【学生向け】おすすめクレジットカード人気比較ランキング

現金を持ち歩くのには手間がかかり、学生の方の中にはそろそろ「クレジットカードを作りたい」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近はオンラインで会計を済ませる際に、支払方法がクレジットカードしかない場合も見かけます。

でも、クレジットカードを作るのが初めてだと分からないことも多いですよね。
クレジットカードは種類によって様々な特典やサービスが付帯されています。そこで、今回は学生におすすめのクレジットカードを紹介します。クレジットカードの作り方審査基準も紹介しているので是非参考にしてみてください。
この記事で分かること
  • 学生におすすめクレジットカード徹底比較
  • 学生におすすめクレジットカード還元率ランキング
  • 学生におすすめクレジットカードの作り方
  • 学生におすすめクレジットカードの審査基準・利用限度額
  • 学生におすすめクレジットカードの口コミ・評判

作り方も簡単!学生におすすめのクレジットカードを徹底比較

まずは、学生でも作れるクレジットカードを比較して紹介します。次にカードごとに詳細や特徴を紹介しているので参考にしてください。

JCB CARD W
三菱UFJカード
VIASOカード
三井住友カード
(NL)
エポスカード
三井住友カード
デビュープラス
学生専用ライフカード
ソラチカカード
JCBCARDW
viasoカード
エポスカード
年会費
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
初年度無料
2回目以降税込み1,375円
※年1回以上利用で翌年度無料
永年無料
初年度無料
2年目以降税込2,200円
還元率
1.0~5.5%
0.5%〜
0.5~5.0%
0.5%
1.0~3.0%
0.5~1.5%
0.5%
発行
最短3営業日
最短翌営業日
最短即日発行
最短即日発行
最短翌営業日
最短3営業日
最短5営業
通常約2~3週間
国際ブランド
JCB
MasterCard
VISA
Mastercard
VISA
VISA
JCB
VISA
Mastercard
JCB
特典
キャンペーン
新規入会し
Amazon.co.jpを
利用すると 20%
キャッシュバック!
(最大30,000円)
新規入会で
最大10,000円を
キャッシュバック
新規入会&モバイル決済利用で
最大6,500円相当プレゼント
WEBから
新規入会で
2,000円相当
プレゼント
新規入会&
ご利用で
最大8,000円相当プレゼント
新規入会で
最大10,000円相当
プレゼント
新規入会で
最大43,000円相当
プレゼント
申込対象
18~39歳
原則として18才以上で安定した収入のある方、または18才以上で学生の方
(高校生を除く) ※未成年は親権者同意要
18歳以上
(高校生を除く)
18歳以上
(高校生を除く)
18歳~25歳以下の学生
(高校生不可)
18歳以上25歳以下
(高校生不可)
18歳以上
(高校生を除く)

ポイント還元率とは、クレジットカードの利用金額につきどれだけのポイントが貯まるかということです。

ポイント還元率の計算方法

付与ポイント(円)÷利用金額(円)×100

= ポイント還元率(%)

例)1000円で2ポイントで貯まるカードの場合

2÷1000×100=0.2% ポイント還元率:0.2%

JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • ポイント付与がいつでも2倍
  • Amazonやセブンイレブンなどの対象店利用でポイント最大11倍
  • ポイント優待サイト経由でネットショッピングするとポイント最大20倍
  • 年会費永久無料!

JCB CARD Wは、日本のクレジット会社「JCB」が発行しているクレジットカードです。年齢が限定されており、18歳から39歳までの方が入会できます。※40歳以降も年間費無料のまま継続可能 

年会費は永久無料なので学生にとっても登録しやすいですね。

また、JCB CARD Wカードはいつでも2倍のポイント付与がされ、1,000円(税込)につき2ポイント貯まります。さらに、以下5つのパートナー店でカードを利用するとポイントが最大11倍付きます。

パートナー店
  • スターバックス
  • モスバーガー
  • Amazon
  • メルカリ
  • セブンイレブン

さらに、ポイント優待サイト『Oki Dokiランド』からネットショッピングをすると、ポイントが最大20倍付きます。

 24時間365日体制でカードを管理する不正検知システムや、不正利用対策のための本人認証サービス、盗難や紛失時の補償がついており、セキュリティ対策もしっかり整っています。

