【初心者向け】人気FX口座おすすめ16社比較ランキング

FXを始めるためには、まず取引するためのFX口座を開設する必要があります。初心者の方の中には「どこのFX会社が良いか分からない」という方も多いでしょう。

とくに初心者にとって、数あるFX会社から良いFX会社を選ぶことは非常に困難ですよね。

そこで今回は、国内・国外のFX会社を重要な項目で徹底比較。初心者向けのおすすめFX口座や、中・上級者向けのFX口座を厳選紹介しています。

主な比較項目

FX口座の選び方口座開設数比較ランキング、FXの仕組み・やり方・始め方もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめFX口座比較表

マネープロ

当サイトがおすすめするFX口座3選は以下になります。

イチオシFX口座

業界最大級の口座開設数!最短1時間で取引可能。現在最大204,000円キャッシュバック実施中

スプレッドが狭いため、低コストで取引できる!

取引ツールが扱いやすく、初心者でも安心

上記の3つは初心者の方にもおすすめできるFX口座です。どのFX口座か迷っている方はぜひ、比較表なども参考にしてみてください!
DMM FX
GMOクリック証券
外為どっとコム
LINE FX
松井証券FX
SBI FXトレード
外貨ex byGMO
LIGHT FX
auカブコムFX
FXプライム by GMO
「選べる外貨」
トライオートFX
FXブロードネット
みんなのFX
DMM FX
GMOクリック証券
外為どっとコム
LINE FX
松井証券FX
SBI FX
外貨ex byGMO
light fx
auカブコムFX
fxプライム
トライオート
FXブロードネット
みんなのFX
取引手数料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
最低取引単位
10,000通貨
10,000通貨
1,000通貨
1,000通貨
1通貨
1通貨
1,000通貨
1,000通貨
1,000通貨
1,000通貨
1,000通貨
1,000通貨
1,000通貨
最低入金額
下限なし
下限なし
1,000円〜
制限なし
原則制限なし
原則制限なし
制限なし
制限なし
制限なし
制限なし
制限なし
原則制限なし
原則制限なし
通貨ペア数
21通貨ペア
20通貨ペア
30通貨ペア
23通貨ペア
20通貨ペア
34通貨ペア
24通貨ペア
29通貨ペア
13通貨ペア
20通貨ペア
17通貨ペア
24通貨ペア
29通貨ペア
即日口座開設
最短即日
最短即日
最短即日
最短即日
不可
不可
最短即日
不可
最短即日
不可
最短即日
不可
-
キャンペーン
最大204,000円キャッシュバック
【特典】
最大300,000円
キャッシュバック
最大108,000円
キャッシュバック
口座開設&取引で最大5,000円プレゼント!
抽選で150名に現金1,000円プレゼント!
5,000円
キャッシュバック
最大150,000円
キャッシュバック
最大50,000円キャッシュバック
最大50,000円プレゼント
-
最大50,000円
プレゼント
最大12,000円
キャッシュバック
最大50,000円
キャッシュバック

迷ったらココ!初心者におすすめの人気FX口座

1DMM FX

DMM FXのココに注目!
  • 口座開設数は80万以上!業界最大級!
  • 新規口座開設後、条件達成で最大204,000円キャッシュバック!
  • 初心者でも分かりやすい取引ツール!スマホアプリも充実
  • 業界最狭水準のスプレッドで取引コストが安い!
  • 最短1時間で取引スタート※『スマホでスピード本人確認』を使用した場合(弊社休業日を除く)

DMM FXは、国内大手の人気FX会社です。DMM FXでは「DMM FX PLUS」「STANDARD」「プレミアチャート」など、様々なツールを選択可能。自分に合わせたトレード手法で取引できます。

 また、取引ツールの分かりやすさに定評があり初心者でも安心。スプレッドも業界最狭水準で取引コストが非常に安いです。

さらに、買いと売りのスワップ金利が同額なことも特筆すべきポイントです。一般的に、多くのFX会社は損失を回避するため売りのスワップ金利を高く設定する傾向にあります。

その点、DMM FXでは公正な取引が可能ですよ。
また、初心者でも上級者でも、取引を重ねるうちに何らかのトラブルに巻き込まれる場合があるかもしれません。DMM FXは以下の問い合わせ方法を用意しています。
問い合わせ方法
  • メールフォーム
  • 電話
  • LINE
LINEでカスタマーサポートをしている会社は少ないため、ぜひ活用しましょう。わからないことや不安なことを気軽に相談できますね。
通貨ペア数 21
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.4pips
ポンド/ドル:1.0pips
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:8円
最小取引単位 10,000
チャート・取引ツール種類 6種類
配信ニュース提携社数 2
デモ取引 可能
電話サポート時間 冬)月曜日7:00〜土曜日6:50
夏)月曜日7:00〜土曜日5:50
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短1時間

2GMOクリック証券

GMOクリック証券最

GMOクリック証券のココに注目!
  • 業界最大手のFX口座
  • スプレッドが狭く低コストで取引可能
  • 未経験者でも使いやすい取引ツール

GMOクリック証券は、業界最大手のFX口座です。スプレッドが狭く、最小の手数料で取引できるのがメリット。

 「ドル/円:0.2銭」「ユーロ/ドル:0.4pips」など、主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準となっています。※原則固定

GMOクリック証券では「はあちゅう君FX+」「Platinum チャート+」「FXネオ」など、合計6種類の豊富な取引ツールを用意しています。

各種取引ツールは初心者でも使いやすいことが特徴です。

注文方法からテクニカル分析までユーザーの利便性を考えた仕様のため、スムーズに取引できます。
GMOクリック証券は利用者の声を聞きながらシステムのアップデートを重ねています。利用者に寄り添い、サービスの向上に日々努めていることがわかりますね。

通貨ペア数 20
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.4pips
ポンド/ドル:1.0pips
※原則固定
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:7円
ペソ/円:4円
リラ/円:26
最小取引単位 10,000
チャート・取引ツール種類 5種類
配信ニュース提携社数 3
デモ取引 可能
電話サポート時間 月曜日7:00〜土曜日7:00
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短翌営業日

3外為どっとコム

外為どっとコムのココに注目!
  • 多くの手数料が0円でコスパが良い!
  • 手厚いサポート体制で、安心して利用できる!
  • アプリ・ブラウザ共に取引画面がわかりやすく、取引がスムーズ!

