福岡での債務整理に強い弁護士・司法書士事務所5選|選び方も解説

現在、何らかの理由で多額の借金を抱えて生活が苦しくなってしまった方で、借金救済措置として「債務整理」を検討している人もいるのではないでしょうか。

債務整理は人生に何度も行うものではなく、色々わからないことも多いと思います。「福岡で債務整理に強い弁護士・司法書士事務所はどこ?」「そもそも福岡で債務整理に強い弁護士はいるの?」といった疑問感じたこともあるのではないでしょうか?

債務整理とは、債権者との直接交渉や裁判を通して借金減額を図る手続きです。

そこで本記事では、福岡で債務整理をするのにおすすめの弁護士・司法書士事務所や弁護士・司法書士事務所を選ぶ際のポイントについて解説していきます。

本記事で分かること
  • 福岡の債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所
  • 福岡で債務整理を依頼する弁護士・司法書士の選び方
  • 福岡で債務整理を相談できる窓口
  • 債務整理の概要

債務整理を弁護士に依頼するメリットも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【全国対応可】福岡でおすすめの弁護士・司法書士事務所5選

はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 相談料・着手金が無料
  • 何回でも無料で相談ができる!
  • 全国どこでも無料で出張
  • 20万件以上の相談実績

はたの法務事務所は、司法書士の事務所です。全国の指定した場所に無料出張してくれるので、家事や育児の合間に相談も可能です。

 相談料や着手金が無料で、相談は何回でも無料です。さらに費用の分割払いや過払い金を無料で調べるサービスも行っています。

これまで20万件以上に対応した実績と経験があり、満足度も95.2%※1と高水準です。土日祝日も電話相談が可能なので、平日は忙しくて時間が取れないという人にもおすすめです。

費用の分割払いもできるので、手持ちのお金がないという場合にも安心です。

※1公式サイトより

相談料・着手金 無料
任意整理の費用

基本報酬:20,000円〜

減額報酬:減額できた金額の10%

自己破産の費用 報酬:30万円~(少額管財事件は+20万円~)
個人再生の費用 報酬:35万円~(再生委員に支払う費用+20万円~)
過払い金の費用

基本報酬:無料

過払い報酬:取り戻した過払い金額の20%。※10万円以下の場合は12.8%(+1万円の計算費用)

所在地(東京本店) 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階
主な対応業務 債務整理・過払金請求・登記業務

出典:https://hatano-saimuseiri.net/lp4_aff/ ※価格は全て税込です。

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所の特徴
  • わかりやすいコラムで予備知識を得られる
  • 25年以上の実績のある弁護士が運営
  • 女性の弁護士が在籍している

ひばり法律事務所は、2020年7月に個人事務所「名村弁護士事務所」から弁護士法人事務所「ひばり法律事務所」に組織変更した法律事務所です。

 25年以上の経験と実績のある弁護士が所属しており、さまざまなケースに適切な対応が可能です。

「ご相談者様の立場に立って、親身になって業務をすること」を基本理念として掲げており、一人ひとりに合った解決策を提案してくれます。

女性の弁護士も在籍しているため、女性に相談したい人にもおすすめです。
相談料 無料
任意整理の費用 着手金・報酬金:22,000円
自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用

着手金:330,000円~

報酬金:220,000円~

過払い金の費用

着手金:0円

報酬金:0円~

成功報酬:回収金の22%(訴訟は27.5%)+実費

所在地 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
主な対応業務 借金問題・サイト被害・離婚・相続

出典:https://www.hibari-law.net/ ※価格は全て税込です。

弁護士法人・響

弁護士法人・響

弁護士法人・響の特徴
  • 多くの弁護士が在籍
  • 進捗状況をこまめに連絡
  • 依頼前にかかる費用を明示

弁護士法人・響は、お客様に寄り添った解決を第一の目標としている法律事務所です。納得いくまでわかりやすく方針を説明してくれるだけでなく、進捗状況もこまめに連絡してくれます。

 24時間365日相談受付しており、全国にも対応しているので、近くに任せられる法律事務所がない場合にもおすすめです。

多くの弁護士が在籍しており、担当弁護士だけでなくチーム全体で取り組んでくれるので、問題解決力も高いです。

依頼前に費用をきちんと明示してくれるので、説明されていない追加料金が発生する不安がないのも魅力です。
相談料 無料
任意整理の費用

着手金:55,000円〜

報酬金:11,000円〜

減額報酬金:減額分の11%

自己破産の費用

着手金:33万円〜

報酬金:22万円〜

個人再生の費用

着手金:33万円〜

報酬金:33万円〜※住宅なし:22万円〜

過払い金の費用

着手金:無料

解決報酬金:22,000円

過払報酬金:返還額の22%(訴訟:27.5%)

