仮想通貨TRON/TRX(トロン)はどんな通貨?将来性を解説

仮想通貨のTRON/TRX(トロン)は、2021年の3月に国内ではじめてBITOPOINに上場し、一時3倍以上の価格がついた仮想通貨です。注目されているトロンに投資したいけど、どんな通貨か分からないと迷っている人も多いでしょう。

そこで今回は、トロンの特徴や過去のチャート、将来性について解説します。日本でトロンが売買できる取引所も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読めば、トロンに投資すべきか判断する材料になりますよ。
TRON/TRX(トロン)の購入にはBITPOINT!
bitpoint
  • 国内最多の取扱い銘柄数12種類!
  • ほぼすべての取引所手数料が無料!
  • TRX・ADA・JMY・LNKの取引が可能
BITPOINTの基本情報
取引仮想通貨(暗号資産) 12種類

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)

レバレッジ 現在新規口座開設停止中
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

仮想通貨(暗号資産)TRON/TRX(トロン)とは?特徴を解説

仮想通貨(暗号資産)TRON/TRX(トロン)

トロンはジャスティン・サン氏率いる『トロン財団』によって開発された、ブロックチェーンを使用した分散型プラットフォーム。このプラットフォームで使用される通貨がTRXで、以下のような特徴があります。

TRON/TRX(トロン)の特徴
  • デジタルコンテンツが配信・所有できる分散型プラットフォーム
  • dApps開発ができる
  • ロードマップを公開している
  • 個人で仮想通貨の発行が可能(ICOが可能)
  • 処理速度が速い
  • 有名企業と多数提携している
通貨名 トロン
通貨単位 TRON/TRX
時価総額 ¥924,564,939,948
時価総額ランキング 24位
発行上限枚数 1,000億枚
現在の値段 ¥9.10
国内で扱える取引所 BITPOINT、Huobi Japan

出典:CoinMarketCap

※2021年12月現在

デジタルコンテンツが配信・所有できる分散型プラットフォーム

分散型プラットフォーム

トロンは、ブロックチェーンを使用した分散型のプラットフォームです。最大の特徴が、プラットフォーム上でデジタルコンテンツを配信できることです。

日本ではYouTubeをイメージすると分かりやすいでしょう。ただYouTubeは、Googleが中央で管理している中央集権のプラットフォームです。

 YouTubeはGoogleのおかげで管理がしっかりしていますが、反面、仲介手数料を取られていたり、広告主義によるコンテンツの質の低下が起きています。

しかしトロンなら、ブロックチェーンを使用してユーザー同士が分散して管理をするので、クリエイターとユーザーがダイレクトに繋がれます。広告主義の脱却、コンテンツの質の向上が実現可能です。

トロンはユーザーだけでなく、クリエイターにとってもメリットが多いプラットフォームと言えるでしょう。
TRON/TRX(トロン)の購入にはBITPOINT!
bitpoint
  • 国内最多の取扱い銘柄数12種類!
  • ほぼすべての取引所手数料が無料!
  • TRX・ADA・JMY・LNKの取引が可能
BITPOINTの基本情報
取引仮想通貨(暗号資産) 12種類

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)

レバレッジ 現在新規口座開設停止中
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

dApps開発ができる

トロンのプラットフォームではdAppsの開発が可能です。

dAppsとは?
分散型アプリケーションのこと。ブロックチェーン上で動くソフトウェアです。

例えばゲームアプリを作って動かしたり、分散型金融のアプリケーションDeFiサービスの作成が可能です。最近流行している『NFT』をブロックチェーン上に保存しておくサービスもあります。

韓国のSamsungアプリストア『Galaxy Store』でもトロンのブロックチェーンを利用したdAppsを取り扱っています。

2021年12月現在、トロン上では1,000以上のアプリが動いています。

ロードマップを公開している

ロードマップを示す矢印

トロンは今後どのように開発をしていき、進化を遂げるのかのロードマップをホワイトペーパーにて公開しております。以下、第一段階『Exodus(旅立ち)』から、第六段階『Eternity(永遠)』までを予定しています。

