ドル建て保険おすすめランキング

外貨を活用した資産運用で注目を集めているのが、ドル建て保険です。ドル建て保険への加入を検討しているなら、自分に合った保険商品を選ぶことが大切です。

しかし、数多くの生命保険会社が取り扱っているため「どの保険商品に加入すれば良いのかわからない」「それぞれの違いが知りたい」という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのドル建て保険や利率比較ランキング、ドル建て保険のメリット・デメリットについて解説します。

ドル建て保険への加入を検討しているなら、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめのドル建て保険5選

「メットライフ生命」USドル建終身保険 ドルスマート S

「メットライフ生命」USドル建終身保険 ドルスマート S

特徴
  • 最低利率が「2.5%」に定められている
  • 低解約返戻金型を選択可能
  • 三大疾患や介護の保障を付帯させられる

USドル建終身保険 ドルスマート Sは、メットライフ生命が販売しているドル建て保険です。積立利率が市場金利によって毎月変動する保険なので、アメリカの金利が上げればそれに伴って上昇し、下落すれば利率も下降します。

 最低利率は「2.5%」に設定されているので、アメリカの市場金利が下落しても安心です。

また、保障内容に「死亡保険金」「高度障害保険金」が付帯しています。他の保障内容を付帯させることも可能なので、保障内容を優先したい人にもおすすめのドル建て保険です。

貯蓄を希望する人にも、保障内容を優先したい人にもおすすめの保険商品です。
積立利率 市場金利によって変動(最低利率:2.5%)
契約年齢 満20歳~55歳
保険料払込回数 月払・半年払・年払
保険料払込期間 10年・15年・60歳

出典:公式サイト

「オリックス生命」米ドル建終身保険Candle

「オリックス生命」米ドル建終身保険Candle

特徴
  • 最大返戻率が140%を超える
  • 業界最安水準の保険料
  • 2つの告知事項で申込できる

米ドル建終身保険Candleは、オリックス生命が販売している貯蓄型のドル建て保険です。利率が固定されており、将来のキャリアプランを形成しやすい特徴があります。

最大返戻率は140%以上になることがあり、貯蓄に特化した死亡保険です。

 米ドル建終身保険Candleは「低解約返戻金型」のプランを選択することができます。

低解約返戻金型では払込期間中の解約返戻金は低くなっていますが、払込期間が終了すると返戻率がグンと上がります。

払込終了後には120%以上の返戻率が続くので、低解約返戻金型の死亡保険を探している人におすすめです。

保障が少なく低解約返戻金型なので、保険料は業界でトップクラスの安さになっています。
積立利率 0.17%~0.52%
契約年齢 15歳~80歳
保険料払込回数 月払・半年払・年払
保険料払込期間 10年・15年・20年

出典:公式サイト

「マニュライフ生命」こだわり個人年金(外貨建)

「マニュライフ生命」こだわり個人年金(外貨建)

特徴
  • 最低利率が「1.5%」に定められている
  • 為替相場の変動や家計の状況変化によって契約内容を変更できる
  • ドルコスト平均法が採用されている

マニュライフ生命が販売している「こだわり個人年金(外貨建)」は、USドルとAUドルで資産形成ができる保険商品です。老後に備えて年金を積み立てられます。

利率は定められておらず、最低利率は1.5%です。利率が変動すると不安に感じる人も多いですが、こだわり個人年金(外貨建)では「ドルコスト平均法」を採用しています。

 ドルコスト平均法とは、毎月一定額振り込みながら、外貨の価格が安いときに多く購入する方法です。

また、契約プランは「確定年金」「保証期間付終身年金」の2つがあり、一人ひとりに合ったタイミングで年金を受け取れます。

米国ドルだけではなく、豪ドル(AUドル)での資産形成を希望する人にもおすすめです。
積立利率 市場金利によって変動(最低利率:1.5%)
契約年齢 15歳~80歳
保険料払込回数 月払・半年払・年払
保険料払込期間 10年・15年・20年