外為どっとコムは1,000通貨単位から取引することができます。まずはお試しから…という初心者の方でも気軽に始められますね。
また外為どっとコムは手厚いサポート体制も評価されています。

わからないことがあってもすぐに聞ける人がいるのは安心ですよね。
さらに取引に不安を持ったら、外為どっとコム主催のセミナーや、マーケット情報が役立ちます。コンテンツが充実しているので、運用のコツをすぐに身につけることができます。
 現在は豪ドル/円が0.4銭、ポンド/円が0.6銭など、スプレッドが縮小されるキャンペーンが開催されています。
キャンペーン期間:2021年12月6日(月)午前9時~2021年12月24日(金)午前3時
提示時間帯:対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時
スプレッドが縮小されているので、取引コストを大幅に抑えることができるでしょう!ぜひ活用してみてください。
※口座開設月から翌々月末まで(2021年11月1日(月)午前7時00分より開始)
通貨ペア数 30
基準スプレッド ドル/円:0.2銭※原則固定例外あり(2021年8月26日時点)
ユーロ/ドル:0.4pips※原則固定例外あり(2021年8月26日時点)
ポンド/ドル:1.0pips※原則固定例外あり(2021年8月26日時点)
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:6円
ペソ/円:5円
リラ/円:16円
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 6種類
配信ニュース提携社数 4
デモ取引 外貨ネクストネオで可能
電話サポート時間 24時間(土日を除く)
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短翌営業日(スマホで本人確認を利用した場合)

※口座開設月から翌々月末まで(2021年11月1日(月)午前7時00分より開始)

4LINE FX

LINE FXのココに注目!
  • 専用アプリでサクサク取引
  • 経済指標や急変動をLINEで通知
  • LINE証券口座開設済みの場合、最短1分で手続き完了

LINE FXは、スマホ特化型のFX会社です。LINE FXのメリットは、スプレッドが安いこと。例えば、ドル/円の場合は0.2銭しかかかりません。

急変動を通知してくれることも、LINE FXの特徴です。為替の相場はいつ変動するか分からないため、知らない間に損してしまうこともあります。

変動が気になって画面から目を離せないことも多々ありますよね。

しかし、LINE FXでは急変動が起きると、すぐにスマホでLINEに通知。タイミングを逃すことなく安心です。普段からデイトレードを行う方にとっては、重宝する機能と言えます。

 2021年1月からワンランク上の快適な取引を実現するPC版取引ツール「LINE FX Pro」が登場しました。初心者から上級者まで使いやすいツールになっています。

多くの人が使っているLINEというツールから気軽に始められるので、まずは挑戦してみたい!という方にLINE FXはぴったりですよ。

通貨ペア数 23
基準スプレッド ドル/円:0.1銭
ユーロ/ドル:0.3pips
ポンド/ドル:0.6pips
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:8円
リラ/円:36円
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 1種類
配信ニュース提携社数 1社
デモ取引 不可
電話サポート時間
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短当日

【初心者向け】1万円以下でスタート!少額投資におすすめのFX口座

1松井証券FX

1万円以下でスタート!少額投資におすすめのFX口座

松井証券FXのココに注目!
  • 取り扱っている全通貨ペアで1通貨単位から取引できる!
  • 総合ネット証券の知識と経験を生かした充実の取引ツール!
  • 利用者の意図に合わせてレバレッジ率を選べる!

松井証券FXは取り扱っている全通貨ペアで、1通貨単位から取引可能です。とりあえずやってみたい!という初心者の方でも気軽に始められそうですね。

松井証券は言わずと知れた総合ネット証券です。FX以外の投資の知識と経験を生かした、充実の取引ツールが魅力です。

取引ツールは全て無料で、初心者から上級者まで使いやすいツールになっています。自分が使いたいデバイスに合わせて選べるのも嬉しいですね。
また、FXで高額投資をする際はぜひ使いたいレバレッジですが、初心者であれば、まだリスクはそこまで取りたくない…と思うのは当然でしょう。
そこで松井証券では、1倍、5倍、10倍、25倍の4つのレバレッジから選ぶことができます。投資の経験に応じてレバレッジ率を変えていくと良いでしょう。
通貨ペア数 20
基準スプレッド 0.2銭(米ドル/円)

0.5銭(ユーロ/円)

1.1銭(ポンド/円)

高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:24円
ペソ/円:20円
リラ/円:164円※5/26日時点での情報です。
最小取引単位 1
チャート・取引ツール種類 3種類
配信ニュース提携社数 3社
デモ取引 可能
電話サポート時間 午前8:30〜午後5:00
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短1週間程度

2SBI FX

SBI FX

SBI FXのココに注目!
  • 1通貨単位から取引可能
  • 積立FXができる
  • 通貨ペア数は34種類

SBI FXは、1通貨単位から取引できます。一般的なFX会社は最小取引単位を1,000〜10,000に設定。最低でも数千〜数万円の元手が必要です。

 しかし、SBI FXなら最大25倍のレバレッジ適用で、約4円の証拠金からトレードできます。

少額取引に長けていることは、SBI FXならではの魅力と言えます。また、SBI FXでは積立FXが可能です。積立FXとは、条件に合わせて通貨を自動購入してくれるサービスです。

「購入通貨」「1ヶ月の購入額」「購入頻度」「レバレッジ」4つの項目から自分の方針を決めて申し込み。1通貨単位から積み立てでき、好きなタイミングで売却できます。

通貨ペア数 34
基準スプレッド ドル/円:0.00~0.09
ユーロ/ドル:0.19pips
ポンド/ドル:0.50~0.69pips
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:7円
ペソ/円:5円
リラ/円:24円
最小取引単位 1
チャート・取引ツール種類 4種類
配信ニュース提携社数 2社
デモ取引 不可
電話サポート時間 午前9:00〜午後5:00
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短翌日

取引コストを抑えるならここ!おすすめFX口座

1外貨ex byGMO

外貨ex byGMO

外貨ex byGMOのココに注目!
  • 取引手数料、各種手数料が全て無料!
  • 米ドル/円は0.2銭で取引可能!業界最狭水準スプレッド!
  • 取引はスマホで簡単!

但し、外貨出金手数料は1回につき1,500円が発生

外貨ex byGMOはGMOインターネットグループが運営するFXです。取引手数料、各種手数料が全て無料で、運用コストを抑えることができます。

長期間の運用だと、取引コストが積み重なって高額になってしまうので、手数料0円はやはり魅力的ですね。
各種手数料が0円となると、取引でかかるコストはスプレッドのみになります。外貨ex byGMOはこのスプレッドも低く設定されています!
取引には「外貨ex」というアプリが人気です。チャート機能や、分割表示機能、ポジション表示、チャート注文などの機能が備わっています。

みやすいシンプル画面でストレスなく取引することができます。
通貨ペア数 24
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.4pips
ポンド/ドル:1.0pips※午前9時〜翌午前3時のスプレッド
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:6円
ペソ/円:5円
リラ/円:20円
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 3種類
配信ニュース提携社数 5社
デモ取引 可能
電話サポート時間 24時間(土日を除く)
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短当日

2LIGHT FX

LIGHT FX

LIGHT FXのココがお得!
  • ランド/円はなんと121円!高スワップポイントが魅力!
  • スプレッドが低く、取引コストを抑えられる!
  • 取引手数料0円!
LIGHT FXは高金利のスワップポイントのラインナップが充実しています。

