LINE FXのメリット・デメリットや評判について徹底解説

「LINE FXで口座開設するのはおすすめ?」

上記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

LINE FXはLINEの通知機能を利用することで、為替変動などの情報を瞬時に入手することが可能です。したがって、外出することが多い方やスマートフォンを中心にトレードする方におすすめのFX口座となっています。

今回は、LINE FXの特徴やメリット・デメリット、評判について徹底的に解説していきます。

メリットの前に確認!LINE FXの概要・基本情報

LINE FX

まずは、LINE FXの概要について、確認していきましょう。

通貨ペア数 23
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.3pips
ポンド/ドル:0.6pips
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:8円
リラ/円:36円
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 2種類
配信ニュース提携社数 1社
デモ取引 不可
電話サポート時間
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短当日

LINE FXは、LINE証券株式会社が運営しているFXサービスとなります。

 LINE証券株式会社は、SNSコミュニケーションツールを運営しているLINEと、大手証券会社である野村証券がタッグを組んで共同開発した証券会社となっており、運営元に安心感があるのが特徴です。

 

LINE FXのスプレッド

次にLINE FXのスプレッドについて確認していきましょう。

通貨ペア スプレッド
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.3銭
英ポンド/円 0.5銭
豪ドル/円 0.3銭
NZドル/円 0.5銭
カナダドル/円 1.5銭
スイスフラン/円 1.6銭
南アフリカランド/円 1.0銭
メキシコペソ/円 0.3銭
トルコリラ/円 提示休止中
ユーロ/米ドル 0.3pips
英ポンド/米ドル 0.5pips
豪ドル/米ドル 0.3pips
NZドル/米ドル 1.4pips
ユーロ/英ポンド 0.8pips
ユーロ/豪ドル 1.4pips
英ポンド/豪ドル 定時休止中
ユーロ/NZドル 掲示休止中
英ポンド/NZドル 定時休止中
豪ドル/NZドル 1.9pips
米ドル/スイスフラン 1.5pips
ユーロ/スイスフラン 1.6pips
英ポンド/スイスフラン 提示休止中

※2021年8月27日時点でのスプレッド

※出典:https://line-fx.com/market/spread/ex/summaryList

LINE FXのスプレッドは業界最狭水準であり、コストを抑えたトレードができます。取り扱う通貨ペアも23種類と豊富なため、たくさんの通貨ペアをトレードしたい方におすすめです。

 しかし、一部の通貨ペアでは、スプレッドの提示を休止しており、変動する可能性がある点に注意が必要です。

 

LINE FXのスワップポイント

次に、LINE FXのスワップポイントについて確認していきましょう。

通貨ペア 買いSW 売りSW
米ドル/円 5 -8
ユーロ/円 -16 13
英ポンド/円 9 -15
豪ドル/円 1 -4
NZドル/円 2 -8
カナダドル/円 6 -9
スイスフラン/円 -22 19
南アフリカランド/円 12 -19
メキシコペソ/円 7 -14
トルコリラ/円 45 -48
ユーロ/米ドル -0.22 0.19
英ポンド/米ドル -0.04 0.01
豪ドル/米ドル -0.05 0.02
NZドル/米ドル -0.04 0.01
ユーロ/英ポンド -0.18 0.16
ユーロ/豪ドル -0.25 0.21
英ポンド/豪ドル 0.01 -0.05
ユーロ/NZドル -0.45 0.25
英ポンド/NZドル -0.1 0.02
豪ドル/NZドル -0.10 0.02
米ドル/スイスフラン 0.18 -0.21
ユーロ/スイスフラン 0.05 -0.08
英ポンド/スイスフラン 0.27 -0.29

※2021年8月27日時点でのスワップポイント、単位はベース通貨
※スワップポイントは各国の金利情勢、その他の影響により変動します。

LINE FXのスワップポイントは高水準ではあるものの、スワップポイントが高いFX会社と比べると、若干見劣りする部分もあります。

 また、トルコリラ/円などの通貨では、スプレッドの提示を休止しているため、高金利スワップが魅力の通貨ペアの取引についてはメリットが薄いと言えるでしょう。

 

