無職でもカードローンは利用できる?申し込む際の注意点も詳しく解説

「無職でもカードローンは利用できる?」「無職の人がカードローンを申し込む際に注意するべきこととは?」こういった疑問を感じたことがある人もいるのではないでしょうか?

数は多くありませんが、審査に通過すれば無職でも利用できるカードローンは存在します。

本記事では、無職の状態でカードローンの利用を検討している人に向けて、主に以下のことについて解説していきます。

本記事で分かること
  • 無職の人がカードローンを利用できる可能性
  • 無職の人がカードローンを利用するのが困難な理由
  • 無職の人がカードローンに申し込む際の注意点
  • 無職でも利用できる可能性があるカードローン

カードローンを利用する以外にお金を借りる方法についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

無職でもカードローンを利用できる?

スマートフォンを持つ人

無職でもカードローンを利用することは不可能ではありません。しかし、大体は「安定した収入があること」が利用条件に含まれており、無職で利用できるカードローンは決して多くないのが実情です。

また、一言に無職と言っても配偶者に収入がある場合や、不労所得がある場合などは審査結果が変わってきます。

そこで、本項では無職の状態を「専業主婦(夫)」「年金受給者」「不労所得者」の3種類に分け、それぞれカードローンを利用できる可能性がどれだけあるか解説していきます。

では、それぞれ見ていきましょう。

専業主婦(夫)の場合

専業主婦(夫)で自身の収入がない場合、銀行カードローンであれば申し込みできる可能性がありますが、消費者金融のカードローンは原則的に申し込み不可能です。

これは、個人の貸金業者からの借入上限金額を年収の3分の1までとした貸金業法上の規制「総量規制」が存在するためです。

貸金業者に該当する消費者金融は総量規制の制限を受けます。

収入が無ければ基本的に消費者金融から融資を受けることはできないのです。

 一方、総量規制の対象外となる銀行カードローンであれば、利用条件にもよりますが申し込みできる可能性はあります。

ただし、どの金融機関も貸し倒れは回避しようとするため、収入が全くなければ審査にマイナスの影響を与える可能性があります。

出典:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)‐日本貸金業協会 

年金受給者の場合

積まれたコイン

仕事をしていない年金受給者でも利用可能なカードローンは存在します。ただ、前述した総量規制の制限があるため、消費者金融のカードローンを利用するのは難しいでしょう。

 加えて、多くのカードローンに年齢制限が設けられていることも年金受給者にとっての弊害になると考えられます。

例えば、利用条件に「20歳以上69歳以下」といった内容が含まれている場合、この条件を満たせなければカードローンを利用することは不可能です。

不労所得者の場合

不労所得者の場合、安定した収入があると認められれば、カードローンを利用できる可能性があります。

ただし、審査時に確定申告書の提出を求められるのが一般的であるため、収入源を確保してから1年未満の確定申告をしていない人(無職)が、カードローンを利用するのは困難です。

無職の人がカードローンを利用するのが難しい理由

クレジットカード

先に述べたように、無職で収入がなければカードローンを利用できる可能性は低いと言えます。では、なぜ無職の人はカードローンの審査に通りにくいのでしょうか。

以下では、無職の人がカードローンを利用するのが難しい理由について、「支払能力」「属性」「信用情報」の3つの観点から解説していきます。

支払能力

多くの金融機関は、カードローンの申込者に対して「支払能力」を求めています。

 ここで言う支払能力とは、職業や収入、職種、過去の返済履歴などから総合的に判断される経済的な能力を指します。

金融機関からすれば、支払能力が不十分な申込者へ融資することは貸し倒れのリスクがある行為です。そのため、金融機関が求める一定水準以上の支払能力を有していなければカードローンを利用することは困難です。