スワップポイントが高いものを選べば、その金利差分がプラスになりますので、ぜひ活用したいですよね。
スプレッドは原則固定で、例えば、米ドル/円は0.2銭と、非常に低く設定されています。取引コストを抑えたい方におすすめのFXになります!
通貨ペア数 29
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.3pips
ユーロ/円:0.4銭※午前8時〜翌午前5時のスプレッド
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:7円
ペソ/円:4円
リラ/円:12円
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 3種類
配信ニュース提携社数 1社
デモ取引 不可
電話サポート時間 午前10時〜午後5時
スマホで本人確認 不可
取引開始日数 最短翌日

3auカブコム FX

auカブコムfx

auカブコムFXのココに注目!
  • 米ドル/円やユーロ/円など6通貨のスプレッドが業界最小水準!
  • 自分の使いやすいデバイスでツールが選べる!
  • MUFGグループが運営しているので、安心して利用できる!

auカブコムFXは大手金融グループであるMUFGが運営するFXです。auカブコムFXは業界最小水準のスプレッドが魅力です。

業界最低水準のスプレッド
  • 米ドル/円=0.2銭
  • ユーロ/円=0.5銭
  • 英ポンド/円=1.0銭
  • 豪ドル/円=0.6銭
  • ユーロ/米ドル=0.4pips
  • 英ポンド/米ドル=1.0pips

スプレッドが狭ければ狭いほど、取引コストを抑えることができます。長く運用したい方は要チェックの項目です。

また、取引ツールはスマホ版・PC版・ブラウザ版と3種類提供しています。初心者から上級者まで使いやすいツールになっています。

 現在auカブコムFXで取り扱っている11通貨ペアの合計取引量によって最大30万円がキャッシュバックされるキャンペーンが行われています。エントリー不要のキャンペーンなので、ぜひチェックしてみてください※。

※2021/6/23〜2021/9/30まで

通貨ペア数 13
基準スプレッド ドル/円:0.2銭

ユーロ/ドル:0.5pips

ユーロ/円:0.5銭

最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 3種類
配信ニュース提携社数 1社
デモ取引 不可
電話サポート時間 午前8時〜午後4時
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短翌日

4FXプライム by GMO「選べる外貨」

FXプライムGMO

FXプライム by GMO「選べる外貨」のココに注目!
  • 約定力が高いから、取引失敗のストレスが少ない!
  • 取引コストが低く、短期のトレーダーにも優しい!
  • 買い時を逃さない!オンラインセミナーが充実

FXプライム by GMO「選べる外貨」の魅力はその約定率の高さです。変動が激しい時でも、ストレスなく取引することができます。

また、短期のトレーダーに優しい価格設定がされている点も魅力的です。

専業トレーダーから初心者まで、多くの方が満足できる価格設定になっていますよ。
オンラインセミナーは誰でも無料で見ることができ、専門家の意見を知りたい方にぴったりです。投資の計画を立てるのにも役立ちそうですね。
通貨ペア数 20
基準スプレッド ドル/円:1取引50万ドル以下の場合0.3銭
ユーロ/ドル:0.6pips
ポンド/ドル:1.8pips※例外あり
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:7円
ペソ/円:7円
リラ/円:40円
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 3種類
配信ニュース提携社数 2社
デモ取引 可能
電話サポート時間
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短3日程度

5トライオートFX

トライオートFX

トライオートFXのココに注目!
  • 買い時を逃さない自動売買!
  • 各種設定がシンプルだから初心者でも簡単!
  • 取引コストが安い!

トライオートFXはリストから選ぶだけであとは自動売買で投資を進めてくれるFXになります。

自動売買の設定がめんどくさそう…と感じる方も多いでしょう。

すでに設定済みの自動売買プログラムの中から選択するだけなので、初心者でも簡単なんです!
難しい取引の戦略などを練る必要がないので、初心者の方でも始めやすいと評判です。
各種手数料は0円、さらにスプレッドは業界最狭水準なので、取引コストも抑えられます。
通貨ペア数 17
基準スプレッド ドル/円:0.3銭
ユーロ/ドル:0.3pips
ポンド/ドル:1.4pips
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:5円
リラ/円:47円※5月24日の情報です
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 2種類
配信ニュース提携社数 1社
デモ取引 不可
電話サポート時間 午前9時~午後5時
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短即日

アプリで簡単!スマホ取引におすすめのFX口座

1FXブロードネット

FXブロードネットのココに注目!
  • 約4,000円から取引できる
  • 取引手数料・取引ツール無料
  • 業界トップクラスの低スプレッド

FXブロードネットは、1000通貨から取引できるFX会社です。通常(1万通貨単位)の1/10の金額でFX取引が可能。約4000円からスタートできるので、初心者の方やリスクを抑えたい方におすすめです。

取引コストが安く、業界トップクラスの低スプレッド。使いやすい取引ツールは全て無料で利用できるため、最小限のコストですみます。

もちろん口座開設も無料。最短3分で申し込みが完了します。
通貨ペア数 24
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.5pips
ポンド/ドル:2.9pips
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:6円
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 6種類
配信ニュース提携社数 2
デモ取引 可能
電話サポート時間 午前9:00〜午後5:00
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短翌営業日

2みんなのFX

みんなのFX

みんなのFXのココに注目!
  • プレッドは業界最狭水準
  • スワップが高い
  • 1,000通貨取引&各種手数料無料

みんなのFXは、業界トップクラスの低スプレッドを誇り、スワップ水準も高いFX会社です。口座の最大レバレッジは25倍。最小ロットは1,000通貨からとなっているので、少額でFXを始めてみたい方にもおすすめです。

取扱通貨ペアは29種類。各FX会社で取扱がある主要通貨ペアに加えて、「南アフリカランド」「メキシコペソ」「トルコリラ 」など、人気の高金利通貨も取り扱っています。

スプレッドの狭さにも定評があり、小ロット取引ができる口座ながらも業界最狭クラスのスプレッドとなっています。「ドル/円」「ユーロ/ドル」「ポンド/ドル」など、人気通貨ペアで他社より低コストの取引が可能です。

通貨ペア数 29
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.3pips
ポンド/ドル:0.8pips
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:7.1円
ペソ/円:5.1円
リラ/円:28円
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 5種類
配信ニュース提携社数 1
デモ取引 可能
電話サポート時間 24時間
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短当日

3ヒロセ通商

ヒロセ通商のここに注目!
  • 円高・円安でも利益を狙える
  • 徹底したリスク管理
  • 24時間いつでも取引可能
ヒロセ通商は、FX(外国為替証拠金取引)の会社として、2004年から創設されたFXの会社です。少額の資金から始められ、各種手数料も無料なので初心者の方でも気軽に取引を始めることができます。

