イーサリムは今後どこまで上がる?過去の推移と将来の見通し予想

イーサリアムは今後大型アップデートを控えており、価格上昇の可能性が高いと考えられている仮想通貨(暗号資産)です。しかし、「どこまで上がる?」「購入のタイミングは?」と悩み、投資をためらっている人も少なくありません。

そこでこの記事では、イーサリアムの最新ニュースや、2021年内にどこまで価格上昇をするのかの見通しについて解説します。

この記事を読んでイーサリアムに投資するか参考にしてください。

イーサリアムの基本情報と特徴を解説

イーサリアムの基本情報と特徴を解説

イーサリアムの特徴
  • スマートコントラクトが利用できる
  • DeFiの基盤として活躍
  • NFTのプラットフォームとしてシェアが広い
  • 発行上限枚数がない
  • 半減期がない

イーサリアムとは、プラットフォームの名称であり、通貨の名称ではありません。

 イーサリアムのプラットフォームの中で使用される仮想通貨を、ETH(イーサ)と言います。

日本ではプラットフォームに対しても、通貨に対しても「イーサリアム」と呼ぶことが多いのでややこしいですが、厳密には違うので注意しましょう。

通貨名 イーサリアム
通貨単位 ETH
時価総額 ¥46,907,421,649,621
時価総額ランキング 2位
発行上限枚数 なし
現在の値段 ¥397,621.94
国内で扱える取引所 DMM Bitcoin、コインチェック、GMOコイン、ビットフライヤーなど

出典:https://coinmarketcap.com/ja/ ※2021年10月時点

スマートコントラクトが利用できる

イーサリアムの基本情報と特徴を解説

イーサリアムの1つ目の特徴は、『スマートコントラクト』をブロックチェーン上に埋め込み、実行できることです。

スマートコントラクトとは?
ブロックチェーン上に設定された、自動実行できるプログラムのことを指します。

ビットコインのプラットフォームでは、決済や送金など、お金のやりとりの情報をブロックチェーン上に記載するまでが可能です。

 スマートコントラクトが可能なイーサリアムでは、トリガーでプログラムを発動させることで自動契約や自動売買などが可能となります。

スマートコントラクトのメリットは、今まで時間をかけていた事務作業の手間が省ける点です。人件費も浮くのでコストも削減できます。

例えば店で商品をレンタルするとき、「来店して契約を交わす」→「商品を借りる」→「数日後に商品を返しに行く」→「返品処理をする」と段階が必要でした。

しかしスマートコントラクトを利用すれば、このような作業はすべて必要なくなります。最初のトリガーを発動させれば、全て自動で行ってくれるシステムです。

今後、私たちの生活でも実用化されるでしょう。そのプラットフォームとしてイーサリムの期待値は高まっています。

DeFiの基盤として活躍

イーサリアムの基本情報と特徴を解説

2020年から注目を集めているものに『DeFi』があります。

DeFiとは?
分散型金融サービスのことを指します。銀行や取引所など中央集権の管理がいらない、利用者同士で金融を分散管理できるアプリケーションです。

手数料の安さやセキュリティの高さから盛り上がりを見せているDeFiですが、2021年現在はイーサリアムのプラットフォーム上で作られたものが多いです。

NFTのプラットフォームとしてシェアが広い

2021年から「NFT」が注目を集めています。

NFTとは?
非代替性トークンのことを指します。アートや音楽などのデジタル作品の所有権をブロックチェーン上に記載することが可能です。

NFTを理解するには、アート作品をイメージすると分かりやすいでしょう。

ゴッホの現物の絵を持っていればとても価値が高く高額ですが、デジタルでゴッホの作品を持っていても、誰でも簡単にコピーできますし、偽造もできるので金銭的価値は低いです。

