仮想通貨(暗号資産)アプリおすすめランキング!選び方も徹底解説

近年、仮想通貨業界は大きな盛り上がりを見せており、各社さまざまアプリを提供しています。しかし、どの仮想通貨アプリが使いやすいのか、セキュリティ面でどのアプリが安全なのかとお悩みの方も多いと思います。

そこでこの記事では、仮想通貨アプリのおすすめランキングやアプリの選び方を初心者向けに徹底解説します。

この記事を読めば、あなたに合った仮想通貨アプリを見つけられますよ。

仮想通貨(暗号資産)取引所のアプリおすすめ5選

コインチェック

コインチェック

おすすめポイント
  • 国内仮想通貨取引所アプリのダウンロード数No.1
  • 取扱通貨数最多の17種類
  • すべての銘柄価格をウィジェットで一覧確認可能

※2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)

コインチェックのアプリは、使いやすさに定評があり、2019年上半期、2020年上半期、2021年上半期と3年連続で「国内暗号資産アプリダウンロード数」NO.1に輝いています。

iOS・Android両方に対応しており、詳細なチャート表示、テクニカル分析が可能です。

 コインチェックはセキュリティ対策に力を入れており、アプリ単体での画面ロック機能、指紋認証機能などの設定も可能となっています。

コインチェックは取扱銘柄数が17種類と国内最多なので、いろんなアルトコインを取引したい人におすすめです。

余計な機能はなく、シンプル画面で設計されているので初心者でも迷うことなく利用できるでしょう
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
対応OS iOS、Android
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入出金手数料 ・銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
・コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
・クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

※出典:コインチェック ※2021年12月時点

DMM Bitcoin

DMM ビットコイン

おすすめポイント
  • レバレッジ取引の通貨ペアが国内最多
  • 機能がPC版なみに高機能
  • アプリのチャートを見ながらワンタッチで発注が可能

DMM Bitcoinは、現物取引を13種類しか取り扱っていませんが、レバレッジ取引は20銘柄に対応しております。アプリ機能はPC版並に充実しており、さまざまなチャート表示やテクニカル分析が可能。

 正直なところ初心者に使いこなすのは難しいですが、中級者〜上級者は必ず満足できるアプリです。

チャートを見ながら「ワンタッチ」で注文をだせるので、値動きを確認しながらトレードをしている人には非常に使い勝手の良いアプリでしょう。

指値・逆指値・OCO注文・IFD・IFO注文・BitMatch注文など、幅広い注文方法に対応しているのも魅力的な点です。
取扱通貨
※レバレッジ取引
24種類
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
  • トロン(TRX)
  • カルダノ(ADA)
  • ポルカドット(DOT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ジパングコイン(ZPG)
  • チリーズ(CHZ)
  • アバランチ(AVAX)
  • メイカー(MKR)
  • チェーンリンク(LINK)
対応OS iOS、Android
レバレッジ 2倍
取引所手数料
入出金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:DMM Bitcoin ※2022年4月時点

BITPOINT

BITPOINT

BITPOINTのおすすめポイント
  • ETH・BCH・LTC/JPYの国内取引量No.1を獲得
  • 取扱通貨数は12種類
  • 各種手数料が無料
  • 少額から取引が可能
  • ADAコインやTRXコインの取引が可能

※出典:公式サイト文言

BITPOINTはETH・BCH・LTC/JPY国内取引量No.1を獲得した実績があるアルトコイン取引で人気の取引所です。各種手数料が無料、クイック入金の手数料も無料なので無駄な損をせずに取引ができます。

 他の取引所では取扱いのないTRXコインやADAコインなども取引可能。

レバレッジ取引や少額からの取引も可能なので、はじめて取引所に登録する方におすすめです。

9月末までADAコインプレゼント実施中なので、登録を急ぎましょう。

BITPOINTの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 12種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:公式サイトより

bitFlyer

bitFlyer

おすすめポイント
  • ビットコイン取引量が国内No.1
  • チャートや発注状況を高速表示
  • Tポイントをビットコインと交換可能

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerのアプリは「市況の変化を視覚的に楽しく把握できる」よう、「ワクワクするような画面」をモットーに作成されています。

そのため、トレード画面特有の「難しそう」という印象は一切なく、多くの人が「見やすく、使いやすい」と好印象を持てるでしょう。

 アプリ自体も非常に軽く、チャートや発注状況を高速表示が可能です。

bitFlyerでは15銘柄を取り扱っており、ビットコインのレバレッジ取引も可能です。

bitFlyerにはTポイントをビットコインに交換するサービスもあります。現物のお金はまだ使いたくないという人にもおすすめです。
取扱通貨 15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
対応OS iOS、Android
レバレッジ 2倍
取引所手数料 0.01〜0.15%
入出金手数料
  • 銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり
  • クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料
  • クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)