また、2021年のオリコン顧客満足度ランキングでは【FX取引のしやすさ】・【分析ツール】1位を獲得しており、独自の取引ツールや分析ツールが備わっています。

 ヒロセ通商がイチオシしているアプリ「LION FX C2」では、相場のトレンドがすぐ把握できる「シグナルパネル」と、過去のデータから未来の値動きを予想する「さきよみチャート」で簡単に売買のタイミングを知ることができます。

また、ヒロセ通商では定期的に食品プレゼントキャンペーンを行っています。オリジナルカレーや餃子400個のプレゼントなど、月によってユニークなキャンペーンを開催しているので、取引以外でも楽しめます。

※公式サイトより

通貨ペア数 50
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.3pips
ポンド/ドル:0.8pips
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:10円
ペソ/円:9円
リラ/円:31円
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 3種類
配信ニュース提携社数 4
デモ取引 可能
電話サポート時間 24時間
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短1~2日

通貨ペアやチャートが充実!中〜上級者向けおすすめFX口座

1IG証券

IG証券のココに注目!
  • 約100種類の通貨ペアで取引可能
  • 自動取引システム搭載の高機能チャートを提供
  • スリッページを確実に防ぐ「ノースリッページ注文」

IG証券は、英国No.1を誇るプロバイダーです。IG証券では、約100種類の通貨ペアでの取引が可能全ての主要通貨ペアはもちろん、新興国からアジア、北欧まで豊富な通貨ペアが用意されています。

自動取引システムのProOrderを搭載した高機能チャートProRealTimeをはじめ、各種スマートフォン、タブレットに対応した充実のFX取引環境を提供。FX経験者でも十分満足できるサービス内容となっています。

通貨ペア数 97
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.4pips
ポンド/ドル:0.9pips
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:7円
ペソ/円:4円
リラ/円:33円
最小取引単位 10,000
チャート・取引ツール種類 3種類
配信ニュース提携社数 1社
デモ取引 可能
電話サポート時間 平日)8:00〜21:00
祝日)8:00~20:00
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短2日

2サクソバンク証券

サクソバンク証券のココに注目!
  • 通貨ペア158種類
  • マイナー通貨ペアのスプレッドが狭い
  • プロ仕様の取引ツールが使える

サクソンバンク証券は、本格的な取引ツールが揃い158種類もの通貨ペアを取引できる中上級者向けFX会社です。国内FX会社の通貨ペア数は20〜30種類が平均。サクソバンク証券の通貨ペア数がいかに多いかが分かります。

 取引できる通貨ペアの選択肢が豊富にあると、そのぶんトレードチャンスが増えます。

マイナー通貨ペアのスプレッドが狭いことも、サクソバンク証券の特徴です。「スイスフラン/円」「カナダドル/円」など、主要人気通貨ペア以外での取引を検討している方に最適なFX会社と言えます。

通貨ペア数 158
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.2pips
ポンド/ドル:-pips
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:8円
ペソ/円:4.23円
リラ/円:32円
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 2種類
配信ニュース提携社数 2社
デモ取引 可能
電話サポート時間 平日)9:00〜18:00
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 1〜2週間程度

FX口座のおすすめの選び方

まずは、FX口座の選び方から確認していきましょう。FX口座を選ぶポイントは以下3つです。初心者の方が最低限知っておくべきポイントを紹介していますので、ぜひ確認してみてください。

FX口座の選び方3つのポイント
  1. 取引の最小単位
  2. スプレッド
  3. 取引ツールの使いやすさ

取引の最小単位

取引の最小単位

1つめのポイントは、取引の最小単位です。FX口座の取引最小単位は、FX会社によって設定が異なります1万通貨から取引できるFX会社が一般的ですが、1,000通貨から取引できるFX会社もあります。

 レバレッジ25倍のFX口座なら必要な証拠金は取引額の4%です。

100円/ドルの場合、1万通貨なら4万円から。1,000通貨なら4,000円から取引できます。元手が少ない方は、1,000通貨のFX会社がおすすめです。まずは、自分の資金に見合った口座を選びましょう。

スプレッド

スプレッド

2つめのポイントは、スプレッドです。FXでは買値と売値に差が設けてあり、この差をスプレッドと呼びます。スプレッドはFX取引における実質的な手数料です。投資家にとって安いに越したことはありません。

 例えば、トレード1回あたり0.7銭の差がある場合、ドル円1万通貨なら約70円です。

もし上の例で、1日10回×20日間取引した場合、約14,000円の手数料を支払わなくてはなりません。取引回数が多くなるほど、スプレッドの影響も大きくなります。少しでもスプレッドが安いFX会社を選ぶのが鉄則です。

取引ツールの使いやすさ

取引ツールの使いやすさ

3つめのポイントは、取引ツールの使いやすさです。各FX会社はPCやスマホで使える独自のFXツールを提供しており、特徴が異なります。取引ツールの良し悪しは好みが分かれるので、一度使ってみるのがおすすめです。

 バーチャルマネーで取引できるデモ口座を開設すれば、無料で取引ツールを比較できます。

取引ツールの使いやすさは、FXの結果に影響する重要な項目です。できるだけ自分にとって使い心地が良いツールを見つけましょう。

おすすめFX口座の口座開設数比較ランキング

※本記事で紹介したFX口座の口座開設数の多い順にランキングを作成しています。

※情報は2021年8月17日時点のものです。

第1位:DMM FX

DMMFX

おすすめポイント
  • 口座開設数80万口突破!※2020年8月31日DMM FX調べ(外為ジャパンFXを合算した数値)
  • 業界最狭水準のスプレッドなので、取引にかかるコストが安い!
  • 最短1時間で取引スタート※『スマホでスピード本人確認』を使用した場合(弊社休業日を除く)

第2位:GMOクリック証券

GMOクリック証券

おすすめポイント
  • 口座開設数72万口突破!※2021年7月現在 公式ホームページ参照
  • 初心者でも扱いやすいツール!デバイスや経験値に合わせて6種類の取引ツールから選べる!

第3位:外為どっとコム

おすすめポイント
  • 口座開設数56万口突破!※2021年12月現在 公式ホームページ参照
  • 取引にかかる手数料はほぼ0円!
  • セミナーやマーケット情報を提供しているから初心者でも続けやすい!

※口座開設月から翌々月末まで(2021年11月1日(月)午前7時00分より開始)

おすすめFX口座の口座開設キャンペーン比較ランキング

※本記事で紹介したFX口座の口座開設キャンペーのお得になる値段が多い順にランキングを作成しています。

※情報は2021年9月15日時点のものです。

第1位:DMM FX

DMMFX

おすすめポイント
  • 口座開設後最大204,000円のキャッシュバックが受けられる!
  • 最短1時間で取引スタート※『スマホでスピード本人確認』を使用した場合(弊社休業日を除く)
  • FXの取引でポイントが貯まる!貯まったポイントはキャッシュバックも可能!

第2位:外為どっとコム

おすすめポイント
  • 口座開設で最大108,000円のキャッシュバックが受けられる!
  • スプレッド縮小キャンペーンで、お得に取引が可能!
  • 1,000通貨単位から取引できる!