LINE FXのキャンペーン!5,000円もらうやり方を紹介

現在、LINE FXでは、口座開設&1取引で最大5,000円もらえるキャンペーンを開催中です。キャンペーン参加の手順は以下の通りです。

手順
  1. LINE FX公式サイトから口座を開設
  2. サイト&アプリにログインする
  3. 取引期間中に新規で1取引以上行う
  4. 5,000ゲット
取引通貨単位が、1000通貨〜1万通貨未満の方は1,000円、1万通貨以上の方は5,000円を獲得することができます。

登録すると5,000円がもらえるお得なキャンペーンです!LINE FXに登録する方は是非参加しましょう。

※口座申込対象期間:2020年10月3日(土) 00:00〜 

※取引対象期間:口座申込の翌月末まで

※本キャンペーンは、予告なく変更、延長または終了される場合があります。あらかじめご了承ください。

 

LINE FXがおすすめな理由は?LINE FXのメリットを紹介

LINE FXのメリット

LINE FXには、次のようなメリットがあります。

LINE FXのメリット
  1. 口座開設手続きが簡単/最短1分で口座開設申込みが完了する
  2. スプレッドが業界最狭水準
  3. LINE証券でのお問い合わせや通知機能が便利

それぞれのメリットについて、詳しく確認していきましょう。

①口座開設手続きが簡単/最短1分で口座開設申込みが完了する

LINE FXでは、口座開設手続きが簡単で素早いというメリットがあります。
 特に、LINE証券の口座を開設済みの方は、最短1分でLINE FXの口座開設申込みが完了します。
LINE証券の口座を持っていない場合でも、LINEのアカウントを持っていれば簡易的な入力で良いので他のFX会社よりも手続きに時間がかかりません。

口座開設の申込みが面倒という方も、LINEのアカウントを利用して手軽に手続きができる点は非常におすすめです。

②スプレッドが業界最狭水準

LINE FXは、スプレッドが業界最狭水準です。具体的には次の4通貨ペアのスプレッドが狭いです。

米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.3銭
英ポンド/円 0.5銭
豪ドル/円
0.3銭

スプレッドが狭いと、得られる利益も多くなるため、FX口座を選ぶ際には重視したいポイントです。

③LINEでのお問い合わせや通知機能が便利

LINE FXの公式LINEを友達追加しておくだけで、経済情報や為替変動をメッセージでお知らせしてくれます

 外出先などで急に為替が暴落した際に、メッセージが通知されることで、為替変動に気づくことができるため、すぐに対応できるというメリットがあります。
FXでは、24時間為替が動いているためLINE通知機能で為替の変動を素早く知ることができるのは大きなメリットといえます。また、お問い合わせも公式LINEによるAIチャットが対応してくれます。

FXのトレードをしていて、疑問点や問い合わせたい内容があった場合にLINEで気軽に相談することができます。

LINE FXのデメリット

LINE FXのデメリット

LINE FXには、次のようなデメリットがあります。

LINE FXのデメリット
  1. デモトレードの取り扱いがない
  2. 原則固定時間が短い
  3. LINE証券との振替に対応していない

それぞれのデメリットについて、詳しく確認していきましょう。

※例外あり

①デモトレードの取り扱いがない

LINE FXでは、デモトレードの取り扱いがないため、FXのトレードの練習を行うことができません。

一般的なFX会社であれば、デモ口座が用意されているため、実際の資金を使う前に練習としてデモトレードを行うことができます。

 デモトレードがないということは、いきなりFXのトレードを行うということになりますので、損失が発生しやすかったり、無謀なトレードをしてしまうという恐れがあります。

したがって、初心者などのトレードに慣れていない方はデモトレードがないということはデメリットとなります。

したがって、LINE FXでトレードを始めようと持っている方は、他社のデモトレードアプリなどを利用するようにしましょう。

②原則固定時間が短い

LINE FXは業界最狭水準のスプレッドというメリットがありますが、スプレッドが固定されている時間が他社よりも短いというデメリットがあります。

 LINE FXで原則固定スプレッドが適用されるのは、AM9:00〜翌日AM3:00の時間帯であり、AM3:00〜AM9:00にトレードを行う場合にはスプレッドが拡大されてしまいます。