出典:bitFlyer ※2021年12月時点

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント
  • 取扱通貨数は23種類
  • アプリのチャートは最大4分割で表示可能
  • 最短10分で取引開始

GMOコインは、取扱通貨数が合計23種類と豊富な仮想通貨取引所です。入金手数料や出金手数料、レバレッジ手数料が無料なので、コストを抑えて取引したい人にも向いています。

 アプリのチャートは初心者にも扱いやすい「ノーマルモード」と、上級者向けの「トレーダーモー」があるので、初心者も使いやすいです。

口座開設は最短10分で手続き完了になるため、今すぐに仮想通貨取引をしたい場合にも適しています。

アプリには「価格変動アラート」機能が搭載されているため、相場に乗り遅れるリスクを減らせる点もおすすめです。
取扱通貨 23種類

BTCETHXRPLTCBCHXEMXLMBATOMGXTZQTUM、ENJ、DOT、ATOM、ADA、MKR、DAI、LINK、DOGE、SOL、XYM、MONA、FCR

対応OS iOS、Android
レバレッジ 2倍
取引所手数料 BTC、ETH、XRP、DAI

Maker:-0.01%
Taker:0.05%

その他

Maker:-0.03%
Taker:0.09%

入出金手数料
  • 即時入金:無料
  • 振込入金:振り込み手数料のみ
出金手数料 無料

※出典:GMOコイン

仮想通貨(暗号資産)アプリおすすめ銘柄数ランキングTOP2

以下では、各取引所アプリの『取扱い銘柄数』を比較しランキング化しました。ぜひアプリ選びの参考にしてください。

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント
  • 取扱通貨数は20種類
  • アプリのチャートは最大4分割で表示可能
  • 最短10分で取引開始