FXのスワップポイント・レバレッジ・スプレッドとは?用語を解説

DMM FXの基本情報

FXには専門用語があります。その中でも以下の3つは覚えておく必要のある言葉です。

覚えておくべき用語
  • スワップポイント
  • レバレッジ
  • スプレッド

これからFXを始めたいと考えている人は、3つの用語がどのような意味を指しているのか理解し、取引の際に取り入れられるものは利用してみましょう。特に損失面に関連する言葉については、しっかり覚えておく必要があります。

FXでも重要な言葉を覚えておきましょう。

ここからは、FXで重要な3つの用語について詳しく説明します。

スワップポイント

スワップポイントは取引を一定の時間まで保有した場合、それに伴う金額の増減を発生させるポイントです。スワップポイントはすべての銘柄に設定されており、銘柄に設定された金額をプラス、またはマイナスしていくことになります。

スワップポイントを多く稼ぐための取引手法も存在します。

プラスに設定されたスワップポイントは、銘柄を保有しているだけで利益を得られます。

一方でマイナスに設定されたスワップポイントは損失を増やしてしまいます。プラスとマイナス、どちらのポイントが設定されているかしっかり見ておきましょう。

 スワップポイントは日本時間の朝7時頃(夏時間は6時頃)に配布される業者が多くなっています。

レバレッジ

レバレッジ証拠金を減らすために採用されているシステムです。レバレッジを高くすると、倍率分だけ証拠金の割合を減らせます。レバレッジ1倍に比べて、レバレッジ25倍の証拠金は4分の1に抑えられます。

 日本国内のレバレッジは最大25倍です。ただ、法人口座の場合は25倍以上のレバレッジを適用させられます。

非常に便利なシステムではありますが、近年はレバレッジを自由に選択できない業者もあります。

証拠金の保有額によって、レバレッジが勝手に変動する業者も登場しています。この場合は証拠金でどのようにレバレッジが変更されるのか確認しておきましょう。

スプレッド

スプレッドは取引中に発生する手数料の1つです。FXでは買い売りのレートが設定されていますが、2つのレートの差額分である微々たる金額がスプレッドとして徴収される金額です。

どのような場合でも、スプレッドは支払わなければなりません。

徴収される金額が多くなる可能性もある厄介な数字です。

スプレッドの数字が小さいものほど、手数料として徴収される金額は少なくなります。一方でスプレッドが高い数字に設定されると、多くの手数料を取られてしまいます。

どれくらいの手数料を取られるのか、銘柄ごとにしっかり確認する必要があるでしょう。

 スプレッドは常に変動しており、時間帯によっては業者が設定した数字以上となる場合があります。

FXの自動売買とは?仕組みを解説

FXでは自動売買システムを搭載している業者があります。自動売買というのは、プログラムで売買するタイミングをある程度設定し、システムを起動させて勝手に売買を繰り返していく方法です。

用意するプログラムによって売買するタイミングや利益は変わっていきます。

画面を確認しなくても売買が続けられる有効な取引方法です。

自動売買ですが、基本的に業者が提供しているシステムを採用して行います。業者が用意したプログラムから、ユーザーが好みだと感じるシステムを1つ選びます。

後は取引数量を入力しておけば、必要なタイミングで売買を繰り返してくれます。

 MT4を採用している業者の場合、外部で提供されている自動売買プログラムを導入できる場合があります。業者ごとのルールを確認した上で検討してください。

自動売買を採用すると、以下のメリットが得られます。

自動売買のメリット
  • 放置しても勝手に売買してくれる
  • 本格的な取引が初心者でも可能に
  • 上手に運用すれば利益を出し続けてくれる

大きなメリットとして、画面を見なくても取引が続けられるという点があります。FXの弱点とされている、画面を見ていないと状況を把握できない問題点を解消し、プログラムが現在のレートに沿って取引を続けてくれるのです。

取引状況次第では利益も増えていくでしょう。

近年では自動売買専用とされている口座を提供している業者もあり、FX初心者でも簡単に取引できるサービスを提供しています。

プログラムの種類を把握するのは少し難しいところですが、ある程度慣れてくると利益へ繋げやすくなるでしょう。

自動売買にはデメリットもあるので注意

自動売買はいいところもありますが、デメリットもあります。

自動売買のデメリット
  • 売買が成立しない場合もある
  • 短期売買に向いていない
  • 損失を出し続ける可能性がある

プログラムはレートに沿って取引するか検討するため、レートが急激に変動しなければ売買が成立しません。レートがあまり変動していない、停滞したチャートが続いているとプログラムが反応せず、手動なら取引できる状況で何もしてくれません。

穏やかなチャートには弱いプログラムが多いのは弱点と言えます。

また、プログラムの動き方を事前に確認しなければならず、用意されているプログラムがどのような取引をベースとしているか知らなければなりません。

中にはギャンブル性の高いプログラムも用意されており、利用すると負け続ける場合があります。

 事前に自動売買のプログラムについて把握し、安定性を取るか一発の利益を取るかしっかり考えましょう。

FXを副業にした時、確定申告はどうすればいい?

FXを副業として行った場合、確定申告が必要となります。確定申告をしないで放置していた場合、利益を多く持っていた場合は追徴課税の対象となり、本来の税金より多くの支払いを求められる場合があります。

確定申告は納税の義務を果たすために必要な手続きです。

確定申告が必要となる人は、本業以外の収入20万円を超えている場合です。FXで20万円以上の利益を出している場合、それに伴って確定申告をしなければなりません。

一方で20万円を下回る利益だった場合、確定申告の必要はありません。

 FXの確定申告は、3年間の損失繰越が可能です。前年度に損失を出していた場合、損失を繰り越して20万円以下の利益であれば税金の支払いはありません。ただ、確定申告は必要です。

一見すると、確定申告は多くの人が対象にならないように思われますが、実際に取引すると20万円以上の利益となる場合が多くあります。月2万円の利益を出しているだけで、簡単に確定申告の対象となることを理解しておきましょう。

 確定申告は指定されたタイミングまでに完了させる必要があります。指定されたタイミングを過ぎた場合でも税務署へ連絡すれば対応してもらえるため、速やかに相談してください。

確定申告に必要な書類

確定申告で必要となるのは以下の書類です。

必要な書類
  • 申告書第三表
  • 先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書

この他に確定申告用の申告書Bと呼ばれるものが必要ですが、こちらは確定申告の対象者全てが記載しているものですのでFXに限った書類ではありません。

FXの確定申告であれば、上記の2つをしっかり揃えて申告しなければなりません。

各書類の内容を理解して準備しておきましょう。

申告書第三表は、先物取引の利益等を示すために必要です。確定申告のページで別途作成できる書類ですので、利益と経費として使った金額を正しく記入し、最終的な申告金額を把握しておきましょう。