現在JCB CARD Wでは様々なキャンペーンを実施しており、入会することで以下の特典がつきます。

キャンペーン一覧
  • 新規入会キャンペーン:Amazonでの利用で最大10,000円をキャッシュバック、抽選で10万円分JCBギフトカードをプレゼント
  • 家族カード入会キャンペーン:JCBギフトカード最大4000円分プレゼント〈期間〉2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)
  • お友達紹介キャンペーン:ご紹介する方に最大5,000円相当のポイントをプレゼント〈期間〉2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)
  • キャッシングサービス:キャッシングサービス(融資)枠30万円以上申込みで200円のプレゼント、サービス利用で3,000円キャッシュバック 〈期間〉2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)
学生が利用しやすいサービスが充実しているので、是非申し込んでみて下さい。
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0~5.5%
国際ブランド JCB
審査可能年齢 18歳~39歳
主な付与保険 海外旅行損害保険、ショッピングガード保険

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカードVIASOカード

おすすめポイント
  • 新規入会で最大10,000円をキャッシュバック
  • 手続き不要で自動キャッシュバック
  • ポイント優待サイト経由でネットショッピングするとポイント最大25倍
  • 年会費永年無料!

VIASOカードは「三菱UFJニコス」が発行している18歳以上から申し込み可能なカードす。年会費も永久無料です。

 VIASOカードはカード使用後に貯まったポイントを自動的に現金に戻してくれる、オートキャッシュバック機能が付いているところが特徴です。

手続き不要で貯まったポイントを使うことができるので便利ですね。

携帯電話インターネットETCを利用するとポイントは2倍貯まる上に、専用のネット通販ポータルサイトを経由してネットショッピングをすると最大で25倍のポイントが貯まります。

年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5~12.5%
国際ブランド Mastercard
審査可能年齢

原則として18才以上で、安定した収入のある方(学生を除く)

未成年は親権者同意要

主な付与保険 海外旅行損害保険、ショッピングパートナー保険サービス

三井住友カード(NL)

三井住友カードナンバーレスマスターカード

おすすめポイント
  • 表面にカード番号などの個人情報が記載されていないデザイン
  • 対象店舗はポイント最大5倍
  • 最短即日発行
  • 年会費永年無料!

三井住友カード (NL)は、「株式会社三井住友カード」が発行しているクレジットカードです。対象店舗でお支払いすると、最大5倍のポイントが付与されます。

対象店舗
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • マクドナルド など

日常生活でよく利用する店舗でお得にポイントが付くのは嬉しいですよね。

 また、アプリを利用すると、カードを使うたびに通知でお知らせしてくれる他、ポイントや口座残高もまとめて管理できるので便利です。

申し込みから最短5分で作成し、最短即日発行できるため、早めにクレジットカードを手に入れて利用したい方におすすめです。

国際ブランドはVisaとMastercardの2つあるので一枚で複数の支払方法を選択できます。

国際ブランドはクレジットカードのブランドのことで、世界共通なものも多いため海外旅行をした際もそのまま使用できる場合があります。

年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5~5.0%
国際ブランド Visa/Mastercard
審査可能年齢 満18歳以上(高校生は除く)

※未成年の方は親権者の同意が必要です。

主な付与保険 ・海外旅行損害保険

・国内旅行損害保険

・お買い物安心保険

・空港遅延保険

・【学生限定】ライフ&スポーツ賠償自転車保険

エポスカード

エポスカード 

おすすめポイント
  • WEBから新規入会で2,000円相当をプレゼント
  • 専用アプリで利用状況の確認が可能
  • 安心のセキュリティサービス
  • 年会費永年無料!