属性

クレジットカード

申込者が「信用を得られやすい属性」を身につけているほど、カードローンの審査に通過する可能性は高くなります。

信用が得られやすい属性に明確な定義はありませんが、例えば、「社会的評価が高い専門的な職業」に就いており、「雇用形態が正社員」であれば信用が得られやすくなります。

また、独身よりは「扶養家族がいる既婚者」、公営住宅に住んでいるよりは「持ち家を持っている」方がカードローンの審査で有利になるのが一般的です。

無職で収入が無い状態は信用が得られやすい属性を身につけているとは言えないため、カードローンの審査に落ちる可能性が高いのです。

信用情報

信用情報もカードローンの審査で評価される項目の一つです。

信用情報とは?
信用情報機関に保存される個人の属性や過去の借入・返済記録などをまとめた情報のことを言います。

以前就いていた職を退職し無職になったことをクレジットカード会社に報告したり、金融機関が提供するサービスに職業欄を無職にして申し込みをした場合には、信用情報に無職であることが記録されます。

 前述したように、カードローンの審査では支払能力や属性が評価されるため、信用情報に無職であることが記録されていれば、審査で不利になる可能性が高いでしょう。

また、過去にローン商品を利用し毎月の返済を遅滞することなく完済したなどの事実が信用情報に残っていれば、審査に通過しやすくなります。

ただ、無職の状態でローン商品を含む金融機関のサービスを利用するのが困難(不可能ではない)であることを考慮すれば、無職の人が審査にプラスの影響を与える記録を信用情報に残すことは現実的ではありません。

無職で収入がなければ、カードローンの審査における信用情報の評価を高くするのは相当に困難であると言えます。

無職の専業主婦(夫)が申し込みできるカードローン3選

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン

おすすめポイント
  • 24時間365日手数料無料
  • 利用限度額が高くなるほど金利が低くなる
  • 年中無休で審査を行っている

イオン銀行カードローンは、郵送不要・口座不要のカードローンです。提携コンビニまたは銀行ATMから簡単に借入れ返済可能です。24時間365日、手数料無料なので安心です。

 借入限度額は10万円から最大800万円で設定できます。利用限度額が高くなるほど金利が低くなるのも嬉しいポイントです。

返済額は前月末の借入残高に応じて設定されます。もし、前月末の借入残高が3万円以下の場合、約定返済額はわずか1000円です。

年中無休で審査を行っているため、いつでも申し込み可能です。
借入金利(実質年率) 3.8%~13.8%(2022年5月1日時点)
融資限度額 10万円~800万円(10万円単位)
融資スピード 審査完了後カードが郵送されるまで最短5日
申し込み対象
  • 日本国ない在住または、永住権を受けている外国籍の方
  • 契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入が見込める方(パート・アルバイト・自営業者・専業主婦(夫)の方も申し込み可能

出典:イオン銀行カードローン

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン

おすすめポイント
  • 原則24時間借入可能
  • 最短2日で融資を受けられる
  • キャッシュカード到着前から借入れ・返済可能

セブン銀行カードローンでは、全国のセブンイレブンで原則24時間借入可能です。

スマートフォン一つで、申し込みから契約まで完結できます。最短2日で融資を受けられため、緊急でお金を用意する必要がある人にもおすすめです。

 いつでも好きなタイミングで返済できることもセブン銀行カードローンの特徴です。セブン銀行ATM、ダイレクトバンキングサービスで原則24時間365随時返済できます。

Myセブン銀行(アプリ)を使用し、キャッシュカード到着前からセブン銀行ATMで借入れ・返済ができるのもメリットです。

ローンサービスを利用するにあたり、手数料が発生することはありません。
借入金利(実質年率) 12~15%
融資限度額 10万円~300万円
融資スピード 最短2日
申し込み対象
  • セブン銀行口座を持っている方
  • 契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方
  • 保証会社(アコム株式会社)の保証を受けらられる方
  • 外国籍の場合は永住者の方

    出典:セブン銀行 

    PayPay銀行カードローン

    PayPay銀行カードローン

    おすすめポイント
    • 初回借入日から30日間利息を0円にできる「無利息特約」※1
    • 最低金利は業界最低水準※2の1.59%
    • 24時間申し込み可能

    PayPay銀行カードローンは、日本初のインターネット専業銀行であるPayPay銀行が提供するカードローンです。「無利息特約」が適用されれば、初回借入日から30日間利息を0円にすることができます。