所在地(西新宿オフィス) 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚

出典:https://hibiki-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所の特徴
  • 専門チームでの迅速な対応
  • 諦めずに戦い続ける姿勢
  • 債務整理専用サイトで借金減額診断が可能

天音総合法律事務所は、依頼者が本当に求める最高の成果にこだわり、利用者の声に耳を傾けてくれる法律事務所です。

 早期解決を目指し、各案件には専門チームで迅速に対応してくれます。

公式サイトで借金が減額できるかどうかを無料で診断できるので、相談すべきか迷ったらまずは無料診断を試してみてはいかがでしょうか。

24時間365日、全国エリアの相談を受け付けているのも魅力的ですね。
相談料 無料
任意整理の着手金・報酬金

着手金:55,000円~

和解報酬:11,000円~

減額報酬:減額分の11%

過払い報酬:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

自己破産の着手金 605,000円~
個人再生の着手金 715,000円~※住宅ローンなし:605,000円~
過払い金の成功報酬

着手金:無料

報酬金:返還額の22%※訴訟の場合は27.5%

所在地 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
主な対応業務 債務整理・交通事故・相続・離婚・労働紛争

出典:https://amane-law.or.jp/ ※価格は全て税込です。

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所の特徴
  • 債務整理の事案を数多く手がけた経験と実績
  • 土日祝日も電話対応OK
  • 借金問題の相談料は無料

東京ロータス法律事務所は、債務整理事案を数多く手がけた実績があるので、ノウハウを持っており、ひとりひとりの事情に応じた解決策を提案してくれます

 借金問題の相談料は無料なので、弁護士に依頼するお金がないという場合でも相談可能です。

電話相談には電話代がかからないので、じっくりと納得のいくまで相談できます。

電話相談は土日祝日も対応しているので、平日は仕事で忙しい方も安心です。

相談料

無料
任意整理の費用

着手金・報酬金:22,000円

減額報酬:11%

自己破産の費用 着手金・報酬金:220,000円~
個人再生の費用 着手金・報酬金:330,000円~
過払い金の費用

着手金・報酬金:無料

過払い金報酬:返還額の22%

所在地 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
主な対応業務 債務整理・交通事故・労働問題・債権回収・相続問題・不動産トラブル

出典:http://tokyo-lawtas.com/ ※価格は全て税込です。

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所の特徴
  • 過去の相談件数は28万9217件と圧倒的な実績!※1
  • 全国61拠点・弁護士340名以上!
  • 何度でも無料で相談できる

ベリーベスト法律事務所は、過去の相談件数が28万件を超える実績のある法律事務所です。また事務所も全国に61箇所・在籍弁護士340名以上とどこに住んでいてもから相談しやすくなっています。

 経験豊富な弁護士たちが24時間365日無料で相談を受け付けていて※2要望に合わせて一人ひとりに合った解決策を提案してくれます。

対応がスピーディーだと言われており、相談後すぐに催促が止まるケースやすぐに解決するケースもあります。また無理ない返済が可能になったなどの声もあります。

分割払い・後払いにも対応してるので、債務整理をすることになったら費用が心配…という方でも安心できます。まずは一人で抱え込まず、弁護士や司法書士に相談してしまいましょう。

相談は事務所でも自宅から電話でもどちらでも可能です。家族にもバレる心配なく相談できます。

※1公式サイトの文言より
※2営業時間外の場合は、相談予約ができるようになっています。

相談料

無料
任意整理の費用

着手金・報酬金:22,000円〜

減額報酬:減額分の11%

自己破産の費用 着手金・報酬金:385,000円~
個人再生の費用 着手金・報酬金:495,000円~
過払い金の費用

調査:無料※実際に過払い金返還請求した場合、費用は任意整理に準じます

所在地 東京都港区六本木一丁目8番7号 MFPR六本木麻布台ビル11階
主な対応業務 債務整理・交通事故・遺産相続・労働問題 etc…

出典:https://www.vbest.jp/ ※価格は全て税込です。

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所の特徴
  • 全国対応で相談実績豊富!
  • 女性も相談しやすい女性専用窓口がある
  • 債権者との進捗状況が24時間確認できる

アヴァンス法務事務所は、全国対応で相談実績も豊富な法律事務所です。平日のみならず土日祝日も19:00まで相談受付しているため、普段忙しくて他の法律事務所で相談できなかった方におすすめです。