 NFTの技術では、作品の作成者や所有者を記録することが可能です。

デジタルコンテンツひとつひとつが代替えできないコンテンツとなるので、作品の金銭的価値が高まっているのです。

NFT市場は現在大きな盛り上がりを見せており、NFT作品を制作する企業やアーティスト、転売している人も世界中で増えています。

NFTのプラットフォームもイーサリアムを基盤にしているものが多いです。

発行上限枚数がない

イーサリアムの基本情報と特徴を解説

イーサリアムには発行上限枚数が設定されていません。そのため円やドルなど法定通貨のように、自由に枚数を増やしたり減らしたりできます。

上限枚数が決まっていないと価値が高まりにくいので、価格上昇は起こりにくいのもETHの特徴です。

半減期がない

ビットコインには半減期と呼ばれるものが設定されています。4年に1度くらいのペースでおとずれ、マイニングでもらえる報酬が半分になってしまいます。

しかし、イーサリアムには半減期はありません

半減期や上限枚数が決まっていない分、安定した相場となります。

【2021最新情報】イーサリアムのニュースを紹介

ここからは2021年10月時点でのイーサリアムに関する最新ニュースを見ていきましょう。主に以下の3つのニュースがあります。

1.マイニング方式をPoWからPoSへ移行中

【2021最新情報】イーサリアムのニュースを紹介

イーサリアムやビットコインは『PoW』方式でマイニングを行っていますが、大量の電力消費が問題となっていました。そこでイーサリアムはマイニング方式をPoWからPoS方式へ移行しようと考えています。

 移行が完了すれば個人のマイニング参加も可能になり、送金速度の改善や手数料の削減も実現します。

2021年10月現在は移行前の最終段階、2022年にはPoSへ移行できるだろうと言われています。

出典:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-05-24/QTK9I0T0G1KX01

2.イーサリアム2.0「Altair」のメインネット実装日が10月27日に

イーサリアム2.0のアップグレード「Altair(アルタイル)」のメインネット実装日が決定しました。10月27日10:56:23amUTCに実装予定と、イーサリアム財団研究者のブログで発表されています。

これはイーサリアム2.0フェーズ0段階の、初めてのアップグレードとなります。フェーズ2になれば、いよいよPoSへの移行が完了です。

出典:https://coinpost.jp/?p=280368

3.イーサリアムのバーン総量50万ETH突破

【2021最新情報】イーサリアムのニュースを紹介

10月11日の発表で、ETHのバーン(焼却)された供給量の累計が50万ETHを超えたことが分かりました。

日本円では2,000億円相当額です。1日で作成されるよりも多くのETHがバーンされているため、デフレに期待されています。

出典:https://coinpost.jp/?p=283244

どこまで上がる?最新ニュースから見るイーサリアムの展望

どこまで上がる?最新ニュースから見るイーサリアムの展望と値段

イーサリアムは今後大きなアップデートを控えています。DeFi市場やNFT市場の盛り上がりも加速しており、そのプラットフォームとして大きなシェアを誇るイーサリアムは、長期的に見ても上昇していく可能性は高いです。

 毎年10月〜11月以降は仮想通貨全体が価格上昇するタイミング。ビットコインの価格は執筆時点で650万円でATH間近です。

イーサはビットコインと連動する側面もあるので、年末にかけて価格上昇し、60万円までの上昇を期待してもよいでしょう。

イーサリアムのポテンシャルのみを考えれば今後100万円も可能でしょう。

ETHの現在の価格と過去のチャート

ETHの現在の価格と過去のチャート

上記は「ETH/JPY」2021年7月末〜10月12日までのチャートです。7月末から9月中旬にかけて価格上昇し、9月5日には一時435,596円まで上がりました。そのあと大きく下落し、30万円台まで下がりました。

 9月下旬から再び上を目指し、10月12日には40万円前後となっています。

一方、10月12日現在の状況では、ビットコインの独走状態が続いています。9割以上のアルトコインが大きく下げており、「アルトドレインが始まったのでは?」とも囁かれています。

アルトドレインとは?
アルトコインの投資資金がビットコインに流れている状態を指します。ビットコインだけ高騰している時が多いです。

しかし、ETHは今後アップデートも控えており上昇の可能性は高いです。

タイミングを見計らって投資するのも1つの選択肢でしょう。

ETHの過去チャートと高騰の例

ETHの現在の価格と過去のチャート

ETHの価格高騰は大きく2回あります。1度目が2017年の年末から2018年の年始にかけての高騰で、1月14日には15万台まで上がりました。

この時期は仮想通貨全体でブームがあったことや、ICOの拡大、イーサリアムのハードフォーク「ビザンチウム」なども合わさり急騰したと推測できます。

しかし、ビットコインバブルの崩壊やICOの規制などがあり徐々に下落、2018年末には1万円を割ることもありました。

 2度目の高騰が、2021年5月で過去最高額で47万円まで上昇しています。2020年夏頃からのDeFiブームの影響や、イーサリアム2.0「フェーズ0」へのアップデートの影響が考えられます。