     利用限度額によって金利は変動しますが、最低金利は業界最低水準の1.59%です。

    返済法式は、返済額が最も少ない「ゆとりコース」、返済額が多めに設定された「標準コース」、返済額が最も多めに設定された「標準コース(B)」の3種類から選択できます。

    ゆとりコースにおける約定返済額の最低水準は1,000円です。毎月の負担を減らし余裕を持った返済を可能にします。

    申し込み及び本人確認資料の提出は、24時間いつでもスマートフォンから行えます。
    借入金利(実質年率) 1.59%~18%
    融資限度額 1,000万円
    融資スピード 本審査結果が最短翌日で分かる
    申し込み対象
    • お申込時の年齢が20歳以上70歳未満の方
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(配偶者に安定した収入があれば申し込み可能)
    • PayPay銀行の普通預金口座を持っている個人の方
    • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方

      出典:PayPay銀行のカードローン
      ※1:カードローン、(旧)クレジットライン、(旧)カードローン、(旧)おまとめローンをご契約中で過去に1度も利用していないことが利用条件となります。
      ※2:公式サイトの文言による

      無職の年金受給者が申し込みできるカードローン1選

      ベルーナノーティス

      ベルーナノーティス

      おすすめポイント
      • 18歳~80歳まで利用可能
      • 最短30分で審査完了
      • 女性に向けたレディースローン

      ベルーナノーティスは、創業35年以上の歴史を持つ通信販売大手のベルーナグループが提供するカードローンです。借入日の翌日から14日間無利息でカードローンを利用することが可能です。

       70歳以上の申し込みを受け付けていないカードローンが多い中、ベルーナノーティスは18歳~80歳と幅広い年齢層にサービスを提供しています。

      インターネットなら最短3分で申し込み、最短30分で審査が完了します。

      友人や家族にベルーナノーティスを紹介し、紹介を受けた人が契約し借入れに至った場合、一人につき10,000円分のQUOカードがもらえる「お友達紹介プラグロム」を利用できるのも魅力です。

      専業主婦や働く女性に向けたレディースローンも用意されています。
      借入金利(実質年率) 4.5%~18.0%
      融資限度額 最短30分で借入審査完了、最短翌日カード発行
      融資スピード 審査結果は最短30分
      申し込み対象 18~80歳までの安定した収入のある、ベルーナノーティスの審査基準を満たす方(審査は必要だが年金受給者でも契約可能)

      出典:ベルーナノーティス

      無職の人がカードローンに申し込む際の注意点

      申し込み条件を確認する人

      無職の人がカードローンに申し込む際の注意点としては、以下のようなものが挙げられます。

      申し込む際の注意点
      • 申し込み条件を確認する
      • 審査に通るとは限らないことを理解しておく
      • 返済能力を超えないよう気をつける
      それぞれ見ていきましょう。

      申し込み条件を確認する

      申し込みをする前に、必ず申し込み条件を確認しておくようにしましょう。

       もし、申し込み条件に「安定した収入がある」といった内容が含まれていれば、無職で収入がない時点で利用不可能です。

      こういった場合に、申し込み条件を確認せずに審査に申し込んでしまえば、信用情報にカードローンの審査に落ちた情報が記録され、この事実が別な金融機関の審査にも不利に働く恐れがあるため注意が必要です。

      審査に通るとは限らないことを理解しておく

      クレジットカード

      ここまで解説してきたように、無職で収入が無い状態であれば、審査が有利に進む可能性は低いのが現実です。

      無職でも利用できるカードローンはありますが、必ずしも審査に通るとは限らないことを理解しておきましょう。

      返済能力を超えないよう気をつける

      仮にカードローンの審査に通過しても、無計画に融資を受けることは避けましょう。

       必要以上に融資を受け返済が困難になれば、信用情報に傷がつき新たに融資を受けることが困難になる恐れがあります。

      最悪の場合、返済が不可能なほどに負債が膨れ上がり自己破産を検討しなくてはならない状況に追い込まれる可能性も否定できません。

      事前に返済計画を立てて、自身の返済能力の範囲内で融資を受けるのが賢明です。

      無職の人がカードローン以外にお金を借りる方法

      電話する人

      無職の人がカードローン以外にお金を借りる方法としては、以下のようなものが挙げられます。

      カードローン以外にお金を借りる方法
      • 契約者貸付制度
      • 生活福祉資金貸付制度
      • 配偶者貸付制度
      それぞれ見ていきましょう。