出典:公式サイト

「ソニー生命」米ドル建終身保険

「ソニー生命」米ドル建終身保険

特徴
  • 死亡と高度障害に対する保証が生涯続く
  • 為替手数料が業界最安水準
  • 加入年齢が0歳~85歳と幅広い

ソニー生命の米ドル建終身保険は、死亡・高度障害に対する保証が生涯続くドル建て保険です。他のドル建て保険よりも為替手数料が安く設定されているのが特徴になります。

為替手数料はドル建て保険で必ず発生するため、安く設定されていることは大きなメリットです。米ドル建終身保険の為替手数料は「1ドル=1銭」になります。

 保険料を前納する(半年や1年分の保険料を前払いする)と保険料が割引されます。

保険料を安くしたい場合には、割引サービスがあるソニー生命の米国ドル建終身保険がおすすめです。

米ドル建終身保険は、0歳~85歳と加入可能年齢が幅広く設定されているので、他のドル建て保険に加入できない方におすすめです。
積立利率 市場金利によって変動(最低利率:1.6%)
契約年齢 0歳~85歳
保険料払込回数 月払・半年払・年払
保険料払込期間 契約年齢によって異なる

出典:公式サイト

「ジブラルタ生命」米国ドル建介護保障付終身保険

「ジブラルタ生命」米国ドル建介護保障付終身保険

特徴
  • 介護保障50%プランと介護保障100%の2つから選べる
  • 積立金利が固定されている
  • 所定の身体障害状態になると払込が免除される

ジブラルタ生命が販売している「米国ドル建介護保障付終身保険」は、低解約返戻金型のドル建て保険で保険料が安いことが特徴です。解約する可能性が低い人におすすめになります。

また、米国ドル建介護保障付終身保険は介護保障に手厚く、要介護2以上に認定されると、保険金額の50%か100%を受け取ることが可能です。

 「介護保障50%プラン」に加入していた場合、介護保険金を受け取ると保険料の払込が免除されます。

さらに「介護前払特約」を付帯されることで、要介護4・5以上に認定された場合に保険金の一部を年金で受け取れます。そのため、介護保障を希望する人にもおすすめです。

米国ドル建介護保障付終身保険は利率が固定されているため、お金の計画を立てやすい特徴があります。
積立利率 0.58%
契約年齢 15歳~69歳
保険料払込回数 月払・半年払・年払
保険料払込期間 契約年齢によって異なる

出典:公式サイト

おすすめドル建て保険利率比較ランキングTOP3

おすすめのドル建て保険利率ランキングTOP3をご紹介します。保障内容よりも貯蓄を優先したいなら、以下のランキングを参考にしてください。

※2021年11月の積立利率をもとにランキング作成
※利率は変動する可能性があります。性格な利率は公式ページをご参照いただきますようお願いいたします。

1「メットライフ生命」USドル建終身保険 ドルスマート S 利率2.75%

「メットライフ生命」USドル建終身保険 ドルスマート S

特徴
  • 最低利率が「2.5%」に定められている
  • 低解約返戻金型を選択可能
  • 三大疾患や介護の保障を付帯させられる

2「マニュライフ生命」こだわり個人年金(外貨建) 利率1.72%

「マニュライフ生命」こだわり個人年金(外貨建)

特徴
  • 最低利率が「1.5%」に定められている
  • 為替相場の変動や家計の状況変化によって契約内容を変更できる
  • ドルコスト平均法が採用されている

3「ソニー生命」米国ドル建終身保険 利率1.65%

「ソニー生命」米ドル建終身保険

特徴
  • 死亡と高度障害に対する保証が生涯続く
  • 為替手数料が業界最安水準
  • 加入年齢が0歳~85歳と幅広い

ドル建て保険とは?

ドル建て保険で使われるドル札

ドル建て保険とは、加入者が支払った保険料が保険会社によって「ドル」で運用される保険です。保険金や解約返戻金などもドルで受け取ることがある「外貨建て保険」のひとつになります。

 通貨が「ドル」になるだけなので保険の仕組みに大きな違いはありませんが、為替相場の影響を受けるのが特徴です。

為替相場とは、外国為替市場において異なる通貨が交換されるときの交換比率のことです。

ドルで運用するだけで、保険の仕組みは円建てと変わりません。

ドル建て保険のメリット・デメリット

ドル建て保険のメリット・デメリットをいくつかご紹介します。それぞれを比較しながら、ドル建て保険への加入を検討してみてください。

ドル建て保険のメリット

メリット
  • 円建てより利率が高く保険料が割安になる
  • 資産運用として利用できる

ドル建て保険は円建てよりも保険料が割安になりやすいです。その理由は、日本よりもアメリカのほうが金利の高いからと考えられます。

保険会社は加入者から預かった保険料の一部を運用するため、金利の高いドルで運用した方が運用成績が良くなり、結果的に保険料が割安になります。また、ドル建て保険は、資産運用としても利用可能です。