 アヴァンス法務事務所では、債権者への支払い・管理を代行を行っています。手続き終了後も完済までサポートを続けてもらえるため、安心です。

また女性専用の相談窓口も設置されており、女性の相談しづらい悩みも相談しやすい環境が整えられています。またLINEからも相談できるため、電話でも相談しづらいという方におすすめです。

「アヴァンス・ネクスト」という独自のサービスも特徴の一つです。24時間債権者との進捗状況が確認できるシステムで、債務の状況がどうなっているか気になるという方は嬉しいサービスです。

相談から最短当日にも取り立てがストップされたケースもあるようです。

相談料

無料
任意整理の費用

着手金:11,000円〜

解決報奨金:11,000円

減額報酬:減額分の11%

自己破産の費用

着手金:352,000円~

予納金、申立印紙代などの実費:40,000円程度

個人再生の費用

費用:418,000円~

予納金、申立印紙代などの実費:40,000円程度

過払い金の費用

着手金:11,000円〜

解決報奨金:11,000円

減額報酬:減額分の11%

所在地

大阪本店:大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F

東京支店:東京都千代田区神田和泉町1-1-14 パシフィックビル2F

主な対応業務 任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求・時効援用 etc…

出典:https://avance-jud.jp/ ※価格は全て税込です。

福岡での債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所5選

弁護士法人フレア法律事務所 福岡オフィス

弁護士法人フレア法律事務所 福岡オフィス

おすすめポイント
  • 相談料無料、分割費用OK
  • メール受付なら24時間対応
  • LINEによる無料相談あり

弁護士法人フレア法律事務所 福岡オフィスは、借金問題に強く債務整理実績が豊富な法律事務所です。

相談者の利益を最優先に考える」ことを大切にし、きめ細やかなサービスや専門用語を使わないなどの心がけを徹底しています。

 相談料無料かつ分割払い可能といった、相談者思いの料金体系も魅力です。

「優しく的確にアドバイスしてもらえた」「迅速に対応してもらえた」などの声が多く、相談者の満足度は非常に高いです。

24時間対応のメール受付や、LINEによる無料相談など各種サービスも充実しています。
主な対応業務 債務整理・人身事故・死亡事故・損害賠償
対応時間 9時~21時
料金例(税込)

【任意整理】
相談料:0円
着手金:0円
実費:1社あたり33,000円+別途印紙代など

無料相談 何度でも無料
所在地 〒812-0018
福岡市博多区住吉5丁目5番12号
博多ヒューバンクビル301

出典:弁護士法人フレア法律事務所 福岡オフィス

弁護士法人プロテクトスタンス 福岡事務所

弁護士法人プロテクトスタンス福岡事務所

おすすめポイント
  • 債務整理実績12,000件以上
  • ヤミ金対応も可能
  • 債務整理の経験豊富なスタッフが在籍

弁護士法人プロテクトスタンス福岡事務所は、「分かりにくさ」を排除し、相談者のニーズに徹底的に寄り沿うことで顧客満足を創出し続けている弁護士法人です。

 相談者が「安心感」をもったうえで手続きを実施できるよう、借金問題の相談については何度でも無料で対応しています。

さらに、福岡事務所は福岡市地下鉄の空港線「天神駅」より徒歩1分と、アクセスの良さも魅力です。通いやすさを重視したい人は、ぜひチェックしてみてください。

Webからの相談であれば24時間受け付けているので、困った時にいつでも相談できます。
主な対応業務 債務整理・ヤミ金問題・交通事故・相続問題 等
対応時間 9時~21時(土日祝日のみ19時まで)
料金例(税込)

【任意整理】
相談料:無料
着手金:1社あたり5万5千円
報酬金:借金を減額できた場合、その経済的利益に対して11%

無料相談 何度でも無料※債務整理・交通事故の相談の場合
所在地 〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2-14-2 福岡証券ビル3F

出典:弁護士法人プロテクトスタンス
※出典:弁護士法人プロテクトスタンス

大明法律事務所

大明法律事務所

おすすめポイント
  • 福岡の法律問題に特化
  • 自己破産専門サイトを運営
  • 無料相談に対応している

大明法律事務所は、福岡の法律問題に特化した法律事務所です。自己破産専門サイトを運営していることからも、借金問題の深い知見を有していることが分かります。

 借入先とのやりとりを弁護士に一任できるのも嬉しいポイントです。債務者自身の負担は大幅に軽減され、手続きが成功する確率も高くなります。

同法律事務所で任意整理することで、約500万円の負債を解消した事例も実際にあります。借金問題を抱える多くの人をサポートし解決に導いてきた実績がある信頼性の高い法律事務所です。