      契約者貸付制度

      契約者貸付制度とは、生命保険の解約返戻金を担保にお金を借りることができる制度を指します。

      解約返戻金とは?
      生命保険を解約した際に契約者に払い戻されるお金です。

      契約者貸付制度を利用すれば、無職で収入が無い状態でも生命保険を解約することなく融資を受けられます。

      金利は保険会社によっても変わってきますが、2~6%程度が相場でありカードローンと比べると低金利です。

      審査なしで融資を受けられますが、返済が不可能になれば保険の解約を余儀なくされる恐れがあるため注意が必要です。

      配偶者貸付

      お金

      前述したように、貸金業法には個人が貸金業者から借り入れられる金額の上限を定めた「総量規制」があります。

      実はこの総量規制には、特定の条件を満たした場合に本来の上限である「年収の3分の1の金額」を超えて融資を受けることが認められる「例外貸付」が存在します。

       この例外貸付に該当する貸付方法の一つが、貸金業法に準えた手続きにより、本人と配偶者の年収を合算した金額の3分の1まで融資を受けることが認められる「配偶者貸付」です。

      配偶者貸付が認められれば、本人が無職でも配偶者に収入があればカードローンなどの融資を受けられます。ただし、契約者である本人に返済義務が生じるため、借り過ぎに要注意です。

      生活福祉資金貸付制度

      新型コロナウイルスの影響を受けて経済的に困窮している場合には、「生活福祉金貸付制度」を利用して融資を受けることも可能です。

      同制度によって融資を受けられる資金にはいくつか種類がありますが、ここでは、主に生活費の支援を目的とした「総合支援金」を紹介します。

      総合支援金の概要は以下の通りです。

      資金の種類 生活再建までの間に必要な生活費用
      対象 新型コロナウイルスの影響による収入の減少や失業等が原因で生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
      貸付金額 二人以上世帯:月20万円以内

      単身世帯:月15万円以内

      (貸付期間:原則3月以内)

      措置期間 1年以内 ※令和4年12月末日以前に償還が開始となる貸付については、令和4年12月末日まで据置期間を延長される
      償還期限 10年以内
      貸付利子・保証人 無利子・不要

      要件を満たせば、無職の人でも融資を受けることが可能です。

      出典:生活福祉資金貸付制度 ‐厚生労働省

      安定した収入を得られるようになったら検討したい!おすすめのカードローン4選

      プロミス

      プロミス

      おすすめポイント
      • 最短25分融資が可能
      • 最短15秒事前審査!※1
      • 初めて利用する方は初回利用の次の日から30日間利息タダ!

      プロミスは最短25分融資にも対応している消費者金融カードローンです。借り入れができるかどうかについての最短15秒事前審査で完了※1しますので、急な出費にも対応しやすいでしょう。

      また初めてプロミスを利用する方は初回利用の翌日から30日間利息が0円となっています。30日以内に返済を行えば、利息なしで借り入れが可能です。

      借り入れ時に自宅や会社に郵送物が届くこともありませんので、誰にもバレることなくお金を借りられます。
      金利(実質年率) 4.50%〜17.80%
      利用限度額 500万円
      審査スピード 最短15秒事前審査※1
      融資スピード 最短25分
      借入方法 インターネット/電話/店頭/ATM
      返済方法 インターネット/口座振替/店頭/プロミスATM/コンビニ(マルチメディア端末)
      申込条件 18歳以上74歳以下