深夜帯や早朝のトレードが中心となる方にはあまりおすすめできません。

※例外あり

③LINE証券との振替に対応していない

LINE FXはLINE証券が提供するサービスなのですが、LINE証券と連携していないというデメリットがあります。具体的には、LINE証券とLINE FX間で、入出金の振替ができないという点が挙げられます。

そのため、LINE証券を利用しているからといって、LINE FXを利用するメリットはあまりありません。

また、LINE証券では、LINE Payで口座に入金することが可能ですが、LINE FXではLINE Payでの口座入金に対応していません。

 今後振替機能が実装される可能性はありますが、現状ではLINE証券とは連携されていない点に注意が必要です。

メリットと合わせて確認!LINE FXの口コミ・評判

LINE FXの口コミ評判

LINE FXの特徴やメリット・デメリットについて解説しましたが、実際の利用者の評判や口コミについて気になるという方も多いでしょう。

ここからは、LINE FXの口コミや評判について徹底的に解説していきます。

良い口コミ・評判

まずは、LINE FXの良い評判・口コミについて、いくつかまとめました。

LINEでニュースや為替変動の情報が届く!

本業以外の収入を増やそうと思い、FXを検討していましたが、普段使っているLINEがFXのサービスを出していることを知って使い始めました。

LINE FXは少しの資金からトレードを始められたり様々な手続きが無料で利用できるので、ゼロから始めたい人でも敷居が低くなっているのが良かったです。為替の変動や注意点などもラインメッセージで届くので、簡単に情報を入手することができて便利だと思いました。

FXは始めるのにハードルが高いと思われがちですが、LINE FXの敷居は低く、おすすめです。

スマホでいつでもどこでも手軽にトレードできる

以前からFXに興味があり、LINE FXでは、LINEを使うことで簡単に口座開設ができると聞き利用してみました。LINEはコミュニケーション用のツールとして普段から利用しているので、経済指標のニュースや価格が変動した際にLINEでメッセージを利用できるのはとても便利だと思いました。

一般的にはトレードの際や入出金時に手数料がかかるため、何度も取引を行っていると結構な手数料になることが多いですが、これらのサービスではすべての手数料が無料であるため、使いやすいです。

また、スマホアプリも非常に便利でいつでもどこでも手軽にトレードを行うことができるため、通勤時間、外出時などの隙間時間を利用して稼ぐことができるのもメリットに感じました。

口座開設が早く、LINEを利用していれば簡単に口座開設できる

LINE FXで口座開設をしようと思ったのは、初心者でも気軽に始めることができると聞いたことがきっかけです。実際に始めてみると、LINEのアカウントがあれば、口座開設申し込みが1分で済みます。他のFX口座だと早くても10分程度はかかりますし本人確認などの作業も大変だと思うのでLINE FXはとても便利に感じました。

今まで投資経験がないという人でも、LINEから投資ができるので簡単だと思います。また、難しそうなFXの機能も、LINEでシンプルな機能で見やすいです。さらに、大手の会社が提供するサービスなのでセキュリティ面でも安心できます。

良い評判の口コミ
  • 為替変動や経済指標の変化があった際にLINEに通知が来る
  • スマホアプリが便利
  • 口座開設が早い
  • 取り扱う通貨ペアが多い
  • 初心者におすすめ
LINE FXは、LINEのグループ会社であるLINE 証券が運営するFX口座です。
 LINE FXの公式LINEを友達追加しておくだけで、経済情報や為替変動をメッセージでお知らせしてくれます。
スマホアプリも使いやすいため、普段家にいる時間が少ないという人でも取引しやすいという特徴があります。
また、LINE証券の口座開設をしている方であれば、最短1分でLINE FXの口座開設ができます。LINE証券の口座がない方でもLINEのIDを利用して簡単に手続きができるので口座開設までのスピードが早いです。

総合的に見て、初心者におすすめのFX口座と言えるでしょう。

悪い評判の口コミ

LINE FXの悪い評判の口コミをまとめると、次のようになります。

デモトレードに対応していない

FXを始めてみようと思い、目についたのは普段コミュニケーションツールとして利用しているLINEが提供するLINE FXでした。口座開設も簡単でスマホで取引しやすく満足しています。