 申告書第三表は絶対記入しなければなりません。FX業者が提供してくれる書類ではないため気をつけてください。

この他に先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書も記入しなければなりません。こちらも確定申告のページ国税庁からダウンロードできますので、一緒に記載しておきましょう。

記載する項目がやや多い明細書となりますが、正しい記載を行って申告してください。

 書類の記載が難しい場合は、記述を代行してくれる業者等を検討してください。

この他に添付書類として、FX業者から提供された年間取引報告書などが必要です。FX業者から送付された添付書類はそのまま残しておかないように気をつけてください。受け取ったものは添付しておけば問題なく処理されます。

FXチャートの分析の方法を解説

お金を稼ぐ方法③:投資

FXにはチャートが用意されています。チャートとして使われているのは以下のグラフです。

FXで使われるグラフ
  • 折れ線グラフ
  • ロウソク足

この2つが主に採用されていますが、チャート分析を考えているならロウソク足を検討したほうがいいでしょう。折れ線よりもチャートの状況がわかりやすいことに加えて、これから紹介する分析方法を導入しやすいのです。

ロウソク足で分析しているトレーダーは多くいます。

チャート分析に利用するものとして、テクニカル分析というツールを利用します。テクニカル分析はチャートの状況をわかりやすくすることで、より多くの情報を得るための機能です。ほぼすべてのFX業者が採用しています。

 テクニカル分析で利用できるシステムは業者ごとに異なります。テクニカル分析が充実していない業者では思っていたほどの分析ができない場合もあります。

チャート分析で使えるツールは多数ありますが、主に採用されているのは以下の方法です。

代表的なテクニカル分析
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表

これらの方法が採用されています。初心者では難しいシステムばかりですが、移動平均線を採用するとチャート分析はわかりやすくなります。

平行線がクロスしているタイミングでレートの変化が起きているため、その変化が起きてから売買すると利益を得られやすいのです。

まずは移動平均線から試していくとチャート分析の知識を得られます。

慣れてきたタイミングでボリンジャーバンド一目均衡表なども取り入れ、複数のテクニカル分析を活用しながらチャートの動向を見ておくといいでしょう。

細かくチャートを分析していくことで、利益を獲得できるチャンスは多くなっていくのです。

チャートの分析は自動で行ってくれるわけではない

テクニカル分析は自動でチャートに記述されますが、チャートの分析は手動で実施しなければなりません。テクニカル分析は線を引く、または専用の情報を提供するだけであり、チャートの分析まで行ってくれるわけではないのです。

チャート分析は自力で行います。プログラムでは対応してくれません。

分析を実施するためには、チャート分析の情報を事前に仕入れる必要があるでしょう。どのように進めていけばチャート分析が確実に進められるのか、間違った方向にチャートを分析しないのか、しっかり覚えてから挑戦してください。

FXの損益計算方法を解説!pipsとは何?

FXの損益計算方法は、基本的に購入したときのレートから売却する際のレートを差し引きます。

この数字に取引数量を掛け算すると損益が確定します。この計算方法は難しいものではありませんし、FXのシステムで自動計算が行われています。

具体的な例で計算式を確認しておきましょう。以下のようなレートと取引数量で買い注文を出したとします。

取引時の状況
  • 購入時レート:110円
  • 売却時レート:110.5円
  • 取引数量:10,000通貨

この場合、(110.5-110)×10,000という計算式で計算されます。この計算によって50,000円という金額が利益として得られたという形になります。購入時のレートより売却時のレート高ければ、利益を得られるようになるのです。

計算式は決して難しいものではなく、個人でも簡単に計算できます。

一方で同じレート状況で売り注文を出していた場合、計算式は(110-110.5)×10,000という形になります。この場合は50,000円の損失を出していたことになり、大きな損失を被ってしまいます。

損益計算はしっかり行い、無理のないところで決済するようにしましょう。

 取引数量を調整すると損益幅が狭くなります。どうしても大きな損失を出したくないと考えているなら取引数量を1,000通貨にするといいでしょう。

FXで利用されているpipsとは?

pipsというのは、世界共通で利用されているFXの専門用語です。基本的にはレートが変動した際、どれだけ動いたのか示す際に使われます。

多くの場合レートの変動は複数の数字が採用されているため、pipの複数形であるpipsが採用されます。

何気なく記載されている言葉ですが、実は重要な役割を持っています。

日本円でpipsという単位を用いる場合、100pips=1円で表記されます。米ドル円で100pips動いていると表記されている場合、これは1円分動いているものと判断してください。

日本円以外の通貨が採用されている場合はpipsの数字が異なります。

 pipsの数字が多ければ多いほど変動していることを示します。かなり大きな変動を起こしている際は、取引状況が大丈夫なのかしっかり確認しておきましょう。

また、スプレッドの表記としてpipsを採用しているケースもあります。1.0pipsと表記されている場合、スプレッドとして0.01円請求するという意味で利用されます。

日本では日本円を利用しない通貨ペアでpips表記のスプレッドが用いられています。

 海外FXでは全ての通貨ペアでpipsが用いられます。

pips表記は海外で当たり前とされているもので、損益以外にもスプレッドを把握する際に重要なポイントとなります。使い方をしっかり覚え、表記されている数字を見ながら取引を検討するように心がけましょう。

海外の口座でFXを始めたときの税金はどうすればいい?

手術給付金

海外のFX業者を利用いた場合も税金の申告が必要です。税金として申告しなかった場合、国内と同じように追徴課税の対象となってしまいます。しっかり対応して税金申告を完了させておきましょう。

海外のFXでも確定申告は義務として行います。

海外FXを利用した場合、国内とは異なるルールが適用されます。最大の違いは税金が雑所得として扱われるため、税率が異なる点です。税率は累進課税が採用されるため、以下のルールに沿って税率が変動します。

所得額 税率
195万円以下 5%
195万円超~330万円以下 10%
330万円超~695万円以下 20%
695万円超~900万円以下 23%
900万円超~1,800万円以下 33%
1,800万円超~4,000万円以下 40%
4,000万円超 43%

稼いだ金額が多ければ多いほど、税金を多く取られてしまうため気をつけておきましょう。

日本ではFXの税率が20.315%に固定されているため、多く稼いでもダメージは抑えられますが、海外FXを利用すると稼いだ金額に応じて徴収される金額も増加してしまうのです。

雑所得のほうが税率が低い場合もありますが、稼ぐと税率が急激に高くなります。

また、海外の口座を利用していた場合、以下のルールが採用されます。

海外口座のルール
  • 損失繰越ができない
  • 損益通算は海外FXでの損益のみ可能
  • 入金ボーナスは非課税なので無視して良い

最大の問題点は、国内で認められていた損失繰越が認められていない点です。

損失を翌年以降に持ち越したいと思っても対応してくれないため、状況によっては税金面で不利となる可能性があります。また、損益通算のルールも厳しいため気をつけてください。