エポスカードは「株式会社丸井グループ」が発行しているカードで、カード番号や名前などの個人情報はカードの裏面にあり、シンプルなデザインなのが特徴的です。

 学生生活においてネットショッピングや海外旅行、Apple Payを利用するとポイントが貯まります。その他にも、本屋、コンビニ、携帯電話の支払いでも対象店舗ではポイントがたまります。

また、海外旅行損額保険自動付帯しており、海外でも安心・安全なサービスを利用することができます。現地のATMで現地通貨が引き出せるサービスもあるので旅先で現金が必要になった際に役立ちます。

年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA
審査可能年齢 18歳以上
主な付与保険 海外旅行損害保険

三井住友カード デビュ―プラス(学生)

おすすめポイント
  • 学生対象
  • いつでもポイント2倍
  • 新規入会&利用で最大8,000円相当プレゼント
  • 対象店舗のポイント優遇あり

三井住友カード デビュ―プラス(学生)は学生のために作られたカードなので初めてクレジットカードを持つ学生におすすめです。

次の4店舗で利用すると通常ポイント+200円利用につき2%ポイントが還元されます。

対象店舗
  • マクドナルド
  • ローソン
  • セブンイレブン など

インターネットでお申し込みの場合、最短翌日営業日にカードを発行することができるのも特徴です。

さらに三井住友カードと提携するコンビニやカフェを始めとした、60種類の店舗の中から選んだ3点で通常ポイント+200円利用につき0.5ポイントが還元されます。

年会費 初年度:無料

二回目以降:税込1,375円

※年一回以上利用で翌年度無料

ポイント還元率 1~3.0%
国際ブランド VISA
審査可能年齢 18~25歳(高校生不可)
主な付与保険 ショッピング補償

学生専用ライフカード

ライフカード

おすすめポイント
  • 学生専用
  • 誕生日月はポイント3倍
  • 新規入会で最大10,000円相当をプレゼント
  • 年会費永年無料!

学生専用ライフカードは、学生に向けて作られたカードです。(高校生を除く)学生専用であるだけに、学生を対象としたさまざまなサービスの利用が可能です。

 海外旅行傷害保険が自動でついており、最大2000万円まで補償されます。また、海外で利用した額の3%がキャッシュバックされるというサービスもあるため、海外旅行に行く際のサポートが充実しています。

さらに、誕生月はポイントが3倍になり、ポイントが貯まりやすいステージ制をとっているのでポイントを貯めてさらにお買い物を楽しむことができるでしょう。

年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5~1.5%
国際ブランド JCB/VISA/Mastercard
審査可能年齢 18~15歳(学生限定)
主な付与保険 ・海外アシスタントサービス

・カード会員保険制度

・海外旅行損害保険

ソラチカ一般カード

ソラチカカード

おすすめポイント
  • 「PASMO」機能搭載
  • 3つのポイントがたまる
  • JCBだから安心して利用可能

ソラチカ一般カードとは「JCB」が発行している「PASMO」「クレジットカード」の機能が1枚で利用できるカードです。

通学で「PASMO」を使っている学生にとってはそのカードを持っているだけで支払いができるので便利ですね。
年会費は初年度無料、2年目からは一定の費用がかかります。
 しかし、年会費よりも多い継続ボーナスが毎年付与されるので、年会費は実質無料といえるでしょう。

さらに、ソラチカカードを利用すると以下3つのポイントが貯まります。

ソラチカ一般カードで貯まる3つのポイント
  • Oki Dokiポイント:JCBカードの毎月の利用合計金額1,000円ごとに1ポイント、定期券を購入した際
  • ANAのマイル:入会、搭乗、継続
  • メトロポイント:東京メトロの乗車、PASOMO電子マネーの利用

ひとつのカードで様々なポイントが貯められてお得です。

年会費 初年度:無料

二年目以降:税込2,200円

ポイント還元率 0.5%
国際ブランド JCB
審査可能年齢 満18歳以上(高校生は除く)

※未成年の方は親権者の同意が必要です

主な付与保険 国内空港傷害保険/海外旅行保険

学生おすすめクレジットカード還元率比較ランキング

上記で紹介したカードの中からポイント還元率が高いものをランキング化して紹介します。

1JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • ポイント付与がいつでも2倍
  • Amazonやセブンイレブンなどの対象店利用でポイント最大11倍
  • ポイント優待サイト経由でネットショッピングするとポイント最大20倍
  • 年会費永久無料!