しかし、LINE FXの唯一の欠点とも言える点は、デモトレードが利用できないということです。FXのトレードは今まで経験がなく、全くの初心者だったので、デモトレードで練習できなかったのではかなり不安に感じました。

しかし、1,000通貨から取引を行うことができるため、少額の資金で練習することもできます。また、デモトレードは、他の会社のものを利用するということもできるため、そこまで不便ではないと思います。

今後のサービス改善に期待

LINE FXはLINE証券が提供するFXサービスで、どんどん勢力を伸ばしているFX口座です。当初は10種類しかなかった通貨ペアも現在では23種類とたくさん利用できるようになりました。

基本的に使いやすく、段々とサービスが改善しているのですが、2020年にサービスが開始されたばかりのため、機能面で他者に劣るかな、という点はまだまだあります。最低取引単位が10,000→1,000通貨に変わったりと、良くなる部分もあったため、現状では、今後に期待という感想です。

特に、LINE証券が提供しているサービスなので、LINE Payを使えるようになることやLINE証券と資金の振替ができると便利だな、と思います。

原則固定時間が短い

LINE FXはスプレッドが狭く無駄なコストを抑えながら取引できる点はメリットに感じました。しかし、そのスプレッドの原則固定時間も9:00〜3:00までのため、夜中の時間帯には、スプレッドが大きく広がります。
また、固定に対応していない通貨が何種類かあるため、通貨ペアによっては他社よりも劣っている場合があります。特に、高金利スワップのトルコリラ/円は長い間固定スプレッドを休止しているため、他社よりもスプレッドが広がってしまいます。
おそらく、為替変動が激しい通貨は固定を取りやめてしまうケースもあるため、今後相場に急激な動きがあった際には不安です。
※例外あり
LINE FXの悪い評判や口コミをまとめると次のようになります。
LINE FXの悪い評判・口コミ
  • デモトレードに非対応
  • LINE証券のサービスなのに、連携がない
  • サービスが開始されたばかりであり、機能が不十分
  • スプレッドの固定時間が短い
  • 原則固定スプレッドに対応していない通貨ペアがある
LINE FXでは、機能面やサービス面での改善を求める声が多くありました。
運営側も要望に応えて、取り扱う通貨ペアや最低通貨単位を1,000通貨に下げたりと改善はしていますが、まだまだ改善の余地はあります。

特に、LINE 証券との振替を希望する声が多くありました。
また、スプレッドの原則固定時間について言及している人が多かったです。LINE FXでは、AM9:00〜翌朝AM3:00までが原則固定時間となっており、他社と比べても原則固定時間は短いです。
※例外あり
 また、トルコリラ/円などの一部の通貨は現在原則固定スプレッドの対象外となっているため注意が必要です。

稼ぎ方を知ろう!LINE FXの口座開設方法をご紹介

スマホのクレジットカード

LINE FXは以下の方法で口座開設を進めていきます。

口座開設の流れ
  1. 口座開設申込を行う
  2. 確認書類を提出
  3. LINE FX側で審査を行う
  4. 審査結果通知
  5. 口座へログイン

こうした方法で行います。LINE FXはスマホでの取引のみ対応していますが、申込みに関してはパソコンでも対応しています。

ただ、確認書類等の提出にはスマホが必要ですので、どちらにしてもスマホを持っていない人は利用できない業者でしょう。

どちらにしてもスマホを持っていなければ厳しい業者です。

ここからは、LINE FXの口座開設方法を詳しく説明します。

口座開設申込を行う

口座開設申込はスマホ以外ではパソコンからの申込に対応しています。

それ以外の方法には対応していないため注意してください。スマホから申込む方法はその後の手続きも非常に楽に進められるため、できる限りスマホを利用したほうがいいでしょう。

 

確認書類を提出

本人確認のため書類を提出しなければなりません。提出する書類は以下の2つです。

必要な確認書類
  • 本人確認書類
  • マイナンバー関連書類

本人の情報に問題がないか、本人確認書類を提出しなければなりません。運転免許証やパスポートで対応してくれます。この他に金融商品の取引ではマイナンバーが必要となります。