債務整理を実施しても、家族や友人に通知が届かないよう配慮してもらえます。
主な対応業務 借金問題・遺産相続・労働問題・刑事事件
対応時間 平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~20:00
料金例(税込)

【着手金】

任意整理:5万円(一社につき)
過払い金:0円
自己破産:40万円
個人再生:40万円

【報酬金】

任意整理:債務を減免できた場合、経済的利益の10%

過払い金:一社あたり5万円
回収した金額の20%(訴訟の場合、25%)

【事務手数料】
10,000円

無料相談 初回30分相談料無料
所在地 〒810-0022 福岡市中央区薬院四丁目1番7号 薬院プライムビル204号

出典:弁護士法人 大明法律事務所

ふくおか司法書士法人

ふくおか司法書士法人

おすすめポイント
  • 債務整理の相談件数10,000件以上
  • 相談無料、着手金なし
  • 個別面談室完

ふくおか司法書士法人は、債務整理を得意とした司法書士法人です。債務整理の相談件数は10,000件以上にも及びます。他事務所で断られてしまった案件を受け付け、解決した実績もあります。

 相談料だけでなく、着手金も無料となっています。その他の費用については分割払いにも対応しているので、まとまったお金が用意できなくても依頼可能です。

連絡方法は事務所での面談のほか、LINEやメール、電話、出張面談など多岐に渡ります。自身の都合にあった連絡方法を選択できます。

各分野の専門スタッフが在籍しているので安心です。
主な対応業務 債務整理・不動産登記・商業登記・相続・遺言
対応時間 平日9時~20時
料金例(税込)

・初回相談料無料

・着手金なし

※その他債務整理の費用については要問合せ

無料相談 債務整理の相談は何度でも無料
所在地 〒810-0042
福岡県福岡市中央区赤坂1丁目15-39
登記総合ビル1階

出典:ふくおか司法書士法人

桑原法律事務所

桑原法律事務所

おすすめポイント
  • 創業25年で培ったノウハウ
  • 弁護士費用の分割払いに対応
  • 債務整理の累計相談件数5800件以上

桑原法律事務所は、創業25年で培ったノウハウや5800件以上の債務整理累計相談件数を誇る、多くの人から支持される法律事務所です。

 同法律事務所には債務整理の専門チームが存在します。最新の判例や借金問題を日々研究し、高い専門性を有した弁護士からサポートを受けることが可能です。

数々の債務整理の経験を活かし、法律的な観点からアドバイスするだけでなく、借金問題を抱えた相談者のメンタル面も含め細やかにフォローできるのが同法律事務所の強みです。

同法律事務所が実施したお客様アンケートでは、「弁護士の対応」「事務対応のスピード」「結果」をはじめとした全項目で、5段階中4.4以上の評価を得ています。

電話だけでなく、メールでの予約も可能です。
主な対応業務 債務整理・離婚問題・労働問題・残業代請求
対応時間 月~土 8時30分~18時
料金例(税込)

【任意整理】
着手金:1社あたり3万3,000円~
実費:1万円
報酬金:減額した金額の10%(減額できた場合)

無料相談 初回相談料30分無料
所在地 〒812-0038
福岡市博多区祇園町1番40号 大樹生命福岡祇園ビル5階

出典:桑原法律事務所 
※出典:桑原法律事務所に債務整理を依頼した人へのアンケート回答結果に基づいた数値です。(集計期間:2020/8/26~2022/3/2)