Exodus(旅立ち)2017年8月〜2018年12月 P2P・分散ストレージにアップロード、保存、および配布ができる。
Odyssey(冒険)2019年1月〜2020年6月 報酬システムの構築期。クリエイターがインセンティブを得られるメカニズムの導入。
Great Voyage(大航海)2020年7月〜2021年7月 コンセンサスアルゴリズム「TPoS」、クロスチェーンのプロトコルや企業向けソリューションなど導入。
Apollo(アポロ)2021年8月〜2023年3月 クリエイターが独自トークンを発行できる仕組みの構築。
Star Trek(スタートレック)2023年4月〜2025年9月 オンラインゲームプラットフォーム作成が可能に。ゲーム開発の資金集め、投資家のゲーム開発への投資ができるようにします。
Eternity(永遠)2025年9月〜2027年9月 オンラインゲームのプラットフォームを実用化。ゲーム開発のためのクラウドファンディングなどもできるように。

出典:COINPOST

2021年12月現在は4段階目の『Apollo(アポロ)』であり、まだ成長途中です。

開発終了予定は2027年9月となっています。

個人で仮想通貨の発行が可能(ICOが可能)

ICO

トロンは4段階目の『Apollo(アポロ)』で、個人で独自トークンの発行が可能になります。独自トークンを発行して資金調達を行うICOも利用できるようになるので、クリエイターはコンテンツ制作費の資金調達もできるでしょう。

独自発行されたトークンは、TRXとの交換も可能ですよ。

処理速度が速い

処理速度が高速なのもトロンの特徴です。ビットコインやイーサリアムなどの通貨は、処理速度に時間がかかる『スケーラビリティ問題』を抱えています。

 ビットコインのブロック生成速度は毎秒5件、イーサリアムのブロック生成速度は毎秒16件。ビットコインキャッシュが毎秒24件の処理ができるといわれてます。

しかし、トロンは毎秒2,000件の処理が可能です。非常に速い処理速度を有しています。

ビットコインの約400倍の速度なので、今後送金や決済としての役割を果たす場面も増えてくるでしょう。
TRON/TRX(トロン)の購入にはBITPOINT!
bitpoint
  • 国内最多の取扱い銘柄数12種類!
  • ほぼすべての取引所手数料が無料!
  • TRX・ADA・JMY・LNKの取引が可能
BITPOINTの基本情報
取引仮想通貨(暗号資産) 12種類

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)

レバレッジ 現在新規口座開設停止中
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

有名企業と多数提携している

多数の大手企業が立ち並ぶビル街

トロンは世界中のたくさんの大手企業と多数提携をしています。

韓国の電子製品メーカー『Samsung』や、ウェブブラウザを開発している『Opera』、中国の音楽配信サービス『Peiwo』、アメリカのソフトウェア開発会社『BitTorrent』などが挙げられます。

今後も提携や買収企業が増えていく可能性は高いでしょう。

仮想通貨(暗号資産)TRON/TRXのニュース

2021年の下半期、仮想通貨トロンに関するニュースは以下の3つがありました。

トロンの最新ニュース
  • 創設者ジャスティン・サン氏がリーダーとしてトロンに携わるのをやめる発表
  • BITPOINTでTRX保有者に対するAPENFTのエアドロップ配布を発表
  • Huobi JapanにTRXが上場

創設者ジャスティン・サン氏がリーダーとしてトロンに携わるのをやめる発表

解散と書かれた絵馬

2021年の12月17日にトロンの創設者であるジャスティン・サン氏がカリブ海の島国グレナダの世界貿易機構常駐代表に任命されたことを発表。

トロンに関してはリーダーとして積極的に携わるのはやめる意向を示し、2022年7月にはトロン財団を解散することも伝えています。

「自分がリーダーとして主導しなくても、トロンネットワークがしっかり機能するようになった」と説明しています。

出典:COINPOST

BITPOINTでTRX保有者に対するAPENFTのエアドロップ配布を発表

TRX保有者にNFTトークン『APENFT』のエアドロップ配布を行っており、BITPOINTでも対応することが発表されました。

2023年6月10日まで毎月10日の21時にスナップショットが実施され、100TRX以上の保有で付与の対象となります。

出典:BITPOINT

Huobi JapanにTRXが上場

2021年9月14日より、仮想通貨取引所のHuobi JapanにてTRXの取扱いが開始しました。Huobi Japanは世界170ヵ国、数千万人のユーザーにサービスを提供しているHuobi Groupの日本法人。

世界最高水準のセキュリティを誇り、国内取扱い銘柄ペア数No.1でもあります。(2021年9月現在)