2三井住友カード デビュープラス

おすすめポイント
  • 学生対象
  • いつでもポイント2倍
  • 新規入会&利用で最大5000円相当プレゼント
  • 対象店舗のポイント優遇あり

3三菱UFJカード VIASOカード

おすすめポイント
  • 新規入会で最大10,000円をキャッシュバック
  • 手続き不要で自動キャッシュバック
  • ポイント優待サイト経由でネットショッピングするとポイント最大25倍
  • 年会費永年無料!

【学生向け】クレジットカードの作り方

クレジットカードの作り方

続いて、学生向けにクレジットカードの作り方をご紹介します。手順は以下の通りです。

手順
  1. 必要なものを準備する
  2. 申し込む
  3. 審査を待つ
  4. カードを受け取る

1必要なものを準備する

学生がクレジットカードを作る際に必要なものは主に3つあります。

クレジットカード作成に必要なもの
  • 本人確認書類
  • 銀行口座
  • 住所、電話番号等の個人情報

本人確認書類

まずは本人確認書類を準備しましょう。現物ではなくコピーでも可能です。

本人確認書類の例
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

住民票の写しを利用する場合は、発行から6ヵ月以内のものを用意しましょう。住民票の写しは市役所で発行することができます。

 本人確認書類には期限があるものもあります。期限が切れていないか、記入されている住所が現住所と一致しているか確認しましょう。

銀行口座

クレジットカードでの支払いは自分の銀行口座からお金が引き落とされる仕組みになっています。ですので、銀行口座の登録が必須です。

 自分のクレジットカードを作成する際は、必ず本人名義の銀行口座で登録するようにしましょう。

クレジットカード会社ごとに、指定の銀行口座が設定されている場合もあるので詳細を確認しましょう。

住所・電話番号等の個人情報

住所・電話番号等の個人情報

クレジットカードに登録する際に必要です。また、クレジットカード本体はほとんどが郵送されるため、住所の登録が必要です。

本人確認書類の住所と異なる住所で受け取る場合は、氏名と受け取る場所が記入されている以下の書類が必要になります。

異なる住所で受け取る際に必要な書類
  • 公共料金の領収証
  • 社会保険料の領収証
  • 税金の領収証
上記の書類は全て6か月以内に発行されたものであることが条件です。

親権者の同意書(未成年のみ)

未成年の方は親権者の同意書が必要になります。最近は電話での確認が一般的です。クレジットカードを発行する際は事前に両親と話し合ってから決めましょう。

自分の両親と繋がる電話番号を確認しておきましょう。

2クレジットカードを申し込む

申請書に個人情報を記入して提出します。内容に誤りがあった場合は発行できない場合もあるので、丁寧に記入し、必ず確認作業をしましょう。

申し込みの方法については以下の3つがあります。

クレジットカードの申し込み方法
  • Web申し込み
  • 店頭申し込み
  • 郵送申し込み

Web申し込み

Web申し込み

おすすめポイント
  • 自宅から申し込める
  • 即日発行しやすい
  • 本人確認書類の持参不要

Webで申し込む場合は、各カード会社の公式サイトにアクセスして手続きをします。自宅から手軽に申し込みすることができ、申し込みは通常10分ほどで完了します。

本人確認書類もオンライン上でアップロードできるので簡単です。

店頭申し込み

おすすめポイント
  • 分からないことを直接聞ける
  • 記入漏れを防げる

実際に店頭に足を運んで申し込みます。分からないことがあった場合に直接店頭スタッフに聞けるのでクレジットカードを作るのが初めてでも安心して申し込めるでしょう。

店頭申し込みの際は本人確認書類等の申し込みに必要なものを持参するのを忘れないようにしましょう。

郵送申し込み

おすすめポイント
  • インターネット環境がない場合に便利

郵送で送ることも可能です。申請書と本人確認書類を同封して郵送しましょう。しかし、郵送なので通常よりも審査や受け取りに時間がかかってしまうという面があります。

3審査を待つ

クレジットカードは、申し込み後にクレジットカード会社によって審査が行われます。最短翌日発行されるものから、中には1か月ほどかかる場合もあります。

 カード会社によってはインターネット上で審査結果を確認できるサービスを行っているところもあるので、審査状況が早く知りたい方は利用してみましょう。

4カードを受け取る

カードを受け取る

カードの受け取り方法は主に2つあります。

カードの受け取り方法
  • 郵送受け取り
  • 店頭受け取り
郵送の場合はカードが自宅に届くので楽に受け取ることができます。外出していたなど、受け取れなかった場合には再配達を頼む必要があります。

その点、店舗での受け取りの場合は確実に受け取ることができます。

学生でもクレジットカードの審査は通る?審査難易度はどれくらい?