 海外の口座は国内よりもレバレッジが高く、少額での取引が可能となっているメリットを持っています。しかし、税金面では厳しいポイントが多数ありますので、しっかり確認して利用するようにしましょう。

FXのやり方と始め方を徹底解説

FXのやり方と始め方を徹底解説

FXを始めるためには、利用するための手順をしっかり確認したほうがいいでしょう。具体的には以下の手順に沿って口座開設を済ませ、入金する必要があります。

FXを利用するための手順
  1. FX口座を選択する
  2. FX口座のアカウント作成
  3. ログイン用IDとパスワードを受け取る
  4. ログインしてアカウントへ入金する
  5. 入金完了後に取引する銘柄を決定
  6. 指定した銘柄で取引開始

このような手順を踏まえて、最終的にFXをスタートできる状態にしておきます。

口座選びはとても重要なポイントとなりますが、それ以外にも気をつけておきたいポイントがいくつかありますので、重要な部分を確認してFXを確実に始められるようにしましょう。

始めるための手順をしっかり覚えておきましょう。

ここからは、FXのやり方と始め方について詳しく説明します。

FX口座を選択する

まずはFX口座選びを始めましょう。この記事に記載されているおすすめ口座の中から、自分に向いている口座を1つ選ぶといいでしょう。

 2つ以上の口座でアカウント作成をすると、口座開設時の審査に落とされる可能性があります。必ず1つの口座に絞ってください。

口座選びが完了した後、念の為に口座側が提供する情報をしっかり確認してください。業者によっては複数の口座が用意されており、取引する際のルールが変わります。

自分が希望している取引を実現できるのか、しっかり判断するために口座の内容は確認してください。

FX口座のアカウント作成

FX口座のアカウント作成

次にFX口座のアカウント作成を行います。FX口座のアカウントを作成するためには、業者の口座開設を完了させなければなりません。

口座開設のためには必要な情報を入力する必要があり、指定されたフォームに情報を入力することになります。ここで入力する情報は、具体的に以下の情報を入れなければなりません。

入力が必要な情報
  • 個人情報
  • 勤務情報
  • 収入等の情報

大きく分けて3つの情報が必要となります。すべての項目が審査の対象となりますので、誤った情報は入力しないでください。

また、収入等については預貯金などの金融資産に関連する項目のほか、FXを利用したことがあるかなど投資経験についても問われます。

 入力情報は審査に必要な要素となります。

こうした情報を入力して業者に送信すると、個人情報を確認するために必要書類の提出を求められます。

運転免許証やパスポートなど、個人情報が確認できる書類を提出し、審査が進められるようにしましょう。

ログイン用IDとパスワードを受け取る

審査が業者側で行われ、審査を通過した人にはログイン用のIDパスワードが提供されます。

IDとパスワードは簡易書留を利用して送付されるケースが多くなっているものの、業者によってはメールで送信される場合があります。

送信される方法を事前に確認しておきましょう。

簡易書留の場合は受け取るまでログイン手続きができません。書留が到着するまでには発送から1~2日必要となります。

審査にかかる時間を考慮すると、口座開設手続きが完了するまでには1週間程度の時間が必要と判断してください。

 審査に落とされた場合はメールで審査を通過できなかった旨が通知されます。審査に落とされた理由は公表されません。

ログインしてアカウントへ入金する

提供されたログインIDパスワードを入力すると、FXのアカウントへログインできます。口座にログインした後、取引を開始するために入金手続きを開始します。

入金については業者ごとに以下の方法が採用されています。

入金方法
  • クイック入金
  • 銀行振込

クイック入金ネットバンキングを持っている人が利用できる方法で、入金手続きを速やかに行えるメリットがあります。

ネットバンキングを持っていない人は銀行振込以外の選択肢が得られないため、指定された口座にATM等を利用して入金してください。

 ネットバンキングを持っていれば入金が便利になります。

入金が確認されれば、FX取引が正式に可能となります。銀行振込を利用した場合は翌営業日まで入金確認が完了しない場合があるため注意してください。

入金完了後に取引する銘柄を決定

入金完了後に取引する銘柄を決めてください。どの銘柄を利用して取引するかによって、利益を出しやすくなるか大きく変わってきます。

また、レートの変動についてはかなりの違いがありますので、レートが極端に変動する銘柄を選ぶべきか慎重に考えましょう。

初心者は米ドル円ユーロ円などを利用して取引したほうが無難です。

理由としては、米ドル円やユーロ円は安定したレートを提示してくれること、そして多くの経済指標などによって情報が供給されているためです。

 初心者はわかりやすい銘柄を検討してください。

指定した銘柄で取引開始

取引する銘柄を決めた後、最終的に取引する通貨量を入力して取引します。

FX口座では取引数量を1,000通貨単位、または10,000通貨単位で行っている場合が多く、最低数量を確認した上で取引する必要があります。

最低数量が多いと必要な資金が多くなります。

注文が成立した後は、ただレートを見てプラスの利益が出るか確認していくだけです。ある程度のプラスが確認できた時点で決済し、取引を完了させると利益が出ます。

一方でマイナスが大きい時は、損失をこれ以上増やさないために損失確定の注文を出す必要があります。

 あまり利益の深追いをすると損失が増えます。狙いすぎないように気をつけましょう。

FXに関する独自アンケート調査

当サイトでは、FXに関する独自のアンケート調査を行いました。FXを始めたいけれど、なかなか一歩が踏み出せないという方は、ぜひ以下のFX利用者の意見を参考にしてみてくださいね。

Q1:年齢を教えて下さい。

Q1:年齢を教えて下さい。

アンケート調査結果
パーセンテージ(100%) 票数(264)
20歳〜29歳 8.7% 23
30歳〜39歳 21.6% 57
40歳〜49歳 19.3% 51
50歳〜59歳 28.4% 75
60歳以上 22.0% 58

 

アンケートの調査結果によると、FXの利用者で一番多い年代は50〜59歳であることがわかりました。FXはスマホからでも簡単に取引が可能ですので、サラリーマンの副業として人気です。

調査結果からも、働き盛りの世代がよく利用していることがわかりますね。
取引の仕方がわからないという若者向けに、FX口座の多くは詳しいレクチャーを配信している場合がほとんどですので、ぜひチェックしてみましょう。

Q2:どのデバイスをFX取引で使いますか?最も当てはまるものを選んでください。

Q3:どのデバイスをFX取引で使いますか?最も当てはまるものを選んでください。

アンケート調査結果
パーセンテージ(100%) 票数(264)
PC 58.7% 155
スマートフォン 35.6% 94
タブレット端末 4.5% 12
その他 1.1% 3

 

アンケート調査結果によるとFXの取引デバイスとして一番人気なのはPCであることがわかりました。PCではスマートフォンよりもより上級者向けの詳しいチャートを見ながら取引することができます。