イーサが今後価格上昇する要因4選

イーサが今後価格上昇する要因4選

イーサが今後価格上昇と考えられる要因は以下の4つです。

イーサが価格上昇する要因
  • DEXの成長
  • ICOの拡大
  • アップグレードの実施
  • イーサリアムETFの承認

DEXの成長

現在DeFIサービスの中でも分散型金融『DEX』の利用者が増えています。

DEXとは?
分散型取引所を指します。管理者は一切必要とせず、ユーザー同士だけで通貨のやりとりができる仕組みです。

今までの仮想通貨は非中央集権とは言われていても、結局は取引所が中央で管理する仕組みでした。しかしDEXならユーザー間での通貨トレードや貸し借りができるので、コストを抑えられます。

 すでにたくさんのDEXがあります。PancakeSwap(パンケーキスワップ)・Uniswap(ユニスワップ)・SushiSwap(スシスワップ)などが有名です。

DEXを使用するためには「ガス代」と呼ばれる取引手数料が必要で、DEXで使われているブロックチェーンの通貨で支払う必要があります。

現在のDEXの大半はイーサリアムブロックチェーンを利用しているので、ガス代はETHで支払います。

DEXのサービスが伸びるほど、ETHの価値も高まるでしょう。

ICOの拡大

イーサが今後価格上昇する要因4選

2021年に入り、ICO・IEO・IDO・IGOなどが話題になっています。ICOとは、企業の資金調達方法の一つです。企業が発行している通貨を預ける代わりに、お礼として無料でトークンが受け取れます

 イーサリアムのERC20トークンは簡単にトークンが作れるため、現在多くのトークンで採用されています。

ICO・IEO・IDO・IGOなどが発展することで、イーサリアムの価値も高まるでしょう。

アップグレードの実施

イーサリアムは2021年10月現在、大型アップデートを実施中です。数年かけてイーサリアム2.0へと移行し、2020年の12月に最終アップデートであるSerenity(セレニティ)が完了しました。

Serenityはフェーズ0〜フェーズ2の4段階に分けられており、このアップデートを現在実施中です。

 フェーズ2になれば、いよいよPoSへの移行が完了します。送金速度は今よりも速くなり手数料も削減できます。

今までイーサリアムはスケーラビリティー問題を抱えており、ガス代も高騰しています。しかしアップデートが完了すれば、問題は解決に向かうでしょう。

ETHは更に使いやすくなり、価格上昇する可能性は高いです。

イーサリアムETFの承認

現在様々な企業がイーサリアムETFの承認に向けて動いています。カナダではすでに承認されており、アメリカでも承認作業を進めています。

2021年10月10日にはVoltのビットコインETFがSECに承認されました。

もしイーサリアムでもETFが承認されれれば、さまざまな投資家が参入し価格上昇が期待できるでしょう。

※出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/28a382971700249c75ade79b4eaca1270fc16969

イーサリアムが購入できるおすすめ取引所3選

ここではETHが取引できるおすすめ取引所を3社紹介します。

コインチェック

コインチェック

おすすめポイント
  • 取扱通貨数最多の17種類
  • 「Coincheckつみたて」が利用可能
  • 500円からの少額投資ができる

コインチェックは取扱通貨数が国内最多の17種類。初心者にも使いやすいアプリが特徴で、2021上半期国内暗号資産アプリダウンロードNO.1となっています。

 「Coincheckつみたて」サービスでは、仮想通貨の積み立て投資も可能なので、安定した投資を行いたい人におすすめです。

取引手数料が無料なので、お得にETHをトレードしたい人や初心者にも向いています。

イーサリアムから分裂して誕生したイーサリアムクラシックの売買も可能です
※https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000021553.html
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入出金手数料 ・銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
・コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
・クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