学生でもクレジットカードの審査は通る?審査難易度はどれくらい?

結論、学生でもクレジットカードの審査は通ります

 申し込む際に、個人情報の記入や、18歳未満の方は親権者の同意所などが必要です。提出書類に記入漏れなどがなく、申請対象の条件がそろっている場合は通過できます。

むしろ学生向けのクレジットカードがあるほどですので、学生は審査が通りやすいと言えるでしょう。

しかし、申し込みに不備があった場合、発行できないこともあるので気をつけましょう。

審査に通るためには主に以下の項目に注意を払う必要があります。

審査において気を付けること
  • 学生対象のクレジットカードに申し込む
  • 個人情報の記入漏れ
  • 短期間で何枚も申し込んでいないか
  • 両親の承諾は得ているか(未成年)

これらが原因で審査に通らないこともあるので注意しましょう。

収入がない学生もクレジットカードを作れる?

初心者向けクレジットカード

まだ収入を得ることが難しい学生でもクレジットカードを作れるのか気になる方もいるのではないでしょうか。

結論、学生対象のクレジットカードであれば、収入がなくても作ることが可能です。通常の場合、クレジットカードを発行するためには、安定した収入があるかどうかも審査の対象になります。

 しかし、学生の場合は、まだ継続的な収入を得ることが難しい場合もあるので、収入に関しては配慮されています。

ただし、高校を卒業している大学生は親の同意なしで申込が可能ですが、未成年の方が申込する場合は、保護者の経済状況をカード会社に知らせる必要があります。

学生がクレジットカードを作る際の注意点

リボ払いに注意

学生がクレジットカードを作る際の注意点を紹介します。

計画的な利用を心掛ける

クレジットカードは、買い物が後払いになる支払方法です。そのため、支払日にご自身の銀行から支払金額が一気に引き落とされる形になります。

残高などを気にせずに買い物をしてしまうとトラブルの原因に繋がるので、使いすぎないように心がけましょう。

リボ払いに注意

クレジットカードの支払方法の一つにリボ払いがあります。

 リボ払いとは、あらかじめ設定した一定額を毎月支払う方法です。

自分が毎月どれくらい使ったかに関係なく、決まった金額を払えばよいというのがメリットです。しかし、月々のお支払額が一定であることに安心して使いすぎてしまう恐れがあるため学生にはあまりおすすめできません。

学生のクレジットカードの利用限度額は?

学生のクレジットカードの利用限度額は?

学生のクレジットカードの利用限度額は基本的に10万円~30万円程度だと言われています。

 利用限度額が低い理由には、一般的に学生は社会人に比べて収入が低いので、カードを使いすぎて限度額が払えなくなることを防ぐ目的があります。

特にクレジットカードを始めて利用する方は少なめの利用額で管理していくのが良いでしょう。

学生のうちは、慎重にお金の管理を行いましょう。

利用額を上げたい方はカード会社に連絡することで引き上げてもらうことができます。

学生におすすめのクレジットカードの口コミ・評判

学生におすすめされるクレジットカードの口コミ評判を見ておきましょう。本当に優れているカードなのか、情報をしっかり整理してカードを決める参考にしておくと安心です。

JCB CARD W

ポイント還元率はすごくいいカードです
ポイント還元率が非常に高いカードのように感じられます。利用するだけで多くのポイント還元が期待できますし、店によってはポイントの倍率が大幅に上昇します。ポイント還元率を高めたい人におすすめできるカードです。
女性用カードが美しい
女性用のカードを発行してくれる点が評価できるポイントです。男性と女性が同じカードを保有し続けるのではなく、女性は別のカードを発行して利用できる点がいいと思います。カードデザインも好きです。
還元率の計算方法が良くない
ポイント還元率はいいものの、100円で1ポイントを配布してくれないカードです。少額で利用してもポイントを得られない点があまり良くないと思います。より多くのポイントを還元してくれると思っていましたがそうでもなかったです。