トロンを購入できる国内の取引所は少ないので、注目ですね。

出典:Huobi

TRON/TRX(トロン)の購入にはBITPOINT!
bitpoint
  • 国内最多の取扱い銘柄数12種類!
  • ほぼすべての取引所手数料が無料!
  • TRX・ADA・JMY・LNKの取引が可能
BITPOINTの基本情報
取引仮想通貨(暗号資産) 12種類

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)

レバレッジ 現在新規口座開設停止中
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

仮想通貨(暗号資産)TRON/TRXの現在の価格と過去チャート

TRX/JPYの過去3ヶ月のチャート

こちらは、「TRX/JPY」の、2021年12月18日時点でのチャートです。7月頃は約6円だったTRXですが、7月末頃から右肩上がりに上昇し、11月15日には14.57円と2倍以上の価格となりました。

しかしそのあとは下降トレンドに突入。12月4日にあった仮想通貨全体の下落にも巻き込まれ、現在は9.10円まで下がっています。

TRXの過去のチャートと高騰事例

TRXの過去のチャートと高騰事例

TRXの価格高騰は大きく2回あります。

1度目が2018年の1月で、約34円まで上昇しました。また1月10日に創設者のジャスティン・サン氏が、「BAOFengとの提携」をTwitterにて発表し、トロンが大きく盛り上がりを見せていました。

 しかしそのあとXEM流出事件などの影響で仮想通貨全体のバブルが終焉し、トロンも大きく価格を下げてしまいます。

その後は、5円を超えることなく2年以上は大きな値動きは見られませんでしたが、2021年に入り再び上昇。4月16日には約18円まで高騰しました。

過去最高額は2018年1月5日の34.16円。約4年間更新していません。
TRON/TRX(トロン)の購入にはBITPOINT!
bitpoint
  • 国内最多の取扱い銘柄数12種類!
  • ほぼすべての取引所手数料が無料!
  • TRX・ADA・JMY・LNKの取引が可能
BITPOINTの基本情報
取引仮想通貨(暗号資産) 12種類

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)

レバレッジ 現在新規口座開設停止中
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

今後どうなる?TRON/TRXの将来性を予想

TRON(トロン)の将来性を予想している女性

仮想通貨TRON/TRXの将来性はあるといえるでしょう。それはデジタルコンテンツを配信する分散型プラットフォームとしての価値が、将来的に認められる可能性が高いからです。

現在SamsungやOperaなど大手と提携していますが、今後他の企業が参入しトロンのプラットフォームが活用されることで、高騰の機会も増えるでしょう。

 トロンのプラットフォームはまだまだ開発途中。開発が終了する2027年以降に大きく価値を上げる可能性が高いです。

そのため、短期ではなく年単位での長期投資が必要になります。

今より価格が下がってしまうなどの値動きが予想されますが、気長に待って様子をみるのが良いでしょう。
TRON/TRX(トロン)の購入にはBITPOINT!
bitpoint
  • 国内最多の取扱い銘柄数12種類!
  • ほぼすべての取引所手数料が無料!
  • TRX・ADA・JMY・LNKの取引が可能
BITPOINTの基本情報
取引仮想通貨(暗号資産) 12種類

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)

レバレッジ 現在新規口座開設停止中
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

トロンのおすすめの買い時を解説

初心者が仮想通貨アプリを選ぶポイントを解説

トロンの買い時は以下の状況が見られる時を狙いましょう。

トロンの買い時
  • ビットコインが高騰している
  • トロンのいいニュースが確認できた
  • トロンが暴落している

レートが低い状態で購入するのは当然の狙い目ですが、仮想通貨はニュースの有無が非常に重要視されます。ニュースが多く発信されている時は購入を積極的に検討してもいいでしょう。この他に仮想通貨の影響を受けるパターンに注目です。

購入して得をする状況を作る必要があるでしょう。

ここからは、トロンの買い時を詳しく説明します。

ビットコインが高騰している

ビットコインが高騰しているタイミングは、トロンも上昇する可能性が高くなっています。最大の理由は、ビットコインが他の仮想通貨を引っ張る役割を果たしており、レートが上昇していくと他の仮想通貨も連動して上昇する傾向があります。

ビットコインの動向は他の仮想通貨にとって重要です。

トロンもビットコインの影響を受けやすい仮想通貨で、ビットコインが上昇しているタイミングでは高騰しやすくなります。

明らかにビットコインが上昇しているタイミングや、上昇する気配が見えている時は、積極的にトロンを購入してもいいでしょう。

トロンのいいニュースが確認できた

トロンは仮想通貨ですが、実用化に向けた動きも加速しています。実用化の情報が確認されている、またはニュースでトロンにプラスとなる情報が確認できた段階で、トロンを購入するのもいいでしょう。