コインチェック

コインチェック

おすすめポイント
  • 取扱通貨数は国内最多の17種類
  • 「Coincheckつみたて」が利用可能
  • ガスや電気の料金がビットコインで支払い可能

仮想通貨(暗号資産)のアプリの種類を解説

スマホ保険の請求をする

仮想通貨用のアプリとして導入されているものは以下の通りです。

仮想通貨用のアプリ
  • 仮想通貨取引所のアプリ
  • 仮想通貨ウォレット用のアプリ
  • 仮想通貨の情報収集用アプリ

色々なアプリが提供されていますが、基本的に仮想通貨に関する情報を提供していることに変わりありません。

一般的には仮想通貨取引所のアプリを利用していることが多くなりますが、海外の業者を利用している場合は別のアプリを利用するケースもあります。

仮想通貨のアプリは色々と用意されているのです。

ここからは、仮想通貨のアプリを詳しく説明します。

仮想通貨取引所のアプリ

仮想通貨取引所が取引できるようにしているアプリとして導入しているものです。

仮想通貨取引所はパソコンでの取引をベースとしていますが、他の方法でも取引できるようにアプリを開発しています。

 アプリを開発したことによって、色々な場所で取引できるようになりました。取引環境が大きく変わっていると言ってもいいでしょう。

外出先でも取引できるように作られているため、いつでも仮想通貨取引所を利用できます

また、タブレット端末でも取引できるようになるのは大きなことで、大きなパソコンを持っていない人も気軽に取引できるようになります。

仮想通貨取引所のアプリは多くの人が利用しているもので、スタンダードなアプリとして用いられることが多くなっています。

仮想通貨ウォレット用のアプリ

比較する

仮想通貨を持っている人が、ウォレットの内容を確認するなどして利用するアプリです。

仮想通貨取引所のアプリで代用できるケースが多くなっていますが、ウォレットを別に所持している人が利用するケースもあります。

 海外ではウォレットだけのアプリが提供されているため、ウォレットを別に利用したいと考えている時に活用します。

アプリの内容は仮想通貨取引所のアプリから取引の部分を取り除いたものとなります。

送金などの手続きができるようにしているため、仮想通貨を送金したいと考えているのであれば、該当するアプリを利用していくのがいいでしょう。

アプリから送金できるようになっていることで、いつでも仮想通貨を送金できるようになります。

仮想通貨の情報収集用アプリ

仮想通貨の情報を収集するために利用する、ニュースのようなアプリがあります。

提供しているのは特定のサイトであり、仮想通貨の情報を提供することにより、取引につなげてもらいたいという願いがあります。

 仮想通貨取引所のアプリでは提供できないような情報を提供している場合があります。

アプリとしてはあまり利用する機会は少ないように思われますが、実際には取引に役立つ情報が多数提供されています。

どうしてもアプリを利用したいと考えている場合は、海外の情報サイトになりますが、インストールして使ってみるのもいいでしょう。

英語で表記されていることが多いため、英語が読めないと何もできない可能性があるところに気をつけておきましょう。

初心者が仮想通貨(暗号資産)アプリを選ぶ4つのおすすめポイント・選び方

初心者が仮想通貨(暗号資産)アプリを選ぶ4つのポイント・選び方

投資初心者の方が仮想通貨アプリを選びとき、ポイントとなるのが次の4つです。

仮想通貨アプリを選ぶポイント
  1. 取引所の取扱銘柄で選ぶ
  2. セキュリティで選ぶ
  3. 対応しているOSで選ぶ
  4. UI・使いやすさで選ぶ

1.取引所の取扱銘柄で選ぶ

仮想通貨アプリを選ぶポイント1つ目が、取引所の取扱銘柄で選ぶことです。ランキングで紹介したように、取扱数は「コインチェック・GMOコイン」の順に多いので参考にしてください。

 特定の取引所でしか取り扱っていない通貨もあるので、お目当ての通貨でアプリを選ぶのもおすすめです。

例えばJMY(ジャスミー)やADA(エイダ)などはBITPOINT、LINK(チェーンリンク)やDOT(ポルカドット)はSBI VCトレードで取扱っているので、これらの通貨に投資するなら検討してみましょう。

2.セキュリティで選ぶ

2.セキュリティで選ぶ

2つ目の方法がセキュリティ技術で選ぶ方法です。各社仮想通貨のアプリは、ハッキング被害などに備えてセキュリティ対策を重視しています。

特に以下の5つに注意して見ましょう。

セキュリティで見るポイント
  • 2段階認証があるか
  • 会社の保有資産と客の預けている資産を分けて管理しているか
  • コールドウォレットで管理されているか
  • マルチシグ対応か
  • 監視体制は整っているか

最近の取引所では、会社の保有資産とわたしたちが預けている資産を分けて保管しているところが多くなってきました。このような取引所のアプリなら信頼度は高いでしょう。

またコールドウォレットで保管している取引所のアプリなら、万が一ハッキングがあった際も安心です。

コールドウォレットとは?
インターネットから遮断して資産を保管する方法です。ネット環境につながっていないため、ハッキングがあっても資産を奪われる事はありません。

また管理体制は整っているか、秘密鍵はマルチシグか(複数の電子署名が必要な状態)なども合わせて確認するとよいでしょう。

3.対応しているOSで選ぶ

アプリが自身のスマホに対応しているかも重要です。iPhoneユーザの方はiOSに対応してるか、その他の方は、Androidに対応しているか、あらかじめ確認しておきましょう。

 機種は対応しているが日本語に対応していない、数年前からアップデートがされておらず使いにくいなどもあります。

これらの問題が直面しないためにも、本格的に使用する前に、一度ダウンロードして使ってみると良いでしょう。

ほとんどのアプリは無料で提供されていますよ。

4.UI・使いやすさで選ぶ

アプリの見た目や使いやすさは、投資をする上でとても重要なもの。これから長期間、毎日使用するアプリなので、使っていてストレスが溜まるようなものはおすすめできません。

見やすさ、使いやすさの感じ方には個人差がありますが、優れたアプリは操作に迷うことなく直感的に分かるものが多いです。

毎回使い方を調べなければならないアプリの使用はやめましょう。

仮想通貨(暗号資産)アプリを利用する3つのメリット

仮想通貨(暗号資産)アプリを利用する3つのメリット

仮想通貨アプリを利用するメリットは以下の3つがあります。

仮想通貨アプリを利用するメリット
  1. いつでもどこでも取引ができる
  2. 仮想通貨のニュースがすぐに手に入る
  3. アプリによってはプッシュ通知があるので暴落時に対応できる

1.いつでもどこでも取引ができる

アプリをスマホの中に入れておけば、いつでもどこでも取引が可能です。急な外出時や通勤途中でも取引ができるので、売買タイミングを逃すことがありません。

仮想通貨は24時間365日取引ができるので、いつでも取引できるのはアプリの大きなメリットです。

 日本の出勤時間7〜9時頃は、アメリカでは17時〜19時頃の帰宅時間にあたります。この時間帯に取引できるのもアプリのメリットでしょう。

またアプリならログイン情報を長時間維持できるので、いちいちログインする必要がなく、すぐに対応できるのもおすすめ点です。

2.仮想通貨のニュースがすぐに手に入る

2.仮想通貨のニュースがすぐに手に入る

アプリには、仮想通貨のニュースを表示できるものもあります。今の相場の動きや各銘柄のニュースなどがすぐ手に入るので、大きなイベント前に通貨を購入して仕込んでおくことも可能です。

