリで読み込むと企業番号が表示される
  6. ATM取引画面に企業番号を入力
  7. ATM画面に暗証番号を入力
  8. 取引金額を入力

ローソン銀行ATMでの手順

ローソン銀行ATMでの手順
  1. スマホアプリにログイン
  2. スマホATMで融資を選択
  3. ローソン銀行ATMでスマートフォンでの取り引きを選択
  4. QRコードが表示される
  5. QRコードを読み取ると企業番号が表示される
  6. ATM画面に企業番号を入力
  7. ATM画面に暗証番号を入力
  8. 取引金額を入力

アイフルのカードを誰かに見られたくない、カードを持ち歩くことが面倒と感じている人にもおすすめです。

アイフルATM

財布 男性

手数料0円で利用できます。また、平日だけでなく土日でも借入ができるため、仕事でなかなか時間を確保できない人にもおすめの方法です。

千円単位で出金ができるので、細やかな借入も可能ですよ。

提携先ATM

提携ATM アイフル

土日や深夜でも借入ができるため、平日や昼間は忙しい人におすすめです。コンビニやスーパーといった、さまざまな場所に提携先ATMはあるため、ライフスタイルに合わせて使いやすいでしょう。なお、提携先は下記です。

提携先
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • コンビニATMイーネット
  • 十八親和銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行

提携ATMを利用する際は1万円超えの取引で220円、1万円以下で110円の手数料がかかります。

振り込み

利用者にとって都合の良い金融機関へ振り込みをしてくれます。インターネットから24時間365日利用できるため、急な入用でも安心です。24時間振込可能な主な金融機関は下記となります。

24時間365日振り込み可能な主な金融機関(例)
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行

なお、電話での振り込みも受け付けていますので、会員専用ダイヤルに連絡をしましょう。

 会員専用ダイヤル:0120-109-437(受付時間は平日9:00~18:00)

アイフルの返済方法

コイン 

下記の返済方法があります。

返済方法
  • スマホアプリ
  • アイフルATM
  • 提携先ATM
  • コンビニ
  • 口座振替(自動引落)
  • 振り込み

返済方法を比較

スマホアプリ アイフルATM 提携先ATM コンビニ 口座振替 振り込み
土日返済OK
カード不要
深夜OK
手数料0円

スマホアプリ

スマホ

アプリをダウンロードすると、カード不要で利用可能です。借入と同様に、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMにて返済ができます。

アイフルATM

手数料0円で土日でも返済可能です。全国各地にATMは設置されているため、最寄りはどこかを公式ホームページにて調べておきましょう。

提携先ATM

土日や深夜でも返済できます。

 提携先によって営業時間は異なるため、提携先一覧より事前にご確認ください。

なお、返済可能な提携ATMは下記です。

返済可能なATM
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • コンビニATMイーネット
  • 十八親和銀行

借入のみ対応しているATMがあるため注意しましょう。

コンビニ

お札

ファミリーマートにある「Famiポート」にて返済できます。

 なお、レジでは原則7:00~23:30まで土日祝日問わず返済可能です。

Famiポートからの申込券発券時間は、7:00~23:00までとなります。

Famiポートでは、端数の返済も可能なため完済する際に活用できます。

口座振替(自動引落)

毎月、自動引落により返済ができる便利な方法です。口座振替が利用できるまでは40日程度かかりますので、なるべく早めに手続きをしておきましょう。

 手続き完了までは自身での支払いとなります。

口座振替の手続きは、WEBもしくは郵送で取り扱っています。

振り込み

計算機

利用者にとって都合の良い金融機関の窓口やATMから返済可能です。窓口であれば端数まで入金できるため、完済時におすすめです。

 ただし、提携ATMでの返済は千円単位となるため端数の入金はできません。

アイフルで一括返済はできる?

女性

アイフルでは一括返済が可能です。一括返済をした方が、完済までの日数が少なくなるため金利による利息を軽減できます。完済時の方法は下記です。

一括返済の方法
  • 振り込み
  • ATM
  • 店舗
  • コンビニ(Famiポート)
なお、ATMでは硬貨非対応となりますので、多く入金した場合は下記のいずれかにて返却されます。
返却方法
  • 銀行振込での返却
  • 次回利用時に相殺
  • 郵送での返却
  • 店頭窓口での返却

 

アイフルの審査基準とは?