 為替相場の影響を受けるので、受け取るタイミングによって同じ額でも受け取る円の金額は増えることがあります。

保険金額1万ドルを受け取るケースを例に考えてみると、為替相場1ドル=100円のときに受け取れる保険金は100万円、1ドル=120円のときは受け取れる保険金が120万円になります。

為替相場を理解して「据置期間」をうまく利用すれば、資産を増やせます。

ドル建て保険のデメリット

ドル建て保険のデメリットのイメージ

デメリット
  • 為替相場によって損失する可能性がある
  • 為替手数料が発生する

ドル建て保険は為替相場の影響を受けることで資産を増やせる可能性がありますが、同じだけ損失するリスクもあります。

また、円をドルに替えて運用するため、為替手数料が発生するのもデメリットといえるでしょう。

 為替手数料とは、円からドル、ドルから円に替えるときに発生する手数料のことです。

為替の世界は先を読むことが難しく、満期や解約時に必ず円安になっている保証はありません。予定利率の高い保険商品でも、受け取る際の為替相場によっては、損をする可能性もあります。

円建てでは為替手数料は発生しないため、ドル建て保険ならではのデメリットとなります。

ドル建て保険の選び方3つ

ドル建て保険を選ぶときには、大きく3つのポイントを確認することが大切です。

選び方3つ
  1. 保険種別
  2. 通貨と為替手数料
  3. 保障内容

1.保険種別

ドル建て保険を選ぶときには、「保険種別」を確認することが大切です。ドル建て保険は、「終身保険」「養老保険」「個人年金保険」の大きく3種類に分けられます。

 終身保険はドル建て保険に加入する明確な目的はないものの、将来のライフイベントに向けて貯蓄しておきたい人におすすめです。

養老保険は死亡保障に備えつつ満期を迎えた場合に一時金を受け取りたい人、個人年金保険は安定した老後生活を送るための老後資金を貯蓄したい人におすすめの保険商品になります。

加入する目的によって選ぶべき保険の種類が変わるので、「なぜ、加入するのか」ということを考える必要があります。

2.通貨と為替手数料

通貨と為替手数料のイメージ

「ドル」という通貨の中でも、米ドル・豪ドル・NZドルなどさまざまな種類があります。取り扱っているドルの種類は保険会社によって異なるので「どんな通貨を取り扱っているのか」ということを忘れずに確認しましょう。

 基本的に「米ドル」の取り扱いはありますが、豪ドルやNZドルは保険会社によって取り扱いが異なります。

為替手数料を確認することも大切です。1ドル1銭と定めている会社もあれば、1ドル25銭と定めている会社もあります。

「1銭でも25銭でも気にしなくて良い」と感じる場合でも、長期間保有するなら為替手数料を最小限に抑えておくほうが有利になります。

3.保障内容

ドル建て保険によって付帯している保障内容が異なります。保障内容を確認して加入する保険を選ぶ必要があります。

基本的には「死亡保険金」と「高度障害保険金」の2つが保障内容として付帯していますが、保険会社によっては「介護保障」「三大疾患保障」などが付帯しているケースもあります。

保障内容は保険会社や契約するプランによって大きく異なるので「どんな保障が付帯しているのか」を確認して選びましょう。

ドル建て保険の加入前に必ずすること

ドル建て保険の加入前に必ずすること

ドル建て保険の加入前にはまず、保険相談窓口に相談しましょう。保険相談窓口では、ドル建て保険を検討する際に、お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが無料で保険の相談乗ってくれます。

ドル建て保険は、外資建て保険の一つであり、為替相場の影響を受けるので為替の知識も必要になります。ドルにも様々な種類があり、保険会社によって取り扱っているドルも異なります。

自分の条件に合う保険を見つけるためにも、一度保険相談窓口で相談しておくことをおすすめします。

保険相談窓口を利用するメリット

保険窓口を利用するメリットは主に以下の6つがあります。

保険窓口を利用するメリット
  • プロから専門的なアドバイスがもらえる
  • 各会社のドル建て保険を比較してもらえる
  • 申し込み手続きから契約後のサポートまで充実
  • 何回でも無料で相談可能
  • 全国に750以上の店舗数
  • オンライン相談も可能
保険会社は多数存在しており、会社によってドル建て保険の特徴も異なるので、プロと相談することで自分に合った保険を見つけることが出来るでしょう。