福岡で債務整理を依頼する際の弁護士・司法書士事務所の選び方

本項では、弁護士・司法書士事務所を選ぶ際のポイントについて解説していきます。具体的には、以下のようなものが挙げられます。

弁護士・司法書士事務所の選ぶ方
  • 債務整理の実績が豊富か

  • 無料相談を実施しているか

  • 相場と比べて費用が適切かどうか

それぞれ見ていきましょう。

債務整理の実績が豊富か

スーツの人物

弁護士・司法書士事務所であればどこに債務整理を依頼しても、最適なサポートが受けられるとは限りません。

弁護士・司法書士事務所にはそれぞれ得意分野があるためです。「離婚問題」「相続問題」「刑事事件」など、法律相談のジャンルは多岐に渡ります。

 借金問題を抱えて債務整理を検討している人が、「刑事事件」に特化した事務所に相談しても、望ましい結果は得られにくいでしょう。

そのため、依頼する事務所を決める際は、債務整理の実績が豊富であるか公式ホームページ等で確認することが重要です。

債務整理を得意とする事務所であれば、債務整理専門チームを設置している場合もあり、専門的なサポートが受けられます。

無料相談を実施しているか

弁護士・司法書士事務所の中には、法律トラブルの相談を無料で受け付けているところもあります。

 債務整理を得意としている事務所であれば、借金問題の無料相談に対応してもらえる可能性があります。

無料相談を実施しているかどうかは、事務所のホームページに明記されているケースが多いです。

ただ、一言で無料相談と言っても、「初回のみ無料相談可能」「何度でも無料相談可能」「30分のみ無料相談可能」などと、事務所によって方針は異なるため、ホームページにしっかり目を通したうえで、相談に行くのがおすすめです。