三菱UFJカード VIASOカード

デザイン変更で見た目良し
デザインが変更され、よりセキュリティ面で安心感が高まりました。シンプルなカードデザインは結構気に入っています。また、ビジネスの場で出しても安心できるようなカードになっており、保有していることの安心感があります。
キャッシュバック制度の使い勝手
キャッシュバック制度を利用することで、よりお得感を得られているように感じます。キャッシュバックは自動で行われるので、面倒な手間がかからないのもいいと思います。使い続けたいと感じられるカードです。
ポイント還元率に期待できない
ポイント還元率という部分ではあまり評価できないカードです。大してポイントを得られないので、上手に使っていかないとポイントを増やせません。より多くのポイントがほしいと考えている人は別のカードがおすすめです。

三井住友カード(NL)

セキュリティ面では最強
これまでのカードデザインから変更されたことに加え、ナンバーが削除されている点はいいと思います。これまでナンバーが見えていて不安に感じていましたが、隠されたことで信頼性が高まったと思います。
今までのカードよりも使い勝手がいい
ポイント還元率や年会費という部分でも安心できるカードになりました。今まで三井住友カードは年会費が必要なものが主体でしたが、こちらは年会費無料で保有しやすくなっています。気軽に持ちやすいカードです。
番号の確認が面倒
すぐにカードを発行できる点はいいと思いますが、カードデザインの変更で安っぽいカードに見えてくるのが気になります。また、カード番号が隠れているため、ネットで利用する際は番号の確認を別の媒体で行う必要があるなど手間もかかります。

学生がクレジットカードを持つメリット

支払いが楽になる

ここでは学生がクレジットカードを持つメリットを4つ紹介します。

支払いが楽になる

クレジットカードを持つことで現金を持ち運ぶ必要がなくなり、今までよりも支払いが楽になります。

お釣りなどのやり取りも必要ないのでスムーズに支払いができることでしょう。

また、ネットでお支払いする場合も、クレジットカードであればネット上で支払いすることができます。

支払いをしながらポイントが貯まる

クレジットカードは、支払いをしながらポイントが貯まるという、メリットがあります。そのポイントは商品や商品券と交換することもできるのでより一層お買い物を楽しめることでしょう。

買い物をしながらポイントが貯まっていくのは得した気分になりますね。

クレジットヒストリーが作られる

クレジットカードヒストリ―とはクレジットカードやローンを契約した時の個人情報や利用履歴のことです。不正なく利用していれば、社会的な信用獲得の証明になり、中には住宅ローンの審査が通りやすくなるともいわれています。

お得な特典やサービスを受けられる

クレジットカード会社によって、特典やサービスは様々あります。支払いをしながらお得な特典が受けられるのはクレジットカードの魅力ですね。

学生がクレジットカードを持つデメリット

年間費がかかるカードがある

ここでは学生がクレジットカードを持つデメリットを3つ紹介します。

年間費がかかるカードがある

年間費は永年無料なカード会社もある一方、カードによっては年間費が発生するものもあります。そのカードの年間日が永年無料なのか、そうでないのかを確認してから申し込むようにしましょう。

使い過ぎに注意

現金の場合は、目に見える形でお金のやり取りが行えますが、クレジットカードの場合、自分が今どのくらいお金を使っているのか残高がどれくらいなのかが把握しずらいです。ですので使いすぎてしまわないように十分注意しましょう。

最近は、専用のアプリによってお金の管理ができるところもあるので是非利用しましょう。

不正利用のリスクがある

不正利用のリスクはゼロではありません。不正利用されないように管理には充分注意しましょう。

 不正利用を防ぐためには、利用証明書に表示されている利用証明の日付や店舗を確認して不正な支払いがないかを定期的な確認作業を行うと良いでしょう。

学生向けクレジットカードのおすすめの選び方

スーパーマーケットでのクレジットカード決済の注意点

学生向けクレジットカードの選び方ですが、以下のポイントを抑えておきましょう。

学生用カードの選び方
  • ポイント還元率
  • カードの切替
  • 学生用の特典

学生向けクレジットカードは年会費無料としているものが多いため、基本的に年会費の心配はありません。他の部分でしっかり比較していく必要があるでしょう。学生用のカードから切り替えるための方法も重要になります。