マイナンバーが証明できる書類も同時に提出しなければなりません。

必要な書類を正しく提出しなければ先に進めません。

提出方法はスマホで顔写真と一緒に行う方法と、アップロードを利用する方法があります。その後の手続を楽にするためにはスマホで顔写真と一緒に提出する方法が望ましいでしょう。

 

LINE FX側で審査を行う

LINE FX側で書類確認等の審査が行われます。

書類の不備があった場合は速やかに連絡が入り、再提出するように求められてしまいます。また、申込内容から利用できないと判断された人には審査通過ではなく、審査落ちの通知を送るようにしています。

 収入や金融資産が少ないと審査落ちとなる可能性が高くなってしまいます。

審査結果通知

審査結果を申込者に通知します。審査を通過している人にはLINEを利用してログイン情報を送信する場合もあります。

ただ、書類をアップロードで提出した人は郵送による提出に切り替えられてしまい、ログイン情報が送信されるまでに相当な時間がかかってしまいます。

 郵送によるログイン情報確認には4営業日程度必要です。

口座へログイン

最後に受け取った情報を利用してLINE FXへログインしてください。ログインできない場合は何らかの問題がありますので、速やかにLINE FXへ相談してください。多くの場合は問題なくログインし、入金手続きに進めるでしょう。

 

FXで稼ぐために!LINE FXと一緒に利用したいおすすめのFX口座

「LINE FX以外にも様々なFX口座を比較したい」という方や、複数のFX口座を色々利用してみたいという方も多いのではないでしょうか。

ここからは、LINE FXと一緒に利用したいおすすめFX口座について紹介していきます。

DMM FX

DMMFX

DMM FXの特徴
  • 最短1時間で口座開設ができる
  • 業界最小水準のスプレッド
  • LINEでのお問い合わせに対応
DMM FXは、国内大手のFX会社です。数多くの方から高い人気を集めています。LINE FXと同様に、口座開設までのスピードが早いです。
 「スマホでスピード本人確認」というスマートフォンの撮影機能を利用した本人確認書類の提出を行うことで、最短1時間程度で口座開設ができます。
また、業界最狭水準のスプレッドであり、コストを抑えながらトレードを行うこともできます。さらに、DMM FXは問い合わせ方法が豊富で次の3種類の問い合わせに対応しています。
DMM FXで利用できる問い合わせ方法
  • メールフォーム
  • 電話
  • LINE
特に、LINEでカスタマーサポートをしている会社は限られています。電話やメールフォームなどのお問い合わせは手間がかかってしまうのでLINEを利用することで、気軽に質問できます。
通貨ペア数 21
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.4pips
ポンド/ドル:1.0pips
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:8円
最小取引単位 10,000
チャート・取引ツール種類 6種類
配信ニュース提携社数 2
デモ取引 可能
電話サポート時間 冬)月曜日7:00〜土曜日6:50
夏)月曜日7:00〜土曜日5:50
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短1時間

 

LIGHT FX

LIGHT FX

LIGHT FXの特徴
  • 最短5分で口座申し込みが完了!
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • スワップポイントが業界最高水準
LIGHT FXは、「みんなのFX」を運営しているトレイダーズ証券会社が提供するFX口座です。LINE FXと同様に業界最狭水準のスプレッドが魅力の証券会社です。
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.4銭 0.9銭
豪ドル/円 NZドル/円 ユーロ/米ドル
0.6銭 1.0銭 0.3pips

また、スプレッドだけではなく、スワップポイントが最高水準です。

メキシコペソ/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
71円 43円 91円

自社ホームページ掲載、2021年8月9日時点のスワップポイント

口座開設手続きが最短5分で完了するため、忙しい人にもおすすめのFX口座です。
通貨ペア数 29
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.3pips
ユーロ/円:0.4銭※午前8時〜翌午前5時のスプレッド
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:7円
ペソ/円:4円
リラ/円:12円
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 3種類
配信ニュース提携社数 1社
デモ取引 不可
電話サポート時間 午前10時〜午後5時
スマホで本人確認 不可
取引開始日数 最短翌日

 

松井証券FX

松井証券FX

松井証券FXの特徴
  • LINEで経済指標や為替変動などの通知を受け取れる
  • 1通貨から通貨ペアの取引が可能
  • レバレッジの割合を自分で選択できる