 

審査基準について、結論から言うと公表されていないためわかりません。

しかし、ある程度の基準を申し込み条件から推測はできます。改めて、アイフルの申し込み条件は下記です。

条件
  • 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方
  • 当社基準を満たす方

また、公式ホームページには、パートやアルバイトの人でも現在仕事をしていれば申込可能としています。

つまり、正社員として会社勤務をしていなくても利用できる対象となるため、幅広い人を対象にしていると予想できるのです。

 あくまで申し込み条件から推測したに過ぎないため、一つの目安としてお考えください。

アイフルを利用するメリット

メリットと書かれたブロック

アイフルを利用するメリットは以下の通りです。

アイフルを利用するメリット
  • 早期の融資が受けられる
  • 初回の融資は30日間無利息
  • 様々なローンが利用できる

消費者金融のメリットである早く借りられるという部分を持つ業者ではありますが、消費者金融としては使えるローンが多くなっている傾向があります。

自分に合わせて最適なローンを選択し、融資を受けられるのはいいところでしょう。

多くのローンを比較して契約できるのがアイフルのいいところです。

早期の融資が受けられる

アイフルは審査スピードが早く、すぐに融資を受けられる可能性があります。

アイフルが提供しているローンは、基本的に30分程度の審査で完了するように作られており、融資を早々に受けられるように調整されています。

 消費者金融は30分程度の審査が一般的となっており、銀行カードローンに比べるとすぐに融資が受けられる傾向にあります。

また、アイフルは審査スピードに加えて、早期に融資を受けられるようにする自動契約機による契約も用意しているなど、融資スピードを高めるための取り組みもあります。

早く融資を受けられる点は、どうしてもすぐに借りなければならない事情がある人に安心感を与えています。

初回の融資は30日間無利息

クレジットカード

初回の利用に限り、30日間の無利息期間が用意されています。無利息期間は非常に使いやすいもので、期間中は利息が加算されていきません。

利息が増えていかないことで、この期間に返済した金額は元本を減らすために使われます。

 無利息サービスは消費者金融の大手が採用しているものですが、初回の利用に限って使えるケースが多くなっています。

無利息のタイミングで返済額を増やしておけば、31日目から開始される利息の支払いを抑えることができます。

利息を減らしたいと考えている人にも30日以内に全額を返済したいと考えている人にも使いやすいです。

様々なローンが利用できる

アイフルはローンの種類が多いことで有名です。ローンの選択肢が多く、自分に合ったローンと契約できます。

 一般的な消費者金融ローン以外にも、女性向けに作られているローン、より低金利で融資が受けられるローンなど、使い方や希望しているサービスによってローンを変えられるメリットを持っています。

ローンの種類が多くて把握しづらいデメリットがあるように思われますが、実際に利用するローンの数は1つであり、提供しているサービスから比較していけばいいだけです。

特に混乱することもないため、安心してローンを見つけられるでしょう。

アイフルの増額について

計算機

より多くのお金を借りるためには、増額申請をしなければいけません。利用限度額を増額するには、公式ホームページにて「ご利用限度額の増額お申込み」から手続きを進めてください。

なお、増額の申し込みはWEBもしくは電話にて可能です。

WEBの場合

WEBによる、増額申し込みの流れについて見ていきましょう。

WEBでの流れ
  1. 増額申し込みフォームに入力
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡後に増額手続き
  4. 借入可能

インターネットからは、24時間土日祝日でも申し込みを受け付けています。

 土日祝日の申し込みは、翌営業日以降の返答です。

電話の場合

電話

電話の場合は、下記の流れで進めてください。

電話での流れ
  1. 増額ダイヤルに電話
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡後に増額手続き
  4. 借入可能

電話での受付は、平日の9:00~18:00です。なお、電話番号は「0120-008-113」となります。

アイフルはおまとめローンもできる

お金

おまとめローンとは他社からの借入をまとめて、金利を下げたり管理をしやすくしたりする方法です。アイフルでは、「おまとめMAX」「かりかえMAX」の2種類があります。