将来的なカードの変更も含めて比較しておきましょう。

ここからは、学生向けクレジットカードの選び方を詳しく説明します。

ポイント還元率

学生向けクレジットカードにもポイント還元率が存在します。ポイント還元率が高ければ、利用した金額に対して多くのポイントが還元され、欲しい商品買い物の代金として利用できます。少しでも高いポイント還元率を狙いましょう。

ポイント還元率が高ければ高いほどお得感を得られます。

学生用のカードは、一般カードよりポイント還元率が優遇されているものもあります。

 一般カードを選ぶより、ポイント還元率に優れている学生用カードを狙うのもいい方法です。

その際はポイント還元率の違いを比較しておくと安心です。

カードの切替

将来的にカードを切り替える必要があるのか、それともカードを切り替えずにそのまま保有し続けられるのか、この部分はしっかり確認したほうがいいでしょう。

学生用カード選んだ場合、将来的に切り替えられるカードの種類を確認しなければなりません。

 切り替えられるカードによってはゴールドカードが対象となる場合もあります。切り替え先には十分気をつけておきましょう。

切り替えが必要ない一般カードの場合、1度発行したカードを保有し続けられるメリットがあります。

切り替えの必要がないと思っているなら、カードの切替を必要としないカードに絞り込めば、将来的な不安はありません。

学生用の特典

学生用に特典が用意されているか確認しておきましょう。学生用の特典が用意されているカードの場合、一般カードを利用するより優遇措置が取られます。特典で恩恵を受けたいと考えているときは、学生用の特典を確認しておきましょう

 学生用の特典は学生カードに限定されている場合があり、一般カードには付与されていない場合が多くなっています。

一般カードでも特典が優れているものは多数ありますので、特典の状況などを踏まえて最終的に選ぶカードを決めるといいでしょう。

場合によっては学生用カードより一般カードの方がいい場合もあります。

【学生対象】クレジットカードに関するよくある質問

高校生はクレジットカードを作れますか?
原則として、高校生はクレジットカードを作ることができません。ほとんどのカード会社は「高校生を除く18歳以上」をクレジットカードの申し込みの対象としています。
アルバイトをしていなくても、学生カードは作れますか?
作れます。学生の場合はアルバイトをしていなくても問題ありません。また、未成年の場合は親権者の経済状況を重視することが多いため本人の収入面では判断されません。(高校生を除く)
クレジットカードの作成に制限はありますか?
特に枚数の制限はありません。枚数を増やすとカードごとに特典や国際ブランドで使い分けられるという利点があります。しかし、作りすぎても管理が大変なので最初のうちは1枚作成することをおすすめします。
カードはどれくらいで届きますか?
カード会社によって期間は異なります。審査からカード発行まで最短即日発行できる会社もあれば、一か月ほどかかるものもあります。
クレジットカードの支払日はいつですか?
カード会社によって支払い日は異なります。クレジットカードには、1カ月の中でカードを利用した最終日として決められる締切日と、カード利用額を支払う支払日があります。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、学生におすすめのクレジットカードクレジットカードの作り方を紹介しました。

学生向けクレジットカードを選ぶ基準としては、ポイント還元率やカード切替、学生用の特典などを見て決めることをおすすめします。

 この記事ではカードを7つ紹介しましたが、中でも一番還元率の高いのはJCB CARD Wです。還元率は1.0~5.5%とお得にポイントを貯めることができるでしょう。

また、学生向けクレジットカードは年会費無料としているものが多いため、基本的に年会費の心配はありません。他の部分でしっかり比較していく必要があります。

クレジットカードを所持する際は、残高の引き落としが一気に来ることや、不正利用のリスクがあることが注意点としてあげられますが、キャッシュレスの会計で支払いが楽になるポイントが貯まるなどのメリットもあります。

学生生活でクレジットカードが使用できる場面は多くあると思うので、この機会に検討してみるのも良いでしょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事