      ※1:事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
      ※1:新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。
      ※2:18歳・19歳のお申し込みの歳には収入証明書類の提出が必要です。
      ※2:定時制高校生や高等専門学校生を含む高校生のお申し込みはできません。
      ※2:収入が年金のみの方はお申込いただけません。

      SMBCモビット

      SMBCモビット

      おすすめポイント
      • WEB完結だから家族や同僚にバレずに借り入れができる
      • 約12万台のATMと提携しているので、出先での急な出費にも対応
      • スマホからは24時間キャッシング可能

      SMBCモビットはWEBで申し込みから借り入れまで完結するカードローンです。WEB完結申し込みなら電話で連絡がかかってくることがないため、誰にもバレずにお金を借りたいという方におすすめです。

       全国に提携しているATMが約12万台ありますので、お出かけ中の急な出費にも対応できます。

      スマホからの借り入れにも対応しており、こちらはカードレスで24時間キャッシングができます。スピーディーな対応を求める方におすすめのカードローンです。

      ※2022年4月現在

      金利(実質年率) 3.00%〜18.00%
      利用限度額 800万円
      審査スピード 最短30分※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。
      融資スピード 最短即日※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。
      借入方法 口座振り込み・提携ATM
      返済方法 インターネット/口座振替/銀行での振り込み/提携ATM
      申込条件 20歳以上74歳以下の方※収入が年金のみの方はお申込いただけません。

      アコム

      アコム

      おすすめポイント
      • 最大30日間金利が0円!
      • 来店不要で全国から利用可能
      • 借り入れまでスマホ完結

      アコムはカードレスでの利用が可能なサービスです。カードの郵送がないので、家族にバレることなく借り入れができます。初めて利用する方は最大30日間金利0円の特典がつきます。

      利息は日割りで計算されるので、初回利用で30日以上返済までに時間がかかった場合でも、早めに返すほど負担は少なくなります。

      利息の計算が難しいと感じる方は返済シミュレーションを利用しましょう。
      金利(実質年率) 3.00%〜18.00%
      利用限度額 800万円
      審査スピード 最短30分
      融資スピード 最短即日
      借入方法 口座振り込み・提携ATM・店頭・アコムのATM
      返済方法 インターネット・口座振替・提携ATM・店頭・アコムのATM
      申込条件 20歳から69歳

      アイフル

      アイフル

      おすすめポイント
      • 融資の診断は入力項目3つ、1秒程度で完了
      • スマホアプリを利用すればセブン銀行を始め、全国の主要なATMで借り入れができる
      • 不安があればチャットボットに相談!

      アイフルは入力項目3つで借り入れ診断が終了するスピーディーな対応が特徴のカードローンです。チャットボットの機能が備わっているため、借り入れに関して不明点があってもすぐに解決できます。

       スマホアプリを利用することで、セブン銀行など全国の提携ATMで借り入れをすることができます。

      毎月◯日に返済日に設定する、という形で、ライフスタイルに合わせて返済日を選ぶことが可能です。自分の給料日など都合に合わせることができるので、使いやすいでしょう。

      金利(実質年率) 3.00%〜18.00%
      利用限度額 800万円
      審査スピード 最短30分
      融資スピード 最短60分
      借入方法 スマホ・アイフルATM・全国の提携ATM・口座振り込み
      返済方法 スマホ・アイフルATM・全国の提携ATM・口座振替・振り込み
      申込条件 20歳から69歳

      まとめ

      今回は、無職の人がカードローンを利用するのが難しい理由や、無職の人でも利用できるカードローンについて解説しました。

      カードローンの多くは「安定した収入があること」が利用条件に含まれており、無職でも利用可能としているカードローンは少ないのが実情です。

      中には、無職でも配偶者に収入がある場合や、年金を受給している場合には利用可能なカードローンもあります。

      ただ、こういったカードローンの審査に申し込んでも、支払能力や信用情報の観点からマイナスの評価をされ審査に通過できない可能性があることを認識しておきましょう。

      今回紹介したように、カードローン以外にお金を借りる手段も存在するので、すぐにでもお金が必要な人はどのような手段を活用できるか確認してみてください。

      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事