  おまとめMAX かりかえMAX
貸付利率 実質年率3.0%~17.5% 実質年率3.0%~17.5%
利用限度額 1万円~800万円 1万円~800万円
担保・保証人 不要 不要

おまとめMAX

貸金業者だけでなく、銀行やクレジットカードのリボも対象です。複数ある返済をまとめることで管理が楽になり、かつ金利による利息も軽減できれば完済が目指しやすくなります。

誰にも知られることなく、WEB完結ができる点もおまとめMAXの魅力です。

かりかえMAX

アイフルをはじめて利用する人に限り利用できるおまとめローンです。

基本的な概要はおまとめMAXと変わりません。

アイフルの解約方法

ノー

解約する際は、ローンカードの裏面にある番号に電話をしてください。なお、解約の際は所持しているローンカードはハサミで切って破棄しましょう。

 また、契約書を返却するかどうか、完済証明書は必要かを選択し、最終的には店舗もしくは郵送で手続きを完了させます。

詳しくは、アイフルの会員様専用ダイヤルに連絡をしてみましょう。

完済証明書は、借り換えをする際に使用する場合があります。解約の際は、今後の金融商品の利用も念頭に置いておきましょう。

よくある質問

アイフルは大手消費者金融?
大手消費者金融に該当していると言えます。知名度の高さはもちろんですが、提供しているサービスが他の大手消費者金融と変わらないため、大手と同じサービスを提供していると言って問題ありません。
アイフルの申込に時間はかかる?
時間はかかりません。アイフルが提供しているローンは申込内容が難しくならないように、簡単に記入できるようにしています。この影響により、短時間での申込が可能です。時間に余裕を持たずとも記入できるのはいいところでしょう。
アイフルは店舗での借入はできる?
アイフルは有人店舗が基本的に存在しないため、店舗による借入はほぼできなくなっています。利用できるのはカードを発行して融資を受ける方法、もしくは契約後に振込融資を希望する方法が中心です。
アイフルで審査に落とされるのはヤバいこと?
ヤバいという考えは持たなくてもいいですが、消費者金融で審査に落とされているのは重大な問題があると言えます。重大な問題を抱えているようであれば、まずはそちらを解決して融資を受けやすい状況を作らなければなりません。
アイフルの増額審査は通過できる可能性が高い?
アイフルの増額審査は決して甘いものではなく、厳しい方針で見られます。これまでの利用上に加えて、更に収入面がどれくらい増えているのかなど、収入の要素もしっかり確認されています。場合によっては微妙なラインで審査に落とされる可能性もあります。
アイフルの必要書類はどのように提出すべき?
ネットのアップローダーを利用するのがいい方法ですが、近年はアプリを利用してアップロードできるシステムも採用しています。アプリを利用する場合は事前に写真を撮影しておくなどの対応が必要となりますので、しっかり対応しておきましょう。
アイフルのおまとめローンは使いやすい?
おまとめローンは消費者金融の借金をまとめるために利用するのであれば使いやすいかもしれませんが、銀行のローンをまとめるためには適していません。使える範囲が限定されている点を考慮して利用していく必要があります。
アイフルは銀行系列の会社?
アイフルは独立したサービスとして提供される消費者金融で、他の大手消費者金融と違い銀行には属していません。銀行にいないことを理由に審査基準が多少大手の中では緩和されている傾向が見られます。

まとめ

この記事では、アイフルについて解説しました。借入・返済方法は都合に合わせて選びやすく、利用後も増額申請ができるため、よりまとまったお金の手配も可能です。

また、審査基準については公表されていないため推測にしか過ぎませんが、申し込み対象者をみる限り比較的幅広い方をターゲットにしていると予測できます。

あらゆる操作・手続きはアプリでも可能です。カードレスでの利用もできるため、ぜひ活用してみてください。

また、複数社からの借入がある場合は、アイフルでのおまとめローンも検討してみましょう。一つにまとめることで管理がしやすく、金利も下げれた場合は完済が目指しやすくなるかもしれません。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事