仮想通貨取引では最新のニュースを把握しておくことは非常に重要なので、ニュースを表示できるアプリは使い勝手が良いといえるでしょう。

3.アプリによってはプッシュ通知があるので暴落時に対応できる

アプリではプッシュ通知を設定できます。例えば「取引所の売買量に大きな変化があったとき」に通知、「取引所で大量にロスカットが行われたら」通知のような設定をできるアプリもあります。

 大きな値動きや注文が入ったときにプッシュ通知で知らせるよう設定しておけば、暴落時にも被害を最小限に留めることができるでしょう。

また大口注文を監視して通知するアプリもあるので、買い時のタイミングでプッシュ通知してもらう使い方もできます。

相場のチェックに時間を使えない方におすすめです。

仮想通貨(暗号資産)アプリを利用する2つのデメリット

仮想通貨(暗号資産)アプリを利用する2つのデメリット

仮想通貨アプリを利用するデメリットは以下の2つがあります。

仮想通貨アプリを利用するメリット
  1. 画面が小さいのでテクニカル分析には不向き
  2. スマホ紛失時にリスクがある

1.画面が小さいのでテクニカル分析には不向き

過去の値動きを参考にこれからの動向を予想するテクニカル分析という方法があります。トレンドラインや水平線を引いて分析していきますが、スマホ画面だと小さいので限界があるのがデメリットです。

本格的なテクニカル分析はPCを使って、スマホは簡易的な分析がおすすめです。

2.スマホ紛失時にリスクがある

いくらセキュリティが強固でもスマホを紛失してしまった場合、大きなリスクとなります。スマホ自体をロックしておけば問題ありませんが、ロックを破られてしまった場合、資産状況が丸見え、送金も自由に行えてしまいます。

スマホを紛失したり盗まれたりしないよう、しっかりと管理しましょう。

仮想通貨(暗号資産)のアプリを初心者が使うメリット

メリットと書かれたメモ

仮想通貨のアプリを初心者が利用するメリットは以下の通りです。

仮想通貨アプリを利用するメリット
  • 外出先でも取引できる
  • タップだけで取引できるようになる
  • 最新情報を手に入れられる

仮想通貨のアプリを利用することにより、スマホを持っていればいつでも取引できる環境が手に入るようになります。

他にも手順が簡単になりますので、初心者でも気軽に取引できる環境がしっかり整備されていくこととなるのです。

初心者でも使いやすいアプリになっていることがメリットです。

ここからは、仮想通貨アプリを初心者が利用するメリットを詳しく説明します。

外出先でも取引できる

アプリを利用することにより、外出先でも取引できるようになります。

仮想通貨取引はパソコンを利用するケースが多くなっていますが、実際にはアプリを利用することにより外出先でも取引できるようになります。

 外出先で情報収集ができるようになっていくと、より取引しやすい環境が手に入るようになります。

アプリは無料で提供されていることにより、誰でも利用できる点が魅力的です。

少しでも早く取引に取り掛かりたいと思っている人はもちろんのこと、いつでも情報を手に入れたいと思っているときにはアプリを利用しましょう。

アプリは仮想通貨取引所が提供しているものを入れておけば問題ないため、余計なアプリを入れる必要はありません。

タップだけで取引できるようになる

アプリはタップだけで取引できるようになるため、手順がわかりやすく使いやすい点が魅力です。

操作もタップだけで全て終わるようにしているため、仮想通貨取引を簡単に終わらせることができる点は優れているでしょう。

 初心者でもタップだけで取引できるようになれば、上級者と同等レベルの取引が簡単にできるようになります。

タップだけで簡単に取引できるようにしているのは、初心者がスピード感を持って取引できる点につながっています。

レートが変動しやすい仮想通貨にとって、アプリを利用して取引しやすい環境を作っていくのは非常に重要なポイントとなります。

レートの変動によって損益が変わってくるため、アプリを利用して情報収集しやすい環境を作っておくことは重要です。

最新情報を手に入れられる

アプリによって最新情報を手に入れられるようになります。

仮想通貨取引所のアプリは、新しい情報を常に提供していることにより、仮想通貨がどのように変動していくか判断しやすくなるのです。

 ニュースによって情報が動くケースが多くなっていますので、新しいニュースは常に見ておくことが重要になるでしょう。

最新情報はレートの急変動に大きな影響を及ぼしているものです。

初心者でも上級者と同じような情報を得ておくことによって、上級者が行っている取引と全く同じ動きを進められるようになります。

取引環境を大きく変えることができる最新情報は常に確認しておく必要があります。

確定申告や税金計算に役立つおすすめ仮想通貨(暗号資産)アプリ

仮想通貨で年間20万円以上(給与所得のない専業主婦や学生は38万円以上)の利益がでると、確定申告が必要になります。

売買が多い人や難しいことは分からないという人は税理士にお願いするのがおすすめですが、簡易的なものならアプリでも可能です。

Gtax(ジータックス)