専門家の力を借りることで自分の作業負担も減るので、保険の加入を検討中の方は是非利用しましょう。

おすすめ保険相談窓口4選|ドル建て保険の検討に活用しよう

ドル建て保険のメリットやデメリットが分かっても、実際にどんなものが自分に必要で合っているのか悩む人も多いでしょう。

ドル建て保険の選び方に迷ったら、保険相談窓口の利用がおすすめです。無料でプロに相談できるので、自分に最適な保険を紹介してもらえます。

ここでは4つの保険相談窓口を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ
おすすめポイント
  • お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが200人以上在籍!
  • 相談実績は15万件以上!
  • 相談は24時間365日受け付けているので、忙しくてもOK!
  • 今なら無料相談をするともれなく豪華なプレゼントゲット!
ほけんのぜんぶはお金のプロフェッショナルに気軽に相談ができる相談窓口です。保険の見直しだけでなく、住宅ローンなど、お金の悩み全般を相談できるので、心強いですね。
 忙しくて時間が取れない方でも、相談は24時間365日受け付けていますし、近くのカフェや自宅まで訪問してくれる出張相談も対応していますので、利用しやすいでしょう。
今までの相談実績は累計15万件以上。取り扱っている保険会社は30社以上になります。
資産に不安がある高齢者や、子育て資金への悩みが多い子育て世代からも支持を得ています!

今なら無料相談をするともれなくプレゼントゲット!

現在ほけんのぜんぶでは、無料相談の面接をした方全員に食品やグッズをプレゼントするキャンペーンを行っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
プレゼントの種類
A:北海道産 ゆめぴりか 2kg
B:ウェルチ100% 果汁ギフト(9本セット)
C:い・ろ・は・す 天然水
C:有機 エキストラヴァージン オリーブオイル
D:アンパンマン 砂場セット
E:ごっつん防止 リュック
取り扱い保険商品 30社以上
受付時間 24時間365日
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能
出典:公式サイトより

マネードクター

マネードクター
おすすめポイント
  • 1,200人以上のFP(お金のプロフェッショナル)が在籍!
  • 利用者の状況へのヒアリングを丁寧に行うので、アドバイスが的確!
  • 相談は何回しても無料!
  • 今なら無料相談予約で食品や日用品をプレゼント!
マネードクターは保険・家計の見直し・資産運用の相談ができる窓口です。FPが1,200人以上在籍しているので、利用者一人ひとりに丁寧に向き合ってくれます。
相談は何回しても無料なので、納得がいくまでじっくり相談することができます。
マネードクターの保険の見直しでは、利用者の生活状況・家計バランス・将来設計を丁寧にヒアリングを行います。そのため、的確なアドバイス自分にぴったりの保険商品を紹介してもらえます。

無料相談を予約いただいた方はもれなくプレゼントゲット!

マネードクターでは、無料保険相談を予約した方に限定で食品や日用品をプレゼントするキャンペーンを行っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
プレゼントの種類
A:野菜生活100
B:丸の内タニタ食堂減塩みそ
C:ノーズトリマー
D:バスタオル
E:arau. 泡ボディソープ
取り扱い保険商品 29社
受付時間 [平日]9:00~20:00 [土日祝]9:00~18:00
店舗数 100拠点以上
キッズルーム あり
オンライン面談 可能
出典:公式サイトより

保険無料相談.com

保険無料相談.com
おすすめポイント
  • お客様満足度97.6%!
  • 担当者の希望を出せる!
  • 紹介した商品への加入の強要は一切なし!
  • 今なら面談&アンケート回答で豪華なプレゼントゲット!
保険無料相談.comはオンラインでの相談も可能な相談窓口です。「デリケートなお金の話だからできれば同性の人に相談したい...」といった担当者の希望を出すことができますよ。
 オンライン面談は一部地域に対応していない場合があります。利用の前に対応地域をご確認ください。
保険無料相談.comを利用した方の口コミの中には、保険の相談をして、いくつか商品を紹介されたが、あくまでも紹介で、加入を強要されるようなことはなかった、という評価がされています。
まずは話を聞きたい!という方におすすめの窓口です。お客様満足度の高さも魅力の一つですね。

今なら面談&アンケートでプレゼントキャンペーン実施中!