相場と比べて費用が適切かどうか

置かれた電卓

弁護士・司法書士事務所によって費用は大きく変わってきます。

弁護士・司法書士への依頼費用が高すぎれば、債務整理を実施する意味が薄れてしまうため、相場と比べて費用が適切であるかどうかのチェックは欠かせません。

 ただし、費用が安いという理由だけで依頼先を決めてしまうのは賢明な判断とは言えません。

結果的に債務整理が成功しなければ、依頼費用が無駄になってしまいます。実績や口コミなども確認し、総合的に見て信頼性が高い事務所に相談するのが最適です。

もっとも、Web上の口コミには主観が強い偏った意見も存在するため、Web上の情報を過信しないようにしましょう。

福岡で債務整理を相談できる窓口

債務整理について相談する方法はいくつか紹介します。

本項では、債務整理の相談先として以下の3つをピックアップし、それぞれのメリットやデメリットを解説していきます。

相談場所
  • 弁護士・司法書士事務所

  • 区役所

  • 法テラス

それぞれ見ていきましょう。

弁護士・司法書士事務所

法律

債務整理の相談先として、最もポピュラーなのが「弁護士・司法書士事務所」です。前述したように、無料相談を実施している事務所も存在しているので、気軽に相談できます。

弁護士や司法書士に依頼すれば、債務状況に合った最適な解決策を提案してもらえるため、借金問題の早期解決が期待できるでしょう。

 実際に債務整理を実施することになれば、弁護士・司法書士が手続きに着手した時点で債権者からの催促を止めることができるのも大きなメリットです。

これは、弁護士・司法書士が代理人となり債務整理を開始する旨を債権者へ伝える「受任通知」の効力によるものです。

注意点としては、司法書士は弁護士に比べて業務範囲が狭いことが挙げられます。弁護士にできて、司法書士にできない業務には以下のようなものがあります。

司法書士にできないこと
  • 訴額が140万円を超える案件を取り扱うこと
  • 簡易裁判所以外での訴訟代理
  • 自己破産や個人再生の訴訟代理

訴額が140万円以下であっても、法務大臣の認可を受けた認定司法書士でなければ簡易裁判所での訴訟代理はできません。

自己破産や個人再生に関しては、基本的に地方裁判所で行われるため、司法書士に代理人になってもらうことは不可能です。

ここまで解説したきた内容を踏まえて、弁護士・司法書士に相談するメリット・デメリットを以下の表にまとめておくので参考にしてください。

弁護士・司法書士に相談するメリット 弁護士・司法書士に相談するデメリット

無料相談に対応してもらえる可能性がある

・債務状況に合った最適な解決策を知れる

・弁護士・司法書士の債務整理着手に伴い、債権者からの催促を止められる

・債務整理を依頼する場合には費用がかかる

・司法書士には業務制限がある

・事務所によって得意分野があるため、事前にリサーチをしなければミスマッチの恐れがある

出典:司法書士が扱える140万円の判断基準と具体例 ‐杉山事務所 

区役所

区役所では、地域の住民に向けて、借金問題および債務整理の無料相談を実施している場合があります。

地域の弁護士会や法テラスなどに在籍する弁護士などに相談対応してもらえるので、専門的な観点からアドバイスを受けることが可能です。

 区役所に相談すれば、借金の返済状況や希望に合わせて、利用可能な公的融資制度を紹介してもらうこともできます。

こういったメリットがある一方で、予約が必要な分すぐに相談できない、相談時間30分などの時間的な制約があるといった難点もあります。

区役所に相談する主なメリットとデメリットを以下の表にまとめておきます。

区役所に相談するメリット 区役所に相談するデメリット

・弁護士などによる無料相談が受けられる

公的融資制度を紹介してもらえる

・予約が必要な場合がある

相談時間が限られている

法テラス

茶色のガベル

法テラスとは、国によって設立された法律トラブルを解決に導く総合案内所です。正式名称は「日本司法支援センター」です。

経済的に困窮しており、弁護士や司法書士へ法律トラブルを相談できない人の支援に重きを置いているのが法テラスの特徴です。

 法テラスの代表的な業務としては、「情報提供業務」と「民事法律補助業務」これら2点が挙げられます。

情報提供業務とは、利用者の相談内容に応じて法制度や適切な相談機関に関する情報を無償提供する業務です。

法テラス・サポートダイヤルを設け電話相談に対応しているほか、面談や専用フォームによるメール問い合わせなども受け付けています。

民事法法律扶助業務とは、経済的に余裕がない人に向けて、無料法律相談を実施したうえで、弁護士・司法書士への依頼費用を立て替える業務です。

無料法律相談は、一つの問題につき一回30分、3回までが原則です。

法テラスと契約している弁護士・司法書士が相談にのってくれます。

民事法律扶助により依頼費用を立て替えてもらえば、債務整理終了後に法テラスへ分割で費用を払うことが可能になります。

債権者の数にもよりますが、弁護士・司法書士へ直接依頼するより、費用自体も安くなるケースが多いです。そのため、経済的な理由で債務整理を断念する必要がなくなります。

 ただし、民事法律扶助の目的は真に生活が困窮している人を救済することであるため、収入や保有財産が一定水準以下であるなどの条件を満たさなくては利用できません。

以下の表で、法テラスのメリット・デメリットをまとめておきます。

法テラスに相談するメリット 法テラスに相談するデメリット

法律トラブルの無料相談に対応してもらえる

・弁護士・司法書士への依頼費用を立て替えてもらえる

収入や財産面の要件を満たさなければ、依頼費用の立て替えはしてもらえない

・相談相手となる弁護士・司法書士を選べない

・法テラスを通じて弁護士・司法書士に依頼すると、審査に時間がかかる場合がある

出典:法テラス

そもそも債務整理とは?

書類に記入する人

債務整理とは、債権者との交渉や裁判を通して借金の減免を図る手続きです。債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類が存在します。