いいニュースが引っ張ってレート上昇が期待できます。トロンに有利な情報があれば購入したいと考えるユーザーが増加します。

レートの上昇が発生する要因として、今後さらに高い価値をつける可能性が見られるためです。

トロンの実用化に向けた動きはもちろんのこと、いいニュースによってトロンがいい仮想通貨と判断されれば、購入したいと考えるユーザーが増加します。

トロンが暴落している

明らかにトロンの価値が低くなっており、この価値で購入すれば利益を出しやすいと判断した場合は、購入してもいいでしょう。通常のレートよりも明らかに暴落し、その月や年の最安値を更新している状態なら購入するのも1つの方法です。

 暴落状態から上昇する可能性を秘めているのも仮想通貨の特徴です。かなり反発して上昇する場合もあります。

暴落している時に購入し、上昇するのを待つのが仮想通貨の戦法となります。

利益を出したいと考えているなら、価格面で明らかに安いと判断されるタイミングまで待ち、これ以上暴落しないだろうと判断できるポイントで購入に踏み切るといいでしょう。

TRON/TRX(トロン)の購入にはBITPOINT!
bitpoint
  • 国内最多の取扱い銘柄数12種類!
  • ほぼすべての取引所手数料が無料!
  • TRX・ADA・JMY・LNKの取引が可能
BITPOINTの基本情報
取引仮想通貨(暗号資産) 12種類

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)

レバレッジ 現在新規口座開設停止中
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

トロン以外のおすすめ銘柄を解説

お金を稼ぐ方法③:投資

トロン以外におすすめできる銘柄は以下の3つです。

トロン以外のおすすめ銘柄
  • ビットコイン
  • ネム
  • AXS

定番とされる銘柄を狙っていくのもいいですが、これから上昇する可能性を秘めているもの、期待値の高い銘柄を狙っていくのもいい方法です。特にゲーム関連の銘柄は上昇する可能性が非常に高いと期待されています。

今後の期待を踏まえて購入する銘柄を決めるといいでしょう。

ここからは、トロン以外におすすめできる銘柄を詳しく説明します。

ビットコイン

仮想通貨の中でも最もおすすめできる銘柄です。レートの上下動が非常に激しく、狙うタイミングによっては相当な利益を叩き出します。また、既に実用化されている部分があり、ビットコインを実際の買い物等に利用していくことも可能です。

 ビットコインを購入する際は費用に気をつけておきましょう。他の仮想通貨に比べると圧倒的に高額で販売されています。

レートが急激に上昇すれば、これまで得られなかったような利益も手に入ります。一方でハイリスクの仮想通貨の代表格でもあり、失敗すると多額の損失を発生させる恐れもあります。

購入する際はタイミングやレートに気を配る必要があるでしょう。

ネム

ネムは一時暴落していた仮想通貨の1つですが、最近上昇傾向が見られるようになりました。流出事件後は厳しい仮想通貨の代表格と言われていたものの、他の仮想通貨の上昇に加え、ネムの実用性という部分も踏まえて価値が高くなっています。

復調気配が見えている仮想通貨です。

現時点でそこまで高い価格で販売されていないのが大きなメリットとなります。

既に高い販売価格がつけられているビットコインイーサリアムと異なり、必要な予算を節約できるメリットを持っています。少しでも安く仮想通貨に手を出したい人におすすめです。

AXS

最近登場しているゲーム関連の銘柄です。GameFiと呼ばれる仮想通貨は、ゲーム内で利用する資金として購入する必要があり、価値が高騰する傾向にあります。

また、ゲーム関連の銘柄は広がりが早く、多くのプレイヤーを抱えると価値が上昇しやすくなります。

様々なプレイヤーが参入すると仮想通貨としての価値が大幅に上昇します。

AXSもゲーム関連の銘柄としては資産価値が高く、多くのユーザーが保有して利用しています。既にゲームで使われている実績も考慮され、今後の上昇に期待できる銘柄となります。