Gtax(ジータックス)

おすすめポイント
  • 仮想通貨専門の確定申告計算サービス
  • 強固なセキュリティ
  • 仮想通貨に精通した専門家のロジックで計算が可能
  • 大半の取引所に対応している
  • 利用者の満足度96.6%※
  • マイニング、ハードフォーク、エアドロップ、ICOなどにも対応

※公式サイト文言より:Gtax

Gtaxなら取引所のデータを取り込むだけで仕分けデータを簡単に作成できるので、もう確定申告に悩むことはないでしょう。

 たくさんの取引所データが取り込み可能で、2021年7月時点で国内取引所・ウォレット52箇所に対応しています。

利用者の満足度は96.6%となっており、多くの税理士法人でも導入。専門家にも支持されているサービスです。

マイニング、ハードフォーク、エアドロップ、ICOなど、たくさんの投資方法に対応しています。

テクニカル分析ができる!チャート確認におすすめのアプリ

テクニカル分析ができる!チャート確認におすすめのアプリ

取引所アプリはチャート確認やテクニカル分析ができますが、それらほとんどのチャートは『TradingView』を採用しています。

TradingViewは単体でアプリをリリースしており、iOS・Androidともに用意されています。無料で利用できるので一度ダウンロードしてみるとよいでしょう。

 アカウント登録をすれば、WEBとスマホアプリで同期できるので、PCで分析してスマホで確認して購入のような使い方も可能です。

移動平均線・水平線・RSI・MACD・ボリンジャーバンド・フィボナッチリトレースメントなどさまざまなテクニカル分析が利用できるのはもちろんのこと、自分だけのメモや投資日記をつけたり、SNSに投稿なども可能です。

本格的にトレードをしていきたい人に非常におすすめのアプリになります。

仮想通貨のアプリに関するよくある質問

仮想通貨のおすすめアプリは何ですか?
コインチェック・DMM Bitcoin・bitFlyer・GMOコインなどのアプリがおすすめです。使いやすく機能性も充実しているので、初心者でもすぐに慣れるでしょう。
取扱銘柄数の多い取引所アプリを教えてください
2021年12月現在、コインチェックが17銘柄・GMOコインが23銘柄・bitFlyerが15銘柄を取り扱っています。どのアプリもシンプルで使いやすいのが特徴です。
仮想通貨アプリを選ぶときのポイントは何ですか?
取扱っている銘柄や銘柄数で選ぶ、セキュリティ技術の高さで選ぶ、自身のスマホ・OSに対応しているかで選ぶ、UIや使いやすさで選ぶのがポイントです。
仮想通貨アプリを利用するメリットを教えてください
いつでもどこでも取引ができること、仮想通貨のニュースがすぐ手に入ること、プッシュ通知を使えば急な価格変動にも対応できることなどのメリットがあります。
仮想通貨アプリを利用するデメリットを教えてください
スマホ画面は小さいのでテクニカル分析には不向きなこと、またスマホの盗難や紛失にあった場合、資産がなくなってしまうリスクがあることがデメリットです。
仮想通貨の確定申告に利用できるアプリはありますか?
Gtax(ジータックス)がおすすめです。仮想通貨専門の計算サービスで、大半の国内取引所に対応しており、エアドロップやICOなどの投資にも対応しています。
テクニカル分析におすすめのアプリは何ですか?
『Trading View』がおすすめです。インジケーター系やトレンド系のテクニカル分析ができ、メモや投資日誌なども記録できます。SNSへの投稿も便利です。

まとめ

今回は、仮想通貨アプリのおすすめランキングやアプリの選び方について解説しました。最近の仮想通貨はどのアプリも優秀で機能も充実しているので、初心者でもどれを使用しても満足できるでしょう。

自分が使いやすいかどうか、購入したい銘柄があるかどうかで選んでみてください。

コインチェックやbitFlyerなどは銘柄も多く、アプリの評判も高いのでおすすめですよ。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事