以下でそれぞれのメリットとデメリットを解説していきますが、その前に債務整理に共通するデメリットに言及します。

 それは、債務整理を実施すると、一定期間信用情報に事故情報が登録され、その間はクレジットカードの利用や、金融機関からの融資が受けられなくなることです。

事故情報は、任意整理なら5年間、個人再生・自己破産なら5~10年間登録されるのが通常です。

出典:債務整理が信用情報に及ぼす影響|事故情報登録から回復までの注意点‐司法書士法人みつ葉グループ

任意整理

任意整理とは、債権者との直接交渉によって借金減額を図る手続きです。任意整理のメリットとデメリットには、以下のようなものがあります。

任意整理のメリット 任意整理のデメリット

・裁判をせずに借金減額が可能

・短い期間で手続きできる

・手続きの対象債務を選択できる

・借金が大幅に減額される可能性は低い

・債権者の意向しだいでは、手続きが実施できない可能性がある

・約5年間信用情報に事故情報が登録される

法的な強制力が働かない任意整理は、裁判をする必要がありません。

 自動的に全ての債務が手続き対象になることもないので、自分が希望する債務のみ債権者と交渉して減免することが可能です。

ただし、債権者の意向によって手続きの方針が決まる傾向があり、利息や遅延損害金しか減免できないケースが多いのが実情です。

個人再生

書類を持つスーツの人物

個人再生とは、借金が困難な旨を裁判所に申告し、認可のもとで借金を減額してもらう手続きを指します。

個人再生のメリット・デメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

個人再生のメリット 個人再生のデメリット

・借金を5~10分の1程度まで減額できる可能性がある

・ローン返済中の住宅を維持したまま手続きできる

・借金を100万円以下に減らすことはできない

・一定以上の支払能力がなければ手続きは不認可になる

・名前や住所などが官報に掲載される

個人再生では、債務額にもよりますが借金を5~10分の1程度にまで減額できる可能性があります。

「住宅ローン特則」を利用することで、ローン返済中の住宅を維持しながら手続きできるのも個人再生ならではのメリットです。

 財産を維持したまま大幅な借金減額が見込める個人再生ですが、最低でも100万円は返済しなくてはならないのが原則です。

負債額が100万円以下の場合は、個人再生を実施しても借金は減額されないことを留意しておきましょう。

国の広報誌として位置づけられる官報に、手続きの内容や名前・住所などが掲載されることもデメリットの一つです。

このデメリットについては、自己破産にも共通しています。

出典:個人再生の最低弁済額とは?‐ 債務整理・過払い金ネット相談室

自己破産

自己破産とは、債務履行が不可能となった場合に、裁判所によって借金支払義務を全て免除してもらう手続きです。

自己破産のメリット・デメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

自己破産のメリット 自己破産のデメリット

・借金支払義務が全て免除される

・金融機関の催促から解放される

・解雇事由にはならない

・生活必需品は手元に残しておける

・価値のある財産が換価処分される

・保証人の負担が大きい

・破産手続き中に職業制限が課される

・名前や住所などが官報に掲載される

自己破産が裁判所に認められれば借金支払義務は全て免除されますが、住宅や車などの価値のある財産処分されるのが原則です。

なお、支払義務が免除された借金は、保証人・連帯保証人へ一括請求されることとなります。

 自己破産をする以上、保証人・連帯保証へ大きな負担がかかることは避けられないでしょう。

自己破産をすると会社を解雇されるのではないかと不安に思う人もいるかもしれませんが、これは誤解です。

破産手続中に、特定の資格を必要とする仕事ができなくなるものの、自己破産が理由で会社を解雇されることは原則的にありません。

法律上、自己破産は解雇事由として認められていないのです。
※破産手続:裁判所によって破産者(債務者)の保有財産が換価処分される自己破産の手続き

福岡での債務整理に必要な費用を解説 

福岡での債務整理に必要な費用を利用する方法別に解説します。

債務整理の費用は利用する法律事務所ごとに料金システムはさまざまで、着手金のみや成功報酬のみの場合もあるため一概にいくらとは言い切れません。

ここでは、各債務整理にかかる費用相場を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

福岡で任意整理にかかる費用相場

福岡で任意整理にかかる費用の相場は、交渉先1社あたり平均22,000〜55,000円ほどです。減額に対して発生する成功報酬の平均は、利息や遅延損害金・元本など実際に減らせた額の約11%となります。

利用する法律事務所によっても異なりますが、任意整理の料金を決める項目は主に以下のような内容です。

任意整理の主な費用項目
  • 着手金
  • 基本料金
  • 減額報酬
  • 切手や印紙代などの実費

業者と直接条件交渉をする任意整理では、裁判所を利用しない分だけ費用も安くなります。

福岡で個人再生にかかる費用相場

借金が返せない時は債務整理の検討もする

福岡で個人再生にかかる費用の相場は、おおよそ33万円〜55万円ほどです。個人再生の料金には裁判所にかかる費用も含まれ、債権者の数や住宅ローン特則の利用の有無によっても異なります。

住宅ローン特則とは、民事再生法第196条以下にある「住宅資金特別条項」のことで、持ち家を処分することなく個人再生手続きが可能です。

個人再生の主な費用項目
  • 着手金
  • 報酬金
  • 裁判所費用
  • 住宅ローン特則の利用
  • 再生委員報酬
  • 切手や印紙代などの実費

裁判所にて民事再生委員が選任されたときは、再生委員報酬として別途15万円ほどの報酬が必要です。

福岡で自己破産にかかる費用相場

福岡で自己破産にかかる費用の相場は、おおよそ30万円〜50万円ほどです。裁判所の申し立てなどにかかる費用も発生し、管財事件か同時廃止となるかでも料金は異なります。