松井証券FXはLINE FXと同様に、公式LINEによる通知機能が利用できます。公式LINEでは、為替変動や経済指標の通知だけでなく、以下のような機能を活用することが可能です。

松井証券FXの公式LINEで利用できること
  1. 最新のマーケットニュースや為替レートをLINEで手軽に確認できる
  2. 公式LINEから松井証券FXアプリの起動ができる

  3. ツールである「FXトレーダー・プラス」と機能を連携している

また、松井証券FX1通貨単位からトレードができます。そのため、100円程度の資金があればトレードが可能になるため、資金が少ない人にもおすすめです。

 さらに、レバレッジの割合を1倍、5倍、10倍、25倍と自分で設定できます。したがって、初心者の方でもレバレッジをかけすぎて大きな損失が発生しないように設定できるので安心です。
スプレッドも業界最狭水準であり、コストを抑えてトレードすることが可能です。取り扱う通貨ペアは20種類とそれほど多くはありませんが、少額から取引を始めたい初心者におすすめのFX口座です。
通貨ペア数 20
基準スプレッド 0.2銭(米ドル/円)0.5銭(ユーロ/円)
1.1銭(ポンド/円)
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:24円
ペソ/円:15円
リラ/円:144円※8/25日時点での情報です。
最小取引単位 1
チャート・取引ツール種類 3種類
配信ニュース提携社数 3社
デモ取引 可能
電話サポート時間 7:00〜24:00
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短3日

自社ホームページ調べ

 

LINE FXに関するよくある質問

LINE FXはパソコンで取引できないのですか?
現在はパソコンで取引できず、スマホ以外での取引が不可能となっています。将来的にパソコンへ対応する可能性はありますが、スマホのみでサービスを提供していくパターンも考えられます。スマホを持っていない人には厳しい業者と言えるでしょう。
LINE FXのデモトレードはなぜ実装されないのですか?
業者側がデモトレードを採用しない方式をとったためです。デモトレードを利用してもLINE FXを理解してもらえないほか、スマホ取引をベースとしていることからデモトレードを導入しづらいなどの問題が生じているため、デモトレードは利用できません。
LINE FXのスプレッドが広がりやすい理由はなぜですか?
取引量が影響しています。取引量が安定して多くなっている場合には、スプレッドは固定された数字で処理されていきます。しかし、取引量が大幅に減少している時間、または特出して増えている時間帯にはスプレッドが広がってしまいます。
LINE FXの通知が何度も届いて面倒です。対策はありますか?
LINE FXの通知をオフにすると届かなくなります。通知が届かないのでバッテリー残量を保持できる点では有効な方法ですが、レートが急激に変動している状況を知らないまま放置している可能性もあります。できれば通知はオンにしておきましょう。
LINE証券とLINE FXは将来的に提携しないのですか?
現時点で提携する方針は提示していないため、今後も両替などのサービスは出来ないものと予想されています。今後提携するようなことがあれば、LINE FXはLINE証券の一部として利用できるようになる可能性があります。
LINE FXの口座開設はスマホを利用して書類を送信したほうがいいのですか?
スマホで送信するほうが楽ですし、短時間で口座開設が完了します。スマホで送信しなかった場合、必要な情報は郵送に切り替えてしまうため、多くの時間が必要となってしまいます。少しでも時間を節約したい時はスマホで送信する方法を採用してください。
LINE FXは信頼できる業者ですか?
LINE FXは野村證券がバックに付いていますので、信頼できる業者と言えるでしょう。野村證券は多方面で結果を出している業者でもありますし、LINEも参入したばかりとは言え他のサービスで高い信頼性を確保しています。安心して利用できる業者と認知しておきましょう。

まとめ

今回は、LINE FXの特徴メリット・デメリット評判について徹底的に解説しました。

LINE FXは、LINEの通知機能などを活用することで、為替変動や経済指標などの情報をいち早く入手することが可能です。スマートフォンを中心にトレードを行う人にとっておすすめのFX口座となっています。

今回の記事を参考に、LINE FXの口座開設をしてみてはいかがでしょうか。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事