出典:https://coincheck.com/ja/ ※2021年10月時点

DMM Bitcoin

DMM ビットコイン

おすすめポイント
  • レバレッジ取引の通貨ペアが国内最多
  • 取扱い開始まで最短1時間
  • 出金手数料が無料

DMM Bitcoinは12種類の仮想通貨が取引可能。すべての通貨でレバレッジ取引ができるようになっています。

 レバレッジ 取引可能な通貨ペアは、国内最多の19種類。国内では珍しいイーサ建てのペアもあります。

DMMグループはDMM FXも運営しているため、洗練されたノウハウを多く持っています。セキュリティレベルも高く、トレードツールが使いやすいのが特徴です。

2021年11月1日までキャンペーンを実施しています。新規口座開設完了で全員にもれなく2,000円プレゼント中です。
取扱通貨 12種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • オーエムジー(OMG)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • モナコイン(MONA)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
レバレッジ 2倍
取引所手数料
入出金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:https://bitcoin.dmm.com/service ※2021年10月時点

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント
  • 2021年オリコン顧客満足度調査の現物取引第1位
  • GMOインターネットグループが運営の安心感
  • ステーキングが可能

※オリコン顧客満足度より:https://life.oricon.co.jp/rank-cryptocurrency/cash-transaction/

GMOコインは14種類の通貨が取引可能。東証一部上場企業のGMOグループが運営しているので、安心して利用できるでしょう。

 GMOコインでは、通貨を保有して預けるだけで報酬が得られるステーキングもあります。固定ではありませんが、年率3%〜6%程度となっているので、安定投資におすすめです。

またGMOコインは最低取引単価が低く、0.001 ETHから取引できます。2021年10月現在1ETH=40万円前後なので、約400円から取引可能です。

GMOコインなら最短10分で取引開始可能なので、今すぐ始めたい人におすすめです。
取扱通貨 14種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン
  • ポルカドット(DOT)
レバレッジ 2倍
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入出金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:https://coin.z.com/jp/corp/product/info/margin/ ※2021年10月時点

よくある質問

ETHは今後価格上昇しますか?
2021年末にかけて価格上昇する可能性は高いでしょう。特にアップデート前後は高騰する可能性が高いです。ビットコインと連動することも多いので、値動きに注目しましょう。
イーサリアムの特徴は何ですか?
「スマートコクトラクトが利用できる」「DeFiの基盤として活躍している」「NFTのプラットフォームとしてシェアが広い」「発行上限枚数がない」などの特徴があります。
ETHの過去最高額は何円ですか?
2021年5月12日の47万円が過去最高額です。そのあと30万円台まで暴落しましたが、7月末から再び上昇しており、2021年10月現在では40万円となっています。
ETHが価格上昇する要因は何ですか?
「DEXの成長」「ICOの拡大」「イーサリアム2.0のアップデート」「イーサリアムETHの承認」などが挙げられます。PoWからPoSに移行すれば大きく変動するでしょう。
イーサリアムに関する最新ニュースを教えてください
イーサリアム2.0「Altair」のメインネット実装日が、10月27日と発表がありました。またイーサリアムのバーン総量が50万ETHを突破しました。これは日本円で2,000億円相当になります。
イーサリアムのアップデートはどこまで進んでいますか?
「Frontier」「Homestead」「Metropolis」「Serenity」と4つの段階でアップデートが行われました。「Serenity」フェーズ0のアップデートがもうすぐ行われる予定です。
ETHを購入するのにおすすめの仮想通貨取引所は?
DMM Bitcoin・コインチェック・GMOコインがおすすめです。DMM Bitcoinにはイーサリアムクラシックとイーサリアムの通貨ペアも利用できます。

まとめ

今回は、イーサリアムの今後と価格上昇する要因について解説しました。イーサリアムのプラットフォームは様々なサービスに活用でき、実用性も高いので、アルトコインの中でも特別な存在です。

アップデートも控えており、今後も伸びていく可能性は高いでしょう。

本記事を参考に、ETHに投資するかどうかぜひ検討してみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事