自己破産の主な費用項目
  • 着手金
  • 報酬金
  • 裁判所費用
  • 管財人報酬
  • 切手や印紙代などの実費

管財事件の場合は裁判所が選任する管財人への報酬として、別途20万円ほど必要になることにご注意ください。

福岡で過払い金の返還請求の費用相場

借金が返せない時は債務整理の検討もする

福岡で過払い金の返還請求にかかる費用の相場は、返還額の22%程度です。過払い返還請求の主な費用項目としては、着手金や成功報酬があります。

着手金や調査費用は必要ないことが多く、過去に完済しているものでも条件により依頼可能です。

訴訟が必要なときには費用が若干割高になりますが、回収した金額からの支払いのため利用しやすい点は過払い金請求の特徴といえます。

債務整理を弁護士に依頼するのがおすすめな理由

スーツの弁護士

債務整理を弁護士に依頼するのがおすすめな理由としては、以下のようなものが挙げられます。

弁護士への依頼がおすすめな理由
  • 債権者とのやりとりを代行してもらえる
  • 書類の準備・作成を代行してもらえる
  • 手続きが成功しやすい

債務整理を弁護士に依頼すれば、債権者とのやりとりを一任できます。

債権者との交渉が肝となる任意整理を実施する場合には、弁護士に依頼するかどうかで結果が大きく変わると言っても良いでしょう。

また、裁判を必要とする個人再生や自己破産を実施する場合、手続きを実施することの妥当性を証明するために多くの書類を作成し裁判所へ提出しなくてはなりません。

書類不備があれば、再提出を求められるか、最悪の場合手続きが不認可となる恐れがあります。

それだけ重要度の高い書類の準備・作成を代行してもらえるのも大きなメリットと言えます。

債務整理を行う上での注意点

債務整理を行えば、借金に悩まされていた人もかなり負担が軽くなることでしょう。しかし、債務整理を行えば、しばらく自分の情報がブラックリストに載るなどのデメリットもあります。

ここでは、債務整理を行う上での注意点を解説するので参考にしてみてください。

債務整理を行う上での注意点
  • ブラックリストに載る
  • 保証人や連帯保証人に返済請求がいく

ブラックリストに載る

ブラックリストに載る

債務整理をすると、一定期間ブラックリストに載ってしまいます。

 正確には、「ブラックリスト」というものが存在するわけではなく、個人信用情報機関に事故情報が登録された状態のことを指しています。

ブラックリストに情報が載っている期間は、金融機関や消費者金融の新たな借り入れやクレジットカードの利用・作成、公共料金や携帯電話の分割払いができず、奨学金やローンの保証人になれません。

事故情報の登録は、債務整理の種類にもよりますが5~10年ほどで解除され、解除されればこれらの制限はなくなります。

保証人や連帯保証人に返済請求がいく

債務整理をして借金を減額または免除してもらうことができても、今度は返済請求が保証人や連帯保証人の方にいってしまいます。

つまり、自分の借金で保証人や連帯保証人に大きな負担をかけてしまうのです。そのため債務整理をする際は、事前に保証人や連帯保証人に説明しておく必要があるでしょう。

任意整理の場合は、整理する対象を選べるため保証人や連帯保証人が付いていない借金のみの手続きを行うことも可能です。

よくある質問

債務整理をすると生活にどんな影響がある?
債務整理によって、借金を減額できれば生活の負担を軽減できます。弁護士や司法書士に依頼すれば、債権者の督促を止められるため、穏やかな日常を取り戻すことができるでしょう。また、債務整理の手続きのときに過払い金の存在に気づくこともあります。しかし、信用情報に事故履歴として載ることで、しばらく新たな借入は難しくなることは忘れてはいけません。
すでに延滞が発生している状態でも相談できる?
すでに延滞が発生している状態でも相談は可能で、最短即日で督促を止められる可能性もあります。今月の支払いができないという状況で困っているときも、すぐに電話で相談してみましょう。
家族に知られずに債務整理をしたい場合、どの方法がいい?
任意整理ならば家族に知られずに手続きでき、財産の処分なども必要ありません。自己破産や個人再生については家計の状況報告などが必要なため、生活を共にする家族には知られることになるでしょう。
弁護士や司法書士に依頼したいが、まとまった費用を用意できないときはどうすればいい?
法律事務所によっては、分割払いや後払いに対応している場合があります。さらに、初回の相談は無料の場合が多く、着手金などの初期費用がかからない法律事務所も少なくありません。どこが費用がもっとも安く収まるのかを知るためにも、まずは電話やメールで相談してみましょう。
債務整理の方法はどのように決まる?
債務整理の方法は弁護士との相談によって、ご自身の判断で決めることができます。とはいえ、あまりにも現実味のない返済計画では交渉先も納得しませんので、弁護士のアドバイスに従うことがベストでしょう。担当の弁護士によっても債務整理に対する考え方は異なるため、いくつかの法律事務所に相談してみてください。

まとめ

今回は、福岡での債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所や、弁護士・司法書士事務所の選び方などについて解説しました。

福岡にも債務整理を得意とする弁護士・司法書士事務所は数多く存在しますが、実際に依頼する弁護士・司法書士事務所を探す際には、「債務整理の実績」や「費用が相場」などを意識しましょう。

また、司法書士に債務整理を依頼する場合には、弁護士と業務範囲が異なる点も留意しておかなくてはなりません。

借金問題は返済期間が長期化するほど負債が大きくなり解決が困難になるため、現時点で借金の返済が困難な状況に陥っている場合には早めに弁護士・司法書士に相談するのがおすすめです。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事