 ゲーム関連の銘柄を希望している時におすすめできる仮想通貨です。

日本国内でTRON/TRXが購入できる仮想通貨(暗号資産)取引所

BITPOINT

BITPOINT

BITPOINTのおすすめポイント
  • 取扱通貨数は12種類
  • ほぼすべての手数料が無料
  • 最短10分で取引がスタートできる
  • TRX・ADA・JMY・LNKの取引が可能

BITPOINTは株式会社ビットポイントジャパンが運営する取引所。販売手数料・取引手数料・入出金手数料など、ほぼすべての手数料が無料なので初心者にも使いやすい取引所です。(※スプレッドはかかります)

 ビットコイン以外にも様々なコインを取り扱っており、他の取引所で取扱いの少ない、「TRX・ADA・JMY・LNK」などのアルトコインが取引できるのもおすすめポイントになります。

貸して増やすレンディングサービスやレバレッジにも対応しており、さまざまなニーズに答えてくれる取引所です。

取扱通貨は11種類!最短10分で取引開始できるので、今すぐトロンを購入したい人にもおすすめです。

BITPOINTの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 12種類

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)

レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:BITPOINT

Huobi Japan

Huobi Japan

Huobi Japanのおすすめポイント
  • 取扱通貨数は14種類
  • 通貨ペア数は国内最多の35銘柄
  • 2円から取引が可能
  • TRXコインやHTコインの取引が可能

Huobi Japanは、世界170ヶ国、数千万人のユーザーを持つHuobiグループが運営する国内取引所です。円建て以外にもBTC建て、ETH建て、HT建てなどが可能で、国内最多の35ペアを扱っています。

 ほぼ全ての銘柄が取引所形式で購入でき、TRXは販売所・取引所どちらでも取り扱っています。

Huobi Japanのレバレッジ取引はBTCのみしか対応していないので、トロンでレバレッジをしたい人には不向きですが、様々なコインを現物で購入したい人におすすめです。

2円から取引可能なので、初心者でも安心して少額から始められますよ。

Huobi Japanの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 14種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • フォビトークン(HT)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オントロジー(ONT)
  • クオンタム(QTUM)
  • トロン(TRX)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.000%〜0.200%(コインにより異なる)
入金手数料 クイック入金:無料(ペイジー入金を除く)
振込入金/ペイジー入金/コンビニ入金:振込手数料お客様負担
出金手数料 330円(税込)

出典:Huobi Japan

よくある質問

TRON/TRX(トロン)とは、どのような仮想通貨ですか?

ブロックチェーンを使用した分散型プラットフォーム『トロン』で使用されている通貨がTRXです。ジャスティン・サン氏率いる『トロン財団』によって開発されました。

トロンの特徴を教えてください
デジタルコンテンツが配信・所有できる分散型プラットフォームで、dAppsの開発や個人でトークンの発行が可能です。また処理速度が速いのが特徴です。
トロンに関する最新ニュースを教えてください
2021年12月現在、2022年7月にトロン財団が解散すると発表されたのが最新のニュースです。また創設者であるジャスティン・サン氏がトロン開発のリーダーを退くことも2021年12月17日に発表されました。
TRXの過去最高額はいくらですか?
過去最高額は2018年1月5日の34.16円です。2021年12月現在最高額は更新されておらず下降トレンドに入っています。2021年12月現在では、9.10円となっています。
トロンに将来性はありますか?
将来性はあるといえるでしょう。デジタルコンテンツを配信する、分散型プラットフォームとしての価値が将来的に認められる可能性が高いです。
トロンのプラットフォームはいつ完成予定ですか?
2027年9月に完成予定です。2021年12月現在はロードマップ6段階中の4段階目『Apollo(アポロ)』です。完成したころに大きく価格上昇している可能性があります。
日本国内でTRON/TRXが購入できる取引所はどこですか?
『BITPOIN』『Huobi Japan』で購入可能です。どちらも国内では珍しいアルトコインの取扱通貨が多く、手数料も安いので利用しやすい取引所です。

まとめ

今回は、仮想通貨TRON/TRX(トロン)の特徴や将来性について、最新のニュースや過去のチャートを交えてくわしく解説しました。トロンはビットコインの400倍の処理速度を有し、将来性がある通貨といえます。

他の仮想通貨と違い、デジタルコンテンツのプラットフォームとしての役割を持っている点も注目です。今後が非常に期待されている通貨のひとつに挙げられます。

トロンはBITOPOINTやHuobi Japanなら少額投資もできるので、どちらかに口座開設をして購入してみましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事