保険無料相談.comでは現在、6月30日までの限定で、面談とアンケートに回答した方を対象にプレゼントを送っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
プレゼントの種類
  • 丸大ハム 煌彩セット
  • 新潟県産コシヒカリ 2kg
  • アサヒスーパードライ ギフト 8本
  • 利久の牛タン 真空パック 110g 〈塩味〉
  • 仙台銘菓 萩の月6個入り
  • ダロワイヨ マカロンラスク詰め合わせ12枚
  • セレブコレクションバームクーヘン
  • ムーミンレンジ容器6点セット
  • 手作り鮭とばソフト170g
  • 日本赤十字社への寄付(1,000円)
取り扱い保険商品 34社
受付時間 10時~20時(GW・夏季休業・年末年始以外)
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能(一部地域)

保険市場

保険市場
おすすめポイント
  • 全国に714店舗あるので、全国どこからでも相談可能!
  • 訪問相談もできるので、自宅や近くのカフェ・ファミレスに来てもらえる!
  • 取り扱っている保険会社は91社!ニーズに合わせてご紹介
  • 今ならギフトカードなどがもらえる期間限定のキャンペーン実施中!
保険市場は株式会社アドバンスクリエイトが運営する保険のコンサルティングサービスです。 全国に714店舗展開しており、近くの店舗に相談へ行くこともできますし、訪問相談を利用し、自宅や近所のカフェに来てもらうこともできます。
 オンラインでの相談も可能ですので、コロナ禍で外出を控えたいという方にもおすすめです。
取り扱っている保険会社は業界最大級の91社です。選択肢が多いので、自分にぴったりの保険が見つかるでしょう。

保険市場の期間限定キャンペーン

保険市場では、現在4つのキャンペーンが実施されています。それぞれ締切日が異なるので注意してください。
保険の種類 キャンペーン内容 締切日
がん保険 「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)(がん治療費用総合保険)」に新規契約した方全員「選べるギフトカード1,000円相当(1枚)」をプレゼント。 2022年9月30日
自動車保険 「SBI損保の自動車保険(個人総合自動車保険)」に新規契約した方に「10種類から選べる 1,500円相当のギフトクーポン」をプレゼント。(※年間保険料が10,000円以上のご契約が対象です。 )さらに抽選で豪華賞品をプレゼント。 2022年6月30日
生命保険 SBI生命の対象保険商品を契約の方にもれなく、ローソンで交換する「【お持ち帰り限定】ウチカフェ プレミアムロールケーキ 無料引換券」を1つプレゼント。 2022年6月30日
自動車保険 バイク保険 アクサダイレクトの対象保険商品を新規ご成約の方全員に「デジタルクーポン(無料引換券)」を1つプレゼント。さらに新規ご成約の方から抽選で「ドライブレコーダー」をプレゼント。 2022年7月31日
取り扱い保険商品 91社
受付時間 9時~21時(年末年始以外)
店舗数 714店舗
キッズルーム 有り
オンライン面談 可能
出典:公式サイトより

ドル建て保険に関するよくある質問

おすすめのドル建て保険を教えてください。
本記事では5つのドル建て保険を紹介しましたが、なかでも「USドル建終身保険 ドルスマート S」「こだわり個人年金(外貨建)」「米国ドル建終身保険」は、最低利率が決まっているので安心でしょう。

ドル建て保険とは?

加入者が支払った保険料が保険会社によって「ドル」で運用される保険です。基本的な仕組みは、円建てと変わりありません。

ドル建て保険に加入するメリットは何ですか?

ドル建て保険に加入するメリットは、「円建てよりも利率が高い」「保険料が格安になる」「資産運用として利用できる」などが挙げられます。

ドル建て保険に加入するデメリットは何ですか?

ドル建て保険に加入するデメリットは、「為替相場の影響によって損失する可能性がある」「為替手数料が発生する」ということが挙げられます。

ドル建て保険が必要な人の特徴は?

投資目的の保険商品に加入したい人、資産を円以外の通貨で分散投資したい人に向いています。

ドル建て保険で保険金などを受け取る場合、外貨預金口座が必要ですか?

保険金などをドルで受け取る場合は、ドルで受け取れる口座が必要です。ただし、円で受け取る場合は必要ありません。

為替手数料とは?

為替手数料とは、円をドル、ドルを円に交換するときに金融機関に支払う手数料のことです。

まとめ

今回は、おすすめのドル建て保険を5つピックアップし、利率比較ランキングを紹介しました。ドル建て保険は数多くの保険会社が販売していて、利率や保障内容に違いがあります。

加入目的に沿った保険商品を選ぶことが大切になるため、なぜ加入を検討しているのかを明確にして加入しましょう。

また、為替相場に対する理解を深めることをおすすめします。為替相場に対する理解がなければ、損失する可能性があるので注意が必要です。

本記事を参考に、ドル建て保険を上手に活用してみてくださいね。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事