 スマートフォンで使える上級者向けツールを用意しているFX口座もあります。

取引ツールが使いづらいと取引が億劫になってしまい、せっかく始めたFXから離れてしまう原因にもなりかねません。FXの口座を選ぶ際は必ず取引ツールの使いやすさを重視しましょう。

Q3:どのFX口座を利用していますか?(最も利用しているものをお選びください)

Q4:どのFX口座を利用していますか?(最も利用しているものをお選びください)

アンケート調査結果
パーセンテージ(100%) 票数(264)
SBI FXトレード 16.7% 44
DMM FX 12.5% 33
外為どっとコム 12.1% 32
GMOクリック証券 11.4% 30
LINE FX 5.3% 14
松井証券FX 3.4% 9
みんなのFX 3.0% 8
外為ex byGMO 2.3% 6
FXプライム by GMO「選べる外貨」 2.3% 6
auカブコムFX 1.5% 4
FXブロードネット 1.1% 3
トライオートFX 0.8% 2
LIGHT FX 0.4% 1
その他 27.3% 72

 

最も利用しているFX口座をアンケート調査したところ、「その他」を除くと「SBI FXトレード」が一番利用されているFX口座であることがわかりました。

SBI FXトレードの特徴は、1通貨単位から取引できることです。一般的なFX会社は最小取引単位を1,000〜10,000に設定する必要があるため、最低でも数千〜数万円の元手が必要です。

しかし、SBI FXなら最大25倍のレバレッジ適用で、約4円の証拠金からトレードできます。
少ない元手から始めたい方におすすめのFX口座になります。

Q4:FX口座を選ぶ際は何を一番重視していますか?最も当てはまるものを選んでください。

FX口座を選ぶ際は何を一番重視していますか?最も当てはまるものを選んでください。

アンケート調査結果
パーセンテージ(100%) 票数(264)
スプレッドの狭さ 29.5% 78
取引ツールの使いやすさ 24.2% 64
取引の最小単位 18.9% 50
会社の信頼度 18.9% 50
口座開設までのスピード 2.7% 7
その他 5.7% 15

 

どのFX口座を開設するかは、誰しもが抱える悩みでしょう。アンケート調査結果によると、「スプレッドの狭さ」を重視して、FX口座を決めている方が多いことがわかりました。

 スプレッドとは、取引中に発生する手数料の1つです。FXでは買いと売りのレートが設定されていますが、2つのレートの差額分である微々たる金額がスプレッドとして徴収される金額です。

このスプレッドはFXの実質の手数料といえるので、取引の際には必ず注目したいポイントです。

2番目に多い「取引ツールの使いやすさ」も先程述べたようにチェックしておきたいポイントですね。

Q5:どの通貨ペアを取引していますか?(最も取引しているものをお選びください)

どの通貨ペアを取引していますか?(最も取引しているものをお選びください)

アンケート調査結果
パーセンテージ(100%) 票数(264)
米ドル/円 61.4% 162
オーストラリアドル/円 10.6% 28
ユーロ/円 9.8% 26
ポンド/円 3.8% 10
ニュージーランドドル/円 2.3% 6
南アフリカランド/円 1.9% 5
ポンド/米ドル 1.5% 4
ユーロ/米ドル 1.1% 3
カナダドル/円 0.4% 1
その他 7.2% 19

 

アンケート調査結果によると「米ドル/円」の通貨ペアが最も取引されていることがわかりました。

 「米ドル/円」はメジャーな通貨ペアで、取引量や情報量が多いため初心者でも取引しやすいことが特徴です。

「米ドル/円」や「オーストラリアドル/円」といった一般的な通貨ペアはマイナーな通貨ペアよりも流動性が高く、スプレッドも狭くなることが多いです。

取引コストも抑えることができますので、まずはアンケート上位のメジャーな通貨ペアで取引してみることをおすすめします。
アンケート調査の概要
調査目的 FXに関するアンケート
有効サンプル数 264
調査方法 インターネットリサーチ
調査実施会社 株式会社ジャストシステム

ファストアスク

調査実施期間 2021年12月
アンケート調査結果の詳細はこちら

おすすめFXに関するよくある質問

おすすめのFX口座は?
「DMM FX」がおすすめです。DMM FXは「DMM FX PLUS」「STANDARD」「プレミアチャート」といった取引ツールを使うことができます。基準スプレッドはドル/円が0.2銭と業種最狭水準なので、取引のコストを抑えることができます。LINEでカスタマーサポートにつなぐこともできるので、ぜひ活用しましょう。
取引ツールの使いやすさで選ぶならどのFX口座?
「GMOクリック証券」は「はあちゅう君FX+」「Platinum チャート+」「FXネオ」など合計6種類の取引ツールの中から選ぶことができます。初心者でも使いやすいと評判なので、ツールの使い方がわからず困ることもないでしょう。自分の使いやすいデバイスなどに合わせて選択可能なので、おすすめです。
初心者で手軽に始めたい人にはどのFX口座がおすすめ?
まずは気軽に試してみたい!という方には「外為どっとコム」がおすすめです。多くのFX口座が10,000通貨単位からの取引で設定している中で、「外為どっとコム」は1,000通貨単位から取引できるのが魅力です。初めての方はなるべくリスクを避けたいと思うので、最低取引単位が低いFX口座を選ぶのがおすすめでしょう。
スマホでFXをやりたい人にはどの口座がおすすめ?
「LINE FX」がおすすめです。多くの人が利用しているLINEから手軽に申し込みをすることができます。さらに、急変動が起きた場合などにLINEで通知を送ってくれるので、安心です。スプレッドも安くドル/円は0.2銭になっています。また、スマホの取引だけでは物足りないという方も2021年1月からPC版取引ツールもリリースされているので、満足のいく取引が可能だと思います。
FX口座のおすすめの選び方は?
FX口座を選ぶ際は「取引の最小単位・スプレッド・取引ツールの使いやすさ」に注目しましょう。長く続けられるかどうかで比較するのもポイントになります。取引の最小単位は小さいほどリスクが軽くて済みます。初めてFXに挑戦する方などはぜひ最小単位をチェックしてみましょう。スプレッドが狭いと取引コストが抑えられるというメリットがあります。長く続けたいのであれば取引コストも安く抑えられるようなFX口座を選ぶように心がけましょう。

まとめ

ここまで、おすすめのFX口座を紹介してきました。

初心者の方でもFX会社を選ぶ際は「最小取引単位」「スプレッド」「取引ツールの使いやすさ」に着目することが大切です。各FX会社の特徴を比較して、少しでも自分に合ったFX口座を選びましょう。

FX口座の開設は無料。ネットから簡単に行えます。初心者の方なら、DMM FXに登録するのがおすすめです。スマホで取引することができ、スプレッドも狭く取引コストを抑えることができます。

今回は口座開設数の比較ランキングもご紹介しましたので、どのFX口座が人気かもよくわかったかと思います。ぜひ今回紹介したFX会社から気になるFX口座を開設してみてくださいね。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事